こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が花) 58.000円
※ハイテクミシン仕立付。
・パール帯留 68.000円
・重ね衿 3.465円
・絹・三分紐帯揚S(三分紐中国製) 12.390円
・帯留要三分紐(中国製) 8.400円
・特選ストール 39.800円
・フォーマルバッグ 19.800円
・装履 13.650円
・刺繍半衿 1.995円
小計  525.241円
消費税  26.259円
合計  551.500円

【店員さんのコメント】
・光沢があって品のある優しいお色味(ピンク系)の着物だから、何歳になっても着られる。
・小物の色を変えるだけで、通年着られる。
・不祝儀以外ならどこへでも着ていける良い品物。
・生地自体が辻が花。色は67色使っていて、絞りは型どおりに糸を通して絞っている。散らしてある金は純金。
・金額としては、これ以上はひけないくらいのお値段。

・・・帰宅したら、彼にめちゃくちゃ怒られました「貯金してから買え!」って。
彼の言うことはもっともだと思いつつも、お茶会などに着ていく着物が欲しかったこともあり迷っています。
※今は、いつもピンクの蝶々柄の小紋を着ています。祖母が若いときに買ったお着物です。

補足が必要でしたらいたしますので、どうかご回答お願いいたしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。


自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫っていると運針、特に、ちりめん系統はア・・生地が自分でなじんで糸を運んでいるとわかります。
断っておきますが、私はプロではありません。
しかし、いじっている数がたぶん素人にしては、半端でないと思う。

それと、辻が花は絞りを用いるので生地のでこぼこが本当なら、
すごくミシンでペタンコに縫うにはそぐわないです。
それと、裏に交織物を使うところが実に陳腐。
安物売りの手口、そのまま。
化繊が入ると、生地として吸湿性がないので、きていて暑い。
見かけはわからなくても、着るとわかる。
私は全部、交織の裏は張り替えます。

交織を使うと、妙に張りが出て、本当は、ちりめんや、シボのあるものにはツッパラかって、相性が悪いです。
それに、裏に正絹を使ってもそんなに値段としてそんなに変わりません。
胴裏、すそ回しで両方で1万ぐらいから、あります(正絹)

もう少し、目を肥やしてから、単品でお買いになったほうが懸命です。
今から、キャンセルできるなら、キャンセルすべきです。

裏も、正絹で作られないような辻が花に意味がないです。

小物とセットというのも無駄です。

ネットのオークションでいいから、半年は、見るだけで値段を知るべき。
それから、小物を買うのでも十分。
どの程度の品物かわかりませんが、価格としてもいい値段です。
何もあせって、いっしょに買うこともない。

それと、通年着られるという話も、袷なら、ご存知でしょうが、10-5月の範囲。
他の方も書かれていますが、辻が花に刺繍襟はゴテゴテして余り、
いい趣味とも思えません。
そういうセンスの店での「セット」というのがどうも、お勧めできない。

好みでしょうが、辻が花はあっさりした志向ではないので、あきます。

たくさんいろいろ持っていて、辻が花の濃い感じは捨てがたいですが、
これしかハレ着がなくて、ちょいちょい回数着ると、アーまたあれかというほど、存在感。

この回答への補足

こんにちは。何度も申し訳ありません。
ネットで・・・とのことでしたので、楽天の和装小物ショップをいろいろ見てみましたが、半額くらいのものもたくさんありました。
すごく高い小物でコーディネートされていたのに気付けました。ありがとうございますm(__)m

補足日時:2006/12/22 11:40
    • good
    • 9
この回答へのお礼

こんにちは。
アドバイスくださってどうもありがとうございます!

さっそく、昨日の夕方に呉服屋さんに電話をして確認してみたのですが、胴裏の横糸も絹にすると(正絹っていうのでしょうか?)、+4000円とのことでした。

正絹にするとシミができやすいから、横糸ポリの胴裏にする人が8割くらいで、ちゃんとしたものじゃないとイヤだという人は横糸も絹にすると言う風に仰っていました。

辻が花に刺繍衿が×というのは、こちらでアドバイスくださった方のおかげで気付けたことです。冷静じゃない私には判断できないことでした。本当にありがとうございます。

小物とセットというのが当たり前のように錯覚していました・・・。
呉服屋さんの店員さんはすごい口説きですね、すっかりハマってしまっていました・・・。
頭を冷してくださってありがとうございますm(__)m

辻が花って飽きやすいんですか!!それもわかりませんでした。
さきほどのお礼にも書かせていただいたのですが、生地は丹後ちりめん、翠山工房の作品だそうです。

クーリングオフ期間内に知りたかったので、いろいろ教えていただけたことに感謝いたします。本当にありがとうございますm(__)m

お礼日時:2006/12/22 11:28

#4です。


>さっそく、昨日の夕方に呉服屋さんに電話をして確認してみたのですが、胴裏の横糸も絹にすると(正絹っていうのでしょうか?)、+4000円とのことでした。

元の裏地の値段がわかりません。
そこを突っ込んでみるべきです。
ネットで、裏地も検索してみて。
正絹で胴うら、ハッカケで1万5000円ぐらいで上等です。

そこから4000円アップというのが高いのか安いのかがわかります。
ちなみに、一番高い、胴うらで15000円ぐらいです。
すそ回しはいろいろですが、8000円も出すといいものです。
高いのは幾らもあります。
裏はね、表が高いからと、高いものをすすめたりしますが、
胴うらは薄いほうが着易い。
ハッカケ必ずしも地厚がいいとも限りません。

>正絹にするとシミができやすいから、横糸ポリの胴裏にする人が8割くらいで、ちゃんとしたものじゃないとイヤだという人は横糸も絹にすると言う風に仰っていました。

嘘です。
交織のほうが汗をかきやすいので、しみになるというなら、しみやすい上に、しみこむのが化繊の糸(吸湿性がない)のほうには行かず必ず、
絹のほうに余計にしみるので
それはまったくのウ・ソ。

長じゅばんの素材が書かれていません。
正絹で1万ぐらいからあります。
長じゅばんの生地をネットで検索。
相場を勉強してください。
縫代入れても精々、2-3万がいいところ。
長じゅばんは、裏の始末(縫い代)の始末がありますが、袷やひとえに比べれば、仕立ては安いはずです、簡単だから。

名古屋のお人はどうかわかりませんが、このご商売自体がかなり
いい加減に思えます。

一年間、辻が花で、オークションでも見て、相場を知ってから
チャレンジしたほうが納得がいくと思いますよ。
たーっくさんの物を見ると、自然に、たとえネットでも「常識」がわかってきます。
それは価格のことでもあり、裏地と表の取り合わせや、
仕立て代のこと。
ズーット、眺めていくと、がらの流行もわかる。

おそらく、それは寝かした代物です。
納得いくなら、いいでしょうが、目を肥やしてからチャレンジしなおしたほうが価値がわかってうれしいと思うけど・・どうだろうか?

この回答への補足

補足欄をお借りして、質問を締め切らせていただきたく存じます。

皆様、このような初歩的な私の質問に、親身になってアドバイスくださって本当にありがとうございます。
皆様に教えていただいたことは、今後の教訓としていきます。

おかげさまで、クーリングオフする決心もつきました。
明日、直接店舗に出向いて、契約破棄をお願いしてきます。

まずは祖母の着物で慣れさせてもらって、もっと着物にふれあってから、自分の着物を信頼できるお店で購入していこうと思います。

本当に本当にありがとうございましたm(__)m

補足日時:2006/12/25 10:21
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おはようございます。

>おそらくそれは寝かせた品物
この週末、着付けの先生にも思い切って事情を話して相談したところ、同じようなことを仰っていました。

チェーン店だから、めぐりめぐってその店舗にあったというだけだし、無駄なものまでセットにして高額のローンを組ませるその売り方もあくどいって、ものすごく心配されました(お恥ずかしいです・・・)^^;;;

やはり化繊の混じってるものを平気ですすめるところも信用できないって仰ってました。

本当にこちらで皆さんにアドバイスいただいた通りのことを先生にもアドバイスいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

こんな初歩的な質問に親身にアドバイスしてくださり、本当にありがとうございますm(__)m

お礼日時:2006/12/25 10:20

長襦袢の件ですが・・・


正絹で地紋などにもよりますが、ミシン仕立てで6万はちょっとなぁと思います。
この値段だと、生地に4万、仕立てに2万?
でもミシン仕立てって1万5千円くらいだと思うんですよね、長襦袢なら。まぁ、お針子さんの技量にもよりますけど。

また、長襦袢は着物の枚数と同じだけ持たなければいけないものではありません。
私は、洗える長襦袢(夏物と冬物)、正装用の白の正絹、正絹の柄物(小紋や紬用。赤と薄いグリーンと唐辛子柄)3枚、振袖用(これは振袖ごとに袖の長さが違うので、それぞれ3枚。もう着ないけど)、訪問着用に色の薄めのもの2枚と持っています。母には、「何でそんなに長襦袢ばっかり!」といわれますが、着物は母のもの(サイズがほぼ変わらないので)もあわせるとこの数倍の枚数ありますので、気分や長着の格などによって使い分けています。

しかし、長襦袢は人によっては夏物と冬物が一枚ずつって人も少なくはありません。
その場合、袖丈や裄はすべて同じにしておきます。そうすると、どの着物でも使い回しができるんです。
もし、袖丈が違う着物があるなら、袖だけを付け替える「うそつき」と呼ばれる襦袢を手作りなさる方もいらっしゃいます。

後になって気づいたんですが・・・
辻が花の袋帯ってなっていますけど、これ、まさか洒落帯とか染めの袋帯じゃないですよね?
染めの袋帯だと、着物が染めものですし・・・
駄目ではないんですが、着物は「染めの着物に織の帯、織の着物に染めの帯」が基本的には合う組み合わせだといわれています。
また、洒落帯はちょっとしたパーティにはいいですけど、友人の披露宴のタイプによっては駄目な場合がありますし、親族の披露宴は控えたほうが良いです。

あと、ネットで見るのもいいですが、お茶会に呼ばれるようなら着物に詳しい知人を探せばいらっしゃるのではないでしょうか?
お茶会を主催されるような方は、着物のTPOにも厳しいかもしれませんが、逆にそういった実際に着物が身近で消費者側の意見を参考になさると良いと思います。

因みに、私はお茶ではありませんが、日本的な芸事なので、着物は欠かせません。よって、長襦袢も着物も帯もあればあるだけうれしいのです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

おはようございます。
週末をはさみ、御礼が遅くなってしまい大変申し訳ございません。

帯は西陣っていっていたので、「織の帯」ですm(__)m

実は、恥ずかしくて知人に相談するのをためらっていたのですが、週末の着付けのお稽古のとき(皆が帰られてから)、思い切って先生に相談してみました。

やはり、ここでアドバイスいただいた通り、「まだ早い」とのことでした。
まず目を肥やしてからでも遅くないと、皆さんと同じことをアドバイスくださったので、クーリングオフすることにしました。

本当にありがとうございますm(__)m

お礼日時:2006/12/25 10:16

こんにちは。


名古屋郊外に住み、着付を仕事にしているものです。
もうすでに回答がありますが、仕立てこみで20万の辻が花の訪問着は高いものではありません。
何十回と着て、仕立て直して、何代も着るというような高級品でもないと思います。
また、反物に名前が入るほどの値段でもないと思います。
(入っていても意味があまりないような名前になると思います)

お茶をしているなら、初釜など小紋より訪問着がふさわしいときもあると思いますので一枚あれば心強いですね。
ただ、他の方も回答してますが、帯止め、ストールまでそろえる必要はなかったと思います。
この二つだけで、10万ですよね。
それから、襦袢がハイテクミシン仕立てなのに、お値段が高めですね。
あとは、気に入ったがどうかですね。
気に入ったのならOKだと思います。

>貯金してから買え!
これは、もっともな意見だと思います。
着物は余裕の資金で買うべきだと思います。

だだし、名古屋とその郊外は、今でも着物文化が残ってますので将来的にその着物は無駄にはならないと思います。
ここ「教えて!goo」で着物の話を読むと、関東(そのほかの地方も)と名古屋は違うな~といつも感じます。
私は40前半ですが、結婚には黒留、喪服、無地、訪問着、付け下げ、小紋、大島と用意しました。
今は、かなり簡略されてますが、姑が「着物はいらない」と言っても、訪問着と喪服は用意しますので、いつか要る嫁入り道具を早めに用意したと思えば良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは。
さっそくのアドバイス、どうもありがとうございます!

20万円の付け下げ訪問着は別に高いものではないのですね。

そして、やはり不要な小物は徹底的に排除することにしました。
「すべて必要なもの」と思い込んでいた無知な私に、こんなにたくさんアドバイスいただけて本当に感謝しております。

この長襦袢が6万円というのは、やはり高いのでしょうか?
もしよろしければ教えてくださいm(__)m

名古屋にお住まいなのですね!
名古屋の店舗で買ったので、知人ならぜひともお付き合い願いたいほどです(涙。。。

とりあえず、今回の60万円の契約はなかったことにしようと思います。
本当にどうもありがとうございますm(__)m

お礼日時:2006/12/22 11:37

一気にセットで買った!って感じのないようですね・・・



辻が花の訪問着、単体で20万程度ならお安いでしょう。
本物の辻が花の訪問着なら参考上代80万ってのがざらですから。気になるのは作家さんと生地の産地などなどでしょうが、この値段なら気にしなくても妥当な値段だと思います。
ついでに、本当に良いものの場合は、ハイテクミシンは普通の呉服屋は勧めません。よいものになればなるほど、後々のことを考えて手縫いの方がいいからです。(その理由は既に回答されている通りです)

既にお茶会に行かれていて、おばあ様のお着物を着ているということは・・・
長襦袢、お持ちじゃないですか?
その長襦袢はこの着物の時には着ないおつもりでしょうか。
できたら、手持ちの長襦袢にあわせておいたほうが良いとは思います。

なんか、印象としてはいらないものまでつけさせられたような感じがします。
私の場合、こんなに色んなものをつけないでほしいですね。
ストールなんて別にいらないし、帯留めも要らない。帯留めをすることがほとんどないから、三分紐もいらないし。
フォーマルバックと草履も手持ちがないなら良いけど、じっくり選びたいからおまけみたいについてくるものじゃ満足しないし。
半襟や伊達衿(重ね衿)も他の着物に使えるか考えると、もっていない色なら良いけど、必要ないし。
伊達衿に刺繍衿って、ものすごく野暮ったく思いますよ。ついでに辻が花でしょ。
辻が花って、仕立てあがってくるとかなりボリュームがあるように感じます。これに刺繍衿だと胸元が込み合ってすっきり感がなくなる気がしますね。

って、これってチェーンの呉服屋さんの売り方なんですよねぇ。
いらないってものまでつけて安い感覚にさせるけど・・・
考えても御覧なさい。着物だけだったら仕立てあがったって20万しか売上げがないんですよ。そのうち、仕立て代だの胴裏やら居敷宛やらの材料費をさっぴいたら、儲けなんてたかが知れてる。
だけど、付属品をいっぱいつけて60万の売上げにすれば、在庫も減るし売上げも上がるし、小物の利益って一つ一つは小さいけど、纏め売りすると結構な利益になるもんです。(だって、こっちは値引きしてないんだから。

と、いろいろ考えると全部で60万は、高いかも。
すべてのものが質問者さんが必要でほしいと思われたものならば、安いかもしれませんけどね。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

こんにちは。
アドバイスどうもありがとうございます!

仰る通り、チェーン店の呉服屋さんです(笑)。「き●のやまと」というお店なのですが・・・。

おかげ様で、目が覚めたような気がします・・・。
まとめて買うことで、着物の値段をかなり下げてもらったので、小物のほうを少し「これはいりません」って言って、その分トータル金額を減らしていこうと思います。着物の価格、あげられたりしませんように(笑)。

刺繍衿は花柄でかわいいと思ったのですが、そう言われてみれば、辻が花なのに衿まで刺繍なくていいよなぁって思いました。
「野暮ったい」そう言われてみれば確かにそんな気がします!!

ところで、長襦袢は1枚あればいいのでしょうか?

いろいろ目を覚ましてくださって本当にありがとうございます。とても感謝しておりますm(__)m

お礼日時:2006/12/22 11:20

やっぱり、お着物はネットで見て選ぶより、実際あわせてみないと、感じがわからないので、気に入られたならいいお品ものだと思います。


お仕立てですが、ハイテクミシン仕立てとありますが、将来ほどして洗い張りや別の着物に仕立てることはできるか、呉服屋さんに聞いてみるほうがいいと思います。この着物の糸をほぐすだけで、商売があるほどですから、このミシンがけで、ほぐせないとなると、洗い張りや染め替えが難しくなります。着物は何代も受け継がれるほどの高級品なので、お仕立ての点も確認した方がいいと思います。
あと、聞けるなら、国内の手縫いの場合のお仕立て料も聞いておいて、そう変わらなければ、そちらでお願いした方がいいかな、とも思います。
帯はほどすことはないけれど、お着物のほうは、ほどすことがあるので、できれば手縫いがいいですね。
おそらくですが、手縫いだと、問屋で二十五、六万はする辻が花だと思います。
価値があると言えば、価値があるので、反物の銘(一番はしにどこどこの作か、刺繍などで施してある紋章のようなもの)も、きちんと見せてもらいましょう。どの先生の作品か、それも大事です。
私の江戸小紋は、市価で三十万から四十万する染めのものですが、着物教室の特典で、十三万で買えました。必ず、端にある銘をお仕立てする前に見せてもらってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんにちは。
御礼が遅くなってしまい申し訳ございません。

反物の端の銘?のようなものは、見せていただいておりましたが、覚えていなかったので、昨日の夕方さっそく呉服屋さんに電話をしてみました。
1.着物を手縫いにすると+13000円、長じゅばんを手縫いにすると+7000円とのことでした。
2.生地は丹後ちりめん、翠山工房の創作着物で、特に作家さんのものではないとのことでしたm(__)m

いろいろ教えてくださってありがとうございます。非常に勉強になり、とても感謝しておりますm(__)m

お礼日時:2006/12/22 11:14

大体妥当かな、と言う感じにお見受けしましたが・・。


ただ、日本人が手縫いしたものと、東南アジアでミシン仕立てしたものでは、お値段が違いますから、そこが気になりますが。
私もこの間、江戸小紋と洒落帯を問屋さんで手に入れましたが、大阪の手縫い仕立物で、江戸小紋が十三万五千円、洒落帯が六万でした。それに合う帯締め、帯揚げが付いて、全部で二十万ほどですね。実は、着物の無料の着付け教室に三ヶ月ほどいき、実習で日本橋小伝馬町の問屋さんに回ったのです。ですから破格でしたが、あの時見た辻が花の訪問着は、やはり引いても二十六万ぐらいはしていましたし、付け下げ、訪問着は、どれも二十万ほどしました。袋帯も辻が花なら、お安いように思います。お洒落の組紐の帯などなら、問屋価格でも、十六万ほどしますよ。
着物目当てなら、無料の着付け教室はお勧めですが、そういうところで、手に入れられたのでしょうか。
贅沢品と言えば、パールの帯止めが高いかな、と言う感じですか。削るなら、これかなぁとおもいます。後のものは、大体妥当な価格です。お草履も、着物の端布でオーダーすると、一万六千円ぐらいしますし、デパートでもいいものは一万三千円ぐらいはします。
付け下げは、自分が主役でない、お茶会や先生との集まりなどに着ていけます。お友達の結婚式でもいいでしょう。
それぐらいの価値はあるものだと思いますが、彼が反対されているなら、仕方ないかもしれません。

この回答への補足

【補足】国内仕立とのことです。
「反物をあわせただけでこれだけキレイなら、仕立あがってきたら10倍キレイ」と店員さんが仰っていましたが、そんなものなのでしょうか(笑)?
やはり反物で軽くあわせたかんじと仕立てあがりを着たかんじは全然違うのでしょうかm(__)m

補足日時:2006/12/21 11:35
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは。
早速のアドバイス、すごく嬉しいです。どうもありがとうございます。

妥当じゃないかなっていうご意見を聞けてホッとしました(笑)。

彼はお着物のことも女性心理もよくわかっていない人なので、押し通すつもりで買ったのですが、押し通せるだけの根拠がなくて、迷いが生じてきたのです。何しろ「一生もの」とはいっても、やはりお高いので・・・。

ところで、仕立がミシン仕上げというのが、個人的に少し気になりましたが、当たり前なのでしょうか?
「仕立は手縫い」と勝手に思い込んでいたので^^;;;
もしよかったら教えてくださいませんかm(__)m

お礼日時:2006/12/21 11:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物のたたみ方

着物を今干していて、そろそろたたんで片付けたいのですが、たたみ方が分かりません。たたみ方の分かるサイトを知っている方いらっしゃいませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小紋柄でわかりにくいかもしれませんが。
http://www.tokuyama-ch.ed.jp/users/t-mall2/wdg19/teire.htm

袋帯の畳み方も載っています。
http://www.kimono-plaza.co.jp/b-tan/mamechishiki/howto.html

片付けるときにちょっと注意ですが、
紋や、金箔などがおいてある部分には、
和紙をおいてたたむと良いと思います。

Q着物の衿の後ろから長襦袢の衿が見えるのはNG?

着物の初心者です。

着物の衿のうしろがわ(うなじのほう)で、着物の衿よりも、長襦袢の衿が外側に出ているのは間違った着付けでしょうか?

私は、衿の後ろ側では長襦袢の衿は外側に出ないように、2~3mm内側に長襦袢の衿は隠すみたいに思っていたのですが、この前電車に乗ったら、はみ出ている(ほぼ、重なってる状態)のひとがいたり、「蟲師」というアニメで、キャラクターの女性の多くが、はみ出ている(かなり外側に!)姿で描かれていて、どっちが正しいのか分からなくなってきました。

それとも、はみ出て着ているのは、電車の女性の着付けが間違ってるのか、アニメの原画のひとが描くときの着物の知識がなかっただけなのか・・・とも思ったりして、混乱しています。(時代的なものもあるのでしょうか?

本来の正しい着付けはどうなのでしょうか?よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

#1の方が言われている半襟は「伊達えり」=「かざりえり」「重ねえり」と勘違いされているように思います。

半襟が長じゅばんにかけて、一種の汚れ止めと、おしゃれをかねた長じゅばんの襟のいわば「カバー」です。

よく気づかれましたね。
ご質問の答えですが、浮世絵を見てください。
必ず、うしろの襟が出ています。
さらに、絵巻などでの、平安時代から、全部襟の重ね、袖口の重ねは「見せる」のがテク。
しゃれから言うと、「重ねてみせる」のが技術ですから、
うしろから見てもちょこっと内側を見せる。
だから、袷の着物は袖口のふき、すそまわし(八掛・ハッカケといいます)もちょこっと見える様に仕立てるのです。

それと、一種の汚れ止めですから、「カバー=半襟」が先に
髪に触って、汚れを着物の襟につけないためには、内側にある、半襟がすこしははみ出していたほうが合理的なのです。

しかし、これも程度問題で、あくまでもちょこっとですから、
3mm-5mmでしょうか、伊達襟をするときはよりたくさんの「重ね」を見せるのですからそれぞれの見せ具合はほんのすこしずつ。

半襟を見せないような着付けになったのは、着付け教室が
流行るようになってからからです。
ですので、「伝統」としては、「見せる」。

着付け教室の着付けは、「着物で生活する」ための本来の着付けではありませんので、
合理的にはできていません、ウエスト補正のタオルぐるぐる、ヒップパッドとか。

ちょっと見せるという意味もテクも実はきちんと歴史的な
背景を伝えてないのです。

#1の方が言われている半襟は「伊達えり」=「かざりえり」「重ねえり」と勘違いされているように思います。

半襟が長じゅばんにかけて、一種の汚れ止めと、おしゃれをかねた長じゅばんの襟のいわば「カバー」です。

よく気づかれましたね。
ご質問の答えですが、浮世絵を見てください。
必ず、うしろの襟が出ています。
さらに、絵巻などでの、平安時代から、全部襟の重ね、袖口の重ねは「見せる」のがテク。
しゃれから言うと、「重ねてみせる」のが技術ですから、
うしろから見てもちょこっと内側...続きを読む

Q着物のたたみ方(本だたみ・夜着だたみ)

振袖をたたもうと考えています。

本だたみ・夜着だたみの二種類があり、
どちらがいいのか
わかりません。
お勧めサイト
それぞれの違いなど
教えていただければうれしいです。

後、小物のお手入れの仕方などご存知でしたら
その情報もよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

できるだけ本だたみをオススメします。
理由は(夜着だたみの欠点)
(1)袖や身頃に横筋の畳み皺がたくさんついてしまう。
(2)前身頃の一番肝心なところに横筋の畳み皺がついてしまう。
(3)畳んだ断面図をみると、真ん中(背縫いに当たる部分)の部分が一番高く、両端(両脇に当たる部分)が次に高く真ん中と両端の間が重なりが一番少なくちょうど三つ山のようになる。このように畳んだ状態で重なりが本畳みのように平均化しないので、何枚ものきものを積み重ねることができない。
(4)後身頃が7寸8分以上あると通常のタトウ紙(1尺6寸)には入らない。
(5)タトウ紙に入れたとき脇が押されるので身頃が皺になりやすい。
(6)衿裏にホックがついていると、ホックの跡が背縫いに写ってしまう。
(7)畳むのに広いスペースが必要。(本だたみなら膝の上でも畳める)

Qジーパン感覚普段着な着物に可愛い半衿(超初心者です)

ウールひとえの着物を普段着に着ようと思っています。半幅帯、足袋ソックスの組み合わせがほとんどになりそうなのですが…半衿を可愛い柄の半衿にしたいなぁ…と考えています。ですが、柄の半衿って名古屋帯などのきちんとした帯をした時ぢゃないとNGなのでしょうか?かなり悩んでいます(> <)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ウールの普段着なら、半襟は自由に自分の感覚で選んでいいですよ。

むしろ、フォーマルになればなるほど、半襟で遊べません。黒留そでなら、衿は白が基本で、比翼(伊達衿のように見えます)も白と決まっています。訪問着でも白やピンクなど淡色に、金銀や淡色糸で、花や扇、鶴など柄の刺繍の半襟が無難です。こういった礼装向けの半襟はウールに合いませんね。

今回のウールや紬の場合、帯は名古屋、半幅の関係なく半襟はお好みで遊んでください。深緑、茶、赤など渋い色を使えるので楽しいですよ。
特に、ウールに反幅の普段着なら、それこそ何でもありだと思います。
人によっては、既製品の半襟にこだわらず、オシャレな手ぬぐいや、スカーフ、手芸センターで購入した布を使ったりします。私は、そこまでしませんけどね。

QTシャツのたたみ方!

Tシャツのたたみ方です…
http://howtofoldashirt.net/に載っている風にTシャツやセーター等をたたみたいのですが、
たたみ方がイマイチ分かりません。
どなたか、分かりやすく解説していただけないでしょうか?
もちろん私もTシャツなどのたたみ方を知っているのですが、この方法だと本当に「あっ」という間にたためてしまうので。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もこの裏ワザを見てからはいつもこの畳み方です。
ただし、少し自己流にアレンジしてます。
仕上がりは同じです。
こっちのほうが分かりやすいと思うんですが、
説明するほうが難しいですね。
えーと。

Tシャツの表を上に、右に首がくるよう置きます。
右手で、シャツの右肩の半分あたりをつまみます。
つまんだとこから、シャツの裾に向かってまっすぐな線
で左手で裾を持ち、両手を持ち上げてください。
ここまでOK?
すると、右袖が向こう側に自然に畳めてますよね。
次に、持ち上げている右手と左手のつまんだ部分を
あわせ、これを右にします。
左手はシャツの真ん中です。
ようするにタオルを半分に折った感覚です。
今、持ち上げている上半分は出来上がりの状態、
そうしたら、自分のひざの上なり、床のうえで、
残りの下半分を適当な位置で折ってください。
シャツの左袖と左半分を同時に折るんです。
ほーら、できあがり。
って、できました?
・・・・・・だめかなぁ。
簡単なんですけど~~~

Q着物に詳しい方、着物・小物・帯について教えてください

最近着付け教室に通いだして、色々買ってみたいのですが、知識がないため、わかりません。

まずは、着物を買いたいのですが、小紋という着物を買わなければなりません。

20代前半なのですが、歳相応の着物ってどんな感じでしょうか??

裏地のついているもの、ついていないものがあるみたいで、どちらを買えばいいのか解りません。

先生には、透ける素材のものは、買わないように言われました。

また、身長が162cmなのですが、身丈とか着丈とかの表示がいまいちわかりません。

仕立上がりのものを買う予定です。

帯は、名古屋帯を買います。

あと、合わせて帯上げも買う予定です。

帯締めは、先生にいただいた、薄いオレンジとピンクの中間くらいのくすんだ色のものを持っています。

購入のアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

No4でアドバイスさせていただいたものです。

サイズですが、一度は呉服屋さんで、
自分の寸法を測っていただくことが必要です。
(リサイクル着物のコーナーでも寸法は測って
いただけます)
その上で、多少の誤差はあっても大丈夫だと思います。
ご存知の通り、着物は着付けの仕方で修正が可能
だからです。
ですが、丈は何とかなっても、裄(背中心から袖口まで)は調整するとなると、襟の抜き方などで調整
せざるを得ませんので、教室で習うような正しい着付け
からは外れてくると思います。
ですので、着物を買うときには、私は丈よりも
裄の合うものを購入してみます。
(くわしいサイズがわからなくても、実際に羽織れば
長いか短いかはわかります)
丈は、腰のあたりでいったんヒモで結んだ後、
おはしょりを取りますので、腰の部分が重なる分
長さが必要です。
つまり、自分の身長よりも短ければ、腰の部分を
二重に折ると、膝丈のスカートのようになってしまいます。
ですので、通常は自分の身長よりもかなり長いです。
(羽織っただけでは裾をひきずってしまいます)
ただし、人間の体のバランス的に、
裄(手の長さ)が合えば、丈も大抵はあいますし
おはしょり部分は、腰ヒモを止める位置をずらしたり
重なる部分を多く取ったり少なく取ったりすることで
かなり調整できますので、羽織った時に
丈は床に引きずる位のものなら、裄が合えば大丈夫
だと思います。
ちなみにリサイクル着物の場合、昔の人は
今の人よりも手足が短く、また作業がしやすいように
裄を短めに作っていたので
裄が長い着物は(今の162cmの女性なら
かなり裄が長めの着物になると思います)丈も
ものすごく長いです。
身幅も、太っている人用と痩せている人用では
違うのですが、タオルなどで補正しますので
あまりにもだぶだぶでなければそれほど気にされる
必要はないと思います。
ちなみに私の場合は、仕立て上がりのリサイクル着物を
買うときは、裄の長さは見ますが(きちんとしたお店なら、サイズが表示されています。なければ、その場で
測っていただくことも可能です)
丈の長さは床についてひきずっていれば大丈夫だと
思って、みていません。
なので、丈の長さはわからないまま着ていますが
特に問題はありません。
ただし、試着は必ずさせてもらいます。
子供用のものであったり、どこかを切ってしまって
いたりした場合は、(裾の方を切ってバッグなんかを
作ってしまっている場合など)
広げて着てみないとわからないからです。

洋服のように厳密にはサイズを測らなくてもいいのですが
どれくらいあれば調整できる範囲なのかは
基準がないと判断は難しいと思いますので
着付け教室のお友達や先生などで、自分と同じくらいの
体型の方に、着物を借りてみて、羽織ってみたかんじを
覚えておかれれば、よりわかりやすいと思います。
また、仕立て上がりの場合は、お店でヒモを使って
着せてもらえますので、お店の人にサイズを測ってもらって
とりあえずサイズの合うものを着せてもらって
確かめてみることもできます。

参考にしていただけましたら幸いです。

No4でアドバイスさせていただいたものです。

サイズですが、一度は呉服屋さんで、
自分の寸法を測っていただくことが必要です。
(リサイクル着物のコーナーでも寸法は測って
いただけます)
その上で、多少の誤差はあっても大丈夫だと思います。
ご存知の通り、着物は着付けの仕方で修正が可能
だからです。
ですが、丈は何とかなっても、裄(背中心から袖口まで)は調整するとなると、襟の抜き方などで調整
せざるを得ませんので、教室で習うような正しい着付け
からは外れてくると思います。
です...続きを読む

Q服の上手なたたみ方

服の上手なたたみ方を教えてください!サイトなどでもOKです。
半袖、長袖Tシャツ・シャツ・ブラウスのたたみ方を教えてほしいです。
出来るだけきれいで小さくコンパクトにしたいんです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ユニクロなどで新品で、たたんである服を買ったときに、どうやってたたんであったかを、広げつつまた戻しつつ・・・とやっていきながら、みようみまねに服のたたみ方が、案外分かるような気がします。自分もそれで少しうまくなった感じがしますがまだまだですね。実際ユニクロなどのアルバイトを含めたスタッフが、教えられて覚えていくわけでしょうから、私らでも練習していって、やればできるもんじゃないでしょうか。

Q【着物】 長襦袢に付いている衿芯について

以前着付けを習ったことがあって一応一人で着られるのですが、改めてもう一度勉強し直そうと思い、しまい込んでいた長襦袢を出してみたら、堅い衿芯の上に半衿がかかっている状態でした。

質問1.この堅い芯は「三河芯」というものなのでしょうか?

今度習う教室の先生は、着用時に入れて使う衿芯は折れてしまうとダメなので、長襦袢に入れたままたたまないで、抜いて巻いておくようにと言っていました。でも、私の長襦袢に付いている堅い衿芯は、たたんであったので衿の形に折れています。ただ、三河芯は頻繁に取り外す物ではないと聞いているので、しまうときにはどうしても折れてしまうのではないかと思います。

質問2.三河芯は長襦袢に付けたままたたんでもいいのでしょうか?

質問3.この芯は言ってみれば折れている状態なのですが、このまま使えるのでしょうか?

質問4.この堅い芯は取ってしまって、長襦袢に直接半衿をかけて、着るときに衿芯を入れた方がいいのでしょうか?

着物に詳しい方でおわかりになる方、お教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1)多分三河芯だと思いますが、
最近はそれに代わる布地もあるようです。

2)そのままたたみます。
長襦袢のたたみ方です。

芯は長襦袢の襟に、荒く縫いつけてあり、
半襟だけをはずして、洗濯するようになっています。
時々その三河芯も、洗濯する事も有ります。

半襟に三河芯を縫いつけてそれを長襦袢につけることもあります。

3)襟肩あきの部分に折り目が付いている訳です。
着た場合余り気になる位置ではありませんが、
衣紋の抜き方や半襟となじまないようでしたら、
アイロンでくせ直しをすると良いです。

4)襟もとのなじみやすさの好みで決められると良いです。、

三河芯の良さは、自然な硬さがあって襟もとに
なじみやすいです。
襟芯を使わなくても良ければ、そのまま使うと良いと思います。

衣紋をきっちりとしたい場合は
襟芯を使われると良いと思います。
その時は硬い芯は外した方が良いでしょう

半襟は一回着たら、洗濯・・
付け替える気遣いは、必要かと想います。
三河芯の幅が襟いっぱいにあると、
半襟の縫いつけ方、(何通りかあるのですが)によっては、
硬くてつけにくいです。

私は簡単な半襟のつけ方をしていますし、
襟芯をつかいますので、
三河芯はつけていません。

書き込みを中断していた為時間を要しましたので、
他の回答者様と重複したらごめんなさい。

1)多分三河芯だと思いますが、
最近はそれに代わる布地もあるようです。

2)そのままたたみます。
長襦袢のたたみ方です。

芯は長襦袢の襟に、荒く縫いつけてあり、
半襟だけをはずして、洗濯するようになっています。
時々その三河芯も、洗濯する事も有ります。

半襟に三河芯を縫いつけてそれを長襦袢につけることもあります。

3)襟肩あきの部分に折り目が付いている訳です。
着た場合余り気になる位置ではありませんが、
衣紋の抜き方や半襟となじまないようでしたら、
アイロンでくせ...続きを読む

Q剣道衣&袴の洗い方&たたみ方について

こんにちは。
yuki2です。

実は、
剣道衣と袴を洗いたいんですが、
普通に洗っていいんですよね?
それと、袴のたたみ方が、
まったくわかりません。
誰か教えてください。
たたみ方がのっているHPの
URLでもいいので・・・。

お願いします!

Aベストアンサー

小学校から中学、高校の1年まで剣道やってました。

胴着のほうは普通に洗濯機で洗濯してOKですが、
袴は洗濯機で洗濯しちゃうと袴のひだは消えちゃうし、
えらいことなりますのでやめたほうがいいですね。
胴着も紺色のやつなら、白い服と一緒に洗うと
その服、二度と着れなくなりますのでご注意を。

袴は陰干しするか、1ヶ月単位くらいでクリーニングが
お勧めです。

袴のたたみ方ですが、前側を上にしてひだを綺麗に
並べたら、背中あての部分から5cmくらい残して、
両端を内側に折って(縦にね)、足先のほうから
背中あてに向かって内側に背中あての幅くらいで
折りながらくるくるっと巻くように
たたみましょう。最後に腰のヒモで巻いた袴が
広がらないように結んでおしまい。

たたみ方は、人によるのかも知れないですけど、
基本的に縦のひだの線が消えないようにそろえて
たためば大丈夫でしょう。
折り目がなくなった袴は、線のついてないスーツと
同じ位カッコ悪いですから(笑)。

Q着物の半衿をつけるのを和裁屋さんに頼む方おられますか。

タイトル通りなのですが、着物の半衿をつけるのを和裁屋さんに頼む方おられますか。
今長襦袢についている半衿が黄ばんでいるのでやりかえなければならないと思います。
半衿がバイアステープみたいにしっかり折り目がついていればまだそのとおり縫えますが、何の折り目もついていないのっぺりした布を長襦袢に縫い付けるのは私の裁縫の腕じゃ難しそうです。
面倒くさがり屋だと思われても予算が許せば和裁屋にお願いしようかと思っています。
頼んだことがある方、ご自分でされる方、頼むのもありだと思われる方、頼むなんてと思われる方、お声を聞かせてください。

Aベストアンサー

お裁縫が苦手とはいえ、半襟は並縫いだけでもつけられます。一度、挑戦されてはいかがでしょうか。
ネットでも「半襟のつけ方」で検索すれば、質問者さんにあった簡単なつけ方が見つけられると思います。
私の意見としては、半襟の付け替えだけをいちいち和裁屋さんに頼むのはかえって面倒くさい気がします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング