アニメ『勇者警察ジェイデッカー』みたいな人とロボットの心の触れ合い、ロボットが感情を持ってしまったが故の苦悩や悲しみや葛藤を描いたもしくはそれをテーマにした話を探しています。「ドラえもん」みたいな作品は不可です。「アイアンジャイアント」も不可

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

『わたしはロボット』アイザック・アシモフ(著)


 信仰を持ったロボットの出現に、人間が困惑する小説です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4488604064

『火の鳥 復活編』手塚治虫(著)
 人の心とロボットの体が融合して生まれた「ロビタ」の苦悩を描いた作品です。
http://ja-f.tezuka.co.jp/manga/sakuhin/m079/m079 …

マイナーだけど…
『Toyboyバグジ』全2巻 こやま基夫(著)
 機械仕掛けの惑星で、少女を守るロボットが感情を手に入れる物語です。
http://www.dengekiya.com/ditails.asp?prdid=A0310 …
    • good
    • 0

シザーハンズという映画、ジョニー・デップの。

良かったですよ。
ちょっと泣けました。
    • good
    • 0

ロボットじゃないのですが、他の方もアンドロイド物をあげてらっしゃるので…



■神林長平『膚の下(はだえのした)』
主人公は有機アンドロイドで膚の下には血も流れていますがそれでも人間ではない自分の存在に悩みます。
他にロボットも出てきます。
人間-アンドロイド-ロボットの思考の相違・対立なども描かれています。

あと、漫画ですが鉄腕アトムを原作にした
■浦沢直樹『PLUTO』
がおもしろいです。まだ完結していませんが。
こちらはアトムですからロボットですね。
    • good
    • 0

 長谷川裕一さんの「クロノアイズ」を。

作品のメインテーマではないですが、重要なエピソードの一つとして「人造人間との関わり合い」が描かれます。
    • good
    • 0

原作版の「人造人間キカイダー」ほどうでしょうか?

    • good
    • 0

恋するAI探偵というのがあります


ロボットではないので NGでしょうか

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31567445
    • good
    • 0

タニス・リーの「銀色の恋人」


ハヤカワ文庫です。
今月続編の邦訳が出るというので楽しみにしています。
    • good
    • 0

山本弘「アイの物語」角川書店(ISBN-10: 4048736213) をお勧めします。



大変感動的な小説で、読んでいて思わず目頭が熱くなりました。背骨となる科学的考証もしっかりしており、文章も読みやすいと思います。
-----------------------
出版社/著者からの内容紹介:
『神は沈黙せず』の著者がつむぐ“機械とヒトの千夜一夜物語”。
数百年後の未来、機械に支配された地上で出会ったひとりの青年と美しきアンドロイド。機械を憎む青年にアンドロイドが囁く、「物語から、この美しい世界は生まれたのよ」と。彼女が語り始めた、世界の本当の姿とは?
-----------------------

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%81 …
    • good
    • 0

ネットで公開されている短篇ですが、


http://mclover.net/Novels.htm

「ロピ」と「雨の日の哲学」などいかがでしょう?

それぞれ5~10分程度で読めると思います。
    • good
    • 1

あまりシリアスではありませんが、


小坂理絵さんの『とんでもナイト』がちょっとそんな感じでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不倫における葛藤の心理を描いた本

タイトル通りの本を探しています。
(出来れば日本の小説がいいのですが、外国のものでも構いません)

あっけらかんと不倫に走るのではなく、配偶者への裏切りと相手への愛との狭間で苦しむ主人公(女性)の心の葛藤を詳しく描写しているものを探しています。

出来ればある程度年のいった男女の心の機微を描いているものがいいのですが・・・

ご紹介いただき、読後感を教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

泉鏡花の短編「外科室」
原田康子の長編「聖母の鏡」なんかがおもしろかったです。

Q思春期の葛藤を描いた小説

以下のような小説を教えてください。

・主人公は浪人生や大学生くらいの年齢が望ましい。(大人・老人でも問題ないです。)
・主人公が、自分の思うように人生がいってなくて悩んでいたりふてくされているようなもの。(つまり順風満帆な物語でなく、混沌からいかに悩み、いかにそこから抜け出したかという経緯が描かれているもの。)
・人間くさいもの。
・恋愛ものは苦手。青春臭いものは苦手。
・できれば読んでいて教養が得られるもの。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

松村栄子『雨にもまけず粗茶一服』はどうでしょうか?
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4838714491.html
文庫版も出ています。

Q司馬遼太郎をよみたい

浅田次郎の「壬生義士伝」を読んで幕末頃の小説にはまりました。
そこで、かなりおすすめ度が高い司馬遼太郎の「竜馬がゆく」「燃えよ剣」を読みましたが、途中で挫折しました。

文章が読み辛く、物語に入り込めません。
たとえば話の途中で、この後に誰は何を決意するきっかけになる。と急に入られたり、解説みたいな説明をする文章が苦手で読めませんでした。
司馬さんがお好きな人にうかがいますが、どうすれば読破できますか。
たくさんの方が面白いとおっしゃる本なので是非読みたいのですが、途中で嫌になってしまいます。
なにかアドバイスがありましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確かに司馬遼太郎さんの小説はテンポが遅くてリズム感が有りませんね。たぶんいずれの小説も新聞の連載小説として書かれたて何年もかけて連載されていたのせその様な感じを受けると思います。同じ題材で多くの方が書かれているので自分のテンポに合った作家の作品を読んでみて、また司馬作品を読めば面白く読めるとおもいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報