【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

親より子供が先に生まれるのは八頭ばかりだ

というせりふを落語でときどき聞きますが、八頭はそうなのですか。

A 回答 (1件)

八頭(やつがしら)は子芋が分球しないため、親子もろともひとつの塊になるタイプです。

小芋が出来ると小芋同士がくっついてゴツゴツの親芋になります。その姿が、頭が八つ固まっているように見えることからヤツガシラと名づけられ、「八頭」や「八つ頭」と書かれます。
 全体に入り組んだ形をしているため、皮を剥くのがとても面倒なサトイモです。ごく僅かに分球した子イモ(孫イモ)ができ、それは「八つ子」と呼ばれています。旬は正月を挟んで寒い時期。

落語「勉強」の舞台を行く
 
三代目三遊亭金馬の噺、「勉強」(べんきょう、清書無筆)より

親は長い間生活しているから物事が分かり、子供より先に生まれている。親より子供が先に生まれるのは「八頭」ばかりだと反撃を喰らった。


https://rakugonobutai.web.fc2.com/91benkyo/benky …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

> 小芋同士がくっついてゴツゴツの親芋になります。

ここのところがどうも?

お礼日時:2021/08/22 10:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング