国際政治に詳しい方、教えてください!

 先頃、米国は一方的にABM条約から脱退しましたが、これに関連して、基本的な疑問が湧いてきました:

1、ABM条約を結んでいるのは、米露だけなのか?(中国やインドは?)

2、米国は脱退宣言を撤回する可能性はあるのか?

宜しくお願いします!

A 回答 (2件)

現在アメリカとロシアはABMという弾道ミサイルを迎撃するミサイルを持っています。

これは敵の核ミサイルを核弾頭で吹き飛ばすという、非常に荒っぽい迎撃システムです。要するに水爆で攻撃されるなら、自分の原爆を使って被害を押さえようというもの。(この辺、自信がありません。間違ってるよと指摘できる軍事マニアの人がいれば指摘してください。)ABMを使えば迎撃に成功しても自国に被害が及ぶので、あまりお勧めできない迎撃システムです。当時はこんなのしか作れませんでした。
現在アメリカはNMDというミサイル防衛システムを開発しています。これは核弾頭を用いない迎撃システムで、本当にこれが実現したら核ミサイルは保有すること自体無意味になります。このNMDもABM条約に抵触するので、NMDを開発して保有したいアメリカはABM条約から脱退しようとしているのです。
    • good
    • 0

1の答え


条約に加盟しているのはアメリカとロシアだけです。
そもそもABMなるものを所有しているのが、アメリカとロシアだけです。

2の答え
ロシアや、他の核保有国がミサイル迎撃システムを完成させない限り、米国は脱退宣言を撤回することはないと思います。

ABM条約について、外務省のホームページに記述があったので参考にどうぞ。

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kaku/beiro/abm …

この回答への補足

早速の御回答、ありがとうございました!
質問を重ねることになってしまいますが、「ロシアや、他の核保有国がミサイル迎撃システムを完成させない限り、」とのことでしたが、米国は「迎撃システム」を完成させたということなのでしょうか?もし「未完成」だとしたら、ABM条約から撤退した意図がわからなくなってしまうような、、、。

補足日時:2002/01/24 13:55
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング