引越しに際しておじいちゃんの盆栽を処分したいのですが、(かなり大量にあるらしく持って行けないそうです)盆栽の買取なんてやってるんでしょうか。
鉢だけでも2万から3万くらいするものらいしです。
すこしでも引越し費用の足しになればいいし次の家での盆栽の資金にもなりますし。
ただし、素人の作品なので盆栽の出来等に関しては疑問ですが。
(私も実際みたことないんで)
知ってる方よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちはhumihumiさん


私のおじいちゃんも盆栽を趣味としていてよく育てた盆栽を売りに盆栽屋さんに売りに行っていました、けっこう良いこずかい稼ぎをしていたようです、それと同じくそのような店では買取をしてくれるはずですのです。(ホームセンターのような店でなく盆栽専門店ですよ)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

主人のほうのおじいちゃんなんですが、よくきいてみると賞なんかもとっていて、もともとは植木職人だったらしいんです、、。知らなかったんですが。
だからきっといいお金になるんでしょうね。専門店探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/03 19:59

園芸市場に持ち込めばOK!


買参人は権利金などが必要ですが、出荷は誰でもできます。お近くの園芸市場に聞いてみて下さい。但し、金額は期待しない方が良いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

園芸市場なら大量にあっても引き取ってくれそうですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/03 20:06

ネットオークションなんかで、かなり高価で取引されているのを、


みたことがあります。
結構、マニアの方が、出品・落札されているみたいですよ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ネットオークションってやったことないんですよー。
この機会にちょっとのぞいてみようかなあ、、。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/03 20:05

買い取ってくれるお店は、あるようですよ。



http://www2.odn.ne.jp/shohin-bonsai/yorozuen/sub …

http://tsudabonsai.tripod.co.jp/newpage3.htm

お近くで買い取りをしているお店をネットで調べて、問い合わせてみられてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり専門店ですね。そんな盆栽の専門店があることすらしりませんでした。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/03 20:01

盆栽を含む植物一般は普通の園芸店では買い取りません。


もし買取を希望されるのであれば、リサイクルショップの類となるでしょう。
リサイクルショップでも盆栽は生き物ですので買い取りは難しいかもしれません。
それにしても買取価格はびっくりするほど安いです。
リサイクルショップは物を売って利益を得なければなりません。
ですから、売れるかどうかわからないものをお金を出して買い取るのかということですね。
どちらに住んでおられるかわかりませんので何ともいえませんが、盆栽の専門店があればそちらに問い合わせてみるのも一つでしょう。
それでも買い取り金額は期待できません。それに買い取ってくれるとも限りません。

大量にあって持っていけないということですが、トラック1台追加してでも持っていったほうがいいと思います。
経済的にもいいでしょうし、そのほうがおじいさんのためにもなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うちの義母がじいちゃんを引き取るらしいんですが、義母のうちはせまくって、おくとこがないのが現状なんです。
おじいちゃんもつらいと思いますが、、。どうしようもないんですよね、、、。

お礼日時:2002/04/03 20:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q盆栽を買い取ってもらいたい

引越しに際しておじいちゃんの盆栽を処分したいのですが、(かなり大量にあるらしく持って行けないそうです)盆栽の買取なんてやってるんでしょうか。
鉢だけでも2万から3万くらいするものらいしです。
すこしでも引越し費用の足しになればいいし次の家での盆栽の資金にもなりますし。
ただし、素人の作品なので盆栽の出来等に関しては疑問ですが。
(私も実際みたことないんで)
知ってる方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちはhumihumiさん
私のおじいちゃんも盆栽を趣味としていてよく育てた盆栽を売りに盆栽屋さんに売りに行っていました、けっこう良いこずかい稼ぎをしていたようです、それと同じくそのような店では買取をしてくれるはずですのです。(ホームセンターのような店でなく盆栽専門店ですよ)

Q盆栽鉢で教えて下さい

盆栽鉢で教えて下さい
盆栽用小鉢鉢 深さ5センチ位のを遊びに行った先の園芸店で購入
帰って使う準備をしてて初めて気ずいたのですがこの品底に排水用
の穴が全くありません
ふつう2個は底に穴有りますよね
この品はどうやって使うのでしょうか
底に穴無しだと根腐れとか心配なので何方か教えて下さい

Aベストアンサー

まさかとは思いますが...

「水盤」を購入されたわけでは無いでしょうね?

http://images.google.co.jp/images?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4SUNA_jaJP258JP259&q=%e7%9b%86%e6%a0%bd%e3%80%80%e6%b0%b4%e7%9b%a4

Q松の盆栽を庭に植え替え

こんにちは
ちょっと教えてください。
松の盆栽を庭に植え替えしたら、どのようになるのでしょうか?
数年~数十年経過してる場合、それほど大きくはなれないのでしょうか?
また、自宅は北東北のため冬は雪に覆われますが、何年もの間、軒下などで育てられてきた松の場合、大きな環境変化には耐えられるのでしょうか?
私のところには盆栽はありませんが、不要な盆栽を譲り受けた場合、庭でそこそこの大きさで盆栽風の姿で育ってくれれば見栄えが良いかなぁと感じております。

Aベストアンサー

環境の変化はすぐに対応して元気になるでしょうが、そのままの姿で全体に大きくなることは有りません。
根を張ることが出来なかった盆栽が、十分に根を広げることが出来るように成るので一気に新しい枝を伸ばそうとします。
よほどこまめに手入れをして新芽の伸びを短くしないと、元の姿は一気にバランスを無くし上の方ばかり大きく育ってしまいます。

普通の植木に育てるつもりで有れば元の枝は短いままに残り、新たな枝はすぐに大きくなりますが、盆栽のままの姿を保つには相当の努力が必要になります。
いずれにしても、松の木の剪定は大変難しく大変です。
梅などと違い、松の場合は古い幹からは新たな新芽を出すことは有りませんので、一旦枝間を伸ばしてしまうとバランスを崩してしまい修正出来なく成ってしまいます。

Q盆栽鉢の落款

「赤水」という落款の安価な盆栽鉢はどこで作られていたものでしょうか。
茨城県近辺で古い農家の納屋の横などに転がっている盆栽鉢から、この辺りの骨董市に出る一見古そうな鉢まで、大抵「赤水」という落款がある事に気が付きました。どれも作りがいまいち悪く、釉薬がかかった白っぽい土が主のようで、佐渡の無名異、伊藤赤水でない事は確かです。一部、紫泥焼締めなどもありますが、作りは型押しで中級以下なのも確かです。
年代的にはどれも戦後すぐくらいで、現在新品でこの落款は見たことが無いため今は生産されていないと思われます。
安物、地方限定(かもしれない)とはいえ、これだけ広く一般に出回っていた盆栽鉢とは何なのか気になります。
分かる方がおられましたら教えて頂きたい。

Aベストアンサー

湖東焼に赤水の銘のものがありますよね。

ただ、ご指摘のものは、それらの「写し」ではないでしょうか。

産地は?ですが。

Q短歌の添削お願いします。 かざられて おだてられては 展示さる まだ青き幹 盆栽若し

こんにちは、 

短歌の背景:
今英語圏某国に住んでいます。そこで、盆栽展なるものに行って来ました。

美しい鉢、コケの生えた土の間から生える、盆栽には何か普通の言葉では言い表せない美学がありました。

しかし、何かが違う。

なにか、こう小さいながらも、長い人生、諸行無常を感じさせる何かがない! ような気がする。

どうして、だろうとよくよく盆栽の木を見てみると、幹が細い、そして青い。

『こりゃ! 盆栽じゃなくて苗木じゃろ!』とつい叫びたくなって一句書いてみました。

短歌:かざられて おだてられては 展示さる まだ青き幹 盆栽若し

添削(元の句が跡形もなく残らなくても良いから)よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#5です。おほめの言葉、恐縮です。

前回の私の【例】では「ただ目の前にヒョロッとした盆栽がある」というだけで「外国の展示会を見て」の趣旨が入っていませんでした。そこで‥

「外国の人は、やっぱり日本文化の理解が足りないんだよなあ」という発想もありますが、見方を変えて、「日本文化への関心」を好意的に評価し、「こういう活動が、結局は相互理解や平和へとつながって行くであろう」と歌うほうが、読む人の共感を得やすいのではないか、と思います。

【例】外国(とつくに)の盆栽展の細き芽の幾世(いくよ)接がれて大樹とはなれ
(接ぎ木の「接ぐ」は、文化を次の世代へと継承する、という意味で使いました。すこし欲張ったかもしれませんが。)

Q盆栽の用土・鉢の消毒

 盆栽用の土(殆どは砂)や鉢を消毒して再利用したい場合があります。その場合、植物に害を与えない薬品を教えてください。園芸用品店・薬局等で売っている物をお願いします。

Aベストアンサー

 私は大菊栽培が専門なのですが、挿し芽用土(赤玉土、鹿沼土)を消毒するために、土にヤカンの熱湯をかけています。病害虫は70℃以上で死滅すると考えられますので、少量の土であれば簡単で確実だと思います。鉢にも当然効果はあると思いますが、急激な温度変化で割れてしまうと可能性がありますので無理にお勧めはしません。高価な盆栽鉢だとなおさらです。
 鉢の消毒としては、キッチンハイター液で鉢を浸けてしまうというのが、菊の世界では一般的ですがどうでしょうか。台所の雑菌をやっつけてくれるのですから十分な殺菌効果はありますし、食器にも使っていることで薬害への安心感がありますね。

 どうしても農薬を使いたい場合は、『バスアミド微粒剤』という農薬があります。土に混ぜてビニール袋に入れてガスで病原菌を死滅させる薬ですが、農家用なので一般のホームセンターには売っていません。農協か巨大ホームセンターの園芸資材館で売っています。購入には印鑑が必要だと思います。
 

Q盆栽について教えて下さい

盆栽について教えて下さい

たまたま通りかかったお店に盆栽が展示してあり、そこでの「ミニ盆栽体験教室」をきっかけに興味を持ち始めました。
ポットの苗木(紅葉)を鉢に移し替え、苔を張るといった感じで、至って簡単に完成しました。
自分で言うのも何ですが、単なる雑木がとてもオシャレな感じに仕上がりました。
盆栽は数十年かけて仕立てていくイメージが高く、なかなか手が出せないでいたのですが、手軽に楽しめそうですし、今後自分でも盆栽作りを始めたいと思っています。

そこで質問ですが、

■観葉植物のような感覚でと考えていますが、このまま小さい鉢に植えてあれば、成長も止まって維持されるものでしょうか?あるいは、少しずつ大きな鉢に植え替えたり、剪定したりする必要があるのでしょうか?

■最近、よくカフェや雑貨店にも盆栽が飾ってあったりして、とてもステキに思うのですが、
盆栽を屋内展示する場合の注意点を教えてください。

また、

■盆栽店にて多数展示してある盆栽は、果たしてどの程度の間隔で日光に当てているのでしょうか?
頻繁に出し入れするには、とても大変な作業かと思うのですが・・・。
まさか毎日、日光に当てているとも思えないですし・・・?

■蛍光灯でライトアップして展示している店舗もありますが、蛍光灯で、ある程度屋内に置いておけるものなのでしょうか?(単なる展示上の演出?)

■調べてみますと、植物育成用蛍光灯というものがありますが、どの程度効果があるものなのでしょうか?

以上、素朴な疑問ですがよろしければアドバイスお願いします。

盆栽について教えて下さい

たまたま通りかかったお店に盆栽が展示してあり、そこでの「ミニ盆栽体験教室」をきっかけに興味を持ち始めました。
ポットの苗木(紅葉)を鉢に移し替え、苔を張るといった感じで、至って簡単に完成しました。
自分で言うのも何ですが、単なる雑木がとてもオシャレな感じに仕上がりました。
盆栽は数十年かけて仕立てていくイメージが高く、なかなか手が出せないでいたのですが、手軽に楽しめそうですし、今後自分でも盆栽作りを始めたいと思っています。

そこで質問ですが、

■観葉...続きを読む

Aベストアンサー

鉢植えと盆栽は 似ているようで違うんです

モミジを例にしますと 剪定もせず伸びほうだい 風格も何も無い こう言うのを鉢植えといいます


盆栽と呼べるのは 小さいけど 近づくと 大木のように見える  林の中にいるみたいな 錯覚をいだかせるような 物

そういう風に木を育てるには 年に何度かの 芽摘み 葉刈り などの作業が必要になります
それも木の勢いを見ながら 衰えさせ過ぎず かつ 勢いを着け継ぎ小枝を太くしないようにするなど
経験とバランス感覚が要求される物です

若木だと毎年 老木だと2~3年に1度土替えが必要になります 
根を1/3程度切り詰めて 同じ鉢に植え戻す
 


店にならばっているのは完成品ですから  1 2週間は 日に当てなくても 外見上の変化は殆どないでしょう ただし だんだん弱ってきますから 売れ残れば 栽培場に戻して回復させる 事が必要になります

必要な環境は樹種によりかなり違うでしょうからね

自ら育てた盆栽を置いてある喫茶店などでは 数日おきに取かえられているはずです

Q駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがい

駄温鉢と素焼鉢とテラコッタ鉢のちがいを教えてください。
また、それぞれの鉢の長所、短所も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢と比べたら少ないというだけです。
逆に素焼き鉢は、強度が弱い代わりに通気性や透過性が大変良いです。しかし、通気性や透過性が良いということは、水がすくに蒸発してしまうという事でもありますので、水の管理が大変です。真冬などにしみこんだ水が凍って膨張し、割れてしまうこともあります。

駄温鉢はどこにでもある見慣れた形で外見に面白みはないのですが、植物の生育には最適な鉢だと思います。室内や玄関先などをおしゃれに飾りたい場合はデザイン性に富んだ素焼き鉢から選び、植物の生長を重視する場合は駄温鉢を使うという使い分けをすると良いと思います。

テラコッタ(の鉢)というと、元々はイタリア産の赤い素焼きの焼きものをさすはずですが、厳密な定義はないようなので、素焼きと同じという理解で良いと思います。

素焼き鉢は、比較的低温で釉薬をかけずに焼かれます。駄温鉢は、素焼き鉢の一種ですが、高温で焼かれていて、鉢の上部に釉薬が掛けてあるものもあります。
素焼き鉢と駄温鉢を比べると、高温で焼きしめている駄温鉢のほうが強度がある代わりに、通気性や透過性がおとりますが、プラスチック鉢のように通気性が全くない訳ではなく、あくまで素焼き鉢...続きを読む

Q盆栽の海外への配達

盆栽が好きな海外の友人に日本の盆栽を買ってプレゼントしてあげたいと思うのですが

海外に荷物を発送したことがなく、わからないことだらけで困っております。

・盆栽はそもそも飛行機で発送することは可能なのでしょうか?
・運ぶ際に乱暴に扱われることはよくありますか?
・空輸する場合、大体お値段的にいくらぐらいになるのでしょうか?

お手数ですがどなたかお詳しい方ご教示いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

盆栽等の植物は、各国とも輸出入に規制がありますので、先ずは、検疫所で検査を受けて検疫証明書が無いと輸出入出来ないでしょう。

以前、盆栽をイギリスに贈り物として郵送しようとした経験からですが。。。
検疫所に問い合わせたところ、盆栽を植物検疫を受ける場合は、確か1年位の期間がかるので、手持ちの盆栽でなければ、盆栽の輸出業者で既に検疫済みのものを購入した方が良いのでは。。。とアドバイスを得ました。
で、盆栽の輸出業者に聞いたところ、梱包や郵送代等を考えると現地の盆栽輸入業者から購入した方が良いですよと、これまたアドバイスされました。
で、結局、盆栽のプレゼントは諦めました。

でも、思い入れのある盆栽であれば、手間暇や費用をかけても送って上げれば、喜ばれるでしょう。

先ずは、植物検疫所の「輸出植物検疫」:http://www.maff.go.jp/pps/j/introduction/export/index.html や「輸出検査について」:http://www.maff.go.jp/pps/j/introduction/export/ekensa/index.htmlをご覧になって、植物検疫所に相談されると良いと思います。
植物検疫所の問合せは、ここ:http://www.maff.go.jp/pps/j/guidance/outline/contact.html に載っています。

盆栽等の植物は、各国とも輸出入に規制がありますので、先ずは、検疫所で検査を受けて検疫証明書が無いと輸出入出来ないでしょう。

以前、盆栽をイギリスに贈り物として郵送しようとした経験からですが。。。
検疫所に問い合わせたところ、盆栽を植物検疫を受ける場合は、確か1年位の期間がかるので、手持ちの盆栽でなければ、盆栽の輸出業者で既に検疫済みのものを購入した方が良いのでは。。。とアドバイスを得ました。
で、盆栽の輸出業者に聞いたところ、梱包や郵送代等を考えると現地の盆栽輸入業者から購...続きを読む

Q鉢の竹は鉢にどどまる?

鉢に竹をうえますが、種で増えないか心配です。

風に飛んで、増えないか心配なんです。

Aベストアンサー

種で増えたり風で飛ばされて増え、他の場所に生える事はありません。
他の方も言われていますが、竹や笹は50年後位に開花させ、その後に
寿命が尽きて枯れてしまいます。

問題は鉢のサイズでしょうね。場所を考えて小さめにするのは良くあり
ません。竹はホフク性の根で増え続けますから、鉢が小さいと直ぐ一杯
になって根詰まりを起こします。時には鉢が割れる事もあります。
それだけ竹の根は強いんです。

竹は直根ではなく、地表の浅い部分に四方八方に根を張り巡らせます。
以前に工事で竹を伐採し、竹の根も掘り起こして処分する仕事をしまし
たが、孟宗竹や真竹の場合は地上には10m以上も伸びていましたが、
地中に張っている根は深くても50cm程度でした。

どのような種類か分かりませんが、苗が小さくても根の張りを考えて、
出来るだけ大きめの鉢にされる事を勧めさせて頂きます。
それと植付け時には根を絶対に乾かしては駄目ですよ。乾燥させると
根付きが悪くなり枯れますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報