ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が花) 58.000円
※ハイテクミシン仕立付。
・パール帯留 68.000円
・重ね衿 3.465円
・絹・三分紐帯揚S(三分紐中国製) 12.390円
・帯留要三分紐(中国製) 8.400円
・特選ストール 39.800円
・フォーマルバッグ 19.800円
・装履 13.650円
・刺繍半衿 1.995円
小計  525.241円
消費税  26.259円
合計  551.500円

【店員さんのコメント】
・光沢があって品のある優しいお色味(ピンク系)の着物だから、何歳になっても着られる。
・小物の色を変えるだけで、通年着られる。
・不祝儀以外ならどこへでも着ていける良い品物。
・生地自体が辻が花。色は67色使っていて、絞りは型どおりに糸を通して絞っている。散らしてある金は純金。
・金額としては、これ以上はひけないくらいのお値段。

・・・帰宅したら、彼にめちゃくちゃ怒られました「貯金してから買え!」って。
彼の言うことはもっともだと思いつつも、お茶会などに着ていく着物が欲しかったこともあり迷っています。
※今は、いつもピンクの蝶々柄の小紋を着ています。祖母が若いときに買ったお着物です。

補足が必要でしたらいたしますので、どうかご回答お願いいたしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。


自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫っていると運針、特に、ちりめん系統はア・・生地が自分でなじんで糸を運んでいるとわかります。
断っておきますが、私はプロではありません。
しかし、いじっている数がたぶん素人にしては、半端でないと思う。

それと、辻が花は絞りを用いるので生地のでこぼこが本当なら、
すごくミシンでペタンコに縫うにはそぐわないです。
それと、裏に交織物を使うところが実に陳腐。
安物売りの手口、そのまま。
化繊が入ると、生地として吸湿性がないので、きていて暑い。
見かけはわからなくても、着るとわかる。
私は全部、交織の裏は張り替えます。

交織を使うと、妙に張りが出て、本当は、ちりめんや、シボのあるものにはツッパラかって、相性が悪いです。
それに、裏に正絹を使ってもそんなに値段としてそんなに変わりません。
胴裏、すそ回しで両方で1万ぐらいから、あります(正絹)

もう少し、目を肥やしてから、単品でお買いになったほうが懸命です。
今から、キャンセルできるなら、キャンセルすべきです。

裏も、正絹で作られないような辻が花に意味がないです。

小物とセットというのも無駄です。

ネットのオークションでいいから、半年は、見るだけで値段を知るべき。
それから、小物を買うのでも十分。
どの程度の品物かわかりませんが、価格としてもいい値段です。
何もあせって、いっしょに買うこともない。

それと、通年着られるという話も、袷なら、ご存知でしょうが、10-5月の範囲。
他の方も書かれていますが、辻が花に刺繍襟はゴテゴテして余り、
いい趣味とも思えません。
そういうセンスの店での「セット」というのがどうも、お勧めできない。

好みでしょうが、辻が花はあっさりした志向ではないので、あきます。

たくさんいろいろ持っていて、辻が花の濃い感じは捨てがたいですが、
これしかハレ着がなくて、ちょいちょい回数着ると、アーまたあれかというほど、存在感。

この回答への補足

こんにちは。何度も申し訳ありません。
ネットで・・・とのことでしたので、楽天の和装小物ショップをいろいろ見てみましたが、半額くらいのものもたくさんありました。
すごく高い小物でコーディネートされていたのに気付けました。ありがとうございますm(__)m

補足日時:2006/12/22 11:40
    • good
    • 9
この回答へのお礼

こんにちは。
アドバイスくださってどうもありがとうございます!

さっそく、昨日の夕方に呉服屋さんに電話をして確認してみたのですが、胴裏の横糸も絹にすると(正絹っていうのでしょうか?)、+4000円とのことでした。

正絹にするとシミができやすいから、横糸ポリの胴裏にする人が8割くらいで、ちゃんとしたものじゃないとイヤだという人は横糸も絹にすると言う風に仰っていました。

辻が花に刺繍衿が×というのは、こちらでアドバイスくださった方のおかげで気付けたことです。冷静じゃない私には判断できないことでした。本当にありがとうございます。

小物とセットというのが当たり前のように錯覚していました・・・。
呉服屋さんの店員さんはすごい口説きですね、すっかりハマってしまっていました・・・。
頭を冷してくださってありがとうございますm(__)m

辻が花って飽きやすいんですか!!それもわかりませんでした。
さきほどのお礼にも書かせていただいたのですが、生地は丹後ちりめん、翠山工房の作品だそうです。

クーリングオフ期間内に知りたかったので、いろいろ教えていただけたことに感謝いたします。本当にありがとうございますm(__)m

お礼日時:2006/12/22 11:28

#4です。


>さっそく、昨日の夕方に呉服屋さんに電話をして確認してみたのですが、胴裏の横糸も絹にすると(正絹っていうのでしょうか?)、+4000円とのことでした。

元の裏地の値段がわかりません。
そこを突っ込んでみるべきです。
ネットで、裏地も検索してみて。
正絹で胴うら、ハッカケで1万5000円ぐらいで上等です。

そこから4000円アップというのが高いのか安いのかがわかります。
ちなみに、一番高い、胴うらで15000円ぐらいです。
すそ回しはいろいろですが、8000円も出すといいものです。
高いのは幾らもあります。
裏はね、表が高いからと、高いものをすすめたりしますが、
胴うらは薄いほうが着易い。
ハッカケ必ずしも地厚がいいとも限りません。

>正絹にするとシミができやすいから、横糸ポリの胴裏にする人が8割くらいで、ちゃんとしたものじゃないとイヤだという人は横糸も絹にすると言う風に仰っていました。

嘘です。
交織のほうが汗をかきやすいので、しみになるというなら、しみやすい上に、しみこむのが化繊の糸(吸湿性がない)のほうには行かず必ず、
絹のほうに余計にしみるので
それはまったくのウ・ソ。

長じゅばんの素材が書かれていません。
正絹で1万ぐらいからあります。
長じゅばんの生地をネットで検索。
相場を勉強してください。
縫代入れても精々、2-3万がいいところ。
長じゅばんは、裏の始末(縫い代)の始末がありますが、袷やひとえに比べれば、仕立ては安いはずです、簡単だから。

名古屋のお人はどうかわかりませんが、このご商売自体がかなり
いい加減に思えます。

一年間、辻が花で、オークションでも見て、相場を知ってから
チャレンジしたほうが納得がいくと思いますよ。
たーっくさんの物を見ると、自然に、たとえネットでも「常識」がわかってきます。
それは価格のことでもあり、裏地と表の取り合わせや、
仕立て代のこと。
ズーット、眺めていくと、がらの流行もわかる。

おそらく、それは寝かした代物です。
納得いくなら、いいでしょうが、目を肥やしてからチャレンジしなおしたほうが価値がわかってうれしいと思うけど・・どうだろうか?

この回答への補足

補足欄をお借りして、質問を締め切らせていただきたく存じます。

皆様、このような初歩的な私の質問に、親身になってアドバイスくださって本当にありがとうございます。
皆様に教えていただいたことは、今後の教訓としていきます。

おかげさまで、クーリングオフする決心もつきました。
明日、直接店舗に出向いて、契約破棄をお願いしてきます。

まずは祖母の着物で慣れさせてもらって、もっと着物にふれあってから、自分の着物を信頼できるお店で購入していこうと思います。

本当に本当にありがとうございましたm(__)m

補足日時:2006/12/25 10:21
    • good
    • 3
この回答へのお礼

おはようございます。

>おそらくそれは寝かせた品物
この週末、着付けの先生にも思い切って事情を話して相談したところ、同じようなことを仰っていました。

チェーン店だから、めぐりめぐってその店舗にあったというだけだし、無駄なものまでセットにして高額のローンを組ませるその売り方もあくどいって、ものすごく心配されました(お恥ずかしいです・・・)^^;;;

やはり化繊の混じってるものを平気ですすめるところも信用できないって仰ってました。

本当にこちらで皆さんにアドバイスいただいた通りのことを先生にもアドバイスいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

こんな初歩的な質問に親身にアドバイスしてくださり、本当にありがとうございますm(__)m

お礼日時:2006/12/25 10:20

長襦袢の件ですが・・・


正絹で地紋などにもよりますが、ミシン仕立てで6万はちょっとなぁと思います。
この値段だと、生地に4万、仕立てに2万?
でもミシン仕立てって1万5千円くらいだと思うんですよね、長襦袢なら。まぁ、お針子さんの技量にもよりますけど。

また、長襦袢は着物の枚数と同じだけ持たなければいけないものではありません。
私は、洗える長襦袢(夏物と冬物)、正装用の白の正絹、正絹の柄物(小紋や紬用。赤と薄いグリーンと唐辛子柄)3枚、振袖用(これは振袖ごとに袖の長さが違うので、それぞれ3枚。もう着ないけど)、訪問着用に色の薄めのもの2枚と持っています。母には、「何でそんなに長襦袢ばっかり!」といわれますが、着物は母のもの(サイズがほぼ変わらないので)もあわせるとこの数倍の枚数ありますので、気分や長着の格などによって使い分けています。

しかし、長襦袢は人によっては夏物と冬物が一枚ずつって人も少なくはありません。
その場合、袖丈や裄はすべて同じにしておきます。そうすると、どの着物でも使い回しができるんです。
もし、袖丈が違う着物があるなら、袖だけを付け替える「うそつき」と呼ばれる襦袢を手作りなさる方もいらっしゃいます。

後になって気づいたんですが・・・
辻が花の袋帯ってなっていますけど、これ、まさか洒落帯とか染めの袋帯じゃないですよね?
染めの袋帯だと、着物が染めものですし・・・
駄目ではないんですが、着物は「染めの着物に織の帯、織の着物に染めの帯」が基本的には合う組み合わせだといわれています。
また、洒落帯はちょっとしたパーティにはいいですけど、友人の披露宴のタイプによっては駄目な場合がありますし、親族の披露宴は控えたほうが良いです。

あと、ネットで見るのもいいですが、お茶会に呼ばれるようなら着物に詳しい知人を探せばいらっしゃるのではないでしょうか?
お茶会を主催されるような方は、着物のTPOにも厳しいかもしれませんが、逆にそういった実際に着物が身近で消費者側の意見を参考になさると良いと思います。

因みに、私はお茶ではありませんが、日本的な芸事なので、着物は欠かせません。よって、長襦袢も着物も帯もあればあるだけうれしいのです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

おはようございます。
週末をはさみ、御礼が遅くなってしまい大変申し訳ございません。

帯は西陣っていっていたので、「織の帯」ですm(__)m

実は、恥ずかしくて知人に相談するのをためらっていたのですが、週末の着付けのお稽古のとき(皆が帰られてから)、思い切って先生に相談してみました。

やはり、ここでアドバイスいただいた通り、「まだ早い」とのことでした。
まず目を肥やしてからでも遅くないと、皆さんと同じことをアドバイスくださったので、クーリングオフすることにしました。

本当にありがとうございますm(__)m

お礼日時:2006/12/25 10:16

こんにちは。


名古屋郊外に住み、着付を仕事にしているものです。
もうすでに回答がありますが、仕立てこみで20万の辻が花の訪問着は高いものではありません。
何十回と着て、仕立て直して、何代も着るというような高級品でもないと思います。
また、反物に名前が入るほどの値段でもないと思います。
(入っていても意味があまりないような名前になると思います)

お茶をしているなら、初釜など小紋より訪問着がふさわしいときもあると思いますので一枚あれば心強いですね。
ただ、他の方も回答してますが、帯止め、ストールまでそろえる必要はなかったと思います。
この二つだけで、10万ですよね。
それから、襦袢がハイテクミシン仕立てなのに、お値段が高めですね。
あとは、気に入ったがどうかですね。
気に入ったのならOKだと思います。

>貯金してから買え!
これは、もっともな意見だと思います。
着物は余裕の資金で買うべきだと思います。

だだし、名古屋とその郊外は、今でも着物文化が残ってますので将来的にその着物は無駄にはならないと思います。
ここ「教えて!goo」で着物の話を読むと、関東(そのほかの地方も)と名古屋は違うな~といつも感じます。
私は40前半ですが、結婚には黒留、喪服、無地、訪問着、付け下げ、小紋、大島と用意しました。
今は、かなり簡略されてますが、姑が「着物はいらない」と言っても、訪問着と喪服は用意しますので、いつか要る嫁入り道具を早めに用意したと思えば良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは。
さっそくのアドバイス、どうもありがとうございます!

20万円の付け下げ訪問着は別に高いものではないのですね。

そして、やはり不要な小物は徹底的に排除することにしました。
「すべて必要なもの」と思い込んでいた無知な私に、こんなにたくさんアドバイスいただけて本当に感謝しております。

この長襦袢が6万円というのは、やはり高いのでしょうか?
もしよろしければ教えてくださいm(__)m

名古屋にお住まいなのですね!
名古屋の店舗で買ったので、知人ならぜひともお付き合い願いたいほどです(涙。。。

とりあえず、今回の60万円の契約はなかったことにしようと思います。
本当にどうもありがとうございますm(__)m

お礼日時:2006/12/22 11:37

一気にセットで買った!って感じのないようですね・・・



辻が花の訪問着、単体で20万程度ならお安いでしょう。
本物の辻が花の訪問着なら参考上代80万ってのがざらですから。気になるのは作家さんと生地の産地などなどでしょうが、この値段なら気にしなくても妥当な値段だと思います。
ついでに、本当に良いものの場合は、ハイテクミシンは普通の呉服屋は勧めません。よいものになればなるほど、後々のことを考えて手縫いの方がいいからです。(その理由は既に回答されている通りです)

既にお茶会に行かれていて、おばあ様のお着物を着ているということは・・・
長襦袢、お持ちじゃないですか?
その長襦袢はこの着物の時には着ないおつもりでしょうか。
できたら、手持ちの長襦袢にあわせておいたほうが良いとは思います。

なんか、印象としてはいらないものまでつけさせられたような感じがします。
私の場合、こんなに色んなものをつけないでほしいですね。
ストールなんて別にいらないし、帯留めも要らない。帯留めをすることがほとんどないから、三分紐もいらないし。
フォーマルバックと草履も手持ちがないなら良いけど、じっくり選びたいからおまけみたいについてくるものじゃ満足しないし。
半襟や伊達衿(重ね衿)も他の着物に使えるか考えると、もっていない色なら良いけど、必要ないし。
伊達衿に刺繍衿って、ものすごく野暮ったく思いますよ。ついでに辻が花でしょ。
辻が花って、仕立てあがってくるとかなりボリュームがあるように感じます。これに刺繍衿だと胸元が込み合ってすっきり感がなくなる気がしますね。

って、これってチェーンの呉服屋さんの売り方なんですよねぇ。
いらないってものまでつけて安い感覚にさせるけど・・・
考えても御覧なさい。着物だけだったら仕立てあがったって20万しか売上げがないんですよ。そのうち、仕立て代だの胴裏やら居敷宛やらの材料費をさっぴいたら、儲けなんてたかが知れてる。
だけど、付属品をいっぱいつけて60万の売上げにすれば、在庫も減るし売上げも上がるし、小物の利益って一つ一つは小さいけど、纏め売りすると結構な利益になるもんです。(だって、こっちは値引きしてないんだから。

と、いろいろ考えると全部で60万は、高いかも。
すべてのものが質問者さんが必要でほしいと思われたものならば、安いかもしれませんけどね。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

こんにちは。
アドバイスどうもありがとうございます!

仰る通り、チェーン店の呉服屋さんです(笑)。「き●のやまと」というお店なのですが・・・。

おかげ様で、目が覚めたような気がします・・・。
まとめて買うことで、着物の値段をかなり下げてもらったので、小物のほうを少し「これはいりません」って言って、その分トータル金額を減らしていこうと思います。着物の価格、あげられたりしませんように(笑)。

刺繍衿は花柄でかわいいと思ったのですが、そう言われてみれば、辻が花なのに衿まで刺繍なくていいよなぁって思いました。
「野暮ったい」そう言われてみれば確かにそんな気がします!!

ところで、長襦袢は1枚あればいいのでしょうか?

いろいろ目を覚ましてくださって本当にありがとうございます。とても感謝しておりますm(__)m

お礼日時:2006/12/22 11:20

やっぱり、お着物はネットで見て選ぶより、実際あわせてみないと、感じがわからないので、気に入られたならいいお品ものだと思います。


お仕立てですが、ハイテクミシン仕立てとありますが、将来ほどして洗い張りや別の着物に仕立てることはできるか、呉服屋さんに聞いてみるほうがいいと思います。この着物の糸をほぐすだけで、商売があるほどですから、このミシンがけで、ほぐせないとなると、洗い張りや染め替えが難しくなります。着物は何代も受け継がれるほどの高級品なので、お仕立ての点も確認した方がいいと思います。
あと、聞けるなら、国内の手縫いの場合のお仕立て料も聞いておいて、そう変わらなければ、そちらでお願いした方がいいかな、とも思います。
帯はほどすことはないけれど、お着物のほうは、ほどすことがあるので、できれば手縫いがいいですね。
おそらくですが、手縫いだと、問屋で二十五、六万はする辻が花だと思います。
価値があると言えば、価値があるので、反物の銘(一番はしにどこどこの作か、刺繍などで施してある紋章のようなもの)も、きちんと見せてもらいましょう。どの先生の作品か、それも大事です。
私の江戸小紋は、市価で三十万から四十万する染めのものですが、着物教室の特典で、十三万で買えました。必ず、端にある銘をお仕立てする前に見せてもらってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんにちは。
御礼が遅くなってしまい申し訳ございません。

反物の端の銘?のようなものは、見せていただいておりましたが、覚えていなかったので、昨日の夕方さっそく呉服屋さんに電話をしてみました。
1.着物を手縫いにすると+13000円、長じゅばんを手縫いにすると+7000円とのことでした。
2.生地は丹後ちりめん、翠山工房の創作着物で、特に作家さんのものではないとのことでしたm(__)m

いろいろ教えてくださってありがとうございます。非常に勉強になり、とても感謝しておりますm(__)m

お礼日時:2006/12/22 11:14

大体妥当かな、と言う感じにお見受けしましたが・・。


ただ、日本人が手縫いしたものと、東南アジアでミシン仕立てしたものでは、お値段が違いますから、そこが気になりますが。
私もこの間、江戸小紋と洒落帯を問屋さんで手に入れましたが、大阪の手縫い仕立物で、江戸小紋が十三万五千円、洒落帯が六万でした。それに合う帯締め、帯揚げが付いて、全部で二十万ほどですね。実は、着物の無料の着付け教室に三ヶ月ほどいき、実習で日本橋小伝馬町の問屋さんに回ったのです。ですから破格でしたが、あの時見た辻が花の訪問着は、やはり引いても二十六万ぐらいはしていましたし、付け下げ、訪問着は、どれも二十万ほどしました。袋帯も辻が花なら、お安いように思います。お洒落の組紐の帯などなら、問屋価格でも、十六万ほどしますよ。
着物目当てなら、無料の着付け教室はお勧めですが、そういうところで、手に入れられたのでしょうか。
贅沢品と言えば、パールの帯止めが高いかな、と言う感じですか。削るなら、これかなぁとおもいます。後のものは、大体妥当な価格です。お草履も、着物の端布でオーダーすると、一万六千円ぐらいしますし、デパートでもいいものは一万三千円ぐらいはします。
付け下げは、自分が主役でない、お茶会や先生との集まりなどに着ていけます。お友達の結婚式でもいいでしょう。
それぐらいの価値はあるものだと思いますが、彼が反対されているなら、仕方ないかもしれません。

この回答への補足

【補足】国内仕立とのことです。
「反物をあわせただけでこれだけキレイなら、仕立あがってきたら10倍キレイ」と店員さんが仰っていましたが、そんなものなのでしょうか(笑)?
やはり反物で軽くあわせたかんじと仕立てあがりを着たかんじは全然違うのでしょうかm(__)m

補足日時:2006/12/21 11:35
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは。
早速のアドバイス、すごく嬉しいです。どうもありがとうございます。

妥当じゃないかなっていうご意見を聞けてホッとしました(笑)。

彼はお着物のことも女性心理もよくわかっていない人なので、押し通すつもりで買ったのですが、押し通せるだけの根拠がなくて、迷いが生じてきたのです。何しろ「一生もの」とはいっても、やはりお高いので・・・。

ところで、仕立がミシン仕上げというのが、個人的に少し気になりましたが、当たり前なのでしょうか?
「仕立は手縫い」と勝手に思い込んでいたので^^;;;
もしよかったら教えてくださいませんかm(__)m

お礼日時:2006/12/21 11:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物のお値段をご教授していただけますか

着物を購入したのですが、着物に対しての知識が疎く妥当な価格かご教授いただきたいです。
 購入後、着物教室に通っている友人から高い買い物だったのではないか?と指摘をうけ、実際どうなのかを知りたいです。
 

・つけさげ訪問着(絹画廊・辻ヶ花) 
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻ヶ花)
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻ヶ花)
※和裁専用のハイテクミシン仕立付。
の上記3点で、329,000円
汚れをはじく加工 3点で 24,000円

帯揚・帯締め小物セット 2,000円

辻ヶ花・草履バッグセット(草履付)29,900円

手縫お誂え仕立て 15,000円

合計:399,900円


どうかご回答お願いいたします

Aベストアンサー

正直言って、高いか安いかというなら、「安い、お買い得」といってほしいのだろうと思いますが、
こういうものは、「お買い得」に見せて、実は、アドバイス料金として相当とっていると思って、丁度です。

なぜなら、何も知れない人しか、こういうセット販売では購入しないであろうからです。
知った人なら、長じゅばんからバック・ぞうり・・小物にいたるまで、すでに持ってる。
そして、それらとのコーディネイトも考慮しての【購入】になるから。

「安く」というなら、単品で物品購入して、お仕立てもネットで一級和裁士が15000円というのがオークションでもあります。
仕立て自体をオークション受注する時代です。

だから、高いか?といわれれば、高いです。
しかし、それらを自分ですべてアレンジできないなら、「コンサルタント料金」としての「セット販売」になるということにすぎません。

約40万を高いと思うかどうかです。

私なら、当然に買いません。
自分で仕立てるし、この部分で割愛できるのは仕立て代金だけということですから、私が買ってもほぼ3-4万の節約にしかなりませんが。
バックとぞうりのオソロなんて、ださくて嫌です。
しかも、バックとぞうりも辻が花?
いかにもセット販売ってわかるから。

それに、帯揚げと帯締めは自分のセンスで選びたいし、帯は、この着物に合わせて・・・どうしても買いたいとするなら
他の着物に合うのか?と思うし。

後、まったくの好みの話にすぎませんが、「辻が花」は、一時、呉服屋さん業界の救世主のようにもてはやされましたが、
いまや、下火です。
どうしてかは、わかりませんが、マァ、着物もファッションですから、柄、染など、流行もあるということに過ぎないです。
柄として、濃密なので、うっとうしい感じを私は持ちますから。

親子3代というのも、大嘘。
あなたが5年ー10年着用して、納得のお値段ならということです。
年に一回着用するとして、10回着用するでしょうか?
ここまでの着物を着用するには、美容院にも行くでしょうし、ご自身で着付けをできないと、毎回・万円とかかる。
40万出費して、利用するに、毎回1万円です、ここまで考えてから購入するべき。

着物自体を楽しみたいなら、もう少し安価(10万ドマリ)ぐらいで日常的におしゃれ着物をお楽しみになってから
「晴れ着」に手を出しても遅くないです。
目を肥やさなくちゃ。

家を買うに、マンションを買うに、家具までフルセットで買わないでしょう?
なぜだか、着物はこれが商売として通用するように、無知を利用されて、客がしつけられてしまってる。
成人式のフルセットは、どれぐらい長持ちしているでしょうか?
あれはあれのセットのために。

辻が花のフルセットも、これだけのセットのためにです。
今後、あなたがほかに着物をあつらえても少なくても、バックとぞうりのセットは、合わないでしょう。

今後も役立ちそうなのは、正絹の長じゅばんだけです。(私が思うに)
着物の好みは趣味ですから、それにしても、交織の裏をつけるというのも・・・・ここで節約できる金額はたかが2千円ぐらいでしょうか?
正絹でもお安いのは3000円ぐらいからあります。
裏地にナントカ加工は必要ないし。
そして、辻が花ぐらいになると、いい裏を・・・といわれるかもしれないが、実は、安くて、薄いのを貼ったほうが、着用するには
楽です。

正直言って、高いか安いかというなら、「安い、お買い得」といってほしいのだろうと思いますが、
こういうものは、「お買い得」に見せて、実は、アドバイス料金として相当とっていると思って、丁度です。

なぜなら、何も知れない人しか、こういうセット販売では購入しないであろうからです。
知った人なら、長じゅばんからバック・ぞうり・・小物にいたるまで、すでに持ってる。
そして、それらとのコーディネイトも考慮しての【購入】になるから。

「安く」というなら、単品で物品購入して、お仕立てもネットで...続きを読む

Q着物の購入について

はじめまして。
私は21歳の会社員です。

先日たまたま通りがかった呉服屋さんで、店員さんに声をかけられ
あわせるだけただなのでと、気づけばお着物を合わせられていました。
以前から着物には興味があったのですが、特別購入を意識したことはありませんでした。

しかし、とてもきれいですてきなお着物だったので
思ったまま素直にほめると
そのお着物に合わせて特注したという帯や小物類もだしてきてくださり
そして購入を勧められました。

相場も全くしらなかったのですが、仕立て代や帯の値段などの説明を簡単にしてくださり
その後で、着物の生地代と小物の価格のみでいいといってくださりました。

わたしも気に入ってしまったのもあり、
また断るのが苦手というせいかくもあり、つい親に相談もせずに購入するといってしまいました。

先ほども書いたように
ずっと着物に興味があったこと、また柄、色がとてもすてきだったこともあり
わくわくする反面
いままで経験したことのない額の買い物をしてしまったこと、
親に相談をしなかったこと
なにも調べずに店員さんにだまされているのではないかということ
などなど、不安でいっぱいです。

なので、この着物の購入が妥当なものなのか、
みなさまにアドバイスをいただきたいです。


○内容○
・つけさげ訪問着:絹画廊・辻ヶ花「御所桜」 ¥329,000
 (和裁専用「ハイテクミシン仕立て付」胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリエステル100%の羽二重使用)
・袋帯:絹画廊・辻ヶ花 ¥0
 (「手かがり仕立て付」商品)
・長襦袢:3点セット品(生地中国・染日本)
 (和裁専用「ハイテクミシン仕立て付」商品) ¥0
・新はじく絹加工:付下げ訪問着、袋帯、長襦袢 ¥24,000
・帯〆 ¥9,900
・帯揚 ¥9,900
・辻ヶ花・装履バッグセット ¥29,900

合計(消費税込み) ¥402,700

○店員さんの言葉○
・こんなにやすいのはいまだけ(いろいろなフェアが重なっていた)
・帯は西陣織で登録番号が9番。とても貴重
・着物のもように貝がつかわれている
・辻ヶ花は高嶺の花
・クリーニングなどメンテナンスも責任を持つ(いまいちどういうことなのかよくわからなかったです;;)
・ながく続く呉服屋なので安心してください(チェーン店)
・決めるなら今、家に帰って考え直すとわからなくなるから
・お母さんには仕立て上がって、着姿をみせて説明するべき

とにかく私の着姿をほめられ、なんだか逆に不安になりました。
とてつもないなで肩のせいもあるとおもいますが。。。

いろいろ意見いただけたらなとおもいます。
よろしくおねがいいたします。

はじめまして。
私は21歳の会社員です。

先日たまたま通りがかった呉服屋さんで、店員さんに声をかけられ
あわせるだけただなのでと、気づけばお着物を合わせられていました。
以前から着物には興味があったのですが、特別購入を意識したことはありませんでした。

しかし、とてもきれいですてきなお着物だったので
思ったまま素直にほめると
そのお着物に合わせて特注したという帯や小物類もだしてきてくださり
そして購入を勧められました。

相場も全くしらなかったのですが、仕立て代や帯の値...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

つけ下げ訪問着に袋帯と小物一式で40万強というのは、とんでもなく高い値段とは思いません。
もちろん品質によって変わってきますけれど、粗悪品を乱売している店というのも、それほどありませんし、着物で詐欺をするなら、もっと高額にしそうだと思います。

ただ、私の感覚では、解約できるものならば解約した方がいいと思います。理由は二つあります。
まず、ひとつめは着物自体が質問者さまに向いているかどうかが疑問である事。
和の習い事をしてらっしゃっる方や、着物を着なれている人間の晴れ着なら訪問着は便利ですが、着物を着なれていない方では、訪問着は箪笥の肥やしになりがちです。最初の着物は紬か小紋で、日ごろのお洒落に使える物の方がお勧めです。
次に、店員さんがあまり信頼できる方ではありませんね。その店員さんだけか、店自体がそういう傾向なのか分かりませんが、私なら、そのお店では買いません。
解約できるものなら解約し、できなければ勉強代と思って、せっかくの着物は楽しんでしまうことでしょう。同じ着物には巡り合えないでしょうから。


以下は、質問者さまの書いていらっしゃる着物や、店員さんの態度について、私が推測した所を書いてみました。

まず、「特注した」という点について、質問者さまは非常に特別なことと思っていらっしゃると思います。実際、今の日本で「特注」なんて聞かないですよね。でも、着物の世界では、実は「特注」は珍しくもないことです。
老舗の呉服屋さんなら独自の職人を抱えていて、オリジナル商品というのも当然ですし、個人で着物を一から染めてもらうことも普通です。一般的にはカタログをみて決めるのですが、その時に「ここの色を変えてほしい」「ここに模様を足してほしい」「刺繍を足してほしい」というのも、よくある話なのです。もちろん、お金がかかる話ですから、やらない人も多いですよ。


そして着物そのものについて、です。

「つけ下げ訪問着」というのは、訪問着のお手軽版です。
訪問着と呼ばれる着物は、一般的に縫い目に模様がまたがっています。これを作るには、まず着物の形に縫った後で、模様を入れていくのです。できあがりの「訪問着」も多いですが、本来は受注生産で作る方が綺麗に仕上がるものです。
ただ、この方法だと高価なうえに時間もかかります。仕上がりが思ったようにはならない場合も多いです。反物に最初に模様を入れておく方が、手軽だし、自分に似合うか確かめられますよね。
元々、反物に模様がある着物もあるのですが、それだと仕立てた時に上下が逆になったり、縫い目で模様が途切れたりするのです。
そうならないように、仕立て方を計算して模様を付けていったものが「つけ下げ」と呼ばれます。つけ下げの中でも、訪問着のように華やかで、縫い目にまたがる柄の物を、特に「つけ下げ訪問着」と呼んでいます。着ていく場所は訪問着と同じ、披露宴とか、パーティとかですね。

「ハイテクミシン仕立て」というのは、従来のミシン仕立てと手縫いの中間に位置するものです。
着物というと、仕立て直しができるイメージがありますよね。ところが、ミシン仕立ての場合は、基本的に仕立て直しは利きません。縫い目が残ってしまうからです。
でも、手縫いは時間もかかるし、高い技術の職人さんだと、それなりに高価です。職人さん事態が減ってきていらっしゃいますしね。
そのため、縫い目が残りにくい特殊なミシンで仕立てる呉服屋さんも出始めています。それがハイテクミシン仕立てです。それでも、あまり仕立て直しをしないことを前提に勧めるようです。

「辻が花」というのは、模様の種類です。
「貝が使われている」というのは、螺鈿のようなものでしょうか。
現在では、「辻が花」と呼ばれるものは高嶺の花でも、珍しいものでもありません。
元々は室町時代から江戸初期にかけての技法です。友禅に押されて一時は途絶えたのだそうです。そのため、「幻の染め」と言われたりもします。
しかし、久保田一竹という染色家が、辻が花と再現し、それに雰囲気の似通った「辻が花調」の着物も多数出回っています。

袋帯について、西陣織なだけでは高級品か廉価品かは分かりませんし、登録番号と希少性、品質の高さは何の関係もありません。
京都の西陣は錦織や唐織りなどの帯のメッカと言えますが、当然ながら割安な商品も作っています。
そして、登録番号と言うのは、織元さんが工業組合に何番目に登録したかというだけなんですよ。9番は現存していますし、非常に老舗の織元さんだと言えます。工業組合設立時からのメンバーでしょうね。でも、それだけです。
番号が小さくても一般向け商品しか作っていない織元もあれば、大きくても高級品を多く作っている織元もあります。

クリーニングについてですが、着物は普通はあまり洗わないのです。下に肌襦袢等の下着を着ますし、あまり汚すものでもないでしょう?毎日着物で生活していらっしゃる方は別ですが。
汚れが付けば部分洗いでシミ抜きをする、何度か着たり夏場に着たりすれば水洗いで汗をとる、それで無理な汚れになれば糸をほどいて反物に戻し「洗い張り」という方法で洗う、これが一般的です。
でも、最近は着物を着るのは数年に一回という方も多いです。何度か着てから洗うとなると何十年、汚れが落ちなくなりそうですよね。それにガード加工をしていると普通に水洗いはできません。そのためにドライクリーニングをするケースが増えているようです。
もっとも、私は個人的にはクリーニングはお勧めできません。汗は水でないと落ちませんし、着物は袷に仕立てていますから、狂いが出てしまうことがあるそうです。


最後に、店員さんが信用できない理由です。勧め方が、どうも良くないですね。私がお世話になっている呉服屋さんや着付けの先生だと、「残念ですけど、そういうお店もありますなぁ」とため息をついてしまいそうな気がします。

先に、着物と帯について書かせていただきましたが、その中で店員さんの説明を否定している箇所があることにお気づきだと思います。
店員さんが「高級品」と言っている内容が、私からすれば「別にそうとは限らない」となっていますよね。どうも、そのあたりで説明を端折っている感じがします。

そして、ご質問を拝見した限りでは、「どこへ着ていきたいか」「何に着たいか」を聞いていませんね?
良心的な呉服屋さんだと、必ずと言っていいくらい聞きます。「どんなものをお探しですか?」「どちらへお召しになりますか?」と。
と言いますのが、着物の世界には、結構お約束事が多いのです。気にしなければそれでいいようなものですが、楽しもうと思えば無視したくないものであるのも事実です。
先にも書きましたが、訪問着は披露宴だのパーティだのに向く着物です。正式なお茶席や観劇にも使いますが、辻が花では華やか過ぎて、あまり適当とはいえないでしょう。お正月にお出かけする晴れ着なら、「有」でしょうけれど、その場合は道行コートが必要ですね。

最後に、「考え直すと分からない」「家族には仕立て上がってから説明する」これは、ありえません。私が、この店では買わないという最大の理由です。
着物や帯は、同じものをあまり作りません。ですから、「一期一会です」「これも出会いです」という勧め方は、呉服屋さんはよくなさいますね。実際、同じものを後から欲しいと言われても作れない場合も多いのだそうです。特に帯は織元さんが廃番にするケースが多いそうです。確かに何十万も出して買ったものが、ゴロゴロしていたのでは悲しいでしょうからね。
しかし、値段が高いものですから、「お取り置きしておきますよ」と言うことはあっても、相談するなとは言いません。家庭でモメてしまったら、その後、買ってくれなくなるでしょう?
着物と言うのは、「着物一枚に帯三本、帯一本に着物三枚」と言われるくらい、帯との組み合わせで雰囲気が変わります。それに女心として同じ格好って飽きてくるでしょう?飽きた頃に違う帯なり、着物なりを買ってもらえば、また着てもらえる、そう考えるのが一般的な呉服屋さんです。

長々と失礼しました。
着物は楽しいですよ。それだけに、あまり好ましくない買い方をしたためにケチが付くようなことになっては残念だと思います。
解約できるといいのですけれどね。

遊びで着物を着ている者です。

つけ下げ訪問着に袋帯と小物一式で40万強というのは、とんでもなく高い値段とは思いません。
もちろん品質によって変わってきますけれど、粗悪品を乱売している店というのも、それほどありませんし、着物で詐欺をするなら、もっと高額にしそうだと思います。

ただ、私の感覚では、解約できるものならば解約した方がいいと思います。理由は二つあります。
まず、ひとつめは着物自体が質問者さまに向いているかどうかが疑問である事。
和の習い事をしてらっしゃっる方や、着物を着...続きを読む

Q総絞りの着物って、格が低いのですか?

よろしくお願いいたします。

先日友人の結婚式に『総絞りに職人の手作業による日本刺繍をふんだんにほどこした・・・』着物を着用してゆきました。
この着物は祖母が嫁ぐときに実家につくってもらった着物で、もとは振袖でした。のちに事情があって袖を短く切って訪問着として仕立て直したものです。
とてもものがよく、親族一同の中でも有名な着物で、『そこいらの訪問着よりもよっぽど格上』ということになっており、私は安心してその着物を着ていったのですが、とあるHPで『総絞りは格が低いので、披露宴等には着用してはいけない』とあり、びっくりしています。また、従兄弟は総絞りの見事な振袖を持っており、これも親族の間で有名なお着物です。有名な演歌歌手の方も総絞りの着物で紅白歌合戦に出場されたりしています。そんなこんなで、私の中では、総絞りは友禅などに並ぶ上等の着物だとおもっていたのですが、私の勘違いなのでしょうか?

着物に詳しい方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
 
と言った訳で、それから礼装正装になるかどうかですが、、。絞りに限らず訪問着、江戸小紋でも、紋の有無などそれはその時と場合によってかわります。
主催者との兼ね合いです。
着物は良くも悪くもまだ決まりを重んじていますので、
それに逆らわないあるいは、決まりを破ろうと言う
覚悟がないと、引けてしまいます。
親族の格からは、(黒留、色留、紋有りの訪問着→)
どうしても外れてしまうのですよね。
自由な服装でという場合はもちろん着てください。
友人(紋付訪問着、訪問着、つけ下げ→)のばあいは
その範囲ですからOKです。

うまく書けませんが、、、少し理解していただけたでしょうか

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
...続きを読む

Q訪問着の値段について意見を聞かせて下さい

訪問着等一式を購入しました。
最初は問屋街の呉服屋へ小物をふらりと見に行ったのですが、結果的に訪問着を勧められお店側も決算なのでとにかく在庫をなくしたいと安くして頂き、私もいつかは誂えようと思っていたので思い切って購入しました。

着せてもらったり、プリント物と比較したり、自分なりに考えて納得した上なのですが、帰宅後ネットで調べてみると、同じメーカーでも格安で販売しているお店も多々あり、
「本当に安かったのか?適正価格だったのか?」
と不安になってきました。

私は着物初心者で、着物は練習用の安いものか、はたまたえらく高級な振袖しか持っていないので、しっかり着物の良し悪しがわかるか、と言われると「…」といった具合です。

定価はとても高く良い物だとは思うのですが、着物の上代なんて元々あってないようなものだと思っておりますので…。定価の1/10で買えれば良しとすれば良いのでしょうか?

購入したのは下記の通りです。仕立てが気に入らなければキャンセル可能で、一式で25万円(税込)でした。
安いor高いor「それくらいでしょ」、どう思われますか?

(1)京都 久保耕の訪問着+胴裏+ゆのし+お仕立て+ガード加工:上代 1,650,000円
 →「美しいきもの」に掲載された着物らしいです。
(2)新小石丸の袋帯+帯芯+お仕立て:上代 1,100,000円
(3)正絹の長襦袢+お仕立て:上代 110,000円
(4)帯締め&帯揚げ・草履バッグセット
下記は元々購入しようとしていた小物をおまけとして付けてくれました。
(5)化繊の着物:上代 1,950円
(6)正絹の名古屋帯(それなりの質):上代 5,000円
(7)きものバッグ:上代 1.050円

↑見辛くてすみません。詳しい方宜しくお願い致します。(価値もわからないのに安易に購入して…といったようなご意見より、適性価格かどうかを知りたいので、今回は着物の値段についてのご意見をお待ちしております。)

訪問着等一式を購入しました。
最初は問屋街の呉服屋へ小物をふらりと見に行ったのですが、結果的に訪問着を勧められお店側も決算なのでとにかく在庫をなくしたいと安くして頂き、私もいつかは誂えようと思っていたので思い切って購入しました。

着せてもらったり、プリント物と比較したり、自分なりに考えて納得した上なのですが、帰宅後ネットで調べてみると、同じメーカーでも格安で販売しているお店も多々あり、
「本当に安かったのか?適正価格だったのか?」
と不安になってきました。

私は着物初...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。着物愛好家です。
でも正直、着物の価格についてのコメントは難しいです。
実物を見てみない事には、本当に適正なのかどうかは判断できません。
ですので、何となくカンで、という事でお答えさせて頂きます。

まず(1)~(7)の上代価格というのはまったくアテになりません。
実際にお支払いになるのはトータルで25万円なのですね?
その点で考えて正絹の訪問着、帯、長襦袢、小物に加えておまけ付き…で25万円なら妥当もしくはお安い額だと思いますよ。
久保耕というメーカーを私はあまり知りませんでした。
でも検索して商品をいくつか見てみると間違った物ではないようです。
新小石丸というのはメーカーの名前ではなく絹糸の種類をさす商標ですね。
この帯が手織りなのか機械織りなのかで話はまったく違ってきます。
でもさすがに機械織りに万の上3桁の上代をつけないと思いますので(悪徳商法ですとそれが当たり前ですが問屋さんという事ですから)大丈夫と思います。
手織りと機械織りの見分け方は両方を手にとって比べればまったく風合いが違うのでわかります。

(5)~(7)は逆に安すぎてビックリ価格です。
化繊と言えど結構なお値段のする物が多いですからね。
でもネットショッピングの場合はその価格常識は簡単に破られていますので値段だけの事で云々はできません。

総じて言えば主要商品が間違いなく正絹で仕立てやガード加工までついてこのお値段は破格に安いと言っていいと思います。
質については見る事が出来ない以上なんとも不確実ではありますが、吟味して納得し、何より気に入って買ったものなら大丈夫でしょう。
仕立てが気に入らなければキャンセル可能、が本当であればなおまがい物の店という事ではないでしょう。

私は万の上3桁つく価格の物をずらりと並べた店にはあまりご縁がありませんので、こういうお話を聞くだに着物の価格について考えさせられます。
不安になるお気持ちもわかります。
確実なのは店の歴史や信用が確かかどうか、です。

納得されて購入されたなら、あまりネットの情報などに惑わされず仕立て上がりを楽しみにしているのが良いと思いますよ。
できれば着物の目利きが出来る方に同行してもらって受け取りに行けるといいですね。

こんばんわ。着物愛好家です。
でも正直、着物の価格についてのコメントは難しいです。
実物を見てみない事には、本当に適正なのかどうかは判断できません。
ですので、何となくカンで、という事でお答えさせて頂きます。

まず(1)~(7)の上代価格というのはまったくアテになりません。
実際にお支払いになるのはトータルで25万円なのですね?
その点で考えて正絹の訪問着、帯、長襦袢、小物に加えておまけ付き…で25万円なら妥当もしくはお安い額だと思いますよ。
久保耕というメーカーを私はあ...続きを読む

Q店舗契約の着物のクーリングオフの可否について

まずは、契約からクーリングオフを考えるまでの状況を記載します。

先日扇子の購入を考え、着物を扱っている某チェーン店に初めて立ち寄りました。この時点で、店舗内に足を踏み入れていました。着物への憧れはありましたが、知識は無いに等しい状態です。扇子の購入のみを考えていて着物を購入するつもりは一切ありませんでしたが、雑談のついでのような形で店員さんに着物の安売りコーナーに案内されました。

着物の購入は考えていないと何度も繰り返し店員さんに伝えていましたが、「とりあえず試着してみて」と誘われ、試着だけならと、店の中程に入った所(商品で店の表からは見え辛い所)で何点かの着物を試着させてもらいました。この間も、一切購入しない事は言い続けていました。

最後に着物のような形で体にあてがった反物は、素人目に光沢がきれいで高価そうなものでしたが、店長が出てきて「この反物を仕立てて一式揃えたら幾らくらいになると思う?」と尋ねられた後、130万円程か?と返すと110万円弱という答えが返ってきました。

その後「決算期だから今しか出せない価格」「こんな値引きは初挑戦。皆には内緒で」「家の耐久年数よりも着物は長く持つから」「扇子の代金は頂かない」等々言われ、40万円弱の金額を提示されました。聞いているうちになんだか買わないともったいないような気持ちになり、つい契約書にサインをしてしまいました。その他、「着物のあらゆるトラブルに対応できるから」とのことでVIP会員の入会も勧められ、流れでサインをし、入会金3千円程を支払いました(ここでも「ほんとは3万円なんですよ」と、お得感を強調されました)。扇子は無料で引き渡されました。

帰宅したのちに、対応してくれたお店の評判や着物について興味がわいたのでネットで調べてみたところ、じっくり物を選ぶ時間や考える隙を与えられずに契約に持っていかれたことに気付きました。できるのであれば一旦クーリングオフをして、着物の知識をしっかりつけてから改めて購入を考えたいという思いに至りました。また、扇子は封を開けておらず、返品をしようと思いました。

そこで質問をさせていただきたいのですが、

・店舗での契約はクーリングオフができないと聞きますが、当初契約することになった品物を全く買うつもりが無く店を訪れた場合でも、クーリングオフができないのでしょうか。

・見積書(お客様控)の裏にはクーリングオフについての記載があります。契約書受領後8日間は申込みの撤回・解約をすることができると明記してあり、除外されるケースについての記載がありません。クーリングオフが有効と見て良いのでしょうか。

・VIP会員の明細書の裏にはクーリングオフの記載がありません。入会金の返金は諦めるべきでしょうか。すぐ解約するという形しか方法がないでしょうか。

・反物を仕立てに出してハサミを入れられると、クーリングオフが効かないという情報を見ました。契約した反物は一点ものであると聞きました。明日の朝一番に店へ行って、反物があるかを確認し、仕立てに出さないようお願いするのが良いでしょうか。それよりも先に消費生活センターに相談した方が良いでしょうか。

長々とした文章になり、申し訳ございません。
どうしたものか気になって明日の朝が待てず、質問をさせていただきました。
足りない情報があればご指摘くだされば追記いたします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

まずは、契約からクーリングオフを考えるまでの状況を記載します。

先日扇子の購入を考え、着物を扱っている某チェーン店に初めて立ち寄りました。この時点で、店舗内に足を踏み入れていました。着物への憧れはありましたが、知識は無いに等しい状態です。扇子の購入のみを考えていて着物を購入するつもりは一切ありませんでしたが、雑談のついでのような形で店員さんに着物の安売りコーナーに案内されました。

着物の購入は考えていないと何度も繰り返し店員さんに伝えていましたが、「とりあえず試着して...続きを読む

Aベストアンサー

>・・・40万円弱の金額を提示されました。聞いているうちになんだか買わないともったいないような気持ちになり、つい契約書にサインをしてしまいました。

と云うことで、その時点では契約は成立しています。
その契約を解除できるか否かが問題ですが、
1、支払いは割賦ですか ?
そうであるならば、割賦販売法と云う法律に従うことになります。
2、割賦でないならば「特定商品取引に関する法律」になりますが、この法律は、訪問販売や電話勧誘等を対象としているので、本件とは関係なさそうです。
3、次に「契約書受領後8日間は申込みの撤回・解約をすることができると明記してあり」と云うことなので、これを考えますと、法律より契約が優先するので、8日以内ならば契約解除できそうです。
ただし、条件がなければ、ですが。
なお、VIPに関しては、着物と一体化しているので、着物が解除できれは解除でき、できなければできないと思います。

Q50代からの着物の色

50代になって、色無地か訪問着のいずれかを作ろうと思っています。
着物の色は、どんな色が良いでしょうか?

着る機会は、さしあたって無いのですが、これを、今後、最後の着物として着るつもりなので、出来れば、地味な色合いでいいのですが、
年配の人は、どんな色の着物がいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶色の着物に同系色の帯・小物
肌色がくすんでいく年齢にくすんだ色を重ねると
+10歳効果だそうです。(怖っ)

きれいな若草色に、茶色の染め帯、半襟は鳥の子色にベージュの刺繍、帯揚げが焦げちゃに白の染め抜き模様、帯揚げはピンクのとび模様入りの山吹色、しかも鼻緒は赤!

めちゃくちゃかわいくないですか?
先日、友人の奥方が米寿のお祝いの席で着ていらしたのですが、もう、死ぬほどかわいかった!
(って、自分のおばあさんだとしてもおかしくないくらい年上なんですが・・・)

色無地もいいですが、私自身が「おばあちゃん」になっても着ようと思って作ったのは、渋い黄緑、東雲色、京紫の江戸小紋です。
(紫だけは極行儀なので祝儀・不祝儀兼用で紋を入れましたが。)

色は実際にあててみないとわかりませんが、見てて
好ましいなと思うのは顔色が良く見える、クリーム色や東雲色のかわいいきれいな色です。

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶...続きを読む

Qたんす屋で着物を買ったことありますか?

着付けを習いはじめました。着物は母からのお下がりしかありません。で、”洗える着物”が一枚あると便利だよ、と聞きますので、購入を考えています。着付けの先生に相談するときっと自分の教室の経営する呉服屋を紹介されるので、相談はしていません。
ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
近頃は、デパートでも売っているようなのですが、安いものでいいので、ネットで調べてみると、”たんす屋”というお店があることを知りました。浅草まで行ってみようかと思っていますが、実際、どうなんでしょうか?古着がほとんどで、新品はあまりない…とか。
たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出かけにはもってこいです。

>教室の経営する呉服屋を紹介される
あはは。
賢いですね。
そうです、おっしゃる通りですよ。

ほとんどの着付け教室は呉服屋さんとつながっていますから。

呉服屋さんの売値+教室(または先生)のリベート=質問者さまの購入金額

ちなみに私も暇なとき、たま~に教室の助手に入ってますが、その教室の出の呉服屋から言われますよ

「先生と同じ金額にしときますよ。」って。
生徒さんより確かに若干安い金額提示されます。

>ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
はい。
一番間違いの無い買い方です。
色や手触り、柄の見え方など、ネットの画像とまるっきり同じなんて
まずみかけません。

ネットで「こういうのがいいいな」というものを見つけて、実際に取り扱っている店舗に行く、という手もあります。
撫松庵などはデパートや問屋、小売にもおろしていますね。

>安いものでいい
もちろん、安いにこしたことはありませんが、一部外国製の粗悪品を販売しているお店もありますので、あまりに安いようなら少し気をつけてみてくださいね。

たとえば、袖幅、肩幅、おくみ幅が左右で違う。
背中心でたたんでも、襟先の位置が違う。
片方だけ八掛がついてなかった。など・・・

>古着がほとんどで、新品はあまりない
古着率はそのときのそのときの在庫状況によりますよ。

>たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。
一度だけお付き合いで伺ったことがあります。

正直言って、あまりお奨めできるような商品はその時はなかったように記憶しています。

ただ、現在は去年の大型呉服屋の連続倒産の連鎖倒産によって、
ポリでもまともな商品(たとえば東○のシル○ールなんか)も色々なリサイクル店に新古品として流れていることもありますので、そういうのを見つけられたら、ラッキーです。

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出か...続きを読む

Q道行、コート、羽織について

桜の散る頃に脱いで、楓の色づく頃に着るという
慣わしがあると思うのですが
具体的に言うと
11月から4月上旬までは
道行またはコートを着て
帯を隠すというのがマナーなのでしょうか?
それ以外の
5月から10月までは帯付き姿でも良いのでしょうか?
単に寒いから着るものかと思っていましたが
わきまえないと、「帯び付き」という揶揄が
背後から来るそうなので
教えていただきたいです。

また、羽織はカーディガンのようなものといいますが
洋装では、コートの下にカーディガンも有りですが
和装では道行きやコートの下に羽織は有りなのでしょうか?
厚着になってしまい、変なきもします。

帯び付き姿の時に羽織るもののようなイメージです。
結構着物は暑いので、夜とか少し冷えたけれど
春だし、コートまではいかないでしょう、と言う時に
羽織る感じで良いのでしょうか?

どなたかアドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
きちんとめの小紋に無地の一つ紋の羽織を着れば、服装を整えた感がでます。
アンティークの着物のお店で、夏生地の黒紋付の羽織を見かけることはありませんか?
これなどは明らかに防寒の役割ではありませんよね。

また、同じ小紋に友禅の絵羽の羽織を着れば、お正月やちょっといいレストランへのおでかけに。
小紋の羽織ならば普通のおでかけ着です。
これらは「ただのおしゃれ」の用途です。

ご存知のようですが、洋装で言うなら道行きはコート、羽織はジャケットやカーディガンです。
道行きは汚れを防ぐために着るものなので、よそのお宅に伺うなら玄関前で脱ぎます。
これは洋装でも同じことですね。
コートを着たままお座敷に座りません。
反対によそのお宅の応接間で、勧められてもいないのにジャケットを脱ぐ人がいますか?
そんなことをしたら、「この人なんだか馴れ馴れしい」って思われてしまいます。
ビジネスマンならお客さんが訪ねてきたら、スーツの上着を着て、ボタンを留めてから応対するのと同じです。

羽織や道行きもやはり季節のものがあります。

真夏は紗や絽などのシースルーの生地で単衣仕立にします。
4~5月、9月終わりから10月半ばは、夏生地以外で単衣仕立てにします。
秋から冬は透けない生地を袷仕立てにします。
さらに真冬には綿入れ羽織にもできます。
これは真綿をごく薄く入れたもので、ほんの少しふっくらしてあたたかいのです。
鹿の子絞りの羽織も空気の層ができるせいか、すっぺりした生地の羽織よりもあたたかいものですよ。

秋から春に帯付では・・・というのは、季節的に寒々しく見えておかしい、ということではないかと思っています。
洋服でさえ、寒い季節にコートを着ずに歩いていたらみすぼらしく見えます。
季節感を大事にする和装ならなおさらだと思いませんか。

おっしゃる通り、桜の季節、日差しが明るくなったら帯付で十分なのですが、
個人的にはGW前までくらいは薄いストールくらいは羽織った方がかっこいいと思っています。
洋服ならUネックのワンピースに春っぽいカーディガンでも体感は寒くないけど、
首周りがでていると寒々しく見えて物足りないので、ストールやスカーフをふわりとあしらうかんじ。

私の場合、単衣羽織や夏羽織は自分の楽しみですね。
だっておしゃれしたいんだも~ん!というワケです。
真冬にミニスカートの裏にカイロをたっぷり貼ったり、真夏に純白の編み上げブーツをはく若い女の子と変わりません。
もちろん暑いものを我慢して羽織を着たりする必要はないのです。
でも少しくらいなら我慢して、自分が素敵に見える(と自分が思う)格好をしたいだけなのです(^^;)ゞ
そんなことありませんか?

ここ5年ほどの間に羽織の人気も盛り返してきて、素敵な羽織紐なんかも手に入りやすくなりましたよね。
うれしいことです。
あとは羽裏なんかの種類が増えてくれればいいんですけど・・・。

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
き...続きを読む

Q成人式の振り袖はいくらくらいが標準的なのでしょうか

 娘が来年成人式です。
 先日の成人の日は色とりどりの振り袖の女性を見かけ、みなさん晴れやかな笑顔が印象的でした。
 この不況ですから、レンタルかなとも思うのですが、振り袖を買うとなると、小物も含めて一式でどれくらいが標準的なのでしょうか。

 当然ピンキリだろうし、その家の収入にもよるということはわかります。
 ネット等で調べると最低で20万円(ただし中国でミシン縫い)から100万くらい(それでもこの上はもっとある)とも聞きますが、あまりにも幅があるので、判断できません。
 職場の人などに聞くと、祖父母が作ってくれて、7~80万というのが多かったです。
 祖父母達はもうとうにリタイヤして、年金暮らしで、むしろこちらが何くれと援助している状態ですので、比較になりません。

 普通振り袖を買われる(作られる)場合の相場のようなものがあれば、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

レンタル振袖店バイト経験者で、今は呉服屋さんの着付け仕事をしています。
私がバイトしてた店は、前撮り(着付け+ヘアメイク)と成人式当日(着付け+ヘアメイク)が含まれて、平均15~25万円でした。前撮り写真は二枚ですが増やすとその分、高くはなりますね。
購入の場合、ネットなどならポリエステルのペラペラな振袖だと一式数万円で販売してるようですし、リサイクルだと数万円で販売もしてますが、前撮りも成人式も自分で手配になりますね。
呉服屋さんで購入なら、前撮りは紹介になりますが、成人式のヘアメイクと着付けは代金に含まれています。私が行ってる呉服屋さんは購入者は何度でも着付け無料で、成人式のみヘアメイクのサービスがあります。
予算とサービスを比べて選ばれたら良いと思いますが、購入の場合は管理は出来ますか?着物は畳めますか?あと20代半ばになっても着れる色を選んだ方が良いと思います。
ご参考まで。

Q【着物】色無地を買ったのに「小紋」?

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを聞いた私は「え!?色無地じゃないの?」とビックリしてしまいした。
そこでオバ様店員に色々と聞けば良かったのですが、怖くて何も言えず。。

この色無地はわりと地味な色(カラシ色)なので念のため姉からも着物を借りてみようと思い、姉宅に行った際に色無地の端切れを持参して見てもらったのですが、姉も「一瞬小紋かと思った」と言っていました。

この色無地は着付け教室に通っていたときに呉服屋見学に行きその呉服屋で「色無地」として買ったものです。

気になったのでその色無地の端切れに書かれていた「柿本市郎」という名前でネット検索してみたら私が買った色無地とほぼ同じタイプの色無地がありました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/yumekimono/m-0009.html#

布のアップ写真のように少し明るい色(白っぽい)糸で梅などの花がところどころに入っています。
このサイトでも色無地としてでているので私が買ったものも色無地だと思うのですが、これを小紋と思われる方も多いのかな?と思ったのでこちらで質問させていただきました。

一応姉から借りた付け下げがあるのでそちらを着ていこうか色無地にしようか迷っています。
仮に、この色無地に1つ紋を入れて結婚式などに出席したら小紋を着てきたと思われる可能性もあるのかなと不安なのですが。。

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。25年ほど和装の道にいる者です。
写真を拝見しました。これは色無地です。
見る人によっては小紋に見えるかも知れません。
でも、いわゆる友禅や型染めによる染め技法でほどこした柄付けではなく、縫い取りという手法で織り込んである柄です。
ですから厳密に言うと「色無地」です。
そのオバ様店員の無知かそそっかしさか、ごきげんでも悪かったのか…とにかく気にすることないです。
色無地としては上等の品ですから紋を入れて上等の袋帯を締めればお友達の結婚式に堂々と着て結構です、
「それ小紋じゃないの?」という人がいたら「色無地なのよ」と教えてあげましょう。
ただし、会場によっては色無地では地味に映ってしまう場合もありますので、披露宴の格やほかの列席者とのバランスがとれるようできるだけリサーチして色無地か付下げか決めてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報