ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  
    • good
    • 313
この回答へのお礼

すばらしい解答ありがとうございました。 深いですね。 なぜ葦なんだろうと思っていたんですが、、。 本当に葦のようにみんな強いといいんですがね。 ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 22:42

うわっ。

すごいな。下の人の解答で感心した。やっぱり哲学カテがおもしろいかなぁ。
>人間は考える葦である。
葦は群生するしね。だめだ、これぐらいしか思いつかん、。(泣
    • good
    • 30

こんばんは。



『人間は考える葦である』はパスカルと言う人の言葉です。

Blaise Pascal(1623~1662)
フランスの哲学者・数学者・物理学者。
大気圧・液体圧に関する業績や円錐曲線論は有名。無限な宇宙に比すれば、人間は葦のように弱いが、それを知っている人間は「考える葦」として偉大であり、人間のこの自己矛盾を救うものはキリスト教であると説いた。
これを物体・精神・愛と言う秩序の三段階と呼んだ。今日では実存主義の先駆と見なされている。
著「パンセ」などのほかイエズス会士との論争書簡集がある。

以上、広辞苑第4版からの抜粋でした。

私の考える「人間は考える葦である」はまとまりがなくて、しかも原文をすべて読んだわけではないのでおかしいかもしれませんが以下のようなものです。
 人間は、一本だと葦のように弱いモノですが、その葦の一本はいろんな事を考えることも出来て、まとまると強くなる。
弱いけど強い、でも弱い…と結論が出ないのじゃないだろうか?と思ってます。

それでは失礼します。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 11:10

フランスの思想家にして自然科学者パスカル(1623~1662)の代表的著作「パンセ」の中の一節です。


以下にそのくだりを引用します。

「人間は ひとくさの 葦にすぎない。自然のなかで最も弱いものである。 だが、それは考える葦である。(中略)たとえ宇宙が彼をおしつぶしても、人間は彼を殺すものより尊いだろう。なぜなら、彼は自分が死ぬことと、宇宙の自分に対する優勢を知っているからである。宇宙は何も知らない。だから、われわれの尊厳のすべては、考えることのなかにある」
    • good
    • 14
この回答へのお礼

なるほど、深いですね。 ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/27 10:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q人間は考える葦である という意味を簡単に教えて下さい。

人間は考える葦である
という意味を簡単に教えて下さい。

Aベストアンサー

葦とは価値の無い存在を意味する。
だから、葦から生まれる商品は安価であった。
ひとたび、考えるとは何たるかを知った人間は輝く存在となる。
価値無しの思考を持った人間が考えることを知った人間である。

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Q 人間「の」考えは葦のようなものである!

 人間の執着心は漬物だと思う、という感想にムッとしてこうした質問を思いつきました。

 フランスの哲学者パスカルのことば「人間は考える葦である」という有名な言葉の真意はともかく、人間の“考えは”往々にして“葦のようなもの”と思えてなりません。

 私なら、天に向かって真っすぐそびえたつ杉の木のような“考え”を持ちたい。

 たとえ強風に耐えられなくて倒れてしまったとしても。

 こうした思いは自己チュウであるとの批判を免れないのでしょうか。

 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 yy8yy8azさん、ANo.3です。
 「葦である人間」は考えることや高貴性を希求(究極の存在とは当為であり、当為の理念や要請は結果であるに過ぎない、つまり残滓でしかない現実界には実現や存在がなくても、希求という事の究極性と高貴性は、か弱い葦を超えるものである。)するが故に、その存在性を強調できる、という事ですよね。
 葦の存在が葦の世界ではない世界に存在する。
 そういう意味でもあるのでしょう。
 でもyy8yy8azさんは敢えて、《人間の“考えは”往々にして“葦のようなもの”》と思えてならない。
 現実界という残滓ばかりしか見えないところをみているとそういう観念も覗いてくるのでしょうね。
 存在の根源は意志であり、意識であると《マルクスの唯物論で中学の教育をされながら》思います。
 そして人間とはそういう至高を思考し、至高を志向し、至高を希求する。
 当為という自己性を否定しきったあり方はでき得ない。必ず望郷してくる。戻環してくる。
 徹底して堕落すると、必ずこうではならなくなってくる。
 そういうものだと存じます。
 パスカルは人間の故郷という天界性を道破していると存じます。

 これは葦の人間であろうと、数百年、数千年のたくましい杉であろうと同じです。
 葦も杉も創造や自然の結果としてのものであるから、同じ宿命にを担っている。
 単なる相対的な比較でしかない。
 人間はどんなにすごくても所詮は人間でしかない。
 被創物という悲しい宿命は超えられない。人間という存在性にいる限りは。創造を超えれば(可能であるが、)その宿命は超克しうる。

 葦も杉も根をはっているのは大地であり、頭を上げているのは大空である。
 葦と杉の大地と大空に何の変りもありはしない。
 杉が自己チュウなら葦も同じである。杉になろうが葦で居ようが、自己チュウの存在者は何になろうと自己チュウであり、至高の思考も、至高の志向も、至高の希求もできない。

 などと思いました。

 それと、不思議なことにヒンドゥのマハバーラタ物語のカルナも生まれて直ぐ、葦の籠に入れられて流され、老戦士夫妻に拾われ、育てられ、この物語でも、バガヴァッドギータでも重要な役割をします。
 つまり人間と人生における原理であり原則の一つとしてのカルナは葦に入れられ流され、たどり着くのですね。
 そして育てられる。この現実界の戦士に戦士として。インドではアルジュナより人気があるのですが。つまり、人生を少し斜めに生きる、活動性の原理ですね。
 人って自分のあり方に引き込んで、身につまされているんですね。
 聖性のアルジュナはどうもまとも過ぎてね。

 そして不思議にも、日本でも葦をそんなふうに使っている話が、記紀にあるようですよ。
 今はちょいと思い出せませんが。
 
 聖性といおうが、斜めの人生といおうが、創造って個々性と個別性そしてその分別認識で成り立っていますから、他と違うということが基本ですね。
 そういう存在性は所詮、自己中心です。どうしても。それをどう超克するかが人間の課題でしょう。
 マハ(偉大な)バーラタ(士族)物語、バガヴァッドギータ(根源を頌う詩)は私たちSelf-Realization Fellowshipの聖典です。
 そこでのアルジュナは腰骨のチャクラ、カルナは脊柱の上から下りる地点でもあり、昇るちてんでもあります。ラージャ(王という地上界の支配者)ヨガの教えです。以下:参考URL
 http://www.yogananda-srf.org/
 http://www.srf-tokyo.org/tokyo_group.php

 yy8yy8azさん、ANo.3です。
 「葦である人間」は考えることや高貴性を希求(究極の存在とは当為であり、当為の理念や要請は結果であるに過ぎない、つまり残滓でしかない現実界には実現や存在がなくても、希求という事の究極性と高貴性は、か弱い葦を超えるものである。)するが故に、その存在性を強調できる、という事ですよね。
 葦の存在が葦の世界ではない世界に存在する。
 そういう意味でもあるのでしょう。
 でもyy8yy8azさんは敢えて、《人間の“考えは”往々にして“葦のようなもの”》と思えてならない...続きを読む

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Qなぜ、人間はまた人間に生まれかわりたいと思うのか?

なぜ、人間はまた人間に生まれかわりたいと思うのか?

「輪廻転生というのだろうか、仮に次、生まれかわれるとすれば、
何に生まれ変わりたいか?」
こういう質問なら、大多数の人が、また人間に生まれかわりたい、と
答えるのではないか。

しかし、人間に生まれかわることが、そんなに幸せなことであろうか?
人間は脳が発達しているため、苦悩する生き物である。
僕にはとても楽な生き物とは思えない。
それならば、本能で生きている動物のほうが幸せではないのか?
悩み事をかかえているとき、犬や猫にむかって「お前はいいな~」と、
思った事がないであろうか。
それでも、人間に生まれかわりたいと思うのはなぜであろうか?
ちなみに僕は、滝川クリステルさんの愛犬に生まれかわりたいです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「輪廻転生というのだろうか、仮に次、生まれかわれるとすれば、 / 何に生まれ変わりたいか?」
 こういう質問なら、大多数の人が、また人間に生まれかわりたい、と / 答えるのではないか。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ その《大多数》に入らない者のひとりですと 言わずもがなのことをわざわざ述べる投稿です。
 《また人間に》にしても 《生まれ変わる》という概念はありません。
 その種の概念を抱くことは いま《わたしがわたしである》状態にはないということを告白しているに過ぎないと考えるからです。つまり そんなひまはないはずです 《わたしがわたししている》ならば。

 ★ それでも、人間に生まれかわりたいと思うのはなぜであろうか?
 ☆ ふたつ理由が考えられます。
 やり直したいというのが ひとつ。
 いまでもそこそこたのしい。これでよい。と思っているというのが もうひとつです。
 後者は その人の主観のうちでは 《わたしがわたししている》ということにもなります。つまりそれは 《わたし》を割り引きしたのだと思います。その主観においては ほかの人間や世の中から値崩れを余儀なくさせられたと思っているのでしょう。
 この種の主観に対しては さげすむ という手があります。人間にはです。

 こんにちは。

 ★ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「輪廻転生というのだろうか、仮に次、生まれかわれるとすれば、 / 何に生まれ変わりたいか?」
 こういう質問なら、大多数の人が、また人間に生まれかわりたい、と / 答えるのではないか。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ その《大多数》に入らない者のひとりですと 言わずもがなのことをわざわざ述べる投稿です。
 《また人間に》にしても 《生まれ変わる》という概念はありません。
 その種の概念を抱くことは いま《わ...続きを読む

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Q挑発的に振舞う人間は、賢くて優れた人間、または環境によく適応した健全な人間ですか?

こんばんは。

私の知人が、挑発的に振舞う(相手の怒りや暴力を誘うかのように、ルールを破ったり、嘘をついたり、騙したり、陥れたり、馬鹿にしたりするような)人間を肯定します。
その大略は以下の通りです。


○その行動に違法性が無ければ問題ない。違法性があっても、捕まらなければ問題ない。捕まっても、それに見合った適正な処罰を受ければ良いだけの話。

○そのような人間は、法律に守られながら、そのように振舞うことによって、(精神的または物質的に)何らかの利益を得ている訳だから、それは賢くて優れた人間、または環境によく適応した健全な人間だ。
逆に、それによって被害を被るような人間は、愚かで劣った取るに足りない人間だ。


この知人の言っていることは正しいのでしょうか?(実際、この知人は、そのように行動しているようです)

真面目に生きるのは馬鹿なの? という嫌な思いが過ぎった為、質問させて頂きました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この知人氏の様な人は、結局は損をします。

人間、法律などと言う以前に、相手を尊重しなければ自分も尊重されないものです。尊重されない人間が、どうして賢くて優れた人間なのでしょうか、どうして環境によく適応した健全な人間なのでしょうか(この辺り価値観の違いかも知れませんが)。


歴史を繙くと、たとえば柴田勝家という人が居ます。彼は越中の国(現在の富山)の攻略を命じられた際、その守備隊(上杉家と越中の地侍)をだまし討ちにしています。
その結果、本能寺の変の際に京都へ兵を出すことが、背後を狙われているために出来ず、距離的に遙かに遠くにいた羽柴秀吉が明智光秀を討ち、天下を取り逃がしてしまいました。

結局、この世の中は人間同士で成り立っているのです。真面目すぎるのも考え物ですが、この知人氏の様な生き方も考え物です。

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Q人間は人間としての認識パターンから抜け出せない。ここに人間の限界性はあるとみてよいですか。

人間は人間としての認識パターンから抜け出せない。ここに人間の限界性はあるとみてよいですか。

たとえば、物事のありやなしやというのも、人間の認識パターンなのだということが言えませんか。
神のありやなしやとか、その他いろいろ。

Aベストアンサー

「そのものの限界」が「それ」を規定しているのだから、「人間の限界」が「人間というもの(存在)」の在り方を決定しているといえるでしょう。

「定義」することは、その「限界」を設定することです。「A」の限界が、「A」を「A」たらしめているのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報