普通のスピーカーとウーハーってどこが違うのでしょうか?
機能的なことは分かるんですが(ウーハーは重低音などを再現するとか・)
内部はどう違うのでしょうか?
また、構造だけでなく普通のスピーカーとは仕組みが違うとか?

また、ウーハーはアンプ付きが普通なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

補足に対する回答です。


確かに通常同じスピーカーボックスに収まっている中では口径の大きいものがウーハーの役目を持っていますが、例えば小さなスピーカーボックスのウーハーはより大きなボックスのスコーカーよりも小さいこともあるわけです。
ですから、必ずしもウーハーであることを決定づけるのは必ずしも口径の大きさではないわけです。
スピーカーの材質やチューニングにより担うべき最適な音域が決定されるのだと思います。

ラジカセの件ですが、テレビのスピーカーよりも良いものであれば外部出力やラジカセ側のテレビチューナーを利用して鳴らすのもアリでしょう。
ただ、ウーハー替わりとはならないと思います。
ラジカセの方も全域をカバーするようになっているはずですから。

ところで、アンプ付きのウーハーというのはスーパーウーハーのことだと思いますが、アンプ付きである理由については自説に自信がない為他の方からの回答を待ちたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅れ、もうしわけありません。
大変よく分かりました。

ラジカセをウーハー代わりに・・・ならない・・・なるほど
考えてみればその通りですよね。
よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 13:31

スーパーウーファーを2つ使っています。

もちろん,ステレオで・・・。
アンプ付のスーパーウーファーは,サイズが小さいんですよね。
スピーカー(コーン)サイズも30cm以下がほとんどです。ちなみに,パッシブ型スーパーウーファーは(ほんの一例ですが)48cmとスピーカーサイズも大きいです。
小さいサイズで重低音を出そうとしているために,アンプリファイアで音を増幅してあげる必要が出てしまうのです。
また,スピーカーサイズが30cm以下ですから,外形寸法も小さく出来ると言う利点があり,これはコストパフォーマンスにもつながります。
ただし,これはパッシブ型スーパーウーファーと比べた場合だけです。
普通のスピーカーでは,シングルコーンであっても,また,3wayスピーカーであっても,大体50Hzまでは低音が出ています。ですから,ほとんどの音楽では,これで十分ですよ。ポップスやロックではまったく必要ないとまで言われているようです。
たまに,50Hz以下の音が収録されている場合が極々まれにあるので,その場合だけスーパーウーファーを使うこととなります。こういう風に考えると,スーパーウーファーの購入はコスト的にいかがなものかとも考えてしまいます。
まぁ,ステレオで使っているやつが何を言ってんだかって言われそうですが・・・。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど・・・・。
当然といえば当然ですが、スピーカーによっては
普段せっかく収録されているのに聞こえていない音を
出してくれるわけですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 13:45

いろいろな回答がついているようですが、


純粋に、スピーカーユニットの構造の違いについてお答えします。

高い周波数と低い周波数で一番違うのは、振動する回数ですが、
回数が増えるという事は、同時に振動する量が減るということでもあります。
つまり、同じエネルギーを与えたら、高音の方が多く振動する分だけ
少ない範囲しかコーンが移動できなくなるわけです.

このため、
速い振動に追従する為に振動系を軽くつくるのがツィーター
大きな振幅量に対応する為、コーンを大きくしたり
コーンエッジを柔らかくしてあるのがウーハーです。

小さなウーハースピーカーは、特にコーンエッジに工夫をして
振動板が大きく動ける様にしてあります。

ちなみに、フルレンジの場合は、振動系を軽く作った上で
コーンエッジに細工をして低音に対応しているものが多いようです.
(どちらもやっていないフルレンジもありますが)

それから、普通は、スピーカーとアンプは別のものです.

アンプ出力に接続したネットワークで高音、低音を分離して、
それぞれのスピーカーを駆動します。

ただ、普通のオーディオシステムに追加する時に
ウーハー用アンプ(またはネットワーク)をあらためて追加するのが
大変なのと
アンプの特性に細工をして極限まで低音を再生できるように
するという都合から、
スーパーウーハーはアンプ付きになって居ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅れまして申し訳ありません。

非常に詳細な説明ありがとうございます。
なにぶんまったくの素人ですので、これらの興味深い、話を聞いて
私もこっちの世界に、深くはまろうかなぁなんて、思い始めてます。
おもしろそう!!

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 13:40

ANO.1の方と同じような答えですが、ウーハーは低音域を担当しているユニットです。

スーパーウーハーはサブウーハーとも呼ばれ、超低域が再生可能なスピーカーです。
アンプ無しのウーハーもあります。パッシブ型ウーハーと呼ばれるタイプのウーハーです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅れまして、申し訳ありません。

スーパーウーハーはサブウーハーとも呼ばれ・・・るんですね!
なるほど、TVの説明書にサブウーハーという文字があったのですが
スーパーウーハーのことでしたか・・・。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 13:37

スピーカーには


高音を受け持つツイーター
低音を受け持つウーハー
中音域を受け持つミッドレンジ(スコーカー)
などに大別されますが、スピーカーの構造としては大きな違いはありません。
(もちろん特例は存在するが)
異なるのは、スピーカーに入力される信号の音域が分けられていて、その音域にあった構造をしているということです。
信号を分けているところは「アッテネーター(減衰器)」ですが、ここで低音用のウーハーには中音域以上の信号をカットした信号を送っています。
送られた信号が低周波ですから、スピーカーのコーン(お皿の部分)の動きも緩慢になりますので大きなスピーカーで「ドシン!」と空気を押し出してやる必要があります。
逆にツイーターには中音域以下をカットした信号が送られています。
高周波だけが入力されますから、微細な振動に適応した小型の振動子を持ったスピーカーが使用されます。
スピーカーの周波数特性は大雑把に言ってしまえば大きさに比例して低音側になりますから、小さなスピーカーをウーハーに使用しても十分な低音は得られません。
ただし、「ホーン」(スピーカーの前面に取り付けて開口部が徐々に大きくなる装置)を使用して低音を増幅することもできます。
ちょっとマニア系のテクニックですが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼が遅れまして申し訳ありません。

はじめてしりました!、出力側では「アッテネーター(減衰器)」
なるもので、信号を分けていたんですね。
>スピーカーの周波数特性は大雑把に言ってしまえば大きさに比例して
>低音側になります・・
というとこまでは、なんとなく分かっていたんですが・・・
それだけだとおもっていました。

うん!収穫あり!
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/12 13:35

「普通のスピーカーとウーハー」という分類は適当ではないかもしれません。


所謂普通のスピーカーも多くはウーハーが付いています。
例えばコンポ等のスピーカーは2ウェイまたは3ウェイがほとんどだと思いますが、その付属のスピーカーのネットを外せば、片側に2個または3個のスピーカーが付いています。
その中の口径の大きいものがウーハーです。
ご質問にもあるように、ウーハーは低音域を担当するスピーカーです。
3ウェイを例にあげると、中くらいのものがスコーカー、一番小さいものがツィーターと呼ばれ、それぞれ中音域、高音域を担当します。
2ウェイの場合ウーハーとツィーターでそれぞれ中音域までカバーしあって音を出します。
もしかしたらosiete_gooさんが仰っている普通のスピーカーとは2ウェイや3ウェイでなく、片側1個のスピーカーで鳴らすタイプかもしれませんが、それはフルレンジと呼ばれる仕様で、そのスピーカーで高音域から低音域まで全てカバーします。
音域によって特性が違いますから、それぞれの特性に合わせたスピーカーを用意した方が音の再現がしやすく、そのためスピーカーの数が変わってくるわけです。
だからといって、2ウェイよりも3ウェイの方が必ずしも音が良いかと言えばそんなことはなく、製品の仕上がり次第で2ウェイの方が良いものがありますから数が多ければ良いというわけではありません。

余談ですが、スーパーウーハーと呼ばれるものは通常のウーハーよりももって低音を再現出来るスピーカーです。
しかしそこまで低音になると音に指向性が無くなる為、ステレオセットであってもスーパーウーハーだけは一つであるのが普通です。

この回答への補足

ありがとうございます。
何となく分かりました。

>その中の口径の大きいものがウーハーです。
とあるように、大きな物は低音が出るのは何となく分かるのですが。
ウーハーでも凄く小さい物がありますが、あれなんかはどうゆう事でしょうか?
また、例えばそこそこのラジカセとかであればTVのウーハーの変わりに
なったりするのでしょうか?
追加質問で申し訳けありませんが、よかったら返答下さい。

補足日時:2002/02/09 16:58
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサブウーファーの置く位置

初歩的な質問で申し訳無いんですがサブウーファーというものを初めて使います。

環境的に、今はプリメインアンプに左右のスピーカー、という状態ですが、
そこにサブウーファーを追加しようとしているんですが、
サブウーファーは(左右スピーカーに対して)どういう位置に置いたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計されており、壁際に寄せると音波の放射状態などが変わってしまって、音質に影響するからです(もともと壁際に寄せて使うことを前提としているサブウーファーについては、もちろん、この限りではありません。なお、ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいますが、壁際に寄せることが常にベストであるとはいえません)。

また、サブウーファーの場合、壁との角度はほとんど関係ありません。なぜなら、低音は指向性(直進性)が弱いという特徴があるので、そもそも「角度」に意味がないからです。単純にいえば、高音は懐中電灯の光、低音は裸電球の光と思えば良く、サブウーファーの角度に意味がないのは、裸電球をどの角度から見ても意味がないのと同じです。

なお、上で「ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいる」と書きましたが、実際にはこれがいちばん重要です。専門的には「定在波」というものがあって、壁との距離の調整は、これを上手くコントロールするものだからです。

したがって、結論的には、

(1) 左右のスピーカーの間に置くのがベストだが、壁(や家具。以下同じ)に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(2) 間に置けない場合は、左右いずれかのスピーカーのすぐ外側がベストだが、壁に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(3) 壁との距離は、実際に音を聞きながら良い位置を探す。基本的に、壁際や、特に部屋のコーナーは良くないことが多い(多いだけで、絶対にダメという訳ではない)。

(4) サブウーファーの角度は、あまり関係がない(もっとも、角度を変えるとユニットやポートの位置が変わるので、場所を動かしたのと同じく壁との距離が変わる、という意味では関係する)。

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計さ...続きを読む

Qウーファーってなんですか?

最近ノリのいい曲を聴き始めてどんなスピーカーを
使えばいい音質が出るのかと調べてるうちに、
ウーファーに興味が出てきました。
私のイメージでは重低音で車に付ける印象があるのですが。
 実際はザブウーファーなど色々な物があるとしり、
ますます興味深々です。私が教えてほしいことは
ウーファーとはどういった機能なのか
サブウーファーはどう違うのか
パソコンやコンポに付けれるのかです。
ゆっくりでいいですから、少しずつ教えてください
P・S
ウーファーとウーハーは言い方的にどっちが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

> ウーファーってなんですか?

> ウーファーとはどういった機能なのか

ウーハーは、低音を再生するためのスピーカーユニットです。

http://www.jp.onkyo.com/more_emotion/intec275/d302e.htm

こちらのスピーカーでいうところの、下半分の白い円形部分が「ウーハー」ユニットです。
このスピーカーは「2ウェイ」といって、上についてる丸っこい銀色の部分が、高音再生を担当する「ツイーター」です。
このほかに中音域部分を担当する「スコーカー」というのがついている「3ウェイ」のスピーカーや、ユニットひとつだけで全音域を担当してる1ウェイのスピーカーもあります。


> サブウーファーはどう違うのか

サブウーハーは、ウーハーだけが独立した単体のスピーカーです。
通常は低音しか再生しません。普通のスピーカーの低音だけでは迫力不足のとき、迫力倍増のために、補助(サブ)用として取り付けるウーハーです。

http://www.yamaha.co.jp/product/av/prd/speaker/yst-sw1500/index.html

こんな感じのものです。
これは映画なんかを見るための家庭用ですが、もちろん車に取り付けるタイプのものもあります。車はエンジン

> パソコンやコンポに付けれるのかです。

コンポは、ものによっては付けられないかもしれません。接続用する部分(出力端子)が無いかもしれないからです。

パソコンには付けることができます。
パソコン用の外付けスピーカーはミニプラグで接続することを大前提にしていますから、パソコンにサウンドボードが積んであれば必ずつくはずです。
外付けのスピーカーセットのサブウーハーつきのものを選べばいいです。サブウーハーだけが単体で売っているものは無いと思います。

http://www.harman-multimedia.jp/products/soundsticks2/

これなんかわかりやすいですね。
クラゲの本体みたいな透明な部分が、サブウーハーです。
このサブウーハーは下に向かって取り付けられているんですね。低音て、耳で聞こえる音というより体感する振動感覚みたいじゃないですか。音に方向性を出さないように下に向けてるんですね。ちなみに横のクラゲの触手のような本体スピーカーは、縦に4発並んでいますが、全部同じユニットなので4ウェイとは言いません。

ちなみに、上に紹介したURLのヤマハのサブウーハーも、実はスピーカーは下向きについています。正面の穴はスピーカー内部で発生した音圧を抜く穴です。ここから音が出てくるわけではない。


> ウーファーとウーハーは言い方的にどっちが正しいのでしょうか?

外国語をカタカナ表記してるだけだから、ウーファーでもウーハーでもどっちでもいいと思いますが、WOOFERなので、あえてどちらが正しいのかというと「ウーファー」が近いのだと思います。ぼくの負けです。

> ウーファーってなんですか?

> ウーファーとはどういった機能なのか

ウーハーは、低音を再生するためのスピーカーユニットです。

http://www.jp.onkyo.com/more_emotion/intec275/d302e.htm

こちらのスピーカーでいうところの、下半分の白い円形部分が「ウーハー」ユニットです。
このスピーカーは「2ウェイ」といって、上についてる丸っこい銀色の部分が、高音再生を担当する「ツイーター」です。
このほかに中音域部分を担当する「スコーカー」というのがついている「3ウェイ」のスピーカー...続きを読む

Qサブウーファーの接続について教えて下さい。

サブウーファーを購入しようと思ったのですがプリメインアンプにサブウーファー用の端子が無い為、あるメーカーにメールで質問したところ、TAPEのREC OUT端子のRもしくはLのどちらかに接続して下さい、と回答があったのですが、にわかに納得出来なかったので自分なりに考えて再度、質問しました。

疑問に思い、再度質問したのは、
「低音についてはRLともに同じ音がでる、ステレオ感がないからどちらか一方に接続するということでしょうか?」
と言うのに対して回答は「専用の接続端子がない場合の方法について説明しています。確かに、低音に定位がないことが多いですね。」
ということですが、この回答に対してもまだスッキリしないのですが、これ以上の質問はやめておきました。

低音については定位がないことが多いといっても常にそういう訳ではないだろうと思うからです。
例えば、エレキベースでのチョッパー奏法ではRLの両方からでる場合もあれば、どちらか片側から出る場合もある。ドラムの中低音なども同様です。
そうなると、サブウーファーはRLの両方に2台つながなければならないと思うのですが。

回答者はどうしてこのような説明になったのか?

1. そもそも、専用の端子が無いのだから接続には無理があるが、それでも接続したい場合の便宜的にいったのか? プリメインアンプを買い換えろよということか?

2. RLのどちらか一方に接続する以外にも接続方法があるのだけれども、その方法で接続すると
アンプ、もしくはサブウーファーに負担がかかってオススメ出来ないと言うことか?

3. ただ単に説明した人がよく知らなかったのか、他に接続方法があり何ら問題もなくプリメインアンプに接続することができるのか?

これらの疑問があってサブウーファーを購入するのを控えています。
何卒、よろしくお願いします。

サブウーファーを購入しようと思ったのですがプリメインアンプにサブウーファー用の端子が無い為、あるメーカーにメールで質問したところ、TAPEのREC OUT端子のRもしくはLのどちらかに接続して下さい、と回答があったのですが、にわかに納得出来なかったので自分なりに考えて再度、質問しました。

疑問に思い、再度質問したのは、
「低音についてはRLともに同じ音がでる、ステレオ感がないからどちらか一方に接続するということでしょうか?」
と言うのに対して回答は「専用の接続端子がない場合の方法につい...続きを読む

Aベストアンサー

サブウーハーはホームシアター向けに作られた製品が大半を占めます。
これらはAVアンプに装備されている「サブウーハー用RCA出力端子」に繋ぐことが前提となっています。
そもそもがピュアオーディオ用プリメインアンプに繋ぐ前提ではありません。
ピュアオーディオ用サブウーハーもあるにはありますが機種が限られ高価格になります。

低音の左右差についてはご存知のようなので詳細は省きます。
ただしそこまで厳密に右と左で音の差が云々と御託を並べる「音楽ファン」は居ないのです。
左右で違うだろ!と重箱の隅を突っつきたいのはオーディオマニアです。
気になるマニアの中にはサブウーハーを左右一台づつ設置して対応している人もいます。

それらを踏まえて解答します。

1.便宜上の接続方法です。
  前述のごとくプリメインアンプにはサブウーハー用出力は装備されていないからです。
  アンプの買い替えを推奨するものとは違います。

2.L/RステレオRCA→モノラルRCA変換コードを使えば可能です。(左右MIX)
  ただし以下の不安要素を排除しきれないので安易に推奨できない面があります。
  プリメインアンプの中にはREC OUT出力にバッファアンプを搭載しているものが     あります。
  このような回路で左右MIXしてはバファアンプの負担となり故障の原因となります。    古い機種も多いことからすべてメーカーのすべてのアンプの回路構成を検証する能力が   「お客様相談窓口」にはありません。
  他社製品となると尚更チンプンカンプンです。
  万が一のトラブルを回避する意図もあって無難な方法を推奨されただけでしょう。
  冒険を侵す方法はメーカーとして提案も推奨もできないのです。

3.(1)、(2)の回答と重複するので端折ります。


ところで購入するサブウーハーは一台のみですか?
左右差が気になるなら二台購入するはずでメーカーへの問い合わせも必要もなかったのでは?

~サブウーファーはRLの両方に2台つながなければならない~
これがすべてであり正しい見解と思います。
ぜひ二台購入してください。

サブウーハーはホームシアター向けに作られた製品が大半を占めます。
これらはAVアンプに装備されている「サブウーハー用RCA出力端子」に繋ぐことが前提となっています。
そもそもがピュアオーディオ用プリメインアンプに繋ぐ前提ではありません。
ピュアオーディオ用サブウーハーもあるにはありますが機種が限られ高価格になります。

低音の左右差についてはご存知のようなので詳細は省きます。
ただしそこまで厳密に右と左で音の差が云々と御託を並べる「音楽ファン」は居ないのです。
左右で違うだろ!と重箱...続きを読む

Qスピーカー内部に貼る吸音材の量

スピーカー組み立てキットを購入してを組み立てております。今は内部に吸音材を貼っている段階です。一般的に内部に貼る量はどれくらいなのでしょうか?
くみたてキットの説明書によると「吸音材はお好みで裏蓋内部にお貼りください」としか書いてありません。ですが、説明書どおり裏蓋内部に貼っただけでは、吸音材がかなり余ってしまいます。内部の壁全体にも吸音材びっしり貼ったほうが良いですか?逆に貼りすぎは良くないでしょうか?

Aベストアンサー

結論的に言うと、「場合による」です。エンクロージャーの形式(密閉、バスレフなど)、容量、形状、ドライバの性能、音質の好み、吸音材として用いる物の特性など、様々な要因が関わるので、「この量で正解」というのはありません。

吸音材の効果は、大別すると3つに分けられます。

1つは、見かけ上の共振先鋭度を下げる効果です。感覚的に言えば、クッションが増える分だけ「見かけ上の容量が増える」ということです。密閉にしろ、バスレフにしろ、エンクロージャーの容量を変えると低域での共振点が変わります。その結果、低音がどこまで延びるか(とその延び方)が変化します。

もう1つは、中高音の吸収です。バスレフのようにエンクロージャーに穴が空いた構造だと分かりやすいですが、その「穴」から中高音が漏れ出します。吸音材でこれを軽減することができ、干渉を防いで音質を改善することができます。

構造との関係で言うと、平行面は「合わせ鏡」のようなもので、音波の反射が強くなるため、特定の周波数での共振が起こります。従って、逆に、平行面の少ない構造(たとえば卵形のような)であればピーク、ディップは生じにくくなり、これを抑える目的で使う吸音材は、少なくても済むと言われます(だからといって、全く不要というのは論理の飛躍ですが)。

一方で、吸音材は、その構造、材質、分量などによって、吸音率が異なります。たとえば、低音は素通りするけど高音は吸収しやすいとか、低音は反射するけど高音は吸収しやすいとか、低音は吸収するけど高音は反射しやすいとか、様々です。また、特に低音を吸収するには分量(層の厚さ)が必要で、「分量に関係なく、あらゆる周波数の音を均一に、効果的に吸収できる吸音材」というのは、ありません。つまり、本来なら「何~何Hzの音を何dB減衰させたいから、xxxxを何mmの厚さで使う」という厳密な設計と、実測による調整が必要なのです。複数の吸音材を使い分けることも少なくありません(ときどき「xxxxが最高の素材で、これさえ使っとけば万事オーケー」的なことを言う人がいますが、にわかに信じ難いです。単に、その人が、その吸音材を使ったときの音が好きなだけでしょう)。

また、「理屈の上での最適値」と「聴感上の好適値」は異なることが多いです。たとえば、「吸音材を使うとフン詰まりのような音になるから使わない主義」の人がいるかと思えば、「正面以外の音は一切出さないべきだからエンクロージャーそのものを吸音素材で作るべき」という人さえいます。

という訳で、どんな吸音材を、どれだけ、どこに入れるのが良いのかは、ケースバイケースと言わざるを得ません。

一般的な(教科書的な)設計をしたエンクロージャーであれば、「平行面の片側を覆うように入れる」のが普通です。量的に多すぎず、少なすぎず、かつ、上述の平行面で起こる共振をある程度抑えられるからです。

もっとも、実際にはトライ&エラーで調整していくしかなく、逆に考えれば部屋や置き場所に応じて低音の出過ぎ、少なさを調整できるとも言えます。とりあえずは教科書的な入れ方をしておいて、様子を見ながら調整すれば良いでしょう。

結論的に言うと、「場合による」です。エンクロージャーの形式(密閉、バスレフなど)、容量、形状、ドライバの性能、音質の好み、吸音材として用いる物の特性など、様々な要因が関わるので、「この量で正解」というのはありません。

吸音材の効果は、大別すると3つに分けられます。

1つは、見かけ上の共振先鋭度を下げる効果です。感覚的に言えば、クッションが増える分だけ「見かけ上の容量が増える」ということです。密閉にしろ、バスレフにしろ、エンクロージャーの容量を変えると低域での共振点が変わりま...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qパワーアンプのつなぎ方を教えてください(超初心者)

よろしくお願いします。

友人から「ALPINE MRV-F400」というパワーアンプを貰いました。
しかし接続の仕方が判らなくて困っています。
そこで接続の仕方をご指導してください。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する
2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する
3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?
4) 「REMOTE」とは何ですか?
5) 「GND」とは何ですか?
6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

現在、フロントスピーカーは純正、リアスピーカーは置型BOXタイプ、
それとスピーカーケーブルをそのまま付けるタイプの簡単ウーハーがあります。

これだけでわかっていただけるか判りませんが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれを接続します。なければ同様にRCA出力もないと思われるので取り付け不可能です。

5) 「GND」とは何ですか?

グラウンドすなわちアース、つまりマイナスのことです。ボディーの鉄板部分に配線します。

6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

1と2をフロント左右 3と4をリア左右です。1)で繋いだRCAケーブルと対応させます。


いわゆる4チャンネルアンプと思われます。4チャンネルとはフロントスピーカー左右とリアスピーカ左右の4つのスピーカーを鳴らせますよってアンプのことです。

あと蛇足ですが、超初心者ですので、、、っていう言い出しはネット上で逆に嫌われる傾向にあることを付け加えておきます。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれ...続きを読む

Qアンプかサブウーファーか。。。

低音を出したいのですが、アンプ導入かサブウーファー導入か悩んでいます。

今年の3月にN-WGNのディスプレイオーディオ付きを購入しました。
【現状構成】
フロントスピーカー
→アルパインDLX-F177
リヤスピーカー
→アルパインDLX-F17W

ディスプレイオーディオでも、そこそこのスピーカーを導入すれば
いい音が出るだろうと憶測で、現システムを構築したのですが、
高音は響くが、低音が出ない。。。

ディスプレイオーディオでは、音設定が低音、高音の出力を調整するのみ。
高音はプラスマイナスゼロにして、低音を最大にしましたがまだ低音出ず。。。

そこで質問です!
現システムにサブウーファーもしくはアンプ導入を考えています。

■アンプ
→アルパインDLX-F4
現状のスピーカーの持っている技術を最大限引き出せば低音が出るのかなという点、
前車から取り外し、保管しているので大きな出費が無い点が、正直自分の心を惹きます。

■サブウーファー
→アルパインSWE-1200
明らかにこちらの方が低音が出る可能性は高いですが、
スピーカーボックスとリモコンを車内に置かなければならない点、
現状サブウーファーを持っていないので購入する必要がある点が懸念されます。


皆さんはどちらを選択されるでしょうか?
アンプ導入だけで、低音は増して出るでしょうか?
そんなに爆音を出したいわけではないのですが、
前車にはサイバーナビにサブウーファーを組んでおり、
多少は低音での振動が欲しいところです。

ご回答をよろしくお願いいたします!!!

低音を出したいのですが、アンプ導入かサブウーファー導入か悩んでいます。

今年の3月にN-WGNのディスプレイオーディオ付きを購入しました。
【現状構成】
フロントスピーカー
→アルパインDLX-F177
リヤスピーカー
→アルパインDLX-F17W

ディスプレイオーディオでも、そこそこのスピーカーを導入すれば
いい音が出るだろうと憶測で、現システムを構築したのですが、
高音は響くが、低音が出ない。。。

ディスプレイオーディオでは、音設定が低音、高音の出力を調整するのみ。
高音はプラスマイナスゼロにして、...続きを読む

Aベストアンサー

スピーカー交換はしたようですがデッドニングはしましたか?サブウーハーをつけてもデッドニングしてないとドアスピーカーの中低音(250~500Hzあたり)がきちんとでないので低音だけがぼこぼこなるドンシャリ気味な音になります。

車の場合、エンジン音やロードノイズで200Hz以下が急激に減衰します(エンジン切った時と走っている時では低音の出方が違いますのでわかると思います)。その為、サブウーハーは車で低音を稼ぐための必須装備です。

ドアスピーカーだけではいくら頑張っても運転中は別の要因で一定周波数以下がぶった切られますから、ドアスピーカーだけで低域から高域までバランスよく鳴らすのはコスト的に現実的ではありません(遮音性の高い高級車の内装を全部剥がしてフルデッドニングをするという手があります。100万単位かかりますが)。

アンプをつけても音質改善はしますが、低音増強はほとんど関係ないですね。

サブウーハーについては割と値段相応です。アンプ内蔵タイプでも薄型よりは立方体に近いような大口径スピーカーを積んでいる方が音はいいです(薄型はたいてい16cm前後の小口径を使っていますが、音質や音圧も考慮すると25cm前後がお勧めです)。

爆音で鳴らさず、音質重視の低音が欲しい場合、ドアスピーカーのデッドニングをした上で、小さくとも20cm以上(できれば25cmあたり)のパワードサブウーハーを積むのが良いかと思います。

アルパインならSWE-3000あたりがお勧めですねー。

スピーカー交換はしたようですがデッドニングはしましたか?サブウーハーをつけてもデッドニングしてないとドアスピーカーの中低音(250~500Hzあたり)がきちんとでないので低音だけがぼこぼこなるドンシャリ気味な音になります。

車の場合、エンジン音やロードノイズで200Hz以下が急激に減衰します(エンジン切った時と走っている時では低音の出方が違いますのでわかると思います)。その為、サブウーハーは車で低音を稼ぐための必須装備です。

ドアスピーカーだけではいくら頑張っても運転中は別の要因で一定...続きを読む

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Qサブウーファーの入力端子について

この種のジャンルは全くの素人ですので、
ちょっと幼稚な質問になってしまいますが
何とぞ宜しくお願い致します。

まずあるオークションの写真の2枚目を御覧にな
ってください。その中の「サブウファー出力」
という黄色の文字がございます。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m23338071

このウーファー出力端子はRCAピン型1本のみ
なのですが、
比較的古いウーファーの入力端子は
RCAピン型2本つけるような形態になっており
どのような接続方法をとればよいか分かりません。
これは接続不可能っていう意味でしょうか?
それとも、RCAピン型1本⇔RCAピン型2本に
変換するようなものが存在するのでしょうか?
教えてください。

ただ、最近のウーファーの中には
http://www2.onkyo.com/jp/product/products.nsf/view/FE6ADAEACE00C27F492569A6003E450A

のように「2系統入力装備」のあるウーファー
もあるので、こちらの場合は
RCAピン型1本⇔RCAピン型1本
でつながるので、分かりやすいのですが。

素人なので、質問表現方法も幼稚なものに
なりましたが、御回答おまちしております。
宜しくお願い致します。

この種のジャンルは全くの素人ですので、
ちょっと幼稚な質問になってしまいますが
何とぞ宜しくお願い致します。

まずあるオークションの写真の2枚目を御覧にな
ってください。その中の「サブウファー出力」
という黄色の文字がございます。
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m23338071

このウーファー出力端子はRCAピン型1本のみ
なのですが、
比較的古いウーファーの入力端子は
RCAピン型2本つけるような形態になっており
どのような接続方法をとればよいか分かりません。
こ...続きを読む

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

あまり深く考える必要はありません。

百万円の高級機からウン千円の機種まで入力端子が1つ(センター)と2つ(R L)の物があります。

5.1ch回路を持たないアンプで安易に5.1chを味わいたい時、サブウーファーに内蔵されているアンプを利用して、サラウンドスピーカーを鳴らすための出力端子が備わっているパワー内蔵のサブウーファーがあるからです。
その手のサブウーファーは電源とR Lの入出力端子がありますので、それで解ります。

その際のサブウーファーの入力端子はアンプのTapeのRec Out端子から引きます。

一部の高級機種には出力端子が付いていないにもかかわらず、RとLの入力端子が備わっている物がありますが、殆どの場合2つのスピーカーが内蔵されています。
RとLをミックスして1つのセンターウーファーとして鳴らすよりも2つの左右のスーパーウーファーからの音は断然違いますが、何しろ大きい箱になるので・・・。

入力端子が1つしかないサブウーファーで5.1ch機能のないアンプに接続する時は、あまり深く考えずにRかLのどちらかのRecOut端子に接続して下さい。
それは、重低音は左右どちらからもほぼ同じ出力で録音されているからです。

※ステレオをモノラルに変換するケーブルでつないだ場合、アンプ内部でL R分離に影響が出る事もありますので、要注意です。

最近のDVD AudioやSACDの一部には左右別々の重低音が録音されているメディアもあります。
センターウーファーと聴き比べると低音の広がりが全く違ってきますよ!

自称オーディオマニアです。

あまり深く考える必要はありません。

百万円の高級機からウン千円の機種まで入力端子が1つ(センター)と2つ(R L)の物があります。

5.1ch回路を持たないアンプで安易に5.1chを味わいたい時、サブウーファーに内蔵されているアンプを利用して、サラウンドスピーカーを鳴らすための出力端子が備わっているパワー内蔵のサブウーファーがあるからです。
その手のサブウーファーは電源とR Lの入出力端子がありますので、それで解ります。

その際のサブウーファーの...続きを読む

Qプリメインアンプのサブウーファーの接続

自分は今パソコンからアンプを通して、音楽を聴いています。

パソコン(200PCI-LTD)

プリメインアンプ(PMA1500-SE)

スピーカー(ZENSOR 1)

のような感じです。

しかし、もっと低音がほしいのでこれにサブウーファーを買って取り付けたいのですが、
無知なもので、接続方法がよくわかりません。

いろいろ調べましたが、アンプのPINコードから出力して繋げればいいと書いてありましたが、
自分の使ってるDENONのPMA1500-SEには出力するところが、スピーカーケーブルしかありません。

http://www.denon.jp/jp/Product/Pages/Product-Detail.aspx?CatId=382c2279-a153-4d3c-b8fa-81b930454f67&SubId=af1fd175-db30-4e92-8d89-aab4db1ab958&ProductId=47c3a11c-3c87-41cb-8905-79e93fdb5323

スピーカーからウーファーにつなげる方法もあると聞きましたが
ZENSOR 1にはPINコードなんてありません。。。


こんな自分がウーファーを楽しむ方法を教えてください。

後、自分の環境でウーファーが使えるならお勧めのウーファーを教えていただけたらうれしいです。
予算は数万円程度で・・・

自分は今パソコンからアンプを通して、音楽を聴いています。

パソコン(200PCI-LTD)

プリメインアンプ(PMA1500-SE)

スピーカー(ZENSOR 1)

のような感じです。

しかし、もっと低音がほしいのでこれにサブウーファーを買って取り付けたいのですが、
無知なもので、接続方法がよくわかりません。

いろいろ調べましたが、アンプのPINコードから出力して繋げればいいと書いてありましたが、
自分の使ってるDENONのPMA1500-SEには出力するところが、スピーカーケーブルしかありません。

http://www.denon.jp/j...続きを読む

Aベストアンサー

YAMAHAのサブウーハー
NS-SW310とかNS-SW500あたりでしょうかね。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/speaker-systems/subwoofers/

PMA1500-SEにはPRE OUTがありますが、これはPOWER AMPのスピーカー出力を抵抗器で減圧分配したものです。
従ってPRE OUTなのにPMA1500-SE自身のPOWER AMP DIRECTに繋ぐ事はできません。
予断ですが、DENONのこの仕様には以前別回答で引っかかってしまいました。

PRE OUTからPINコードでサブウーハーに接続すれば良いのですが、PRE OUTは左右別れていますのでサブウーハーもそれぞれに付けるか、上記YAMAHAサブウーハーの入力2端子のようステレオ入力を接続できる製品を使うことができます。
PMA1500-SEの場合はPRE OUTと言ってもスピーカー出力を加工したものなので、
YAMAHAの入力1端子(スピーカー接続)を使って、スピーカー出力をPMA1500-SE→NS-SW310→ZENSOR 1とサブウーハーを中継して接続したほうが配線も楽だし結果も良いと思います。

YAMAHAのサブウーハー
NS-SW310とかNS-SW500あたりでしょうかね。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/speaker-systems/subwoofers/

PMA1500-SEにはPRE OUTがありますが、これはPOWER AMPのスピーカー出力を抵抗器で減圧分配したものです。
従ってPRE OUTなのにPMA1500-SE自身のPOWER AMP DIRECTに繋ぐ事はできません。
予断ですが、DENONのこの仕様には以前別回答で引っかかってしまいました。

PRE OUTからPINコードでサブウーハーに接続すれば良いのですが、PRE OUTは左右別れていますのでサブウーハ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング