古代より意図的に「毒」として用いられた元素は、
思ったほど多くない。そういった経緯を持つ元素を1種示し、その毒性と、
歴史的に用いてきた経緯について説明してください。
この場合、人間が意図的に「毒性」を用いなかった元素は、該当しないものとする。

A 回答 (3件)

 何かのレポ-トでしょうか?Hiramatsu さんもお書きの様に,元素について調べていけばわかるかと思いますが,・・・・キット時間が無いでしょうね。



 という事で,該当しそうな元素だけ挙げておきます。後はネットででも検索して下さい。

   As(ヒ素)

 
    • good
    • 0

何かの宿題レポートですか。


「毒」は「元素」として有害な重金属とかのほかに、「化合物」ではじめて毒になるものも多いです。サリンなどの有機リン化合物。ダイオキシンなどの有機塩素化合物。
意図的に用いた毒、というのは、毒殺など?(対人間にかぎらず、農薬あるいは殺菌とか含んでのことでしょうか。)
話を深めれば、けっこうレポートのネタにはなると思うのですが。
    • good
    • 0

意図的に毒として用いられた元素ねぇ……。

100個程度の元素を全部調べてみたらどんなものでしょう? 昔から毒性を利用されてきたものをいくつかピックアップできるでしょうから、あとはそれについて調べてみれば。
元素を一通りしらべてみたいなら、ブルーバックスの「元素111の基礎知識」あたりがべんりですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAIBNを用いたときの重合開始機構について屈曲矢印を用いて示すとどうなるか??

ラジカル重合
―メタクリル酸メチルのバルク(塊状)重合―

MMA→AIBN/(△)→PMMA
AIBM(アゾビスイソブチロニトリル)
の実験をしましたが、

AIBNを用いたときの重合開始機構について屈曲矢印を用いて示すと、どのようになりますか??
屈曲矢印ってなんですか?というレベルの自分です。
今、勉強してますが、さっぱりです。
どうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

屈曲矢印のうち、先端の矢印が→のものは、二電子(つまり単結合分)が移動した事を表します。
→の半分しか矢印の付いていない(ってテキストベースで説明困難)矢印は電子一つの移動を表します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/AIBN
アゾビスイソブチロニトリルの中央の-N=N-がN≡Nと二つのN≡C-CMe2・に分かれる時にN-C間の結合の電子を一つずつNとCの移す時にその半分屈曲矢印を使います。

Q典型元素について「典型元素では、原子の価電子の数が周期的に変化する」のはなぜですか?

典型元素について
「典型元素では、原子の価電子の数が周期的に変化する」のはなぜですか?

Aベストアンサー

失礼しました、中学生ですか、それなら結構立派かもしれないが、「化学基礎」の教科書がそれでは困ります。あなたには基礎知識があるので、大学の教養の化学を読んで下さい。疑問は一瞬で解けます。だから私がそんな事知っていても、なんと百年前のメンデレーエフの仕事だから、一銭にもなりません。もしあなたが化学に興味がああるなら、物理化学、分析化学、無機化学、有機化学の教科書を突破することを薦めます。どれも大部で物理と分析化学では量子論は必修です。ですが私はそいつをやりました、プロフィールに書きましたが、理Ⅱから化学へ進み学位を得ました。中学でもそれができたのは半世紀ぴったり前の大学教養の化学は非常に量が少なかった、さらにライナス・ポーリング教授の名著「一般化学」があったから、ポーリング教授は化学賞平和賞を受けていますが、教養の化学に量子論を持ち込んだとんでもない人で、あなたは既に旧過ぎるが便利なポーリングの電気陰性度も習うでしょう。でも化学はニュートンの物理が死んだ様に死にました、上記の教科書は絶対必要ですが、もう旧過ぎるのです。あなたはバイオへ行くことを勧めます。

失礼しました、中学生ですか、それなら結構立派かもしれないが、「化学基礎」の教科書がそれでは困ります。あなたには基礎知識があるので、大学の教養の化学を読んで下さい。疑問は一瞬で解けます。だから私がそんな事知っていても、なんと百年前のメンデレーエフの仕事だから、一銭にもなりません。もしあなたが化学に興味がああるなら、物理化学、分析化学、無機化学、有機化学の教科書を突破することを薦めます。どれも大部で物理と分析化学では量子論は必修です。ですが私はそいつをやりました、プロフィール...続きを読む

Q電子配置が示す元素がわかりません

高校1年生で理科総合をやっています。

電子配置図が示す、元素記号またはイオン式を答える問題なのですが

中心に書いてある数字が
おなじ数字なのに電子数が違う図があるんです


1つ目は   11+ 電子数11
2つ目は   11+ 電子数10

中心の数字が原子番号だとしたら
これでは2つともナトリウムになってしまいます。

そもそも中心の数字が何なのかわからないので教えてください・・・

Aベストアンサー

結論を言いますと、

11+は「陽子が11個ある」という意味ですね。


物質は『陽子の数』で決まります。


周期表を見てみてください。
それぞれの物質には番号が与えられていて、 水素→1、ヘリウム→2、リチウム→3、・・・
といった感じです。

この番号は『陽子の数』を表しています。

つまり、『陽子の数』は物質を決めています。

だから、陽子の数が物質を決めているから
どちらも11+と書かれているのです。

ナトリウム→11 ですね。


ただ、『中性子』と呼ばれるもの、
    『電子』と呼ばれるものは、いわば『おまけ』みたいものです。

中性子は、陽子と陽子の接着剤(ボンド)です。これがなくては、陽子同士がどっかへいってしまいます。
 (だから水素は陽子が1つしかないから、中性子はあってもなくてもいいのです。)

電子は、(-)の力も持っているので、(+)の陽子の働きを±0にしています。


ちなみに、
『中性子』がまれに違うことがあります。
これを同位体といいますね。
中性子が違っても、性質は同じです。水素は水素、炭素は炭素の働きをします。


『電子』はふつう陽子の数と同じ数だけあります
が、たまに違うときがあります。
これは、電子を『移動』することで、物質が「安定」するからです。


例えば、Na(ナトリウム)の場合、K殻に(2)つ、L殻に(8)つ、M殻に(1)つ入ってます。
この状態のときは、陽子の数=電子の数です。

『M殻に(1)つ』というのが邪魔なので、この電子を他の物質にあげることで、
K殻とL殻だけ、しかも目いっぱいにつまっています。

http://www.kagakude-pon.com/ion-uniting/0004.html

この状態を「安定」といいます。


つまり、中性子や電子の数は違う場合があります。
でも、陽子の数が同じなら、それは同じものです。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%DB%BB%D2

長くなってすみません。
言葉だけの説明で、わかりにくいかもしれないので、
資料集を1冊買うことをおすすめします。
色も付けられていて、とても分かりやすいです。

また、他の化学のことでわからないことがあったら、
http://pinchiozisan.web.fc2.com/room/cheindex.htmlへ行ってみてください。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%DB%BB%D2

結論を言いますと、

11+は「陽子が11個ある」という意味ですね。


物質は『陽子の数』で決まります。


周期表を見てみてください。
それぞれの物質には番号が与えられていて、 水素→1、ヘリウム→2、リチウム→3、・・・
といった感じです。

この番号は『陽子の数』を表しています。

つまり、『陽子の数』は物質を決めています。

だから、陽子の数が物質を決めているから
どちらも11+と書かれているのです。

ナトリウム→11 ですね。


ただ、『中性子』と呼ばれるもの、
    『電子』と呼...続きを読む

Q12族の元素が典型元素なのはなぜですか?

1、2、13~18族の元素が典型元素なのはわかります。
3~11族の元素が遷移元素なのもわかります。
でも、どうして12族の元素が遷移ではなく典型元素なのか分かりません。

Aベストアンサー

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内部の軌道に空きができるわけですから、CdやHgのように『遷移元素的な』性質が出てくることもあります。

ちなみに、『電子の軌道のうちの内部にあるもの』の意味が取りにくいかもしれませんので補足します。高校ではM殻に最大で18電子収容されることを習うはずです。しかし、周期表の第3周期には8種の元素しかありません。残りの10個はどこに行ったかといえば、第4周期の遷移元素とZnのところに行ったということです。だから第4周期では遷移元素9個とZn1個の合計10個が多くなっています。そして、前に述べた『電子の軌道のうちの内部にあるもの』というのが、このM殻で第3周期までに満たされなかった軌道を意味しています。つまり、N殻に電子が2個入った後に、M殻に残りの電子が入り始め、その入り始めから、入り終わる前までの元素が遷移元素に相当するということです。

過去には12族の元素を遷移元素として扱ったこともありました。
現在、典型元素として扱うということは、そう考えた方がメリットが大きいということから来ているのでしょう。
つまり、遷移元素というのは、電子の軌道のうちの内部にあるものに空の軌道があることによって、その特有の性質を出していると言えます。12族の元素には、その内部の軌道の空きがありません。そういう意味では遷移元素とは違っており、むしろ典型元素の特徴と一致します。まあ、そうは言っても電子を放出して陽イオンになる時には内...続きを読む

Q古代の元素

アッシリヤ文明から人類に利用されだした元素を知っている方はいらっしゃらないでしょうか?とても困っています。

Aベストアンサー

「アッシリア」「武器」で検索すると下のURLがヒットしました。

参考URL:http://www2.justnet.ne.jp/~kankon/orient5.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報