動脈と静脈の違いが顕微鏡でみてもイマイチ解りません。
顕微鏡でみたときの動脈と静脈の違うところを知りたいです。

A 回答 (2件)

動脈と静脈の違いについてですが、まず、血管の内膜・中膜・外膜が見分けられれば、簡単です。

静脈は動脈に比較して、壁の厚さが薄く、弾性線維及び平滑筋の少ないのが主だった特徴です。顕微鏡で見ていると書かれてありますが、染色法は何の染色でしょう?EVG染色(エラスチカ・ワンギーソン染色)あたりが分かりやすいと思います。
    • good
    • 0

動脈は、圧力が高いので、「壁」が厚い。


静脈は、圧力が低いので、逆流しないように「弁」の働きをする袋状の膜がある。
てなもんでしょうか。
生体であれば、顕微鏡で見たら、「脈」をうっているのが動脈。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大動脈壁石灰化の治療方法

健康診断の結果、大動脈壁石灰化、とありました。
経過観察でOKだそうですが、動脈硬化の始まりらしく心配です。

治療はできるのでしょうか?
動脈硬化と考えて、食生活の改善などを行えば消えるのでしょうか?
不安です・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大動脈の石灰化は、60歳以上になると程度の差はあれほとんどの人にでてくるので、加齢性の変化と言えます。
石灰化が無くなることもありませんが、石灰化だけでは病気としては扱いませんので治療も必要ありません。

血管の病気は動脈硬化により動脈が詰まったり、拡張したりすることで初めて病気として扱われます。
そのような病変がなければ、動脈硬化を進行させないように、高血圧や高脂血症などに対する一般的な注意をすることが重要です。

高血圧や高脂血症、肥満、糖尿病、喫煙などがあれば、動脈硬化を進行させる危険因子ですので、それぞれに治療や対策が必要ですが、こういった危険因子がなければ、特に気にする必要はありません。

Q動脈と静脈の違いについて

動脈は老廃物・二酸化炭素の少ない血液が流れるもの。
静脈は上記の多いものと習いました。
そこでふと思ったので質問させてください。

肺・動脈(静脈)は二酸化炭素の多いものが肺静脈、
呼吸したての新鮮なものは肺動脈ですよね、
そして、腎臓・肝臓を流れる前は動脈、流れた後は静脈。
腎臓、肝臓は老廃物の"ろ過"を行いますよね、
そしたら"ろ過"された方が綺麗なので動脈でも良いような気がします。

私の考えでは心臓からの距離が遠く、逆流防止の弁が付いているから
動脈、静脈の名称決定がされるのかな?とも考えています。

中学生に質問されて回答できませんでした。
どうか皆様宜しくお願いします!

Aベストアンサー

普通の動脈は酸素の多い血液が流れますが、肺動脈のみ、二酸化炭素の多いものが流れます。肺静脈も逆です。

動脈は臓器(組織)に入る前、静脈は組織を通過してでたあとと解釈される方がよいと思います。

なお、肝臓は濾過は行わないと思います。化学工場ですから、有毒物を無害化したり、エネルギー蓄積物の分解・合成を行います。

私は50代ですが、これは小学校で習いましたよ。

Q腹部大動脈石灰化

今54歳ですが、人間ドックの超音波検査で「腹部大動脈石灰化、経過観察」と書かれていました。血圧、コレステロールを下げる薬は飲んでいて最近は数値的には問題なくなってきていますが、体重が多い(165cm、77kg)です。飲酒もします。
この場合、治療はどの様にしていけばいいのでしょうか?当面は動脈硬化が進行しない様に食生活や運動について改善をする、大動脈瘤や閉塞性動脈硬化になっていないか注意していくという事でしょうか?
動脈石灰化の進展、大動脈瘤や閉塞性動脈硬化の発生はどの様に起きるのでしょうか?

Aベストアンサー

いくら石灰化しても大動脈は詰まる事はないですね
動脈硬化起こした血管は元には戻りませんし柔軟性失いもろくなります
これ以上進行させないよう食生活見直すしかないと思います

Q上大動脈と下大動脈の違い

よろしくお願いします。

今日入試だったのですが、
そこで、肝臓関連の血管として穴梅問題がありました。

心臓→(1)→肝動脈→肝臓→肝静脈→(2)→心臓

自分は1は、大動脈、2は大静脈と思ったのですが、
選択肢にはそれぞれ、上大動脈、下大動脈、上大静脈、下大動脈がありました。

そこで質問なのですが、自分は上大動脈と下大動脈
上大静脈、下大動脈を区別して覚えていませんでした。

かえってきて、調べましたが、わかりませんでした。

そこで、質問なのですが、上大動脈と下大動脈
上大静脈、下大動脈の違いはなんですか。

また、グルコースから、乳酸発酵とアルコール発酵の過程は、ピルビン酸まで共通だと思いますが、
問題で、グルコースからピルビン酸まで5本の→が出ていて、そこから、外に放出されるるものが5箇所穴生めになっていました。

自分は、2ATP先行投資の結果としての2ADP
4ADP投入しての4ATPの放出
4NADHの放出、
と3つしかわからなかったのですが、
穴が5つあったので、他に二つ何がでるのでしょうか。

又は、これら三つにはより細かい順番があり、
分けて書けということなのでしょうか。

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

今日入試だったのですが、
そこで、肝臓関連の血管として穴梅問題がありました。

心臓→(1)→肝動脈→肝臓→肝静脈→(2)→心臓

自分は1は、大動脈、2は大静脈と思ったのですが、
選択肢にはそれぞれ、上大動脈、下大動脈、上大静脈、下大動脈がありました。

そこで質問なのですが、自分は上大動脈と下大動脈
上大静脈、下大動脈を区別して覚えていませんでした。

かえってきて、調べましたが、わかりませんでした。

そこで、質問なのですが、上大動脈と下大動脈
...続きを読む

Aベストアンサー

5本の矢印が出ていたのなら、それぞれの反応で出てくるものを
書いてほしいというのが出題者の意図なのでしょうね。
問題分を見ていないので何とも言えませんが、トータルで何がいくつできるかというのを
聞いてる問題ではない、と思います。

さすがにH20とかCO2とかH+とか、リン酸が増える増えないだの聞いてるわけではないと思うので、5個となると、

(ADP)(ADP)(NADH)(ATP)(ATP)
が正解ではないでしょうか。出題の仕方によりますが最後の3つに「2」は要らないかな。

どちらにしても、質問者様が覚えているような反応系トータルの取引内容のほうが知識としては重要だと思います。(でもNADHは4じゃなくて2じゃないでしょうか)

上大静脈は、上肢や頭から心臓に帰ってくる静脈で
下大静脈は、下肢やお腹の臓器(肝臓や腎臓など)から戻ってくる静脈です。

心臓の絵があるので貼っておきます。
http://heartinfo.jp/disease_h/images/p001_2.gif

上下の大動脈という言い方はほとんどしませんね。
高校生物ではどう習ったかは忘れてしまいましたが、
上行大動脈、下行大動脈、胸部大動脈、腹部大動脈という言い方が多いと思います。
でも上か下かと言われれば下なので、下大動脈と
そう答えてやればいいのです。分からない時はフィーリングが大切です。

復習する姿勢はとても大切ですが、世の中には意地悪な問題や
出題者の意図まで考えてやらないといけない悪問も存在します。
そういう問題は復習しても、あまり次には生かせません。

この問題がそうとは言いませんが(見てないので・・)、
あまり拘らずともよいかと思います。
他の受験生にとっても条件は同じですし。

画像引用元:
ハートケア情報委員会
http://heartinfo.jp/

5本の矢印が出ていたのなら、それぞれの反応で出てくるものを
書いてほしいというのが出題者の意図なのでしょうね。
問題分を見ていないので何とも言えませんが、トータルで何がいくつできるかというのを
聞いてる問題ではない、と思います。

さすがにH20とかCO2とかH+とか、リン酸が増える増えないだの聞いてるわけではないと思うので、5個となると、

(ADP)(ADP)(NADH)(ATP)(ATP)
が正解ではないでしょうか。出題の仕方によりますが最後の3つに「2」は要らないかな。

どちらにしても、質問者様が覚...続きを読む

Qカテーテル検査で動脈の石灰化は取れるでしょうか?

先月毎日のように胸が痛いので循環器科を受診しました。そこで冠動脈CT検査をしました。結果は少しの動脈硬化と血管の半分位が石灰化しているとのことでしたが、現在の所は特に問題ない言われました。それから「気になるのであればカテーテル検査をしたらいいですよ」と言われました。今一番気になるのは動脈の石灰化です。カテーテル検査で動脈の石灰化が取れるならしようと思うのですが、ただ検査だけならまだ先でいいかなと思います。詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ロータブレーターを使えば取れると思いますが、普通の心カテだと冠動脈に
造影剤を流すだけで、石灰化に対しては何もしません。

Q肺動脈と肺静脈

肺循環は体循環と異なり、動脈管を静脈血が、静脈管を動脈血が流れると定義されていますが、何故、逆さまなのでしょうか?色々な参考書を調べてみましたが、理由が分かりません。どなたかご教示お願い致します。

Aベストアンサー

動脈・静脈というのは、血管の分類です。心臓を中心として考えれば
動脈:心臓から出ていく血管
静脈:心臓に帰ってくる血管
と言うことができます。
一方、動脈血・静脈血と言う言い方は、血液の分類です。その実体は
動脈血:酸素を多量に含んだ血液
静脈血:酸素の少なくなった血液
であり、この動脈血・静脈血と言う呼び方は、体循環を基準に作られた言葉だと言えます。
血液は循環しているのですから、どこかで静脈血が酸素を取り込んで動脈血にならなければなりません。その臓器は...、もちろん肺ですよね。
だから肺を中心にして考えると
動脈血:肺から出ていく血液
静脈血:肺に帰ってくる血液
と言えます。違う臓器を基準にしているのに同じ「動脈・静脈」という言葉が入っているのが、混乱の原因だと思います。
さらにしつこく「何故逆さまなのか」と言うことを書くならば、肺循環は「静脈血を動脈血にする」ために存在しているから、と言えると思います。逆じゃなかったら全身に酸素が回らなくなって、とんでもないことになってしまいますよね。
これでご了解いただけるでしょうか?

動脈・静脈というのは、血管の分類です。心臓を中心として考えれば
動脈:心臓から出ていく血管
静脈:心臓に帰ってくる血管
と言うことができます。
一方、動脈血・静脈血と言う言い方は、血液の分類です。その実体は
動脈血:酸素を多量に含んだ血液
静脈血:酸素の少なくなった血液
であり、この動脈血・静脈血と言う呼び方は、体循環を基準に作られた言葉だと言えます。
血液は循環しているのですから、どこかで静脈血が酸素を取り込んで動脈血にならなければなりません。その臓器は...、もちろん肺で...続きを読む

QCT検査の結果、医師に「動脈が細くなっています。石灰化の動脈硬化ですね。」と言われましたが、どういう

CT検査の結果、医師に「動脈が細くなっています。石灰化の動脈硬化ですね。」と言われましたが、どういう事なのか解りません。ご存知の方が居たら教えて下さい。

Aベストアンサー

あまり知られていませんが、年を取ると人体のあちこちに炭酸カルシウムやリン酸カルシウムといった物質がたまり、かちかちに硬くなります。
これを異所性石灰化と呼びます。
動脈硬化が進むと動脈の壁にもこの異所性の石灰化が起きますが、おそらくそれのことだと思います。
普通のCT検査だけではあまり動脈の内径は判りません。
というのも血液と血管の壁は同じような濃度で写るからです。
でも血管の壁にこの異所性切開が沈着していると、血管の壁の厚さがある程度判ります。
それで動脈が細くなっていることが判ったのででしょう。
(もっとも造影剤と呼ばれるものを使えば石灰化が無くとも血管の内頚が判ります。)
もしあなたが30歳代くらいの若者なら、血管の石灰化は少し異常ですね。
80歳代なら普通のことです。

Qさい静脈血とは動脈血のことでしょうか?

さい静脈血とは動脈血のことでしょうか?

Aベストアンサー

胎盤は肺だけではなく腎臓の役目もはたしていますから胎児の血液の中で酸素が最も豊富で最も老廃物が少ない血液が流れていると思います。成体の肺静脈血とは少し違うようにも思います。

Q大動脈石灰化

健康診断の結果表に記載された文言です。
「腹部超音波検査結果」に左腎石灰化と大動脈石灰化の文言が記載されて、指示欄に経過観察が必要です。1年後に検査をうけましょう。との記載がありました。
これは私自体の検査報告書ではなくーーー第三者のものでーーーこの教えてコーナーに出題すれば何のことか分かるだろうと思い出題しております。
どなたか、この病名らしき文言に付き分かりますか?

Aベストアンサー

大動脈が長期間高い圧力にさらされていると、動脈硬化が起こります、更にそのまま放置しておくとその部分が石灰化を起こし、カチンカチンになってしまいます。
従って高齢者で高血圧の治療を真面目に行わなかった人に起こります、しかし血管が非常に硬くなっているので、血圧が上がってもその部分が破裂する事はないでしょう。
若い人でも起こる例が報告されています、戦場で戦う兵士は極度の恐怖感、ストレスにさらされています、すると極度の血圧の上昇の結果、
動脈硬化が起こり石灰化が生ずる事があります。
戦死した人を解剖し大動脈を取り出すと、金槌で叩かないと割れない位に硬くなっているそうです。

Qミョウバンと焼きミョウバンを生物顕微鏡でみて

ミョウバンと焼きミョウバンを生物顕微鏡でみて

教えて下さい宜しくお願いします。

(1)ミョウバンは正八面体とよく言われますが
 何十回と挑戦しても立体にはみえますが「正」なんて
 なる事はありません、どうしてでしょうか。宜しくお願いします。

(2)焼きミョウバンをみたときに、点々と少し茶色いものが
 見えます。これは焼いたこげだと判断してもいいのでしょうか
 宜しくお願いします。

この二つをどなたか教えて下さいお願いします。お願いします。

Aベストアンサー

(1)について
 正八面体とは理想的完全結晶を表現した言葉であって、実際の結晶がそうなることはまずないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報