最近車の振動が心配です。エンストするのではないかと心配になるときがあります。原因が分からないのですけど詳しい方お願いします。以前乗っていた車のときも同じようになったことがよくあってその時は点火プラグにススがたまっていたと言うことでした。もしそうなら自分で綺麗にできるのでしょうか。

A 回答 (2件)

以前に体験した不具合なら対応がしやすいでしょう。


とりあえずプラグを点検清掃してみることをお薦めします。
No2の回答に少々補足しておきましょう。

プラグの点検は一見非常に簡単ですが、実は危険でもあります。
タダ単に危険性に気づかず「運良く」何もないことが多いだけです。
具体例として、

1.プラグキャップをはずす時はプラグコードを抜いてはいけない。
 プラグコードを引っ張るとプラグキャップからコードが外れてしまうことがあります。
外れないまでも接触不良に陥りますので、プラグキャップをもって抜いてください。

2.プラグはいきなり抜いてはいけない。
 プラグを抜くとシリンダーヘッド内に穴が通じています。ここからゴミが入ったら取り出せません。
柔らかいゴミならまだ良いのですが砂や鉄粉などが入り込めばシリンダー内に傷をつけることがあります。
プラグを抜く前にはプラグ回りの清掃をしてゴミが入り込まないようにしてください。

3.プラグの洗浄は真鍮のワイヤーブラシがお薦め
 カーボンは頑固に付着していますので柔らかいブラシでは落とせません。
かといって堅い鉄のワイヤーブラシで手加減なしにごしごしやってもいけません。
真鍮のブラシなら手加減のできない方でも安心です。

4.プラグの取り付けはしっかりと締め付ける
 きつくとかゆるくとかのレベルで判断すると大変なことになる場合がありますので、厳重注意。
指定トルクで締め付ければ最良ですが、一般ユーザーはトルクレンチを持っていないでしょうから、プラグの外箱に書かれているように「手でいっぱいに締め付けてからレンチで何回転さらに締め付ける」が目安になるでしょう。
締め付きすぎると座金が潰れて気密性が失われます。ゆるいともちろん気密性が発揮できません。

たかがプラグ交換、されどあなどるなかれ。です。

自動車に付属している点検整備簿に定期点検の方法が掲載されていますから、記載内容に従って点検整備すれば難しいこともなく一応の整備ができます。
それでも回復しなければディーラーに点検整備に持ち込みましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。点検整備簿みてみます。おもったより点検複雑というか
シリンダーにゴミがはいることは全然かんがえてなかったのでおしえていただけてよかったです。

お礼日時:2002/02/22 22:12

日曜日に自分でプラグを点検したばかりの者です。


私は13年前の車に乗っているので、自分でできることは自分でやろうと思いまして。
プラグの点検は正直言って自分でやった方がいいと思います。とても簡単ですので。
popo999さんがどのような車に乗っているのかわからないので何ともいえないのですが。。。
(1)プラグコードを外す。(4気筒エンジンなら4本あります。ただ引っこ抜くだけ。もしかするとプラグコードが剥き出しになっていない場合はカバーを外さないとダメです。)
(2)プラグレンチでプラグを外す。(プラグレンチはサイズが16と21(?)があります。自分の車がどっちにあうのかチェックしておいた方がいいと思います。私はたぶん16だろうなと思ったのですが自信がなくてお店の人に尋ねました)
たったこれだけでプラグは取れます。

私の車の場合、プラグ付近がちょっと黒くなっていましたら歯ブラシでゴシゴシとやってあげたら、結構綺麗になりました。
プラグを取り付けるときはあまりきつく閉めないようにしましょう。

私も車の振動は昔は凄かったです。(アイドリングが安定しなくて300回転に落ちたりしたりしてましたから。当時は自分でメンテナンスなんてしてませんでしたからね。)
でも、私の場合は、プラグを交換(友達にやってもらいました。オイル漏れをしていて4つのプラグのうち1つのプラグが錆びていました)、インジェクターの掃除(スプレー缶でOK)、アーシング(車屋さんにやってもらいました)、エアクリーナーの定期的交換(純正交換タイプで、水洗いOKっていうやつなのでとても経済的)などをしていたら、アイドリングが不安定になることはなくなりました。

メンテナンスはできることは自分でやってあげれば、車の状態もよくわかるようになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそくエンジンルーム覗いてみます。

お礼日時:2002/02/22 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q続車の振動が心配

以前おなじ内容で質問しました。もうすこし質問があります。
信号待ちとかに車の振動が気になるのですけど点火プラグ以外でなにか原因があるならどんなことがあるでしょうか?

Aベストアンサー

>信号待ちとかに
とあるのですが、車が停車している時と言う事ではないのでしょうか。
もしそうだとすれば、エンジン不調が考えられますが
と言うよりそれ以外考えられないのでは。

ともかく「アイドリング回転数」は適正でしょうか。
それが一番あやしいような気がするのですが。

Q点火プラグの交換時期は?

私のイメージでは、2000~4000CC(ノンターボ車)で白金プラグの場合10万Km毎に交換でOKと言う認識をしていました(現実に10万Km以下での交換はした事がありません)が、軽自動車(ジムニーJA11)なんかの場合は、3万Km位で交換が基本と聞いた事があります。

これは本当なんでしょうか?確かに同じ速度でも3000ccクラスの車とジムニーではエンジン回転数は2倍回っているんで多少交換時期が早まるのは理解できますが・・・少し早すぎる気がしますが・・・?

どなたかジムニー(JA11)で10万Km交換無を体験した方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

プラグ交換距離に基本なんてものは存在しません。
確かに3リッタークラスの車と軽自動車を比べたら、常用エンジン回転数は3倍程度違いましす、プラブの消耗度も違いますね。
プラグの交換時期はエンジンオイルの交換時期と同じで、単純に距離数では判断出来ません。
使用過程で消耗度合いをチェックし、電極の消耗具合を見て判断して交換します。


近年 プラグメーカーのHPでは、しきりにプラグ交換の記載が見られますが、プラグを生産してる以上 プラグが売れなきゃ儲からないので、プラグの交換を推奨しています。
白金プラグやイリジウムプラグといったロングライフなプラグでも、売れなきゃ儲かりませんので、一般プラグからイリジウムプラグへの交換を推奨しています。
このイリジウムプラグが一般に行き渡ったら、イリジウムプラグでさえ交換を推奨してくるでしょう。
なので、#2さんの通りイリジウムプラグでも電極のアース側にはイリジウムが装着されていない、低ロングランタイプが販売されています。

Qスパークプラグの点火がおかしい

農機具のスパークプラグについての質問です。

エンジンが突然かからなくなったので、プラグを外して点火状況を確認したところ次の症状が確認できました。(直前まで一発で始動できていた。)

 ・プラグをエンジンブロックにアースしてもプラグギャップ内(中心電極間)で点火しない。
 ・エンジンブロックからプラグを少し浮かせると、エンジンとプラグ間で勢いよく点火が確認できる。
 ・プラグギャップ間隔は0.7mmで正常です。

リコイルスターターは正常に回せますし、キャブレターは直前まで始動できていたので問題無いと考えています。
農機具はカワサキ製(約5HP)の一般汎用エンジンです。
プラスチック製のon-offスイッチが経年劣化で破損していますが、直前までは一発でエンジンかかっていました。

農機具はゴムクローラー式の運搬車で、ギアをニュートラルにしても、エンジンかからないと少しも動かせないので、大変困っています。
どうぞ、お知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>・プラグをエンジンブロックにアースしてもプラグギャップ内(中心電極間)で点火しない。
 ・エンジンブロックからプラグを少し浮かせると、エンジンとプラグ間で勢いよく点火が確認できる。
 ・プラグギャップ間隔は0.7mmで正常です。

プラグの不良です。 エンジン停止スイッチが破損しているとはいえstop状態ではないですよね。

プラグの中心電極とネジ部の絶縁不良になった故障です。ですのでプラグをエンジンプロックに置けば中心電極もアース状態なにり火花は飛びません。プラグをエンジンから浮かすとプラグのネジとエンジン間にスパークします。

Qレシプロエンジンの点火プラグのタイミングはどうやって制御してるのでしょ

レシプロエンジンの点火プラグのタイミングはどうやって制御してるのでしょうか?
アクセル開度かと思いましたがにワイヤーの伸びやへたりなどありますし、クランク室内にセンサーなどがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

クランク角センサーとは実際にどのような原理で検出するのはお分かりになりますでしょうか?

電子制御の初期では、光学式と言う方法が使われ、スリットを通過する光を検知して、その信号をコンピューターに送っていました。
これはクランクの回転が、タイミングベルト等でカムシャフトに繫がり、そのシャフトの傍に回転板が付いていて、その板に必要なタイミングで点火信号が出せるようにスリットが開けてあり、そのスリットを光学センサーで読み取り、点火タイミング信号を得るものでした。

その後はホールICによる電磁式のセンサーに進化して今日に至ります。

Qオイルは○○kmごと、点火プラグは○○kmごと、クーラントは・・・と、

オイルは○○kmごと、点火プラグは○○kmごと、クーラントは・・・と、消耗品にはメーカー指定の交換時期がありますが、ウィンカーやストップランプなどの電球はどうなのでしょうか?
ディーラー車検の際も、バルブの交換は勧められたことがありません。
バルブ製作会社のホームページを覗いても、交換推奨時期は案内していません。
私の自動車は、10年10万km乗っています。
乗車中にウィンカーがつかなくなると事故につながるほど危険だと思うのですが、
ウィンカーランプが球切れしている自動車を見かけたことないし、10年程度ではまだまだ大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

ウィンカーやストップランプなどの電球を自分で交換できる人は、予備球を1セット位は準備しています。そして切れたら交換しています。

自分で交換出来ない場合は、切れたら事故にならないうちにカー用品店に行って交換してもらいます。

10年無交換なら、何時切れてもおかしく無いでしょう。

点検できるのなら、バルブのガラスが黒くなって来たり、フィラメントが毛羽立って来たりの症状が見られたら、交換時期でしょう。

あと、ウィンカーやストップランプのバルブ切れの原因は寿命の他に、異常突入電流、バルブソケットのグラつき、製品不良等、色々あります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報