質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

今日も山菜採りのおじさんが襲われて死亡したと
ニュースでやってました。
その現場に熊がいたらしく射殺したそうです。
子熊と一緒だった母熊で気が立ってたのだろうと
思います。

そもそも、山は熊のテリトリーです。
そこへ、のこのこと山菜採りに行ってしまい
襲われたあなたが悪いのでは??と
思わずにはいられません・・。
その山は以前から熊の出没があったらしいです。
以前から山菜採り→襲われるという報道多いです。

熊さんは唯一の住処、山にもいちゃいけないのか?!
動物軽視の日本猟友会に怒り心頭です。
麻酔銃で眠らせて解放することもできただろうに。

子熊は母を失い彷徨ってるはずです。
かわいそうで仕方ありません。

環境破壊で山は削られ食料も少なくなる
一方、、

もっと動物に優しい国になれないのでしょうか??

皆さんはこの件どう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

こんにちは☆



>皆さんはこの件どう思いますか?
まったく同感です。人間も自然の一部だという認識がないのでしょうか。
なんか勘違いしてると思います。
熊が人里に下りてきて、人命が脅かされたなら、百歩譲って仕方ないと
言えるかもしれませんが、山の中まで入っていって熊に出会って、自分が
怖い目に遭ったからといって…身勝手すぎます。

以前、人里に下りてきた熊を、山に返そうと格闘する人たちの映像を
ニュースで見ましたが、なんとまだほんの小熊でした。それを大人が
5~6人で寄ってたかって棒で叩きながら追いまわしていました。
涙が出ました。

余談が長くなってしまいましたが…「相手も生きてるんだから放っといて
やりなよ」と思います。今回は子育て中の母熊のテリトリーにズカズカ
立ち入った人間に非があると言わざるを得ません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>山の中まで入っていって熊に出会って、自分が
怖い目に遭ったからといって…身勝手すぎます。

ほんとに身勝手ですよね・・
そんなに山菜たべたいのか?!って思う。
深く考えてないんでしょうねぇ・・まさか自分が
襲われるなんて。

>5~6人で寄ってたかって棒で叩きながら追いまわしていました。
涙が出ました。

同感です。
もう何ともいえなです。

他国と比較するの好きじゃないんですが
日本って明らかに動物軽視な国です。

アメリカの動物保護制度を参考にしなさい!!って言いたい。

お礼日時:2006/06/15 19:51

動物と同じように植物にも感情があります。



私は人を安易に殺す方が許せません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/16 16:23

まず亡くなられた方(遺族の方も含め)の名誉もありますので主に事実関係のみ



1)熊よけのラジオは鳴らしており、発見時ラジオは鳴ったままだそうです。
2)下記の動画には、猟友会のコメントに親子熊はラジオでは最近逃げなくなってきたといっています。
3)取っていた山菜はネマガリダケと言って笹か竹の一種で長野県北部のみの昔からあるローカルの食材です。新たに人間が開拓したのではなく昔から採っていたと思います。人の身長位の高さがあり、笹の様に密集しているのでそれを掻き分けて進むと音、視界とも良くないので人間と熊の両者発見に不利だとも思います。

ここからは個人的意見ですがこの問題は、単純に人が山に入らなければ良いと言う問題には出来ないと思います。山間部の田畑ではサルや猪やシカの被害がありますが近年多くなっています。動物の世界との最前線にいる場合、安易に殺す殺さないの結論ではなくいかに共生するかが人として考えることではないでしょうか?部外者が安易批判するのはいかがかと思います。

また私の基本的考え方はNo.16のに近いのですが守る守らないは人間(個人)が線引きしていると思います。例えばネズミはどうでしょうか?ハツカネズミをペットとして愛している人もいれば、医薬品の実験のため使っている場合もあります(有益な面もありますが人間の勝手でもあり残酷かも知れません)また食品関連のところでは害が多く駆除しています。サルや犬を古くからの文化で食べているところもあります。

今回の事故は人間、親子熊とも不幸なことですし質問者さんの感覚も理解できます。しかしこのことで安易に熊を駆除するのではなくまた山に入らないと言う結論でもなくどう共生するかの検討が必要だと思います(ただ衝突を0にすることは難しいとおもいますが・・・)
 
http://www.tsb.jp/news/index.html

参考URL:http://www.tsb.jp/news/index.html
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

共存共生が難しいのは皆さんの意見でとても
考えさせられました。
でも、動物は尊いんです。

 

お礼日時:2006/06/16 16:23

クマはたしか絶滅危惧種だったとおもいます。


そういう意味では、生息地に立ち入る場合の最低限度のことは自己責任でということになります。 かわいそうというより生態系の頂点であることを考えるべきです。
ちなみに麻酔銃ですが、命中したとしてもTVドラマのように即効性のあるものではなく時間がかかります。興奮している場合は効きません。効かないからと追加するとついには死亡することとなります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>ちなみに麻酔銃ですが、命中したとしてもTVドラマのように即効性のあるものではなく時間がかかります。興奮している場合は効きません。効かないからと追加するとついには死亡することとなります。

すぐ効かないんですね、説明して頂きありがとうございます。

とても考えさせられました。

お礼日時:2006/06/16 16:16

山菜を取りに山に入るのに、熊を追っ払うためにベルやラジオのおとを鳴らすことぐらい


私のような素人でも知っています。

それを怠った人がいて、不意打ちで出会い頭になって、
熊はもともと膂力強いからびっくりして相手を殴っただけで死んでしまって、
で、射殺されるわけですよね。

法には触れないどころか、身内からしたら死なれて悲しくさえあるのかもしれませんが
悪いのはもちろんその不注意な山菜取りの人です。

人を噛んでしまった犬が処分されるというニュースもときときありますが、
あれも腹が立ちます。
狂犬病か何かでおかしくなっていたのでない限り
ちょっかいを出した人間のほうが悪いのだし、
怪我をしたのが小さい子供だとしても
子供に「よその犬にちょっかい出してはだめ」と教えていなかった親が悪いのに。

とにかく人間は軽々しく処分されることがないのに
動物は選挙権がないからでしょうか、
ちょっとしたことで簡単に殺されるのは
質問者さんのおっしゃるとおり怒りを覚えますね。

といったことをいくら言って回っても、
「人間は特別」「しょせん犬畜生など云々」と思い込んでいる人が
残念なことに世間には多いですから、
せせて自分だけでもフカヒレは絶対に食べない等、
ささやかに頑張っています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>とにかく人間は軽々しく処分されることがないのに
動物は選挙権がないからでしょうか、
ちょっとしたことで簡単に殺されるのは
質問者さんのおっしゃるとおり怒りを覚えますね。

まさにそうなんです!!
同調して頂いてうれしいです。
人間が特別、動物は軽んじてよいという風潮に
我慢ならないのです。

>といったことをいくら言って回っても、
「人間は特別」「しょせん犬畜生など云々」と思い込んでいる人が
残念なことに世間には多いですから、

そうなんですよね。
お年を召したかたほどそうですよね。
ここで意見を言って、蚊は殺さないのか?
肉は食べないのか?などやっぱりそうくるなと
いうご意見も多くありました。

>せせて自分だけでもフカヒレは絶対に食べない等、
ささやかに頑張っています。

ふかひれ、ニュースで最近見ました。
ヒレを捕るだけのだけのため、生きた鮫のヒレを
捕ってそのまま海へ返す、鮫はヒレをとられたら生きて
いけません。残酷すぎますね、とてもショックでした。

人間の強欲な食のため犠牲になってる動物は多いです。

話ずれましたね・・

お礼日時:2006/06/16 00:27

> 私は、動物愛護の精神から牛やブタは食べません。



「森は生きている」という言葉があるように、植物にだって命があります。動物のように移動できませんが、種から芽生えて、大地や空気、太陽から栄養を得て成長し、やがて死んで(枯れて)いきます。動物と変わらない一生を持っています。

動物は食べてはいけないが植物はたべてもよろしいという考え方も、私には結局人間が考えた都合のよい理屈のように思われます。

熊のアンケートとずれてしまいましたがご容赦ください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございます。

>「森は生きている」という言葉があるように、植物にだって命があります。動物のように移動できませんが、種から芽生えて、大地や空気、太陽から栄養を得て成長し、やがて死んで(枯れて)いきます。動物と変わらない一生を持っています。

確かにそうですね。同じ事を言われたことがあります。
それぞれ、考え方が違いますね。

>私には結局人間が考えた都合のよい理屈のように思われます。

牛は殺される前に自分の運命が分かるらしく
泣くらしいです。感情があるんですよね。
植物も生きてますが感情はありません。

それが私の考え方です。

お礼日時:2006/06/16 00:18

>皆さんはこの件どう思いますか?



 このような案件について感情論を切り口に問題提起されてもあまり意味がないように思います。

>子熊は母を失い彷徨ってるはずです。かわいそうで仕方ありません。

 そも特定の生物に対して「かわいそう」などと思う事自体が人間の思い上がり以外のなにものでもないんですが・・・。彷徨っている小熊より、襲われて亡くなられた方と残された家族のほうがよほど「かわいそう」だと思いますね。対策を講じたかどうかについては別に議論の余地はありますが、いずれにせよ他愛もない山菜取りくらいで殺されるわけですから。もし身内が同じ目にあったとしたらとてもじゃないですが「襲われたあなたが悪いのでは??」とは言えません。

 
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

あまり意味ないとは全然思いません。

ここで色々な貴重なご意見が聞けて
とてもよかったと思ってます。

思い上がりと思われてもいいので
自分の思いは変えたくありません。

お礼日時:2006/06/15 22:56

熊を射殺したことに今さら立腹してどうなるというのでしょうか。

私たち人間は、毎日毎日牛や豚を殺して食べているではないですか。

殺生が悪いことだというのならば、生きるために牛や豚を殺して食べる、生きるための安全を保証するために熊を殺す、これらはすべて人間が生きるために必要な悪としかいいようがありません。

さらには、「熊を安易に射殺するのは許せない」ということですが、実際に被害をこうむっている人がいるのをよそ目に子熊がかわいそうだなどと感じる方が、安易な発想のように思われます。別の方も言っておられますが、蚊は人をかゆい目に合わせる、つまり害になるからつぶして殺します。それは普通の行為です。蚊だって生きるために、子孫をふやすために人の血を吸うのです。血を吸う蚊はメスだそうです。つまりお母さんの蚊です。その蚊に子供がいたとしたら、かわいそうですか?かわいそうでないですか?お母さんの蚊をぺしっと叩いて殺すことは、お母さんの熊を撃って殺すのと違いますか?やっていることは同じなのではないですか?蚊の子供がかわいそうでなくて、熊の子供がかわいそうというのは、人間の勝手な感情でしかないのではないですか?

私は、人に危害を加えた熊を殺すことはやむを得ないことだと思いますし、人間の食料になるために殺された動物の肉を自分が毎日普通に食べていることも忘れて、熊だけつかまえて「かわいそう」だとかは思いたくないです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私は、動物愛護の精神から牛やブタは食べません。

こういうご意見はあるかとは思ったのですが、
今は私の中では熊問題と別です。

お礼日時:2006/06/15 22:50

人を襲った熊(に限らず野生動物)は射殺するべきだと思います。



単純な事です。極端な話ですが、突き詰められたエコロジーとヒューマニズムは相容れません。勿論人が笑い熊も安心。オマケにお天道様も明るく照っていると言うのが一番なんですが、現実的にそれはありえません。もしもあるとしたらそれは最悪の判断や手段だと思います。例えば危険な動物を一度全部捕まえて体にGPSを埋め込む方法・・・なんてのはナンセンスの極みでしょうし。


となると今回のような対処がベターだと思います。この場合は地元の人々の安全が最優先されてしかるべきでしょう。人を襲った熊が近所に居る・・・そんな恐怖を他の地域や都会でヌクヌク生きている人達には理解できないのでしょう。単純に保護地域を設定してその動物(熊)を増やしていけば良いとは言えません。外国で鹿を保護して襲う動物(狼や熊)を減らしてみたケースでは一時期は確かに鹿は増えましたがその後食料の草が全部食い尽くされ生態系のバランスが崩壊して鹿が大量死したケースもあるそうです。

余談ですが、北極圏に住むエキスモーの人達は昔から犬(有名なシべりアンハスキー)を飼っています。今でこそ狩猟で生計を立てている人の方が圧倒的に少ないようですが昔は犬にそりを引かせたり、狩りでのサポートに使役していたのだそうです。とある本でその飼い方が書いてあったのですが凄いですよ。しつけは厳しく殴る時は鉄の棒や鎖で力強く!!とかエサは数日に一度なんて言葉がそこかしこに出てきました。何故なら主人の命令に忠実で無いと人も犬も死ぬからです。狩りに行って犬がそりを引かなかったら?右と言っても左に曲がったら?白熊に襲われた時に犬が逃げ出したら?これらは厳しい北極圏では死に直結するからそういう風に飼うのだそうです。可愛い可愛いと甘やかしていたら逆に死なせる事になる訳で別の意味で残酷な結果を回避する為なんです。

ちなみに犬はそのままでは白熊が出たら逃げます。なので、白熊の油を舐めさせ→肉を食わせて→死体に噛み付かせ・・・といった具合に慣れさせいくのだそうです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

とても深いお話ありがとうございます。

私の文章は少々感情的すきたようです。

でも、少しでもしょうがないですますのではなく
いい方向を考えていければと思っただけなのです。

お礼日時:2006/06/15 22:48

本題とは離れますが、熊を射殺するかどうかは日本猟友会が判断する事というより、自治体が判断する事です。

自治体の判断には日本猟友会の意向も判断材料にはなっていますが、あくまで意材料のひとつであり、最終的には自治体が決断します。

私は鳥獣保護行政の関係者で、2年前に熊を射殺する判断をした自治体の職員から、熊の件についてお話を伺う機会がありました。

その方のお話によると、熊により怪我人がでた場合では、地元住民の熊に対する拒否感が非常に強いのです。唐辛子スプレーその他の処置で、熊を山に返しても安全だと理解を求めるのですが、「じゃあお前(自治体職員)が熊と同じ檻に入ってみろ。安全なんだろう?」などと言われます。

一方、全国の動物好きや質問者さまのような方から、熊を殺すのはかわいそうだという苦情が大量に来ます。なかには感情的に罵声をあびせる方も多々います。

地元住民の意見数と全国からの意見数を比べれば、確かに全国からの意見数のほうが多いです。その意味では質問者さまが「私のような思いを持つ人のほうが世の中多いと思います。」というのは真実なのですが、熊によるリスクを負うのは地元住民だけなのも真実なのです。

自治体は、地元住民から「俺たちのことはどうでも良いのか」と言われ、全国の動物好きからは「熊のことはどうでも良いのか」と言われます。行政の態度としてはどっちも大事なのですが、両立が非常に難しくて、困っているのです。

もし地元住民に納得してもらえ、かつ熊を殺さない方策をご存知の方がいれば、むしろ行政に教えて欲しいのです。心からそう思っています。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

鳥獣保護行政の関係者様のご意見、
読ませて頂きとても参考になりました。

今、冷静に色々考えてます。

>自治体は、地元住民から「俺たちのことはどうでも良いのか」と言われ、全国の動物好きからは「熊のことはどうでも良いのか」と言われます。行政の態度としてはどっちも大事なのですが、両立が非常に難しくて、困っているのです。

猿問題でもありましたよね、熊に限らず動物との
共存は難しい。
地元住民からしてみれば、実際体験したことなくせいに
何言ってるんだということなのでしょうね。

地元住民、全国の意見これが一致することは
ないでしょうね。

>もし地元住民に納得してもらえ、かつ熊を殺さない方策をご存知の方がいれば、むしろ行政に教えて欲しいのです。心からそう思っています。

すいません、単純なことなんですが地元住民が被害を
訴えるのは畑を荒らしたり、家に入ってきたりなどですよね。
自治体資金で厚く高い壁を作り熊がどうにも入って来られないようにす
るということは・・ばかげてますかねー

お礼日時:2006/06/15 21:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツキノワグマ、捕獲の9割が殺処分…について

今年4月から11月末までに、ツキノワグマ4737頭が有害捕獲され、うち9割の4250頭を殺処分(捕殺)していたことが、読売新聞の全国調査でわかった。

・・・とニュースにありました

・・・信じられません
ツキノワグマは絶滅が危惧されている動物です
それをポンポン撃ち殺すなんて・・・

しかも彼らはからだも大きく
そのからだを維持するために食べるものがないから
仕方なく里へ下りざるを得ないというのに

彼らの中には母熊もいたでしょうに・・・
残された小熊のことを思うと
きっとその子たちも飢え死にです

なんて安易に殺害するのでしょうか

このままでは絶滅は避けられないと思います


確かに
クマが出没する地域の方にとっては命がかかっている問題です

だからこそ
もっと国が力をいれて
野生動物と人間との区別をし、どちらも保護できるように
整備すべきだと思うのです


おそらく
このままさらに数がへり絶滅への一途が決定したとたんに
手の平を変えたように保護、保護というようになるんだと思うと
本当に腹立たしく思います

命をなんだと思ってるのでしょう

自分たちが彼らの住処をうばっておいて
農薬を山に撒き散らし、針葉樹を枯らせ、杉ばかりの荒れた山にしておいて

出てきたら撃ち殺すなんて

あんまりです


なにか良い方法はないのでしょうか?
日本の動物愛護協会や熊の保護活動の協会などは
なにも対策を立てていないのでしょうか?
それとも国が全く無視なんでしょうか?


とても悲しくてたまりません

クマに襲われる人と
エサ不足のクマを救える方法はないのでしょうか?












 

今年4月から11月末までに、ツキノワグマ4737頭が有害捕獲され、うち9割の4250頭を殺処分(捕殺)していたことが、読売新聞の全国調査でわかった。

・・・とニュースにありました

・・・信じられません
ツキノワグマは絶滅が危惧されている動物です
それをポンポン撃ち殺すなんて・・・

しかも彼らはからだも大きく
そのからだを維持するために食べるものがないから
仕方なく里へ下りざるを得ないというのに

彼らの中には母熊もいたでしょうに・・・
残された小熊のことを思うと
き...続きを読む

Aベストアンサー

 獣医師でクマの保護事業に少しだけ関わっている者です。また、今朝の読売新聞の記事でコメントを出していた1人は、私の恩師だったりします。

 クマの放獣は、捕獲したクマに麻酔をかけて眠ってもらい、イヤータグや電波発信機を取り付け、DNA等の検体を採取してから行っています(全てに対してではありませんが)。
 この「麻酔をかける」部分で獣医師が必要なため、本来は別の仕事に就いているのですがクマが捕獲されたときだけ出動しています。上に「少しだけ」と書いたのはそういう意味です。
 放獣前には催涙スプレーをかけて「お仕置き」しています。これが強烈なスプレーで、風向きで間違ってほんの少しだけ流れてきたガスを吸ってしまっても、2時間くらい七転八倒してしまいます。

 この「お仕置き」ですが、個体によってはあまり効果がなく、懲りずに人里に出てくるクマもいるという報告もあり、イヤータグや発信器によるデータ取りは、このお仕置きの効果のデータ取りをしている意味もあります。

 野生動物相手の仕事は土日もないのは仕方ないのですが、クマが捕獲される度に大人数(猟友会等も合わせると7~8人は集まります)が出動して、僅かながらの「捕獲されたが殺されなかった数」を稼いでいるというわけです。

 野生動物と人間との共存についてはクマだけの問題ではないのですが、「自然ではないこと」をしてヒトの寿命が伸びた結果人口が増え、ヒトの生息域の拡大の結果、野生動物の生息域を狭くしているわけですから、「絶滅するのも自然」などと気楽なことを言っている場合ではないような気がします。

 また、「野生動物と人間社会の境界線を引く」ということの重要さはみなさん理解しておられるようですが、昔は境界線上の山村やその山にはヒトが仕事をして一種の緩衝地帯を作っていたわけです。
 その山村には現在ではもう若い人がいなくなり、野生動物からは与しやすい老人しかいないわけです。そこでヒトからの圧力をあまり受けずに好き放題することを憶えてしまった野生動物は、今度はさらにその下の市街地へ出没するようになります。
 現在のクマ騒動の全てが、これが原因だとは私も思いませんが、「境界線」が昨日しなくなった理由の一つに「農山村の荒廃」は確かにあるのでしょう。

 サルの被害が激しい果樹園に隣接して牛を放牧したら、次の年からサルの被害がゼロになったという事例もありますし、それはおそらくそのままクマにも応用できるはずだとは思います。
 そういう意味で農林漁業というのは、本来自然と人間社会を有機的に結びつける役割を果たしているのですが、こうも減ってしまってはそういう機能も果たせなくなりつつあります。

 なお、統計の「捕殺数」には、まだ何ら被害を及ぼしていないクマももちろん入っています。殺されたクマ全てが「仕方ない」わけではありません。

 獣医師でクマの保護事業に少しだけ関わっている者です。また、今朝の読売新聞の記事でコメントを出していた1人は、私の恩師だったりします。

 クマの放獣は、捕獲したクマに麻酔をかけて眠ってもらい、イヤータグや電波発信機を取り付け、DNA等の検体を採取してから行っています(全てに対してではありませんが)。
 この「麻酔をかける」部分で獣医師が必要なため、本来は別の仕事に就いているのですがクマが捕獲されたときだけ出動しています。上に「少しだけ」と書いたのはそういう意味です。
 放獣前...続きを読む

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q水虫に消毒用アルコールは効きますか?

水虫が左足にあります。病院で検査したところもっとも一般的(典型的)な水虫とのことです。指の間に水泡、足裏にぷつぷつ、かかとが硬くなってます。消毒用のアルコール(注射の時腕などを消毒するものと同じ)を患部に塗ると効くでしょうか。説明には「・・・や酵母菌等に効果あり。萌芽性菌(語句の間違いの可能性あり・・今ビンが手元にありません)には効果なし」と書いてあります。病院の薬をこまめに塗るのですがなかなか退治できません(6か月は塗りつづけた)。一時的にひっこむのですが・・・また、出てきます。なにか安価でよい薬はないでしょうか?

Aベストアンサー

エタノールは一応真菌に有効です。
しかし、これは真菌とエタノールが接触した場合(試験管内での実験など)のみです。
水虫は皮膚の奥に真菌が潜んでいますので、表面にエタノールを塗っても十分浸透しません。

通常の水虫であれば3ヶ月~6ヶ月程度抗真菌薬(水虫のお薬)を塗なければいけません。

お礼に「薬が切れるとほおって置く」とありましたが、治るはずがありません。水虫というのは細菌でなく真菌(カビやキノコの仲間)です。細胞分類上は人間の細胞に近く強力な薬が作れない(人間の細胞まで死んでしまっては薬にならない)のです。
しかし、最近の抗真菌薬は効果もよく、1日1回塗布でよいものが殆どです。
また、塗り薬に関しては最近市販された「ラミシール」や「ブテナロック」などは医療用と同成分ですのできちんと塗ればかなりの効果が期待できると思います。

塗り方としては、風呂上りなどの皮膚が柔らかいときによくすり込んで塗ります。また、2週間程度で症状がよくなっても完全に菌が死んでいませんから3ヶ月は塗り続ける事が重要です。

みなさんたいてい症状が治まると塗るのを止め、再発します。で、また薬を買いに来てくれます。何回でも。いいカモなんですね(笑)

見た目に症状がなくなっても毎日続ける事が出来るかどうかが重要なんですよ。

どうしても難治性の場合、内服薬もありますが、非常に高価ですし、まずは塗り薬を試してみてはいかがでしょう?
こまめに塗るのではなく、1日1回を毎日忘れずに!

エタノールは一応真菌に有効です。
しかし、これは真菌とエタノールが接触した場合(試験管内での実験など)のみです。
水虫は皮膚の奥に真菌が潜んでいますので、表面にエタノールを塗っても十分浸透しません。

通常の水虫であれば3ヶ月~6ヶ月程度抗真菌薬(水虫のお薬)を塗なければいけません。

お礼に「薬が切れるとほおって置く」とありましたが、治るはずがありません。水虫というのは細菌でなく真菌(カビやキノコの仲間)です。細胞分類上は人間の細胞に近く強力な薬が作れない(人間の細胞まで...続きを読む

Q在日特権は本当に存在するのですか?

個人的な意見になってしまいますが、
◎通名の使用
◎センター試験での外国語としての韓国語
◎公務員の登用、地方参政権
◎永住資格
◎母国との自由通行権
などは特権とはいいがたい部分があると思います。
また、五箇条の御誓文による企業の税金優遇もここでは除かせてください。

質問は、(企業ではなく)在日の方一個人が日々の生活で有利になるような優遇・特権はあるのか?という点です。
自営業でもない二世・三世の方が在日であり続けるのはアイデンティティーのためだけなのでしょうか?

噂の域を出ない、
●税金や公共料金等の免除・減額
●生活保護の受けやすさ
などは本当にあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

残念ながら今だに、No.4さんが言われているように、在日特権が存在しているのが事実です。
しかし、この不正受給を一般警察は市民団体(総連・民潭)や某政党などの圧力がうざったいので取り上げようとしません。
ベンツに乗って朝鮮人参を「ガンが治る」と言って売り歩き、年間数千万円の収益を得ていた在日朝鮮人が生活保護を不正受給していたのを、「薬事法違反」で別件逮捕したのは、公安調査庁や警視庁公安部です。そこで不正受給が発覚し停止されました。

年金の掛け金を払わずに、老後に年金を貰えないから、「差別だ!」と叫んで、生活保護を受けた方が金額も大きく断然得になります。(日本人は、国民年金を毎月1万3千円を掛けて、65才から貰える金額は月3万5千円しかありません。一方、在日は掛け金を掛けずに月17万円も貰っています)
これでは、なまじ帰化するより「在日特権」のままで居た方が良いのは誰が見ても明らかです。

また、このURLが、あの在日系ヤフーに載っていて、削除されないところを見ると、この本に書いてあることは、本当のことなのでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/37485026.html

残念ながら今だに、No.4さんが言われているように、在日特権が存在しているのが事実です。
しかし、この不正受給を一般警察は市民団体(総連・民潭)や某政党などの圧力がうざったいので取り上げようとしません。
ベンツに乗って朝鮮人参を「ガンが治る」と言って売り歩き、年間数千万円の収益を得ていた在日朝鮮人が生活保護を不正受給していたのを、「薬事法違反」で別件逮捕したのは、公安調査庁や警視庁公安部です。そこで不正受給が発覚し停止されました。

年金の掛け金を払わずに、老後に年金を貰えな...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q天皇制廃止すればいいのに。なんでしない?

皇族費とかバカな費用が税金で支払われてるなんて許せない。
あの人たちだって同じ人間なんだから汗水流して働くべきでしょ?
マスコミもあいこ様あいこ様って…。
おもやり予算と皇族費は即刻なくなって欲しい!
天皇とかってなんなの?いつまでいるのでしょうか?
右翼の人達って考えが古いのでしょうか?
みなさんはどう思いますか?

Aベストアンサー

憲法の事など良く分かりませんが、自分の思っていることだけ書きますね。

皇族の方達は、税金で遊んでいるわけではありません。
NO5さんがおっしゃるように、それぞれ”公務”をこなしています。
公務は私達が考えている以上に大変な仕事だと思います。
嫌な顔ひとつせず国民に笑顔を振りまき、みんなに見られて、常に回りに人が大勢いてプライベートな時間もあまりない。
しかも、行きたいところへも自由に行けない。
各国の凄い要人にばかりに会いに行ったり来たりして、神経をすり減らす。
普通こんな仕事を頼まれたら、莫大な給料を要求しないと割があいませんね。

天皇陛下も皇后陛下も70歳を過ぎているのに、あまり休む間もなく公務をこなされています。
皇太子様も、最近、海外に公務に行かれたと思ったら、すぐに帰国し、またどこかの国に行って、帰国し、そしてまた海外に行かれたと思います。休む間もないですよね^^;

私も、20代の前半の時は質問者さんと同じような事を思った事もあります。しかし、海外に住んで考えが変わりました。

イギリスに住んでいましたが、彼らにとっても日本の天皇というのは特別な存在だということが分かりました。
アメリカの人たちにとっても、そのようです。
日本の総理大臣の事は全く知らないけれども、天皇、皇后、皇太子、雅子様の事は良く知っています。
イギリス人の知人は、”女王より天皇(エンペラー)の方が位が上なんだ”と言っていました。なので敬意を表しています。

例えば、バチカンのヨハネパウロ2世が海外に行かれたとして、訪問先の要人がヨハネパウロ2世に会いに行かれるそうですが、日本に来られた場合は、ヨハネパウロ2世の方から天皇家に出向くそうです。

今、日本が唯一世界に誇れるものは、技術と文化と天皇だと思います。
皇室が無くなったら、また一つ誇れるものがなくなって、馬鹿にされ放題になりそうですね。

憲法の事など良く分かりませんが、自分の思っていることだけ書きますね。

皇族の方達は、税金で遊んでいるわけではありません。
NO5さんがおっしゃるように、それぞれ”公務”をこなしています。
公務は私達が考えている以上に大変な仕事だと思います。
嫌な顔ひとつせず国民に笑顔を振りまき、みんなに見られて、常に回りに人が大勢いてプライベートな時間もあまりない。
しかも、行きたいところへも自由に行けない。
各国の凄い要人にばかりに会いに行ったり来たりして、神経をすり減らす。
普通こん...続きを読む

Q旦那の趣味の件で、悲痛な結末に…至急お願いします。

旦那の趣味の件で、悲痛な結末に…至急お願いします。


旦那の趣味はガンプラです。
小学校から28歳までずっとやっていて、結構プロ的な器具も揃っていますし、サークルにも参加しています。

私はガンダムやロボット系が元々大嫌いで、いい気はしなかったのですが、交際を深める内にどんどん嫌になってきました。

理由は
・大量にお金がかかる(結婚までの資金がゼロ)
・私が独占欲が強いので、あまり別世界を作られるのを好まない
・私との時間等を削られるのが嫌

だからです。

何回も喧嘩をして、やっと毎月行っていたサークルを2、3回に一回参加に減らしてくれたりしたのですが、私としてはやはり、
・数ページだけ見たいために買う月刊誌
・コミック
・機器・材料
・DVD・CD
・イベント
等にお金をかける事は不愉快でした。

それでも、楽しそうにしている彼自体は好きだし、手先を使い発想する事も脳には良いことなので、不快があっても我慢していました。それくらいやらせてあげないと、と思ったし、無くしたら無くしたで問題が新たに何か発生することもわかっていたので。
彼自体も「一生続けるくらい好きなものだ」「これがなくなったら廃人になる」とかいってました。私は内心、私や子さえいればいいやん、と思っていましたが…

私も、イベントに一緒に誘われて参加するのは構わないんです。
ガンプラが嫌いでも、一緒に何かをする、という事が重要だし嬉しいから。
けど、多分ですが、彼は気を使って誘う事もないし、私が嫌がる事に誘いたくもないと思っていたのでしょう。一回も誘われてはいません。

ただ、イベントに出す作品製作が間に合わない時は手伝ったりもしました。進んでやりましたし苦でもありませんでした。めんどうだけど、仕方ないなあ~助けてあげよう、という気持ちです。

でも、毎回喧嘩になるのは、私が嫌だといっていたり、お金を使う事を嫌がっているのに、彼が私の許容範囲以上で行動するからでした。
彼自身、抑えているのはわかりますが、何かのイベントで、嫌だと言っても「いや、参加する」と断固言う所が不快だったのです。

うちは関西ですが、今度静岡でホビーショーがあります。
私は何度も反対してるのですが、毎回行くと言い張り(行きたい、いかせてとかではなく、俺は行くんだ!みたいな断言)、不快で、私も腹が立って「勝手に行ったらいいよ」と言ってました。
そこで、最近丁度東京旅行をしようとなったのですが、彼は「ツアーは嫌」「長い期間旅行したい」と言い、私はお金がかかるのでツアーか短期にしようと言ったのですが、彼が「ショーがあるから、東京行ってからお前だけ帰って、俺が翌日使ってショーにいく」と言い出しました。

私は、はあ?まだ行くつもりだったのか?しかも私を一人帰して?そんなの新婚旅行でも何でもないし、嫌な事に参加されたら不愉快、と思い機嫌が悪くなりました。

いつもなら激しい口論になったり離婚まで激しい大喧嘩になりますが、最近お互い改めて、静かな話し合いみたいになりましたが、私は「私がいやがってもしたいって言い張るんでしょ?離婚したいってくらい嫌でもやり続けるんでしょ?」と言ったりもしました。結局彼は「もうしたいって言わないよ」と言いました

ですが私が風呂中に、彼が部屋でガタガタしてるので、もしやと思い、上ったあと彼の部屋を見てみると、がらりとしていました。

大きな箱数箱に、めちゃめちゃに器具やプラモが入っていて、プラモは壊れていました。パソコンや一眼レフカメラやプリンターまで入っていて、衝撃を受けました。ただ、しいていえば、綺麗な塗料なんかは、まだ引き出しに入ったままでした。


私は彼に、「何でこんなことするの?」というと「やめようと思ったから」と。
以前にも何回か彼は物を壊したり、そういう当てつけ的な事をするので、今回もあてつけに感じましたが、今回は少し行きすぎでした。大事に飾っていた作品はめちゃくちゃだし、それよりもまず、いつものようにカッカしてやった感じではなかったです。

私は「あてつけにみえる」というと「そういう気持ちはゼロじゃないけど、あてつけでも何でもやめるってなったから結果的にいいやん」と。

けど私としては、違うんです。
「気持ちよく納得してやめてもらいたいし、私が嫌がることを受け止めてくれてやめてくれるっていう気持ちが大事なわけで、強制的にこんなことされても嬉しくないし納得いかない」と。

私は、捨てられたものを出そうとしましたが、止められました
「俺の金で買った俺のものだからいいやん」と。

私は「PCとかカメラまで捨てるのおかしいよ。それに、使ってない塗料や、工具は他でも使えるやん」というと、
「PCあればブログ更新してまうし、サイトみてしまう。カメラもプラモ撮る為に買ったし、工具あれば未練たらしいし」と。

私は泣きながら、こういうのじゃない…と言ったけど
「俺にここまでさせて、俺のプラモを奪ったんだから」と言われました…
他にも「俺は、今やめなかったとしても、この先一生やめるつもりないし、そのたびに喧嘩になるのも嫌やし。俺は妻や子煩悩になって、ハマったりそれだけになることはないねん。別物でプラモもあるねん」
と言われショックを受けました。
私は趣味はなくて、オールマイティにいろいろ楽しむタイプだし、好きな人が嫌がる事を意固地に続けるのも理解できなくて…

私は彼が寝たあと一昼夜、片付けられるものを片付けましたが、翌朝、ちらりとそれを見た彼は会社に行き、そこからメールが。

「片付けてくれてたけど、今日綺麗にして捨てるから、ごめんね。俺は悪いことをしてないし、何で嫌がるのかわからん。俺はずっと奪われた、止めさせられたって思うから。てか好きな人がやりたいっていうことを応援してあげたいと思わないの?」と。

職場で同じ悩みの女性に相談したら「見せかけだけだよ。やめないよ」と言われたけど…確かに彼は何度か別れ話をして、結局わかれていませんし、自分の意思を貫くために、あてつけも結構してきた人でした。

が、今回は違う気がして…

きっと私がプレゼントしたプラモの本とかも全部捨てるんでしょう…
やめたとしても、明日からは欝とかになったりする可能性もありますし、この先ずっと、「奪われた奪われた」って思われても…


私は、私が嫌がることを続けたり、お金をかける事がいやなんです。
たぶん、自分でもよくわからないけど、プラモ自体というより「妻や子だけでいいと思わない」と言われたり、断固プラモを続けようとする「精神」というか「考え方」や「好きな人のやりたいこと応援できんの?」という態度に嫌悪感があるんだと思います。
すんなり、「わかった。お前のが大事だからやめる」と言ってくれる人なら、私の心の状態も違った可能性は高いのです。

旦那は、捨てる、と言い張っていますし、私より先に仕事を帰宅するので、きっと帰ったら全てないでしょう…

どうしたら円満になれるでしょうか…

旦那の趣味の件で、悲痛な結末に…至急お願いします。


旦那の趣味はガンプラです。
小学校から28歳までずっとやっていて、結構プロ的な器具も揃っていますし、サークルにも参加しています。

私はガンダムやロボット系が元々大嫌いで、いい気はしなかったのですが、交際を深める内にどんどん嫌になってきました。

理由は
・大量にお金がかかる(結婚までの資金がゼロ)
・私が独占欲が強いので、あまり別世界を作られるのを好まない
・私との時間等を削られるのが嫌

だからです。

何回も喧嘩をして、やっと毎...続きを読む

Aベストアンサー

今回の出来事のその後の旦那様の行動を見て、旦那様の行動というか気質はだいぶ病的なものに近い印象を受けます。
過度の怒りやストレスによって、ご本人の悪い性質が極端に出たものかもしれませんが、元々ある程度そのような性格があったのではないでしょうか。
トピ主様の何度もおっしゃる「あてつけ」というかつての行動が、旦那様が元々そのような性格をお持ちであったことをうかがわせます。

あてつけという行動は、満たされない欲求を、自傷によって相手に罪悪感を抱かせ(お前のせいで俺はこんなに傷ついたんだぞと見せつけ)、自らのストレスを解消、あるいは自身の欲求を通そうとするものです。
ですので、トピ主さんの行動が良しだったのか悪しだったのかは関係ありません。
トピ主様の対処が適切であったのかどうかは人によって意見の分かれるところだと思います。
ただ、旦那様は、自分の欲求不満を他人にぶつけて自らの精神の安定を図るという性質を持っていたのかもしれないという、それだけです。
そして今回の出来事では、トピ主様の言動が「たまたま」その引き金を大きく引いてしまう結果になったものと思われます。
これは、旦那様がご自身の性格の短所を理解され、自分で改善しようという意思を持たない限り、中々改善されるものではありません。


次に、トピ主様の言動ですが、トピ主様の抱かれた不満は非常に世間一般にあるものであり、当然の感情であると思われます。
また、それを旦那様に対して表現をしたことも決して間違ったことではありません。
ただ、今回はそれが旦那様の悪い気質が極端に出てしまうようなシチュエーションで伝えられてしまったのではないかと推測できます。
あるいは、旦那様側でも、トピ主様が日頃自分の趣味に関して良く思っていないということを常々ストレスに感じていたのかもしれません。
今回はその積み重ねが大きく決壊してしまったのではないでしょうか。

いずれにせよ確かなことは、
「旦那様は、自己の不満をあてつけという形で表現する性質がある」
「トピ主様の持たれた不満は決して間違いではない」
ということです。決してご自分を責めすぎないようになさってください。

また、これらのことから、
・トピ主様は旦那様の趣味の程度・あり方に関して不満がある。
・旦那様はトピ主様が自分の趣味に関して良く思っていないということを不満に思っていた。
ということも確かであると考えられます。
さらに、お二人はこのお互いの不満に関してお互いに十分に許容できるような範囲を見つけられなかった、あるいは見つける機会を持てなかったのではないでしょうか。

トピ主様は円満な関係を望まれておられるとのこと。
よって、それを達成するには、
「お互いの不満を平等に冷静に聞き、分析し、二人ともが過度のストレスを感じないような許容範囲はどこなのかを考えてくれるような第三者を挟んで話し合うこと」が最も有効かつシンプルな解決法と思われます。
一般的にはカウンセラーなどがその能力を持ちます。
あるいはお二人で冷静に「互いが許容できる範囲はどこからどこまでで、どんな形が二人にとってベストなのか」ということを話し合えるのであれば、それが一番です。
ですが、旦那様の性質や機嫌、トピ主様の焦燥疲弊具合を考えますと、公平で冷静な第三者を挟んで以上のことを話し合うのが最も円満な方法と思われます。

以上、冷静に、一生懸命考えようとしてずいぶん固い文章になってしまいました。
読みにくいと思いますが、何かの一助になれば幸いです。

今回の出来事のその後の旦那様の行動を見て、旦那様の行動というか気質はだいぶ病的なものに近い印象を受けます。
過度の怒りやストレスによって、ご本人の悪い性質が極端に出たものかもしれませんが、元々ある程度そのような性格があったのではないでしょうか。
トピ主様の何度もおっしゃる「あてつけ」というかつての行動が、旦那様が元々そのような性格をお持ちであったことをうかがわせます。

あてつけという行動は、満たされない欲求を、自傷によって相手に罪悪感を抱かせ(お前のせいで俺はこんなに傷つい...続きを読む

Qクマは犬を襲わないって本当ですか? 2者は決して

クマは犬を襲わないって本当ですか?

2者は決して襲わないそうです。

クマは目の前に犬が歩いていても決して食べないのは,2者は共通の言語を話せて会話が出来る?それとも昔に犬を食べて食中毒になったので食べなくなった?

なぜ襲わないのか理由を知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

いや腹が減れば普通に食べられそうなモノなら何でも熊は襲って食べますよ。犬も人も例外はありません。

ただ、野生動物は熊も含めて全て徹底して省エネ主義ですので、少しでも手間取りそうだなと思ったら、やはり滅多な事では襲いません。熊にしてみれば犬なんかよりも、動きのトロいぷよぷよした大型霊長類を襲った方が、よっぽど楽して大量の肉が食べられますからね(笑)。

ただし飼い犬みたいに、鎖に繋がれて自由が利かない状態なら。熊は基本的に非常にしつこい性格ですので、ほぼ確実に殺られると思います。よっぽど鍛錬された紀州犬クラスじゃないと逃げ切れないんじゃないでしょうか。まあその前にもっと楽して得られる畑の作物なんかを食べると思いますが…。

後、熊は1度でも成功体験を得ると、味をしめて同じ事を執拗に繰り返す習性があるので。何かの拍子に、例えばケガをして弱った犬をたまたま楽に仕留められたら。その後は狙って同じ様な犬を襲う傾向が強くなりますね。良く、山などで熊に出会っても、決してエサ等をやってはいけないと言われる理由です。

エサを1度でも貰ったその熊は、今後出会う人間は皆全員、エサをくれる存在だと認識してしまい。もしもエサを貰えなかった場合は逆上して人間を襲ってしまい、そのまま人食いに目覚めてしまう可能性が非常に高いので。

P.S.
同じ様な都市伝説で「ライオンは決して象を襲わない」とか言われてましたが。ちゃんと良く24時間体制で観察し続けて見ると。結構な頻度で象やカバ、キリンなども襲って食べてる事が分かってます。要は対費用効果って事ですかね。

いや腹が減れば普通に食べられそうなモノなら何でも熊は襲って食べますよ。犬も人も例外はありません。

ただ、野生動物は熊も含めて全て徹底して省エネ主義ですので、少しでも手間取りそうだなと思ったら、やはり滅多な事では襲いません。熊にしてみれば犬なんかよりも、動きのトロいぷよぷよした大型霊長類を襲った方が、よっぽど楽して大量の肉が食べられますからね(笑)。

ただし飼い犬みたいに、鎖に繋がれて自由が利かない状態なら。熊は基本的に非常にしつこい性格ですので、ほぼ確実に殺られると思います...続きを読む

QN.Y.の世界貿易センタービルは飛行機が上層階に激突してるのになぜ倒壊したのですか?

こんばんわ、jixyoji-と申しますm(__)mペコ。

本来は社会欄や政治関係の質問ではありますが、先日起きた最悪中の最悪のテロ事件の絡んだ質問です。倒壊した「世界貿易センタービル」はNorth&South共に110階で高さ400mのビルですが、激突した飛行機は共に60階~上だと言われています。

建物の土台である基礎部分を爆弾で吹き飛ばしたり、よくアメリカなどで爆弾でビルごと吹き飛ばす解体工事などならビルが完全に倒壊するのならわかりますがボーイング747級の飛行機が突っ込んだ衝撃であれほどのビルが完全に倒壊するものなのでしょうか?やはりアメリカのビルの建築構造上日本ほどしっかりしていない事やあるいは古くなってきていたためにあの衝撃に耐久構造が耐えられなかったから倒壊したのでしょうか?あの衝撃は震度7や8くらいの地震と同等の衝撃だとすればそれに耐えられないビルだったのでしょうか?

ビルの耐久構造に詳しいサイトやそういった関連に詳しい方ご教授お願いしますm(__)mペコ。素人質問で恐縮ですm(._.)m。

最後にこのテロ事件で被害に遭われた方へ謹んでお悔やみ申し上げますm(_ _)m。

こんばんわ、jixyoji-と申しますm(__)mペコ。

本来は社会欄や政治関係の質問ではありますが、先日起きた最悪中の最悪のテロ事件の絡んだ質問です。倒壊した「世界貿易センタービル」はNorth&South共に110階で高さ400mのビルですが、激突した飛行機は共に60階~上だと言われています。

建物の土台である基礎部分を爆弾で吹き飛ばしたり、よくアメリカなどで爆弾でビルごと吹き飛ばす解体工事などならビルが完全に倒壊するのならわかりますがボーイング747級の飛行機が突っ込んだ衝撃であれほどのビルが完全に...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。
建築物の構造設計をしている者です。私にとって超高層ビルが一瞬にして崩壊する映像は非常にショッキングでした。
犠牲者の方のご冥福をお祈りいたします。

以下は私の憶測です。図面を見てないので確信はありません
WTCビルの構造は、(下の回答で既出ですが)「チューブ架構」と「フィーレンディール架構」を組み合わせた構造らしいです。
「チューブ架構」というのはビルの中心部分のエレベーターコア壁と建物外周の籠状に組まれた柱梁をフラットスラブ(厚い床)でつなげる構造です。室内空間に柱や梁を少なくする事が出来、階数も稼げますし耐震性能にも優れていると言われています。最近日本でも高層のオフィスビルなどで用いられるようになってきたようです。
「フィーレンディール架構」はWTCビルの場合、外周の柱を細くするために途中階の何箇所かに巨大なトラス梁を設け外周柱の力をコア壁に流すようにしていると思われます。柱を細くする事の出来る構造だと思ってください。

さて崩壊のメカニズムですが、
110階建てのWTCビルの80階に航空機が衝突したとします。
恐らく、衝突により何本かの柱とコア壁の一部が損傷を受け、130トン余りの飛行機の残骸が床の上に残り、更に火災が発生するでしょう。
通常鉄骨には耐火被服(石綿を鉄骨の周りに吹き付けて温度が上昇しないようにする)が有りますが爆風で吹き飛ぶなどしてしまったと思います。鉄骨は熱には非常に弱く500℃の温度で強度が半分になるといわれています。柱の本数が少なくなっているのに加え強度が落ちるのですから、やがて80階部分はつぶれてしまいます。
80階部分がつぶれると、80階の床には上層の30階分の荷重が加わることになります。
つまり通常の30倍の力が加わるにですから簡単に梁の端部は破断し、床が抜けるでしょう。次の79階の床には31倍の力が加わり・・・と言った具合に崩壊していったのではないかと思ってます。
仮にWTCが日本の超高層などで使われるラーメン構造であったとしても結果は同じだと思います。
30倍の力が加わるのですから。

長くなってしまいましたが私の憶測でした。

それと、設計者のミノル・ヤマサキさんは日系のアメリカ人です。

こんばんわ。
建築物の構造設計をしている者です。私にとって超高層ビルが一瞬にして崩壊する映像は非常にショッキングでした。
犠牲者の方のご冥福をお祈りいたします。

以下は私の憶測です。図面を見てないので確信はありません
WTCビルの構造は、(下の回答で既出ですが)「チューブ架構」と「フィーレンディール架構」を組み合わせた構造らしいです。
「チューブ架構」というのはビルの中心部分のエレベーターコア壁と建物外周の籠状に組まれた柱梁をフラットスラブ(厚い床)でつなげる構造です。室...続きを読む

Qアメリカの南北戦争って結局は黒人奴隷の取り合いだったの?

様々な歴史書で紹介されていますが、アメリカの南北戦争は、黒人奴隷制に対する南北間の主張の対立が原因だったと聞きます。

つまりプランテーション農業に要する奴隷の固定化を主張する南部と、工業化が進み労働力の流動化が求められる北部という対立ですね。

子供の頃に読んだ偉人伝で、リンカーン大統領は黒人奴隷を解放しようとして南部に戦いを挑み、その結果勝利し、黒人開放へと歴史は進んだと教えられました。

でもハッキリ言って、当時小さいながらもアメリカ白人が黒人奴隷を解放するために、なぜ戦ったのか不思議に感じていました。  普通考えるとあり得ないですよね。  あまりにもキレイゴトすぎるというか ・・・ もし自分が北部の白人兵士だったら、黒人奴隷を開放するために戦場に行って南部の白人と戦えますか?

結局は62万人もの犠牲を出して戦争は終結したのですが、朝鮮半島のように同胞どうしが国内で戦う悲惨な歴史をアメリカはもっているわけですよね。

そこでお聞きしたいのですが、有体にいってアメリカの南北戦争とは結局は 「黒人奴隷による安価な労働力」 を南北で取り合ったというのが正しい考え方でしょうか?

もしそうなら、リンカーン大統領はなぜ偉人というか歴史に残る大統領として今でも語り継がれるのでしょうか?

仮に 「たしかに労働力の取り合いだったとしても、結果的に奴隷制の廃止、またその後、黒人奴隷の人権も認められるキッカケになったじゃないか」 という意見があったとしても、実際にアメリカで黒人が白人同様の人権を認められるのに南北戦争後、約100年以上もの時間を要しているわけすよね?

つまり奴隷解放、人権回復というのは南北戦争がなくても20世紀に入ってからの時代の趨勢で実現されていたというか ・・・

それとなぜ英語では南北戦争ではなく、Civil War (市民戦争?) と表現されるのでしょうか?

様々な歴史書で紹介されていますが、アメリカの南北戦争は、黒人奴隷制に対する南北間の主張の対立が原因だったと聞きます。

つまりプランテーション農業に要する奴隷の固定化を主張する南部と、工業化が進み労働力の流動化が求められる北部という対立ですね。

子供の頃に読んだ偉人伝で、リンカーン大統領は黒人奴隷を解放しようとして南部に戦いを挑み、その結果勝利し、黒人開放へと歴史は進んだと教えられました。

でもハッキリ言って、当時小さいながらもアメリカ白人が黒人奴隷を解放するために、...続きを読む

Aベストアンサー

南北戦争の原因は諸説いろいろありますが、非常に単純化すれば、北部の新興工業地域と南部の大規模農業地域の対立ということです。

アメリカの農業は既に工業化が発達しているイギリスへ原料となる綿等の原料農産物供給をすることにより発達しました。
南北戦争以前から南部ではイギリスへの輸出のための綿花栽培のプランテーションが大規模に行われていました。南部の大規模農業は奴隷制に支えられ、非常に生産性が高く、安価な農産物を大量に生産できました。競争力ある南部の農業は自由に輸出したいですから自由貿易を望みます。
ところが新興工業地域の北部にとっては、まだ生産性が低い自国製品では進んだ英国製工業製品に太刀打ちでがきません。
イギリスからの輸入品との競争に弱い北部工業地域は、保護貿易を主張します。
南北戦争とはこのような国内産業のあり方、対外政策のあり方をめぐっての戦争だったわけです。
だから南北戦争では北部は南部に打撃を与えるための戦術として奴隷解放を主張したと思われます。(現に「勝つためなら奴隷のことなんてどうでもいい」というような発言も残っています。)

そして北軍の勝利となり、国内産業保護的な政策をとることができるようになり、これを背景としてアメリカ国内における工業が飛躍的に発展するわけです。
これがいわばアメリカ版産業革命です。

Civi lWarと呼ばれるのは多分対外戦争ではないからでしょう。

リンカーンが語り継がれるのは別に奴隷解放を主張したからではなく「人民の、人民による、人民のための政府」という演説が有名になったためでしょう。
日本でのリンカーン人気は、有色人種差別に苦しんだ明治の頃の日本人が、「奴隷解放宣言」を真に受けて広く紹介したためと思われます。

南北戦争の原因は諸説いろいろありますが、非常に単純化すれば、北部の新興工業地域と南部の大規模農業地域の対立ということです。

アメリカの農業は既に工業化が発達しているイギリスへ原料となる綿等の原料農産物供給をすることにより発達しました。
南北戦争以前から南部ではイギリスへの輸出のための綿花栽培のプランテーションが大規模に行われていました。南部の大規模農業は奴隷制に支えられ、非常に生産性が高く、安価な農産物を大量に生産できました。競争力ある南部の農業は自由に輸出したいですか...続きを読む


人気Q&Aランキング