ここ1年近くパタリロの新刊が出ていません。

私は連載は一切読まず単行本でのみの愛読おっさんです。
特に魔夜さんは好きで、単行本は多分すべて持っています。
なのにここ最近新刊がぱったりと止まってませんか?

どなたかその辺の事情がわかる方、
教えてくださいませ。

A 回答 (4件)

通常の・・・・32ページだとか、24ページだとかと違い、パタリロは、16ページ前後が多いようですので、他の方々のように、3、4ヶ月に、一冊とかは、難しいようです。



私も、魔夜峰央さん大好きなので、コミックス出ないね~と、首を長くしてました。

元々、一年以上前に雑誌で見たのが、一年後二年後に、コッミ収録というのも、珍しくないので。

ともあれ、下の方とはまた違う解答ですが、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

toganoyuaさん、明快かつ論理的な回答です。
大納得しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/15 22:15

まだ別冊花とゆめで連載なさってますよ?パタリロ西遊記はアニメ化しましたし

    • good
    • 0

おお、是非私とお友達になりましょう(^^


私も魔夜ワールドはほぼ全部持ってますよ

親ばかを読むと家族でバレエやってるらしいですね
ミーちゃんは忙しいのかもしれませんね
    • good
    • 0

5月にパタリロ! 80巻とパタリロ源氏物語!4巻が出ますよ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おととい白泉社のHPの新刊案内を見たときには
出ていなかったもので、ますます心配しておりました。

けど、結構間が開きましたねぇ・・・

お礼日時:2007/04/14 17:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名探偵コナン単行本とサンデー連載

コナンの単行本はサンデーの掲載後、どれくらいの期間をおいて発売されていますか?
いつも私は単行本を読むかアニメでコナンを見ています。特に黒の組織に関連する事件はDVDを借りたりしてチェックしてます。
世に出る順は、サンデー、単行本、アニメ ですよね?
たまたまウィキペディアのコナンの登場人物を読んでいたら、最後にアニメで見た黒の組織関連の回(水無レナが事故に遭い入院、で終わる話)から相当展開があったようです。
気になるので早速マンガ喫茶で単行本を読みたいと思うんですが、ウィキペディアを書かれた方が、サンデーを読んで書き込んだとしたら、まだ単行本化されてないこともありますよね?
<以下ネタバレを含みます。>
長々と書きましたが、ネタバレの上でお聞きしますと、つまり赤井秀一が殺された話は既に単行本化されているのでしょうか?が聞きたいのです。
赤井秀一の大ファンだったので、ショックで早く読みたいです!!
詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

私はサンデーを読んでないので、どれくらいの期間をおいて発売されるかはよく分かりません。

赤井秀一が撃たれたシーンは今月18日に発売された単行本59巻に載っています。私も早速買って読みました。私も赤井は大好きです。赤井は実は生きていると信じてます!

うまく文がまとまらずすいません。。

Q少年ジャンプ連載BLEACHの単行本に

BLEACHの単行本を買おうと思うのですが、お金がないので好きな日番谷隊長が出る巻だけ先に買いたいです。
日番谷隊長が出る巻を全て教えて下さい。
おまけページのみでも良いです。

Aベストアンサー

10 12 13 15 16 17 19 20 22 23 24 25 26 27 32巻だと思います
パラパラめくっていったので抜けているかもしれません
あとは「The Sealed Sword Frenzy」ですね
オフィシャルアニメブック オフィシャルキャラクターブック
劇場版もありますよ

Q月刊漫画連載誌の単行本発売について

お聞きしたいのは、タイトルにもあるとおり、月刊連載の漫画誌に乗っている単行本の発売についてです。
週間連載のジャンプに載っている漫画「ワンピース」は、週に一話のペースで描かれているので、単行本に載せる分はすぐに埋まりますが
例えば月刊連載のコロコロコミックに載っている漫画では、月に一話のペースで描かれていますよね?
こういう場合、週間連載の漫画と月刊連載の漫画の単行本では大きく差が出るんじゃないでしょうか?
仮に単行本一冊に十話載るのだとしたら、単純計算で十ヶ月、約一年かかりますよね。
流石にそれはないでしょうが、やはり漫画ごとに発売のペース等あるのでしょうか。
もしあるのだとしたら、そのような情報が載せられているサイトがあれば、教えて欲しいです。
長文すみませんでした。
回答受け付けております。

Aベストアンサー

もちろん例外はありますが...

週刊誌の1話は約20ページ、休刊の週があり年45話で900ページ
9,10話で単行本1冊なのでほぼ5冊分

月刊誌の1話は約35ページ、年12話で420ページ
6,7話で単行本1冊なのでほぼ2冊分

Q単行本(リアルな本)では発売されているのに、Kindle上では販売されていない作品がある理由

単行本(リアルな本)では発売されているのに、Kindle上では販売されていない作品があります。

以前は、単行本とKindle上の電子書籍が同時販売されていたと思います。
出版社が電子書籍を販売せず、単行本だけで販売するのは何か理由があるからですか?

出版社のメリットとしては以下が思いつきます。
・単行本で売ったほうが利益率が高い。
・Amazonの独走を阻止したい。

また、著作者がKindle上での販売を希望しないということも考えられますが、
個人的には、それは出版社からの圧力によって言わされているのでは?と思います。

消費者としてはKindle上で購入できたほうが、時間的・金銭的コストもかからない、
また本がかさばらないので非常に便利なのですが。。

Aベストアンサー

電子書籍用のデータを作成するのは出版社側です。
そして電子書籍用データを作成するのにも時間とお金がかかります。
売れない本に更にコストを払ってまで電子書籍化するよりは単行本だけで売る方がリスクが少ないからではないでしょうか?
現状の電子書籍は原稿→製本用のデータ→電子書籍用データに直しているので余計な手間がかかるのです。
(原稿→電子書籍用データになればいいんですけどね)

補足の内容は「最新刊の4巻は電子書籍にしかない」ではなく「最新刊の4巻は紙の書籍にしかない」の間違いでしょうか?
それでしたら1~3巻の売り上げが芳しくなかったので4巻の電子書籍化は後回しになっている可能性があります。
(もしくはもっと売り上げが見込めそうな本が別にあるか)
出版社が扱う本は大量にありますから、より売れそうな本から電子書籍化するのは当然と言えます。

個人的には売れない本ほど、電子書籍化した方がメリットあると思うんですけどね。

Qここ1~2年で連載の始まった漫画でこれは面白いという

ここ1~2年で連載の始まった漫画でこれは面白いという漫画を教えてください。

ジャンルや年代問いません。
もしくは、インターネット上の個人のものでも構いません、教えてください。

Aベストアンサー

どーも。cgy02110――名前の由来は、昔使ってたプロバイダーのユーザーID――と申します。


こうして漫画を人さまにご紹介させていただくのは、本当に久しぶりになりますね。「好みの違う質問者さまに自分の好きな漫画を押し付けるのは、たんなる我が侭(わがまま)なんじゃ? 私って、人さまに漫画を紹介できるほど、立派な人間なんだろうか?」と悩んでいたので(笑) なお、回答を短めにするために、あらすじの紹介などは省略いたしました。ですので、参考URLなども併せてご覧ください。

●『結界師』――田辺イエロウ(著)、週刊少年サンデー
 http://websunday.net/rensai/set_kekkai.html
 http://websunday.net/rensai/read/kekkai/page01.html
ネット上では「地味だ」と言われてますが…。どこまでもどこまでも論理的な展開が大好きなんですよ(私の書く文章の一部は、田辺先生の影響を受けてます) それから、いわゆる「少年漫画的なストーリー~男ヒーローが女ヒロインを守ってやる的な展開~」に牙を向けてるようなところがあって。「萌え」全盛のこの世において、だからこそヒネクれてくれる田辺先生の心意気に感動(笑)

●『さよなら絶望先生』――久米田 康治(著)、週刊少年マガジン
 http://uten.sunnyday.jp/index1.htm
 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1247722
『かってに改蔵』(週刊少年サンデー)で有名な久米田先生の、マガジンデビュー作。でも、まだ毒が薄いというか、マガジン読者と編集部に気を使いすぎてるというか…。股裂け人形も血も羽美ちゃんも出てこないし(笑) あと、和服と背景(とくにカラー原稿)が美しくて、パソコンで原稿を描いてる久米田先生。

●『ハヤテのごとく!』――畑 健二郎(著)、週刊少年サンデー
 http://websunday.net/rensai/set_hayate.html
 http://websunday.net/rensai/read/hayate/page01.html
 http://websunday.net/backstage/hata.html
6番さまに書かれまくってるよ(笑) 書くことがなくなっちゃったなぁ…。え~と、久米田先生の元アシスタントさん。それから、カラー原稿もやっぱり綺麗。『サンデー公式ホームページ』では、久米田師匠と同じく毎週コラムを書きまくり。顔描くのが抜群にヘタだった読切のころから、『ハヤテ』は将来的に飛躍するだろうと予想してました。でも、『OKWeb(教えて! goo)』でこの漫画を紹介したのは、今回が初めてだなぁ。

●『スクールランブル』――小林 尽(著)、週刊少年マガジン
 http://www.school-rumble.net/
 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=636477
 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1229167(←『スクラン』好きの人は読まないで(笑))
ギャグ系なラブコメ? とくに、心理描写が綺麗でした…。今の『スクラン』は私には好きになれませんが、4巻までは心奪われるほどに好きでした。なお、一番最初に『OKWeb(教えて! goo)』で『スクラン』を紹介したのは、実は私(笑)

参考URL:http://websunday.net/,http://www.shonenmagazine.com/

どーも。cgy02110――名前の由来は、昔使ってたプロバイダーのユーザーID――と申します。


こうして漫画を人さまにご紹介させていただくのは、本当に久しぶりになりますね。「好みの違う質問者さまに自分の好きな漫画を押し付けるのは、たんなる我が侭(わがまま)なんじゃ? 私って、人さまに漫画を紹介できるほど、立派な人間なんだろうか?」と悩んでいたので(笑) なお、回答を短めにするために、あらすじの紹介などは省略いたしました。ですので、参考URLなども併せてご覧ください。

●『結界師』――...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報