街の中に建つ立派な銅像が、自分の身体に埋め込まれた装飾品を、
鳥に頼んで取ってもらい、貧しい人々に分けてあげるという話です。

人々は思わぬめっけ物に大喜びして、それを見ている銅像は
みすぼらしい姿に成り果てていくという・・・。

たぶん外国の童話だったと記憶しています。
御存知の方、教えて下さい。

A 回答 (4件)

「幸福の王子 」(オスカー・ワイルド 著)ではありませんか?



考えさせられるところも多く、ワイルドらしい、哀しいお話ですネ。

参考URL:http://www.hyuki.com/trans/prince.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。リンク先で読みました。
子供の時分は、ただもう可哀想で泣いた記憶しか無かったのですが、
読み返してみると、当時の権力者に対する痛烈な批判が
込められていて、感心しちゃいました。

お礼日時:2002/03/30 15:23

幸福の王子 -The Happy Prince-


オスカー・ワイルド 作

訳文が載ってるところがありました。ご参考までに。

参考URL:http://bunchan.tripod.co.jp/tanpen2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
あっという間に4人もの方に解答をいただいて、驚いています。

大人になって読んでも、少し涙ぐんじゃいました。
ひとの感性って、それほど変わらないものなのかもしれません。

お礼日時:2002/03/30 15:49

タイトルは「幸福の王子(さま)」で、原作はオスカー・ワイルドです。


街の中に建っている銅像の王子様とツバメの話です。
世界名作集等のなかに収録されているのではないかと思うので探して見てください。
小学館や偕成社などからも出版されていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
リンク先のサイトで読みましたが、本を買って何度でも
読みたい話です。

お礼日時:2002/03/30 15:26

知ってます。

読んだことあります。
確かグリム童話の一つだったと思いますが
タイトルを覚えていません。
グリム童話で検索したんだけれどわからなかった。
確か銅像の想いとうらはらに村人は堕落していくというラストだったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ検索までしていただいて、ありがとうございました。
リンク先を紹介していただいたので、PEPSIさんもよかったら
読んでみて下さい。

お礼日時:2002/03/30 15:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明らかに立派な方なのに「実用書・自己啓発書」読まないってどういう事ですか?><

なんか、うちの弟もそうですが、

もう、バリバリ、社会に出て働いて、35ですが、携帯や、ネットの知識、社会性、常識。。。

など、私をはるかに凌駕してる「尊敬してる弟ですが、

何故か、「実用書や、自己啓発の本をお前、読んだら?」

って貸そうとすると、いらない。。。

って言いますが、これは何故ですか?

今、職員さんに、聞いたら、「いや、僕も断りますね。。何故か、って言うと、向上心はもちろんありますが、なんていうか、自分の生活から学びたい。とか、先入観とか、価値観を植え付けられたくない。って思いますそういう人もいるんですよ。」

と、言ってましたが、そういう人ですか?

皆様は、どうですか?

お願いしますw

Aベストアンサー

今話題のなんとか本だからと言う理由で選択するのってあり得ん

自分で何か問題解決の手段を探していて、手に取った物がと言うようなのであればまだ許せるが

ベストセラーって、良い本だからとは限らないし逆の場合の方が少なくないと感じているけどね

Q童話【宝石姫】作者について

【宝石姫】という童話の作者や出版されていれば、出版元などについて教えてください。
話の内容は、魔法使いが心の優しい妹姫はしゃべる度に口から宝石が飛び出すように、それを妬んだ意地悪な姉姫はしゃべる度に虫かヒキガエルが飛び出すようになり、妹姫は王子と結婚、幸せになるという話だったと思うのですが、うろ覚えです。
童話って容赦無いですけれど、そういう話ほど心惹かれる題名ですね。

Aベストアンサー

原作は、シンデレラのシャルル・ペローです。
「せんにょのおくりもの」とも言うようです。

参考URL:http://www.suguri.net/book17.htm

Q宝石姫(童話)について

シャルルペロー作の「宝石姫」という童話があるのですが、その本を購入できるところを探しています。

amazonなどネットでいろいろと探してみたのですが、廃刊なのでしょうか、なかなか見つからず困っています。

どうかご協力お願いいたします!

Aベストアンサー

「宝石姫」って、おばあさんにお水を飲ませたあげて、ものを言うと口から宝石が出るようになった女の子?のお話でしょうか?

本当はたぶん「仙女たち」とかいうタイトルの話ではないかと思います。長靴をはいた猫(河出文庫・澁澤龍彦さんの訳です)という文庫本に収録されていたはずです。
この本持っているのですが、整頓が悪くていま出てこない・・・

普通に大きい本屋さんにはあると思うので、ごらんになっていただくのがよいかも。絵本等をお探しでしたら申し訳ないです。

ご参考になれば幸いです。

Qグリム童話「暗黒姫」について

山口雅彦『生ける屍の死』(創元社推理文庫)にて、ヒロインがふと
グリム童話を思い出すくだりがあります。

黒い髪黒い瞳の、生まれながらに暗黒を背負ってきただか悪魔に取り憑かれ
ただかの姫君がおり。12の誕生日に彼女は棺を作らせ、自ら生きながら
その棺の中に入った。王女の霊廟の、その棺の周りには毎晩6人の兵士が
衛兵としてつくが、翌朝霊廟の扉を開ける時 息のある者は一人として
いない。

「…このお話がハッピーエンドになるのかどうか、彼女は思い出せない」
と記述されていたこのお話。本当にグリム童話にこんなような話が
あるのでしょうか?あるとすれば、それは何という題名の、どんな話なの
でしょうか?ご存知の方いらっしゃいましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

柩のなかの王女と番兵、という話です。
『完訳グリム童話集』第5巻(金田鬼一訳:岩波文庫)に収録されています。
書店で入手できると思います

Qある童話のタイトルが思い出せない、多聞アンデルセンもの

今、手塚治虫のブッダを読んでまして。後半、人間に憧れる牛の説話がでてきまして、「アレ、この話どっかで聞いた事ある様な、似た様な童話あったな~」気に鳴り出して眠れぬ日々を送っとります。

要旨は、努力して神様から授かった人間の能力を牛人間が、動物助けのため次々とその能力を手放すというモノ。確かアンデルセンと思うのですが、少女が衣服を乞食に次々と与え最後には裸で凍死してしまう話に似てるな~と思いまして。

その童話のタイトルが思い出せないので、若干困っとります。
こうゆう思い出しネタって、ネット検索のキーワード選びに苦労するんですよね。

Aベストアンサー

私も『星の金貨』だと思ったのですが・・・。
最後は凍死するのではなく、空から金貨が降ってきて幸せになるというというお話しです。

同じような内容で凍死する童話も聞いたことがあるのですが、思い出せません。

もう少し、調べてみますね。

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/bit-m/story/hoshi.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報