10~15年くらい前の少女まんがで、
たしか私は「りぼん」に連載していたので読んだんだと思います
作者は(多分)一条ゆかりさんだったような・・・
でも一条ゆかりさんの まんがや文庫を探しても見つけられないんです(>_<)
あらすじ
富豪の令嬢が交通事故に遭って一命はとりとめたものの顔がぐちゃぐちゃに
しかも記憶喪失
顔は手術で復元でき、二人の男性と出会う
1人は危ない(?)魅力の人 
もう1人は優しく心が落ち着く男性
結局前者の男性と結婚することになるのですが、
実はその人が事故の黒幕で、しかも彼女は令嬢ではなく替え玉だった
・・・というような話なのですが、
読んだのが随分昔なので途中間違ってるかもしれません
ご存知の方、心当たりのある方、いらっしゃいましたら
題名と出版社等教えて頂けないでしょうか
よろしくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そういうストーリーのマンガがりぼんに載ってましたね。


私もうろ覚えなので、なんていうマンガだったっけ?と気になって調べてみたら、見つかりました。

題名は「夢のあとさき」で「りぼんマスコットコミックス」から出ているようです。
amazonで調べたら、「取り寄せ」でしたが絶版ではないようなので、買えると思います。

ちなみに、以下のサイトで見つけました。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/eiko/yukari/c-list.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!
参考サイト見てみました
これのような気がします・・・
なにせ小学生だったものではっきり覚えてなくって(^_^;)
わざわざ調べて下さったんですね
嬉しいです~早速買おうと思います

お礼日時:2002/01/22 19:42

お、思い出した!


女弁護士はミス・レーマンでしたね。
主人公の本当の名はトレーシィ・ジョーンズ。
あと、本物のビアンカを育てた乳母だか女中頭だかのマリアとかも出てきましたね!
忘れたつもりでも憶えてるものですね・・・(笑)

この回答への補足

「夢のあとさき」届きました
これこれ!これです!!
回答して頂いた皆さんありがとうございましたm(__)m

補足日時:2002/01/24 13:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pingapingaさんまた回答(補足?)ありがとうございます
ネットで注文しました!
3日くらいで届くみたいです
すごく嬉しい&楽しみです
届き次第質問を締切とさせて頂こうと思っております
探してたまんがが皆さんから教えて頂いたのだと思うのですが、
読んでみてちょっと違うかも?となったらまた補足するということで
よろしくお願いします
内容お礼になってないかもしれません・・・
補足ですればよかったかな
すみません

お礼日時:2002/01/22 20:03

もう一人の黒髪の冷血っぽいのは執事じゃなくて、ビアンカのお祖父さまの右腕の敏腕ビジネスマン、名前はルチアーノ・ロッシじゃなかったですか?


あと、女弁護士ってのも出てきたなぁ・・・・名前が思い出せないや(^^;)
んでも、彼女の台詞はよく憶えてるんですよ。
殺害計画が成功した!と思って大喜びしたのもつかの間、警察に捕まって『なんて・・・・短い夢なの・・・・・』とか言ってましたよね。
回答は既に出てるんですが、懐かしくて書き込んじゃいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
詳しいですね~
下の方のお礼でも書いたとおり私は大雑把にしか覚えてないんです
でもそれで分かって教えて下さる方がいて嬉しいです(^O^)
せりふは全然覚えてないのですが、
子供心に2人の男性で迷ったらこういう方がいいのね、
と思った記憶が・・・
今まで気になってたということは結構強烈なのかな?
あらためて読むのが楽しみです

お礼日時:2002/01/22 19:55

読みましたよ~!それ!確かに一条ゆかりさんの「夢のあとさき」ですよね。



 主人公はロングのウエーブかかった髪で「ビアンカ・ベルサーチ」
 魅力的な先生「ティモシー」
 で、もう一人がベルサーチ家の執事(?)の人で黒髪で冷血っぽいヒト
 ですよね。なつかし~( ̄ー ̄)・・・間違えてたらゴメンなさい

  りぼんで掲載されているのを読んだことがあるので「りぼんマスコット
 コミックス」でしょうね。でも短編だし随分昔のなので古本屋さんに行って
 みるのもいいかもしれませんね。

  頑張って入手してください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
読んだ事ある方結構いらっしゃるようで嬉しいです
私の友達は誰も覚えていない(読んでない?)みたいで
やっぱり一条ゆかりさんだったんですね~
tottokoさんは詳しく覚えてるんですね
私は登場人物は全然記憶にないんです・・・
男の人が2人出てきたというくらいで
入手できるよう頑張ります!

お礼日時:2002/01/22 19:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安野モヨコさん「脂肪と言う名の服を着て」のラスト教えてください

以前、安野モヨコさんの「脂肪と言う名の服を着て」を購入したのですが、その数年後、ラストを加えた完全版が発売されました。
買いなおすのももったいないので、追加されたラストがどんなものなのか教えてください。

私が持っているものは、
激ヤセした半年後、主人公は偶然元エステ店の人と再会する。元エステティシャンは言う。「たぶん繰り返すわね 身体じゃないもの 心がデブなんだもの」。
主人公が大量のコンビニフードを食べながら「食べなくちゃ 食べて力をつけるんだ 力をつけるんだわ」というモノローグでラストです。
その後の内容についてお願いします。

Aベストアンサー

モヨコさんのファンなので買って頂きたいものです…(>o<;)
細かいトコは書きませんが超簡単にその後です↓

のこは痩せれば変わる!とまた30キロ減。マスコミを賑わすマユミは「のこを失った斎藤」に用は無く捨てる。社内で更に風当たりが強くなるのこは心身壊れ始め、身を守るため食べ、摂食嘔吐が進む。斎藤、のこに似た女と結婚。のこ倒れ入院→退院。

34ページもあるエピローグ(表紙込)。
これがあってこそ、あのお話は一層ズシンと来ます。摂食障害の怖さもですが「痩せる事への意識」や「依存性の関係の先にある結末」…機会があればぜひ読まれる事をお勧めします!

Q一条ゆかりの「砂の城」

「砂の城」のコミックを読んだのですが、最後の部分がどうも分かりません。どうしてナタリーとフランシスは最後の夜になってしまったのでしょうか?いろいろな解釈が可能でしょうが、みなさまのご意見を教えて下さい。

Aベストアンサー

つい先日、はじめて読んだばかりなので、まだ読み込みが足りない意見かもしれませんが失礼。
あの夜、ナタリーはまだ高熱が続いていたので(それにしてはえらく元気に見えますが)、それが元で亡くなったということではないでしょうか。


人気Q&Aランキング