『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

テレビや映画における暴力シーンは、若者に悪い影響を与えるのでしょうか?

私自身は女性で別段アクションものが好きとか、残酷なシーンを見てスカッとするということがないので興味がなくあまり深く考えたことはないのですが、子供がDVDを借りるときに冗談めかして「バトルロワイヤルが見たい」と言ったときには、「やめときなさい」と言ってしまいました。
映画を見ると何か悪い影響を受けてしまうような気持ちになっているんだなぁと気がつきました。

でも以前話をした外人さんが「アクション映画に出てくる悪役をコテンパンにぼこぼこにするのは見てて気持ちがいい」とスッキリとした顔で言ってまして、バーチャルな世界においての一種健康的ガス抜き要素にもなりうるのかなと思ったり・・・。

テレビや映画における暴力シーンが若者に与える影響についてレポートを書くことにもなっています。皆さんはどのような考えをお持ちか聞かせてください。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

お子さんのお歳にもよると思います。


小学校低学年とか幼稚園というのであれば見せない方がいいかと思います。見たことをすぐ真似してしまう頃ですし。

それより大きいのでしたら(あまりに過激なものは避けて)見せてもいいのではないでしょうか。
そのかわり、お母さんも一緒に見てはいかがでしょう。
暴力シーンが出てきて、あなたがいやな顔をしてしまったり悲鳴を上げたりしてしまえば、「暴力はいけない」と子供さんも肌で感じてくれると思います。その上で、見終わった後、暴力はいけないことだと改めてあなたから説明してあげれば、子供さんもより深く理解してくれるのではないでしょうか。

子供に見せてはいけないものとして暴力シーンやセックスシーンがたびたび語られますが…。
以前、どこかの中学校のPTAが「子供の性教育には学校が責任を持て」と申し入れたニュースをみて絶望した事があります。
それって親のやるべきことだと思いませんか?
人としての常識を教えることを学校に押し付けて、自分たちは子供から逃げてませんか?

暴力的なものにしても性的なものにしても、日本人は
「臭いものに蓋」的に子供から遠ざけてしまいますが、それが行き過ぎると子供がやって良い事と悪い事の区別を感覚で学ぶ機会を奪ってしまうように思います。
それが暴力やセックスが「バーチャル」な物になってしまい、他人に平気で暴力を振るう若者が増えている一因なのではと思うのです。
子供さんが幼い内はそういったものは遠ざけるべきですが、自分で考えられる歳になったら、もっとも身近な大人である親御さんがやって良い事と悪い事、体当たりで教えてあげて欲しいです。

親御さんがしっかりしていれば、多少そんなもの見たところで変な影響受けませんよ。いけないことはいけないと、しっかり教えてあげてください。
子供さんとしっかり向き合ってあげてください。

長文でしかもあまり回答になっていない上、生意気なことばかり言ってすみませんでした…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
過激なシーンに関しては本当にいろいろな意見がありますが、親としては、しっかりとした価値観で子供に接するということが最善のように思いますね。
日本的な臭いものに蓋という考え方はよくないと感じました。
子供自信が選ぶということも重要なのだと思いました。

回答参考になります。

お礼日時:2006/08/17 17:21

> 影響があるかないか、はっきりとはわかりませんね。



 その通りです。が、大事なのは、はっきり分からない状態でも自分は決断しないとならないということです。子供に見せる/見せないという判断は、あなたがあなたの責任で下すことですから。

> でも何かが出現すれば、何らかの影響があることは否めませんね。
> あとは情報の中でどう選択するかでしょうね。
> やはりきちんとした価値観が必要になるでしょうか。

 価値観が明確なことも大切ですが、さらに重要なのは、自分の選択の結果を自分が引き受ける覚悟です。

 まあ、以上はエッセイとは関係ない、あなたの具体的な行動に関する話なのですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答を再びありがとうございます。
うちは子供がみな女の子なので、あまり暴力的なもを要求しないのでわかりませんが、
男の子のいる家庭では、もっと大変かも知れませんね。
まぁ今は暴力がトピックなので暴力を取り上げていますが、
女の子は女の子で、また他にややこしい問題がありますけれど。

でもやはりある程度の年齢までは、親の目を届かせる、
親の価値観を伝えることは必要だと感じています。

お礼日時:2006/08/18 12:08

昔、調べたことがあります。

そのときの結果は。
・規制すると犯罪が増える。
逆に規制をゆるくすると犯罪が減るが、その環境が当たり前になってくるとその効果が減少する。

実はデータで差異が現れても、他の影響が大きくて、傾向という表現はできても強い影響は??でした。
 別テーマで調べた、性犯罪の時は上記の傾向がはっきり現れたのですが、暴力の場合、都合の良いデータを持ち出して無理やり、結論を合わせました。(そのほうがまとめやすかったので)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
規制すると増えるというのは難しいところですね。
ガス抜きという意味で効果があるのでしょうか。
見ているだけで自分がそうしているような感覚があって、
それだけで満足できる程度なら健康的ですが。

お話参考になります。

お礼日時:2006/08/17 17:27

> テレビや映画における暴力シーンが若者に与える影響について


> レポート

 賭けてもいいですが、そのテーマでは感想文にしかなりませんよ。それを承知で提出しましょう。

 真面目に「影響」というものを評価したかったら、多量のケーススタディを行なって、
(1) 暴力シーンを見せて、影響があったような行動が出たケース
(2) 暴力シーンを見せず、影響があったような行動が出たケース
(3) 暴力シーンを見せて、影響があったような行動が出なかったケース
(4) 暴力シーンを見せず、影響があったような行動が出なかったケース
 という4パターンの分布を調べ、統計的に (1) の事例数が多いとなるデータが必要です。

 しかも、「影響があったような行動」の定義およびその検出法は、極めて恣意的に決定できます。ここを突かれて批判に耐えられる実験計画は、なかなか立てられるものではありません。現に、今に至ってもそのような実験は一度も行なわれていません。

 こういうデータがあって初めて、「影響がある」「影響があると考えられる」などという結論を言えるのです。

 データが無ければ、それは「私はそう思う」という感想文にしかならないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
申し訳ありません。。
レポートよりはエッセイでした。
従って感想文で大丈夫です。
自分の意見をはっきりと論理的に述べられればOKです。

影響があるかないか、はっきりとはわかりませんね。
でも何かが出現すれば、何らかの影響があることは否めませんね。
あとは情報の中でどう選択するかでしょうね。
やはりきちんとした価値観が必要になるでしょうか。

参考になります。

お礼日時:2006/08/17 17:25

何千時間と一緒に過ごす中での教育なので、特定して「こうすれば」と言うのは難しいと思いますが、影響を排除したいなら、残虐性が高いと判断したのは見せないのが手っ取り早いでしょう。


ゲームをする時間を制限、テレビ見る時間を制限、と同じように、特定のものは見せない、というのも一つの教育方法だと思います。

もっと基本的な所を考えれば、親の行動、しつけだと思います。
当然の事ですが、当然の事がキチっと出来てるなら、テレビ映像ぐらいで影響は受けないと思います。
特に中高生にもなると外での行動を縛る事は不可能なので、特に幼児~小学生の、管理しやすくかつ親の影響を一番受ける時期が重要だと思います。
モラルを守った行動、間違った事には叱る、当たり前の事をしてれば影響は大部分阻止できると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
そうですね、幼児から小学生の時期に親の正しい価値観に触れるというのは大事だと思いますね。
その中で、なるべく残虐なもの、乱暴なものは避けるようにするというのは一つの策かも知れませんね。
そして親の愛情、信頼も、子供が大人になるうえで何度も抑止力になってくれると思います。
私はいつも何か重大なことをする前は親の顔、自分を信頼してくれている人の顔を思い出します。
この人たちを苦しめることになるようなことは避けようと思います。

お話参考になりました。

お礼日時:2006/08/17 12:01

結局は親次第。



影響を与えるかと言われれば、与える。
与えないようにするのが親。
そもそも製作側は園児が見るために作ってるわけではないので、そこは親の責任。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
具体的に親がどうすることで、暴力への影響を抑止することができると思われますか?宜しければ補足回答をお願いします。

お礼日時:2006/08/16 16:12

水をさすようですが、この手の議論は結局のところ明確な結論などこの地球上どこを探しても


存在していないハズです。要は影響あるにしろないにしろ、実際に「コレだ」と言える根拠の
あるものが双方に存在していないのが今の状態です。
なので結局はどちらも感情論になりがちで、お互いけして譲歩しません。大抵は。

ちなみにアメリカの大学で、残虐な映画を見せた子供よりも、勧善懲悪のヒーロー物
を見せた方が凶暴性が増したという結果が出たと見たこともあります。
まあ自分が正しければ、相手に暴力をふるっていい・・・と考えられなくも無いです。
探してみたのですが、うまく探しきれませんでした。参考URLはウィキペディアです
うまく中立でまとめていると思います。

個人的にはメディアの影響は無い方がおかしいとも思いますが、実際に行動に移すには
「メディア表現以外のリアリティ」が必須だと考えています。たとえば○ャプテン翼を見て
サッカー選手になりたいと思い、サッカー部に入部する事はあっても、
ル○ン三世をを見て泥棒にあこがれたところで・・・・と言うのがあると思います。
メディア以外で「実際にやれる」という個人レベルでの確信やそこに至る
「本当にやっていいのか悪いのか」の線引きがあるかないか、そしてそれを作るのは
メディアなどではないはずです。

そして更にメディアで培った欲求は普通はメディアでしか解消できないハズなんですけどね。
何で一部の人間が物だけを次々と買っていくのか・・・そして同じ物ばかり
集めていくのか、一つの映画がヒットしたら、大抵は似たような映画もそれなりにヒット
しますよね?言い方悪いですが、恋愛映画を恋愛が苦手な人が見たら、どう思うか
自分もやりたいとは思うだろうけれど、ネガティブになってしまって、結局は実際に行動には
移せずに次の恋愛映画を見てしまう・・・そんな人もいるハズです。
やはり実際に行動に起こすには、何かもう1ステップ「キー」となる物が必要だと思います。

最も私の言ってることも正しいわけでも無いでしょうけど。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A2%83% …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
参考サイト、とても興味深いものでした。
とても参考になります。

行動を起こすには、1ステップが必要だというお話、よくわかる気がします。
それぞれの人にはそれぞれの人の人生や価値観や出来事があるので、どのメディアがどの人にどう影響するかなんていうことは予想もつかないですよね。

正解はなかなか見つけられない問題だと思います。
でも、そのことについて考えることは必要かと思いました。

お礼日時:2006/08/17 11:57

単純な話、そういったものを中心的に見せるのはお勧めできません。


ですが、そういったものを排除するのもそして、ぼかしたものを見せるのもまたお勧めしません。
昨今はゲームのバイオハザード等、残虐系ゲームが子供の教育に悪いと表現を大幅に規制されました(頭部を弾けさせる等の表現)
ですが、これは逆に撃っても人は死なないんだと言う誤解を与える結果にも繋がっていると思います。
私としては今の親及び大人の世代こそが子供の教育に悪影響を及ぼす根本的な原因だと断言します。
凶悪犯罪の低年齢化といっていますが、それ以上に卑劣かつ下劣で悪質な犯罪の殆どは大人の世代が起こしています。
子供に劣情をさらけ出す大人。金で体を買う。その全てが大人です。
子供以上に倫理が欠如した子供が今の大人だと思います。
そして子供もバーチャル世界に依存しすぎているが為に悪影響を受けすぎていると判断します。
子供は子供らしく(古い言い方ですが)外で遊び、感受性や色々な事を学ぶべきなのです。
そういった意味ではゲームの影響と言うのは大きいと思います。

……何か脱線している気がしますが、結論としてはメディアは毒にしかならないものと薬にも毒にもなるものがあるということです。
ちなみにバトルロワイヤルは毒にしかなりませんね。私判断ですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
確かに大人の倫理感の欠如は問題だと思います。
子供はそんな大人につけこむ形になっているという印象を受けます。
バーチャルな世界で人が死んでもなんとも感じないという意識がよくわかりませんね。
しかし、私は40代ですが、私の世代で、生き物には命があり、それを壊すことは許されないことだとはどうして覚えていったのか不思議です。小さな頃から動物を飼っていてそれらが死ぬたびに知らないうちにそういうことを覚えていったのでしょうか。
それとも、当たり前のように家庭でも学校でも、命は大事ですということを聞いていたからでしょうか。

逆に、その反対のことを言われ続けたら、やはり洗脳されてしまうのかも知れません。
それを思うと、日常的に見るもの聞くものはその人の価値観を作るうえでとても大きなものになっているのかも知れないなぁと思います。

お礼日時:2006/08/17 11:53

こんにちは。


私はこういうのを見ると、数の効果がまず心配になります。
人を平気で殺すようなシーンが沢山ある作品が氾濫してくれば、そういう事自体が実生活でも普通であるという錯覚を起こしてしまう事です。

たった一つの作品でも、おかしな事件に結びついてる事があります。
大抵は特殊な性格や思考の持ち主だったりするのですが、その後、模倣犯や類似犯が出る事がよくあります。

映画やテレビなども、その場所に自分はいないにも関わらず、教科書的に情報だけが与えられ、思考の一定の部分を形作っていく可能性はあるのではないかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
なるほど、無意識のうちの洗脳のような感じですね。
確かに何かが存在をすれば、それに対する意識を持つ人が現れるのはなんら不思議のないことで、確かに多くの人はエキセントリックな行動には走らないものの、何らかの影響が出るのは仕方がないのでしょうか・・・。

お礼日時:2006/08/17 11:47

暴力シーンが悪影響を与えることはあり得ますが、一概には言えないと思います。

他の回答者の方が仰っている通り、シーンや作品のメッセージの捉え方は人それぞれだからです。

個人的な意見ですが、悪影響を与える度合いに関しては、バトルロワイヤルのような残酷なシーンが出る映画より、“カッコイイ”殺人シーンがでる映画の方が大きいと思います。

バトルロワイヤルを観て実際に人を撃ち殺した子供はいませんが、例えば、ヤクザがヒーローである映画を観て感化されて暴力団員になり人を殺めた、そんな例はたくさんあるでしょう。

戦場で兵士がバッタバッタと敵を倒して活躍する“カッコイイ”戦争映画を観て軍隊に志願した若者は、世界中に何万人と存在します。(このような映画では、死は決してリアルに描かれません)

以上のことを考えると、殺人シーンはできるだけ、リアルに、残酷に、悲惨に、描く方が良心的だとも言えます。

ちなみに、最近、女性を監禁する事件が頻発していますが、これは『飼育の部屋』のように監禁を美化する映画の影響です。そんなこともレポートに書かれてはいかがでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
なるほど、死や暴力がファンタジーとして描かれてしまうと憧れを抱く場合があるかも知れませんね。残酷に描けばその残酷さに感化される人がいるかも知れないし、本当にその人の捉え方によってさまざまな効果をもたらすのですね。
テレビドラマなどの恋愛ものに自分を重ねてみて、現実にはならないがゆえに余計に執着してしまうということがあるとも思います。そんな感覚で換金を美化する映画を見たら、ちょっと怖い感じがしますね

お礼日時:2006/08/17 11:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年齢確認が甘い居酒屋チェーン店

20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。
まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。
最近は厳しいのでしょうか。
しかし私は証明する物を持っていません。
免許もなければフリーターなので社員書もなし。
パスポートもありません。
なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか?
甘い店を教えて下さい!

Aベストアンサー

最近確認が厳しいですよね…
私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、
パスポートや保険証持ち歩くのも怖いので病院の診察券持ち歩いてます。

生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪

直接の回答でなくてごめんなさい。

Q映画はなぜ暴力的な描写が多いのですか?

映画はなぜ暴力的な描写が多いのですか?
ここでは映画を例にとってますが、映画だけに限ったことではありません。
暴力というのは人を魅了するのでしょうか?
アクション映画やバイオレンスでなくても、そうだと思います。

世界中を見渡しても紛争とだ戦争が多いですし、人類の歴史も戦争の歴史と言っても過言ではないですよね。
やはり人間というのは暴力を求めるように設計されてるのでしょうか?

Aベストアンサー

まぁ、単純に「強い=カッコいい」という側面もありますが、
映画やテレビ番組など、映像で人を楽しませるものには、
刺激がないと万人受けしないからではないでしょうか。

例えば、頭脳明晰な探偵が事件を解決してゆく、というのは
ストーリーとして面白くても、映像を使ったエンタテインメントと
して考えたときに、動きが少なすぎて映像を作りづらいんですよ。

もちろん、中には名作と呼ばれるものもありますが、そんなに
素晴らしいストーリーを探してくるのは大変ですし、役者にも
かなりの演技力が求められます。さらに、観客はストーリーを
理解し、登場人物の考えや心情を理解するのに頭を使わなくては
なりません。
万人受けする娯楽を求めるなら、頭を使わなくても見た瞬間に
「なんかすごいことになってる」と思える映像があったほうが
作りやすいのでしょう。

暴力シーンに限らず、爆発シーンやラブシーン、飛行シーンや
墜落シーンなど、見せ場をいくつか作って、それに合わせて
ストーリーを組んでいくという手法のほうが、効率的なんでしょうね。

そういったわけで、もっともお手軽な「刺激的映像」として
暴力シーンが多用されているのではないかと思います。

あとは、映画の登場人物って、「普通の人」じゃないことが多い
じゃないですか。
「普通の人」は滅多に暴力を振るわないので、暴力は登場人物の
異常性や残虐性、あるいは逆に弱さや惨めさを表現するのに
一番わかりやすい方法なのではないか、と思います。

以上、素人の私見ですが御参考まで。

まぁ、単純に「強い=カッコいい」という側面もありますが、
映画やテレビ番組など、映像で人を楽しませるものには、
刺激がないと万人受けしないからではないでしょうか。

例えば、頭脳明晰な探偵が事件を解決してゆく、というのは
ストーリーとして面白くても、映像を使ったエンタテインメントと
して考えたときに、動きが少なすぎて映像を作りづらいんですよ。

もちろん、中には名作と呼ばれるものもありますが、そんなに
素晴らしいストーリーを探してくるのは大変ですし、役者にも
かなりの演技...続きを読む

Qグロテスクな画像を見たがる心理

インターネット上にはグロ画像・グロ動画と呼ばれるメディアが沢山出回っています。
汚物や死体や人が殺されている現場や拷問されている現場、その他嫌悪を催すものを題材にした映像類のことです。

ずいぶん前からこの手の画像や動画を見たりしていて、止められないのです。もちろんこういうものを見ると不愉快な感情になりますし、人が殺されている現場などを見ていることに罪悪感や恐怖も感じます。
論理的に考えれば、そんなもの"みたい"なんて思うわけないのですが、気が付けばグロ動画を検索しているような状態です。

このような人は沢山いると思うのですが、第三者から見れば私は普通のサラリーマンだと思います。
会社勤めもしていて、仕事も任されています。
友人は少ないですが、恋人も作れるし家族とも仲良くしています。

なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。
どうしたら健全な状態になれるでしょうか。

学術的なアドバイスでも、宗教的なアドバイスでもよいので私に教えてください。

Aベストアンサー

これは、きっと、あなただけの問題ではなく、
いま日本の社会が、もっている、社会的な病理、情報構造の病理ともいえるのかと思い投稿させていただきました。
これらの画像や映像を見ようとする行為というのは、自らは、観察者として(絶対的な安全が確保された上で)自分と関係の無い他人が、生きている状態から無残な状態へと変貌させられるという過程を息を呑みながら「視る」という行いです。
あなたはただそれを見ているだけと思っているかもしれませんが、あなたが、視たことによって引き起こされた感情なり想い(ショック、悲しみ、不条理感、怒り、無力感)によって、実は何事も行動しなかったという行いもしているのです。さらに、視たことを自分の心の中に隠匿し、なおかつ背徳感を抱きながら、ある部分悩んでいるという行為をも・・・。
質問文の最後に「なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。どうしたら健全な状態になれるでしょうか。」とあるようにあなたの心は、その行為の、背徳性をすでに知り、健康な状態への志向が顔をだしているのでは?
画像や映像によって知った「現実」に対して、これが人間の性だとか、これが今の社会の現状だとか思わせられてしまうのが、自分は何もできない、巨大な情報ネットワークであり、「考察」や「分析」であり政治や教育、経済もそれに深く絡んでいます。
人は、いつも世の中で何が起こっているのか知りたいのです。
それは、きれいなこともひどいことも。隣町で戦争が起こって、人が悲惨な状態になり、または、誰かが人を殺そうとしたりしている、あるいはしてしまったとしましょう。それを、見に行こう知ろうとするのはむしろ必要なことかもしれません。勇気のいることであるとも言えます。むしろ、それらが起こっていることを知りながら、そこから遠ざかろうとするだけでは人間として不十分なのかもしれません。しかし、それを視たことによって、どんな想いを描くかが問題でしょう。それを視て喜ぶのか、自分もやりたいと思うか、加担しようとするか、悲しみ、憤ることもできるでしょう。人びとに訴えることもできるでしょうし、そのようなことを阻止しようとすることも助けようとすることもできるでしょう。起こっていることが何なのか考えることも、見ている自分が何なのかも考えることができる。さらにもっとできることはあるはずです。最初は小さいかもしれませんが、自分自身が、社会に何か作用する力を持っているということを思い出してください。多分、昼間は目一杯会社で働かされて、夜や休みの日自分の時間を休みとして刺激の最も強いもので様々な縛りからのがれようとしているのかもしれませんが。
それらの画像や映像を撮るときどんな想いによってそれがなされたでしょう。それをネット上にアップする人の気持ちの根底にどんな想いがあったのでしょう。そういう邪悪な感情とは同調しないようするのが
いいのではないかと思います。
知り得た事実に対してどのように行為できるかが現代の人びとの大きな課題だと思います。

これは、きっと、あなただけの問題ではなく、
いま日本の社会が、もっている、社会的な病理、情報構造の病理ともいえるのかと思い投稿させていただきました。
これらの画像や映像を見ようとする行為というのは、自らは、観察者として(絶対的な安全が確保された上で)自分と関係の無い他人が、生きている状態から無残な状態へと変貌させられるという過程を息を呑みながら「視る」という行いです。
あなたはただそれを見ているだけと思っているかもしれませんが、あなたが、視たことによって引き起こされた感情...続きを読む

Q殺人ものテレビドラマが多過ぎないか?

最近のテレビドラマを見て気付く事は犯罪を解決するドラマが実に多い。
刑事もの、弁護士ものなどに必ずと言っていいほど殺人事件を扱います。
勿論自殺もありますが圧倒的に殺人事件を扱ったものが多数を占めます。
そしてその殺人犯罪を解決していくと言うドラマ作りをしています。
殺人の場合多くが凶器としてナイフなど刃物が使われます。
殺人者は時として精神異常者が登場し描写もリアルです。
昨今刃物を使った通り魔事件が続発しているがこれらのドラマの悪影響に
よるものと思うのですがどう思われますか?

Aベストアンサー

>昨今刃物を使った通り魔事件が続発しているがこれらのドラマの悪影響によるものと思うのですが

私もそう思います。

マスコミは言論の自由とか表現の自由を盾に取り、規制に反対しますが、問題ですね。

私からの提案は「非営利の場合の言論、集会、結社の自由」は保証し、「営利事業の場合は社会の公序良俗を推進するものでなければならない」という法律にすることです。
そして一本一本の作品ではなく、営利事業者の活動全般で公序良俗に貢献している会社どうかを判定する倫理委員会を作り、判定理由をネットで公開してもらうことです。

Q「~しながら」ってどう言いますか?

タイトルの通りですが、「~しながら」という2つの動作をどのように表現すればいいですか?
例えば、「私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。」「今、私は歩きながら音楽を聴いている。」のように「~しながら~をしているという動作」

「~しながら・・・・」はどのように表すのでしょうか?and??じゃないですよね。(^^;)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while watching TV.
I was eating dinner yesterday as I was watching TV.

>今、私は歩きながら音楽を聴いている
I'm listening to music now while walking
I'm listening to music as I walk/am walking.

と言うような表現ですね。

また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。

I was eating dinner and wataching TV at the same time.
I am walking and listening to music at the same time.

直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。

ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。

ですから、この焦点をはっきり出すために、

I'm listening to music at the same time (I'm) walking.
I'm walking at the same time (I'm) listening to music.

と表現できるわけです。

asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while wat...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q園児の子供がバイオハザードをやってる方いますか?

主人がバイオハザードが好きで、休みの日はよくやっています。

隣で見ていた4歳の子供が、興味を示し、教えてもらいながら出来るようになりました。
残虐なのでやらせたくないのですが、主人はそんなこと思ってないようです。※j子供としては、悪い人をやっつけてる!という感覚みたいです。

このようなゲームをやっているお子様いますか?

Aベストアンサー

そういったものを見せる事、やらせる事による感覚や感受性の麻痺は恐ろしいですよ。
本人には勿論自覚は無いし、それをやらせたり見せたりしている大人にもその悪弊に気が付く能力が有りません。
子供は、小さい頃には自分で物事を判断する能力は有りません。
価値基準や好み、趣味嗜好など、殆ど全ての物を親や環境から受け取ります。
幼い子供は善悪や法律の概念はありません。
元々人間の感覚として、本能としてやってはいけない事をなんとなく感じては行きますが、それは受け取る愛情次第です。
そして法律や他人との係わりを学んでゆくうちに段々と人間としての感性が出来上がってゆきます。
一度出来上がってしまえば、
『悪いことを実際にではなく、遊びとして他人を困らせずにやる』
等の事は問題ないでしょう。
が、その人格形成の真っ最中、しかも序盤で残虐な物を見せる…。
何を考えているのか判りませんね。
いえ、何も考えていないのでしょうね。

「こういう残虐で恐ろしい物でも飽く迄もゲームだから、現実とは違うのだよ。今楽しんでやっているこういった事は、本当の世界では人が悲しむ事になるから、やってはいけないのだよ」

と言いながら残虐なゲームを楽しんで子供に教える…。
レイプ物のビデオを見せる…。

無理です。

そんな意識では堕ちる所まで堕ちます。
そういった事をキチンと考えない大人が世界を壊すんですよ。

そういったものを見せる事、やらせる事による感覚や感受性の麻痺は恐ろしいですよ。
本人には勿論自覚は無いし、それをやらせたり見せたりしている大人にもその悪弊に気が付く能力が有りません。
子供は、小さい頃には自分で物事を判断する能力は有りません。
価値基準や好み、趣味嗜好など、殆ど全ての物を親や環境から受け取ります。
幼い子供は善悪や法律の概念はありません。
元々人間の感覚として、本能としてやってはいけない事をなんとなく感じては行きますが、それは受け取る愛情次第です。
そして...続きを読む

Qクローン技術の長所と短所について

クローン技術について調べているのですが、長所と短所を出来るだけ詳しく教えてください。

Aベストアンサー

メリット
・絶滅動物の復活、保護
 恐竜、マンモスなどの復活や、レッドゾーン生物の保護
・有用生物の量産
 食糧、医薬品生産が天候、環境に左右されなくなる。
・改造遺伝子による有用生命創出
 医薬品などを生産する微生物などを創出。
・実験用特定生物創出
 医薬品などの実験用に特殊な生物を創出、量産

デメリット
・絶滅動物の復活、保護
 どうせクローンで増やせるからと保護への関心低下。
・創出、改造生命の差別、軽視
 クローン人間への人権問題、クローン生物だからと軽く扱われる。
・生物量バランスの崩壊
 改造生物が自然生物を駆逐する。
 クローンが原因ではないが、改造生命による生物バランス問題は現におきている。
・危険生物の創出
 改造生物が未知の毒素を持ったりするかも。
・多様性低下による緊急時のダメージ増大
 同一遺伝子個体だと、病気などが流行った場合、全滅の危険あり。

クローン人間に絞ると
メリットというか用途
・予備パーツ
 イカれた臓器交換。供給不足や拒絶反応、サイズの問題もない。
 移植臓器目当ての犯罪も無くなる。
・実験体
 動物実験ではなく、最初からヒトで実験できる。
・無名兵士
 いくらでも量産でき、死んでも誰も文句を言われない兵士。
・安価労働力
 保険や福祉を考える必要がない。死んでも誰も文句を言われないから危険作業にもいくらでも投入できる。

デメリット
・予備パーツ
 異常が発生したら交換すればいいという風潮になると環境に気を使わなくなるかもしれない。
・DNA診断が有名無実化
 DNAによる犯罪捜査や血縁判定が通用しなくなる。
・実験体
・無名兵士
・安価労働力
 クローン人間に人格を認めるか?認めるならこれらはマズイ。認めないとなるとオリジナルとクローンが入れ替わったときどうする?
 これら用途につくられたクローンのオリジナルはクローンに対し何か権利を持つのか。

商業ベース的にはメリットは多いです。
しかし、モラル的にはデメリットが多いです。
命の値段が安くなるでしょうね。

現在もクローンを認めるかどうかはモラル的にどうなのかという点だけです。
大抵の宗教では人間は「神がつくったもの」となってますから「神の領域」に人間が踏み込んじゃっていいの?という感じです。

メリット
・絶滅動物の復活、保護
 恐竜、マンモスなどの復活や、レッドゾーン生物の保護
・有用生物の量産
 食糧、医薬品生産が天候、環境に左右されなくなる。
・改造遺伝子による有用生命創出
 医薬品などを生産する微生物などを創出。
・実験用特定生物創出
 医薬品などの実験用に特殊な生物を創出、量産

デメリット
・絶滅動物の復活、保護
 どうせクローンで増やせるからと保護への関心低下。
・創出、改造生命の差別、軽視
 クローン人間への人権問題、クローン生物だからと軽く扱わ...続きを読む

Q社会に影響を与えた映画

又は社会の影響を受けた映画ってどんなのがありますか??

Aベストアンサー

「スーパー・サイズ・ミー」
ドキュメンタリーです。
マクドナルドの定番だった、スーパーサイズを止めさせました。

「ジョーズ」
本来は好んで人を襲わないホオジロサメを絶滅危惧種にした元凶です。
作者のピーター・ベンチリーも反省しています。

「ファインディング・ニモ」
バカガキの喜ばそうとクマノミを欲しがる客が増えたせいで、
クマノミが乱獲されて、大幅激減しました。

「レミーのおいしいレストラン」
バカガキの喜ばそうとネズミのペットが増えたとか、
こちらは乱獲の恐れがないが。

「キタキツネ物語」
映画では発破で派手に殺されてますが、映画のイメージでかわいいという認識が定着し、野生を餌付けする人が増えた。
そのせいでエキノコックスの患者が増え、また犬がキャリアになる例も増えた。


人気Q&Aランキング