オークションで見かけるのですが、プロモCDってなんですか?ジャッケトなどは通常売られているのと変わらないように見えるんですけど、なんなのでしょう?
あと、プロモCDは一般の人は手に入れることができるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

非売品という点からいえば、プロモ盤とサンプル(見本)盤の2種があります。

配布するレコード会社側からすれば、どちらもプロモーション用に使うものですから、その定義は#2の回答で間違いありません。しかし中古市場でいう場合、プロモ盤とサンプル盤というのは区別されます。

どちらも非売品であることには変わりありませんが、サンプル盤というのは店頭に出る製品と同じフォーマットのもので、大抵は裏ジャケット等に「サンプル盤」のステッカーが貼られ、CDの場合は盤中央の孔の部分にサンプルであることを示す表示があります。通常品がベースになっているので、オビやジャケットにある価格表示もそのままです。ですから収録された楽曲等は通常品と同じです。但し、そのCDが初回限定ジャケット等の仕様で発売される場合、サンプル盤がそれ以降の一般仕様のフォーマットで配布されることもあります。

これに対してプロモ盤はプロモオンリーのフォーマットのものを呼ぶことが多く、ジャケットや収録曲が変っていたり(ダイジェストの場合もあり)、一般のプラケースのものもあれば、デジパックや紙ジャケ仕様になっている場合等があります。通常品とは違うフォーマットですので、価格は表示されていない代わりに「Not For Sale」の表示があります。

オークションでプロモCDと謳っていながら、ジャケットが通常仕様と変らないようなら、それは出品者がサンプル盤とプロモ盤の違いを知らないで書いているだけ、という可能性もあります。一概には言えないのですが、どちらかというとプロモ盤の方がサンプル盤よりも市場価格は高くなることが多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オークションで見たのですが、やっぱり高いですよね。4000円近くになってますもん!でも、手に入りにくいものほど欲しくなるのは、ファンの性ですよね(^^;

お礼日時:2002/01/20 23:27

すでに回答が出ていますが、いくつかあります。


*アルバム/シングルと同じ物をラジオ局などに配る
*ライブや別バージョンが入っている。
*物によっては「○月×日発売!」なんてのも入っているかもしれない

売買は厳密に言えば違法だそうです。なぜかと言うと著作権がないかららしいです。

それでも横流しする人はいるでしょうし、貴重な音源が入っていればほしくなりますね。

厳しくやろうとすればナンバーをふって名前を控えておくと言う手もあります。

でも、ラジオ局の人なんかたまったプロモCDを若造に「一杯あるからもっていいよ」とか言いそうだなぁ。

またアーティスト側からラジオ番組のプレゼントやチャリティー・オークションに出したりすることはあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オークション以外にプレゼントがあるとは!?やっぱり欲しいですよね。

お礼日時:2002/01/20 23:28

そうそう、補足ですいません。


普段販売されているCDにボーナストラック(アーティスト自身の声など)を
特別に設けたりしているものもあると聞いたことがあります
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ボーナストラックがあるとは、ますます欲しくなりました!

お礼日時:2002/01/20 23:24

はじめまして



すでに回答があるようですので補足になりますが
まさにそのとおりでして
CDショップでの店頭でのデモ演奏のためや、
ラジオ・テレビ局へ、プロモーターという人が
オリジナルグッズといっしょにプロデューサーに
持っていくというのが一般的です。

そのCDが店頭で発売される前に配布されるので
ある意味得した気分がしますし、非売品ですが、
実際にもらった人が転売・譲渡するケースも多いみたいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なかなか一般には出回らないものなんですね。手に入れるにはオークションしかないか…

お礼日時:2002/01/20 23:23

>プロモCD


プロモーション用CD。新しくCDを発売する時に、発売日より早く
ラジオ局やレコード店等へ配る宣伝用CD。内容は発売するCDと同等
の時もあれば、プリマスタリングする前の音源を仮編集してプレスする
場合など様々です。(どんな曲なのか聴いてもらえれば良いわけです。)

