無髄線維の伝導速度は遅いですよね??なのに、イカなどの神経は無髄だけど比較的早いのはどうしてでしょうか??
生物の勉強をしていて分かりません(;O;)

A 回答 (1件)

神経線維という言葉を使用していることは医学系ですね。

神経繊維の伝導速度は興奮が伝導するためには活動電流が影響しますから神経繊維内の電気抵抗の影響を受けます。これは一般の電線の場合と同じで太さが太いほど電気抵抗は少なくなります。つまり太い神経繊維ほど電気抵抗が少なく早く隣接部に興奮が伝導します。

イカなどの軟体動物は有髄神経繊維を持ちませんが危険回避に必要な神経は神経繊維の太さを太くして(1mm程と太いので巨大軸索として有名です。)伝導速度を早めているのです。ヒトでも新生児の伝導速度が遅いことが知られていますが,これも髄鞘が発達しないことも原因ですが,繊維の太さが細いことも原因の一つです。何かの参考になりましたなら…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました(((´∀`)))大変役に立ちました!!

お礼日時:2006/11/13 19:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有髄神経繊維と「無髄神経繊維」

お世話になります。

ニューロンから伸びている軸索をカバーする物で神経鞘があり内部は、「髄鞘」という物質があると聞きました。

この「髄鞘」がある神経線維を「有髄神経繊維といって、無いものを「無髄神経繊維」というのです。

「有髄神経繊維は脊椎動物の神経線維

「無髄神経繊維」は無脊椎動物の神経線維・交感神経


また、脊椎動物には有髄神経繊維、無髄神経繊維があるという事でしょうか?^^;
だとしたら、交感神経が無髄神経繊維なのはまたどうして?
この「髄鞘」はどんな効果があるのでしょうか?

という質問をした所



「伝導速度が速くなるのは髄鞘の電気抵抗が高いからです」

とお答えをいただきました。

…せっかくお答えいただいたのですが…電気抵抗と伝導速度の関係がわからないんですよTT

抵抗が無い方が早いのでは?と思うし(哀)また、交感神経で、無髄なのはまたなぜかと。もしかしたら、交感神経は、動物的に「古い機能?」という事になり、野性的(興奮・闘争本能)で原始的な無脊椎に多いとか(また全然違うし)交感神経は緊張時、副交感神経はリラックス(健康浅知恵・泣)

理科の電気の勉強にもどらないといけないかなTT

お世話になります。

ニューロンから伸びている軸索をカバーする物で神経鞘があり内部は、「髄鞘」という物質があると聞きました。

この「髄鞘」がある神経線維を「有髄神経繊維といって、無いものを「無髄神経繊維」というのです。

「有髄神経繊維は脊椎動物の神経線維

「無髄神経繊維」は無脊椎動物の神経線維・交感神経


また、脊椎動物には有髄神経繊維、無髄神経繊維があるという事でしょうか?^^;
だとしたら、交感神経が無髄神経繊維なのはまたどうして?
この「髄鞘」はどんな効果が...続きを読む

Aベストアンサー

交感神経について。

神経による情報伝達の優れた点は、指令がすばやく目的地まで伝わることです。捕食者からの回避行動や、逆に捕食行動では、外界の情報をいかにすばやく取得し、あるいはいかに早く行動するか、そのスピードが生死を分けますから、できるだけ早く気づき、早く動けるような方向に神経のシステムが進化してきたんだと思います。ちなみに、神経が情報を伝える速さは、
・神経線維が太いほど、それに比例して速い
・有髄神経だと、無髄神経に比べて飛躍的に速い
です。ただ、太い神経線維や、神経線維を取り巻くミエリン鞘などは、いってみれば、細い神経線維や、ミエリン鞘なしの神経線維に比べると、生物にとって、材料費、維持費、構造の複雑さなどの面で負担がかかります。ですから、体中の全部の神経をそれにするというのは、コストパフォーマンスの面で、無意味だったのでしょう。ほんとにスピードが必要な部分だけが、そういう高速回線を使用するように進化してきたのだと思います。

交感・副交感の自律神経は、機能的に古いかどうかというよりは、高速回線が必要ないので、昔のシステムのまま取り残され、アップデートされなかった、というイメージでいかがでしょうか。唾液や消化液、汗の分泌やら、胃腸のぜん動運動… みんな一刻を争うとはいえない機能です。

交感神経とそれ以外と2つに分けるとこうなりますが、この間にはいくつもの中間があり、一番太くて有髄なのが、筋肉を動かす運動神経線維、次が外界や筋肉の情報を脳に伝える知覚性の神経線維… 皮膚の痛覚などを伝える知覚性線維、ときて、最後に自律性線維となります。スピードの必要に応じて太さがいろいろあります。

ちなみに、自律神経系よりももっと、コストのかからない情報伝達システムもあります。それはホルモンを利用した情報伝達システムです。神経は、結局のところ目的地までケーブルをひかないといけませんから、その分の経費がかかりますが、ホルモンは血液中に分泌され、血流を利用して目的の臓器まで情報を伝えられますから、専用のケーブルそのものが不要です。そのかわり、自律神経などよりも、情報が伝わるのがさらにずっとゆっくりです。

交感神経について。

神経による情報伝達の優れた点は、指令がすばやく目的地まで伝わることです。捕食者からの回避行動や、逆に捕食行動では、外界の情報をいかにすばやく取得し、あるいはいかに早く行動するか、そのスピードが生死を分けますから、できるだけ早く気づき、早く動けるような方向に神経のシステムが進化してきたんだと思います。ちなみに、神経が情報を伝える速さは、
・神経線維が太いほど、それに比例して速い
・有髄神経だと、無髄神経に比べて飛躍的に速い
です。ただ、太い神経線維や、...続きを読む

Q有髄神経の跳躍伝導について

「有髄神経では活動電流が髄鞘を越えて興奮を伝導する」というのがよくわかりません。軸索の周りに髄鞘があるとおもうのですが、軸索を刺激が伝導するときに髄鞘は軸索を包んでいるだけで髄鞘で遮られていないので越える必要がないと思うのですが。軸索って一本の長い棒みたいなものですよね?

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中でbiologist33さんの回答が参考になります。

◎http://isweb26.infoseek.co.jp/school/bunseiri/Sinkeihp.htm
(電気シグナル伝達のメカニズム)
●http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/brain/brain/12/index-12.html
(神経線維の信号伝達のスピード)
●http://www.asahi-net.or.jp/~ny8h-ky/jojo/histology_6.htm
(無髄神経線維と有髄神経線維の縦断像と横断図)

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=150360

Q交感神経 節前線維、節後線維ってなんですか?

交感神経 節前線維、節後線維ってなんですか?
どのような意味があるのでしょうか?これらの線維の役目はなんでしょうか?

Aベストアンサー

それぞれの言葉で検索しなさい。

Q(1)ホルモンのみあり神経のない生物、(2)神経のみありホルモンのない生物

(1)ホルモンのみあり神経のない生物、(2)神経のみありホルモンのない生物があれば紹介してください。

Aベストアンサー

(1)は植物がそうですね。(2)は思いつきません、広義に考えれば神経伝達物質もホルモンの一種と考えられますので。

Q筋細線維と筋原線維

(1)筋細線維は2種類 ミオシンとアクチンである。
(2)筋原線維は、さらに細い筋細線維の集合である。筋細線維はアクチンフィラメントとミオシンフィラメントからなる。
(3)アクチンとミオシンは線維状のフィラメントを構成する。
筋細線維はミオシン アクチンのことですか?
それとも、フィラメントのことですか?
筋節がつながったものですか?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>トロポニン トロポミオシンは 筋肉の弛緩時にミオシンとの結合部位をふさいでいる蛋白質で あってますか?

脊椎動物の筋肉の収縮(骨格筋、心筋)のOn/Offについては、現在そういう説が有力です。でも、学会で講演を聴いても、それで「決着」なのかどうか、今ひとつよく分かりません。

パラパラとネットを調べてみるに、筋細線維は太いフィラメントと細いフィラメントの総称とみて良いような気がします。英語では、myofilamentです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Myofilament

これをみると、太いフィラメント、細いフィラメントに加えて、コネクチン(またはタイチンともいう)が含まれるそうです。確かに、コネクチンは忘れていました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報