何年か前にテレビで放映されていた映画です。
ストーリーはイスラエルの旅客機にアラブ過激派(ヒズボラ?)がハイジャックし、乗客の中からユダヤ人とアメリカ人を選別して殺そうとする内容でした。
たしかあるアメリカ人乗客の出身がニュージャージーで、過激派の一人が「ニュージャージー?ニュージャージー!我々の町を艦砲射撃で灰にした船はニュージャージーだ!!」と怒りまくるシーンが印象的でした。
題名を知りたいので、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まったく自信がないので申し訳ないのですが、イスラエルのハイジャック映画といわれてすぐ思いつくのは、ウガンダかどこでかのハイジャック事件に取材した『エンテベの勝利』です。


以前ビデオでも出ていましたが、イスラエルの政治的宣伝映画としての評判のみで、週刊誌の映画評では惨々でした。
手元に資料がないのですが、このタイトルでお調べになってはいかがでしょうか。
自信がない回答ですみませんが。

この回答への補足

新しい答えが出るかと思い続けて1年以上経ちましたが、結局出てきませんでした。埋もれてしまった答えなので、もう一度質問しなおそうと思います。
ずっと「放置」して申し訳ありませんでした。

補足日時:2002/05/09 09:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。残念ながら「エンテベの勝利」は違うと思います。なぜならこの「エンテベ~」は1976年に制作された映画ですが、戦艦ニュージャージーがレバノンを砲撃したのは1984年、従って映画はそれ以降に作られたものだからです。

お礼日時:2001/02/04 05:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアラブ過激派によるハイジャック映画の題名

昔No.24214で質問したのですが、埋もれたためか回答が得られなかったため、もう一度質問します。
何年か前にテレビで放映されていた映画です。
ストーリーはイスラエルの旅客機にアラブ過激派(ヒズボラ?)がハイジャックし、乗客の中からユダヤ人とアメリカ人を選別して殺そうとする内容でした。
アメリカ人乗客の一人の出身がニュージャージー州で、過激派の一人が「ニュージャージー?…ニュージャージー!我々の町を艦砲射撃で灰にした戦艦はニュージャージーだ凸(`Д´メ)!!」
と怒りまくるシーンが印象的でした。

また吹き替えだったのですが、おそらく英語バージョンでアラブ過激派はアラビア語を使っていたのでしょうか、以下のような間抜けなシーンが出てきました。

コックピットで機長が地上と通信した後、過激派が次のように言いました。
過激派「今、何と言ったのだ!?」(←アラビア語で言ったのだと思われ)
通訳「 今、何と言ったのだ!?」(←おそらく英語)
機長「~と交信したのだ」(←これも英語でしょう)

このようなやり取りが何度も出てきました。
過激派も通訳も全部日本語吹き替えだったので、同じ言葉を二度ずつ言い、思わず「通じてるやんけ!(笑)」とツッコミ入れたくなりました。

題名を知りたいので、教えて下さい。
なお前回の回答に「エンテベの勝利」では?というのがありましたが、「エンテベの勝利」は1976年に作られた映画で、私が知りたい映画に出てくる米国の戦艦ニュージャージーによるレバノン砲撃の話は1984年のハズでしたので違う映画だと思います。

昔No.24214で質問したのですが、埋もれたためか回答が得られなかったため、もう一度質問します。
何年か前にテレビで放映されていた映画です。
ストーリーはイスラエルの旅客機にアラブ過激派(ヒズボラ?)がハイジャックし、乗客の中からユダヤ人とアメリカ人を選別して殺そうとする内容でした。
アメリカ人乗客の一人の出身がニュージャージー州で、過激派の一人が「ニュージャージー?…ニュージャージー!我々の町を艦砲射撃で灰にした戦艦はニュージャージーだ凸(`Д´メ)!!」
と怒りまくるシーンが印...続きを読む

Aベストアンサー

whiteholeさんの観られた映画、私もかつてTVで観たような気がします。
もしかして、こんなんじゃ無かったですか?

1.犯人のアラブゲリラはそれほど乱暴ではない
2.映画の主人公はスチュワーデスで、彼女とハイジャック犯との絡みが中心。
3.犯人にスチュワーデスが英語の歌を教える。
4.乗客の名簿でユダヤ系と思われる人々をセレクトする。
5.犯人のリーダー格にスチュワーデスが求婚される。
6.最後は犯人達が希望の国に降り立ち投降(亡命?)。

これらが全て当てはまれば、タイトルは「ハイジャック・パニック 戦慄の847便」だと思います。原題は「THE TAKING OF FLIGHT 847」(タイトルからしてかなりB級)
余り人が死ぬ場面も無く、かなり異質なハイジャック映画だと記憶しております。

Q地下鉄ハイジャック

サブウェイ123、実は予告編もみてないし、ラジオCMしか聴いていないのですが、

地下鉄なのにハイジャック?
が気になって仕方ありません。

バスはバスジャック、って言いますよね?
車はカージャック、って言いますよね?

なぜ地下鉄なのに「ハイジャック」なんでしょうか?

Aベストアンサー

「ハイジャック」の単語の由来 ~Wikipediaより~
ハイジャックの語源には諸説あり、追いはぎを意味する「Highwayman」と密猟者を意味する「Jacker」を組み合わせた単語である「Hijacker」から転じたものであるという説や、「Stick'em up high,Jack(手を高く上げろ)」という強盗の文句から成立したとされる説もあり、駅馬車強盗が駅馬車の御者を呼び止める時に「Hi,Jack!」(やい、おめぇ)と声をかけた事から来ているとも言われている。したがって、対象が船でも車でも、乗り物を乗っ取る行為はすべて「ハイジャック」である。しかし、日本においてはよど号ハイジャック事件の際に「Hi」を「高い」という意味の英単語「high」と間違えて「高い所を飛ぶ=飛行機」の意味と捉え、「jack」を「乗っ取り」の意味として捉えたため、その後「バスジャック」、「シージャック」、果ては放送電波への重畳を「電波ジャック」、番組への乱入を「番組ジャック」と呼ぶなど多数の「ジャック」を使った和製英語が生まれることになった。ただ、同様の誤解は英語圏でも存在するらしく、航空機乗っ取りを描いた「スカイジャック」なる海外小説が実在するように、この後に「スカイジャック(skyjack)」という言葉も生まれている。また、自動車を狙った「カージャック」も普及し始めている。ただ、元の英語ではバスや船を乗っ取られた際に「バスジャック」「シージャック」と呼ぶことはない。
英語圏では、ジャック (Jack) という名前が男性の一般的な略称であるため、ロサンゼルス国際空港のように、「Hi, Jack」(ハイ、ジャック)あるいは「Hey, Jack」(ヘイ、ジャック)と挨拶することは避け、不意の混乱を起こさないように呼びかけている場所もある。

「ハイジャック」の単語の由来 ~Wikipediaより~
ハイジャックの語源には諸説あり、追いはぎを意味する「Highwayman」と密猟者を意味する「Jacker」を組み合わせた単語である「Hijacker」から転じたものであるという説や、「Stick'em up high,Jack(手を高く上げろ)」という強盗の文句から成立したとされる説もあり、駅馬車強盗が駅馬車の御者を呼び止める時に「Hi,Jack!」(やい、おめぇ)と声をかけた事から来ているとも言われている。したがって、対象が船でも車でも、乗り物を乗っ取る行為はすべて「ハイジ...続きを読む

Qニュージャージー、ニューヨーク郊外が舞台の映画

ニュージャージーが舞台の映画を教えてください!
「コヨーテ・アグリー」「サタデーナイト・フィーバー」「54」「ドグマ」等は観ましたので、他にありましたらお願いします。
できたら最近のが良いのですが、多少古くても構いません。

それから、ニュージャージー、ニューヨーク郊外でも良いので、そこの自宅からマンハッタンに仕事を持っている人の話の映画等もありましたら教えて下さい。

細かく指定しますと、ジャージーシティ近辺が舞台になっている映画が良いのですが、とにかく土地柄やなんかが出ている映画を観たいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。回答ではないのですが、気になったことがあるので書き込ませていただきます。

#1さんの答えにある『エバースマイル、ニュージャージー』にニュージャージーは一切出てこなかったと思いますよ。虫歯退治の使命感に燃え、米財団の出資で南米パタゴニアの街を巡回するアイルランド人歯科医と、そこで出会って彼についてきた若い女との旅を描いてます。確か、その財団の名前が「エバースマイル」、財団の本部がニュージャージーにあることからこのタイトルがきていたと思います。
たぶん、#1さんは某映画検索サイトで「ニュージャージー」と打ち込んで出てきたタイトルを中身を見もせずにコピーしているだけだと思われます。回答一番乗りを目指しているのか、こういったいい加減な回答をしてくる者もおりますので、気をつけてください。

ちなみに、その『エバースマイル、ニュージャージー』は変な映画ですが、なかなかおもしろいですよ。

ニューヨーク/ニュージャージー関連の回答ができなくてすみません。

Qたしか2.3年前の洋画だったと思いますがタイトルが思い出せません

内容は子供が失踪する事件の話ですが、結局、仕事を辞めた警察?保安官?が家でその失踪した子と暮らしていて、それを発見した元同僚が通報して親の元に帰そうとしたけど、同僚の恋人が親はヤク中だし今の状態があの子の為よ、見たいな事を言われ葛藤したが結局通報してしまう。みたいな内容だったと思います、その失踪してた子をかくまっていた警察はかなり有名な俳優でした。これしか思い出せる部分が無いですが又見たいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

その映画は『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(2007・米)です。
http://movie.goo.ne.jp/dvd/detail/D112569563.html

デニス・レヘインのベストセラー小説を、俳優のベン・アフレックが監督した作品で、レヘインもアフレックも舞台となるボストンの街に非常にこだわりを持っているため、街の雰囲気の描写が非常に秀逸な名作ですね。(同じくレヘイン原作の『ミスティック・リバー』もよく似た雰囲気でした)
ちなみに“その失踪してた子をかくまっていた”のはモーガン・フリーマンで、そのほかにもベン・アフレック監督のもとに馳せ参じた俳優達は超豪華キャストです。どうしてこの作品が劇場未公開なのか不思議でなりません。

映画をごらんになるのなら、原作小説『愛しき者はすべて去りゆく』(角川文庫)もぜひご一読いただきたいです。ベン・アフレックがいかに原作の雰囲気を大切にして撮ったか、その意外な才能に驚かれると思います。

Q洋画で飛行機ハイジャック映画、現金輸送の映画で、おもしろい映画はありま

洋画で飛行機ハイジャック映画、現金輸送の映画で、おもしろい映画はありませんか?

教えてください(^o^)

Aベストアンサー

「エグゼクティブ・ディシジョン」は王道で面白かったですよ。911との関連も気になるところです。

現金輸送じゃないのですが
飛行機、というのと、非常に重要なものを盗み出される、という点で近いかなと思います。
ちょっと古いですけど。
「ブロークン・アロー」


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報