ネットで購入したベンジャミンから、なんとも言えないゴムのようなプラスチックが溶けたような臭いにおいがするのですが、皆さんのお宅のベンジャミンもにおいますでしょうか?
それとも、ベンジャミンのにおいなのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ベンジャミンはゴムノキの仲間です。


傷が付いて樹液が出てしまい、それがにおうのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

届いたときに枝の部分を切ってあったので、そこがにおうのでしょうか?
切った部分が白くなっています。
もう少し落ち着くまで様子を見たいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/24 16:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芝桜の移植時期と増やし方を知りたいです

芝桜の移植時期と増やし方を知りたいです。

Aベストアンサー

増やし方が載っています。
http://www.yasashi.info/shi_00033g.htm

株を掘り起し、適当な長さに切り植え付けます。
私は長い茎をそのまま溝に横たえ、所々土をかぶせています。適当にやっても付きます。

Qベンジャミンに丸い実のようなものが??

フィカス・ベンジャミンを育てています。
最近、茎の途中、葉の元のあたりに直径1cmほどの実のような粒が出来ています。
色は緑色に褐色のつぶつぶがついたものです。
高さは80cmくらいですが、粒は40個近くついています。
いったいなんでしょうか?

Aベストアンサー

ベンジャミンは和名がシダレガジュマルというクワ科の植物でイチジクと同じなかまです。
その丸い実はまさにその無花果の実と同じ物で花であり実であります。

ここで注意して頂きたいのはベンジャミンが実を付けるとき、それは木の生命力が落ちてきている時なのです。
根づまりしていたり生育環境が悪くなってきていると実を付けやすくなるようです。
9月中に一回り大きい鉢に植え替えてあげる方が良いかもしれません。(本当の植え替え時期は春頃がいいのですが)

実は私はそれを知らなくて8年物のベンジャミンを枯らしてしまいました(T-T)
お気をつけ下さい。

Q作文の文字数の増やし方教えてください!!

作文の文字数の増やし方教えてください!!
福祉作文です!!
緊急です!!
教えてください><

Aベストアンサー

句読点を多用したところで、増やせる字数はたかが知れていますし、
なにより読みづらくなります。

「作文の文字数の増やし方教えてください」と、
「作文の、文字数の、増やし方を、教えて、ください」
比較すれば一目瞭然。

そんな小手先の(しかもみっともない)方法に頼るよりも、
単純に「書くべきテーマをもう一つ増やす」方が現実的です。

それができないというのであれば、すでに書いてある内容を膨らませましょう。
自分の思いをより深く書き込むとか、
そのテーマについて調べたことを詳しく書き込むとか。
#それを「作文」と呼べるかどうかは微妙なところですが。

Qゴムの木の増やし方を教えていただけませんか?

ゴムの木を増やしたいのですが、どおすればよいのでしょうか。時期や増やし方とコツなどお願いします。

Aベストアンサー

難しいです。

取り木になりますが、
狙った枝を2~3センチ分くらい、深さは枝によって違うでしょうが、2mm~4mmくらいを削り取ります。
削った部分を包むように湿らせたミズゴケを巻き、黒いビニールなどで覆い、上下を輪ゴムなどで閉じます。
ビニルには小さめの穴を開け、通気性を確保しないと腐ってしまいます。
ときどき(この間隔が難しいんですが)上のほうの輪ゴムをゆるめて給水します。
今の季節なら1ヶ月ほどで発根しますが、ミズゴケを突き抜けるくらい根が生長するのを待って、削り取った部分の真下あたりからばっさり切り取ります。
後はピートモス+バーミキュライト+パーライトなどの軽めの用土に植え替え、用土が乾いたら給水することを繰り返します。

ただ、上記はビニルハウス内で行ったことですので、人間が住む部屋の中で行うときは給水のタイミングは多少早まるんじゃないかと思います。

Qお金の増やし方知りたいです!

お金の増やし方知りたいです!

Aベストアンサー

1)ハイリスク・ハイリターンの株を買う。
  *株についてかなりの勉強が必要。
2)ローリターンでも、安心な社債や信託を買う。
3)クレジットカードのポイントも利用する。
4)ギャンブルも有るが、出費と払い戻しの差で、結局は損。

Qベンジャミンの葉っぱが

ベンジャミンの葉っぱが、落ちてしまいます。6月が始まったくらいに、落ち始めて、最近、すごい勢いでシャーシャー落ちてきてしまって、まるで落葉樹かって感じです。昨年の秋から部屋にいます。冬場に、同じようになりましたが、「冬ってこんなもん?」って感じであまり気にとめませんでしたが。これから成長するぞって時期なのに落葉樹みたいなんで、気になって。
環境的には、一日中、部屋の中です。遮光カーテンを閉めっぱなしの日も多いので、日光にはあまり当たってないような気もします。水は、そろそろほしいかなって感じで、思いついたとき、不足してそうな時に与えています。あげすぎてはいません。肥料は、こないだ観葉植物用の肥料をあげました。固形のやつです。
すいませーん。だれか、 HELP ME!です。

Aベストアンサー

ベンジャミンは日光が大好きです。質問を拝見しましたところ、「遮光カーテンを閉めっぱなしの日も多いく、日光にはあまり当たってない」とのことですので、これが一番の原因と考えられます。外の気温はすでにベンジャミンが絶えられる季節になっていますので(北海道でなければ)、外にしばらく置いてみてください。葉っぱのない枝からも、夏ころまでには芽が出てきます。

Qセロトニンの増やし方

セロトニンの増やし方を教えてくださいませんか?簡単ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

増やし方というか、セロトニンの分泌を弱くしないための方法になりますが、先ずは、
・日光に当たること
・不規則な生活をしないこと、です。

あとは、食生活に注意することです。
セロトニンは、トリプトファンという必須アミノ酸から作られます。
必須アミノ酸は、我々の体内で作ることができませんから、食事から摂取しなければなりません。
セロトニンの原料となるトリプトファンの摂取が少ないと、セロトニンが枯渇し、うつ病指数が高くなることは、実験でも確かめられているそうです。

そのほか、「リズム運動」、「セロトニンストレッチ」(姿勢をよくすること)、「朝食にバナナと牛乳」も効果があります。
以下、下記サイト、「暮らしのAll About」より。

******************

【リズム運動で、セロトニンの分泌を活性化させよう】
http://allabout.co.jp/gm/gc/301548/2/

セロトニンの分泌を増やし、ストレスに強くなるにはどうしたらよいのでしょう?東邦大学の有田秀穂教授は、上のような乱れた生活習慣を改めるとともに、意識的に「リズム運動」を行うとよいと提唱しています。セロトニン神経は、一定のリズム運動によって活性化されます。したがって、リズムが繰り返される行動ならどんなものでもよいそうです。
ただし、毎日20~30分間ひたすら続けることが肝要。有田氏によると、ガムをかむ(!)、自転車をこぐ、歩くなど、誰でもできることで十分だそうです。最近、ストレスに弱くなったと思う人は、参考にしてみるといいでしょう。

【イライラ解消! セロトニンストレッチ】
http://allabout.co.jp/gm/gc/302030/

【牛乳とバナナが、心を穏やかな朝にしてくれる】
http://allabout.co.jp/gm/gc/298547/

「バナナと牛乳で朝食を済ませる人がいますが、実はこれ、とても体に良いことなのです。バナナと牛乳には、セロトニンの原料であるトリプトファンが多く含まれています。その上、バナナには、セロトニンを作る時に必要な ビタミンB6 や、脳の唯一の栄養源である ブドウ糖 も豊富です。」

増やし方というか、セロトニンの分泌を弱くしないための方法になりますが、先ずは、
・日光に当たること
・不規則な生活をしないこと、です。

あとは、食生活に注意することです。
セロトニンは、トリプトファンという必須アミノ酸から作られます。
必須アミノ酸は、我々の体内で作ることができませんから、食事から摂取しなければなりません。
セロトニンの原料となるトリプトファンの摂取が少ないと、セロトニンが枯渇し、うつ病指数が高くなることは、実験でも確かめられているそうです。

そのほか、「リズム...続きを読む

Qベンジャミンをらせん状にするには?

 ベンジャミンを育てているのですが、はじめ購入したときは、枝がらせん状になっていて、まるっこい頭みたいな状態で、葉がなっていました。

 育ちは好調で、葉も生い茂るようになっているのですが、あれは、自然にらせん状になるわけではないのでしょうか?

 らせん状にするには、葉を落として強制的に巻いてやるしか方法はないのでしょうか?巻き方を知っている方どうか教えてください。

Aベストアンサー

その通りで、自然に巻くわけではありません。
手で巻いてやるのです。

よく売っている、二、三本が巻いているベンジャミンを作るには、
二、三本のベンジャミンを、途中まで葉や脇芽を落としてまっすぐに育て、
ある程度育ったところで巻き付けて、固定します。
ベンジャミンは可塑性のある木なので、しばらく固定しておくと
その形のまま固まります。

そのあと成長するとらせんがほどける事があります。
その場合、もう一度ねじってビニタイ(ビニールの中に針金が入っている紐)
などでまとめてやるといいでしょう。

また、葉の密度が低下するようだったら、
芽摘みをして、枝の数を増やしてやるといいでしょう。
(何もしないと大きな枝だけが伸びていきます。
大きな枝の先端を適当なところで摘むと、
小さな脇芽が伸びてきて、葉の密度が増えます)

Qガーベラと桔梗の育て方と増やし方を教えて。

ガーベラと桔梗を露地栽培で育てたいと思っています。育て方と増やし方を教えてください。
当地は冬積雪があります。冬越しの仕方も教えて。

Aベストアンサー

>当地は冬積雪があります
これを条件とした場合に、ガーベラは諦めた方がよいと思います。
ガーベラは半耐寒性の宿根草で、来年の芽が地中深くあるのではなく、枯れかけた葉の中心部にあるので、ほぼ地表面にあるのと同じです。
そのため、寒気をまともに受けると芽や葉が凍結してダメになります。
寒くなったら、たくさんのワラで覆って土を乗せておけば越冬できるかもしれませんが。

キキョウやリンドウ類は十分耐寒性があるものが多いです。
カンパニュラ(カンパヌラ)と称される外来のキキョウに近い種類はどちらかと言うと、平坦地(暖かい地方の意味)では、夏の高温多湿でやられる事が多いので、これらの類を探してみるのも面白いと思います。

キキョウは株分けでも播種でも増やせます。
園芸やガーデニングの検索に基本は、植物名の入力はカタカナでしてください。
検索はキーワード例では、キキョウ 栽培 として、管理 増やし方(株分け) 方法 などと追加すれば良いサイトにたどり着けます。

そこそこ寒い地方でしたら、デルフィニュームが可能かもしれません。
また、条件が合えばアルストロメリアはどんどん増えると思います。

>当地は冬積雪があります
これを条件とした場合に、ガーベラは諦めた方がよいと思います。
ガーベラは半耐寒性の宿根草で、来年の芽が地中深くあるのではなく、枯れかけた葉の中心部にあるので、ほぼ地表面にあるのと同じです。
そのため、寒気をまともに受けると芽や葉が凍結してダメになります。
寒くなったら、たくさんのワラで覆って土を乗せておけば越冬できるかもしれませんが。

キキョウやリンドウ類は十分耐寒性があるものが多いです。
カンパニュラ(カンパヌラ)と称される外来のキキョウに近...続きを読む

Q25センチのベンジャミンを早く大きなボサ作りに

25センチのスターライトのベンジャミンを買ってきました。これをできるだけ早くもっと大きなボサ作りにしたいのですが、
まず肥料は緩効性か速効性か、それをどのくらいの間隔であげればいいのかわかりません。本には、生育が早いので大鉢のものは2,3ヶ月に一回緩効性、中小鉢は月に一回緩効性を、と書いていますが、早くもっと大きくしたいのです。でもあまり肥料が多すぎると植物にはよくないですよね。どのくらいの間隔で、緩効性か速効性か、はやく大きくするにはどうすればいいか、教えてください。
あともう一つ質問があります。ボサ作りにするには、ただ枝を切り詰めたりせず、放置しておいてもいいのでしょうか?好きなように伸ばして置けばいいのでしょうか?大きくなると支え棒で支えてあげると聞きましたがこれもほんとうでしょうか?
どちらかの質問だけでもわかるかた、経験者の方、教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

早く大きくするにはどの植物でも同じですが「良い環境」を作ることが最大のポイントと思います。
肥料も多すぎては根をいため、少なすぎては軟弱な木になります。
日光も弱ければ成長は滞りますし、強過ぎると葉やけを起こしてしまいます。
何を育てるにも基本がありますが、それに忠実にするのがいいと思いますよ。
あとは年1回植え替えをし、鉢のサイズアップをしていくと根が順調に増え大きくなっていきます。
木に対して鉢が小さい=成長に必要な根が少ない、ということなので、植え替えは必須です。

ボサつくりですが、全く手を入れないと側枝が出ず、1本の枝が伸び放題になり、スカスカでノビノビの形になります。
剪定する枝とそうでない枝を上手く組み合わせ、形を整える必要がありますよ。
あまり手を入れてしまうとボサ作りに見えなくなってしまいますが・・・
特に支えたりしなくても大丈夫と思います。
今家にあるベンジャミンは私がボサ作りにしたのですが、最高に長い枝は40センチを越えていますが支えはしていません。
状況に合わせて支えたり支えなかったりでいいと思います。

早く大きくするにはどの植物でも同じですが「良い環境」を作ることが最大のポイントと思います。
肥料も多すぎては根をいため、少なすぎては軟弱な木になります。
日光も弱ければ成長は滞りますし、強過ぎると葉やけを起こしてしまいます。
何を育てるにも基本がありますが、それに忠実にするのがいいと思いますよ。
あとは年1回植え替えをし、鉢のサイズアップをしていくと根が順調に増え大きくなっていきます。
木に対して鉢が小さい=成長に必要な根が少ない、ということなので、植え替えは必須です。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報