『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

般若心経は一般の方が唱えることはお控えください。というのも、般若心経の霊力は亡くなった霊には無条件で大慈大悲を与える功徳があります。これはこの般若心経の言霊(ことたま=言葉そのものが霊力を持っている)が霊にとっては非常に暖かく明るい光明に見えるのでどんな霊も唱えている人のところへ集まってきます。どんな霊もくるので必ずしもいい霊ばかりとは限りません。般若心経は他の真言と合わせて使わないと無防備で非常に危険なのです

単に般若心経を唱えれば質問者さんにはまったく関係のないその辺にいる霊がどんどんやってきてしまいます。あまりいい死に方をせずに成仏しないで浮遊している霊達が「もっと唱えてくれ~」と次から次へとやってくるのです。唱えるのをやめても霊達はまた般若心経を聞きたくてその場にとどまってしまいます。

ですから一般の方が般若心経を唱えるのは本当は怖いことなのです。防御系に強い菩薩の真言を奏上してその後内観という心の内を澄み切った愛情で満たしたうえでかくなる方法にて般若心経を唱えなくては霊にとってはまったく意味がございません。逆に霊を迷わす原因となります。

上のような文章をみて、どうしたらいいかこまっています。
まったくの素人です。般若心経をとなえてしまいました。しかも実家は浄土真宗なのに。。きいているあいだ、なんだか体がぐらぐらしました。
パソコンから、お坊さんがとなえたものも、聞いました。どうしたらいいでしょうか。こわいです。心を落ち着かせるために、写経をしようとおもっていたのですが、やめたほうがいいでしょうか。。アドバイスください。般若心経は邪を払ってくれると聞いたのですが、悪い霊をよびよせないで、安全な唱え方などはないですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

悪い霊は、比較的に午前0時を過ぎて般若心教を唱えると出てくるような気がします。

朝、太陽が昇ってから唱えるのが一番効果的に思えます。朝時間がなければ、風呂上りの体をきれいにして直ぐにやれば良いです。それから般若心教に宗派は余り関係ありません。仏教でも神道でも気にするような事はないです。仏教、神道、キリスト教等がどうしてできたとかを考えれば根本は同じです。それぞれの宗派に分かれて多少は、教えが違ってきてますが、根本が同じなので気にする必要はないです。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます

お礼日時:2006/11/30 01:54

私の母校は毎朝 般若心経をとなえていました


悪い霊を呼び寄せるという想いがそうさせるのであって
違う想いで唱えれば全く問題ありません
    • good
    • 28
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/11/30 01:53

「般若心経は危険」…某信仰宗教の信者がよく言うセリフと同じですね。


これも勧誘手段の一つらしいです。
質問者さんは騙されませんように。
    • good
    • 29
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます

お礼日時:2006/11/30 01:53

「防御系に強い菩薩の真言を奏上してその後内観という心の内を澄み切った愛情で満たしたうえで…」このような心情に至ったと言える人は何人ぐらい居るのでしょう。

もし、素人が唱えてはならないものだとしたら、昔から仏壇の前で何万人もの人が唱えている般若心経はほとんどが悪い結果をもたらしてしまうことになります。
 お題目でも真言でも、心を込めなければ全く意味を成さないし、極論すれば、心を込めて成仏・昇天を願えば、経文も呪文も関係なく相手に伝わります。大切なのは、自分が何の為に唱えるかです。
 般若心経に限らず、祈りを捧げて霊を上げてあげれば、他の霊も寄って来ますが、通常は別に心配する必要はありません。ただ、路傍の碑や事故現場など、無縁の霊に無闇に祈るのは控えましょう。自分に縁のある霊を上げる事は、感謝される事はあっても障りをなす事はありません。どんな霊が寄るかは、経文ではなく、自分の心情に因ります。自分が不安定だったり、汚れていればそれなりの、身を律していればそれなりの霊が寄って来るのです。
 また、死者と経を無縁とする人も居ますが、そもそも人の本体は霊(魂)であり、生死には関係ありません。
 般若心経は呪文ではないので、邪を祓う為のものではありません。経文の内容を簡単でも良いので理解したうえで、諭すように唱えてあげましょう。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます

お礼日時:2006/11/30 01:55

ANo.7です



>経本はありますが、途中でやぶれているのです。
>インターネットの経本でも大丈夫でしょうか。

インターネットで般若心経はありますからダウンロードしコピーすれば良いです

般若心経は お経のそのものの力と云うより そのお経を唱えているときの自分自身の精神状態が周辺の霊に影響するのです
私は般若心経の意味を知っています
そしてお唱えすると ある一定の精神状態が私の中に産まれます
その私の精神に周りの霊が反応します
むしろ反応させています
そして『ギャーテー ギャーテー』から意識を変えます
ですから ギャーテーから霊の動きが変わるのです
別に違う所からでもかまいませんが

お経は自分の意識を作るきっかけになります
私は消災呪というお経を唱えるときは魔除けのメンタルを自分の中につくります
開甘露門といお経と唱えるときは餓鬼道に落ちた つまり浮遊霊を成仏される気を心の中に作ります

質問者さまが何の為に般若心経を唱えるのかです

ANo.7で出来れば教本を見て読むようにとお伝えしました
見て読んだ方が心を込めやすいからです

霊が集まると意識して般若心経をお唱えすると集まります
般若心経が集めるのではなく質問者様の心が集めるのです
般若心経を唱える事がそのきっかけを作ってしまっているに過ぎません
出来ればそう云うきっかけにはなさらない方がよいと思います
普通の方は 強く生きる為のきっかけにすべきです
    • good
    • 12
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます

お礼日時:2006/11/30 01:54

こんばんは。



般若心経は、どういう背景から生まれ、どういうものであるか分かれば、「霊」などという話は、まったく関係ないです。デタラメもいいところです。般若心経は、言霊などではありません。一部に真言があるだけです。

私は、最初に、この般若心経と三蔵法師の玄奘の結びつきを、ひじょうに面白く思いました。なぜかというと、三蔵法師が書いたとされる、この般若心経は、彼が唱えながら、天竺まで行ったとされるぐらい、実は、般若心経は、旅と共に用いられるお経だからです。もちろん、インドの天才的な語学力を持ったお坊さんが、中国に翻訳を持ち込んだから、玄奘は知っているわけですが。

この般若心経の一説の真言(呪文)の意味が、「行こう行こう彼岸の国へ、彼岸に行って幸せになろうよ。」と言っているわけで、僧玄奘が、なぜ、このお経を唱えながら旅をしたのか、その気持ちが分かるような気がします。ここでの「彼岸」は解脱した、悟りの世界です。

般若心経は、実在と仮想現実の論理を短く謳ったもので、なんとなく、衒学的にも感じます。大乗仏教の集約的な思想ではあるけれども、現代の私たちにとって、この思想自体は哲学的なもののように感じます。まるで論理学のようです。多くの宗教家はは、プラトニズムのように理解することが多いようですが、まったく異なるものです。しかし、「霊」がどうこうというような神秘主義は、本来、現実的で刹那主義の仏教とは無縁のものです。

「ギャーテー・ギャーテー・・・」といわれる、この真言だけが、言語に近い形で残りました。だから、インドでも、この真言は残っていますので、他の文言は分からなくても、私たち外国人でも、この言葉だけが「般若心経」を唱えているのが分かります。おそらく、この部分だけが、お釈迦様が、未来にまで残すように意図したのだなって思いました。(それが事実であるかは別として、そう思うことが、信仰なのかもしれません。)

お釈迦様は、自分では書籍は残さなかった代わりに、インド人の弟子たちに、詩を暗誦をさせたという伝説が残っています。弟子たちの中でも、特別な記憶力の持ち主が居たので、今日のお経になって残ったわけですが、もちろん、お釈迦様オリジナルかどうなのかさえ、はっきりはしていません。

かつての釈迦の生まれ変わりだと称する教祖の某新興宗教団体で、そのような「般若心経」に特別な霊力があるようなことを言っていた記憶があります。しかし、その反面、「悪霊」だのと言って、いわゆる恐怖を売り物にして、自分たちの宗教への求心力を高めるようなことを言っていました。

「般若心経」を意味もなく唱えたところで、何の効力もないけれども、その思想自体に意義があるわけです。この思想が、既に、二千年前から存在していたということと、先人の智慧と形而上学的な思考レベルの高さは、現代の私たちにも及ばないところがあったということが分かります。現代において、般若心経に一番近い考え方は、量子物理学だと思います。般若心経では、「物質的現象には実体がない、実体がないからこそ、物質的現象であり得るのである」と言っています。

ただ、もともと仏教でも浄土教の違う流れを持つ浄土真宗では、本来、般若心経は唱えません。浄土真宗の思想は、そういう衒学的な論理の中にはありませんし、まして、ちゃんとした浄土真宗では霊などは認めていません。しかし、仏教の本質的な思想は、ちゃんと浄土真宗にも生きていますから、別に般若心経が必要なものでもありません。

参考資料:
岩波文庫『般若心経・金剛般若経』中村元・紀野一義 訳注
講談社新書『般若心経を読む』紀野一義氏 著
    • good
    • 35
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます

お礼日時:2006/11/30 01:55

ところでお唱えしてから何か変わったことがありましたでしょうか?


質問文にある内容を読んでからこわくなっただけでは?
もし読んでなければ何も変わってないと思うんですがね~
知らないでお唱えしている人の方が多いですよ。
それでもな~んも悪いことないです。

何かしらの気配がしても気にしすぎているからです。
安心してください。
般若心経は最もポピュラーで宗派問わずお唱えしているお経です。
心配なら実家でお世話になっているお寺に相談してみてはどうでしょうか?
電話ですぐにお答えしてくれると思いますよ。
写経もしたいって聞いたら、きっと喜んでくれると思います。


あとアドバイスです。
なにかしら気配を感じたら楽しげに歌いましょう。
楽しげな雰囲気のところに悪い霊はいづらいですから。

ひっとりじゃないって~~♪
すってきなことね~~♪

これで大丈夫!
    • good
    • 12
この回答へのお礼

ありがとうございます!
そうなんです。実家はほとんど無宗教のような感じなのですが、なぜか私はずっと般若心経に興味があっておとなえしたのです。そしてもっと知りたいと思ってここで色々調べていて、このようなことを書かれているのを見て、怖くなったんです。
楽しい雰囲気でいたらいいのですね。安心しました。

お礼日時:2006/11/04 00:28

 エエーーーーーイ!!!



般若心経はどんなに邪まな誦えかたでも必ず利益するお経です。
やめてはいけません。写経もしましょう。
続ければ邪を払い悪霊を寄せ付けないことがわかるはずです。

変なマヤカシに惑わされましたね。

わかりませんか、般若心経が
「誦えて、となえて、トナエテ!」
と、うったえているのが。

だいじょうぶ、こわくない。

合 掌
    • good
    • 19
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
勇気付けられました。

お礼日時:2006/11/04 01:09

心の底から


般若心経を唱えればいいと思います

悪い霊を呼びよせるというのであれば
四国は悪い霊の固まりになってしまいます
    • good
    • 19
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。納得しました。
四国にいきました。とてもすがすがしくて良い場所だなと感じました。お遍路さんのひとつのお寺にも参りました。
真摯な心で、経をとなえようとおもいます。

お礼日時:2006/11/04 01:11

般若心経は大般若経の略式版です


大般若経は600巻の教典で世界最長の教典のはずです
私も大般若経は持っていますが気が遠くなる長さです
本来国家祈祷などにも用いられるお経で 大晦日から正月にかけてお唱えします
その教典の略式版です
略式版とはいえ力の有るお経には間違いありません

で 問題の霊が集まると云う事ですが
私の経験では集まりますが 集まった霊はゆったりしています
子守唄でも聞いているかのようです
ただギャーテーギャーテーの所から少しだけ変化はあるのですが

お経は暗記して読む人が多いですが 基本的に教本を手に持ってお唱えするものです
教本自体に力が有りますから まあ 大丈夫です
    • good
    • 5
この回答へのお礼

経本はありますが、途中でやぶれているのです。
インターネットの経本でも大丈夫でしょうか。
お経の力を信じます。
まぁ、大丈夫といっていただいて安心しました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/04 01:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夜中に光明真言をとなえると・・・

最強のマントラとよばれる光明真言です
「おん、あぼぎゃ、べいろしゃなぅ、まかぼだら、まに、はんどま、ぢんばら、はらばりたや、うん」
これを夜中に唱えると、よくないことが起こると聞きました。

どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

私の家系は真言宗なので、光明真言は法事やらお葬式やらで普通に唱えています。
夜中にも言ってみたことありますが、一度も何にも起こったことはないです。
むしろ金縛り(霊的なものじゃなくて体の疲れによるもの)などのとき、おまじない代わりに唱えてかえって気休めになります。

唱える人が只の人なら、只の言葉にしかならないんじゃないでしょうか。

Q浄土真宗では、般若心経を唱えていけない理由

母方の宗旨が浄土真宗なのですが、般若心経は唱えてはいけないと聞いています。なぜダメなのでしょうか。

Aベストアンサー

jun95さん、今日は。

私が調べてみた所では、智慧と行に因って煩悩を断ち切ろう、と教え諭す般若心経に対して、浄土真宗の
教えは、一切の計らいを捨てて、阿弥陀如来の力に任せて、其れに因って救われる、という物だそうです。

従いまして、浄土真宗の人間が般若心経を上げる事は、却って、阿弥陀如来の
力を否定する事に為る為、浄土真宗で般若心経を上げる事は無い、との事です。

もう少し深いお話に為りますと、以下のサイトに詳しい説明が為されてい
ましたので、宜しければ、御覧下さい。2001年12月11日掲載分です。

参考URL:http://www2.big.or.jp/~yba/QandA/

Qお寺で住職に注意されたのですが

4年ほど前、京都の紅葉で有名なお寺に行った時の事。
お茶を飲みながら庭の紅葉を十分に堪能して帰ろうとした時、どういう流れかは忘れましたが真言の話を同行者とすることになりました。
(おそらく住職の話に出たか、寺の掛け軸にあったか)
で、軽い気持ちで「昔、猿飛佐助のアニメがあって、主人公のサスケが『オン キリキリバサラ ウンハッタ』と唱えて色々な術を使っていたよ」
という話をしました。
また「孔雀王という漫画で『アビラ ウンケン ソワカ』なんても言ってたな」とも。

すると遠くでそれを聞いていたご住職がとんできて
「そういう言葉をみだりに発してはいけない」
という話を15分ほどされました。

そのお寺は紅葉のライトアップなどをしていて、観光地のお金儲けという様相が強かったので、そういう寺の住職が説教するとはよほど重大なあやまちを犯したのかと怖くなってしまいました。

それらの言葉はどんな意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

真言は、正しい時に正しく発音すれば言葉が実体化すると信じられているものです。

で、発音した言葉は正しくは無いのですが、言葉の意味を知らないものがむやみにマントラの類の音を発音するのはよくないと言いたったんじゃないか と。
間違えて発音しちゃって、それが時が合致していたら、その間違えた発音のことが現実化すると信じられているからじゃないかと。


だから、天皇は公の場で、ゆっくり文字を読み上げるんです。
天皇が発する言葉は神が発する言葉とし、「国民の幸福を」のはずが、「国民の不幸を」なんて間違えてしまったら、その通りになってしまう という感じ?



表は観光地化していても、仕事上みんなの幸せを願う呪文を毎日お仕事として唱えてはいるんじゃないかと。



日本人は映画を観て「サノ〇ビッチとか」「アス〇ール」「ファ〇クユー」とかみだりに言いますが、それをもしアメリカ人に言ったら、ただじゃすまされない事態になってしまいます。
そういった禁句を、日本人がみだりに唱えているのを見て、アメリカ人は複雑な気持ちなんじゃないかと。
知らないからみだりに言えるわけで、時があっていたら、床に叩きのめされてしまうでしょう。

これが言葉の力の恐ろしいところ。


良い呪文であっても、厳かな言葉をみだりに使うってのは、価値を認めていないってことになり、、、、
例えば古代バビロニアあたりでは、神の名をみだりに唱えてはならなかったので、エルとかエールって神を代名詞で呼んでいたんですね。
意味は「我が主」。

ユダヤ人もそれにならって、エルと表記していたのですが、大贖罪をするときは大祭司は神を呼び出すために、神の真名を唱えていたらしいです。
7年に一度後継者に神の本当の名前を教えていたのだそうです。

一般人や他の聖職者にどうして教えなかったのかというと、その言葉をみだりに使われないためと、敵に名前を知られると、神が呪術で呪われてしまうから。



日本も昔<諱>というものがあったそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B1

<これはある人物の本名はその人物の霊的な人格と強く結びついたものであり、その名を口にするとその霊的人格を支配することができると考えられたためである。>

遠山の金さんは、遠山金四郎景元が本名で、景元が諱。つまり景元が本人の本質を表した文字なので、親とか上司しか知らなかったってわけです。
敵に知られると、呪術で支配されてしまうと信じられていた。


ってことで、この文化の人たちが信じていることを部外者の人がみだりに使うって、よくないんじゃないかと。
例えば、日本人は子供をみて「かわいいなぁ」と左手でなでたりしても問題ないですが、インドでそれやったら、親は烈火のごとく起こる。
文化の違いで、あっちではとんでもないことになるわけです。

真言は、正しい時に正しく発音すれば言葉が実体化すると信じられているものです。

で、発音した言葉は正しくは無いのですが、言葉の意味を知らないものがむやみにマントラの類の音を発音するのはよくないと言いたったんじゃないか と。
間違えて発音しちゃって、それが時が合致していたら、その間違えた発音のことが現実化すると信じられているからじゃないかと。


だから、天皇は公の場で、ゆっくり文字を読み上げるんです。
天皇が発する言葉は神が発する言葉とし、「国民の幸福を」のはずが、「国民...続きを読む

Q大日如来様とはどんなお方なのですか?

私は浄土真宗ですがご説教の中に大日如来様の話が出て詳しくしりたいと思いました。

もしよければ教えてください。

Aベストアンサー

 我が家も浄土真宗ですが、浄土真宗の説教に大日如来が出るのは珍しいんじゃないでしょうか。

 というのは、浄土真宗などは仏教の中でも「顕教」と呼ばれる一派に分類されますが、もう一派を「密教」と言います。つまり、別派だからです。

 この密教は、この大日如来(理解の仕方にもよりますが、本来は大宇宙そのものであって物言わぬ仏)から、直接意向を聞いたり、加持祈祷を通じてお願いをしたりしようという仏教を言います。

 空海が中国から持ってきたのが真言宗ですが、空海が渡海した時、空海を一目見た中国真言宗の最高僧が、「遅し!我、汝を待つこと久し!」と叫んだという逸話があります。

 勉学に励んだ空海は真言宗のすぐに最高位に就き、奥義や仏典などを全部日本に持って帰ったために、以後、中国では真言宗は廃れました。数年前、中国に空海像が里帰りしたような記事を見た記憶があります。


 密教では当然、大日如来は宇宙(宇宙を描く曼荼羅)の中心であり、諸仏(如来その他)も大日如来から産まれるものとされています。それ故、諸仏の王とされて王冠を被って描かれたり、彫られたりします。場合によっては装身具も身につけます。

 大本の思想は、帝釈天と戦った阿修羅系の神だそうです。ゾロアスター教のアフラ・マズダ(全生命の根源)・・・ そのものではないようですが、思想的には同系だとのこと。

 一神教は、他宗教信徒に対して「受け入れ」を求めるだけ(拒否すれば死)ですが、仏教のように平和的な宗教では、相手の言い分を認めて受け入れなければなりません。

 有名なところでは、阿修羅は帝釈天と何度となく戦った後、仏教に帰依したことになっています。これなどは、阿修羅を信じる者に、「阿修羅でさえ帰依したんだから、おまえたちも」と言うための方便だったものと思います。

 そう説得するためには、まず阿修羅の存在を認め、次に仏教の中に受け入れなければなりません。

 つまり、平和宗教というのは、いろんな宗教からの影響を受けざるを得ないのです。で、その一つが、大日如来。

 大日如来は、万物の根源であり宇宙そのものですので、かくかくしかじかの容姿であった、こう考えた、というようなことはおそらく伝わっていないものと思います。

 その代わり、というわけではないのでしょうが、金剛界や胎蔵界のそれぞれで、さまざまな仏や菩薩、明王などに変身して人々を教え導くとされています。例えば、不動明王も大日如来の変身姿の一つ(教令輪身)です。

 従って、大日如来そのものを直接知るのではなく、それぞれの仏などの教えや特徴を知って積み上げていくしかないのではないかと思います。
  

 我が家も浄土真宗ですが、浄土真宗の説教に大日如来が出るのは珍しいんじゃないでしょうか。

 というのは、浄土真宗などは仏教の中でも「顕教」と呼ばれる一派に分類されますが、もう一派を「密教」と言います。つまり、別派だからです。

 この密教は、この大日如来(理解の仕方にもよりますが、本来は大宇宙そのものであって物言わぬ仏)から、直接意向を聞いたり、加持祈祷を通じてお願いをしたりしようという仏教を言います。

 空海が中国から持ってきたのが真言宗ですが、空海が渡海した時、空海を一...続きを読む

Qお経を唱えることについて

実際に霊が見える方だけに質問します。
日課として、父母を祭る仏壇の前で、宗派の「般若心経、観音経」を唱えておりますが、このサイトで、夜などの時間帯はやめたほうがよいと載っておりました。
また、お墓参りで唱えるのはいかがですか。
見えないものとして、実際は、どうなのでしょうか。
また、関わりのない霊を払うには、山伏などがおこなう九字切りの法は効果がありますか。
心得などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

門前の小僧が経を読んで不幸になったという話は聞いたことがありません。
世間知らずで申しわけありませんが話に加わられせていただきます。

夜、お唱えしていてなにか怖い思いや嫌な思いをしたご経験はございますか?
何もなければ今まで通りでよろしいかと思います。
お唱えするのでしたら夜の勤行をする分、早起きして行うとより良いかと思います。
朝に晩にということでしたら気になさらずお続けくださいませ。

お墓でお唱えするのも不都合がなければそれでよろしいのではないでしょうか。
なにか気になるような出来事がありましたらここではなくお寺さんで
お聞きになられたらよろしいかと思います。

九字については導師の指導が受けられない場合お勧めできません。
見よう見まねでもできますが力や意味を持ち始めた段階で思わぬ出来事が発生することがあります。
自己を強くし祓う効果もありますが危険を伴う場合もあります。
顔相などの変化に気づき指導できる人がいなければいたずらにしない方がよろしいかと思います。

Q素人がお経をあげることについて教えてください。

先日、とても良くしてくださった義母が亡くなりました。今49日前のお逮夜まいりをしているところです。今度の日曜日にもお骨のある実家へ行くのですが、私としては何か義母のために出来ることがあればと思い、本屋さんで「般若心経」というもの(とても簡単なものなのですが)購入しました。本を読みながらではありますが、これを読みたいと思っています。でも、私が良かれと思っても、見当違いのものであると残念だし、他の誰かの気持ちを害するといけないので、伺いたいと思いました。義母は特に信仰していた宗教はないようです。お葬式の時は「真言宗」の方がお経をあげてくださったと聞いています。(特にこちらからの指名ではなかったそうです)お逮夜参りの時は、特に他の親戚などはおらず、孫と義父と主人でやっています。主人は「色々宗教とかあって、それ、違うんじゃないの?」と別に嫌がっていませんが、良く解らない様子です。よろしくお願いいたします。何か義母のために出来ること、教えてください。

Aベストアンサー

真言宗でしたら、観音経、般若心経をあげたりしますよ。
お経の中でも短いお経なので、周りの方々にも迷惑にならないと思います。

あとは形式ばったものより、気持ちが一番大事ですので、お義母さんの生前、好物だったものを持って行ってあげると、きっと喜ばれると思いますよ。

真言宗でしたら、お仏壇から行事事から、きちんとされているので、敢えてこちらから気を利かせてする事、する物はないはずです。

般若心経は短いとはいえ、この世のすべてのお経をまとめたお経と言われています。
とても有り難いお経なのです。
一字一字、お義母さんの事を思い、大切に読んであげて下さいね。

Q神社参拝の際、「祓い給い 清め給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?

神社参拝の際、「祓い給い 清め給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?

以下のホームページを見ると、次のような神拝詞(となえことば)があるようです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/4971/2/

<神拝詞(となえことば)>
祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ)
神ながら(かむながら)
奇しみたま(くしみたま)
幸え給え(さきわえたまえ)

そこで、質問です。

神社参拝の際、上記の「祓い給い 清め給え・・・(中略)・・・幸え給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?
また、個人的なお願いごとは、上記の神拝詞(となえことば)を唱えたあとに、お願いすればいいのでしょうか?

それとも、個人的なお願いごとをする場合は、上記の神拝詞(となえことば)を唱えなくてもよいのでしょうか。よく、神社やパワースポット関係の本には、参拝作法に、上記の神拝詞(となえことば)を唱えなさいと書かれていないと思います。

ただ、時々、神社に行ったとき、拝殿の御賽銭箱の近辺に、上記の神拝詞(となえことば)のうち、
「祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ)」と書かれた表示物を見たことがあります。

そもそも、参拝の際に、神前での願い方について、何を唱えればいいか、何が正しいかわかりません。

よろしくお願いします。

神社参拝の際、「祓い給い 清め給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?

以下のホームページを見ると、次のような神拝詞(となえことば)があるようです。
http://allabout.co.jp/gm/gc/4971/2/

<神拝詞(となえことば)>
祓い給い 清め給え(はらいたまい きよめたまえ)
神ながら(かむながら)
奇しみたま(くしみたま)
幸え給え(さきわえたまえ)

そこで、質問です。

神社参拝の際、上記の「祓い給い 清め給え・・・(中略)・・・幸え給え」と唱えたほうがいいのでしょうか?
また、個人的なお願...続きを読む

Aベストアンサー

私は、宗教が神道ではない者として、口を挟むつもりはありませんでしたが、書かざるをえない気がしました。出来れば、新興宗教の方は、その身分を明らかにしてほしいものです。知っている人には分かります。教義に書かれていた内容は、必ずしも一般的な情報とは違いますから、読み手は間違った認識を持ってしまいます。私自身は宗教団体には関係してませんが、生まれながら、仏教と神道の狭間で、相矛盾した中で割り切れない問題を背負って育ってきましたが、ある意味で時代に翻弄された一人だというしかありません。

昨年でしたか、大相撲の朝青龍が、手刀を切り、懸賞金を左手で受け取り、大ひんしゅくをかいました。相撲というのも、神の御前でする神事ですが、形から入り、心が入り、そして、そこに美と調和が生まれるわけです。これを「様式美」と言い、ただ、勝てばそれで良いというわけではない、という端的な例を表しています。

神社では、鳥居の前で脱帽し、礼をし、二礼二拍手一礼のマナーというものがあります。また、手水舎(てみずや)で片方ずつ手を清め、口をすすぐというのは常識ですが、直接、ヒシャクに口をつけてはいけません。今は、常識が常識でなくなってきているようです。確かに、出雲大社などでは違う作法があるところもありますが、それは注意書きが入っていたはずですし、こういう作法は、混沌としているということでもありません。明治以降、二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)を一般としてしてきているわけですから、それに従えば済むことです。知らなければ、覚えれば済む話です。この作法は、明治時代に作られた「神社祭式」を根拠としています。

また、女性は、柏手(かしわで)を鳴らさないというのは、占い師の細木数子氏が言ったそうです。しかし、女性は鳴らさないというようなことはありません。柏手は、神様を呼び出すという意味を持っているのですから、死者の前(葬式やお墓)では鳴らさない時(しのび手)があるという常識さえ知っていればよいことです。また、お寺では、二礼二拍手一礼はしないということも心がけてほしいものです。

それが、いつの時代に作られたものであれ、統一されたものなら、それに従わないということはありません。マナーのひとつとして、ぜひ、守って欲しいものです。それを守らなかったら、どうにかなるということではありません。日本的な表現ですが、「美しくない」ということです。

それから、祝詞というのは、簡単にいうと、「かむながら」という言葉がある通り、「神の御心のままで」という意味ですから、もともとは、「神の言葉として上から下に申し伝える言葉」だったわけです。唱え詞(となえことば)で一般的に知られているものは、

「祓い給へ 清め給へ 守り給へ、幸(さきは)え給へ」
というものです。私は、特に参拝客が声を上げて唱えるという話は聞いたことがありませんが、神社に詣でたときに、どこかに書かれていたら、黙読し、心の中で、「清い心で、神様の御心のままに、みなを守り、みなが幸せになれますように」と祈ればよいと考えています。

なお、浄土真宗の話に触れておきます。
日本の宗教の中で、戦前戦後、妥協を許さなかった宗教であり、西洋哲学でいうなら、日蓮宗が日本型の強者の理屈を持つ宗教なら、(浄土)真宗は、それに対抗する弱者の宗教です。

浄土真宗は、現代まで靖国神社を反対している唯一の仏教団体です。ここでは、日蓮系の新宗教団体は除きます。明治政府は、事実上、仏教と神道を分離しました。祝詞を唱えると願いが叶うという発想は、空海の真言密教を起源とする両部神道であるかもしれませんが、仏教色が残るものとして、これ自体も廃仏毀釈運動によって排斥されました。

浄土真宗の「南無阿弥陀仏」と唱えることは、日蓮宗のように題目を唱え利益(りやく)が得られるというような意味合いを持ちません。念仏は念仏を唱えること自体に意味を持ちません。それは、信仰そのものの現れだと考えています。

真宗大谷派大阪教区『銀杏通信』靖国神社に対する考え方。
http://www.icho.gr.jp/faq/q_a_042.htm

明治の初期、森有礼の建白書や浄土真宗の島地黙雷僧侶が、明治政府に信仰の自由を訴えましたが、逆に神道側は、その体制を整えることになりました。

明治憲法が発布されたとき(明治23年)に、神道とは国家神道として、別格な地位を得て、「国民の道徳」としました。断じて、浄土真宗が、神道に影響されたり、政府に擦り寄り、神道に影響を与えたなどということはありません。

また、見えない霊自体を肯定するかどうかは別としても、霊体が危害を加えようとするという、オカルティズムは、私たちの一般社会には馴染まない考えだと思います。

参考:国家神道

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A5%9E%E9%81%93#cite_note-6

私は、宗教が神道ではない者として、口を挟むつもりはありませんでしたが、書かざるをえない気がしました。出来れば、新興宗教の方は、その身分を明らかにしてほしいものです。知っている人には分かります。教義に書かれていた内容は、必ずしも一般的な情報とは違いますから、読み手は間違った認識を持ってしまいます。私自身は宗教団体には関係してませんが、生まれながら、仏教と神道の狭間で、相矛盾した中で割り切れない問題を背負って育ってきましたが、ある意味で時代に翻弄された一人だというしかありませ...続きを読む

Q家は浄土宗ですが、仏壇の前で般若心経を唱えても差し支えないでしょうか?

家は浄土宗ですが、仏壇の前で般若心経を唱えても差し支えないでしょうか?

Aベストアンサー

我が家も浄土宗です。
毎朝、父がお仏壇にお経をあげています(おかげで私まで殆どのお経を覚えてしまいました)。
『香偈』→『三宝礼』…と30分くらいあげていますが、『送佛偈』の後で、「南無阿弥陀佛、南無阿弥陀佛、南無阿弥陀佛」と言ってから、「般若心経」が始まります。
なお、私の父は僧侶ではありません。五重相伝を受けて、既に「譽号」を頂いておりますが。
お隣が檀那寺(幼稚園も経営されており、私はその幼稚園を卒園しました)ですが、般若心経を唱えていけないとは聞いたことがありませんし、読経本の中に、般若心経も書かれています。

Q般若心経はすべての宗派でもよいと思っていたのですが…

日蓮宗だけはちがうのでしょうか?
写経を納経したいのですが…

そして~
法華経を写経したいのですが、日蓮様が祭られている、〈例えば池上本門寺など〉でお経を購入できるのでしょうか?

Aベストアンサー

一般に写経といえば、般若心経といわれるように、京都の大覚寺などに書写のため訪れる人は年間に相当数に及びます。
般若心経を唱える宗派は、古くは奈良時代の南都仏教から、空海、最澄が伝えた密教(真言宗、天台宗)に加え、いわゆる禅宗三宗といわれる臨済宗、曹洞宗、黄蘗集などです。
しかし日蓮宗、浄土宗、浄土真宗といった鎌倉仏教諸派は、拠り所としている経典が違うため般若心経を唱えることはありません。
私は個人的に浄土真宗(門徒)ですが、同宗は浄土三部経といわれる阿弥陀経を中心とした経典を称えます。また日蓮宗は法華経を根本に据えるはずですね、
それらのお経の据え方の違いの大きくは、その時々の時代背景によるものとだけ申し上げておきます。
ただ、浄土真宗開祖の親鸞上人も日蓮宗開祖の日蓮上人も修行時代はどちらも比叡山(天台密教)に教えを請い、その遍歴の中から衆人の救済のために自らの解釈をお説きになったものと考えます。
お経とはそもそも、釈迦の言葉をお弟子さんたちが書き残したものです。
般若心経は数ある経典のなかでも、人々が生きるための知恵を纏めた大般若経600巻といわれる大経典のエッセンスといわれ、最も短く、もっともありがたいお経といわれています。
もちろん、上記の二大上人も勉強しているはずですし、称えているのは仏教に限らず神道の在家の方々も称えるそうです。
古くは、後奈良天皇の時代、世に疫病がはやったため同天皇が自ら般若心経を書写して諸国の神社に奉納したという話もあるくらいです。
生きるための心理を説いているので何物にも妨げられないということでしょうか・・・
日蓮宗の解釈を理解もせず軽軽には申せませんし、日蓮宗のお寺に納経するのはどうかと思いますが、日頃、般若心経を写経することは構わないのではと私は思います。
また、それぞれの宗派のお経のポピュラーなものはどこでも売っていますが、法華経や阿弥陀経などは大変な量となりますので、功徳を積むには達成感もあろうかと思いますが、よくお考えになってはどうでしょうか。
以上、私の解釈として自信ありでご回答させていただきます。

一般に写経といえば、般若心経といわれるように、京都の大覚寺などに書写のため訪れる人は年間に相当数に及びます。
般若心経を唱える宗派は、古くは奈良時代の南都仏教から、空海、最澄が伝えた密教(真言宗、天台宗)に加え、いわゆる禅宗三宗といわれる臨済宗、曹洞宗、黄蘗集などです。
しかし日蓮宗、浄土宗、浄土真宗といった鎌倉仏教諸派は、拠り所としている経典が違うため般若心経を唱えることはありません。
私は個人的に浄土真宗(門徒)ですが、同宗は浄土三部経といわれる阿弥陀経を中心とした経典...続きを読む

Q霊に憑かれやすい?・・・何か対策あれば

胸が苦しくて仰向けで眠れません。部屋を変えたり、他人と一緒に寝ると2~3日は快適に眠れますが、すぐに胸が苦しくなってきます。
病院やお寺などに行くと必ずと言っていいほど頭痛・めまい・吐き気がします。
お墓参りに行くとそれだけでなく腕が痺れてずっと胸が苦しいです。
子どもの頃からずっとそうで、中学生の頃霊感の強い知り合いが「白い服を着た人がそばにいるよ」とか何とか言ってきたので、それまで霊を信じてませんでしたが怖くなり、水晶のブレスレット(本物かは分かりません)を持ち歩くようになりました。
しかし毎回紐?が切れて使い物にならなくなります。
最近になって数珠を持ち歩くようにしたのですが、大事に扱っていたのに十日もしないうちに紐が切れました。
それで仕方ないので何もなしで生活していたのですが、この一週間の間に2回も人を轢きそうになったり、買ったばかりの車がボコボコになったり、エスカレーターから転げ落ちるなど散々な気がします。
あまりにも悲しいのでお守りを持ち歩いてないからだと言ったら自意識過剰だとか都合の良いように思い込んでいるだけとか言われました。
確かにどこに怒りをぶつけてよいやら分からないので霊の生にしている部分はあると思いますが、本当に霊がいてそのせいだとしたら嫌です。
何か対策とかあるでしょうか?
あとお守りを持ち歩くとしたらどんなのがいいでしょうか?
水晶がいいと聞いたので持ってましたがもっと魔よけになりそうなものがありましたら教えてください。

胸が苦しくて仰向けで眠れません。部屋を変えたり、他人と一緒に寝ると2~3日は快適に眠れますが、すぐに胸が苦しくなってきます。
病院やお寺などに行くと必ずと言っていいほど頭痛・めまい・吐き気がします。
お墓参りに行くとそれだけでなく腕が痺れてずっと胸が苦しいです。
子どもの頃からずっとそうで、中学生の頃霊感の強い知り合いが「白い服を着た人がそばにいるよ」とか何とか言ってきたので、それまで霊を信じてませんでしたが怖くなり、水晶のブレスレット(本物かは分かりません)を持ち歩くよ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、絶対に新興宗教や霊媒師に相談しないで下さい。解決するどころか、大金を取られ、かえって苦しみが増す結果となってしまいます。霊障や悪霊を説く宗教は危険です。悪徳宗教の見極め方について詳しく書かれているサイトがありますので、参考になさってください。

http://blog.goo.ne.jp/jayhawker/e/ba3b164d1d15c8d5f6331a03dd77fd77

お守りやお祓いをしても、私の経験上、それだけでは根本的な解決には至らない可能性があります(もちろんある程度の効果はあると思いますが)。

そこで、ご自分でも出来る解決方法をお教えします(信じる信じないは、質問者様にお任せします)。これは、弘法大師の説かれた正純密教に基づく加持施法の一部です。

以下のご真言を唱えて下さい。

懺悔文(最低7辺唱える):がしゃくしょぞうしょあくごう かいゆむしとんじんち じゅうしんごいししょしょう いっさいがこんかいさんげ 

般若心経:(1辺唱える)

大日如来真言(千辺以上):おん あびら うん けん

不動明王真言(21辺以上):のうまくさんまんだ ばざらだん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたらた、かんまん

光明真言(7辺):おんあぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに  はんどま じんばら はらばりたやうん

以上です。本当の加持施法は、もっと沢山のご真言を唱えますが、ここには最低限必要と思われるご真言を載せました。時間があるときは、特に大日如来真言と不動明王真言を唱えるようにしてください。

別にお寺に行かなくてもお祓いをしなくても、ご自宅でご真言を唱えれば必ず効果が現れるはずですが、参考までに、加持施法をしている高野山真言宗のお寺のサイトをご紹介しておきます。ここのお寺は、大金のお布施を要求したり、勧誘することは絶対にありません。ご真言の唱え方が分からない場合は、電話で教えてもらっても良いと思います。

私も加持施法によって救われた人間ですが、ご真言の威力はすごいです。弘法大師も「真言は不思議なり、観誦すれば無明を除く、一字に千理を含み、即身に法如を証す」と言っています。

ご真言には言葉に表現できないほどの力が秘められています。霊とか悪霊とかを恐れる必要はありませんし、気にする必要もありません。

早く、解決されることを心から祈っております。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/mitsumonkai/home.html

まず、絶対に新興宗教や霊媒師に相談しないで下さい。解決するどころか、大金を取られ、かえって苦しみが増す結果となってしまいます。霊障や悪霊を説く宗教は危険です。悪徳宗教の見極め方について詳しく書かれているサイトがありますので、参考になさってください。

http://blog.goo.ne.jp/jayhawker/e/ba3b164d1d15c8d5f6331a03dd77fd77

お守りやお祓いをしても、私の経験上、それだけでは根本的な解決には至らない可能性があります(もちろんある程度の効果はあると思いますが)。

そこで、ご自分で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング