gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

どなたかお教えください。
昨日、タクシーと物損事故を起こしました。
車は私の父所有、ドライバーは私の婚約者です。
自動車保険には、私自身が加入していますが、家族限定を付していたため、今回の事故での損害には保険適用はされません。
相手の損傷は、後部バンパーに15cm程の傷が付いただけですが、
タクシー会社(個人ではなく法人)なので、おそらくバンパーの
全部取り替えになるだろう、と婚約者は予想しています。
この場合、損害額として請求されるのは、大体いくら位になると
思われますか?
かつて、タクシー会社との事故を起こされた経験のある方が
いらっしゃいましたら、あるいはそういった事例にお詳しい
専門家の方がいらっしゃいましたら、是非ご教示くださいませ。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そうですか、安易な自動車の貸し借りや運転の交代は禁物ですね。


とはいえ、婚約者さん自身(またはその家族)に自動車保険契約があれば、そちらで「他車危険担保特約」の対象になる可能性があります。自車の保険でカバーできないからといって即あきらめるのではなく、そちらの方も確認しましょう。

タクシー会社だから…とされてますが、バンパーであれば昨今は交換が基本です。外見上は兎も角として一度衝撃が加わると機能しないということもあるので、交換することが多いです。おそらく事故後からはその車での営業はしてないと思われますので、その部分における営業利益についても補償を求められるかもしれません。しかし法人ということなので、事故車が修理中使えないとしても通常予備の車両がありそれを利用しての営業となり、そうであれば営業損失は発生しないことになります。そのあたりの見極めもポイントになるかと思います。

別にタクシーだからどうこうというわけではありません。変に構えて交渉に挑めば、相手もそういった態度に出てきます。

以降は車の貸し借り・運転手の交代については慎重にしましょう。また必要に応じて契約内容の変更も考えましょう。(家族限定を開場する程度なら保険料負担もわずかです)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
婚約者自身の保険契約については、今確認してもらっています。
ご回答の中で、特に「タクシー会社だからと構えるのではなく」
という点、大変参考になりました。
たまたま、知人の友人の話として、タクシー会社が相手だと
交渉がてこずるようなことを聞いた覚えがあり、いたずらに
不安がっていた部分はあるかと思います。
冷静に、アドバイスいただいた点を気に留めつつ、タクシー会社
からの連絡に対応しようと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/04 12:01

小さなタクシー屋をしております



No.2の方が回答されている「他車運転担保特約」は必ず確認しておいてください。 ただし、保険を使うと等級が2ランク下がり保険料が上がるので、どちらが負担が少なくなるかは不明です。

後部バンパーの15cm程の傷(あくまで傷の範囲)であれば補修が原則です。
折れたり、捲れたり、大きなへこみが有れば、機能に問題を生じるので取り替えざるを得ない事もあります。
ただバンパーを交換しても、工賃込みで10万円を越すことは有りません。
休業補償は1日につき1万5千円くらいです(売り上げではなく運転手給与等の経費)。

物損の場合の被害は修理代と営業補償ですが、修理代金は修理工場に直接支払いしましょう。 修理の「見積もり」と「請求の明細書」は必ず受け取ってください。 
営業補償は後部バンパーの15cm程の傷なら営業に差し支えないので、修理作業する日だけの補償で充分だと思います。
大きく壊れていても後部バンパーだけなら修理工場の3営業日程度(部品の入荷のための要日数)で修理が終わります。

>タクシー会社が相手だと交渉がてこずるようなことを・・・・
難しくなるようなら、修理代金だけ支払い、「営業補償の損害賠償請求の裁判を起こしてください」と言えば大丈夫です。
裁判になっても何十万円もの損害賠償(営業補償)を認められることはありません。 
 
 
    • good
    • 2

#2です。



>タクシー会社が相手だと交渉がてこずるようなことを聞いた覚えがあり、いたずらに不安がっていた部分はあるかと思います。
 タクシー会社には大抵の場合事故担当の人間がいます。事故担当者ということは一般の人間よりも知識・経験があります。確かに一般の人がこういった人間と交渉を進めるには、知識・知恵というのも無いですし、相手側の主張が正しいかどうかも判断できません。ですから当然交渉は「厄介ごと」となってしまいます。しかしこれはタクシー会社が相手の場合に限ったわけではなく、一般の人間同士の交渉でも同じことがいえます。むしろ知識のない人間間での交渉よりはスムーズに行くことも考えられます。しかし多くの場合は加害者側も任意保険があります。であれば交渉は「保険会社×タクシー会社」となり、「てこずる」も何もあるわけがありません。

 保険があれば保険会社に任せる、なければ自分で交渉するのか弁護士委任をする、それだけのことです。(金銭的な面だけでなく)そういった意味でも保険は重要になります。
    • good
    • 1

バンパー交換の場合ですと、約10万円は掛かりますね。


板金などによる修理でしたら、約5万円くらいで済むでしょう。

で、問題は修理に出している期間の営業車の損益保障の方ですね。
修理に1日出せば、営業車がその期間使用できませんので、その損失補償を求められる可能性もあります。
仮に五万円/日と考えれば、最低で10~15万円ほどの出費ですね。
心積もりとして、約30万円くらい見ておいた方が良いでしょう。

損失補償に関しては各タクシー会社によってまちまちですので、これに関しては話し合いになりますね。

既に痛感されているとは思いますが、車の運転時には、運転者が任意保険対象者かどうかの確認作業は必須ですよ。
これからは注意しましょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にご回答いただき、ありがとうございました。
私も運転者本人も、家族を含めて事故の経験がなく、
相場といいますか、何がどのくらいの費用として
かかってくるものなのか、不安に思っておりました。
ご回答を拝見し、かなりクリアになりましたので、
大変助かりました。ありがとうございます。
もちろん、契約内容、車輌の貸し借り等については
これを教訓に、慎重にしたいと思っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/04 11:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタクシードライバーの休業補償

私はタクシーの運転手をしております。
先日、業務中(空車)停車時に一般車に追突され、頚椎捻挫で仕事を休みました。痛みは残っていますが、前3ヶ月の給料÷90が1日分の休業補償額という事を聞き、これでは収入が減り生活ができない状況で、仕事を始めました。
事故から8日、3回の出番を休み働き始めたのですが、ふと、休業補償は前3ヶ月の給料÷90×3日だけ?という疑問が湧いてきました。自賠責の休業補償の金額はこの程度なのでしょうか?
また、15日締めの25日給料日なのですが、休業補償分はいつもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

休業損害とは、事故によるけがが原因で実際に収入が減少した損害です。実際に収入の減少がなくても、例外的にサラリーマンが有給休暇を使用した場合と、家事従事者としての休業損害は認められます。

サラリーマンの休業損害は、事故前3カ月の控除前支給額を90日で割ったものが、1日当たりの休業基礎日額となり、これに勤務先が証明した欠勤日(有給休暇を含む)の日数を掛けたものが、休業損害の金額です。

欠勤日の取り扱いについては、事故から連続して欠勤した場合は勤務先所定の休日も欠勤日に含みますが、一度出勤すると、それ以降欠勤しても勤務先所定の休日は欠勤日に含まず、正味欠勤した日数だけを加算します。

例)仮に事故日が6月1日で質問者様の休日が3日連続勤務すると1日休みという形態であった場合、3日勤務の初日(6月1日)に事故に遭遇し、そのまま6月11日まで10日間連続して欠勤したとします。すると、欠勤日は11日(6月12日が勤務先所定の休日に当たるため6月12日も欠勤日となる)+初日の早退として休業損害を計算します。しかし、6月4日まで3日連続して休んだ後、1日出勤(6月5日)し、その翌日から再び7日間連続欠勤したとすると、休んだ総日数同じですが、欠勤日数は8日+初日の早退となります。(6月8日、6月12日の勤務先所定の休日は欠勤日としないため)

実際には、タクシー乗務員さんの場合の休日はもう少し複雑でしょうが、考え方は同じです。
休業損害証明書では、欠勤日に○印をつけ、勤務先所定の休日には×印をつけます。○印と×印が途切れることなく連続している間は、両方の数を欠勤日数として数えますが、一度途切れると○の日数しか数えません。

>休業補償分はいつもらえるのでしょうか?

相手の保険会社から休業損害証明書をもらい、それを会社に記入してもらって、相手の保険会社に返送してからとなります。請求の締日は特にありませんし、月ごとに請求することも可能ですが、保険会社は通院日と欠勤日の照合を行いますから、病院からの診断書・レセプトが保険会社に送付されるまで、支払いされないこともよくあります。診断書・レセプトは月末締めで翌月中旬~下旬に送付するのが一般的です。

休業損害とは、事故によるけがが原因で実際に収入が減少した損害です。実際に収入の減少がなくても、例外的にサラリーマンが有給休暇を使用した場合と、家事従事者としての休業損害は認められます。

サラリーマンの休業損害は、事故前3カ月の控除前支給額を90日で割ったものが、1日当たりの休業基礎日額となり、これに勤務先が証明した欠勤日(有給休暇を含む)の日数を掛けたものが、休業損害の金額です。

欠勤日の取り扱いについては、事故から連続して欠勤した場合は勤務先所定の休日も欠勤日に含みますが、...続きを読む

Qタクシー業界に詳しい方、お願いします

タクシーは自動車保険に加入せず(保険料が高いため)、自前で相手と交渉するため、タクシーが加害者の場合払い渋り、被害者では休業補償、車両補償のためもめると言われています。これって本当なんでしょうか。
個人でタクシーと事故り任意保険未加入の場合、悲惨と聞きましたが・・実際どうなんでしょうか。

Aベストアンサー

個人タクシードライバーです。
どこから無保険車という話しが出ているのでしょうか?
タクシーは個人、法人全て保険もしくは共済への加入が義務付けられてます。
トラック、バス等の緑ナンバーも全て加入してます。

私は共済と任意保険の両方に加入しています。

ただし、営業車と事故を起こした時、すんなりと交渉がいかないのは確かです。

免責の範囲内で収まる小さな事故が大半ですから、その時は保険を使わずに、相手の会社との直接交渉になるのでホントに大変です。
また営業車は事故が多くて保険料が高いので、保険会社から支払うにしても、少しでも賠償金を少なくして翌年の保険料が上がるのを避けよう、と加入者のタクシー会社は考えるので、必要最小限、法律の過去の判例で認められた分以外はまず払いません。

逆に被害にあった場合は、かなりの金額が請求され簡単に示談にはなりません。

タクシー会社にもいろいろあって、大手、零細問わず、ものすごく不誠実なところもたくさんあります。

とにかくタクシーとは事故は絶対に起こさないことです。

個人タクシーは車が一台しかないので、修理する間は仕事ができません。
したがって修理に日数が掛かるような事故にあえば、私は必ず人身事故にします。
相手の免許証や都合など一切考慮しません。ぶつけるような運転をするのが悪い。
怪我で仕事ができない休業補償と、車の破損が原因で仕事ができない休車損害では一日の補償額が三倍くらい違うのです。

無保険は違ってますが、とにかくタクシー、トラック、バスといった運送業界の営業車と事故を起こせば、自家用車同士とはまったく違うシビアで辛い交渉が待ってます。

営業車には近付かないのが懸命です。

個人タクシードライバーです。
どこから無保険車という話しが出ているのでしょうか?
タクシーは個人、法人全て保険もしくは共済への加入が義務付けられてます。
トラック、バス等の緑ナンバーも全て加入してます。

私は共済と任意保険の両方に加入しています。

ただし、営業車と事故を起こした時、すんなりと交渉がいかないのは確かです。

免責の範囲内で収まる小さな事故が大半ですから、その時は保険を使わずに、相手の会社との直接交渉になるのでホントに大変です。
また営業車は事故が多くて保...続きを読む

Q交通事故 相手がタクシー共済です。

昨年、妻(自転車)がタクシー(営業中)に接触され、怪我をしました。
症状固定ということで、自賠責に被害者請求&後遺障害申請をして、
自賠責より後遺障害14等級認定と、被害者請求した分(120万超)が当方に支払われました。

なお、現在自賠責より支払われた額については、自賠責基準の最低額であって、到底納得いくものではありません。

120万を超えたので、ここからの支払いは任意保険(タクシー共済)になるかと思います。

タクシー共済については、いろいろ調べたのですが、全くいい噂を聞きません。
「自賠責を超えた分に関しては、一切払うつもりはない」の一点張りで最初から交渉のテーブルに付かず「裁判でもなんでもどうぞ」という姿勢であるという話を、都の相談センターで聞きました。
また、交通事故紛争処理センターに示談を斡旋してもらっても、出頭に応じないとも聞きました。そうしたら、、、訴訟しかなくなってしまいます。

現在自賠責より支払われている、休業補償・後遺障害慰謝料・後遺障害逸失利益・通院慰謝料の合計は、120万円程度。
これを、地裁基準・任意保険基準に照らし合わせると、こちらの主張できる金額は500万円超になります。
まずはこの、自分が主張する500万超の保険金を叩き台として主張したいと思っています。
まさか満額貰えるとは思っていませんが、少しでも上乗せさせたいと思っています。

悪名高きタクシー共済に対して、無謀ですか?
最悪、訴訟になってしまうのか?と尻込みしてしまいます(相手の思うツボなんでしょうが)

正直、、、どうしたらよいでしょうか。。。今の自賠責の額で示談すべきでしょうか? お願いします。助けてください。

昨年、妻(自転車)がタクシー(営業中)に接触され、怪我をしました。
症状固定ということで、自賠責に被害者請求&後遺障害申請をして、
自賠責より後遺障害14等級認定と、被害者請求した分(120万超)が当方に支払われました。

なお、現在自賠責より支払われた額については、自賠責基準の最低額であって、到底納得いくものではありません。

120万を超えたので、ここからの支払いは任意保険(タクシー共済)になるかと思います。

タクシー共済については、いろいろ調べたのですが、全くいい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
タクシー共済ではなく直接の加害者であるタクシー会社相手に存分に戦ってください。
タクシー共済が悪いのかというとそれだけでは無いと思います。保険にしろ共済にしろ本来はお金を肩代わりするだけの代物です。(そこにサービスとして示談代行が存在しているのが一般の自動車保険です。)
タクシー共済の場合共済担当者と言うより相手方加害タクシー会社の事故担当と言うのが前面に出ていないでしょうか?呆れてしまう位話が通じない事も多いですし、被害者を救済しようという気持を感じた事はありません。(持ち回りで事故担当を務める会社もあり若干腰の弱い人もいますが共通して理屈が通じない感じです。そして動きが悪い。)
さて、交通事故紛争処理センターは日弁連が保険会社に示談代行を認める代わりに払い渋りやトラブルの解決の為に設置を要望(義務付け)した機関です。対保険会社相手でないとあまり効果は無いでしょう。
やれるところからしますと、まずは苦情の申立もしてみましょう。
例えば関東地方であれば関東運輸局内に自動車交通部旅客第二課という部署があります。ここはタクシー会社に免許を交付する部署で、指導・監督もしてくれます。過去苦情の申立してをして少しだけ効果はあったように思いますが決定打にはなりません。それでも質問者最寄の運輸局に取り合えず苦情を申立ましょう。
そして、やはり訴訟が一番です。奥様の体の状態は分かりませんが、14等級は妥当でしょうか?自賠責の決定も不服があれば不服の申立が可能です。14等級と言いますと、逸失利益は存在しない、と反論される事もあろうかと思います。単純に5/100の労働能力喪失係数掛けてるだけのようにも思いますが、後遺障害の内容によりけりです。逸失利益をどの位の期間見るかで賠償額は変わってきます。
後遺障害等級の妥当性含め交通事故に強い弁護士に相談されるのが一番宜しいかと思います。(訴訟を提起する裁判所も出来る限り選びます。ここの裁判官このケースはよく認めてくれるんだよ~とか言いながら。)交通事故専門と思える弁護士を選んで下さい。取り合えず30分5000円程ですが法律相談から始めると良いです。
相手は訴訟しないだろうとタカを括っているところもありますし、訴訟がなければ万々歳喜ぶだけです。弁護士に委任しましょう。

こんにちは。
タクシー共済ではなく直接の加害者であるタクシー会社相手に存分に戦ってください。
タクシー共済が悪いのかというとそれだけでは無いと思います。保険にしろ共済にしろ本来はお金を肩代わりするだけの代物です。(そこにサービスとして示談代行が存在しているのが一般の自動車保険です。)
タクシー共済の場合共済担当者と言うより相手方加害タクシー会社の事故担当と言うのが前面に出ていないでしょうか?呆れてしまう位話が通じない事も多いですし、被害者を救済しようという気持を感じた事は...続きを読む

Qタクシー会社の事故処理手順は?

タクシーと接触してしまいました。
今のところは人身事故になっていません。
私は任意保険未加入です。
タクシー会社の担当の方と電話をしたのですが、「どちらに過失があったのか?」という質問の返答を強く求められました。
私に過失があることは認めますが、相手に過失が全くないのかと言えばどうなのか疑問です。
初めての事故でわからないのですが、過失についての判断はタクシー会社の担当者がするものなのでしょうか?
保険会社の方からその件の連絡が来ると思っていたので、混乱しています。
「過失はどっち」といわれ「私」と答えれば有無を言わさず10割請求になると思うと、答えられません。
タクシー会社の事故処理の手順はどのようなシステムになっているのでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般的にタクシー会社は、何台も車を所有していると保険料が馬鹿にならないため、任意保険は対人賠償だけで、対物賠償には加入していないことが多いです。
従いまして、物損事故の場合は、渉外担当といわれる事故係の社員と直接交渉することになります。
なかなか海千山千の方が多いので、丸め込まれないように、過失割合等について勉強して交渉されたほうがいいと思います。
任意保険未加入とのことですが、運転されていたのは原付か二輪車でしょうか?
まさか四輪車で無保険ということではないですよね。
もしも、そのまさかの場合で、今後も運転を続けられるつもりならば、今回の事故には対応できませんが、至急任意保険に加入されることをお勧めいたします。

Qタクシーとの事故

すれ違いのため停車して待っていたら、前方から来たタクシーに車両後部をこすられました。
現場でタクシー会社の事故処理窓口の担当者に連絡するとゆうことで、連絡し話をしたのですが、こちらは被害者なのに、電話の声が聞き取れない程の大声で、一方的に怒鳴り散らすだけでまともな話ができず、「そんな話し方してたらまとまる話もまとまらないですよ」といえば、「まとまらんかったらどないすんねん、コラ~!」とさらにわめきちらされました。正直こちらは完全停車の状態での接触ですので、100%非はタクシー側にあると思います(運転手さんも責任を認めております)。謝罪の一言もなく、被害者に、いきなり高圧的にわめきちらすなんて、タクシー会社の事故処理担当ってみんなこうなんでしょうか?
とりあえず、修理屋さんで修理見積もりを取ってから
再度話することになったのですが、常識的な対応もできない人相手に話がどうなるか心配です。
質問なのですが、
(1)このタクシーが自動車保険に入っていないとゆっているのですが、タクシーの営業許可をとるのに自動車保険への加入は義務ではないのでしょうか?一般車両よりも事故をおこす危険性が高く、国の許認可を得て、業務を行うのだから、事故時の補償能力に問題があるのはおかしいと思うのですが。。。
(2)タクシー会社の事故処理係は、本当にタクシー会社内の機関なのでしょうか?
よくタクシー会社には示○屋が専属でついているとか、ケガしても満足に補償してもらえないとか聞くのですが。
今回のあのわめきちらしかたも、全国的に有名なグループ企業で、大手のタクシー会社が、あんな対応をするなんて、かなり不可解だったので。
(3)タクシーと事故をおこされたことのある方から、経験談とかここは気を付けた方がいいとゆうのがありましたらアドバイスいただけると幸いです。

すれ違いのため停車して待っていたら、前方から来たタクシーに車両後部をこすられました。
現場でタクシー会社の事故処理窓口の担当者に連絡するとゆうことで、連絡し話をしたのですが、こちらは被害者なのに、電話の声が聞き取れない程の大声で、一方的に怒鳴り散らすだけでまともな話ができず、「そんな話し方してたらまとまる話もまとまらないですよ」といえば、「まとまらんかったらどないすんねん、コラ~!」とさらにわめきちらされました。正直こちらは完全停車の状態での接触ですので、100%非はタク...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
中小タクシー会社は保険に入っている事も多々ありますが、タクシー共済(事故処理は自前)などを使うところも未だ散見されます。(国交省では対人8000万、対物200万以上の保険に入る事を推奨してましたが、義務にはまだなってないかと。)
タクシー会社の事故係は様々な人がいるので何とも言えませんが、持ち回りで担当してみたり、専門の者を置いてみたり、いずれにしてもあまり法的な損害賠償そのものを前提に話はしてこないでしょう。如何に支払わないかが根底にあります。
示談とは話し合いで解決する事を指しますので、必ずしも判例になぞらえる必要はありません。双方承諾すればまとまる物なので、如何に支払いをしないで話をまとめるかが事故係の任務みたいなものです。
理屈に合わない事を先刻承知の上であなたに話してきていると思ったほうがいいです。
まずは、請求書を送ってみて様子を見てみましょう。(大人しく払ってくれば取り越し苦労。終ります。)
イチャモン付けてきてやはり話にならない場合は、各都道府県を管轄している運輸局の自動車交通部旅客第二課にでも相談してみて下さい。(例・東京なら関東運輸局。)ここはタクシー免許を交付している部署ですから指導してくれたりします。(ただし、指導が行っても表面的に従ったフリして結局話合いにならないと言う事も有り得ます。)
一番スマートなのは、事故証明を取り、記載上にあなたの落ち度が見られなければ簡易裁判所に小額訴訟を申し立てるのがいいかと思います。(相手が何と言おうと支払命令を出してもらえば勝ちです。)
念の為に、相手事故担当との会話は録音できる状態にしておくと良いでしょう。(と言うか、それもって旅客第二課に行くといいかも、です。)

こんにちは。
中小タクシー会社は保険に入っている事も多々ありますが、タクシー共済(事故処理は自前)などを使うところも未だ散見されます。(国交省では対人8000万、対物200万以上の保険に入る事を推奨してましたが、義務にはまだなってないかと。)
タクシー会社の事故係は様々な人がいるので何とも言えませんが、持ち回りで担当してみたり、専門の者を置いてみたり、いずれにしてもあまり法的な損害賠償そのものを前提に話はしてこないでしょう。如何に支払わないかが根底にあります。
示談とは話し合いで...続きを読む

