我が家のあるマンションに近々高速インターネット回線が導入されます。光ファイバーをマンションまで敷設し、マンション棟内は電話線を利用したVDSL(ADSLではない)により各家庭に配線します。通信速度は下り最大30Mbpsとのことなのですが、回線をLANで複数のPCにとばす場合、ADSL用ルーターを使用して差し支えないのでしょうか?まだ詳細に調べてはいないのですが、PC関連の雑誌等を見ても、ブロードバンドルーター(ちなみPCがあちこちの部屋にあるので無線を探しています)では、ADSL 8Mbps 対応はあってもそれ以上の通信速度の回線用は見たことがないような気がします。単に通信速度が落ちるだけで使用可能なら、ADSL用でもいいかな・・とも考えていますが、VDSLでも使用可能なんでしょうか?それとも別のルーターが販売されているのでしょうか? ご存じの方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

つっこまれたけど、勘違いされているようなので。


>それから、少々ツッコミになりますが、インターネット接続用のルータ
>として必要な機能は、最低限、NAT、IPマスカレードです。
>DHCPはLANの機器のIPアドレスを勝手に割り振ってくれるという機能なので、
>直接は関係有りませんから誤解のないように。
私が言っているのはWAN側からの話です。
固定のIPを割り振ってくれる場合は問題ありませんが、ダイナミックにWAN側からIPを受け取る場合は、ルータの方でDHCPによるWAN側のIP address収得機能が無ければなりません。
単にルータと言った場合には、これが付いていない(つまりルータ自身のアドレスは固定)ものがあります。
(主に企業内で使われます。理由は簡単で、LANで複数のネットワークを構成するときには、はじめからルータのアドレスは両方とも自ずと決まるからです。)

DHCPサーバ機能があるかどうかという意味では、おっしゃるとおりです。

マンションなどで光ファイバ+VDSLなどを使う場合、業者によっては、
ファイバ-親ルータ-VDSL経由で各戸へ(プロトコルはIPのまま)

という形式で、親ルータから先は既にNAT変換、ローカルIPアドレスの形で配布される場合があります。
このときには、このIPはDHCPで親ルータからIPを受け取らなければなりません。
この先に複数接続する場合は、業者によって対応が違うと思われます。
HUBをカスケード接続して複数ぶら下げるのを認める場合もあり得えます。

認めない場合はもう一段子ルータをかませる必要があります。
(もらった一つのIPを使いもう一度NATでべつのローカルIP複数個に対応させる)
この場合、この子ルータは親ルータよりDHCPで自分のWAN側のIPアドレスをもらわなくてはいけません。
この場合に注意することは、子ルータにぶら下がるLANのネットワークアドレスは子ルータにとってのWAN側のネットアドレスと異なる必要があるから、そう言う設定が出来ないようなルータは避けなければなりません。
(そう言うルータがあるかどうかは定かではありませんが、少なくとも標準設定のままだとかち合う可能性が高いので:誰でも使う192.168.1.1ですから)

私が業者にご相談といったのはそう言う意味です。

無線LANで民生用にover 11Mbpsの製品が出されたのは知りませんでした。
補足ありがとうございます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お二方とも丁寧にご回答いただき有り難うございました。完全理解というところまでは行きませんが、イメージを作ることはできました。有り難うございました。

お礼日時:2002/02/05 22:23

まだ、ちょっと高いですが、参考URLにかかれているように54Mbpsの無線LAN機器は


存在します。
54Mbpsだと、無線LANの実効速度自体は20Mbpsから30Mbps辺りでしょうか。
導入される回線が最大30Mbpsだそうなので、おそらく、それほど速度を犠牲に
することなく使えるとは思いますが、無線LAN自体は非常にデリケートな物なので
設置環境を良く確認してからの導入をお勧めします。

それと、ルーターですが、最近、FTTH対応で最大65Mbpsなんていうものが、
比較的安価に手に入るようになりました。インターネット接続程度なら
十分だと思います。
参考として、比較的評価の高いコレガのルーターのURLを乗せておきます。
http://www.corega.co.jp/product/list/router/bars …
65Mbpsというのが、他にも数社から発売され始めたようなので、後は
好みの問題でしょうか?

それから、少々ツッコミになりますが、インターネット接続用のルータとして
必要な機能は、最低限、NAT、IPマスカレードです。
DHCPはLANの機器のIPアドレスを勝手に割り振ってくれるという機能なので、
直接は関係有りませんから誤解のないように。
(有れば、有ったで、便利では有りますが)
他にも、セキュリティ等を考慮するなら、パケットフィルタリングや
ポートブロック、最近出てきたステルス機能とか色々有りますが、
ADSLとは直接関係ない話になるのでここでは割愛します。

ひとまずこの辺で。他にも何か有れば補足ください。

参考URL:http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/200 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お二方とも丁寧にご回答いただき有り難うございました。完全理解というところまでは行きませんが、イメージを作ることはできました。有り難うございました。

お礼日時:2002/02/05 22:22

無線を使いたいという時点で選択肢は11Mbpsの無線LANしか無くなりますので、ADSL用(普通10Mbpsまで)でもかまいません。



電気屋さんに売っているようなルータには、

1.ルータ(DHCP対応のものでよくブロードバンドルータというやつ)

2.ADSL対応ルータ
1のルータ+ADSL用プロトコル(PPPoE,PPPoA)の搭載

3.ADSLモデムルータ
2のルータ+ADSLモデム

の3種類あります。要するに、ルータに機能が追加されているだけですから、同じものですね。
3の場合は注意が必要で、WAN側の10BASE端子が無い場合が多く、その場合はだめです。

1の普通のルータが使える場合であれば、2も問題なく使えるでしょう。
それよりも、お使いになるVDSLモデムがどうなっているかです。
どういうプロトコルで接続するかによって変わってきます。
お使いになるVDSL用のモデムがモデムルータであればHUBを追加するだけです。
この場合は無線LANもルータタイプでなくてもっと単純なもの(ブリッジタイプ)でかまいません。

ルータタイプでない場合は、何らかのプロトコル経由で接続することになります。
PPPoEを使うのであれば、ADSL対応ルータなどが使えるかもしれませんが、この辺りは、どのような接続形態になるのかを業者に確認たほうが良いですね。

なかには、モデムが介在しているだけで、そのままTCP/IPで送っている場合もありますし、ケースバイケースでルータに必要な機能は変わってきます。
ADSL用であるかどうかという問題ではなくて、モデムと接続するルータの持っている機能が適合しているかどうかという問題になります。

結局、業者の方にお聞きするしかありません。

#もちろん速度は無線LANとのことで、最高速11Mbps、実質5~7Mbps位での通信となります。

では。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカスケード結合について

カスケード結合について調べているのですが応用例が見つかりません。というか、あえて「カスケード結合である」と書く必要がないのか、それらしきものを見つけても本当にそうなのかわかりません。
例として電圧計の回路や液位制御システムがカスケード結合であることは習ったのですが、カスケード結合を用いた計測器やシステムがあったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

cascade: [電]回路などを従続接続する・・・とあります。(研究社・英和辞典)

制御系では、2系統の制御回路を「縦続接続」するものをカスケード結合と呼びます。

例えば蒸気温度を一定にするボイラーを考えて見ます。

簡単には、出口温度と設定温度を比較して、その差信号で燃料の供給量を調整するバルブ(弁)を開閉すればよいと考えられます。→TC(Thermo Control)

しかし実際には,燃料供給圧力などが変わって、(温度は変わっていないにも関わらず)流量が勝手に変動する場合があります。
この場合、結果が温度変化となって現れるまでに時間がかかり、この時間遅れが乱調・・・制御の乱れ・・・を起こす原因になります。

そこで、別に流量を一定にする制御システムを設け(→FC(Flow Control))、これをTCの下位におくとより精密な制御ができます。
この結合が「カスケード結合」です。

実際のシステム例を挙げます。
http://www.rkcinst.com/techno/16/techno_16.htm

参考URL:http://www.rkcinst.com/techno/16/techno_16.htm

cascade: [電]回路などを従続接続する・・・とあります。(研究社・英和辞典)

制御系では、2系統の制御回路を「縦続接続」するものをカスケード結合と呼びます。

例えば蒸気温度を一定にするボイラーを考えて見ます。

簡単には、出口温度と設定温度を比較して、その差信号で燃料の供給量を調整するバルブ(弁)を開閉すればよいと考えられます。→TC(Thermo Control)

しかし実際には,燃料供給圧力などが変わって、(温度は変わっていないにも関わらず)流量が勝手に変動する場合があります。
...続きを読む

Q1つのモジュラージャックから分岐するADSL回線の通信速度について

以下の回線構成の場合、ADSLの通信速度にも影響しますでしょうか?

1つのモジュラージャックに繋がった1本のケーブルが「受話器がエンボスされた上下に1口ずつのコネクタ(正式な名前がわかりませんのでコネクタとしました)」と接続されています。
コネクタから2本のケーブルに分かれアナログ回線とISDN回線に分岐しています。
アナログ回線は新たなコネクタ(先と同一種類のもの)と接続され、その先で新しいコネクタ(入口が1口と出口が2口ありPHONEとMODEMとエンボスされたもの)と接続されています。
PHONE口からモデムの電話回線口がLANで接続されています。
MODEM口からモデムのADSL回線口がLANで接続されています。
モデムの電話機口とFAXがLANで接続され、、同じくモデムのPC口からルーターへLANで接続しています。
ISDN回線はターミナルアダプタを経由して数台のビジネスフォンに繋がっています。

ADSLはNTTのフレッツADSL・モアIII(47Mタイプ)を契約しているのですが通信速度を測定したところ0.84Mbpsでした。
NTTのネットで線路情報を調べたところ
線路距離長:2530m
伝送損失:41dB

場所は都内オフィス街です。
最大の47Mがでないことは何となくわかりますが、1Mもでていないので、少しでも早くできないかと思っております。
原因が分からず、モデムとPCを直接繋いでも速度は変わらないのでルーターの影響ではないと思っています。
そうなると上記の回線構成が関係しているのでしょうか?

お分かりになる方、アドバイスよろしくお願いします。

以下の回線構成の場合、ADSLの通信速度にも影響しますでしょうか?

1つのモジュラージャックに繋がった1本のケーブルが「受話器がエンボスされた上下に1口ずつのコネクタ(正式な名前がわかりませんのでコネクタとしました)」と接続されています。
コネクタから2本のケーブルに分かれアナログ回線とISDN回線に分岐しています。
アナログ回線は新たなコネクタ(先と同一種類のもの)と接続され、その先で新しいコネクタ(入口が1口と出口が2口ありPHONEとMODEMとエンボスされたもの)と接続されています。
P...続きを読む

Aベストアンサー

私がフレッツ12Mを2500m、49dBの環境で使用していたときのモデムのリンク速度は4.2Mbps、PCで測定した速度は3.7Mbpsでした、2530m、41dBとほぼ同条件で1Mbps出ないのは隣接回路にISDN回線があるためと思います。

電線の中を電流が流れると外部に磁界の変化を発生し、その磁界の変化が他の線に起電力を発生するという形でノイズを与えます、特に、同一カッドにISDNが入っていると非常に大きなノイズが乗ります。
ISDN回線からのノイズが与える影響により、正しい通信が出来にくくなり、エラー訂正や様々なノイズ対策によりまったく通信ができなくなる可能性は低いものの、通信速度が低くなることはよく知られています。

対策としては同一カッドのADSL回線(アナログ)とISDN回線(デジタル)を分離することで影響を軽減させる方法を取りますが、当然有料ですし限られた回線の中で他のユーザーがISDNを使っている可能性もあるので100%改善できる保障は無いようです。

電気的なノイズ影響の無い光回線に乗換を薦めます。私は光に変更後90Mbps近い速度が出ています。

私がフレッツ12Mを2500m、49dBの環境で使用していたときのモデムのリンク速度は4.2Mbps、PCで測定した速度は3.7Mbpsでした、2530m、41dBとほぼ同条件で1Mbps出ないのは隣接回路にISDN回線があるためと思います。

電線の中を電流が流れると外部に磁界の変化を発生し、その磁界の変化が他の線に起電力を発生するという形でノイズを与えます、特に、同一カッドにISDNが入っていると非常に大きなノイズが乗ります。
ISDN回線からのノイズが与える影響により、正しい通信が出来にくくなり、エラー訂正や様々なノイ...続きを読む

Qカスケード雑音指数?

無線に興味がある物です。
Webで見つけたのですが、カスケード雑音指数って何でしょうか?
雑音指数は、信号対雑音比のそのブロックにおける劣化分と理解しているのですが、カスケード雑音指数も同じ意味なのでしょうか。それとも会えて名前を変えているのは何か理由があるのでしょうか。
どなたかわかる人がいましたら、教えて頂けませんでしょうか。


下記のURLがカスケード雑音指数という言葉を見つけたところです。
http://www.maxim-ic.com/quick_view2.cfm?qv_pk=2282&ln=jp

Aベストアンサー

A2,A4です。
前回はすみませんでした。

[2.5dB]という値は、データシートの何処にも見付かりませんでしたので、わたしなりの推算をやってみました。

データシート4ページの数値から下記を採用、
     Gain(dB)  NF (dB)  
 LNA    14    1.9
 Mixer   -     7.5

 総合NF = 10log(f1+(f2-1)/g1)=10log(1.55+(5.62-1)/25.1=10log1.734=2.39[dB]

ピタリ一致とまでは行きませんでしたが、大体よい数値ではないでしょうか?

QADSLを2回線分契約して1回線にまとまてネット速度を上げることは可能ですか?

以前から思っていたのですが、ADSLを2回線分契約して、ルーターのような機器を使って1回線分にまとめてインターネットの速度を上げるようなことは可能でしょうか?ちなみに光の選択肢は無く、ADSLで何とか通信速度を上げたいと考えています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

2本の物理的なADSL回線を使っての話だと仮定して…。

大規模サイトなどでは多数の http 要求をロードバランサという装置を使って複数のWWWサーバに振り分けて負荷分散しています。質問者さんの場合はそれと逆のことができればいいわけですね。エアエッジは32kの回線を4本束ねて128kに、またISDNでも64kをマルチプロトコルで128kに束ねるという仕組みがありました。なので技術的には可能だと思います。ただし、上記の場合はいずれも始点でデータを分割して回線1、回線2、(回線3、回線4)に流し終点で元のデータに戻すという仕掛けが必要です。つまり可能だったとしても、あなたの家にだけでなくデータの送出側にも同じような設備を置かないとならないのではないかと思います。

ADSLの場合だとNTT局舎に自前の設備を置くことができれば技術的にはそういうことはできそうな(?)気がしますけど、許可されるはずないし許可されたとしても、とんでもない費用がかかりそうです。

ウチは2年前までフレッツISDNしかなくて、幸いというかフレッツISDNは2回線引いていたため質問者さんが考えているようなことを本気で考えていました。現在は光もADSLも来てしまいましたが、当時は絶対にBBは来ないと思ってました(田舎なので)。

エンドユーザレベルでできそうなことでボクが考えていたのは2本の64kのフレッツISDNを2台のダイヤルアップルーターで接続します。
ゲートウエイとするLinuxサーバを用意してLANカードを2つ装着します。一つは内側のLANに片方はフレッツISDNに接続します。LANの内側からの要求を負荷状況を見ながら回線A、回線Bに振り分ければ見かけ上の速度は上がると思います。

例えばあるサイトのあるページにHTMLドキュメントと画像が10個あったとしたら、HTMLドキュメントと画像1~5は回線A、画像6~10は回線Bを使って転送するというやり方です。こうすれば、明らかにパソコン上に表示される速度は上がるはずです。ただFTPとかで1つの巨大なファイルをダウンロードするという用途には効果ないでしょう。このプログラムを作ろうとしていた時に光ファイバが突然、地域にやってきたもので加入し、それっきりになってしまいました。

#3の方が提示されているやつですけど、エアエッジで使っています。
速くなったような気もするし、そうでもないような気もするというのが正直な感想です。
ただ、エアエッジで使っているPCはメール専用の低スペックマシンなので本来の性能を発揮できてないのかも知れません。
ただ、速度計測サイトなんかで速度計測すると32kなのに1M近くの数値がでたりはします。


ということであんまり答えになってないですけど
・技術的にはできると思う。しかしNTT局舎とあなたの家になんらかの装置(ソフト)を置く必要がある(と思う)。
・エンドユーザ的方法なら示したような方法で可能かと。ただし、数値的には速くなってるが体感的には大して変わらないかも。
 (そのような仕組みを備えたルーターなり、プログラムがあれば簡単な話なんでしょうけど、あいにく存じません。)

2本の物理的なADSL回線を使っての話だと仮定して…。

大規模サイトなどでは多数の http 要求をロードバランサという装置を使って複数のWWWサーバに振り分けて負荷分散しています。質問者さんの場合はそれと逆のことができればいいわけですね。エアエッジは32kの回線を4本束ねて128kに、またISDNでも64kをマルチプロトコルで128kに束ねるという仕組みがありました。なので技術的には可能だと思います。ただし、上記の場合はいずれも始点でデータを分割して回線1、回線2、(回線3、...続きを読む

QHUBのカスケード接続について

ciscoのCatalyst2950という48ポートのHUBを2台使用していますが、
この2台のHUB間で相互に通信させようとケーブルを連結させても通信が行われず、ランプも点灯しません。
特にカスケードポートらしいものも見当たらないのですが、この2台をカスケード接続するにはどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。
Catalyst29xxにはカスケードポートはありませんので、リバースケーブルまたはクロスケーブルと記載されたものを使用すれば大丈夫です。
カスケードポートと呼ばれているものは、HUBの内部で結線をクロスにしているだけなので、通常ポートにクロスケーブルを接続しても同じ効果が得られます。
ちなみにカスケードポートにクロスケーブルを接続すると、ストレートケーブルの効果が得られますが^^

QADSLの既設回線と通信専用回線。

今月中にもADSLを導入しようと考えているのですが、フレッツプランでの既設回線接続と、通信専用回線接続では、どのように異なるのですか?
電話がかけれる、かけれないの違いは理解できるのですが、基本料金や、工事費に差があり、よくわかりません。
電話もかけれるし、基本料金も安いので、既設回線のほうがいいのかなと安易に考えはするのですが、専用線でのメリットなど、ぜひご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんわ,jixyoji-と申します(^-^)/ドモ。

●既設回線接続と、通信専用回線接続では、どのように異なるのですか?

[タイプ1 既存アナログ回線/NTT加入電話との共用]
現在ご利用になっているアナログ電話回線を利用して、ADSLを電話やFAXと同時にご利用いただく場合はこちらをお選びください。
※ 現在ISDN回線を利用している場合は、アナログ回線への切替工事が必要となります。

[タイプ2 ADSL専用のアナログ回線新設]
ご利用中の電話回線とは別に、ADSL専用のアナログ回線を敷設してご利用いただく場合は、こちらをお選びください。
NTT施設設置負担金(72,000円)は不要ですが、本回線での通 常の電話はご利用いただけません。

え~はっきし言ってshibachan1977さんは既存の電話回線があるので「タイプ1」で良いです。メリット&デメリット云々は関係ありません( ;^^)ヘ..。

●今月中にもADSLを導入しようと考えているのですが・・

まずどこの高速常時接続事業者がshibachan1977さんのお住まいの地域でサービス・インしてるか下記HPでご確認ください。

「RBBTODAY」
http://www.rbbtoday.com/
このHPはADSLや高速常時接続に関して常時情報が更新するので役立ちます☆それとエリア検索、郵便番号検索機能があるのでご自身の住んでる場所でどこのADSL会社がサービスしてるかわかります。

まずADSL導入に当たり下記のような問題点があります(;’□’)!!。

●ADSL導入に当たり留意点

・インターホンと電話が共有されてる御宅はADSLが使用できない恐れがある。
・ADSLで使われる周波数帯がISDN回線などと干渉する(恐れがある)ため、場合によってはADSLの持つ伝送量を享受できない点がある。
・収容局までの全ての電話線がメタルケーブルである必要があるため、間に光ケーブルなどが既に敷設されているような場合は、サービスを受けることができない点がある。
・NTTの収容局単位のサービスとなるので収容局とご自宅が離れすぎていたり、例えサービスエリア内でもNTTがADSL対応してないレアケースがある。
*このあたりのことは、ADSL申し込み後に実施される検査によって判明することとなります。
・1.5Mbps(yahoo!BB,eAccess,TOKAI,ACCAなどは8Mbps)はあくまで理論値でしかないのでプロバイダーから自宅までのPCで回線の混み具合、伝送距離で若干速度が落ちる場合がある(凡そ平均1.35Mbps前後)。

「フレッツADSL」をお考えのようですが、まだNTTの「フレッツADSL」は下り8Mbpsのサービスはしておりません。そこで下記2社は先行して下り8Mbpsのサービスを開始してるのでそちらをお奨めします)^o^(。特に「eAccess」は業界最短の8営業日で開通可能ですし、色々キャンペーンを行ってます(;’□’)!!。

「eAccess」
http://www.eaccess.co.jp/jp/index.html
*最短8営業日で開通可能。ISDNとの干渉を最小限にできる G.dmt AnnexC(ジー・ドット・ディーエムティー アネックス・シー)のフルレート方式を導入。様々なISPに対応しており、初期導入費用の減額キャンペーンなど豊富なサービスを展開している。下り8Mbpsのサービス受付開始。

「アッカ・ネットワークス」
http://www.acca.ne.jp/
*ISDNとの干渉を最小限にできる G.dmt AnnexC(ジー・ドット・ディーエムティー アネックス・シー)のフルレート方式を導入。下り8Mbpsのサービス提供中。

もしその他わからないことがあれば下記HPを参照して下さい。

「ADSL FAQブロードバンド初心者編」
http://www.tky.3web.ne.jp/~morimoko/adslindex.htm

「ADSLが開通したらこれだけはやっておこう」
http://anniva.pekori.to/broad/point.htm

「ADSL接続速度チューンナップ」
http://www.janis.or.jp/adsl/tuneup/tuneup.html

『ASAHIネット「ADSL-Aオプション」「ADSL-8Aオプション」対応エリア確認』
http://www.asahi-net.or.jp/service/adsl/adsl-a/area.htm

ADSLのその他雑多な情報は下記参考URLをクリックしてみていただければわかります(o^^o)。

それでもADSLが導入できないのであれば代替案を探すしかないので下記過去ログをご確認下さい。

「ADSL接続以外の高速常時接続(CATV,FTTH等)代替案」
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=168345

それではよりよいネット環境をm(._.)m。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=174096

こんばんわ,jixyoji-と申します(^-^)/ドモ。

●既設回線接続と、通信専用回線接続では、どのように異なるのですか?

[タイプ1 既存アナログ回線/NTT加入電話との共用]
現在ご利用になっているアナログ電話回線を利用して、ADSLを電話やFAXと同時にご利用いただく場合はこちらをお選びください。
※ 現在ISDN回線を利用している場合は、アナログ回線への切替工事が必要となります。

[タイプ2 ADSL専用のアナログ回線新設]
ご利用中の電話回線とは別に、ADSL専用のアナログ回線を敷設してご利...続きを読む

Q阪急箕面駅発のCOMバスの乗降場所は?

阪急箕面駅から箕面市船場内に循環しているCOMバスを利用したいのですが、箕面駅周辺にあるであろう乗り場の位置やダイヤの詳細がわかりません。

船場内にあるCOMバスの停留所で箕面行きが運行していることは確認しています。

どなたか箕面駅のCOMバス乗降場所、それと平日何時頃から運行が開始され、どの程度の間隔で発車しているのかなど、その内容についてご存知ではないでしょうか。
教えてください…。

Aベストアンサー

以前利用していたので、最近のことはわかりませんが、乗り場は阪急箕面駅を出て右側サンプラザへ行くまでのロータリーの一角です。
朝夕の(夕方は帰ってくる人だけでしょうが)通勤時間帯は15分間隔くらいだったと思います。昼間は1時間ごと。
いずれにせよこのバスは誰でも利用できるものではありません。
利用目的の企業(箕面船場繊維団地組合加盟)に問い合わせるのがよいと思います。

QADSLの回線速度は地域の最大速度以上は出ませんか?

今,NTT局から自宅までの距離が2.5kmでKDDIでADSL40Mだか32Mだかを契約していまして
下り受信速度: 5.2Mbps
上り送信速度: 980kbps
の速度が出ています.
yahooBBに変えようと思っていて,たとえば8M(下り最大8Mbps,上り最大0.9Mbps)にしてもどのみち下り速度は 5.2Mbpsしかでないのだから,わざわざ26Mや50Mなどの高いプランにしなくてもよいということですか?それとも8Mじゃ下り2-3Mbpsしか出なかったりするのでしょうか?とりあえず今の速度くらいは保ちたいのです.

Aベストアンサー

プロバイダーに先日プラン変更の相談をした時
ADSLの場合NTT局から自宅までの距離が重要と言われました。
○Mとかは、無視してもいいそうです。
NTT局から自宅までの距離が2.5kmですと
私の環境とにてるので12Mくらいがいいと思います。
加入を検討されてるプロバイダーに
NTT局と自宅の距離を教えてくださいと伝え
どのプランがいいか相談してみてください。
高いお金払って速度はえっ!?では納得できないですしね。

Q箕面

来月、箕面の紅葉を見に行こうかと思っています。 そこで、その近くの箕面観光ホテルに宿を取ろうかと計画中なんですが、箕面観光ホテルはどんな感じのホテルなのか教えて下さい。

Aベストアンサー

箕面の紅葉ですかぁーいいですねー。
関西の人間だと、「箕面観光ホテル」という名前より
「スパーガーデン」という名前で親しまれていますね。
別館は桂公爵別邸。建物としては、かなり老朽化して
いるようにも思えます・・・。
ただ、温泉もありますし 箕面の紅葉を楽しんですぐに
宿泊施設に入れる、立地条件としてはバッチリだと
思います。
ボーリング場などもありますよ。

QNTT ADSL電話回線共用型(タイプ1)とADSL専用型(タイプ2)の回線の違いは?

NTT 116に電話して、ADSLに切り替えられるかと聞くと、電話回線共用型(タイプ1)は問題ないが、ADSL専用型(タイプ2)は途中に光収容がありできないと言われました。ADSLはメタル回線が家と電話局が繋がっているだけと思っていたのですが特殊な仕組みがあるようです。

このようなことは、光収容地域では良くあることでしょうか。

また、家と電話局の間はADSLタイプ1とADSLタイプ2で回線の経路が違うのでしょうか。

Aベストアンサー

>日本のNTTのピンポン伝送方式のISDNにADSLを重畳できる話は聞いたことがありません。
>私もそのような理解でしたが、下記を読んで、思い違いかと思ったのでした。FAX専用の番号に限り可能なのかも知れません。
> http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2132761

あぁ、これは私が回答した件ですね。
そうですね、リンク先のご質問者様の言う状況をそのまま理解しようとすると、私が間違っているのかもしれませんね。

ISDN回線にADSLの重畳というのは聞いたことがなく、多くの場合、ISDNのほかにADSL(タイプ2・専用型)の線を別に引いているものと理解しておりましたが、違うのかもしれませんね。

ご質問者様の方が詳しそうですので、その点、ご研究されると良いかと思います。

経験上、ヤマハネットボランチやNTT-ME MN128 SOHO Slotinや 他のMNシリーズなど、ISDN機能とLAN機能が別個に動作させることができるものがあります。
つまり、一つの筐体に別々の機械が入っていると考えてもいいような機器もあり、
ISDNで使用していたルーターが残っていても、そのLAN関連の機能がISDNで有効になっているとは限りません。
一つの筐体に、ISDNの線もADSLモデム(ルーター)からのLANの線も入っている形になる場合があるので。

電話関係(TA部分はISDNを使用、FAXなどに接続)、LAN関係(ルーター部分はADSLや光など他のモデムにつながっている、PCなどでインターネット用に利用)が別個ということはありますので、ぱっと見では判断がつきづらいです。

私の能力ではこの辺の回答が限界です。
逆にtantan9999様からご教授をいただきたいところです。

>日本のNTTのピンポン伝送方式のISDNにADSLを重畳できる話は聞いたことがありません。
>私もそのような理解でしたが、下記を読んで、思い違いかと思ったのでした。FAX専用の番号に限り可能なのかも知れません。
> http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2132761

あぁ、これは私が回答した件ですね。
そうですね、リンク先のご質問者様の言う状況をそのまま理解しようとすると、私が間違っているのかもしれませんね。

ISDN回線にADSLの重畳というのは聞いたことがなく、多くの場合、ISDNのほかにADSL...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報