小沢征爾氏が話題になるこのごろ。自分もオーケストラみたいな音楽を楽しめたらな~、とふと思いました。

オーケストラとかは特に見に行かないのですが、2年くらいまえに旅行先のニューヨークでなんとなくオーケストラを見にいったのですが、やっぱり寝ちゃいましたね。でも観衆はブラボーとか拍手喝さい。本当に楽しめたの?と思ってしまいました。

オーケストラはどうやって楽しめるのでしょうか?たとえば楽器やってる人はバイオリンのあの音がすばらしいとかって思ったりするのでしょうか?すばらしい人のオーケストラを聞けばいいのでしょうか?
私なんかは楽しめる人と楽しめない人がいるな~、て思うんですが。なんとなく質問させて頂きましたが、ぜひご意見お寄せください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。

私は、オーケストラを聴くなら、やっぱり生演奏が良いですね。室内楽やピアノ独奏は、余程興味がないと出かけません。オーケストラでも、興味のあるプログラムや、好きな楽団、指揮者なら少しぐらい高価でも行きます。けれども、そのプログラムが難点で、結構大衆受けのするものばかり。聴衆が、集まらなければ興行になりませんから仕方ないのですが。今更、ベートーヴェンの第5なんか入っていたりすると興ざめします。しかし、生で聴くと発見があります。体に電気が流れたような瞬間を味わったことがあります。CDなどで飽きるほど聴いた曲がすごく新鮮に感じられ、また聴いてみようと思います。生演奏に求めるのは、私の場合は、大迫力ではなく、聴こえるか聴こえない程の小さな音、例えば、弦のトレモロとかに美を感じてしまいます。演奏会場のお客さんが、すべて楽しんでいるとは思いませんし、プログラムの曲を知っている人も、初めてその曲に出会う人もいると思います。おもしろかったのは、かなり昔に、ノイマンとチェコ・フィルが
チャイコフスキーの<悲愴>を演奏したのを聴きに行きましたが、第3楽章が終わると結構大勢の聴衆が拍手しちゃったんです。あの時のオーケストラの人々の顔が今でも忘れられません。それと、その拍手がスーッと消えていったのにも笑いました。構わないのかもしれませんが、ちょっと恥ずかしかったのを憶えております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

音楽家みたいな意見ですね~。やっぱりそういうささいな音を聞ける人とかいるんだな~。いままでそういう楽しみ方が知らなかったんです。といっても、素養のない私に聞き取れるわけでもなく、でも、そういうことが知らなかったから、どうしてみんなオーケストラに行くんだ?と疑問でした。でも、ささいな疑問です。
些細な疑問だったんだけど、収穫ありでした。
今後ともよろしくね。

お礼日時:2002/01/30 23:11

クラシックは、大体が、口ずさめるくらい


知らないと、詰まらないかも。
よく、コンサートでは、前、中、後半(メイン)
と、数曲やるけど、
知らない前プロの曲など、僕も寝てしまうことが多いです。
ですから、意見としては、以前の回答者と同様です。

ただ、思うのですが、
演奏会に行って、皆が理解しているかとなると
個人的に、とても懐疑的です。
音の鳴り止むまえの
ブラヴォーとか、拍手など、
それこそ無理解も甚だしい人の行うことだと
思っています。
うぬぼれでしょうが、
音楽の才能はなかったものの、
理解する才能はあります。
あなたは、他人と違う自分に気後れしているようですが
実際は、無理解な人も多く、
その世界自体、遠くのモノではないですよ。
小澤さんの、ニューイヤー・コンサートなども、
僕に言わせれば、あんな退屈なコンサートに
大金払って行くこと自体、
音楽でなく、装飾で赴いているだけだと思います。
ほんと、シュトラウスを90分も
聴くと、似たようなメロディーばかりで、
ウンザリします。
好みの問題もあるでしょうが、
あれが本当の音楽の楽しみ方では
ないと思います。
ちなみに、有名な指揮者なら
感動できるかも??と思っているようですが、
指揮者による音楽の違いを
理解するのも、
初心者には難しいことだと思います。
逆に、アマチュア・オケの
テクニックでない、音楽の表現手段に
触れることをお奨めします。
偉そうに書きましたが、
自分の断固とした考えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

率直な意見ですね。みんな本当に楽しんでるの?と疑いつつも、調べるすべもなく今日に至っています。だから、率直な意見はありがたいです。

小沢さんのコンサートは高額なので行けるわけもなく、きっとすばらしいんだろうな~、なんて考えてるとその筋の方から言わせると、あさはかかも知れないですね。自分にあってるかが重要ですね。

アマチュアオケはアマと聞くだけで気がすすまないのが、正直なところです。
でも、心の片隅にでも置いといて、行けるときがあったら行くんだと思います。
では、またよろしく。

お礼日時:2002/01/30 23:18

純粋にオーケストラを楽しむっていうのは、かなり特殊な気もします。



単に好きな曲があって、たまたまオーケストラの曲だった.
その曲が生で聞けるので行ってみた・・という程度のことだと思いますが。


特に好きでも無く,興味もなければそれはそれでいいと思いますけど。

handmishさんも、何か好きな音楽とか、アーティストとかいませんか? その曲を聞くのと同じことだと思いますけど.

話題になっているから聞いてみるというのもいいと思いますが、それで楽しめないといけないとか義務感持ったり、
楽しめないとだめだとか思うことはないでしょう。


ああ、そいういえばプロの演奏はしばらく聞いてないなぁ(^^;

ちなみに、私はクラシックは楽しめますが,ジャズ,ロック、演歌等は楽しめません(^^;;
クラシックを聞き始めたきっかけは,CM(アイネクライネナハトムジーク)と、
なんと音楽の授業のレコード鑑賞です(^^;;;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もちろん音楽は好きなんですけど、クラシックオケは楽しいいと思えなかったんです。でも、それも1度きりなので、ちがうのを鑑賞すれば心象はちがくなるかもしれません。

あと、絶対楽しまなきゃと思うよりも、みんな本当に楽しんでるの?と懐疑心を持っていて、楽しんでるならなにが楽しいの?と知りたくて、楽しめるなら私も楽しみたいと好奇心を持っているだけです。あと、音楽の歴史はすっごいですから、きっと楽しめる人は恍惚を覚えたりするんだろうなと思うんです。

そうそう、ナハトムジークは昔バイトしてた英語学校で流れてました。そのときそういえば、クラシック聞いてたんだな~と思い出しました。

またよろしく。

お礼日時:2002/01/30 23:25

音楽なんてのは文字通り「音を楽しむ」です。


私もクラシックに関しては右に出るやつはいないと思えるくらい「通」で通ってますが、いざ演奏会となるとあまり行かないし、いっても寝てしまう始末です。どうしてもあの椅子と心地よい音楽で寝ない方がおかしいとも思っています。
さて、クラシック音楽の楽しみ方ですが、まず、自分の知っている曲を捜すことから入ります。例えば、CMで「お~ふろ~にバスロマン・・・」という曲をモーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」と知ればその原曲を聴いてみる、というふうに身近に存在する曲をどんどん聴いていき、レパートリーを増やしていくと良いと思います。
CMの曲は特にみみに残る曲が多いので次第にレパートリーが広がっていくと思います。
音楽の良し悪しは人それぞれですので、そんなに悲観することでもないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

残念ながら私は退屈になるとねてしまうので、心地よくてではないです。本当に知らない曲でつまらなかったんです。
知ってればいいかと言うと、音楽なんだから初耳でも楽しませてよ、と要求するのは私だけでしょうか?てわけで耳慣れした曲はちょっと気がすすまないのです。

レパートリーが増えるようCdでも買ってみようと思います。

お礼日時:2002/01/30 23:29

>オーケストラはどうやって楽しめるのでしょうか?


と言われても オーケストラを楽しみたいのでしょうか?
クラシック音楽を楽しみたいのでしょうか?ちょっと質問のイミが・・・・
まず 音楽が好きではないと楽しめないでしょうね。
単にオーケストラの演奏を楽しみたいのであれば
映画音楽を演奏する時に聞きに行ってみればいかがでしょう?
「ウエストサイドストーリー」をN響が演奏したときは会場も乗っていましたよ

>すばらしい人のオーケストラ
とは?指揮者の事でしょうか?
有名な指揮者でも退屈な演奏なら私も寝ますよ。(かなり良く)
また 有名な指揮者でも演奏者(オケ)が下手であれば
眠れもしない 拷問のような時間を過ごさなくてはいけませんし

音楽(クラシックなど)を好きな人なら楽しめるし
興味のない人には楽しめないだけではないでしょうか?
どうやって楽しめるか?と言われても
音楽に興味がないとか 良く聞く訳じゃなければ うーん?
無理じゃないでしょうか?

でも 好きになったら生演奏って面白いですよ
有名な曲のワンフレーズだけでも覚えて聞きに行って下さい。
「あれ?CDとはちょっと違う?」と解るようになれば
だんだんと面白くなってくると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれれ?確かに質問の意味通じなかったかもしれないけど、そんな露骨にいわれると・・・(-_-;)。ま、私はそういう素養のない人だから、質問こんないい加減でも堪忍してね。

私は「楽しめない」なんて思ってないんですね。楽しみ方を知らないだけなんじゃないかと思うんだよね。それで楽しんでる人に聞いてみました。やっぱ楽しめる人てなんかうらやましい。酒とおんなじですね。

ともあれ、オーケストラ楽しめる人がどうして楽しめるのか、わかってきましたよ。CDとはちがったりするんですね。てことは普段からCD聞くことが大事なのかな。なんて思ったりする。

またよろしくね。

お礼日時:2002/01/29 19:54

生意気にも回答欄に書きこんでしまいます。


ズバリ、自分の好きな曲目を聴きに行くと絶対夢中になりますよ!
たとえば、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」はバレエでしか観た事ないけど
音楽は可愛いなあ、とか思ってる場合。ぴあとかで、クラシックのところをすみずみまで、ずずいと検索して、どこの会場でやってるかなー、とか捜してみるんです。結構、ひとつの題目にこだわらず、バリエーションつけてプログラム組んでる事もありますから、意外に曲目で捜しても見つかったりするんですよ。
 ちなみに、私の場合チャイコは大好きなので、曲目は何でもいいから、と、
故・朝比奈隆さんの指揮で第六を聴きにいったんです。CDとはまるでちがう迫力にもう、骨まで溶けるかと思っちゃいました!
まずは、指揮者や楽団にこだわらず、自分の好きな曲目で、CDでしか聴いたことの無いもの、をナマで聴きに行くとばっちりですよ!
そうしているうちに、しまいにはお気に入りの指揮者とか、楽団とかできたりして、楽しさ倍率ドン!まちがいなし!ためしにやってみて!!
個人的意見で恐縮ですが、チョン・ミュンフンさんの指揮は最高ですよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オーケストラのすばらしさを伝えてくれてありがとう。「生意気にも私なんて、」ていうところが自分と同じような感じなのかも。

知ってる曲を聴くのがいいんでしょうね。やっぱり。最初はそれで行くとしても知らない曲を聴いてすばらしいと思いたいな。

CDもちと聞いてみます。またよろしく。

お礼日時:2002/01/29 19:40

眠れたのなら、handmishさんにとって心地よいサウンドだったのでは?



音楽は好き好きなので、無理してオーケストラにこだわる事はないのでは?
楽しくなかったものが急に楽しくなるわけないし、1日1曲ぐらい聞いて、なれてきたら聞く回数を増やしていくといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、返信どうもです。確かにこんなことで無理しなくてもいいんですけどね。ただ、うん十万払ってオーケストラ聞きに行く人がいるもんだから、すんごいすばらしいものになったりすんのかな?と思っています。わかる人には。質問してますけど、なんとしてでも楽しみたい!なんて思ってないので、お気楽に今後もよろしく!。

お礼日時:2002/01/29 19:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代オーケストラと古楽器オーケストラの違い

ブリュッヘン指揮の18世紀オーケストラベートーヴェン第九を聴いていたのですが現代オーケストラと古楽器オーケストラの違いはなんですか?
古楽器オーケストラのほうがピッチが低いような感じがしました。

Aベストアンサー

吹奏楽の経験があります。(ホルン・テューバ)


ピッチの話し。
時報で用いられるラの音は440ヘルツ(サイクル/秒)ですが、最近のオーケストラは、442とか443くらいが普通のようです。
しかし、モーツアルトやベートーベンの時代は、438とか、今より低目が、普通だったらしいです。

どこのオーケストラかは知りませんが、古楽器オーケストラは、一般に、作曲された当時のままの演奏を再現したい、という目的のものが、通常でしょうから、ピッチも低めにするのでしょう。
古楽器オーケストラでなくても、たまに、昔の曲を低目のピッチで演奏してます。
それだけピッチが違うと別の調ですよね


楽器の構造、編成と人数

まず、楽器が、当時と今では格段に違います。

まず、木管楽器と弦楽器はNo2の方におまかせです。
クラリネットも、名前は忘れましたが、今は、普通の、木ではない、と思います。

次に金管楽器
トロンボーンのようにスライドを使うものは別として、
ホルンやトランペットは、バルブ(ピストン)の無いものを使っていました。ですから、使われている音に限りがありますし、曲の調が変わると、調の違う楽器に持ち替えていました。

今、昔の曲を演奏する場合には普通に用いられているテューバですが、作られたのは、かなり最近です。
当時は、名前は忘れましたが、違う楽器を使っていました。金管楽器なのに、木管楽器のように、穴を押さえてさまざまな音程の音を出す仕組みでした。
そのため、大きな音もあまり出なかったようです。
楽器としての完成度が低いので、あまり使われていないか、使われてもこった使い方はされていません。
今、その楽器のかわりにテューバが使われるのが普通です。
当時、もし、テューバがあったら、大作曲家たちは、どういう使い方をしたでしょうか?


打楽器
詳しいことは知りません。
ただ、今と比べて、使われている楽器の種類が格段に少ないと思いますが。


編成
楽器自体の違いもさる事ながら、人数と楽器数も、昔は格段に少なかったはずです。
当然、全体の音量も小さいです。
作曲家によって、個人差もありますが。


映画「アマデウス」なんか、参考になるのでは。
私自身、細かな知識が無いため、検証できませんが。


音楽の解釈は、人それぞれで、法律と違って、どれが正しい解釈か、を追及する、っていうのはない、と思います。
ですから、人によって、さまざまな解釈があって、良いと思います。

その中で、作曲家が生きていた当時の楽器や編成で演奏する、っていうのは、作曲家の意図を知る上で、大変興味深い試みと思います。
ただ、当時の楽器やその他の環境の制限の中で、作曲家たちは作曲したわけで、そのころの作曲家たちの意図を忠実に再現している、とは必ずしも言えない、と思います。
もし、モーツアルトに、シンセサイザーを使わせたら、どんな音楽をつくるでしょうか?わくわくします。

吹奏楽の経験があります。(ホルン・テューバ)


ピッチの話し。
時報で用いられるラの音は440ヘルツ(サイクル/秒)ですが、最近のオーケストラは、442とか443くらいが普通のようです。
しかし、モーツアルトやベートーベンの時代は、438とか、今より低目が、普通だったらしいです。

どこのオーケストラかは知りませんが、古楽器オーケストラは、一般に、作曲された当時のままの演奏を再現したい、という目的のものが、通常でしょうから、ピッチも低めにするのでしょう。
古楽器オーケスト...続きを読む

Qオーケストラの仕事

プロオーケストラの営業をやっています。イベントやコンサートの仕事が欲しいのですが、どの様にして探せばよいのでしょうか。バレエや合唱団、スタジオ、学校教育などどんな仕事でもOKです。

Aベストアンサー

 はじめまして。
 最初にお断りをしておかなければなりませんが、私は現在「プロ」ではないですし、「プレイヤー側」の人間です。
 プロオケと言っても、日本のオケ事情を考えたとき、知名度が高いのは、N響、新日、都響、読響、東京交響楽団くらいでしょうか?(この中に入っていらしたとしたら申し訳ございません…友人がこの中にしかいないので。プレイヤー側ですが。)中でも定期演奏会を行なうステージでリハーサルができるのは、新日だけですし、N響・都響、東京交響楽団、読響は、独自のリハーサル施設をもつ数少ない幸運なオーケストラです。
 そういった意味あいでは「失礼を申し上げる気は」本当に無いのですが、パッと聴いて「そういえば聴いたことあるかも(名前を)…」というクラスなのかな、とご拝察いたします。(本当に失礼を承知で申し上げておりますので、補足で思う存分批判をしてください。)
 どちらの地域に根ざしたオケなのかは存じ上げませんが、今は「首都圏」というより「東京」に一極集中の時代です。少し足を伸ばしてパンフレットを送ってみると、「生のオーケストラなんて見たことない」という方たちがたくさんいらっしゃいます。特に小学生の方ですと、その体験が強烈で、プレイヤーを目指すようになった方も少なくないと聞いています。

 「営業」としては素人のご提案なのですが、
★まず、楽団の成立・案内等(あればURLを含めた)パンフレットを作っておくことは、どんな演奏会にも有効です。ペラの紙でいいので。(既になさっていらっしゃると思いますが、ペラの紙で作っておくと郵送もしやすいですし、配布しやすいと思います。過去の演奏会の履歴も随時更新されておくと尚可という感じが致します。)
 プロの方でしたら、特殊なシンフォニーで無ければ殆ど初見で演奏が可能と思われますので、丁度演奏会シーズン、学校でしたら、「運動会で使われた曲は、実はクラシックで、こんな名前の曲です」等プログラムを随時提案していかれては如何でしょう。

 プロ(グラム)が決まっていた場合の最終手段としては、ネットで売り込んで、演奏会の日時を掲載してもらうということも出来ます。アマチュアの方が多いですが、中にはプロのオケの方もいらっしゃいます。以前よく使わせていただいていた掲示板は「チケットの交換」(譲ってください・譲ります)等で管理人の方がトラブルの被害に遭われたせいか、無くなっていて、個人的にも残念に思っております。

 最後に幾つか(使わせていただいたことはありませんが)サイトをご紹介しておきますので、プログラムの概略を紹介していただいて反応をご覧になっていただいてみては如何でしょうか。
 まさか「来月中に」といった切迫した日程でもないと思いますので(ホールをおさえている訳でもないですし)「楽団の詳細なパンフレット」を「豪華」でなくてよいので、学校関係者や養護施設、スタジオ等に配ってみては如何でしょうか?
 合唱団は、アワセモノなのでご苦労が多いのでは(プレイヤーも交渉も)とご拝察いたしますので、とりあえず「音楽一本」に絞られてみては如何でしょう。
 マネジメントにはアマチュア時代にしか関わっていたことがないので、(しかも営業が成立してからのホールの仮抑え等の事務手続きをしておりました。)何とも言い難いのですが、経験上からですと、採算のことは別として、養護学校等からは「是非」と仰って頂けることがありますので、「プロの方が楽器を触っていただくことに抵抗がなければ」お勧めしたいです。学校関係は割合真剣に聞いてくださいますし(話を)、ドタキャンもないですし、一度いい反応があれば、「是非また来年の文化祭でも」というお話があった例もありましたので、お勧めしたいです。(お子さんが相手の場合、演奏者側に抵抗がなければ是非、楽器を触らせてあげてください。養護施設での経験ですが、「初めて見て、触った。こんな音がする、」ということはとても鮮烈な経験のようです。無責任に申し上げているのではなく、私自身の楽器は名前は伏せますが、10年前でン百万の弦楽器でした。とても興味深げに、丁寧に扱ってくれました。一緒に音を出してみたりすると、小学生の方だったりするととても喜んでもらえたのが嬉しかったです。)
 
■http://www.shin-en.jp/index.html
(「新演奏家協会」メインメニューより「お問い合わせ」へ。掲示板もありますので、宣伝も可能です。)

■http://www.classic.or.jp/
(「社団法人 クラシック音楽事業協会」会員の会社に営業をかけたら、後援・協賛等の支援が受けられるかもしれません。)

 最後にプロの(プログラム)の提案ですが、昨今アニメやドラマやゲームの分野でクラシックや交響曲(ドラクエが有名らしいですが…)が使われているケースが増えていたり、(特に死語ですが「トレンディードラマ」と呼ばれていた分野やCMではクラシックの多用がとても目に付きます)「Sir John Williams」のお蔭で、映画音楽もとても人気です。(John Williams氏はブラスがメインの方ですが、映画音楽の際はフルオケを使われていることが多いですね、例えば「スターウォーズ」や「ジョーズ」「ジュラシックパーク」等)
 聴く側が「構えずに」入っていかれるようなプロ作りは如何でしょうか。
 例を挙げると、「白い影」というドラマで多用されていた「マーラーの5番」ですとか、アニメ「エヴァンゲリオン」で多用されていたクラシック曲ですとか「オージンジ」で有名な派遣会社のCM曲等は、個人的な問い合わせがとても多かった事例です。(最近では「砂の器」の「宿命」に関する問い合わせが殺到して困りました…/苦笑)
 結構な都会に住んでいらっしゃる方でも、「プロのオーケストラを聴きに行くには何を着て行ったらいいのか」という電話もかかってくることも多いです。私自身、ステージ以外で正装したことはないので、「大丈夫」とお答えするのですが、「親子で楽しめるプロ」や、「クラシック・ドラマ(CM)特集」なんて、構えずに行くことの出来るプログラムのような気がします。
 …仕事の探し方というより、「受け狙いのプロ作り」のお話になってしまっておりました。申し訳ございません。

 愛好するあまり、長々と書いてしまい(しかもプロでも営業でもないのに…)重ねてお詫び申し上げます。ですが、【もしも】何か一つでもお役に立てるようなことがあったとしたら、幸いに存じます。
 どうぞお身体に気をつけて頑張ってください。^^
 
 最後に、マネジメント側であれ、プレイヤー側であれ、「ご専門家」の方の貴重な意見が寄せられることを心より願っております。
 長々と差し出がましいことを申し上げて失礼致しました。

 はじめまして。
 最初にお断りをしておかなければなりませんが、私は現在「プロ」ではないですし、「プレイヤー側」の人間です。
 プロオケと言っても、日本のオケ事情を考えたとき、知名度が高いのは、N響、新日、都響、読響、東京交響楽団くらいでしょうか?(この中に入っていらしたとしたら申し訳ございません…友人がこの中にしかいないので。プレイヤー側ですが。)中でも定期演奏会を行なうステージでリハーサルができるのは、新日だけですし、N響・都響、東京交響楽団、読響は、独自のリハーサル施...続きを読む

Qオーストリアのオーケストラ

オーストリアのオーケストラについて教えてください。
英語でN.O. Tonkunsler Orchestra(ニーダー・オーストライケン・
トンクスラー・オーケストラ?)というオーケストラがあるようですが、は日本語ではどのように呼ばれているのでしょうか。

Aベストアンサー

#2です。
少しだけ補助資料を見つけましたので
載せてみます。

これを取っ掛かりにご存知の方からの情報があればいいんですが・・・

*オーケストラの名称の手がかりになるかもしれないブログ
(結構下のほう・・・4分の3くらいのところ)
http://noma.s4.xrea.com/clog/cat_classic_radio.html

*レコ芸別冊「世界のオーケストラ」の記事より抜粋
【ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団】
1907年、オスカー・ネドバルによって組織されたが、22年楽員の大部分を
ウィーン交響楽団に吸収され、一時壊滅状態に陥ってしまった。その後復興して、クラウスやクナッパーツブッシュが指揮台に立ったが、ナチのオーストリア併合によって消滅し、別にニーダー・ドナウ県交響楽団が組織されたが、第二次大戦後、後にN響の指揮者をつとめたクルト・ヴェスを常任に迎えて再建された。63年からはハインツ・ワルベルクが指揮者をつとめている。

Qオーケストラ

こんにちは!!
私はユーフォニウムを吹いています。
ユーフォは吹奏楽や金管バンドにはありますが、なぜオーケストラの一員ではないのですか??

あと、一つだけユーフォが参加しているオーケストラがあると聞いたのですが、どこのオーケストラか教えてください!!

Aベストアンサー

オーケストラでヴァイオリンを弾いてる者です。

ユーフォニウムは比較的新しい楽器だからオケの編成にないのだと思います。モーツァルトの曲にはチューバもありません。

前にラヴェル編の展覧会の絵をやったときはユーフォを入れた編成になってたので、ユーフォを吹ける方に賛助という形で参加していただきました。比較的新しい曲にはユーフォを入れた編成もちらほらありますよ。スコアにはテナーテューバなんて書いてあったりします。

ユーフォは主にクラシックを演奏するオーケストラではレギュラー楽器ではありませんが、クラシックに限らずいろいろ演奏するオケにはレギュラーで参加してたりするんじゃないですか?ただアマチュアオーケストラの場合、使うかどうかわからない楽器をレギュラーでおいておくと選曲するときに大変なので普通はおかないのだと思います。

以前吹奏楽を聴きに行ったときにユーフォのソロを聴きましたが、いい音ですね!ちょっと感動しました。

Qオーケストラが演奏する曲

以前、テレビで普段気にもしない曲がオーケストラバージョンで流れていました。
それを聴いて、心にジーンときました。
そこで、オーケストラが演奏している曲でお勧めの曲(アルバム)を教えてください。
とにかくオーケストラが演奏していたら何でもOKです。
なるべく壮大な曲の方がいいですが…
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

 オーケストラが演奏していて壮大な曲と言えば、やはりワーグナーかなぁ・・・。
 色彩感豊かでダイナミック、管弦楽の真髄に触れることのできる傑作が多いです。
 また、他の作曲家の作品にもそうした曲はありますので、間口の広いご要望ですが、取り合えず下記に、思いつくままに幾つかご紹介致します。

 △楽劇「ニーベルングの指輪」       ワーグナー
 △楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」   ワーグナー
 △楽劇「さまよえるオランダ人」      ワーグナー
 △楽劇「トリスタンとイゾルデ」
 △交響曲第三番「英雄」     ベートーヴェン
 △交響曲第五番「運命」     ベートーヴェン
 △交響曲第九番「合唱つき」   ベートーヴェン
 △交響曲第四十一番「ジュピター」  モーツアルト
 △序曲「フィンガルの洞窟」    メンデルスゾーン
 △オラトリオ「ファウストの却罰」より
  「ハンガリー行進曲(ラコッツィー行進曲)」 ベルリオーズ

 お薦めは
 △「ニーベルングの指輪」の中の「ワルキューレの騎行」
 △「英雄」の第一楽章と第四楽章
 △「合唱つき」の第一楽章と第二楽章
 △「ジュピター」の第一楽章と第四楽章
 △「フィンガルの洞窟」
 △「ハンガリー行進曲」

 オーケストラの作品には、上記以外にも山ほど傑作があります。一生楽しめると思いますので、おいおい聴かれると良いでしょう。

 オーケストラが演奏していて壮大な曲と言えば、やはりワーグナーかなぁ・・・。
 色彩感豊かでダイナミック、管弦楽の真髄に触れることのできる傑作が多いです。
 また、他の作曲家の作品にもそうした曲はありますので、間口の広いご要望ですが、取り合えず下記に、思いつくままに幾つかご紹介致します。

 △楽劇「ニーベルングの指輪」       ワーグナー
 △楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」   ワーグナー
 △楽劇「さまよえるオランダ人」      ワーグナー
 △楽劇「ト...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報