Q加害者側から休業補償と言われました。

はじめまして。先日交差点にて事故をしました。当方が単車で、先方がタクシーです。当方は一旦停止を止まらずそのまま交差点内にてタクシーに当たりました。速度は20キロ程度なので当方外傷もなく打撲だけでした。一応運転手さんが救急車と警察に連絡してくれました。警察は後日診断書を持ってきてくださいと言ったので、病院にて診断書をもらい警察に行こうとしたら、運転手さんから電話があり、「診断書を出したら行政処分がくるから、そうなったら休業補償を請求する」と言われました。当方は自賠責しか加入しておりません。過失割合では当方が悪いと思っておりますが、やはりタクシーの運転手さんより休業補償は請求されるものなのでしょうか?タクシーは個人タクシーです。教えてください。

Aベストアンサー

刑事罰 行政処分と民事賠償とははっきり区別して対応してください。
ケガをしている以上人身事故にすべきです。
処分を理由に民事賠償との絡みで、それを取引材料にするのは極めて悪質 卑怯なやりかたです。
相手がどういおうと警察には必ず届けること。
双方自賠責加入でしょうから、おそらく過失による減額はないと思います。
なければ自賠責は120万限度に100%の補償があります。
ここで大切なこと!治療は健康保険で必ずかかること!病院が使えませんという場合は健保管轄官庁に相談されれば必ず使用できます。
健保でかかれば治療費が半額で安く抑えられますので、その分、他の補償にまわせます。慰謝料などに

加入自賠責保険会社に相談されればそれなりアドバイスを受けられます。ここで健保の件を聞かれてもいいでしょう。
休業補償もあなた加入自賠責で賠償してくれます。
自賠責には物損部分の賠償はありませんので、タクシーの損害はあなた過失部分に応じて自己負担になります。
バイクは任意保険未加入が多々あります。保険料ケチった分苦しむのも「身から出た錆」!?

書き忘れましたが、あなたもタクシー加入自賠責に被害者請求にて 治療費 休損(あれば)慰謝料 通院交通費など120万まで勝手に請求できます。
詳細は加入自賠責保険会社に・・・・!

刑事罰 行政処分と民事賠償とははっきり区別して対応してください。
ケガをしている以上人身事故にすべきです。
処分を理由に民事賠償との絡みで、それを取引材料にするのは極めて悪質 卑怯なやりかたです。
相手がどういおうと警察には必ず届けること。
双方自賠責加入でしょうから、おそらく過失による減額はないと思います。
なければ自賠責は120万限度に100%の補償があります。
ここで大切なこと!治療は健康保険で必ずかかること!病院が使えませんという場合は健保管轄官庁に相談されれば必...続きを読む

Q10:0の事故。車の修理費に疑問が。。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこちらから連絡すると「修理はもう終わっています」とのことで驚きました。なぜ概算見積りが出たときに連絡をくれないのか?というと「修理は止められませんので」と的を得ない回答でした。私は修理を止めるつもりはなかったのですが、概算見積りはとっくに出ていたのに連絡がありませんでした。
少し不信感を持ちつつ概算見積りの金額を聞くと修理費が22~3万で代車費用含めて30万ほどになるとのことでした。

相手の方の車が国産車の限定車でリアバンパーが高く、さらには部品取り寄せに時間がかかって代車の日数も増えたとのことでした。

ここで疑問なのですが、

ディーラーに確認したらリアバンパー代は塗装代込みで約7~8万と言われましたが、修理費に22万も必要でしょうか。
また、部品を取り寄せるのに時間がかかるなら自走可能車でも代車を出すのでしょうか?
これは私が判断することではないのかも知れませんが、バンパー交換は経験上1日で終わりますし、部品を発注している間は自走できるなら代車を出す必要はないと思うのですが。

私が起こした事故ですし、人身に切り替えられなかっただけ有難く思え、人を轢くよりましだろう、と言われるのは覚悟の上ですが、どうしても修理費に疑問があります。
もちろん、必要な修理費は払わせてもらいますが、あまりにも不必要に代金がかかっている気がしてなりません。

現在の状況は、保険会社が派遣したアジャスターと修理先の板金屋が値段交渉をしている最中で、修理費が確定するまで少し待ってほしいと言われています。

また、修理箇所の写真と見積書は保険を使う場合はお見せできない、と言われました。
見せられない内容なのですか?と聞くと「実費で払われるならお見せでます」と言われ、ますます不信感が募りました。
もう実費で払うから板金屋と直接話がしたい(部品代の領収書、工賃や代車の明細を知りたかったので)といったら、それは難しい、と言われました。もし直接話をするなら保険会社は介入できないとも。
詳しくは知りませんがそんなもんなんですかね・・・。自分が一番悪いとはわかっていますが、保険会社の対応も修理先の対応も疑問ばかりです。
ひょっとしたら、中の部品も破損していて値段が跳ね上がったのか、とも考えましたが、本当にコツンと当たった程度で凹みもなかったので考えにくいです。ただ、実際に写真を見てみないとなんとも言えませんが。。。

経験がないのでわかりませんが、自動車事故ってこういうことがよくあるんでしょうか。
今後、どのようにすれば良いのか悩んでいます。
相手に迷惑をかけた慰謝料と思えば良いのかな、とも考えますが、相手ではなく修理先が必要以上に代金を請求している気がしてしまいます。

すみませんが、よろしくお願いします。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこ...続きを読む

Aベストアンサー

 あなたの保険会社が闘わないんなら、そんなモンですね。あなたの懐は変わらないので、被害者である相手によりいい印象を与えるように逆もしているということです。保険会社同士で話し合い決着がついているから、それを覆すなら、裁判でどうぞということですな。値段的には、問題ないと思いますよ。バンパー付近も色あわせでなじむように塗るという「建前」になってると思いますからね。自損なら10万って事ですね。

Q100対0の物損事故なのですが

このあいだ駐車場から出るために待っていたところを後ろから追突されました、車は問題なく動きますが後ろがかなりヘコんで目立ちます。
警察を呼んで処理してもらったのですが、警官からあなたは止まっていたからこの場合は100対0でしょうと言われました。

加害者はその場では私が悪いので物損ですので修理代は出しますと言っていましたが修理の見積もりを作って加害者に伝えたら、ちゃんとヘコんだ部分だけの修理費なのにそんなのは高すぎる払えないと言い出して、物損だから保険は使いたくないのでへコんでいても車自体は動くし示談金(修理費よりかなり安い金額)でどうだと言われましたが私はかなり目立つへコみなので修理費を出してもらいたいので拒否しましたが加害者は一歩も譲らず保険を使う気もないようです。さらにちゃんとヘコんだ部分だけの見積もりなのにこの程度でこの金額取るなんて良いことないぞ、もっと下げろ。などと言ってきます。

ここまま加害者と話し合っても進展しそうにないのですが、加害者に変わって相手の保険会社に私が直接修理費を請求することができるでしょうか?
それと私の保険会社も私は被害者で過失はありませんが、伝えれば動いてくれるのでしょうか?

事故は初めてでわからないことがいろいろあります。よろしくお願いします。

このあいだ駐車場から出るために待っていたところを後ろから追突されました、車は問題なく動きますが後ろがかなりヘコんで目立ちます。
警察を呼んで処理してもらったのですが、警官からあなたは止まっていたからこの場合は100対0でしょうと言われました。

加害者はその場では私が悪いので物損ですので修理代は出しますと言っていましたが修理の見積もりを作って加害者に伝えたら、ちゃんとヘコんだ部分だけの修理費なのにそんなのは高すぎる払えないと言い出して、物損だから保険は使いたくないのでへコ...続きを読む

Aベストアンサー

当事者でどのように合意されてもそれは自由ですが、まず原則を押さえましょう。

>警官からあなたは止まっていたからこの場合は100対0でしょうと言われました。
損害賠償に関する問題は民事上の問題です。警察は「民事不介入」が大原則です。警察側からどのような発言があっても、それは野次馬の発言と同じと理解してください。

>示談金(修理費よりかなり安い金額)でどうだと言われました・・・
示談金って?というのが正直な感想です。物の損害賠償は時価を限度にした修理費用相当額です。ですから修理費用を相手側に請求するのは正当な権利です。また相手側はその賠償請求に応じる義務があります。修理額が世間一般に認められる範囲であれば、話におかしな点はありません。

>加害者に変わって相手の保険会社に私が直接修理費を請求することができるでしょうか?
相手の保険会社がわかれば、直接請求することはできます。しかし保険会社は契約者の同意なしで保険を使うことができないので、あまりいい方法とは思えません。

>被害者で過失はありませんが、伝えれば動いてくれるのでしょうか?
まず原則は無理です。違法行為になります。しかし方法がないわけではありません。
ひとつは「車両保険」も契約していてそれを使う場合です。損害額の認定は自分側の保険会社でしてくれます。そこでその損害額を自分の保険で支払ってもらいます。支払いを受けると同時に傾斜九社山河保有する相手側えの損害賠償請求権を保険会社に譲渡することになります。後は保険会社がその権利の範囲内で相手からの回収を試みることになります。ただ保険を使ったことになるので、次年度以降のノンフリート等級に影響があります。
もうひとつは「弁護士費用」等の特約がある場合です。この場合は保険会社が動くのではなく、弁護士が介入し相手からの回収を試みるということになります。特約の内容にもよりますが、保険会社は費用を負担するのみで基本的にはノータッチです。注意しなければいけないのは「弁護士介入=支払いがされる」ということにはならないということです。

当事者でどのように合意されてもそれは自由ですが、まず原則を押さえましょう。

>警官からあなたは止まっていたからこの場合は100対0でしょうと言われました。
損害賠償に関する問題は民事上の問題です。警察は「民事不介入」が大原則です。警察側からどのような発言があっても、それは野次馬の発言と同じと理解してください。

>示談金(修理費よりかなり安い金額)でどうだと言われました・・・
示談金って?というのが正直な感想です。物の損害賠償は時価を限度にした修理費用相当額です。ですか...続きを読む

Qタクシーとぶつかって。。助けて。怖い。

タクシーとぶつかって。。助けて。怖い。
昨晩、タクシーとぶつかってしまいました。後ろにくっつかれて止められてしまいまして、発車するのに、バックをしたらこつりと、接触してしまいまして。。止まっている車にぶつけたので、100%こちらが、悪いのはたしかなのですが、運転手の人が、首が痛い痛いと騒ぎまして。。。?事情聴取に警察の方が来てくださり、車もかすり傷程度なので、何でそんなに痛がるのか、不思議なんだよね。。と言ってまして、警察の人が救急車をよびましょうか?と聞いてもそれはいいそうなのです。こちらは、ゴールドなので人身事故にしないようにお願いしたのですが。。一応保険会社には、連絡しましたが、これからどうなるのか、不安で。。取り合えず、お聞きしたいのが、タクシーの運転手が、怪我をした場合、その人に何か特があるのでしょうか?
今日のお昼に、病院にいったみたいで、全治2週間のむち打ちだそうです。<救急当番に行くような事言ってたのですが行かなかったみたいです>本当に、たいした衝撃も無かったので、びっくりです。全治2週間って、大変な怪我なのでしょうか?1週間以上仕事は、出来ないそうです。・・カテゴリー間違えていたらすみません。

タクシーとぶつかって。。助けて。怖い。
昨晩、タクシーとぶつかってしまいました。後ろにくっつかれて止められてしまいまして、発車するのに、バックをしたらこつりと、接触してしまいまして。。止まっている車にぶつけたので、100%こちらが、悪いのはたしかなのですが、運転手の人が、首が痛い痛いと騒ぎまして。。。?事情聴取に警察の方が来てくださり、車もかすり傷程度なので、何でそんなに痛がるのか、不思議なんだよね。。と言ってまして、警察の人が救急車をよびましょうか?と聞いてもそれはいいそ...続きを読む

Aベストアンサー

全治2週間、むち打ちと診断されたのでしょう
むちうちでしたら、ひどく骨に影響していなければ、普通2週間の診断がおります、≪むちうちの軽い物の診断は、MRIでも判らず患者の言い分で、大体診断されます≫
徳は仕事をしなくてもお金が保証されます、≪休業補償など≫
取りあえず保険会社に任せて、あなたは特にお金は払わないでください、≪一回払ってしまうとややっこしい事になっつぃ舞います≫
相手が請求してきたら、そのまま保険会社に任せて居ますので、こちらから報告しておきますと言ってその場を切り上げてください≫
例えは相手が100万円で今払ってくれれば示談しますと言っても、保険で100万払われる事は無いからです≪保険で払われなかった分は、あなたが個人負担する形になります≫
休業補償に関しては、相手の納税証明などを元に、算定されますので素人では無理です
相手の治療費も保険でおりますので、あなたが払うとしたら、お見舞い程度です≪過失割合次第ですが10:0では保険でおります≫
人身となるともしかすると、検察から呼び出しが有るかもしれませんが、その時にはこの経過を検察官に放してください
人身事故にしてもらって、検察で言った方が、かえって起訴猶予などになる可能性もありますよ(^-^)

全治2週間、むち打ちと診断されたのでしょう
むちうちでしたら、ひどく骨に影響していなければ、普通2週間の診断がおります、≪むちうちの軽い物の診断は、MRIでも判らず患者の言い分で、大体診断されます≫
徳は仕事をしなくてもお金が保証されます、≪休業補償など≫
取りあえず保険会社に任せて、あなたは特にお金は払わないでください、≪一回払ってしまうとややっこしい事になっつぃ舞います≫
相手が請求してきたら、そのまま保険会社に任せて居ますので、こちらから報告しておきますと言ってその場を切り上...続きを読む

Q自転車とタクシーの事故について

自転車で横断歩道を半分以上渡ったところで、右折してきたタクシーが突っ込んできました。
タクシーのナンバープレートに、自転車のペダルが食い込んだので、真横から突っ込んでこられた状態です。
幸い怪我は擦り傷程度で転倒もしませんでした。
その時に、第一声が赤信号で突っ込んできた!!と恫喝され「???」でした。
タクシーということで自分の責任転嫁のパフォーマンスかなと思っていましたし
客を乗せていて、そちらが大騒ぎしてたので動転されてたのかなとも思っていました。
もし、仮に赤だったとしても(絶対に違いますが)、反対車線が3車線、タクシーが入りたい車線が
2車線の横断歩道なので、半分以上進んでいたのは明白です。
ましてや、ナンバープレートとペダルということで、真横からというのも明白です。
右折するのに前方不注意で突っ込んできたということだと思うのです。
たまたま正面が派出所で、かつ交差点近くにパトカーがいたので、その場で現場検証となりました。
1週間ほどで、保険会社から電話があり、自転車の弁償をという話になり金額などを確認され、住所なども聞かれました。
何故、住所が必要か確認しましたら、書類などの送付が必要なのでとの回答でした。

数日後、保険会社から電話があり、タクシーは赤信号だと言っているので、相殺にしましょうと言われましたが、上記のような説明をして、こちらの過失責任はないと申し上げ
自転車代金と、その間の交通費は貰いたい位ですと言いました。(通勤に自転車を使ってるので)

ではタクシー会社から直接電話をして貰いますと保険会社の人に言われました。

保険会社はその時に免責があるし・・・と言っていましたが、よく意味がわかりません。

10:0の主張はおかしいでしょうか?
もし相殺でと言われたら、こちらは泣き寝入りしなければいませんか?
何か方法はありますか?
自転車は5万位のを6年くらい前に購入しました。
どの位、補償して貰えるものですか?
こういう場合は、減価償却などはなく、実費で支払って貰えるとも聞いたのですが、そんなものでしょうか?

再度、タクシーの見積りを提示されてきたりしたら、どのように対処すれば良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

自転車で横断歩道を半分以上渡ったところで、右折してきたタクシーが突っ込んできました。
タクシーのナンバープレートに、自転車のペダルが食い込んだので、真横から突っ込んでこられた状態です。
幸い怪我は擦り傷程度で転倒もしませんでした。
その時に、第一声が赤信号で突っ込んできた!!と恫喝され「???」でした。
タクシーということで自分の責任転嫁のパフォーマンスかなと思っていましたし
客を乗せていて、そちらが大騒ぎしてたので動転されてたのかなとも思っていました。
もし、仮に赤だったとし...続きを読む

Aベストアンサー

 こういう問題はなかなか難しいですね。相手はタクシーなので、会社は事故処理や損害賠償のことは、素人のあなたを子供同然に扱っていくでしょう。でも、あなたとしては黙っていられないのは当然です。
 こういう場合は、まず弁護士に相談してアドバイスをもらって解決を図ってはどうでしょうか。しかし、いきなりの弁護士では、誰に聞くかわからず、また費用もかかります。そこで、無料弁護士相談という制度がありますので、私も以前、民事問題でそうした方法を利用したことから紹介します。更に、有料もありますが、有料でも安い方法での解決可能の場合もありますので、参考に順次紹介します。

◎無料相談
1 まず、市区(町)では、大体の自治体が無料相談日を設け、委託した弁護士が来て相談にのってくれるシステムがあります。概ね一人30分の時間です。けっこう相談者が多いため予約制が多いですので、まずは市区(町)役所の市民(相談)課などに電話して無料相談の有無について聞き、相談可能なら早速に予約した方がいいです。また、自治体によっては、同じ案件でも日を改めて、繰り返し相談できるようです。

2 次に、街の開業弁護士に個人的に相談しようとする場合、弁護士によっては、月2、3回の無料相談日(一人1時間位)を設けている親切な弁護士がいます。そのため、電話帳やネットなどで、県内や近隣にそうした弁護士がいるかどうか調べ、見つかれば有り難いです。早速に、電話で問い合わせして予約を入れ相談にのってもらいます(良心的で、問題はありません。)。ネットのgoogleで、例えば「弁護士  無料」と入力して検索すると、出てきます。
しかし、この無料相談弁護士は、東京とかの大都市にはいると思います(私は東京で利用しました。)が、地域差がありすべての県にいるとは限りませんので、いない場合はやむをえないです。

◎有料相談
1 周辺に無料相談の弁護士がいない場合は、次に一般的な有料の方法となりますが、短時間で安価で弁護士に相談にのってもらう制度があります。弁護士規定で、大体30分相談で5,250円というものです。ですから、1時間の場合は1万500円です。ここでのアドバイスで解決することも多く、この段階で解決の糸口がつかめれば費用負担も大きくなく有り難いものです。

2 でも、やはりもっと有利にと、どうしても本格的に弁護士に頼むこととなる場合は、どこの弁護士に頼むか、また、弁護士報酬はどうかという不安(心配)があります。
(1)まず、【弁護士の紹介・斡旋】ですが、上で述べた2又は3で相談した弁護士が適任と思えば、その弁護士に引き続きお願いしたらいいです。でも、他の弁護士にしたい場合は、各都道府県に、国が出資し設立した公的法人である「法テラスhttp://www.houterasu.or.jp/」という所があり電話相談や弁護士対応をしてくれます(但し、この法テラスは、民事法律扶助と言って低所得者を対象に法律相談しています。参考までに。)。
また、同じく各都道府県に日弁連設置の「弁護士会法律相談センター」(ネット検索可)が有り、ここでも電話(東京でしたら、03-5367-5290)で簡単な争訟内容を聞いた上(5分程度)、貴方のエリアに近い有料の弁護士を割り振ってくれますので、貴方の状況に応じ、いずれかに電話してみると良いと思います。

(2)次に、【有料の弁護士の報酬】の問題です。
この報酬額は個々の弁護士の自由裁量でまちまちでして、ここで注意しなければならないのは弁護士によって、着手金のほか、報酬として成果型と定額制のニ種類があるということです。 

○「成果型」とは、いわば報酬の出来高払いです。
まず着手金は、以前は、争訟金額の8%(しかし、最低は10万円)(例;100万円の損害賠償請求でしたら8万円。でも、最低は10万円なので10万円)支払い、結果報酬額としては、負担を免れることとなった(或いは利益を得ることとなった)金額の16%(例;貴方の負担が60万円軽減された(或いは逆に、賠償請求で60万円得ることができた)場合は、60万円×0.16=9万6千円の報酬支払い)という相場がありましたが、これは現在撤廃され、個々の弁護士が自由に設定できるので、着手金、報酬額(割合)が一律というわけにはいきません。
 報酬割合について16%のところもあるでしょうし、それ以上の割合(%)を求める弁護士もいると思います。
 ○一方の「定額制」とは最初から、訴訟結果如何にかかわらず最初に提示した固定の金額を報酬としてもらうシステムです。
そのため、貴方が敗訴や負担額(請求額)が思ったより多く(少なく)不満の場合も、最初に約束した金額を契約に従い支払うことになってしまいます。
どちらがいいかは、あなたの考えや、弁護士との話し合い次第です(私個人の体験からすれば、最初の「成果型」をお薦めし、「定額制)は適当とは思いません。)。

いずれにしろ、無料、有料の順で、弁護士への相談を進めていけば、最初から弁護士費用の負担に悩まなくてもいいと思います。
なお、 相談の場合、貴方の事前準備もよくしておいた方が能率的です。弁護士はある日突然、貴方の相談を受けるわけですが、無料相談などの時間が限られています。そこで事前に、関係当事者の状況を一枚の紙にチャート的に図示してわかりやすく表示し、また、貴方自身も、争訟事案の内容をうまく説明できるように頭の中で整理し、かつ、何が問題か、何を聞きたいのか、証拠的なものは何かなどをまとめて(メモして)おいた方がいいです。弁護士と相談してると、聞きたいことを一部忘れてしまうことがあるので、質問事項をメモしておいた方が漏れもなくなると思います。

 こういう問題はなかなか難しいですね。相手はタクシーなので、会社は事故処理や損害賠償のことは、素人のあなたを子供同然に扱っていくでしょう。でも、あなたとしては黙っていられないのは当然です。
 こういう場合は、まず弁護士に相談してアドバイスをもらって解決を図ってはどうでしょうか。しかし、いきなりの弁護士では、誰に聞くかわからず、また費用もかかります。そこで、無料弁護士相談という制度がありますので、私も以前、民事問題でそうした方法を利用したことから紹介します。更に、有料もありま...続きを読む


人気Q&Aランキング