丸山真男の思想について教えてくださ。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

丸山真男の思想については下記のページに書かれています。



参考URL:http://www.iwanami.co.jp/shiso/0888/kotoba.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丸山真男について教えていただきありがとうございました。レポートを書かなければいけなかったので助かりました。他の資料も使ってがんばりたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/10 18:12

レポートだったのね。

でしたら簡単に。

 1.『丸山眞男集』(岩波書店)が図書館にあります。全著作と年表つきで、参考になります。
 2.『丸山眞男講義録』が東京大学出版会から出ています。貴重な資料です。
 3.代表作は『日本の思想』(岩波新書)でしょう。
 4.ちなみに、彼は自分の研究を「丸山政治学」と呼ばれることを嫌っていました。

 何かあれば補足をお願いします。
    • good
    • 0

 政治学を学ぶ人に必読書といわれているのは「現代政治の思想と行動」(未来社)です。

抽象的な言葉が多く読みづらい文章ですが丸山真男の思想が詰まっているといえると思います。
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の成書があるようです(内容未確認!)。


---------------------
1.司馬遼太郎と丸山真男/中島誠/現代書館/1998.2 
2.丸山真男を読む/情況出版編集部/情況出版/1997.12 
3.丸山真男の世界/「みすず」編集部/みすず書房/1997.3 
4.南原繁と長谷川如是閑/A.E.バーシェイ[他]/ミネルヴァ書房/1995.12 
5.近世思想史研究の現在/衣笠安喜/思文閣出版/1995.4 
6.戦後日本の知識人/都築勉/世織書房/1995.17.
8.変革の立場と傍観者の論理/土井洋彦/新日本出版社/1994.10 
9.日本文化のかくれた形/武田清子/岩波書店/1991.10 
10.丸山真男著作ノート/今井寿一郎/現代の理論社/1987.3 
11.近代日本思想大系/4/筑摩書房/1987.3 
--------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの参考文献を教えていただきありがとうございました。この文献を使ってレポートを書きたいと思います。がんばります。ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/10 18:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q丸山真男について

丸山真男の思想について教えてくださ。お願いします。

Aベストアンサー

丸山真男の思想については下記のページに書かれています。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/shiso/0888/kotoba.html

Qトランプ氏 日本関係がきしむ可能性があるらしいとききました。 そのニュースについて詳しく教えてくださ

トランプ氏
日本関係がきしむ可能性があるらしいとききました。
そのニュースについて詳しく教えてください。
あと、なぜきしむ可能性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

なぜきしむ可能性があるのでしょうか?
  ↑
日本が国防をただ乗りしている、と
主張しているからです。
だから在日米軍の負担費用を増やせ、それが
出来ないなら引き上げる、としています。

現在、日本の負担率は、諸外国が50%ぐらい
なのに対して70%を負担していますから、
全額負担してもたいしたことはありません。

だから、負担増に応じる可能性が高いです。

しかし、それがイヤだ、出て行くなら出て行け
ということになれば、日本は米国から距離をとる
ことになります。

日本が米国追随なのは、国防を米国に委ねている
からです。
それが無くなれば、日本は追随する必要性が
なくなります。

だから日米関係がきしむ、と言われているのです。

Q丸山真男の政治学について

今度、丸山真男について勉強することになったので、彼の政治学の思想の特徴を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは

参考URLにWikipediaの丸山眞男へのリンクを設定しました。

gooのこのサイト、全角800文字以内で回答しなければならないのでしょう?

試験で、「丸山眞男の政治学の思想を800字以内で説明せよ」と出題されたと連想すると、今晩うなされそうなので、これにてご容赦ください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E7%9C%9F%E7%94%B7

Q「たけしのテレビタックル」の偏向ぶりについて教えてくださ

たけしのテレビタックルを見て、偏向的な番組になったなと思いました。私は無等派ですがこのような番組を見ると、さいきん、右派傾向の番組が増えたなと感じています。一番不思議なのはハマコー(浜田幸一)という人物がなぜデカイ言動で教祖のようなふるまいでいられるのかわかりませんね。
あんな人間が番組の教祖のように君臨すれば、一方的な番組になるんでしょうね。番組の裏に何があるのか教えてください。

Aベストアンサー

他の方も回答されてるとおり、所詮「バラエティー番組」ですから。
まぁ、こういった番組は一歩引いてお笑い芸人が一発芸やるバラエティーと同じような感覚で見ることでしょうね。(視聴者は)
政治討論番組である程度信頼できるのは、NHKの「日曜討論」位ですかね。
「朝生」も「TV局が出したい人だけ出してる」って感じですしね。

個人的には、「政治バラエティー」とか言うのが増えた点が気になりますね。
国民・視聴者の政治意識が高まったというなら喜ぶべき点ですが。
これら「政治バラエティー」が、まともな「政治番組」と言える位に成熟するための過渡期だと期待したいんですけどね~。
・・・・無理か。

参考に、「ごもっとも!」と思うブログから少し引用を

====引用====
民放テレビの政治報道の問題点といえば、ワイドショーにスポットが当たっているが、さらに問題なのは「政治バラエティー」ともいえる番組である。現役の国会議員や元国会議員、政治評論家などが出演し、実際の政治課題を扱うから、まじめな「政治討論番組」と誤解したり、勘違いしている視聴者も少なくないのではないか。しかし、番組では国会議員が発言中、お笑いタレントが、茶々を入れたり、政治評論家が突然、大声で怒鳴り出したりするシーンが毎回のようにある。政治を題材に面白可笑しく、自由に放談、「ドタバタ劇」が繰り返されているに過ぎない。政治を茶化しているとしか思えない。
 こうした番組は「政治を身近にした」というプラス面があるにせよ、正しくない情報や誤った認識を視聴者に植えつけているという意味ではマイナス面が大きい。
http://tatsumi1123kana.way-nifty.com/naigai/2007/10/post_8aa8.html

====以上===
あと、関連Q&A
http://okwave.jp/qa3593042.html

他の方も回答されてるとおり、所詮「バラエティー番組」ですから。
まぁ、こういった番組は一歩引いてお笑い芸人が一発芸やるバラエティーと同じような感覚で見ることでしょうね。(視聴者は)
政治討論番組である程度信頼できるのは、NHKの「日曜討論」位ですかね。
「朝生」も「TV局が出したい人だけ出してる」って感じですしね。

個人的には、「政治バラエティー」とか言うのが増えた点が気になりますね。
国民・視聴者の政治意識が高まったというなら喜ぶべき点ですが。
これら「政治バラエティー」が...続きを読む

Q日本政治思想史(丸山真男)

丸山真男の日本政治思想史で面白いトピックやお奨めできる本の名前を教えてください。日本政治思想史以外のトピックでも構いません。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

「日本の思想」(岩波文庫)
難解な丸山の著書のなかでも比較的すいすい読める稀有なもの。

Q石原元知事は都議会の参考人招致の前に、何故記者会見を行おうとしてるのですか? その意図を教えてくださ

石原元知事は都議会の参考人招致の前に、何故記者会見を行おうとしてるのですか?
その意図を教えてください。

Aベストアンサー

悪あがき。

Q過近代的って?

こんにちは。現役学生です。
早速質問なのですが、授業で丸山真男氏の
『「である」ことと「する」こと』をしています。

そこで、先生に「非近代的」と「過近代的」の違いを説明するように
言われました。「非近代的」は近代的でないという意味だとすぐに分かるのですが、「過近代的」がよく分かりません。

分かる方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

丸山真男は『「である」ことと「する」こと』で

「である」ことに基づく血族関係や人種団体や価値判断の仕方→非近代的

「自由に認識し判断したいと努力する」や「民主主義が民主主義という制度の自己目的化を不断に警戒し監視し批判すること、つまり民主化する」→近代社会では重要

としてるのですよね?

その上で、

『ある面では非近代的に「である」価値が居残り、他の面では過近代的に「する」価値が行き過ぎている現代日本の問題を反省する手がかりにもなる。』

と書いているのですから、過度に近代的という意味で使っているのでしょう。

Q公明党以外で、創価学会と関わりのある政治家を知っている方は教えてくださ

公明党以外で、創価学会と関わりのある政治家を知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

公明党だけが目立っているだけで宗教法人と関わりのない政治家はいませんよo(^-^)o

Q和の精神がファシズムを生むのか

 ▼ 池田信夫:日本的ファシズムを生んだ「和」の精神
  http://blogos.com/article/93215/  (2014年08月27日 )
 ☆ を読みました。
 次の論点をめぐって ひとつの解釈をこころみますので 当否についてご教授ください。


 ( a-1 ) ▲ (丸山真男:政治の本質は暴力だ) ~~~~~~~
 政治という領域は、極限状態においては殺すということを予想しているわけです。

 大部分の政治はそれなんだ。暴力的対立を前提にしてるんです。[…]

 紛争それ自体を悪いことだとする考え方が、日本人の国民性かというと、もともとそうじゃないんですよ。むしろ、こっちのほうこそ、幕藩制から明治天皇に至る間にできた負の遺産なんです。
    (丸山真男:自由について 七つの問答)

 ( a-2 ) ▲ (丸山:「和」の名において、実は強制が・・・)~~~~
 日本は非常に危険な国です。

 「和」の名において、実は強制が行なわれる。そういう危険のほうが、より大きいと僕は思うんだ。

 だから、まず「紛争」というのを間に置けば、その点は大丈夫なわけです。

 そうではなく、「統合」から出発しちゃうと、紛争それ自体がいけないんだという、幕藩体制から儒教なんかが大いに要請した秩序本位の考え方のほうに行っちゃう。
     (同上)
 
 ( b ) ▼ (池田信夫:和の精神が日本的ファシズムを生むのか)~~
 ここで彼(丸山)が日本の失敗の原因として指摘しているのは天皇制ではなく、江戸時代以降の平和主義である。

 戦後の「革新陣営」は戦争の原因が軍隊だと考えて軍隊をなくす新憲法を理想化したが、それは問題を逆にみている。

 軍隊の暴走をもたらしたのは、このような「和」の精神なのだ。それは「古層」ではなく、もっと新しい層でつくられたもので、これからも再生産される可能性がある。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 ☆ 《和の精神》が わるいわけがない。

 それは・つまりわるいようにはたらくのは 上からする・つまりお二階からおこなう和の――強要とは言わず――醸成ではないか?

 つまり 《和を以って貴しと為し さからうこと無きを旨とせよ》なる《憲法》が いけない。

 これは おれたちが権力をにぎった。文句あっか? という顔つきでのたまわっている。

 単純な問題だとして解釈しましたが 自由なご見解をお寄せください。


 つまり 一階では けんかが絶えないほど 互いに仲良く和をとうとんでいる。のではないか?

 ▼ 池田信夫:日本的ファシズムを生んだ「和」の精神
  http://blogos.com/article/93215/  (2014年08月27日 )
 ☆ を読みました。
 次の論点をめぐって ひとつの解釈をこころみますので 当否についてご教授ください。


 ( a-1 ) ▲ (丸山真男:政治の本質は暴力だ) ~~~~~~~
 政治という領域は、極限状態においては殺すということを予想しているわけです。

 大部分の政治はそれなんだ。暴力的対立を前提にしてるんです。[…]

 紛争それ自体を悪いことだとする考え方が、日本人の国...続きを読む

Aベストアンサー

No.8.です。

丁寧なお礼の言葉を戴き、恐縮です。

貴兄のご質問に、私なりにお答えしなければいけないと思い、再投稿いたします。

<ということは 山の中にでも隠れて独りひっそりと暮らすということでしょうか? それとも ファシストらに対して 果敢に挑戦をいどみますか?>

<もうひとつは 自分の考えを持ちつつも 世の中の大きな流れには抗いきれない場合で そのときには そのファシズムなる動きや流れに 付き従う振りをする。という行き方があります。>

→それこそ、その人の心のあり方(大勢の意見に囚われず己の正しいと信じた道を貫き通すかどうか)の問題だと思います。
現に、ヒトラー治下のドイツでも、心ある市民は、例えば実話を元にした映画「白バラの祈り」に出てくる女性、ゾフィー・ショルのように、ファシストらに対して果敢に挑戦をいどんだ人達もいたのです。
もし、こういう人が多数を占めていたら、事態は違った方向に行っていたと思います。でも、これも、「歴史」のなせる業だったのかも知れないと思う気持ちもありますが、・・・。

また、《和の精神》がファシストを生むのだとしたら、ムッソリーニ時代のイタリアやヒトラー時代のドイツの人々は、《和の精神》を大切にする人達ばかりだったのでしょうか?
そうとは思えません。 ああ言う政権が生まれたのは、第一次大戦の結果の巨額の戦時賠償金のせいでこうむった貧困や列強各国からの圧力を撥ね退けるために必要があると思ったから、そういう政権を支持したのであって、《和の精神》があったからファシスト政権を作ったのだ、とは思えません。
また、ファシスト政権と呼んで良いかどうか分かりませんが、現在の北朝鮮や中国などは、どうでしょうか?《和の精神》が現在の政権を生んだとはとても思えません。
 と言うことは、「《和の精神》がファシストを生む」というのは違うと、私は思います。(しかし、私のこの論理は、もしかして、「逆は必ずしも真ならず」という論理学の鉄則を無視した論理構成かも知れませんね。)

失礼致しました。

議論は、これで終わりにしたいと思います。
あしからず。

No.8.です。

丁寧なお礼の言葉を戴き、恐縮です。

貴兄のご質問に、私なりにお答えしなければいけないと思い、再投稿いたします。

<ということは 山の中にでも隠れて独りひっそりと暮らすということでしょうか? それとも ファシストらに対して 果敢に挑戦をいどみますか?>

<もうひとつは 自分の考えを持ちつつも 世の中の大きな流れには抗いきれない場合で そのときには そのファシズムなる動きや流れに 付き従う振りをする。という行き方があります。>

→それこそ、その人の心のあり方(大勢...続きを読む

Q政治思想>>現代政治思想

1.新左翼(New-Left)と新右翼(New-Right)の相違点等を教えて下さい。

2.「小さな政府」を目指すという点では新自由主義(Neo-Liberalism)も新保守主義(Neo-Conservative)も共通の政治目標を掲げているのですか?日英米等の政党・政治家に例えていただけると幸いです。

3.一昔前より聞かれ始めた「小さくても強い政府」というのはどのような政治理念なの教えて下さい。「小さな政府(≒夜警国家)」との相違点は何でしょうか?

Aベストアンサー

この前は1だけ回答しましたので、残りを。

2.について
以前は「新自由主義(ネオ・リベラリズム)」と「新保守主義」は、イギリスのサッチャリズムやアメリカのレーガノミクスをさす、という意味では同じ意味で使われることが多く、「自由経済と強い国家」(A・ギャンブル)という端的な表現がされることもありました。一方で市場の規制緩和を行い被用者や弱者の保護のための社会的規制を弱めたり、福祉施策を削るなどして高所得者や企業の負担を軽減したりして、市場原理に任せるという政策をとって企業活動の活性化をはかります。この面を強調するときには「新自由主義」を用いることが多いです。他方で、軍備を拡大し、警察力を強化して、物理的強制力を伴う「夜警国家」の分野では国家機能を高め、価値観のレベルでも「国家」「共同体」「家族」といった伝統的な紐帯を強調します。この面に焦点をあてる場合には「新保守主義」を用いることが多いです。日本でいうと、両方を体現したのは中曽根康弘氏です。現在の小泉政権も、「構造改革」で新自由主義を、有事法制の整備やイラク派兵などで新保守主義を、と両方を追求しているといっていいと思います。
新自由主義と新保守主義を区別するのならば、大雑把に言って、イギリスのブレア政権は、新自由主義だが、新保守主義ではない、ということは可能かもしれませんが、ブレア政権も「夜警国家」機能の強化は進めているので、微妙なところです。日本の民主党の政策の基調はブレア路線と似ているといわれることもあります。
しかし、イラク戦争の直前から、ジャーナリズム分野で、ブッシュ政権内の超タカ派をさして「ネオコン(新保守主義者)」という表現が使われることが多くなり、現在ではこちらの意味で「新保守主義」が使われることが多いと思います。この場合は、「自由」「民主主義」「市場」といったアメリカ的な価値観(同じ言葉を使ってもヨーロッパ的なものとはだいぶ意味が違う特殊アメリカ的価値観が特徴)を普遍的なものとし、それを発展途上国に力で押し付けることを善とする思潮や勢力をいいます。

3.について
現在でも、政治的スローガンとしては「小さな政府」を用いることが多くて、僕個人の印象としては「小さくても強い政府」というのはあまり聞いたことがないような気がするのですが、「小さな政府」には抜けている「強い政府」を強調するのに使う言葉でしょうけど、新自由主義による社会秩序や社会規範の拘束力の弱体化を憂う傾向に対処しようとするものです。「小さくても強い政府」は、新自由主義・新保守主義政策を主張するときのスローガンであるといえます。市場原理のかく乱作用や、金融不安などの市場原理そのものが破局に至る可能性があるときには政府が介入して強権で市場を維持するのが新自由主義ですから、そういうとらえ方では別物ではありませんが、スローガンとして「強い政府」をいうときには、そういう狭い意味での経済に限定されず、むしろ治安維持の強化や対外強硬策をイメージしている場合が多いと言えます。厳密には、市場中心主義を意味する「小さな政府」と国家主義を意味する「強い政府」は論理的には矛盾します。現に、アメリカではあらゆる政府機能を最小限に縮小すべきだというリバータリアニズムが一定の影響力を持っています。
「夜警国家」という場合には、19世紀の英米の国家のあり方をさすのが普通です。いずれも、その「夜警」の分野では、徴兵制はなかったし、警察力も「政府」というよりは「コミュニティ」というべき地域社会の自治に基盤をおいていました。強大な軍事力はもっていましたが、それはもっぱら領土や植民地の拡大に用いられるもので、本国が戦場になることは例外的でした。経済秩序では、無数の小企業が林立する文字通りの自由競争が主流でした。
20世紀前半には、2度の世界大戦で総力戦が展開され、経済では少数の大企業が市場への支配力を強める寡占状態になります。また、市場原理が貧困や失業を解決しないことも政治的に問題となり、経済や社会への政府の介入を強めることになり、「大きな政府」の時代となりました。
戦後の高度経済成長が終わった1970年代後半から、原点回帰というニュアンスで「小さな政府」のスローガンによる新自由主義政策への支持が高まることになります。しかし、寡占状態が変化したわけではありませんので、市場原理重視は、同時に寡占企業への規制を弱めるということになるので、意味はだいぶ違うといわなければなりません。社会政策の縮小も、富者の負担による所得再分配に、富者が不満を募らせたことという要素が大きいといえます。
現在は、米英は徴兵制をとっていませんが、軍事力はハイテクによってだれもアメリカの敵たり得ないのは周知のことです。ベトナム戦争後の軍縮基調を変えたのが、レーガン政権でありサッチャー政権でした。

この前は1だけ回答しましたので、残りを。

2.について
以前は「新自由主義(ネオ・リベラリズム)」と「新保守主義」は、イギリスのサッチャリズムやアメリカのレーガノミクスをさす、という意味では同じ意味で使われることが多く、「自由経済と強い国家」(A・ギャンブル)という端的な表現がされることもありました。一方で市場の規制緩和を行い被用者や弱者の保護のための社会的規制を弱めたり、福祉施策を削るなどして高所得者や企業の負担を軽減したりして、市場原理に任せるという政策をとって企業活動...続きを読む


人気Q&Aランキング