今漱石の「それから」を読んでいるところです。読みながら思ったのですが、漱石は当時流行作家だったんでしょうか?「それから」や「三四郎」や「こころ」などは何部くらい売れたのでしょうか?
「それから」を読んでいると決して読みやすいわけではないし、結構哲学的な内容でもあるし、現代なら一般大衆に受ける(一部のインテリに受けるならともかく)という性格のものでもないように思うのです。それが沢山売れた、となると明治時代の人は今よりずっと文学にたいする造詣が深かった、ということになるのでしょうか?
現代で東野圭吾や宮部みゆきの本が沢山うれるのはそれなりにわかるのですが、夏目漱石の本がたくさん売れるのはなかなか想像しにくいのですが・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

近松秋江の没年は昭和19年でした。

従って「亡くなるまで漱石には否定的だった」に訂正。ちなみに、マイナーな作家とみられていた近松秋江は、近年再評価されて立派な全集もでています。まずは講談社文芸文庫「黒髪・別れたる妻に送る手紙」を一読されたし。好きになります。

さて漱石ですが、イギリス留学から帰国すると、ラフカディオ・ハーンの後任として東京帝国大学英文学講師の職を得、同時に第一高等学校の講師も勤めて、年俸あわせて千五百円。このように教職が本業、小説は余技。そのようにして「我輩は猫である」「坊ちゃん」などの作品が誕生しました。

そして数年後、不向きを感じていた教職をなげうって作家専業に。といっても、ただの物書きの道を選んだのではなく、「朝日新聞社員」という肩書きを得たうえでのことでした。採用された際の条件は、「月給200円。新聞に連載小説を書く。一年に一作、百回くらいの長編を」。

そうして「虞美人草」をはじめとして、未完の「明暗」にいたるまで作品がつぎつぎと連載されて、「それから」もそのようにして生まれた作品でした。とそのように考えてくると、下世話な話、たとえ本が売れなくても、漱石の暮らしの豊かさは保障されていたので、漱石の身なりと本の売れゆきは関係ないでしょう。そして「それから」のような一般受けのしない作品は、地味な売れ方をしたと想像してまちがいないでしょう。直接的な答えにはなっていませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。お礼が遅くなって大変申し訳ありませんでした。漱石も職業作家ではなかったんですね。いわば朝日新聞の社員、サラリーマンだった、ということなんでしょう。東野圭吾や宮部みゆきとは相当形態が違う、ってことですね。作家が職業として食っていける、というのは最近のことなんでしょうか。森鴎外だって作家は余技ですものね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/06 09:53

ほかに回答がないようなので、サービス精神を発揮して、知ったかぶりをしてみます。



漱石が大家として持て囃されるのは戦後のことです。そして、そのような時代になってもなお、近松秋江のように、あんなのは小説ではないと、否定的にみる作家もいました。それは松本清張が、三島由紀夫に否定的であるのと二重写しにみえます。それは簡単にいえば、小説はハートで書くものなのに、漱石にしても三島にしても、アタマで書いてる。というのが理由のようです。そんなことで、ほんとの人間など書けるものか、ということでしょうか。

漱石の時代は、自然主義が主流で、漱石や鴎外はいはば傍流でしたから、このことからしても、漱石の小説にひとが群がるということはありえなかったでしょう。作家が文化人として持て囃され、その懐を潤すくらいに作品がひろく読まれたのは、戦後の一時期にかぎる特殊な現象でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうでしたか。参考になりました。近松秋江という人は僕は知りませんでした。そんな評価もあるのですね。
漱石の写真を見ると結構良いなりをしている。ということはそれなりにお金に不自由はしていなかった、ってことですよね。売れない文士だったらもっと惨めな格好してると思うので・・小説が売れなくてもお金はあったんだろうか?
客観的事実として「それから」は何部売れたかはご存知ありませんか?

お礼日時:2006/05/21 08:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治時代の住所

明治時代の住所

先祖が住んでいたところを調べています。明治時代の住所が、現在の住所と同じかどうか知りたいのですが、どこに問い合わせればよいかわかりません。ご存知の方いらっしゃれば、教えてください。

Aベストアンサー

明治時代の住所とのことで、基本的には無理です。
問い合わせ場所は、本人の本籍地市町村役場です。
ただし、電話や窓口で問い合わせて教えてもらえるなどということはありません。


しかし、ある程度まではわかりますので調べる価値はあると思います。
方法は、『戸籍附票』と取得することです。

住所を知るには、住民票を取るのが通常ですが、
住所の履歴をたどるには、戸籍謄本に付随する住所情報である『戸籍附票』
をとって確認することができます。
戸籍附票が取得できるのは、ご先祖の住民登録地ではなく、本籍地の市区町村役場です。
複数枚存在することも多いので、昔の戸籍である「『原戸籍』の附票も含め、ある分全て」と指定しましょう。
当然、結婚などで戸籍が他市に異動していれば、別の役場にも行くこととなります。
そして、別戸籍であれば、その本籍地住所も把握している必要があるので、
結局は、戸籍謄本と対で取得していくのが通常となると思います。(附票のみでたどるのは難しい)


ただ、取得できる人にはそれなりの制限があります。

(1)本人の氏名・生年月日・本籍地を把握している ※「○○番地」まで正確に
(2)そのご「先祖」本人からの直系の子孫または先祖である ※「直系」がポイント

(1)は当然知っておられると思いますが、問題は(2)ですね。
いわゆる「お嫁さん」など傍系(⇔直系)の方は単独では取得できません。
条件者ではない人は、条件者から委任状を書いてもらってください。
条件者がいない場合は、その時点で無理です。


そして、取得できたとしても、どこまでさかのぼって記載されているかは、個人によって、
何より役場によって大きく違います。

戸籍と違い、戸籍附票の保管期限はたったの5年。東京都など大都市は、5年過ぎた時点で
まったく出せなくなる場合もあります。(制度上出せないか本当に廃棄しているかは不明)

反面、田舎の役場などでは、保管期限にかかわらず、
黄ばんだ原紙のままで保存しているところもあります。
この辺りは運ですね^^;
あっても倉庫なり奥深くに眠っているので、出てくるには相当の時間を要するでしょう。
おまけに既に公開義務がないので出してくれるかどうか…?(あっても「ない」と言われればそれまで)


冒頭に「基本的には無理」と書きましたが、
上記のことを根気強く行い、運が良かったとしても、
おそらく昭和のはじめ程度くらいまでしかさかのぼれないのでは。

ただ、その当時は、現在のように移動が激しくないので、
・本籍地=住所の人がほとんどであった
・嫁入り以外で引越する人は少なかった
ことから、明治時代どこに住んでいたか、ある程度の目安は付くと思います。


努力の割にはあまり報われることはないと思います(役場めぐりにうんざり)。
相応の時間と労力を惜しまない覚悟があれば、実施されるのがよろしいかと思います。
知りたいのであれば、ぜひ頑張ってみてください。
わからないことがあればお力になります。

明治時代の住所とのことで、基本的には無理です。
問い合わせ場所は、本人の本籍地市町村役場です。
ただし、電話や窓口で問い合わせて教えてもらえるなどということはありません。


しかし、ある程度まではわかりますので調べる価値はあると思います。
方法は、『戸籍附票』と取得することです。

住所を知るには、住民票を取るのが通常ですが、
住所の履歴をたどるには、戸籍謄本に付随する住所情報である『戸籍附票』
をとって確認することができます。
戸籍附票が取得できるのは、ご先祖の住民登録地ではなく...続きを読む

Q夏目漱石の草枕(新潮文庫)を読んでいますが、注釈を読みながらでないと非

夏目漱石の草枕(新潮文庫)を読んでいますが、注釈を読みながらでないと非常に読みにくいです。

読みやすくしているバージョンはないですか?

Aベストアンサー

私も「草枕」を読んだことがありますが、読みづらかったです。
訳の分からない語句がやたらとたくさん挿入されていましたよね。

しかし、冷静になってよく見てみると、
読み流せる部分の比重が高いことに気づきます。
難しい語句のほとんどがムダ知識であり、筋書きに絡まないからです。

質問者様の場合、まずざっくりと最後まで読み通した上で、
分からない部分のみ後から読み直してみては如何でしょう。
律儀に注釈を引きながら読み進めるのもアリだとは思いますが、辛いです。
一読で理解する義務なんて無い訳ですし。

Q【日本語・明治時代】明治時代の文明開化のときに流行った標語を教えてください。例 : 牛鍋を食

【日本語・明治時代】明治時代の文明開化のときに流行った標語を教えてください。

例 :

牛鍋を食わねば開化不進奴

Aベストアンサー

ちょんまげ頭を叩いてみれば因循姑息の音がする

Q明治時代の文壇・文学について

明治時代の文壇・文学を学ぶための資料を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

20-25年前の著作ですが伊藤整の近代日本文学史(名前はちょっと違うかも知れません)と言う数十巻の本があります
大学か図書館にはあると思います
明治初期から三島由紀夫まで詳しく網羅してあります

Q明治時代の大学入学

カテ違いならすみません。

夏目漱石など明治時代の文庫を読んでいると、登場人物が帝国大学へ進学することがありますが、なにやら入学が比較的簡単そうに表現してます。
父が「お前は大学にでもいきなさい」といわれたからいった、など。。。

明治時代の大学進学は簡単だったんでしょうか??

Aベストアンサー

入学試験はありました。結構難しかったみたいで、落ちた人が、知り合いの家に身を寄せたり、推薦した教授などの家に身を寄せたりしました。
本が高い時代なので、勉強のための本を借りることが必要でした。

Q明治文学と大正文学について

明治文学と大正文学の違いについて教えて欲しいです。小さなことでもいいのでお願いします。

Aベストアンサー

日本文学は時代に繁栄しています。
なので日本史で明治時代~大正時代をみるとわかりやすいですよ。

明治文学…西洋文化をとりいれ、小説等の基礎をつくった。
大正文学…基礎が固まり応用へ。個性的な作家が多い。

明治時代は試行錯誤しながら、小説とかを書いていたけれど
その試行錯誤のおかげで基盤ができた。代表作家:尾崎紅葉、幸田露伴、島崎藤村、森鴎外、夏目漱石他

その基盤の上で大正時代は、いろいろな作家がいろいろなスタイルで作品を書く。
代表作家:芥川龍之介、志賀直哉、川端康成、梶井基次郎他

本当に簡単だけれど。。。

検索キーワード
「明治文学」「大正文学」「違い」「相違点」
などなど、いろいろ調べてみてください。まだまだ調べる事ができます。
頑張って!

Q明治時代~大正時代が舞台のマンガを教えてください。

「九十九眠るしずめ」と「カミヨミ」というマンガを読んで、
明治時代に興味を持ちました。できればもっと、明治時代が舞台のマンガを
読んでみたいです。御存知の方はぜひ教えてください!
(「ハイカラさんが通る」みたいな大正時代の話でもOKです)
私は政治とか戦争とかは詳しくなくて「日露戦争物語」かは難しくて
よくわからなかったので、できれば、ファンタジーみたいな、
あまり難しくないのをお願いします。

Aベストアンサー

 No.7です。
 入手可能であれば、いなだ詩穂が白泉社時代に出した『幻影奇譚』と言うコミックスもお薦めします。読みきりシリーズで私は結構好きでした。雑誌掲載された話が全部収録されていないのが非常に残念です。

 10年以上も昔の本なので完全に絶版ですが、古本屋なら今も取り扱いがある筈な(1週間前に古本屋に行ったら目視しました)ので、一回位は手に取って読んで頂いても、良いのではないかと。
 

Q平安時代の女房文学の文学史的、社会的背景

平安時代の女房文学の隆盛について、文学史的、社会的背景は何ですか?
人名、作品名などの実例を示しながら、説明してくれませんか?

Aベストアンサー

お年が分からないのですが、高校生以上ですか? でしたら、高校の日本史の教科書の平安時代のページに社会的背景やら後の時代への影響やら代表的作品やら作家やらが簡潔に載っていると思いますので写すといいですよ。

Q明治時代の天竜川

明治時代の天竜川

明治時代の、暴れ天竜とも呼ばれた天竜川の写真や画像は
ありますでしょうか?
あったら、サイトを教えて下さい。
至急お願いします。

Aベストアンサー

多分、趣旨が少し、違うとおもいますが、一応、下のサイトを・・・

参考URL:http://www.cbr.mlit.go.jp/hamamatsu/story_tenryu/story03.html

Q漱石全集と夏目漱石全集

「漱石全集」が岩波から、「夏目漱石全集」がちくまから出版されていますが、どう違うのでしょうか?
文庫本で小説は全部楽しく拝読いたしました。
興味が出てきて、漱石日記、私の個人主義を(これも文庫本)読んでいます。
今は、夏目漱石の価値観や思想観などちょっとしたことでも、もっともっと知りたい気持ちでいっぱいです。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 仰る「ちくま」が、ちくま文庫版と仮定して回答します。

岩波:正字。旧かな。文字通りの「全集」。

ちくま:新字。新かな。難しい漢字などはひらがなにしてある。文学と評論のみ。

 『漱石日記』は岩波文庫版でしょうか。これは、新字、新かな、難しい漢字はひらがなに直してありますね。
 『私の個人主義』は、講談社文庫版かな。

 漱石の時代の雰囲気を知り、あわせて全部を見たいのであれば、#1さんの仰る通り、やはり岩波の『漱石全集』でしょう。いちばん新しいもの(第1巻が1993年)か、ひとつ前のもの(第1巻が1984年)がいいと思います。

 それからですね、
 集英社『漱石文学全集』の別巻『漱石研究年表』は、漱石の行動を、一日単位で年表にしたすごい本です。
 また、
 ほるぷ『初版本漱石文学館』は、初版本を、装丁まで忠実に復元したものです。
 また、漱石の小説は、ほとんど朝日新聞に掲載されたんですが、当時の新聞を、挿絵ごと、そのまま写真版で復元したものもあります。ゆまに書房『漱石新聞小説復刻全集』です。

 漱石のひととなりを知るには、『書簡』がお勧めです。漱石は書簡の名手で、素晴らしい手紙を数多く残しています。岩波文庫の、抜粋の『漱石書簡集』から入ってみてもいいかもしれません。

 漱石の全集は、たくさん出ていて、その歴史は、日本の全集の歴史を象徴してるといわれているんです。これを書くのに、青英舎『漱石全集物語』を参考にしましたが、そんな本が出るほどなんです。

 復刻版は、かなり大きな図書館でないとないかもしれません。最初は、岩波版『漱石全集』か、岩波文庫の漱石作品がいいと思います。

 ご参考になれば。

 こんばんは。

 仰る「ちくま」が、ちくま文庫版と仮定して回答します。

岩波:正字。旧かな。文字通りの「全集」。

ちくま:新字。新かな。難しい漢字などはひらがなにしてある。文学と評論のみ。

 『漱石日記』は岩波文庫版でしょうか。これは、新字、新かな、難しい漢字はひらがなに直してありますね。
 『私の個人主義』は、講談社文庫版かな。

 漱石の時代の雰囲気を知り、あわせて全部を見たいのであれば、#1さんの仰る通り、やはり岩波の『漱石全集』でしょう。いちばん新しいもの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報