授業で伝説を調べてレポート提出と言われました。いっぱい調べてみましたがどれもだめで・・・どなたか教えて下さい。答えが載っているHPのアドレスでもかまいません。今日中に仕上げなきゃ・・・

A 回答 (1件)

こんばんわ



私も数年前に黄鶴楼を見てきました。伝説なんぞの話も聞いたような気がしますが・・・

とりあえず下記サイトを参考にされてはいかがでしょうか?
それほど詳しくはない様なので、これをレポートにまとめるには大変かも!

参考URL:http://www.mie.1st.ne.jp/~m-itoh/choko/chok5.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黄鶴楼にまつわる伝説

授業で伝説を調べてレポート提出と言われました。いっぱい調べてみましたがどれもだめで・・・どなたか教えて下さい。答えが載っているHPのアドレスでもかまいません。今日中に仕上げなきゃ・・・

Aベストアンサー

こんばんわ

私も数年前に黄鶴楼を見てきました。伝説なんぞの話も聞いたような気がしますが・・・

とりあえず下記サイトを参考にされてはいかがでしょうか?
それほど詳しくはない様なので、これをレポートにまとめるには大変かも!

参考URL:http://www.mie.1st.ne.jp/~m-itoh/choko/chok5.htm

Q「少年よ、大志を抱け」が広まった都市伝説。

クラーク博士が言ったとされる有名な言葉ですが、ホントは実際そんな事はいってないという話もまた有名です。
実際は暗い言葉です。

で、これは何きっかけで広まったのでしたか?
何かのテレビ番組で特集してたんですが、有力説をスッパリ忘れました。

ちなみに全文は、

Boys, be ambitious, not for money, not for selfish accomplishment, not for that evanescent thing which men call fame. Be ambitious for attainment of all that a man ought to be.

英語は単語ではなく全文から内容を読み取るのに、都合のいいところだけを抜粋されてあの言葉になっています。

覚えてる方、知っている方がいたら思い出させてください。

Aベストアンサー

 こういう事だそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%8D%9A%E5%A3%AB#.E5.B0.91.E5.B9.B4.E3.82.88.E3.80.81.E5.A4.A7.E5.BF.97.E3.82.92.E3.81.84.E3.81.A0.E3.81.91

Q孟浩然は何とよむ?

有名な「春眠暁を覚えず」の作者である孟浩然。『もうこうねん』とよむのだと思っていましたが、『もうこうぜん』とカナをふっている本もあります。どちらが正しいのでしょうか?それともどちらでもいいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

長くなりますが。

日本語の音読みというのは、千何百年か前に中国語が日本語に入ってきたときに、日本人が中国語の発音を耳で聞いて、仮名で(その当時仮名はありませんが)書き表そうとしたものです。ご存じの通り、訓読みは日本語訳。
例えば、treeと書いて「ツリー」と読むのが「音読み」、これを「き」と読むのが訓読みです。

ところで、treeは「ツリー」ではありません。今なら「トゥリー」とでも書くのでしょうが、古い日本語には「トゥ」なんて音はなかった。お年寄りは今でも発音できませんよね。だから日本語にある(日本人でも発音できる)「ツ」で代用するしかなかったのです。

中国語のrも事情が似ています。Lはラ行の音で表すことができた。老laoはラウ(変化して今ではロウ)、里liはそのままリ。ところがrはラ行では表せなかった。とても変な音なのです。ロシア語に、このrに近い音がありますが、ロシア語ではジャ行に聞こえます(例えば旧ソ連の書記長のブレジネフの「ジ」の音がこの音)。NHKの中国語講座の中国人教師の発音を聞いていても、四月にゆっくり丁寧に(幼児か耳の遠い老人に話しかけるときのように)発音するときはジャ行に、夏を過ぎて生徒が慣れてきたので少し早口で雑に(というか普通に)発音しているときはラ行に聞こえます。例えば日本。Ribenですが、普通に発音すればリーペン、でもゆっくり丁寧に発音すればジーペンに近い発音になります。実際「日本」の「日」の字には「ジツ」という音もあるのだし。そして、この「ジーベン」を聞き覚えたマルコ・ポーロがヨーロッパにもって帰ったのが「ジパング」という音。つまり「ジャパン」は「日本」を読んでいる訳なのです。

「日」には「ジツ」と「ニチ」と音が二つあります。それはrをどう書き表したかという違い。rは、ジャ行になったりナ行で表されたりヤ行になったり(マージャン用語の「ロン」はrongで、「栄」の字です。栄の音読みはエイまたはヨウ)。ジャ行・ナ行両方の音を持つ字も多く、日のほか、人・柔、そして「然」もジャ行読みとナ行読みと二つ音読みを持っていますね。

ジャ行とナ行とある場合、だいたいジャ行が漢音、ナ行が呉音です(例外もあります)。呉音が先に日本に入った音らしく、仏教系で、日常的なことば。漢音はあとから留学僧が持って帰ってきた音で、儒教系で建前的。

で、然(この字をよく見て下さい。下に火があります。これがもともと「燃」の字で、「しかり」という意味にあて字で使われるようになってから、も一つ火を増やした「燃」の字が発明されたのです)。ゼンは漢音、ネンは呉音。呉音のほうが日常的ですから、どうしても「こうねん」と読んでしまいます。でも、建前、正式、という点からは「こうぜん」であるべき。特に漢文の世界では、仏教系のことば以外は漢音で読む、という約束事があるので、「こうぜん」とふりがなを振った人は、その辺のことを主張しているわけです。「こうぜん」が正しいぞよ、と。

ぼくも漢文教師の端くれですから、「どっちが正しい」と聞かれれば、正しいのは「こうぜん」だ、と答えなければなりません。でも、一般教養として「もうこうねん」が間違いか、と問い詰められると、答えに窮します。少なくとも、「間違い」ではない。

長々しく書き連ねて失礼致しました。書意をお酌み取り下さい。

長くなりますが。

日本語の音読みというのは、千何百年か前に中国語が日本語に入ってきたときに、日本人が中国語の発音を耳で聞いて、仮名で(その当時仮名はありませんが)書き表そうとしたものです。ご存じの通り、訓読みは日本語訳。
例えば、treeと書いて「ツリー」と読むのが「音読み」、これを「き」と読むのが訓読みです。

ところで、treeは「ツリー」ではありません。今なら「トゥリー」とでも書くのでしょうが、古い日本語には「トゥ」なんて音はなかった。お年寄りは今でも発音できませんよね。...続きを読む

Q桃太郎伝説について

桃太郎の伝説が、五行陰陽説と関連しているということを、聞いたのですが、そのあたりのことを詳しくご存知の方、またはそういう関係の本を何かご存知の方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吉野裕子「陰陽五行と日本民俗」人文書院
陰陽五行で慣習、昔話を解説しています。

参考URLに吉野裕子の本が載っています。
あと、岩波新書「ダルマの民俗学」

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sangatu/yosino-yuko.htm

Q孟浩然

春眠暁を覚えず…で有名な孟浩然
彼の生きていた時代のシナの情況が知りたいです
産業や文化、習慣、風俗、政治、役人等です
また、時の皇帝とお話をした時
ひどく皇帝を怒らせた…という話も聞きました
どのような内容のお話だったかも知りたいです。
また、その後その時代はどうなっていったのですか?

Aベストアンサー

 次などを手始めにして、調べて行くといいと思います。

 http://100.yahoo.co.jp/detail/%E5%AD%9F%E6%B5%A9%E7%84%B6/

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%9F%E6%B5%A9%E7%84%B6

Q雨月物語と迷宮伝説

このふたつは似てるところがあるとききました。どんなところが、似てるのか、知っているひとがいましたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

「雨月物語」が大好きなので、無知なのですがお手伝いをば…。
残念ながら「迷宮伝説」を知らないので、他の方のサイトからの
引用になってしまうのですが、「迷宮伝説」は「雨月物語」の中の、
~蛇性の淫~を下敷きにしているようです。
これ以上の詳しいことは下記のURLのページに詳しいと思いますので、
参考にして下されば幸いです。

最後に、私の見つけた「迷宮伝説」がringoloverさんの言っているのと、
同じものでありますように…(^_^;)

参考URL:http://www.nisin.co.jp/~s_kuramochi/repo/ugetsu/compare.html

Q李白の漢詩について

 日本語を勉強中の中国人です。李白の漢詩をお読みになったことがある方にお伺いします。

 李白の漢詩はどう思われますか。奔放、雄大な詩風で思い切った誇張の表現を多用し、直接自分の喜怒哀楽、意見などを出すのが多いように思います。このような風格は日本の美意識、日本の方の好みとあまり合わないような気がしますが、李白の漢詩をお読みになったことがある方がいらっしゃいましたら、どうかご意見(一言でも、きつい意見でもかまいませんので)をお聞かせください。

 また、質問文の中に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。いつもながら見事な日本語、感服します。
先の回答者の方もおっしゃっていますが、李白の詩は学校で教えられることが多いので、日本人の中でも知名度は高く、人気も(漢詩愛好者の中では)高い方です。
確かに、露骨な感情表現を嫌い、婉曲な言い回しをよいとすると言われる日本人に、直接的な李白の詩は合わないように一見思えます。しかし、李白の詩は、それだけに漢文の知識がそれほどない日本人にも、理解しやすい。李白は絶句に優れていて、学校でわれわれ日本人が学ぶものにも絶句が多いのですが、絶句はご存知のようにとても短いから、いっそうわかりやすい(その点、杜甫や白居易は不利です)。日本の伝統的観念はともかく、親しみやすく、共感しやすいという点では、李白の詩は非常に優秀です。しかも、李白は詩人としても中国文学史上第一の人物ですから、その詩が大いに読む者を感動させ、心を打つ力を持っているのは言うまでもない。わかりやすくて感動的であれば、大いに人気があるのも不思議ではありません。―私も大好きです。
また、日本人は露骨な感情表現を嫌うと言うのも場合によりけりで、文学・詩・演劇のような分野では、劇的で思い切った表現が喜ばれるということもよくあります。悲しい時に、ただ「愁う」と言うより、「白髪がこんなに伸びたよ」と言う方が、表現としてより深い、と感じるのです。こういう所は、日本の和歌や俳句などとも通じる所がありますが。
ですから、李白の詩は大げさすぎて好きではない、という日本人はあまりいるまいと思います。もっとも、日本人に好かれている李白の詩句と、中国人のそれとが同じでないということは、かなり有り得ると思いますが(ずいぶん前に、お酒のテレビCMで「一杯一杯復一杯」という李白の詩句が使われたことがありましたが、中国では、これはあまり有名な句でない由)。個人的には、わかりやすく、共感しやすく、芸術的である、ということが日本人にとっての李白の最大の魅力かと思われます。
また、李白が豪快な大酒飲みの風来坊だった、というのも、人気の秘密のひとつとして見逃せないところでしょう(笑)。
ついでに、日本では「詞」はまったく無名に等しいです。李白の「菩薩蛮」なんか、それこそ素晴らしいと思うんですが、残念。

こんばんは。いつもながら見事な日本語、感服します。
先の回答者の方もおっしゃっていますが、李白の詩は学校で教えられることが多いので、日本人の中でも知名度は高く、人気も(漢詩愛好者の中では)高い方です。
確かに、露骨な感情表現を嫌い、婉曲な言い回しをよいとすると言われる日本人に、直接的な李白の詩は合わないように一見思えます。しかし、李白の詩は、それだけに漢文の知識がそれほどない日本人にも、理解しやすい。李白は絶句に優れていて、学校でわれわれ日本人が学ぶものにも絶句が多いので...続きを読む

Qだいだらぼっち伝説めぐり

G.W.に自転車で東海地方へ出かけます。
この辺りはだいだらぼっち伝説が多く残るそうですので、ゆかりのある地を巡ってみたいと思っています。
静岡県を中心に、東海地方一円でだいだらぼっちに関する史跡や資料館などを教えてください。
また、そういった場所をまとめたWebサイトをご存知でしたら、URLをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

静岡県にあるポイントを一つ。
だいだらぼっちがおにぎりを食べようとして、おにぎりの中に入っていた小石を投げた、その小石が「つぶて島」だと言われています。道路から見ることができますが、無人島なので渡るのはちょっと無理だと....
http://www8.ocn.ne.jp/~yamacho/okuhamanako.html
また、つぶて島のある奥浜名湖の「猪鼻湖」はだいだらぼっちが転びそうになり、手をついたので手の形の湖になったと読んだことがあります。
猪鼻湖周辺は、サイクリングロードになっているので走りやすいと思います。
http://www.hamanako.com/resort/window/24.html

参考まで。

Q唐詩ー李白 訳文

中国の唐詩ー李白の古風を日本語で教えてください。意味は大体知っていますが、直訳はなかなかむずかしいです。宜しくお願いします。

古風  李白

郑客西入関 行行未能已 白馬華山君 相逢平原里 璧遗镐池君

明年祖龍死 秦人相所謂日 吾属可去矣 一往桃花源 千春隔流水。

Aベストアンサー

鄭の客の西はすでに関内に入ります、とても良い。
白馬の華山君、平原の中でめぐり会います。   
璧はハオの池君を失って、来年祖の竜は死にます。
秦人は互いに言いを言って、吾は属して行くことができます!
1はユートピアへ、千春流れる水をあけます。
http://big5.zhengjian.org/node/33276
http://www.excite-webtl.jp/world/chinese/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fbig5.zhengjian.org%2Fnode%2F33276&wb_lp=CHJA&wb_dis=0&big5=no

Q世界の「シンデレラ」伝説について

様々な国で「シンデレラ」伝説があると聞いたことがあります。その伝説について様々な国で書かれた日本語で書いてある本(原話)を読みたいと思うので、教えてください。

Aベストアンサー

シンデレラに代表されるモチーフを持つ昔話は、専門的には「継子譚(ままこたん)」という言葉でひと括りにされます。
共通するモチーフはおよそ次のようなものです。
(1)実は美しい女主人公が義母や義姉にいじめられる
(2)生活のなかで妖精など超自然的な力の助けを得る
(3)仙女などの助けを得て王子の嫁探しの宴席に出席し、王子の好意を受ける
(4)途中で退席するが靴などの証拠が残り、後からそれによって同一人の証明がなされ、幸福な王女となる。一方で義母や義姉は報いを受ける。

これらのパターンを満たすものは世界に大変多くあるそうで、関敬吾によると500を超えるものが採集されているとされます。

特に有名なものは以下の通りです。とりあえず名前だけを記しておきます。

イギリス「シンデレラ(Cinderella)」
ドイツ「灰かぶり(Ascehnputtel)」グリム童話メルヘン
フランス「硝子の小さな上靴(La Petite Pantourfle de Verre)」
ロシア「十二月(ドヴェナーツアッチ・メーツアシェフ)」
韓国「コンジ・パッジ(豆福・小豆福)」

中国でも、題名は特につけられていませんが類似した継子ばなしは沢山あるようで、幾つか私も読んだ記憶があります。

もちろん、わが国でも継子がいじめられるストーリーの昔話は全国区で分布しています。
舞踏会で王子に見初められる点などが、例えばお宮参りで裕福な若旦那に見初められることになっているなど、瑣末な違いはありますが、ストーリーの骨格は全く同じで日本版シンデレラというべきものが沢山あります。
(「米福、糠福」「婆っ皮」など)


昔話の世界では、このシンデレラに限らず世界各地に類似する話が沢山あることから、かのグリム兄弟を初めとして「昔話の世界的なルーツ」つまり原産地があるのではないかと考えられ、研究されてきた歴史があります。
ゲルマンの昔話は特に豊富でゲルマン民族説、あるいはアーリアン説、インド説など出ましたが無論仮説の域を出ないままに終わっています。

シンデレラに代表されるモチーフを持つ昔話は、専門的には「継子譚(ままこたん)」という言葉でひと括りにされます。
共通するモチーフはおよそ次のようなものです。
(1)実は美しい女主人公が義母や義姉にいじめられる
(2)生活のなかで妖精など超自然的な力の助けを得る
(3)仙女などの助けを得て王子の嫁探しの宴席に出席し、王子の好意を受ける
(4)途中で退席するが靴などの証拠が残り、後からそれによって同一人の証明がなされ、幸福な王女となる。一方で義母や義姉は報いを受ける。

これらのパターン...続きを読む


人気Q&Aランキング