もちろん市販はされないので一般の人には手に入れにくいでしょうね。
レーコード店にお勤めの方や関係者にこっそり譲ってもらったりするしか
ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手に入りにくいと聞くと、なんだか欲しくなっちゃいますよね。高いですけど…(^^;

お礼日時:2002/01/20 23:20

CDショップや業界関係者に配られるCDのことでは


ないでしょうか・・・。たぶん、一般の人が手に入れる
ことはできないと思いますけど・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり手に入れることはできないんですね。でも、それをオークションなどで売っちゃうのはどうなのですかね(^^;

お礼日時:2002/01/20 18:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q見本版(非売品)CDとはどういったものですか?

タイトルのとおりです

オークションでよく売られています。
関係者に配られたプロモーション的なCDだとは
思うのですが、すごく売られている数が多いように
思えるのです。

Aベストアンサー

#2,3さんのおっしゃるとおり、
新しくCDが出来ましたので…と、
ラジオ局やTV曲やお得意先のCDショップなどに
そのアーティストの所属している会社から
宣伝の為に送られます。

中身は販売されているものと同じです。
(時々リリース前に手が加えられ、
非売品と販売品が変わることがあるようです)
ただ、使われている写真が通常のものと違かったりするので、
そのアーティストの熱狂的ファンはほしがるようですね。

しかし、#3さんのおっしゃるように、非売品です。
非売品の売買は禁止されているはずです。
↓に、非売品のことがちょこっと書いてあったので、
参考までに読んでみてください!

参考URL:http://www.hikki.com/discnote.htm

Aベストアンサー

EPは、Extended Playingの略で、1分間に45回転します。
大体、17cmのもので、ドーナツ盤といって、中央の穴の部分が大きく、アダプタみたいなのをつけて、プレーヤーに付けます。
シングル盤が多いです。

LPは、Long Playingの略で、1分間に33と1/3回転します。
17cm、25cm、30cmの大きさがあります。
いわゆるアルバムは、これの30cmになっています。
また、シングル盤と同じ17cmの大きさで、4曲くらい入っているものもありました。

どちらも、演奏時間が長くなっているようなネーミングですが、もともとSP(Standard Playing)という78回転のものが昔あったのでこういう名前になっているのだと思います。

Q非売品 見本品の売買

オークション初心者ですが今度、見本品のCDを出品したいと思います
ここで過去の見本品について見てみると見本品は売買してはいけないと言う回答がありました。このCDを出品すると違反通告をうけるのでしょうか?※ちなみにこのCDは音楽関係者からちゃんと譲渡されたものなのですが。

Aベストアンサー

No.1の方のリンク先にも書いてありますが、Yahoo!オークションでは、

盗品
* サンプル版やデモ版として貸与されている音楽CD/DVD、ゲームソフト、コンピュータソフトなども含まれます。

として、出品が禁止されています。

 見本(サンプル)盤は、メーカーが、市販する前に宣伝(プロモーション)目的で、放送局などの音楽関係者に無償で貸与しているものです。
 ちゃんと、見本盤の表示の中に「使用後は返却すること」、「他者への譲渡・売買はしないこと」が明記されています。
 つまり、「音楽関係者からちゃんと譲渡された」こと自体が禁止事項なのです。
 ただし、全国の音楽関係者に膨大な量の見本盤を渡しており、メーカーも、実際には回収はしていないと思います。

 違反申告をすれば、オークション削除の対象になります。
なかには、このことを熟知しているのか、「見本盤」と書かずに「見○本○盤」等と記載して、検索にヒットしないようにしていたり、単に「非売品」と書いている出品者もいます。
 たしかに「非売品」ですが、これは一般的な「入手困難で希少価値がある」という意味ではなく、「売ってはいけない」という意味です。

 それでも、見本盤がたくさん出品されているのは、入札者に禁止品だとの認識が薄いことと、出品数が多過ぎてYahoo!のパトロールも手が回らないからではないでしょうか?

 また、譲渡・売買禁止は、法律上の禁止行為ではなく、メーカーと音楽関係者との"口約束"みたいなものなので、実際に刑事・民事での処罰や賠償を課せられる例は聞いたことがありません。

 見本盤を商品として流通させることは、そのCDをつくったアーティスト、メーカー、販売店の商売を妨害し、本来あるべき収入がなくなり、音楽業界全体を弱体化させることになるので、やめるべきです。

 ネット・オークションのなかった昔は、一般の消費者が見本盤の存在自体を知らず、関係者にも譲渡・転売をするものはごく少数でした。
 このまま見本盤の流通が続くと、メーカーも見本盤のありかたを変えることになるかもしれません。

No.1の方のリンク先にも書いてありますが、Yahoo!オークションでは、

盗品
* サンプル版やデモ版として貸与されている音楽CD/DVD、ゲームソフト、コンピュータソフトなども含まれます。

として、出品が禁止されています。

 見本(サンプル)盤は、メーカーが、市販する前に宣伝(プロモーション)目的で、放送局などの音楽関係者に無償で貸与しているものです。
 ちゃんと、見本盤の表示の中に「使用後は返却すること」、「他者への譲渡・売買はしないこと」が明記されています。
 つまり、「...続きを読む

QFacebook メッセンジャー

メッセンジャーで、ウェーブが届きました。と来たのですが、これは何の意味でしょうか?
私を選択して送られてるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

Poke機能というのはわかりますか? 肩をちょっちょっとつついて「元気?」みたいに簡単な挨拶をする機能です。
Wave(ウエーブ)とは、このpokeと携帯のGPS機能の合わせ技で、時間的に近い距離にいる友達に対して「近くだよ。元気?」みたいな挨拶をする機能です。Waveが来ることで、じゃあ、今から合おうかみたいなこともできるのではと言われています。

>私を選択して送られてるものなのでしょうか?
個人ではなく、物理的な距離の近さによって出てくるようです。どのぐらいの距離の近さに設定しているか詳細はわかりませんが。

Qオリジナル盤とリマスター盤

CDのオリジナル盤とリマスター盤、どちらを買うか迷っています。
ファンとしてはオリジナル盤に魅力を感じますが、リマスター盤の方が音がクリアだとも聞きますし…。
これから買うとしたら、どちらがオススメですか。
また、オリジナル盤を持っている人でも、リマスター盤を(音がいいということで)買い直したりすることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

「リマスターする」ということは、「オリジナルマスターとは別物を作る」ということですから、必然的に音質が変わる事になります。
リマスター盤のほうが音がクリアになる場合というのは、オリジナルがむかしのLPレコード時代のケースが多くて、デジタル録音になってからは、一般人の耳でわかるようなあまり劇的な変化はないのが普通です。

「マスタリング作業」というのは、レコーディング技師の最後の腕の見せ所で、「録音時の音質」+「ミキシング時の音質」+「マスタリング時の音質」がトータルに合算されて、レコーディング技師の腕前として評価されています。
ビニール盤レコードの場合は、有名レコーディングエンジニアがみずからマスタリングした場合には、レコード盤に署名の刻印が押されていました。

つまり、オリジナルマスターの音質は、オリジナルレコーディングがおこなわれた時点での技師が最終OKを出した技師の意図どおりの音質ということになります。

しかし、リマスタリングの場合は、レコーディング技師とは別の技師が行なうことが多いので、これが「ホントのあるべき音」なのかどうか、という点で、問題になります。(元の録音技師がそのまま生きていて、自分の意志によって再マスターを行うこともあります)

初版マスタリングの技師とは別の技師が音造りの違いの腕を見せるという意味で、リマスタリングが行われることもあります。
そういう場合は、リマスタリング技師の名前がわざわざ大きく打ち出されています。


たいていのばあいは、リマスターをしなければならない理由として、原盤の音が劣化(これは特にアナログ録音時代の場合が多いです)している、とか、リマスタリングとひとことで言っても実はマスター作業だけではなくてリミックスもかねている(これはおもにデジタル録音時代の場合が多いです)場合もあります。
(リミックスするんだから、それに合ったリマスターをしよう、という考えです)


>(2)(3)がない場合はどうでしょうか。

オリジナルをすでに持っている人が、リマスターになったらどんな音になっているんだろう?という比較をしたい興味で買う場合が多いのではないでしょうか?



>リマスター盤を出すというのはアーチスト本人の意向なのでしょうか。
>それとも、レコード会社の…?

これは、アーチストが現役で売れっ子の場合は両方ありえます。
すでに専属契約が切れて再発盤として出る場合はアーチスト本人の意志と無関係にレコード会社の一存でリマスターになってしまうケースがほとんどです。特に、もう故人となってしまったアーチストの場合などはそうです。
また、これとは別に、音作りに果敢な「レコーディングエンジニアの意志」でリマスターが実行されることもあります。
(その場合は、レコード会社から雇われたエンジニアですから、結局はレコード会社の意向、ということになるかもしれませんですね^^)
また、再発盤の場合は、オリジナルのレコーディングエンジニアがもう死んでしまっていない場合も多いので、再発時には新しいエンジニアがリマスタリングをおこなうことになります。

はじめまして。

「リマスターする」ということは、「オリジナルマスターとは別物を作る」ということですから、必然的に音質が変わる事になります。
リマスター盤のほうが音がクリアになる場合というのは、オリジナルがむかしのLPレコード時代のケースが多くて、デジタル録音になってからは、一般人の耳でわかるようなあまり劇的な変化はないのが普通です。

「マスタリング作業」というのは、レコーディング技師の最後の腕の見せ所で、「録音時の音質」+「ミキシング時の音質」+「マスタリング時の音質...続きを読む

Q所属「事務所」と「レコード会社」の関係

所属「事務所」と「レコード会社」の関係って
どうなっているんですか?

たとえば、「ジャニーズ事務所」の人たちは
ほとんど「ジャニーズエンターテイメント」からCD出してますが、
V6はエイベックスですよね。
「ソニーミュージック」所属の歌手っていっぱいいますけど、
みんな同じ「事務所」ではないですよね。

歌手デビューする時って、
(人によって違うと思いますけど)
どっちに所属することが先に決まるんですか?
たとえば、路上で歌っていて、デビューが決まった、
なんて場合はどうなんだろう?
「レコード会社」の人がスカウトして、
どっか所属するための「事務所」を紹介してあげたりするんでしょうか?

「事務所」と「レコード会社」ってやってる仕事って違うのかな?
その歌手のプロモーションはどっちもやってると思うんだけど…。

そもそも、2重に所属があるってなんか変じゃないですか?
「ジャニーズ事務所」と「ジャニーズエンターテイメント」は
元は一つの会社らしいので良いですけど、
ホリプロ所属でソニーミュージックから歌手デビュー
とかってありますよね。(誰がそうとかわかりませんが)

そういう事情に詳しい方、教えてください。

所属「事務所」と「レコード会社」の関係って
どうなっているんですか?

たとえば、「ジャニーズ事務所」の人たちは
ほとんど「ジャニーズエンターテイメント」からCD出してますが、
V6はエイベックスですよね。
「ソニーミュージック」所属の歌手っていっぱいいますけど、
みんな同じ「事務所」ではないですよね。

歌手デビューする時って、
(人によって違うと思いますけど)
どっちに所属することが先に決まるんですか?
たとえば、路上で歌っていて、デビューが決まった、
なんて場合はどう...続きを読む

Aベストアンサー

私も書きながら考えがはっきりしてくるのでもうちょっと説明しましょう

>「レコード会社」から「事務所」へのお金の流れがあるはずだと思うのです
はいあります、それは前にも書いたCD制作費だったり『育成金』だったりします(育成金はギャランティではないですが)。

tomikou0000さんの言いたいのはこういうことですね。
「レコードメーカーはミュ-ジシャンの努力によって利益を上げてるのだからそれに対する対価が発生するはずだ」と。

>「ミュージシャン」が提供したものに対して、
>「レコード会社」から見返りがないとおかしいですよね。

おかしくはないんですよ。
これらの事をきちんと説明すると非常に長くなりますが、簡単に言うとそれは演奏料のことじゃないですか?演奏料は制作費の一部です。

>「ミュージシャン」が提供する声なり音楽なりによって
>「レコード会社」は成り立っているということですよね。
厳密に言うとそれは違います。
「レコード会社」はCDの『発売等』によって成り立っています。
テレビ局がタレントの存在で成り立っているのではなくCMの広告費で成り立っているのに似てます。『CDが売れること』によって成り立っているのです。


CDを出すために必要な費用は大きく分けて制作費と広告宣伝費があります。

制作費の中には色々含まれますが、スタジオ代、演奏料、アレンジ料、エンジニア料、撮影費、印刷代、機材使用料、プレス代、紙代、プラスチック代などなど・・・
制作費以外に広告宣伝費、それに伴う人件費、交通費などもかかります。

制作費等の費用を全部出した人が『原盤権利者』となりCDが売れたらその売り上げをもらいます。それは他の経済でも同じことですね。
制作費を出すって事はスポンサーになるって事です、投資です。
制作費を全額レコ-ド会社が出すとは限りません、事務所の場合もあります。

また『制作』を行わず『発売』『販売』しかしないレコ-ドメ-カもあれば
『制作』と『発売』しかしないレコードメーカーもあります。
レコードメーカーってのは絶対的な存在じゃなくその役割は近年では流動的です。
一番適切な言い方をしましょう、レコ-ド会社は『CDの問屋さん』です。
問屋さんのなかには制作部を持ってるところもありますが、製作しなくても会社は成り立ちます。

それとは別に著作物に対しての印税ってのが発生します。これはレコ-ドメ-カーからもらうのではありません、出版社からもらうのです。

以上かなり簡易に端折って説明しましたがお分かりになりましたでしょうか。

私も書きながら考えがはっきりしてくるのでもうちょっと説明しましょう

>「レコード会社」から「事務所」へのお金の流れがあるはずだと思うのです
はいあります、それは前にも書いたCD制作費だったり『育成金』だったりします(育成金はギャランティではないですが)。

tomikou0000さんの言いたいのはこういうことですね。
「レコードメーカーはミュ-ジシャンの努力によって利益を上げてるのだからそれに対する対価が発生するはずだ」と。

>「ミュージシャン」が提供したものに対して、
>「レコ...続きを読む

QG-SHOCKの時刻修正

G-SHOCKの時刻修正するにはどのようにしたらいいですか?
早く進んでいるので、今の時刻に直したいのですか。。。
教えて頂けますか?よろしくお願い致します。
CASIOのG-COOLという時計です。

Aベストアンサー

私、G-COOLを持っていますよ

時刻の設定についてはNo.1のかたがかかれているので大体OKだと思います。

解り難いかなと書かれているので、私は分かりやすく書けるよう努めますね。

ADJUSTを押しつづける(ピッと音がします。)

秒が点滅するので、時報の00秒に合わせてSTART/STOPを押す。

MODEを押す。

時が点滅するので、START/STOPとSPLIT/RESETを押して合わせる。
(時が狂ってることはないと思うけど。)

MODEを押す。

分が点滅するので、時と同じようにSTART/STOPとSPLIT/RESETを
押して合わせる。

このあとは、MODEをおすたびに、年、月、日、秒、時、分・・・
と変わっていくので、必要ならばMODEで点滅個所を変えて
START/STOPとSPLIT/RESETで合わせる。

全部合わせたら、最後にADJUSTを押す。(時報に合わせなくてもいいです)

ちなみに、30秒以内の誤差なら、普通の状態での
START/STOPとSPLIT/RESETの同時押しで00秒に合わせられます。

私、G-COOLを持っていますよ

時刻の設定についてはNo.1のかたがかかれているので大体OKだと思います。

解り難いかなと書かれているので、私は分かりやすく書けるよう努めますね。

ADJUSTを押しつづける(ピッと音がします。)

秒が点滅するので、時報の00秒に合わせてSTART/STOPを押す。

MODEを押す。

時が点滅するので、START/STOPとSPLIT/RESETを押して合わせる。
(時が狂ってることはないと思うけど。)

MODEを押す。

分が点滅するので、時と同じようにSTART/STOPとSPLIT/RESET...続きを読む

Q「今日も今日とて」の意味を教えて下さい

「今日も今日とて」の意味を教えて下さい。
前後の文章から、単純に「今日も」という事かなと思ったのですが、「今日とて」がひっかかります。
「今日」は「キョウ」でいいんですよね?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ意味の重ね合わせで、強調してるのです。

「今日も」、今まで通りなんだ、
「今日とて」明日になれば変わるかも希望をもっていたとしても、「今日とて」変わらない。という事ですね。

音を踏んで、何も変わらない事を強調表現しているのです。

QCDの音飛びを直す方法を教えてください。

クリーニング用のCDはまだ試していません。

購入後5年くらい経ちます。

光センサのCDで何故音飛びするのでしょうか?

Aベストアンサー

CDピックアップ用レンズが汚れると音飛びします。

CDを再生するときはCDに付いている細かい溝を半導体レーザーでなぞって読み取ります。
レンズが汚れているとうまく溝をトレースできなくなり隣のみぞに飛び移ってしまうことがあります。
これが音飛びの原因です。
最近のは先読みをしてメモリに溜め込み少しのズレも音飛び無しで補正してくれますが
5年前となると・・・ついているか分かりません。

同じ現象でCDの方に汚れが付着しているとレーザーのトレースを邪魔して音飛びします。
ですので再生の場合はレンズ・ディスク両方をきれいにして再生してください。
小さな埃をついたままプレーヤーにセットすると、ディスクが回転したときに
ディスクから取れます。取れたのはプレーヤーの中にたまりますが、レンズにつくと
音飛びしやすくなります。あとタバコの煙でも汚れます。

おそらくクリーニングすれば直ると思います。
何回クリーニングしても直らない場合は半導体レーザーの寿命かもしれません。

Q違法かもしれない音楽CDを購入した場合、購入者も処罰対象か?

似たような質問をかなり調べましたが、結論に達しませんでしたので、質問させていただきます。

音楽CDがオークションにありました。
明記されてはいませんが、いわゆるコレクターズ、ブートレグと呼ばれるものだと思います。

どのようないきさつで出品者が手に入れたのか分かりませんが、
定期的に何点も出品している事を考えると、
頑張ってコピーして出品しているのではないと・・・
と、勝手に想像して、入札する事に躊躇しています。
※想像通りだとすると、著作権違法ですよね?
※たまたま正当な手段で、何点も手に入れる機会があって、
 それを出品している場合は問題ないと思いますが。

そこで質問です。
万一、出品者が著作権違法などで告発された場合、
落札し購入した者は、処罰の対象となるのでしょうか?
ならないのでしょうか?

「買うべきでは無い」といったアドバイスはご遠慮ください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「取引の原則」という考え方があります。
商取引が成立するためには.売る人と買う人の2名が必要です(法人等の場合も人であらわします)。
もし.売る人が変なものを売った場合には.買う人は売った人に対して損害賠償請求や良品への交換請求ができます(できなければ買う人が一方的に不利になる=法の上の平等に反する)。

次に.もし.売ったものに問題があり.売る人と買う人の両方に対して.損害賠償が可能とします。権利はひとつ(物ひとつの権利売買として)ですから.義務もひとつになります。損害賠償請求権が.売る人と買う人の両方に請求できるとなると.ひとつの権利を2重に行使してしまうことになります。つまり.たとえば100万円の権利(民法関係規定ですべての権利は金に換算されます)の損害賠償を売る人と買う人の両方にできますから.200万円の権利となってしまいます。これは.権利の乱用です。100万円の権利は100の権利でしかすぎないのですから。ですから.このような2重に権利を行使した場合には.恐喝等の悪意とみなされてしまい.請求権自体を消失させます(公序良俗に反する)。
通常民法(条文忘却)の規定を使って.事情を知らないで購入した場合「購入品は正規の取引で購入したとみなす」事になります。もし.購入者にも責任がある(上記条文を適応しない)とするならば.損害拝承請求者は.共犯であることを立証する必要があります。

古物営業法の適応を受けるような販売では.販売者が商法の適応を受けでより強い制限を受けます。つまり.「良品であることを保証する義務」が生じます(憲法12条の規定で個人は最大限に尊重されます。「公共の福祉」という制限は営業を行っている人々に限って適応される場合が多く.行政法がこの場合に相当します。行政法たる古物営業法が適応になります)。ある程度分量が多い場合には.古物免許を取得するように行政指導が行われるはずです。

ですから.転売を目的として購入した場合(原則として古物営業法の適応になります。)や民法の問屋(商法の卸問屋とは異なります。本来の購入者の名義を表に出すことなく.本来の購入者に代わって取引することを業とする人々・行政書士等の代書屋や買い物代行業が相当)として.購入した場合には.商家となりますので.商法の適応をうけて損害賠償請求を受ける異となります(受けたくなければ.販売者に対して損が賠償請求をすることになります。あるいは.商法の規定を使って.良品との交換を請求します)が.自分自身で使用するのであれば.損害賠償の対象にはなりません。

このような「販売者が内容を保証する」ということが日本の商取引の原則です。従って.「個人」として.水からが消費する目的ならば.損害賠償の請求はできません。

ですから.食糧管理法で身分証明書に署名捺印が必要な米の取引で.食糧管理法の定めによらず取引された米(闇米)の取締りで.販売者のみが処罰の対象となり.購入者は処罰の対象にはなりませんでした。
特許違反の係争で製造業者には侵害で賠償を命じましたが.販売業者・消費者に対する請求は権利の2重行使となるとして否定されました(昭和40年代のニュース報道による)。

私は旅行に良く出かけます。旅先の喫茶店などで.コーヒーを頼むことがあります。コーヒーの種類がいろいろあって.価格が対して異ならない場合には.無条件で高級品を頼むことにしています。コーピー1杯の価格の差は大体数百円でしょう。この程度の金額ならば.捨てても惜しくはありません(裁判ひ様100万円使って損害賠償請求するほどの権利ではない)。運が良ければ.本物が飲めますから。

個人が「購入する」という行為は.憲法上最大限に尊重されなければなりません。また.個人が損害賠償する権利・良品交換を請求する権利を行使する・しないは.個人の自由権であり.憲法上最大限に尊重されなければなりません。
ここに民法の「過失なく購入した場合には正規の取引で購入したとみなす」という規定の意義が理解できるでしょう。「公共の福祉」に始まる個人の行動の制限(商法・古物営業法等の適応)は.販売者に対してのみ課せられる理由もわかるでしょう。

なお.価格についてですが.自分の権利をどのような価格で行使するかは.自由権のひとつであり.無料で行使しても違法性はありません(例.カセットテープレコ-ダーの特許権は日本では無料で開放され.誰もが自由に生産でき.世界有数のデープレコーダー用磁気粉メーカーが生まれた)。
「低価格だから違法である」という理由にはなりません。権利の価値を決定することも自由ですから(その代わり.やたら高価ですと誰も買わない)。

「取引の原則」という考え方があります。
商取引が成立するためには.売る人と買う人の2名が必要です(法人等の場合も人であらわします)。
もし.売る人が変なものを売った場合には.買う人は売った人に対して損害賠償請求や良品への交換請求ができます(できなければ買う人が一方的に不利になる=法の上の平等に反する)。

次に.もし.売ったものに問題があり.売る人と買う人の両方に対して.損害賠償が可能とします。権利はひとつ(物ひとつの権利売買として)ですから.義務もひとつになります。損害賠償請求権が.売...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング