フランクとブラームスのヴァイオリンソナタの最近の推薦盤を教えてください。父のクラシックレコードコレクションを聞いてこれらの曲が好きになったのですが、古い演奏家のものばかりで最近の演奏家のものでは何が良いか迷っています。ちなみにこれまで、ティボー&コルトー、オイストラフ&リヒテル、パールマン&アシュケナージ、パールマン&アルゲリッチなどを聞いてきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。



すでに往年の名演奏家のレコードをお聴きのご様子。
ちなみに私の好きな演奏のCDは・・・

フランク・・・クリスチャン・フェラス(Vn)、ピエール・バルビゼ(Pf) {グラモフォン}1965 ベルリン

まだまだこれからだったフランス、ヴァイオリン界の逸材(惜しくも40代の若さで逝く)フェラス。
その持ち前の美音から、帝王カラヤンの薫陶を受けベルリン・フィルと積極的に協奏曲の名録音を残しました。本家フランス音楽はやはり素晴らしいです。

ちなみに、フェラスと当時のベルリン・フィルの名コンサートマスター、ミシェル・シュべルベはパリ音楽院時代の同期だとか・・・一人はソリストに、かたやオーケストラ・プレイヤーにと、運命を分けました。

ブラームス(全3曲)・・・アイザック・スターン(Vn)、イェフィム・ブロンフマン(Pf) {CBSソニー}1991 St.ペテルブルグ:ライヴ録音

スターンはこれより30年前にNYのスタジオにてザーキン(Pf)とも録音しています。こちらも同曲の名盤の誉れ高い名演奏として数多くの人に愛聴されてきました。個人的には、ブロンフマンの好サポートと故郷ロシアでのライヴ録音ということもあってか、スターン自身高齢でおそらくテクニック的に限界の年齢ぎりぎりですが、その並外れた集中力と深い内面性、そして詩情豊かな音色の美しさは旧盤をも凌ぐ名演奏だと思います。個人的に今でも毎日の様に愛聴しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご案内ありがとうございます!フェラスの名前は初めて聞きました。夭折の天才には得も言われぬ才能のきらめきを感じることが多いですね。是非聞いてみます!またスターンについてはロシア系の音楽を得意とするイメージがあったのですが、しっとりしたブラームスをどう歌うか興味のあるところです。こちらも是非トライしています。

お礼日時:2006/08/09 23:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベートーヴェン ピアノソナタ 難易度

こんばんは!

ベートーヴェンのピアノソナタの全曲の難易度を知りたいです。

詳しく言いますと、難易度順に並びかえて頂きたいのです。

自分でどの曲から初めて良いのかわからないので、参考にさせてもらいたくて書き込みました。

楽章ごとに難易度が大きく違う曲もありますが、一番難しい楽章を基準にして教えて頂きたいです。

わかる範囲で良いので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

32曲すべてをランク付けなど到底無理だし、何をもって「難しい」とするのかは人それぞれでしょう。
ピアノを教えている人間として、「生徒にどんな順番で経験させたいか」という個人的な意見でとっかかりの数曲を挙げますね。

まずは19番と20番ですがこれはソナチネに分類されるものだし、ソナチネアルバムで経験済みな人が多いと思うので除外してもいいでしょう。

分厚いソナタ全集の第1巻を手に入れた時の感動、まだ覚えていますよ。

オレはまず5番から経験してもらいたい。テクニックも内容もベートーヴェンの世界への入口にふさわしいソナタだと思います。
その次からは生徒に合わせて色々だけど、1番、4番、7番、8番(悲愴)、9番、10番、14番(月光)あたりから選ぶね。
これらを経験した頃には第2巻を買ってもらいたい。

大切なのは、常に、少なくともハイドンとモーツァルトのソナタを間に挟みながら勉強を続けること。できればクレメンティなども「易しい」と思わずに弾いてみること。

ソナタという形式の中での勉強と、古典⇒ロマン という流れの中での勉強を同時にやっていくのはとてもためになると思う。

バッハの作品群が旧約聖書なら、ベートーヴェンのソナタ集をはじめ古典派のソナタは新約聖書。聖書が何度も何度も繰り返し読むことによって身に付くのと同様、「出来上がり」なんて思わずに繰り返し経験することはとても、とても、大切なことです。

32曲すべてをランク付けなど到底無理だし、何をもって「難しい」とするのかは人それぞれでしょう。
ピアノを教えている人間として、「生徒にどんな順番で経験させたいか」という個人的な意見でとっかかりの数曲を挙げますね。

まずは19番と20番ですがこれはソナチネに分類されるものだし、ソナチネアルバムで経験済みな人が多いと思うので除外してもいいでしょう。

分厚いソナタ全集の第1巻を手に入れた時の感動、まだ覚えていますよ。

オレはまず5番から経験してもらいたい。テクニックも内容もベートーヴェ...続きを読む

Qブラームス ヴァイオリン・ソナタ第2番のチェロ編曲はありますか?

ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第2番作品100についての質問です。

ヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」は、ミッシャ・マイスキーほか何人かのチェリストが、チェロ編曲版を演奏しています。また、第3番は、ヨーヨー・マ&エマニュエル・アックスにチェロ編曲版の録音があります。
せっかくなので、第2番のヴァイオリン・ソナタも、チェロバージョンがあれば聴いてみたいなと思いました。もし、そういうCDがありましたらご紹介ください。

また、私は、クラリネット・ソナタのヴィオラ版、ヴァイオリン版も愛聴しておりますが、ブラームスの曲で、他に珍しい編曲版演奏がありましたら、併せてのご回答も歓迎いたします。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ヴァイオリンソナタ2番のチェロ版は存じ上げません。ごめんなさい。
後半のみ。


☆シェーンベルク編曲 ピアノ四重奏曲第1番 管弦楽版
室内楽を挙げていただいているのにこんな派手なのをオススメするのもどうかと思いますが(笑)。

CDは,聴いたことがないもので恐縮ですが,こちらを。
http://ml.naxos.jp/?a=CHAN8825
http://www.hmv.co.jp/product/detail/56665
「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ(ピアノ独奏曲)」の管弦楽編曲版とのカップリングです。

Qピアノ曲の難易度について

ピアノ曲の難易度についてなのですが、下に表記した曲はどれくらいの難易度なんでしょうか?できればひとつでもいいので教えていただけると、とても嬉しいです!お願いします!

・ピアノソナタ第一楽章(バルトーク)
・ピアノソナタ1番(ショスタコーヴィチ)
・ホルベアの時代(グリーグ)
・アラベスク第一番(ドビュッシー)
・夜想曲2番(ショパン)
・ラ・カンパネラ(リスト)


ちなみに、私はブルグミュラーの後半らへんをやっています。
もし、これはちょっとできないんじゃ・・・と思うものがあれば、それも教えていただきたいです。お願いします!

Aベストアンサー

まず
・ピアノソナタ第一楽章(バルトーク)
・ピアノソナタ1番(ショスタコーヴィチ)
・ラ・カンパネラ(リスト)
はブルクミュラーレベルでは無理でしょう。
ブルクは初級の上といったレベルならこれらは上級ですね。


・ホルベアの時代(グリーグ)
・アラベスク第一番(ドビュッシー)
・夜想曲2番(ショパン)
は中級といったところでしょうか。
正直、段階を踏んでしっかりマスターしたいのであれば、
今の段階ではお勧めしません。
難しい曲を何ヶ月もかけて挑戦したいのあれば弾けないではないかな…、
といった感じだと思います。

Qベートーヴェン ピアノソナタ全集の推薦盤CDは?

現在、バレンボイム(60年代・EMI)か、ケンプ(60年代・DG)、どちらにするか迷っています。

ギレリス、ポリーニ、ブレンデルといった鋭角的というかあまりメリハリの効いた演奏は好きではありません。どちらかといえばレガートの部分があたかも弦楽器を彷彿とさせるような心地良い演奏が好みです。

*一応、この二人に限定していますが、他にもっと素晴らしい演奏のCDがあれば教えて頂ければと思います。

*ステレオ録音希望です。あと、バレンボイム盤に「セッション録音」と書いてあるのですがどういう意味でしょうか?普通のCDとなんら変わりなく聴けますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 いろいろなピアニストが録音していますね。あまり聴いているわけではありませんが。

 バレンボイムのものは、若いころの第1回目の全集ですね。私は聴いたことがありませんが、指揮者としてはフルトヴェングラーを尊敬しているとのことなので、おそらくご希望に近い演奏なのではないでしょうか。
     ↓
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%EF%BC%881770-1827%EF%BC%89_000000000034571/item_%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E5%85%A8%E9%9B%86%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%A0%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%96%EF%BC%96%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%96%EF%BC%99%EF%BC%89%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%A3%EF%BC%A4%E9%99%90%E5%AE%9A%E7%9B%A4%EF%BC%89_5153152

 バレンボイムは、1980年代、そして2006年にも全集を録音し、また演奏会での全曲演奏がDVDでも出ていますので、常に自分の中で音楽を深化・進化させているのでしょうね。


 ケンプの全集は私も持っています。暖かみのある、おっとりとした演奏で、それはそれでよいのですが、ベートーヴェンはそれでよいのか、という気もします。シューベルトのピアノ・ソナタにはピッタリなのですが。
 おそらくご希望には合っていると思います。
      ↓
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%EF%BC%881770-1827%EF%BC%89_000000000034571/item_%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E5%85%A8%E9%9B%86%E3%80%80%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%97%EF%BC%88%EF%BC%98%EF%BC%A3%EF%BC%A4%EF%BC%89_2754718


 私のおすすめは、フリードリヒ・グルダの颯爽とした演奏です。重々しくなく、鋭角的でもなく、でもケンプのようにもっさりではない、凛とした演奏です。でも、お望みの傾向とはちょっと違いそうですね。
      ↓
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%EF%BC%881770-1827%EF%BC%89_000000000034571/item_%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E5%8D%94%E5%A5%8F%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86%E3%80%81%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E5%85%A8%E9%9B%86%E3%80%80%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%80%E3%80%81%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%EF%BC%86VPO%EF%BC%8812CD%EF%BC%89%E3%80%80_1432638


 ちなみに、No.1さんの回答通り、「セッション録音」はスタジオ(あるいはコンサートホールに客を入れない状態)での録音で、気に入るまで何度も録り直しできますし、楽章ごとに別テイクをつなぎ合わせて、ということも多いようです。傷のない納得の録音ができますが、平均的・優等生的な演奏になる可能性もあります。上にあげた3つは全てセッション録音です。
 これに対するのは「ライブ録音」で、実際のリサイタル・演奏会を録音したものです。ただし、演奏ミスや客席性のノイズが入った場合に、リハーサルの録音や部分的に後で録り直して修正することもあるようです。ミスや傷があっても、本番の高揚感や興奮が名演・熱演を生み出すことも多いようです。ケンプには1961年に東京で全曲演奏した時のライブ録音(ただしモノラル)もあるようです。また、バレンボイムの2006年の全曲録音はライブ録音のようです。

http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%EF%BC%881770-1827%EF%BC%89_000000000034571/item_%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E5%85%A8%E9%9B%86%E3%80%80%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%97%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%96%EF%BC%91%E5%B9%B4%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B4%EF%BC%89%EF%BC%88%EF%BC%99%EF%BC%A3%EF%BC%A4%EF%BC%89_5477939

http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%EF%BC%881770-1827%EF%BC%89_000000000034571/item_%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E5%85%A8%E9%9B%86%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%A0%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%96%EF%BC%89%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%A3%EF%BC%A4%EF%BC%89_5161411

 いろいろなピアニストが録音していますね。あまり聴いているわけではありませんが。

 バレンボイムのものは、若いころの第1回目の全集ですね。私は聴いたことがありませんが、指揮者としてはフルトヴェングラーを尊敬しているとのことなので、おそらくご希望に近い演奏なのではないでしょうか。
     ↓
http://www.hmv.co.jp/artist_%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%EF%BC%881770-1827%EF%BC%89_000000000034571/item_%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E...続きを読む

Qピアノ曲難易度

ピアノ曲の難易度をおしえてください。

・水の戯れ
・夜のガスパール オンディーヌ
・鏡 道化師の朝の歌
・ラ・カンパネラ
・水の反映
・高雅で感傷的なワルツ

今は革命のエチュードをやっています。
次にラ・カンパネラを弾きたいのですが、
難易度が低い曲からやろうと思ういます。
難易度が低い順に並べてくれるとうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちは(^-^)
私はピアノを教えています。難易度はその人の得意なテクニックなどにより 人によって感じ方は多少違うと思いますが… 私もだいたい♯1さまと同じような感覚です。…が。

回答をすごく迷っていたんですけど ピアノを教えている立場から おせっかいとは思いながら 少しお話しさせて頂きますね。

まず 質問者さまはピアノを習っているんですよね? 先生に判断して頂くのが一番だと思います。独学なら別ですが。
以前 同じような質問をされていたものも拝見しました。2年前にエリーゼや小犬を弾いていらしたみたいですが そこから考えると今回の選曲はかなり大変だと思いますよ。弾きたい曲は私から見れば 大曲です。夜のガスパールはラヴェルのピアノ曲の中でも 最もテクニックが必要な曲の1つです。又道化師の朝の歌は ラヴェルのお母さんの祖国 スペインのリズムが多用されていて 変則的なリズムや二重グリッサンドなどのテクニックも要求されます。♯1さまのおっしゃる通り ラ カンパネラは最大で15度の跳躍があり この跳躍の後休む間なく2オクターブ上へ移動し 同じように演奏します。他にも薬指と小指でのトリルなど難しいテクニックを必要とする 大変な難曲です。私も質問者さま位の頃は やっぱり難しい曲ばかり弾きたいと思っていましたから 気持ちは良くわかりますが 弾きこなせない曲ばかりを練習すると 曲をきちんと仕上げる能力がつきません。まだまだ若いんですから 慌てずにご自分のレベルに合った曲をしっかり理解できる方法を 私はオススメします。フランスものがお好きなら ドビッシーの『前奏曲集第一集』や『子供の領分』あたりから弾いてみてはいかがでしょうか。頑張ってくださいね。

こんにちは(^-^)
私はピアノを教えています。難易度はその人の得意なテクニックなどにより 人によって感じ方は多少違うと思いますが… 私もだいたい♯1さまと同じような感覚です。…が。

回答をすごく迷っていたんですけど ピアノを教えている立場から おせっかいとは思いながら 少しお話しさせて頂きますね。

まず 質問者さまはピアノを習っているんですよね? 先生に判断して頂くのが一番だと思います。独学なら別ですが。
以前 同じような質問をされていたものも拝見しました。2年前にエリーゼや小犬を弾...続きを読む

Qブラームスのピアノ・ソナタについて

こんばんわ。

現在ブラームスのピアノ・ソナタ1番1楽章を弾いています。
次に同じくピアノ・ソナタ1番4楽章を弾く予定です。

そこで質問したいのは、ピアノ・ソナタ1番の解釈が載ってるサイトをご存じの方はいらっしゃらないでしょうか?
3番については色々なサイトが見つかるのですが、1番がなかなか見つかりません。
出来れば日本語サイトがいいのですが、英語・ドイツ語でも大丈夫だと思います。

実際弾いた方・聴いてみてどう感じたかの意見でももちろん構いません。

ブラームスが大好きなので、様々な解釈を取り入れたいのでお願いします。

Aベストアンサー

 既にご存知のサイトばかりでしたら御免なさい!
 私は、月一で趣味仲間で集いレコード鑑賞会に通う一般人ですが、以前、偶々、ブラームスを担当した回用の曲の解説や四方山話の収集などの喋りと参考資料作りに、知識を頂いたサイトが有ります。
 鑑賞する立場からのサイト探しで有っただけに、章節毎の解説などテクニック「などの面では、かなり物足りない(皆無と言った方が正確?)内容でしょうが、曲のイメージ作りには、参考になるかも知れないと思いURLを載せてみます。

●簡単な解説&試聴とスコアー情報
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/brahms/001074.html
●「あそびの音楽館」(すかしたシューマン宅を訪ねた、関西弁のブラームス)&全楽章の試聴
http://a-babe.plala.jp/~jun-t/Brahms-Pfsonata.htm

●「日々雑録 または 魔法の竪琴」
http://kniitsu.cocolog-nifty.com/zauber/2006/04/12p_324c.html

●「超クラシックピアノ//一世による古今東西ピアニスト資料室」(大作曲家にして、知られざるピアノの名手…ブラームス)生涯年表の様なものです。
http://ameblo.jp/sndar/entry-10094296206.html

●「私とブラームス」
・・・・私事ですが・・・九州へ言っていた折に聴けたコンサートの記事でしたので・・・勝手して、御免なさい!
 演奏曲は違うのですが、この記事の中に、私にとっては?そうかも?と思わせるコメントが有りましてブラームスのピアノを聴くと思い出す一文が有ります。
 それは、
>ブラームスの一番の魅力は、何と言っても室内楽。渋すぎるため、いきなりブラームスの室内楽に手を出してしまうと、嫌になってしまう怖れもありますが、まさに噛めば噛む程味が出る、スルメのような音楽です。作品数もかなり多いですが、その中にあって、ヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」は親しみ易い旋律で、雨の日に聴くのにぴったりですし、弦楽六重奏曲第1番の第2楽章は、映画音楽にも使われた哀愁を帯びたメロディがとても美しい名曲。

じゃピアノ曲はどうなんだ、となりますが、「ピアノ限定」としてしまうと、ブラームスはちょっと作曲家ランキング(?)が下がってしまいます。ピアノソナタが3曲、バラード、ラプソディ、間奏曲、その他は小品ばかり。交響曲も4曲しか書かなかったブラームス。ピアノでもベートーヴェンの32のピアノソナタが影響してしまったのでしょうか? ブラームスのピアノソナタは、ごく初期の作品ですし、ブラームスらしいドイツ風の質実剛健なピアノソナタが聴いてみたかった気がします。

もっとも、ピアノ協奏曲やヴァイオリン協奏曲であんな巨大なスケールの作品になるのだから、ブラームスが本気でピアノソナタを書いていたら、ベートーヴェンの「ハンマークラヴィーア」を超える、恐竜のような曲になっていたかも知れませんが……(笑)。
http://blogs.dion.ne.jp/pleyel/archives/3604884.html

●「ブラームスは旅行がお好き?」ブラームスの活動にまつわる記事と都市
・・・・・・バックが邪魔で読み辛い!テキストをコピーペーストした方が読み易くなる・・・・・
http://www.asahi-net.or.jp/~ib7k-frkw/spc/brahms-tour.htm

 改めて、ピアノ・ソナタに注視して検索を掛けましたが、ブラームスの初期に集中している事や作品数の少なさが原因でしょうか?掲載数がかなり少ないですね。上記に記載したURLは、最初に述べた理由で参考にしていたURLですが、この他に、有るような気配を感じないのは検索方法が下手なのかも知れませんね。

 既にご存知のサイトばかりでしたら御免なさい!
 私は、月一で趣味仲間で集いレコード鑑賞会に通う一般人ですが、以前、偶々、ブラームスを担当した回用の曲の解説や四方山話の収集などの喋りと参考資料作りに、知識を頂いたサイトが有ります。
 鑑賞する立場からのサイト探しで有っただけに、章節毎の解説などテクニック「などの面では、かなり物足りない(皆無と言った方が正確?)内容でしょうが、曲のイメージ作りには、参考になるかも知れないと思いURLを載せてみます。

●簡単な解説&試聴とスコア...続きを読む

Qピアノ協奏曲の難易度

イメージとしてピアノ協奏曲ってものすごく難易度の高くて敷居の高いものなんですが実際、超上級(ラフマニノフとかプロコフィエフとか)以外で弾けるピアノ協奏曲はあるのでしょうか?中級・上級などに分けて教えていただけると嬉しいです。できれば何かのピアノ曲と比較してもらえるとさらにうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

私、ピアノは弾けないのですが聴いた者の感想からすると

ベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」
チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番が難易度としては高いと感じます。
しかし、ショパンのピアノ協奏曲をリパッテイやアルゲリッチが弾いているのを聴くとこちらもかなりの難曲かなという印象があります。

●でも一番難しいのはやはりグリーグのピアノ協奏曲でしょう
 冒頭のあの印象的なフレーズでコケてしまったら後の時間は
 いったい何のためにあるのかと思いませんか?

Qブラームス/ヴァイオリン協奏曲 第一楽章のカデンツァでクライスラー版の

ブラームス/ヴァイオリン協奏曲 第一楽章のカデンツァでクライスラー版の名盤は?

ブラームスはヨアヒムと親交があったので曲を完成させるにあたり多くの助言を受けたことから、もっぱらカデンツァもヨアヒム版で演奏するヴァイオリニストが多いのは周知の事実です。

でも、クライスラー作曲のものもベートーヴェンの協奏曲のカデンツァ同様に素晴らしいと思います。
(個人的にはこちらの方が好きです)
そこで、クライスラー版を用いたゾクゾクするような演奏のCDがあれば教えて頂きたいと思いました。
尚、フェラス/カラヤン/ベルリン・フィル盤は持っていますのでその他でお願いします。

Aベストアンサー

#1です.

ヴァイオリン協奏曲好きの方が,ご自分のコレクションをまとめてみえるHPがあります.
第5番の部屋:別館 (下記URL)

そこのブラームスの協奏曲のリストに,カデンツァも記載してあるのを発見しました.

ご参考まで.

参考URL:http://dairokuban.michikusa.jp/page087.html

Qベートーヴェンのピアノソナタを弾かれたことのある方、難易度を教えてください

こんにちは、お世話になっております。

ベートーヴェンのピアノソナタが好き(但し殆んど聴く方専門^^;)なのですが、有名どころのうち以下の作品は全音ピアノピースの難易度表に載っていません。

・第24番『テレーゼ』
・第25番『かっこう』
・第26番『告別』
・第29番『ハンマークラヴィーア』

これらをお弾きになったことのある方、実際のところどのくらい難しかったですか?
全音ピアノピースの難易度に当てはめるとすると、どのくらいなのでしょうか。
(楽章別のご意見も歓迎です。)

因みに私はこの中では『テレーゼ』の第一楽章は何とか弾けました(自己満足のレベルです)が、第二楽章は難しくて挫折しました…
また、『ハンマークラヴィーア』はピアノ曲の中で最も難しいと聞いたことがありますが、聴く感じだと、技巧的にというよりも寧ろ表現的な理由からそう言われるのかな、と感じます。
このように、「この曲は技巧的には中くらいだけど表現的に難しい」などの感想等々もありましたら是非語っていただければ幸いです。

自分で弾くことは夢のまた夢ですが、ずっと知りたかったので…
どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは、お世話になっております。

ベートーヴェンのピアノソナタが好き(但し殆んど聴く方専門^^;)なのですが、有名どころのうち以下の作品は全音ピアノピースの難易度表に載っていません。

・第24番『テレーゼ』
・第25番『かっこう』
・第26番『告別』
・第29番『ハンマークラヴィーア』

これらをお弾きになったことのある方、実際のところどのくらい難しかったですか?
全音ピアノピースの難易度に当てはめるとすると、どのくらいなのでしょうか。
(楽章別のご意見も歓迎です。)

因み...続きを読む

Aベストアンサー

私は全音ピースの難易度は知りません。
ただ全部曲を知っているのでその範囲でお答えしま
す。
第24番「テレーゼ」。これはベートーヴェン中くら
いで、音大の入試とか試験(または音校)でよく弾き
ます。難易度は「月光」くらいと思ってください。
第25番「かっこう」。これはソナチネが終わって
やっとソナタに入ろうとするくらいの難易度です。
第26番「告別」。これはテレーゼより難しくしかし
又音大で試験によく弾きます。難易度としては「アパ
ショナタ」くらいでしょうか。
第29番「ハンマークラヴィ^ア」。これはベートー
ヴェンが年月をかけて彼の最も偉大なソナタにしよう
と、第9交響曲、荘厳ミサと一緒に心血を注いだ曲
です。ベートーヴェンが「この曲は今は誰も弾けない
が、後世の人がいつか弾けるだろう」と言ったそうな。
それが証拠に第4楽章をメトロノーム通りに弾くには
大変なテクニシャンしか弾けません。
それでも弾けなく、何時だか新聞に「コンピューター
でテンポどおりに弾かせた」という新聞記事読みまし
た。
大変な頭脳的な曲で4楽章のフーガはテープを逆回し
にしたところもある大変複雑怪奇な超難曲です。

今の若いピアニスト、メトロノーム通りに弾いている
かも知れませんね。
でもテンポだけで内容も深いので、巨匠の弾くのしか
聴いてもつまらないのではないでしょうか。

私は全音ピースの難易度は知りません。
ただ全部曲を知っているのでその範囲でお答えしま
す。
第24番「テレーゼ」。これはベートーヴェン中くら
いで、音大の入試とか試験(または音校)でよく弾き
ます。難易度は「月光」くらいと思ってください。
第25番「かっこう」。これはソナチネが終わって
やっとソナタに入ろうとするくらいの難易度です。
第26番「告別」。これはテレーゼより難しくしかし
又音大で試験によく弾きます。難易度としては「アパ
ショナタ」くらいでしょうか。
第29番「...続きを読む

Q無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ

JSバッハの無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータは有名な曲なので、いろいろなCDが出ていますが、どれがおすすめですか? 実際聞いたものでお願いします。
ちなみに、手元にはミルシテインのものがあります。

Aベストアンサー

ミルシテインはモノラル盤をお聴きになりましたか?
オールドファンの中には「ミルシテインの無伴奏は別格」とおっしゃる方が多々あります。
ステレオ盤しか聴いたことのない私は「そうか?」と懐疑的だったんですが、CD化されたモノラル盤を聴いて初めてそれが本当であると納得しました。
晩年のステレオ盤を聴いただけではミルシテインの真価は分からんです。
ただし、かなりテンションの高い演奏なので聴くほうにもそれなりの覚悟が必要ですが。

比較的新しいものとしては、ルドルフ・ゲーラーのバロックボウによる演奏も一聴の価値あり。
色物あつかいされそうな盤ですが、目から鱗の名演奏です。

シェリング盤も良い演奏です。私も大好きです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報