石川県の家電の周波数は、50Hzですか60Hzですか??

A 回答 (2件)

天竜川だったかな?


この辺りで分かれます。
石川県は西に入るため、60Hzです。
そもそも周波数が違うのは電力会社設立の時にアメリカ式の発電機と欧州式発電機を東西で別のものを入れてしまったからと聞いたことがあります。
最近の家電はほとんどが自動切替なのであまり意識しなくても使えると思いますが、一応意識することは必要ですね。

参考URL:http://www.tepco.co.jp/corp-com/elect-dict/file/ …
    • good
    • 0

長野県で日本列島を分断した形になります。

長野県を含み、長野以西は60Hzで、長野県の東側の県境当たりから東が50Hzとなります。長野県の北東部では50Hz、60Hz混在地域があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50Hzエリアで60Hzエリア家電使用は可能ですか

外国産の電子レンジを購入しようとしておりますが、
私は東日本在住なのですが、60Hzエリア仕様だそうです。
ワット数は600ワットとのこと。

50Hzエリアで60Hzエリアの家電を使用するには、どうすればよいのでしょうか?
この電子レンジを購入する上の電気関連のことで、
他に注意した方が良い点などあれば教えてください。

Aベストアンサー

電子レンジで周波数指定があるタイプはその周波数以外では使えません。電子レンジの心臓部であるマグネトロンというマイクロ波を発生させる部分に高電圧を供給するトランスが異なるので、ちょっと改造してなどということではまったく対応できません。

50Hz/60Hz両用のタイプは内部でインバーターにより高電圧に変換していますのでどちらでも可能ですが、電源周波数に依存するタイプは高電圧を発生させるトランスに負担がかかり故障の原因になります。そのメーカーが50Hz用の部品を供給していないのであれば使えないと思ってください。

Q井戸ポンプ定格周波数 :60Hzの物を 関東(50Hz地区)で使えるか

井戸ポンプ定格周波数 :60Hzの物を 関東(50Hz地区)で使えるか?

上記表題ですがいかがのものでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

電源周波数によりモーターの回転数が変わります。
逆の場合は120%の回転となり、ポンプ部に過剰な負荷がかかったりしますので是非とも避けたいのですが、今回は2割程度の能力低下を容認すれば、まぁ使えると思いますよ。

ただし、もしも故障した時など、規格が合わない物を使ったから!(単なる言い訳??) なんて言われる可能性が有る事はご理解下さいね。

複雑な制御を伴うポンプでしたら、多少問題が有るので、単純なポンプでしたらオッケーと思って良いでしょう。

ちなみに、能力低下は水量が減るのはもちろんですが、地下からの吸い上げ距離も低下しますので、十分に考慮してくださいね~♪

Q50Hzの家電を60Hzで使えますか?

今私の持っているコンピュータは~50Hzと書いてあります.これを今度引っ越す関西地区で使用することはできますか?

Aベストアンサー

スイスで購入したPCだと、スイスの家庭用電源は50Hzしかないので50Hzと表示されていますが、PCは交流から直流に変えて直流で動作させているので60Hzでも使えます。

PCの電圧が200~240Vとなっていたら、今では日本の一般家庭でもエアコン用やIHヒーター用などに200Vコンセントもしくは100V/200V兼用コンセントプレートを設置しますので、200Vコンセントがあれば、そこからプラグ形状を変換するコードもしくはアダプタープラグを利用して使用できます。

Q100V50Hz用の家電製品を60Hz地域で使う

はじめまして。
タイトルの通りなのですが、100V50Hz用の家電製品(ミル・ミキサー)を60Hz地域で使おうと思っています。そのままでも使えるでしょうか?
使えない場合、どのような方法が必要でしょうか?何か機械が必要なのであれば、出来るだけ安価な物を探しています。
どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

>100V50Hz用の家電製品(ミル・ミキサー…

簡単に見分けるには、モーターを使ったもので安価なものは 50/60Hz 兼用ではないと考えましょう。
この場合は、回転数が 2割ほど上がりますので、機械が速く動くことになります。
速く動くだけならがまんできる場合もあるでしょうが、モーターが過熱する原因にもなり、発火することも視野に入れなければなりません。
つまり、使えないと考えるのが無難だということであり、これらは銘板等にはっきり「50Hz用」と明記してあります。

一方、モーターを使ったものでも高価なもの、たとえば冷蔵庫とかエアコンとかなら最近はほとんどがインバータ式で、50/60Hz 兼用になっているものが多いです。

扇風機や掃除機だとちょっと迷います。
銘板や取扱説明書で確かめましょう。

>使えない場合、どのような方法が必要でしょうか?何か機械が必要なのであれば…

業務用のミルやミキサーでなければ、買い直すことです。
周波数を変換するものがないわけではありませんが、家庭で普通に用いられる代物ではありません。
ミルやミキサーを買い直す方が、はるかに安くすみます。

>100V50Hz用の家電製品(ミル・ミキサー…

簡単に見分けるには、モーターを使ったもので安価なものは 50/60Hz 兼用ではないと考えましょう。
この場合は、回転数が 2割ほど上がりますので、機械が速く動くことになります。
速く動くだけならがまんできる場合もあるでしょうが、モーターが過熱する原因にもなり、発火することも視野に入れなければなりません。
つまり、使えないと考えるのが無難だということであり、これらは銘板等にはっきり「50Hz用」と明記してあります。

一方、モーターを使ったもので...続きを読む

Qなぜ電気供給の周波数に50Hzと60Hzがあるの?

表題のとおりですが、なぜ電力供給の周波数に50Hzと60Hzがあるのでしょうか?はじめから50Hzなら50Hzと統一しておけばよいのに、いろいろ設定が面倒ですよね?(最近ではそうでもないか。。。)統一しない理由でもあるのでしょうか?それとも何か特別な理由があるのでしょうか?詳しい方どうか教えてください。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/日本の商用電源周波数

>日本国内での交流電源の周波数で東日本の50ヘルツ(以下、Hzと表記)と西日本の60Hzの周波数の相違がある。 これは明治時代に関東では東京電燈(現東京電力)が50Hz仕様のドイツ製(AEG)発電機を、関西では大阪電燈(現関西電力)が60Hz仕様のアメリカ製(GE)発電機を採用し、これを中心として次第に東日本・西日本の周波数が統一されていった結果である。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報