小野小町は、『古今和歌集』に18首の恋歌を書いています。
小町は様々なところに登場しています。
『無名草子』52段、『伊勢物語』25段、『仮名草子』、
『平家物語―小宰相身投―』、『宝物集』、
『徒然草』173段、『玉造小町壮衰書』、謡曲「通小町」「卒塔婆小町」
『首書九想詩』、『小町草紙』などに小町のことが書かれています。
 これはどうしてでしょうか?
 小町像とは・・・?
 小町は本当に存在していたのでしょうか?私にはたくさんの疑問があります。
 小町のこと分かる方がいたら何か教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以前小町に関して、横浜の遺跡に関連して調べたことがあります。


小町そのものは現実に存在した人物ですが、謡曲などで詠われた、『玉造小町壮衰抄』、謡曲「通小町」「卒塔婆小町」 などの小町とは全く関連はありません。
作り上げられたものです。
    • good
    • 0

先に書いてる方々の言う通りですが私からも  小野小町って当時の宮廷で更衣だって書いてる小説とかマンガが多いですよね   小説とかマ

ンガによると更衣だったけどあまり天皇には愛されなかったとか・・・  だから悲しい恋の歌はいいですよね  正しいのは忘れたけど 衣を裏返して寝れば・・・とかってやつとか    小町は在原業平や出家した貴族の人や 落ち目の貴族達と一緒に歌会なんかをしていたらしいですよ  政治的に難しい時の宮廷だったらしいですが  しっかり宮勤めをしていてお給料はためこんでいたとか   父親だかおじさんだかが 小野たかむら だとか書いてたのもありました  私は小町は実在すると思います  言い伝えの通り全部の歌が小町のじゃなくても  代表的なのはやっぱり小町のだと思うし・・・   和歌集もいいですが小町については  小説やマンガが色々と出ていますよ  面白いものも多いので図書館などで借りてみては
    • good
    • 0

 


  小野小町という女流歌人は、少なくとも一人は歴史的に実在したでしょう。「古今集」にその名で歌があるということは、そう通称されたか、本名の人がいて、少なくとも一つか幾つかの歌は詠んだのです。
 
  少なくとも一人というのは、似たような女流歌人が二人いて、合成されている可能性もあるからです。また、小野小町作となっている歌も、すべてが彼女の真作でないのかも知れません。別人の作品でよく似たものが、彼女の作にされているのかも知れません。しかし、「古今集」に「詠み人知らず」でなく出ているのですから、最初に言ったように、少なくとも一人は歴史的に、それに相当する人がいたのです。
 
  小野小町については、彼女の作とされる歌から考えるのがもっとも妥当でしょう。一般的に、美人で、恋の遍歴を行い、年老いて、人生の儚さを嘆いたという程度のイメージがコアでしょう。
 
  在原業平も歴史的人物で、「ほぼ学はできず。されどうたをよくする」とか、記録に出てくるはずです。「学(漢文)」はできなかったが、和歌は上手だったということです。こちらは、美男で、数多くの恋で、浮き名を流したことで有名です。「伊勢物語」は、彼が主人公だと言われていますが、無論、歴史書である訳がなく、物語=創作でしょう。
 
  小野小町について列挙されている文書も、ほぼ物語か創作です。「徒然草」は随想集ですが、しかしやはり歴史書ではありません。小野小町について伝わっていることを、題材に文章を書いているのでしょう。
 
  小野小町も在原業平も、共に、尾鰭が後世一杯ついて、物語が作られ、伝説が生まれ、実像が曖昧きわまりないものになりましたが、コアとなる人物は間違いなくいたでしょう。「古事記」「日本書紀」の古い記述ならともかく、「古今集」に名前入りで作品が出てくるのは、実在したということです。
 
    • good
    • 0

小野小町は、秋田県雄勝町の生まれという伝説がありますね。


よろしかったら、下記URLをどうぞ。

小野小町のおまつり、史跡なども残っています。

参考URL:http://www.yutopia.or.jp/~ogachi/txt/d01.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小野小町のイメージについて。

小野小町には沢山の説話や伝説が残されていることから、どのようなイメージがどのように作られてきたか、その生成過程について学校で調べています。小野小町といえばクレオパトラ・楊貴妃に並び世界三代美女に含まれるほど絶世の美女であったことは有名だと思うのですが、人によって小野小町のイメージが異なると思います。そこで、一般的に「小野小町」というと、どのようなイメージを抱くでしょうか?できるだけ、沢山の方から教えていただけると嬉しいです。どうぞ、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 rio-chiさん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

 ちょっとした仕事で、小野小町について調べた経験があるので、そのときの
イメージを書きますね。

 まず、小野小町自体は謎に包まれた生涯で、「ゆかりの地」「お墓」は全国で
20カ所以上(青森~宮崎)あります。平安時代に、それほど全国行脚できたと
は考えにくいので、噂が先行して、各地に逸話ができたものと思われます。その
大半は、その地元の美しい女性を「小町」と称して、墓とかゆかりの地(姿見の
井戸とか多いですね)と謳ったのではないかと思います。

 彼女自身はその美貌に加えて、歌人としての評価が高く「六歌仙」「三十六
歌仙」にも選ばれています。晩年に読んだとされる「花の色はうつりにけりな~」
の歌は有名ですが、若い頃から宮中で才色兼備と評されていたようです。

 また、有名な深草少将との逸話を始め、彼女は誰とも結婚しませんでした。
そこから推測される様々な説(病気・レズなど)があり、彼女の謎の人生の上に
さらにベールをかけているかのようなイメージがあります。

 出身はおそらく秋田ではないかと言われています。ですから、インターネット
で検索すると秋田のHPがたくさんピックアップされますね。(^_^)

参考URL:http://www.yutopia.or.jp/~ogachi/txt/d01.htm

 rio-chiさん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

 ちょっとした仕事で、小野小町について調べた経験があるので、そのときの
イメージを書きますね。

 まず、小野小町自体は謎に包まれた生涯で、「ゆかりの地」「お墓」は全国で
20カ所以上(青森~宮崎)あります。平安時代に、それほど全国行脚できたと
は考えにくいので、噂が先行して、各地に逸話ができたものと思われます。その
大半は、その地元の美しい女性を「小町」と称して、墓とかゆかりの地(姿見の
井戸とか多いですね)と...続きを読む

Q伊勢物語、つくも髪の段(六十三段)の和歌の解釈で悩んでます。

伊勢物語の六十三段で、老婆が在原業平に恋をするお話がありますが、その段の和歌で

百年に一年たらぬつくも髪我を恋ふらし面影に見ゆ
(現代語訳:百歳に一歳たりないほどの白髪の老女が私を恋しているらしい。その姿がありありと目に浮かぶ)

とありますが、どの日本語訳を見てもこの歌は四句切れになってます。
という事は、「恋ふらし」の助動詞「らし」は終止形ということになりますよね。
ですが、「らし」は、終止形も連体形も已然形も全て活用が「らし」の形なので、この歌中の「らし」が終止形であるという判別をつけることができません。
どのようにすれば、「らし」の終止形と連体形と已然形の区別がつけられるのでしょうか?

Aベストアンサー

>伊勢物語の六十三段で、老婆が在原業平に恋をするお話がありますが、その段の和歌で

百年に一年たらぬつくも髪我を恋ふらし面影に見ゆ
(現代語訳:百歳に一歳たりないほどの白髪の老女が私を恋しているらしい。その姿がありありと目に浮かぶ)

とありますが、どの日本語訳を見てもこの歌は四句切れになってます。
という事は、「恋ふらし」の助動詞「らし」は終止形ということになりますよね。
ですが、「らし」は、終止形も連体形も已然形も全て活用が「らし」の形なので、この歌中の「らし」が終止形であるという判別をつけることができません。
どのようにすれば、「らし」の終止形と連体形と已然形の区別がつけられるのでしょうか?

*まず、「らし」は奈良時代の和歌を中心に使われ、「伊勢物語」の時点では、古語と扱われていたようです。また、和歌で「らし」を用いた場合、句切れになることが多いことが知られています。そのため、この和歌でも、途中に係り結びを作る係助詞がないため、4句末の「らし」で区切れ、「らし」は区切れですから終止形になります。
となると、終止形と連体形と已然形の区別ですが、途中に係助詞「ぞ」「なむ」「や」「か」があれば連体形。「こそ」があれば已然形。それ以外は終止形という係り結びの説明になります。
蛇足ですが、「らし」はご存知のように、「目の前の客観的事実、確実な根拠を基にして、未知の事柄を確信を持って推定する。」のが本来です。そして、文中に推定の根拠の客観的事実が示されているのが普通です。そのため、この和歌の構成は、

百年に一年たらぬつくも髪我を恋ふ=主観的な判断(推定)
らし
面影に見ゆ=客観的な事実(根拠)

となります。
つまり、「らし」までが主観的な推定であり、「面影」以下が根拠ですので、構成上も四句切れになります。

以上、参考まで。

>伊勢物語の六十三段で、老婆が在原業平に恋をするお話がありますが、その段の和歌で

百年に一年たらぬつくも髪我を恋ふらし面影に見ゆ
(現代語訳:百歳に一歳たりないほどの白髪の老女が私を恋しているらしい。その姿がありありと目に浮かぶ)

とありますが、どの日本語訳を見てもこの歌は四句切れになってます。
という事は、「恋ふらし」の助動詞「らし」は終止形ということになりますよね。
ですが、「らし」は、終止形も連体形も已然形も全て活用が「らし」の形なので、この歌中の「らし」が終止...続きを読む

Q小野小町は結婚してる?

平安時代の女流歌人で絶世の美女だとされる「小野小町」は結婚しているのでしょうか?

また結婚しているとしたら
・それは小野小町は何歳の時か
・相手は誰か
・子供はいるのか

ご存知の方は教えて下さい!
皆さんの知っている範囲で構いません。

Aベストアンサー

武蔵坊弁慶と小野小町は異性を知らずに一生を終わったと聞いています。

ですからあの時代ですから独身では無いかと思います。

Q枕草子の第275段、大蔵卿

枕草子「大蔵卿」の全文の現代語訳を教えて下さい。
訳した文が載っているサイトのURLでも結構です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大蔵卿ほど耳のよくきく(聞こえのいい)人はいないっす。本当に蚊のまつげの落ちる音だって聞きつけることができそうなんだから。あのね、(私が)中宮職の御曹司(みぞうし・役所)の西側に住んでいた頃なんだけどね、大殿のお宅の新中将って人が当直(とのゐ)だったんで、ちょこっと話なんかしていた時、そばに居る人がね、「この中将に扇の絵のことなんか言ってみればぁ」って
こそっと言うので、私は「あの方(大蔵卿)が(その内)行っちゃうでしょうから(そしたらね)」とひそひそ返事をしたら、その人でさえ聞きとることができなくて「え?なに?なんだって?」と耳を傾けて来るのに、ぬぁ~んと大蔵卿は、遠くにいて「ふん、憎ったらしぃっ、んなこと言うなら、きょうは、一日中ここを去ってやるもんかいっ」………って言うじゃな~い。
いったい全体、どうやって聞きつけたのか、ってそりゃあアンタ、もうすっかりたまげてしまったんですからぁ……… 残念っ!

Q小野小町の恋について

高校で研究論文を書いています。
小野小町の恋について調べたいのですが
「恋多き女」と名高き小野小町なのに
深草の少将ネタしか出てきません。

ほかに誰と恋したんですか?
また、お勧めのサイトがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

元々伝承の少ない彼女の事なので、何処まで真実かは分かりませんが、一応和歌のやり取りから分かっているのは
安倍清行(あべのきよつら)
小野貞樹(おのさだき)
文屋康秀(ぶんやのやすひで)
僧正遍昭(そうじょうへんじょう)
などがいます。
あと、本当かどうか真意の程は分かっておりませんが、当代きってのプレイボーイ在原業平とも関係があったと言われています。

一応、有名な和歌による逸話をご紹介すると、安倍清行との話で、ある法事に2人が出席して法華経の法話を聞いてから自宅に帰ってから、その法話に掛けてあえない寂しさを伝えるために

「つつめども 袖にたまらぬ 白玉は 人を見ぬ目の なみだなりけり」(転がっている玉を取ろうといくら包んでみても、私の玉はちっとも袖にとどまらんなぁ・・・と思ったら、何てこと無いその玉は、貴方に会えない私の涙でしたよ)

と、清行から小町に送りました。しかして小町からの返歌は

「おろかなる 涙ぞ袖に 玉はなす 我はせきへず たぎつ瀬なれば」(袖に玉するような涙なんてチャラいわ~!!私なんかあの法師様のお話にメチャメチャ感動して、滝のような涙を流しましたのよ!)

と言う、トンチンカンなのかはぐらかされた分かりませんが、返歌をしたそうです。恋多き女性、そんな風に殿方たちを翻弄していった方のようですね(^_^;)

先の方達の名前と小野小町、そして恋で検索したら、色々他にも面白い逸話が見つかると思いますよ。頑張ってよいレポートが出来るとよいですね。

ご参考になれば幸いです。

こんにちは。

元々伝承の少ない彼女の事なので、何処まで真実かは分かりませんが、一応和歌のやり取りから分かっているのは
安倍清行(あべのきよつら)
小野貞樹(おのさだき)
文屋康秀(ぶんやのやすひで)
僧正遍昭(そうじょうへんじょう)
などがいます。
あと、本当かどうか真意の程は分かっておりませんが、当代きってのプレイボーイ在原業平とも関係があったと言われています。

一応、有名な和歌による逸話をご紹介すると、安倍清行との話で、ある法事に2人が出席して法華経の法話を聞いてか...続きを読む

Q枕草子の百七十七段「宮にはじめて参りたるころ」の訳

清少納言の枕草子で、「宮にはじめて参りたるころ」という章段がありますが、伊周と定子が平兼盛の歌をネタに会話をするシーンがあります。そこの
”物語にいみじう口にまかせて言ひたるに、たがはざめりとおぼゆ”
の部分の訳が分かりません。ネットを調べても色々と解釈があるようで、特に”口にまかせて”の部分がわかりません。直訳でも良いので、どう訳すべきか教えてください。

Aベストアンサー

物語などで、口から出まかせに言った様子と全く違いがないように思える。
物語などの中で、口からでまかせに言ったようなあり得そうもない素晴らしい現実が目の前にあるので、新参者の清少納言は感激しているわけです。定子は藤原北家の大姫、伊周はその兄、当時の日本の最高級の貴族なわけで、衣装の描写がありますが、衣装も非常に素晴らしいものであったと思われます。

Q小野小町について

小野小町の「思ひつつ寝ればや人 の見えつらんと夢と知りせば覚めざらましを」というやつについて調べ学習をしています。小野小町のこと、この歌の背景、現代訳などなどどんなことでもいいので知ってる人は教えてください。また、お勧めのサイトなどあったらURLはっていただければサイコーです!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「(あなたの事を)思いながら寝たからでしょうか、あなたが私の前に現れました。
 これが夢だとわかっていれば、決して目覚めなかったものなのに…」

…ってかんじですかな。

参考URL:http://ww1.enjoy.ne.jp/~levert/novel/title.htm,http://www.yutopia.or.jp/~numakura/ehon/komati16.htm

Q枕草子の「池」の段について

枕草子の「池」の段について、三点程質問があります。(1)原文では「池は、勝間田の池、磐余の池。贄野の池、・・・」とありますが、例えば『堺本』などでは磐余の池が抜けていたりします。それはなぜでしょうか。(2)「お前の池」は、『能因本』では「たまへのいけ」、『前田本』では「をさへの池」に、また「かみの池」は『能因本』、『前田本』では「かがみの池」と記されていますが、それはなぜでしょうか。(3)以前、勝間田の池、磐余の池。贄野の池の一番最初の文字(か、い、に)のように、この段に記されている池の最初の文字をとってつなげていくと、何か意味があるというお話をきいたことがあるのですが、どんな意味があるのかおわかりでしたら教えていただきたいとおもいます。
 以上、三点の質問があるのですが、教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)(2)について
伝本によって表記が違っていたり、書いてあるものとないものがあったりするのは、書写する際の写しちがえによるものと思われます。

ご存知と思いますが、「枕草子」に限らず、古典文学は、作者が書いたものそのもの(原本)が現在に伝わっているのではなく、いろいろな人がそれを書写する形で伝えられているものです。ですから、写す際に読み違えたり、あるいは写す人が意図的にここはこうではないかとして読み書いていく場合があります(後者の場合は、「注記」という形で書かれていることが多いと思いますが)。
たとえば、「かがみの池」。これはおそらく原本では「かヽみのいけ」と表記されていたと思われますが、「ヽ」の部分があいまいだったりすると、「かみ」とも読めてしまえます。変体仮名は往々にして区別がつきにくいものがありますので。

(3)については、初めて知りましたので、ちょっとわかりません。
枕草子が手元にないので、池の頭の文字をとって検証してみることもかないません。
もし、お手元にあるのでしたら、ご自身で検証してみてはいかがでしょうか。

Q小野小町について。

いま、学校の国語で小野小町の、「おもひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを」というのを調べてます。何か資料はないでしょうか・・・・

Aベストアンサー

意味は、
あなたのことを思いながら寝たので、あなたは夢にあらわれたのでしょうか・・・夢だとわかっていたならば、目をさまさなかったものを・・・
てなかんじです。
小野小町は楊貴妃・クレオパトラとならんで世界での3大美女といわれてます。今でもきれいな人のこと、○○小町っていいますよね。
それから、習ったとおもいますが、百人一首にも「はなのいろは~」の短歌のっていますよね。

個人的には小野小町よりも古い時代の短歌とかのほうが個人的にはとってもすきなんですが・・・
もしも「小野小町」じゃなくて短歌や相聞歌に興味がおありでしたら、角川文庫から出版されている「恋ノウタ~せつなくて」と「恋ノウタ~愛しくて」がおすすめです。著者は三枝克之さんです。
学校で習うよりもずっと実生活に密着した?おもしろい本です。恋の短歌ばっかです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/komati.html

Q伊勢物語 第百三十九段

 いざ桜散らばちりなむひとさかりあり<経ば>人に憂き目みえなむと
書きてなむいにける。男(来て)見ればなし。

失礼ですがこの<経ば>、(来て)の読み方をご存知の方いらっしゃいませんか?できれば何故そうなるのか理由も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「伊勢物語」は125段までだったと思いますが…。それはさておき
<経ば>=「ふれば」。ハ行下二段の已然形。「経過すれば」の意。
<来て>=「きて」。カ変の連用形。
ではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報