『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

カレカノの第26話で少し理解できない部分があったので教えてください。

第4場のシーン
「お前は気づいてしまったんだ。宮沢を抱いても、幸せになれない自分に。触れ合ってしまったからこそ、2人の距離がよく見えた。2人はまるで別々の個人。触れ合う歓びは一瞬。それがゴールなんかじゃない。
知ったんだろ?宮沢なしではもうやって行かれないということを。彼女はもうお前なしでもやって行けるということに。」

第8場のシーン
「真秀が雪野になぜ急に芝居をやる気になったのかと尋ねる。雪野は答える。何か夢中になれるものが欲しいと思っていた。有馬は剣道でインターハイに行ったりと自分の世界を持っているので、自分もそうでなければいけないと思う。有馬は自分よりも世界が深い。何も知らない自分を悩ませたり苦しませたりするくらいなら、自分で抱え込んでしまうだろう。彼に甘えるのは好きだが、甘やかされて怠けてしまうのは嫌なのだ。その答えを聞いた真秀は有馬が雪野を選んだ理由に気づく。」

なぜ有馬は雪野を必要としていて雪野はもう有馬を必要としていないのか?雪野の話を聞いて真秀が分かった有馬が雪野を選んだ理由とは何か?その2点どちらかでもいいのでお答えお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

有馬と雪野の二人は互いに近づくことで


偽者の自分、演じていた自分を捨て去って
ありのままの自分に戻ることが出来た。

雪野は元々幸せな家族に囲まれた環境にあり
見栄王の仮面をはずしても
それを許容してくれる家族と友人達がいる

一方、有馬も同じく仮面をはずすことが出来ても
辛い過去が消えることはない

雪野は一旦仮面を取ってしまった今、
そのきっかけを作った有馬なしでも十分やっていける
その状態が演劇にあると思う。
演劇には一切有馬は関与してない。
(俺もアニメは見たけど原作見てないから、
アニメのその後、つまりその後の演劇に関することは知らないが)
有馬のいない演劇に対してもつつがなくこなしている。

一方、有馬は自分がいないところでも
いつも通りに活躍する雪野を遠い目で見て孤独を感じる。
加えて十波が現れて、雪野を取られるのでは、という
激しい恐怖に陥る。
つまり、雪野なしでは生きていけないことを
自覚している。

有馬は辛い過去を雪野と楽しく過ごすことで
忘れている振りをしている。
雪野にはそんなものはない

だから有馬は雪野が必要
一方で・・・

そういうことじゃないのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私には有馬がそう思う気持ちがどうしても理解できなかったんですよね。でもここは彼氏の事情のパートなのでそういう視点になるんですね。

有馬は辛い過去を雪野と楽しく過ごすことで忘れている振りをしているーなるほど~って目から鱗でした。それに雪野は今までの報いは自分で既に解決しているし、過去として解決しているんですよね。確かにそういわれて考えるとそうですね。なんか雪野がすごく自分に似ていて雪野の目線でどうしても見てしまっていました。
ひとつ疑問が解決してすっきりしました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/09 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q彼氏彼女の事情(津田雅美)のマンガで読解力の悪い私に教えて!

15巻《1年の文化祭のあと、そんなに忙しくて成績下がっても知らないからって有馬が言った。私はこう答えた。私1番狙うのもうやめる、首席の座は有馬にゆずることにするね》という会話が2人のバランスを崩したようですが、この言葉、会話に有馬はなぜ、この後、自分を偽るようになったのでしょうか?
何度も読んでも、道が開けません・・・。バカな私に教えてください。

また、このマンガは、何巻まで続くと思いますか?

Aベストアンサー

有馬と雪野は、出会うまではそれぞれたった一人の世界で、
出会ってからは二人だけの世界で生きてきました。
有馬の闇の部分を知らない雪野は、有馬には他にもっと
色々な世界が存在するのだとカン違いして、
自分も(有馬から離れた)自分の世界を作ろうと考えます。
そしてあろうことか「一番狙うのやめる」という台詞で
そのことを有馬に宣言してしまいます。
有馬にしてみれば、雪野に「私はあなたなしでも生きていけるよ。」
と言われたのと同じことです。
これにより、これまでお互いが全てだった二人のバランスが崩れ、
雪野に見捨てられたくない有馬は、決して雪野に自分の
本当の部分を見せないように心を閉ざしてしまったのです。

・・と全くの私見ですが、私はこのように解釈しています。

何巻まで続くかはわかりませんが、津田氏が満足のいく
完結のしかたをして欲しいと思います。
この漫画大好きですので(*^_^*)

Q彼氏彼女の事情18巻~21巻の内容

図書館でコツコツ借りて読んでいます。
今16巻を読んでいて、もうじき17巻を予約待ちで借りれそうです。
もう居ても立っても居られないほど続きが読みたいんです!
後半4冊は図書館の予約が多すぎて半年待ちかも・・
それで古本屋で探したいのですが、そんなヒマもなくアマゾンで新品購入しようか迷っています。(アマゾンの古本は配送料がその都度かかるので)
最後だけ買う価値ありますか?
私の予想では雪野が妊娠するのかな?
有馬は将来何になるのでしょうか?
(知りたくないけど知りたいみたいな複雑です。)

Aベストアンサー

再度追記します。


○物語はいきなり16年後に飛びます。

○有馬総一郎・・・警視庁刑事部捜査一課の刑事として活躍中。多くの手柄をあげている。宮沢雪野と結婚。3人の子供に恵まれる。

○有馬雪野(旧姓宮沢)・・・総一郎の父の経営する総合病院で整形外科医として勤務。

○浅葉秀明・・・日本画家になる。平成の夢二とかいわれ美人画を得意とするイケメン画家として凄い人気。描かれた女性ファン・絵の美女に惚れ込む男性ファンパトロン多数。長者番付芸術家部門に毎年ランクイン中。

○井沢真秀・・・有馬の病院の脳神経外科医。歯科医の貴志優介と結婚。

○沢田りか・・・大学卒業後、洋裁の腕をかわれ
人気デザイナー芝姫俊春専属の縫い子としてオートクチュールなど重要な仕事を任せられる。

○沢田亜弥・・・人気作家として活躍中。ジュニア向け恋愛モノ、ホラー、犯罪捜査モノなど範囲は多岐。

○宮沢花野・・・夢を叶え憧れの作家「沢井綾希」の担当編集者になる。

○佐倉椿・・・古代遺跡を巡り世界中を放浪してみたり、エジプトの大学に通ってみたり、いつのまにかアメリカの大学の教授になってみたり。

○十波健史・・・椿につきあって放浪しているうちに8カ国語が話せるようになり、古代史にも目覚め真面目で緻密な性格から古代文字解析の専門化。

○芝姫一馬・・・バンド「陰陽」として活躍中。2度のワールドツアーをこなす世界的人気ミュージシャン。

○芝姫つばさ・・・一馬の妻としてのほほんと暮らしている。

○有馬・宮沢の子供達・・・長女「咲良(さくら)」(15)県立北栄高校の1年生。浅葉秀明に恋をしている。
          ・・・長男「すおう」(14)次男「藍」(14)双子。


これらが21巻目に怒涛の如く描かれています(笑)

もし気になるなら自己責任で「彼氏彼女の事情 ネタバレ」等で検索されてはいかがですか?
・・・さらに読みたくなるかもしれませんが(苦笑)

再度追記します。


○物語はいきなり16年後に飛びます。

○有馬総一郎・・・警視庁刑事部捜査一課の刑事として活躍中。多くの手柄をあげている。宮沢雪野と結婚。3人の子供に恵まれる。

○有馬雪野(旧姓宮沢)・・・総一郎の父の経営する総合病院で整形外科医として勤務。

○浅葉秀明・・・日本画家になる。平成の夢二とかいわれ美人画を得意とするイケメン画家として凄い人気。描かれた女性ファン・絵の美女に惚れ込む男性ファンパトロン多数。長者番付芸術家部門に毎年ランクイン中。

○井沢真秀...続きを読む

Q(今更ですが)ピーチガール最終回が・・・

普段あまりマンガを読まない私ですが、ピーチガールはすごく好きで単行本をずっと読んでいました。
ついに最終回を迎えて終わってしまいましたが、私は納得いきません。
私はカイリよりとーじが断然好きだったので、ももちゃんがカイリを選んだのがすごく腹が立つんです。
カイリは本命がいるのにモモちゃんと付き合って「やっぱりももちゃん」と言いながらも本命の操ちゃんを気にしてるようだし、
とーじは1巻からずっとももちゃんのことだけを見てきて1番ももちゃんのことわかってくれているし、
ももちゃんはとーじと一緒になる方が絶対に幸せだと思います。
皆さんは結末に納得されているんでしょうか?
怒っているのは私だけなのかなぁ?

Aベストアンサー

こんばんは。
私もピーチファンですが、完全に納得しているかというと…そうでもありません。
とーじとくっつくのかなぁ?と思っていましたし。とーじが優しすぎて捨てられるなんて信じられません。
でもまぁ、カイリもいつも岡安兄に彼女を取られてしまったというかわいそうな過去があるし、兄の誘惑に唯一乗らなかったももチャンまでとーじのモノになってしまうのは可哀想かな~。とか思いつつ無理矢理納得しました。

とーじはずっと自分を犠牲にしてまでももチャンを守ってきたけど、カイリも、ももちゃんが辛かった時サエから守ったりリベンジに協力したりしていたので、まぁ…なんとか…許す!!ってかんじに考えています。

とーじってこのマンガで一番可哀想ですよね。両思いになれば、サエに邪魔され、つき合わされ、解放された途端にふられ…。そう思うと納得でき無い…カナ。

というわけで、50%50%かなぁ。長々と分かりにくくて、すみません。しかも結果出ず。

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Q漫画フルーツバスケットについて

もう終了していますが、
「花とゆめ」に連載されていた、
「フルーツバスケット」をご存知の方に、教えてもらいたいです。

雑誌連載中に、雑誌購入をやめてしまったので、
この話のその後が良くわからないのですが、
十二支の呪いが解け、最後はハッピーエンドだったということは
色々調べて確認しました。

私自身が実際に雑誌連載中に呼んだのは、
紅野が登場した前後だった記憶があります。
(うおちゃんと、コンビニで遭遇したあたりかな?)

そこで教えて欲しいのですが、具体的に、
・十二支の呪いとその解けた理由
・あきとの存在(十二支にとっての存在や、草摩一族の中での存在)
・あきとのその後
・主人公と夾の恋
・主人公と由季のその後
・紫呉の意味深な発言の数々
・ハッピーエンドは、どんな内容か
を教えていただけると嬉しいのですが。

原作ファンなら買って読め!と言われるかもしれないですが、
全23巻はとても買えません。
よろしくお願いします。

もう1つ、よろしければ教えてください。
・十二支同士なら異性で抱き合っても変身しないそうですが、
 呪いを受けている者と、一般の人の間で結ばれた時、
 変身はしないのでしょうか?
 (籍真の祖父?は猫憑き立ったと思うのですが、
  祖父、というからには、祖母がいて、両親のどちらかが
  生まれているはずなのですが、祖母は十二支だったのでしょうか?)
よろしくお願いします。

もう終了していますが、
「花とゆめ」に連載されていた、
「フルーツバスケット」をご存知の方に、教えてもらいたいです。

雑誌連載中に、雑誌購入をやめてしまったので、
この話のその後が良くわからないのですが、
十二支の呪いが解け、最後はハッピーエンドだったということは
色々調べて確認しました。

私自身が実際に雑誌連載中に呼んだのは、
紅野が登場した前後だった記憶があります。
(うおちゃんと、コンビニで遭遇したあたりかな?)

そこで教えて欲しいのですが、具体的に、
・十二...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
私もフルバは好きで読んでいました。
少し記憶が曖昧なのですが、参考までに。

1十二支の呪いと説けた理由
十二支の呪いは遥か昔に、十二支と神様の生まれ変わっても一緒に居ようという一杯の杯をみんなで分け合って飲んだところから始まります。
この十二支と神様の約束が始まりでした。
始めは約束だったのにいつの間にか呪いとなってしまったようです。
また、このとき猫だけはこの約束を受け入れませんでした。
説けた理由としては、長い年月が経ちこの約束(呪い)が弱くなってしまったことだと思われます。
ある日突然に呪いが解けていきます。

2あきとの存在
あきとさんの存在としては、約束をかわした神様の生まれ変わりです。

3あきとのその後
あきとさんは男装を止めて女の子として紫呉さんと草摩の古い体制の立て直しを頑張っていきます。

4主人公と夾の恋
最終的に透君と夾君は結ばれます。
最後にはno3さんのおっしゃるようにお孫さんがちょろっと登場します。
仲睦まじい夫婦になったようです。
高校を卒業した後、夾君が道場の師範になるため修行?の為に、遠くの道場へと行くのに透君も付いていきます。

5主人公と由季のその後
由季君は透君に対して、母親のような感情を抱いていました。
由季君は最終的に、生徒会会計の倉木真知と恋人になりました。

紫呉の意味深な発言についてはたくさん有りすぎてなんとも言えません。
すみません。

6ハッピーエンドについて
十二支の呪いが解けて、それぞれみんな自分の道を歩き出します。
公式のカップリングがここまで多い漫画は珍しいのではないかというほど、カップルが成立します。
詳しく言っていいのかな、とも思いましたが公式カプは
由季と真知(生徒会会計)
撥春と依鈴(リン)
杞紗と燈路
はとりと繭(透君たちの担任の先生)
綾女と美音(あーやのお店の店員さん)
利津と満(紫呉の担当さん)
紅野とうおちゃん
紫呉とあきと
てな感じです。
ここまでくると、紅葉と神楽がちょっとかわいそうですね・・・。

また、籍真の祖母が十二支だったかどうかはわかりません。
呪いを受けている者と、一般の人では抱き合えば変身すると思います。
でも、抱き合わなくても大丈夫だと、撥春さんが初登場のマラソン大会の回の時(多分)に言ってましたし・・・。

こんな曖昧な感じですみません。

初めまして。
私もフルバは好きで読んでいました。
少し記憶が曖昧なのですが、参考までに。

1十二支の呪いと説けた理由
十二支の呪いは遥か昔に、十二支と神様の生まれ変わっても一緒に居ようという一杯の杯をみんなで分け合って飲んだところから始まります。
この十二支と神様の約束が始まりでした。
始めは約束だったのにいつの間にか呪いとなってしまったようです。
また、このとき猫だけはこの約束を受け入れませんでした。
説けた理由としては、長い年月が経ちこの約束(呪い)が弱くなってしまっ...続きを読む


人気Q&Aランキング