小野小町は、『古今和歌集』に18首の恋歌を書いています。
小町は様々なところに登場しています。
『無名草子』52段、『伊勢物語』25段、『仮名草子』、
『平家物語―小宰相身投―』、『宝物集』、
『徒然草』173段、『玉造小町壮衰書』、謡曲「通小町」「卒塔婆小町」
『首書九想詩』、『小町草紙』などに小町のことが書かれています。
 これはどうしてでしょうか?
 小町像とは・・・?
 小町は本当に存在していたのでしょうか?私にはたくさんの疑問があります。
 小町のこと分かる方がいたら何か教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以前小町に関して、横浜の遺跡に関連して調べたことがあります。


小町そのものは現実に存在した人物ですが、謡曲などで詠われた、『玉造小町壮衰抄』、謡曲「通小町」「卒塔婆小町」 などの小町とは全く関連はありません。
作り上げられたものです。
    • good
    • 0

先に書いてる方々の言う通りですが私からも  小野小町って当時の宮廷で更衣だって書いてる小説とかマンガが多いですよね   小説とかマ

ンガによると更衣だったけどあまり天皇には愛されなかったとか・・・  だから悲しい恋の歌はいいですよね  正しいのは忘れたけど 衣を裏返して寝れば・・・とかってやつとか    小町は在原業平や出家した貴族の人や 落ち目の貴族達と一緒に歌会なんかをしていたらしいですよ  政治的に難しい時の宮廷だったらしいですが  しっかり宮勤めをしていてお給料はためこんでいたとか   父親だかおじさんだかが 小野たかむら だとか書いてたのもありました  私は小町は実在すると思います  言い伝えの通り全部の歌が小町のじゃなくても  代表的なのはやっぱり小町のだと思うし・・・   和歌集もいいですが小町については  小説やマンガが色々と出ていますよ  面白いものも多いので図書館などで借りてみては
    • good
    • 0

 


  小野小町という女流歌人は、少なくとも一人は歴史的に実在したでしょう。「古今集」にその名で歌があるということは、そう通称されたか、本名の人がいて、少なくとも一つか幾つかの歌は詠んだのです。
 
  少なくとも一人というのは、似たような女流歌人が二人いて、合成されている可能性もあるからです。また、小野小町作となっている歌も、すべてが彼女の真作でないのかも知れません。別人の作品でよく似たものが、彼女の作にされているのかも知れません。しかし、「古今集」に「詠み人知らず」でなく出ているのですから、最初に言ったように、少なくとも一人は歴史的に、それに相当する人がいたのです。
 
  小野小町については、彼女の作とされる歌から考えるのがもっとも妥当でしょう。一般的に、美人で、恋の遍歴を行い、年老いて、人生の儚さを嘆いたという程度のイメージがコアでしょう。
 
  在原業平も歴史的人物で、「ほぼ学はできず。されどうたをよくする」とか、記録に出てくるはずです。「学(漢文)」はできなかったが、和歌は上手だったということです。こちらは、美男で、数多くの恋で、浮き名を流したことで有名です。「伊勢物語」は、彼が主人公だと言われていますが、無論、歴史書である訳がなく、物語=創作でしょう。
 
  小野小町について列挙されている文書も、ほぼ物語か創作です。「徒然草」は随想集ですが、しかしやはり歴史書ではありません。小野小町について伝わっていることを、題材に文章を書いているのでしょう。
 
  小野小町も在原業平も、共に、尾鰭が後世一杯ついて、物語が作られ、伝説が生まれ、実像が曖昧きわまりないものになりましたが、コアとなる人物は間違いなくいたでしょう。「古事記」「日本書紀」の古い記述ならともかく、「古今集」に名前入りで作品が出てくるのは、実在したということです。
 
    • good
    • 0

小野小町は、秋田県雄勝町の生まれという伝説がありますね。


よろしかったら、下記URLをどうぞ。

小野小町のおまつり、史跡なども残っています。

参考URL:http://www.yutopia.or.jp/~ogachi/txt/d01.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小野小町のイメージについて。

小野小町には沢山の説話や伝説が残されていることから、どのようなイメージがどのように作られてきたか、その生成過程について学校で調べています。小野小町といえばクレオパトラ・楊貴妃に並び世界三代美女に含まれるほど絶世の美女であったことは有名だと思うのですが、人によって小野小町のイメージが異なると思います。そこで、一般的に「小野小町」というと、どのようなイメージを抱くでしょうか?できるだけ、沢山の方から教えていただけると嬉しいです。どうぞ、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 rio-chiさん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

 ちょっとした仕事で、小野小町について調べた経験があるので、そのときの
イメージを書きますね。

 まず、小野小町自体は謎に包まれた生涯で、「ゆかりの地」「お墓」は全国で
20カ所以上(青森~宮崎)あります。平安時代に、それほど全国行脚できたと
は考えにくいので、噂が先行して、各地に逸話ができたものと思われます。その
大半は、その地元の美しい女性を「小町」と称して、墓とかゆかりの地(姿見の
井戸とか多いですね)と謳ったのではないかと思います。

 彼女自身はその美貌に加えて、歌人としての評価が高く「六歌仙」「三十六
歌仙」にも選ばれています。晩年に読んだとされる「花の色はうつりにけりな~」
の歌は有名ですが、若い頃から宮中で才色兼備と評されていたようです。

 また、有名な深草少将との逸話を始め、彼女は誰とも結婚しませんでした。
そこから推測される様々な説(病気・レズなど)があり、彼女の謎の人生の上に
さらにベールをかけているかのようなイメージがあります。

 出身はおそらく秋田ではないかと言われています。ですから、インターネット
で検索すると秋田のHPがたくさんピックアップされますね。(^_^)

参考URL:http://www.yutopia.or.jp/~ogachi/txt/d01.htm

 rio-chiさん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

 ちょっとした仕事で、小野小町について調べた経験があるので、そのときの
イメージを書きますね。

 まず、小野小町自体は謎に包まれた生涯で、「ゆかりの地」「お墓」は全国で
20カ所以上(青森~宮崎)あります。平安時代に、それほど全国行脚できたと
は考えにくいので、噂が先行して、各地に逸話ができたものと思われます。その
大半は、その地元の美しい女性を「小町」と称して、墓とかゆかりの地(姿見の
井戸とか多いですね)と...続きを読む

Q古今和歌集か万葉集?

古今和歌集か万葉集?(もしくは他の和歌集)の中に
「亡くなったあの人の手紙の文字を見るとその人が偲ばれて悲しい」と言った意味の和歌があったと思うのですが思い出せません。何処かの本で読んだのですが....
御存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

情報が少なすぎますね。意味だけなら当てはまるものがいくつもあって、しかも「うろ覚え」という可能性まで考えるともう、絞りようのない質問です。

……ざっと見ました(T_T)。
万葉集→挽歌部分のみ。それらしきものはなし。
古今集→哀傷歌部分のみ。同上。
新古今→哀傷歌(巻第八)
手すさびのはかなき跡と見しかども長き形見にになりにけるかな(805)
尋ねても跡はかくてもみづぐきのゆくへも知らぬ昔なりけり(806)
いにしへのなきに流るるみづぐきは跡こそ袖のうらによりけれ(807)
誰か世にながらへて見む書きとめし跡は消えせぬ形見なれども(817)
書きとむる言の葉のみぞみづぐきの流れてとまる形見なりける(826)
※ただ、ざっと見なので、見落としの可能性は多分にあります。

次に死んだ人を偲ぶ歌を歌った、ということを考えました。思いつくのは三人でした。もちろんそういうシチュエーションの人はもっといます。

和泉式部→恋人が亡くなったあと、情熱的な偲ぶ歌を多く作っています。しかし手元に資料がありません。「和泉式部日記」などご確認下さい。
紫の上が亡くなった後の源氏→古手紙を処分しながら亡き人を偲ぶというシチュエーション。

死出の山越えにし人を慕うとて跡を見つつもなほまどうかな(御法)

建礼門院右京大夫→平家の公達であった恋人を亡くしています。
「建礼門院右京大夫集」より。
めぐりきてみるにたもとをぬらすかな 絵島にとめしみづぐきのあと(78)※父への哀傷歌
かなしさのいとどもよほす水ぐきのあとはなかなか消えねとぞ思ふ
         (田辺聖子「文車日記」より孫引き)

……本で読んだ、というのが和歌専門の解説書などではないとしたら、上記の新古今の歌は該当しないような気がします。というのは、付属する物語としてインパクトが弱い。
後者の系統の方が、物語性がありますのでエッセイなどになりやすく、該当するものがあるのではと思います。
こういう類の質問をするなら、出来ればもうちょっと情報がないと……。むきになって調べたので一応書きますが、当っているという予感がありません。こういうのってカナシイものです(T_T)。

ちなみに建礼門院右京大夫は、

水のあわときえにし人の名ばかりを さすがにとめてきくもかなしき(327)

という歌が一番?有名かと思いますが、これは恋人の公達の署名が昔の書類にあるのを見てor聞いて詠んだ歌だそうですので、シチュエーションには合っているかと思います。

情報が少なすぎますね。意味だけなら当てはまるものがいくつもあって、しかも「うろ覚え」という可能性まで考えるともう、絞りようのない質問です。

……ざっと見ました(T_T)。
万葉集→挽歌部分のみ。それらしきものはなし。
古今集→哀傷歌部分のみ。同上。
新古今→哀傷歌(巻第八)
手すさびのはかなき跡と見しかども長き形見にになりにけるかな(805)
尋ねても跡はかくてもみづぐきのゆくへも知らぬ昔なりけり(806)
いにしへのなきに流るるみづぐきは跡こそ袖のうらによりけれ(807)
誰か世にながら...続きを読む

Q小野小町の恋について

高校で研究論文を書いています。
小野小町の恋について調べたいのですが
「恋多き女」と名高き小野小町なのに
深草の少将ネタしか出てきません。

ほかに誰と恋したんですか?
また、お勧めのサイトがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

元々伝承の少ない彼女の事なので、何処まで真実かは分かりませんが、一応和歌のやり取りから分かっているのは
安倍清行(あべのきよつら)
小野貞樹(おのさだき)
文屋康秀(ぶんやのやすひで)
僧正遍昭(そうじょうへんじょう)
などがいます。
あと、本当かどうか真意の程は分かっておりませんが、当代きってのプレイボーイ在原業平とも関係があったと言われています。

一応、有名な和歌による逸話をご紹介すると、安倍清行との話で、ある法事に2人が出席して法華経の法話を聞いてから自宅に帰ってから、その法話に掛けてあえない寂しさを伝えるために

「つつめども 袖にたまらぬ 白玉は 人を見ぬ目の なみだなりけり」(転がっている玉を取ろうといくら包んでみても、私の玉はちっとも袖にとどまらんなぁ・・・と思ったら、何てこと無いその玉は、貴方に会えない私の涙でしたよ)

と、清行から小町に送りました。しかして小町からの返歌は

「おろかなる 涙ぞ袖に 玉はなす 我はせきへず たぎつ瀬なれば」(袖に玉するような涙なんてチャラいわ~!!私なんかあの法師様のお話にメチャメチャ感動して、滝のような涙を流しましたのよ!)

と言う、トンチンカンなのかはぐらかされた分かりませんが、返歌をしたそうです。恋多き女性、そんな風に殿方たちを翻弄していった方のようですね(^_^;)

先の方達の名前と小野小町、そして恋で検索したら、色々他にも面白い逸話が見つかると思いますよ。頑張ってよいレポートが出来るとよいですね。

ご参考になれば幸いです。

こんにちは。

元々伝承の少ない彼女の事なので、何処まで真実かは分かりませんが、一応和歌のやり取りから分かっているのは
安倍清行(あべのきよつら)
小野貞樹(おのさだき)
文屋康秀(ぶんやのやすひで)
僧正遍昭(そうじょうへんじょう)
などがいます。
あと、本当かどうか真意の程は分かっておりませんが、当代きってのプレイボーイ在原業平とも関係があったと言われています。

一応、有名な和歌による逸話をご紹介すると、安倍清行との話で、ある法事に2人が出席して法華経の法話を聞いてか...続きを読む

Q古今和歌集の歌の意味が知りたいのです。

古今和歌集11巻 548 
秋の田の ほのうえをてらす いなづまの 光のまにも 我やわするる 
(読み人しらず)    

の歌の意味を教えていただけませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「秋の田の稲穂を照らし出すいなびかりの光はほんの一瞬の間のものですが、その一瞬の短い間もわたくしがあの人への恋の思いを忘れましょうか」
(新古典文学大系版の校注による)

「我やわするる」は疑問の形をとった反語で、
「いえ、決して忘れるはずなどないでしょう?」
の意味がこめられています。

Q小野小町は結婚してる?

平安時代の女流歌人で絶世の美女だとされる「小野小町」は結婚しているのでしょうか?

また結婚しているとしたら
・それは小野小町は何歳の時か
・相手は誰か
・子供はいるのか

ご存知の方は教えて下さい!
皆さんの知っている範囲で構いません。

Aベストアンサー

武蔵坊弁慶と小野小町は異性を知らずに一生を終わったと聞いています。

ですからあの時代ですから独身では無いかと思います。

Q新古今和歌集!!

後鳥羽上皇の
 鶯の鳴けどもいまだ降る雪に杉の葉白き逢坂の山
という歌に用いられている修辞を教えて下さい!!

Aベストアンサー

 修辞は? ということになると「本歌取り」「体言止め」ですね。
 この歌は、「古今集」巻1春上にある「梅が枝に来ゐる鶯春かけて鳴けどもいまだ雪は降りつつ」を本歌としているとされています。今回話題になっている歌と本歌とでは「鶯が鳴いている状況(春が来た)」と「まだ雪が降っている状況」が共通しています。ところが、「梅と鶯」の組み合わせ、「杉と鶯」の組み合わせが大きな違いとなっていますね。この歌のキモはここにあります。「梅と鶯」という日本古来の美意識から脱却し、「杉と鶯」という新たな美を発見したということなのです。
 「本歌取り」という修辞は、歌を鑑賞するに当たって「本歌を意識し、本歌の情景や心情を重ね合わせる」ということで、今回の場合は、「鶯といえば梅なのにそうではなく杉と鶯なのか」と鑑賞する事になるのです。色彩を思い浮かべて見ると「杉と鶯」のほうが「梅と鶯」より、ピンク色が見える分暖かさを感じますね。要は色彩において「まだ寒いんだ」と感じさせているということにもなるのです。
 この歌に関して言えば、鑑賞の要点は「体言止め」よりも「本歌取り」だと思われますので、「体言止め」については省略します。もし「体言止め」の何たるかについて関心がおありでしたら補足をいただければ、ご説明いたします。
 

 修辞は? ということになると「本歌取り」「体言止め」ですね。
 この歌は、「古今集」巻1春上にある「梅が枝に来ゐる鶯春かけて鳴けどもいまだ雪は降りつつ」を本歌としているとされています。今回話題になっている歌と本歌とでは「鶯が鳴いている状況(春が来た)」と「まだ雪が降っている状況」が共通しています。ところが、「梅と鶯」の組み合わせ、「杉と鶯」の組み合わせが大きな違いとなっていますね。この歌のキモはここにあります。「梅と鶯」という日本古来の美意識から脱却し、「杉と鶯」という...続きを読む

Q小野小町について

小野小町の「思ひつつ寝ればや人 の見えつらんと夢と知りせば覚めざらましを」というやつについて調べ学習をしています。小野小町のこと、この歌の背景、現代訳などなどどんなことでもいいので知ってる人は教えてください。また、お勧めのサイトなどあったらURLはっていただければサイコーです!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「(あなたの事を)思いながら寝たからでしょうか、あなたが私の前に現れました。
 これが夢だとわかっていれば、決して目覚めなかったものなのに…」

…ってかんじですかな。

参考URL:http://ww1.enjoy.ne.jp/~levert/novel/title.htm,http://www.yutopia.or.jp/~numakura/ehon/komati16.htm

Q新続古今和歌集の歌

新続古今和歌集の歌
「人はなど訪はで過ぐらむ風にこそ知られじと思ふ宿の桜を」(『新続古今和歌集』)というのがありますが、なかなか詳しい訳がみつかりません。「風にこそ知られじと思ふ宿の桜を」のなかの「に」はどういう使い方でしょうか。詳しいだけ現代日本語に訳しください。よろしくお願いします。(^◇^;)ゞ ・

Aベストアンサー

わが家の桜を風にだけは知られまい(知られると散らされてしまうから)と思って気を揉んでいるのに、人はどうしてやって来て見ていこうとしないで通り過ぎてしまうことができるだろうか。

Q小野小町について。

いま、学校の国語で小野小町の、「おもひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを」というのを調べてます。何か資料はないでしょうか・・・・

Aベストアンサー

意味は、
あなたのことを思いながら寝たので、あなたは夢にあらわれたのでしょうか・・・夢だとわかっていたならば、目をさまさなかったものを・・・
てなかんじです。
小野小町は楊貴妃・クレオパトラとならんで世界での3大美女といわれてます。今でもきれいな人のこと、○○小町っていいますよね。
それから、習ったとおもいますが、百人一首にも「はなのいろは~」の短歌のっていますよね。

個人的には小野小町よりも古い時代の短歌とかのほうが個人的にはとってもすきなんですが・・・
もしも「小野小町」じゃなくて短歌や相聞歌に興味がおありでしたら、角川文庫から出版されている「恋ノウタ~せつなくて」と「恋ノウタ~愛しくて」がおすすめです。著者は三枝克之さんです。
学校で習うよりもずっと実生活に密着した?おもしろい本です。恋の短歌ばっかです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/komati.html

Q古今和歌集序聞書三流抄について・・・

いきなり難しい質問で申し訳ないのですが、古今和歌集序聞書三流抄の現代語訳は
出版されていないのでしょうか?もし出版されていたとすれば、どの本が参考に
なるのか教えて頂けないでしょうか?学校の図書館でも調べたのですがそれらしき
図書を見つけ出すことができませんでした。こんな便利な機能があるとは
知らなかったので、大分遅くなってしまいましたが、なるべく早くお返事を頂ける
とありがたいです。どうか知っていらっしゃる方がいましたら、ご一報願います。

Aベストアンサー

現代語訳ではありませんが、活字になったものには赤尾照文堂から発行された中世古今集注釈書解題(昭和48年)、大阪女子大学から出た雑誌の女子大文学22巻(昭和46年)に収録されています。解説などは書かれているかと思いますが、現代語訳も載っているかは知りません。
なおこのデータは日本古典文学会貴重本刊行会が発行した国文学複製翻刻書目総覧によるものです。昭和57年に発行されているので昭和55年までのデータしか載っていません。その後に発行された本のデータを集めた続編が出版されているはずですが、私は持っていませんので、図書館で探して参考にしてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング