マンガでよめる痔のこと・薬のこと

全て見た人に質問です。
デスノートは好きですか?嫌いですか?
理由も含めお聞かせいただきたいです。

ちなみに僕はとてもおもしろくて、すばらしい作品だと思います。
今までこんなおもしろいマンガにはであったことはありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

主観ですが


娯楽性は高いと思います。
ただ、論理性は後付条件、ご都合主義が目立ち、社会性はむちゃくちゃです。
逆に言えばこうした欠点が目立たないぐらいエンターティンメントとしてすばらしいともいえますが。

たとえば具体的にどこがおもしろくて、すばらしいとおもったのでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
何だか難しいですね・・・(^^;
好きでも嫌いでもないということでしょうか?

>たとえば具体的にどこがおもしろくて、すばらしいとおもったのでしょうか

いろいろありますが
とにかく展開が早くて「次が見たい!」と思わせてくれるところが一つですね。
展開が早いのが逆に嫌いと言う方もいらっしゃるようですが・・・。

>ご都合主義が目立ち、社会性はむちゃくちゃです。

そうでしょうか?そう言ってしまうとデスノートに限らず、漫画自体成り立たないと思います。
それに実際にありそうだなと思わせてくれるのもおもしろい要因のひとつです。

お礼日時:2006/07/05 14:09

好きです。

ハラハラドキドキ、読んだら続きが気になって眠れなくなったくらいです。一気に読みたいですね。絵は本当に綺麗だし。私は頭がゆるいので、あんまり参考にならないと思いますが、子供たちに与える影響(新世界のために悪人は消す)は、あんまり良くないでしょうけど、デスノートのおもしろいところ、注目すべきところってそこなのかなぁと疑問です。駆け引き、騙し合い、Lやライトの頭の切れっぷりと話の展開が引き込まれるしおもしろいと思うんですよ。あと悔しがってる顔など、本当に恐ろしい形相でゾクゾクします。ライトの新世界への理想みたいなのはその次くらいで・・・と考えてましたが、ラストはを見るとやっぱり思想のほうが重点だったのかな?と思ってみたりもします。個人的には、あんなになりふりかまわずバンバン殺してきたライトが、自分の生への執着はものすごくて因果応報というか、そうなって初めて命の重さが読者にも伝わったんじゃないかなと・・・キラ賛成派の人たちにこそ、きっと。
でも残念なのは、物語の最初から結末が読めてしまうこと。ライトが負けないことには落ちがつかないだろうなぁ、というのはみなさん始めに想像できちゃうと思うんですよね。
    • good
    • 0

僕は割りと好きでしたね。


けど、最後はいまいちでした。
僕としてはニアじゃなくてライトに勝って欲しかったですね。
    • good
    • 0

特に好きではない。

というより、そんなに面白い漫画じゃなかった。

序盤のライトとLの頭脳戦はそこそこ読み応えあって、ライトの思い通りにならないミサみたいなバカ女が出てきて、性にもない事をしてみたりその間抜けさは面白かったけど、死神レムが人間的過ぎて面白みに欠けたり随所に墓穴を掘るようなつまらない展開を重ねLが死んだ後は燃えカス漫画でした。
オウム事件とかそういうのに触発されて描いたんだろうけど、ちょっと内容が薄くて浅はかだったかなという感想。
哲学も思想も不十分で、ただ生と死を扱った安直さがどうもね…。
永井豪がトランスしていた「デビルマン」とかの方が、人の愚かさが随所に出ていて作品的に好きですね。
絵が綺麗な安上がりな本だからキャッチーで読みやすいのだとは思うけどねー。

小畑健がラッキーマンを描いた方が、正直ネタ的に面白いと思う。
    • good
    • 0

私は好きな方に入ると思います。



今までにはないタイプの話だったので新鮮味がありました。
世の中にたくさんの漫画があふれている中ではデスノートは異彩で、「こういう作品なんだ」と割り切って考えれば個性的で良いと思います。
確かに後半はダレ気味でしたが、ラストが期待通りだったのでそこまで苦には考えていません。


ただ、欲を言えば他の方の言っているように10代の子供への影響を考えればジャンプではなくもっと年齢層が上の雑誌の方が良かったと思います。
    • good
    • 0

Lが亡くなるまでは好きでした。


それ以降がどうにも「面白い」と思えなくて(^^;
一応、弟がコミックスを買っているので貸してもらって読みましたけど……。
ほんとに後半部(L死亡後)は適当に流し読みしてました。
後半部が好きな方には申し訳ないのですが、Lが亡くなったあたりで終わってくれれば良かったのに、とか思ったりもしました。

どっちにしろ月はまともな死に方しないと思ってましたが、リュークがデスノートに名前を書くというのは予想してませんでした。
リュークは暇つぶしがしたかったんだから、月が捕まって牢に入れられてしまうとそれもできなくなりますしね。
だからさっさと切り捨てた。
「死神」だから「人間」のように情に流されたりしない。
それに対比したような松田の態度が面白かった。
月がキラだと知って怒ったけど、月がデスノートに名前を書かれると辛そうな顔をした。
「人間」だからつい、情に流されてしまう。
その後の「推測(願望)」も「人間」ゆえに、でしょうね。

読み切りのデスノートも好きだったんですけどね。
消しゴムで消したら全てなかったことになる、という読み切りならではのご都合主義も良かったと(個人的に)思ってます。
ただ、連載ものでそれをやると夢オチ並みに最低だと思いますが(ギャグマンガならともかくとして)。

とりあえず「何度も繰り返し読み返したい作品か」と聞かれると「No」です。
1回か2回くらい読めば充分かな。
「面白い作品か」と聞かれたら「個人の好みにより差はあると思うが、面白い作品だ」と思います。
ただ「心に響く何かが残る」ような作品ではないと思いますね。
    • good
    • 0

 割と好きでしたが、最終巻を読んで、また読みたいとはあまり思いませんでした。

むしろ、一読でもいいくらいに感じました。

 はっきりいって、自分はキラ寄りなヤツです。読み終わって、少し残念に思ってやっと分かったことですが。なので、そういう風にこれも読んでいただければナァ、と思います。

 皆さんが言ってるのにもれず、自分もキラとLとの戦いが一番面白かったです。続きが知りたくてしょうがなかった。
 で、Lの死後はあんまり一生懸命には読まなかったですね、やっぱり。まぁ、それでも面白かったですけど。

 それが、ほぼ180度意見が変わってしまったのはやはりラストです。
 個人的には、月にはもっと最後までキラでいてもらいたかった。最後は『死の恐怖』にとりつかれ、半狂乱でしたからね。まぁ、これもショウガナイといえばしょうがない。
 後は、他のキャラクター。皆さんが言ってる、松田、リュークではなく魅上です。
 なんか今までの流れをぶった切るくらいの無能ぶり、は言いすぎだけど、最後には月を否定する様が興ざめさせた感じでした。なんかなぁ~って。

 その分、キラとLの戦いを主点においているらしい映画には期待してます。
    • good
    • 0

嫌い。


読んでいるとはげしくつらい。
別に推理、サスペンスが嫌いなわけでもジャンプが嫌いでもありません、むしろ好きなんですが(^_^;)
まぁ「デスノート」はジャンプにしては新しく珍しいジャンルで、なおかつ絵が綺麗(あの先生の絵は本当に綺麗)、この二つ無くしてはここまでの人気はありえなかったでしょうね。どちらかというと絵のレベルの貢献度の方が高いでしょう。
ストーリーは良くできているかは、今までどんな作品を読んできたかにもよるんじゃないでしょうか?最近のジャンプや少年誌しか読んでないなら褒めたくなるのかな(~_~;)

長くなりましたけど、キャラが全員薄っぺらかったのが読んでいてつらくなる一番の原因です。主人公が殺人をする時の心理とか事件に関わっている者達の心理とか、あまり書かれていなく弱かったです。

ただ、あの主人公は何度も爆笑させてくれました(^^♪
度々描かれる主人口とは思えない表情は賞賛ですね。ジョジョのDIOみたいでウケましたよ
    • good
    • 0

またまたこんばんは、No.9です。

すごく読みづらいので、書き直してみます。

回答を書く前に、質問者さんの回答履歴を見させていただきました。そしたら、『デスノート』初心者さんをバカにするような回答が見つかりました。そうした「信者さんの態度」に少しだけ腹が立ったので、No.9は読みづらい回答になっています。怒ると長い論文みたいな文章になるのは、私の悪いクセです。回答後半、OK/gooの目的だの何だのと、説教っぽい回答になってしまってゴメンなさい。

さて本題ですが、私の言いたいことは11,12番さまと、ほぼ同じです。私はバトル漫画を読むのが苦手で(だから『ジャンプ』もあまり好きじゃなくて)、3週間以上バトルをつづけられると物語についていけなくなります。そのため、『デスノート』のバトルは個人的には読みにくいものでした。

それから、人をバンバンと殺すような漫画も、あまり好きではありません。やむを得ない理由があって死んでゆくのなら構いませんが、ノートで殺してゆくという設定を受け入れることは難しかったです。どちらかというと、ほのぼの系の漫画が好きなんですね。もちろん、戦後ウン十年たっても殺人はあるわけで、そうした現実を受け止めなければならないことは分かっています。けれども、同じ殺人を描くにしても、もう少し倫理的にというか、子どもたちに夢を与える『少年ジャンプ』らしい描き方があったのではないかと、個人的にはそう考えています。もちろん、彼ら読者は漫画を鵜呑みにするほどバカではないはずです。とはいえ、漫画から一切の影響を受けないほど単純だとも考えられませんので・・・。

ただ私は、単行本ではなくて『ジャンプ』をチラっと読んだ程度で、こうした感想を書いています。そのため、ちゃんと読めばまた違った感想になるのかもしれません。大人気ということで久しぶりに『ジャンプ』を読んでみましたが、小畑先生の絵は好きですし、けっこう面白そうでした。けれども、もともとバトル漫画や暗い漫画は苦手ですし、単行本を買うところまではいかないような気がいたします。

質問者さんが『デスノート』好きなのは分かりますが、あまりにも信者ぶられると私も困ってしまいます。なお11番さまは、ちょくちょく良回答を投稿なさっています。とっても漫画に詳しそうですので、読んでおいて損はないと思いますよ。

参考URL:http://mangaen.blog30.fc2.com/,http://ja.wikiped …
    • good
    • 0

嫌いです。

大嫌いです。
絵がすごく綺麗で見ごたえがありましたが、それだけです。

主な理由はNO11さんの挙げた
>こういうネガティブな話は10代の子達が影響を受けやすいからジャンプみたいな売れている雑誌で連載する事へ嫌悪すら抱く。

という理由。
少年漫画の主人公くらいは真っ直ぐで見ていて気持ちのいいキャラクターであってほしいと思うのですが、月君は「いつも脇から見ているだけで、人を弄んでいる」キャラでしたよね。それが凄く嫌でした。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング