映画の好みは人それぞれですが、参考までにお聞きしたいと思います。
チャールズ・マッカーサーとベン・ヘクトが原作した「フロント・ページ」は4回も映画化されていますが、この物語がそれほどまでアメリカ人に受け入れられているのはなぜでしょうか?
 私はずっと前にビリー・ワイルダーの「フロント――」を見たのですが、あまりのつまらなさに途中で眠ってしまいました。また最近になって、ハワード・ホークスの「ヒズ・ガール・フライデー」を見ましたが印象はまったく同じです。
この物語の面白さは、新聞社の編集長が、敏腕記者を自分の会社に引き止めておくために、あの手この手を使って退職を妨害する点にあると思うのですが、いくらコメディ映画といえども他人の迷惑を顧みない自分中心の編集長(演じるのはケイリー・グラント)には嫌悪感しか覚えません。本当にこんな主人公像が支持されているんでしょうか、と疑問に思います。
また、それほど記者の実力って違うものなんですか? だとしたら、そういうこともしかっりと描いて欲しい。
死刑囚が絡んでくる後半の展開にしてもギャグもなければサスペンスもなしで退屈きわまりなく、また寝てしまうところでした。
膨大な量にのぼる会話を細かいところまで英語のまま理解できれば、面白さが分かるんでしょうか?
「犯罪都市」と「スイッチング・チャンネル」は見ていないので何ともいえませんが、私にとって、この「フロント――」という物語は、いまのところ駄作にしか思えないのです。
 というわけで……
 なぜ、この原作が4回も映画化されるほどアメリカ人に受けているのか、また、皆さんはこの物語(もしくはその映画化作品群)について、どのような感想をお持ちになっているか、この二点を教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

かなり昔の映画ですね(*^_^*)


当時にしたら傑作だったのではないですか?
アメリカン・コメディーだし、感覚の違いもありますから、
楽しめないって場合は多くあると思いますよ(笑)
セリフ合戦が見所映画だから、特に日本人の
私達からしたら面白さが欠けるのかもしれません。
「映画」として割り切って楽しむのが良いです♪
そうでなくても、たいして良くないのに、
何でリメイクされた?とか、全米でヒットしたのに、
たいして面白くなかったって作品は他にも
沢山ありますからね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/28 23:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハンニバル 原作との違いなんです機内のシーンでレクター博士が持ちこむランチボックスですが・・原作は?

機内のシーンでレクター博士が持ちこんだのはランチボックスですが、映画ではどこのものになっているのでしょう?
いた?

Aベストアンサー

原作ではフォションですよね。新潮社のムック「ハンニバルのすべて」(それをごらんになると、疑問はかなりなくなるのでは)で、再現されたボックスを見られます。
ハンニバルの公式ページで、(日本語)色々疑問に答えてもらえる(メールで訊く)コーナーありますよ。そちらのが詳しく教えてもらえると思います。あと、BBSをみてみるのもおすすめ。

参考URL:http://www.hannibal.ne.jp

Q聖書関係の映画を教えてください。(またアーサー王関係の映画も。)

聖書を映画(できたらDVD希望)で勉強できたら
もっと面白いだろうなと思っています。

聖書に出てくる人物をストーリーにした映画や
聖遺物を探索するような映画で、お勧めがあったら
教えてください。

今特に観たいと思っている映画は、円卓の騎士達が聖杯を探しに行くものです。
円卓の騎士達が、聖杯を探索する映画があれば是非教えてください。
(聖杯探索DVDは、インディージョーンズだけしか見ていません。)

Jesusの映画は、多少観ているつもりです。

Aベストアンサー

「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」
一応アーサー王と円卓の騎士が聖杯を探す旅の話ですが、イギリスのコメディグループの作品なので、他の作品をご覧になったあとにご覧になるのがよろしいかと。

Qアカデミー賞にみる。 ハリウッド…あんな 社会性や抽象的な映画を作れるのに。 また 【アメコミ映画】

アカデミー賞にみる。
ハリウッド…あんな 社会性や抽象的な映画を作れるのに。
また 【アメコミ映画】【ハリポタ】みたいな映画に なるんですかね??

Aベストアンサー

>バランスが アメコミ映画やファンタジーに傾き過ぎているのが 残念。

#2で回答した者ですが、傾いているとお感じになる根拠は? 私は、まったく傾いていないと感じるのですが。

ただ、マーベルに代表されるアメコミ映画やファンタジーは予算が潤沢なので、映画自体が豪華なだけでなく、宣伝や劇場数にもお金をかけられる分、あまり映画を見ない人からすれば目立つのかもしれませんね。でも逆に、小さなスクリーンでは上映しないので、マーベルをまったく上映しない劇場はいくつもありますし、マーベルの存在すら知らない映画ファンも少なくありませんけどね。

ちなみに、社会性がある抽象的な映画の多くは、レイティングなどの関係で子供が見られませんので、見られる観客の比率が少ない分、社会全体から見れば目立たなくなる傾向もあります。しかし、子供向けのファンタジーには疎いけれども、ドキュメンタリーはたくさん見るという人は大勢います。

また、ファンタジーの中には往年の純文学を原作としたものも少なくありませんし、そもそもアメコミの原作も今や古典になってしまったので、そういったものの映画化は必ずしも憂うべきものではないでしょう。とはいえ、「ファンタジーにするからにはCGも使って3D版も用意するのが当然」という流れができてしまっているのは確かにありますよね。その点、ホラーの世界などでは、原点回帰して、CGを使わなくなってきてはいると思います。また、大作でも必ず2D版がありますので、多くの映画ファンは敢えて2Dで観ていると思います。さらには、映画祭が増えましたので、インディペンデント系は映画祭を中心に評価され、人気を広げています。

そうやって映画界は選択肢が増えて住み分けもできてきていると感じます。アメコミやファンタジーしか見ない人たちも他のジャンルやシネコン以外の劇場の良さに気づいてくれたら嬉しいですよね。

>バランスが アメコミ映画やファンタジーに傾き過ぎているのが 残念。

#2で回答した者ですが、傾いているとお感じになる根拠は? 私は、まったく傾いていないと感じるのですが。

ただ、マーベルに代表されるアメコミ映画やファンタジーは予算が潤沢なので、映画自体が豪華なだけでなく、宣伝や劇場数にもお金をかけられる分、あまり映画を見ない人からすれば目立つのかもしれませんね。でも逆に、小さなスクリーンでは上映しないので、マーベルをまったく上映しない劇場はいくつもありますし、マーベルの存在...続きを読む

Qビリー・ワイルダー追悼

以前ジャック・レモンのときにも同じ趣旨の追悼をしたんですが、
私の敬愛している大監督ビリー・ワイルダーがついに天に召されてしまいました。
95歳・・・・天寿を全うでしょうか・・・。
生涯で30本にも満たない監督作品ですが、みなさんの思い出に残るB・ワイルダー作品はどの作品ですか?
1本に絞るなんてそれは無理な話かもしれませんので、何本でも。
感想やエピソードを交えて下されば幸いです。

ちなみに私は「第17捕虜収容所」でしょうか。
W・ホールデンがしぶかったなあ。
ラストの収容所での口笛のシーンが忘れられません。
それと、「サンセット大通り」。
冒頭のプールに死体が浮かんでいるシーンから始まる
サスペンスっぽいあの仕掛け。
G・スワンソンの往年の大スターとしてのプライドと
陰りが・・・・。

合掌

Aベストアンサー

ほんとに驚きました。95歳というのはまさに天寿を全うしたと言えるのでしょうけど・・古きよき時代の映画人がどんどん少なくなってしまいますね。
私の一番好きなワイルダ-監督作品は「フロントペ-ジ」です。ビリ-・ワイルダ-、ジャック・レモン、ウォルタ-マッソ-まさにゴ-ルデントリオでしたよね。ジャック・レモンの敏腕新聞記者とその編集長のウォルタ-・マッソ-の絶妙な駆け引きが大好きでした。当時同時期に公開された映画に「エアポ-ト75」、「タワ-リングインフェルノ」があってどれを見ようかな-っとさんざん迷った覚えがあります。
「昼下がりの情事」、「お熱いのがお好き」も良かったです。
ご冥福をお祈りしたいと思います。

Qシドニーシェルダン原作の映画について

シドニーシェルダン原作の映画について、
原題と映画のタイトルが違うので見たくても探せません。
どなたか、邦題で何というタイトルの本が、
何というタイトルの映画(ビデオ)になったか
教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

映画化、あるいはTVドラマ化されてビデオになっているものは以下のようなものがあります。右側が映画化・ビデオ化のタイトルで、変更がないものもあります。

「顔」→「露骨な顔」
「真夜中は別の顔」→「真夜中の向う側」
「私は別人」→「鏡の中の他人」
「血族」→「華麗なる相続人」
「天使の自立」→「天使の自立」
「天使の自立2」→「運命の扉」
「ゲームの達人」→「ゲームの達人」
「神の吹かす風」→「神々の風車」
「時間の砂」→「時間の砂」
「女医」→「女医」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報