『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

まだ始めたばかりの初心者なのですが
Gコードを中・薬・小で弾いているのですが
どうしても中指で5弦をミュートしてしまいます・・・
どのようにすればミュートせずにできるのでしょうか?
コツなどありましたら教えてください
よろしくお願いします

A 回答 (6件)

隣の弦に指があたってミュートがかかってしまうことについては、単純に指が不必要に寝てしまっていると捉えるのが良いでしょう。

対策としては、指先を立てるように意識して手のバランスを整えることが解決につながると思います。

指が寝てしまうことが問題になる場合、大抵は指先に対してその指の付け根が遠くにあったり、あるいは指の付け根がフィンガーボードよりも沈み込んでいることなどが原因になっていると思います。いずれにしても、指全体のバランスを見た時に、指が寝る方向に向かう原因があるはずです。それを解消するように意識して練習するのが良いでしょう。
指を立てて弦に入れる上では、指の付け根の位置を指を立てやすい位置にもっていくのが妥当です。寝てしまう指があるとしたら、その指の付け根の位置に着目し、できるだけフィンガーボード表面を基準により上空側に付け根が出、かつ押えるポジションに寄せるように意識することをお勧めします。中指で4弦をミュートしてしまうのであれば、中指の付け根が遠くに行ってしまっていないか注意するのが良いでしょう。
指の付け根の位置については、ギターを構えてネックを見下ろした時に、フィンガーボードの向こうに指の付け根が見えている状態を意識して見るのが良いと思います。見下ろしたときにフィンガーボードの向こうに指の付け根が見えないときは、指の付け根が沈み込みすぎです。
なお、もし親指をネックの縁に引っ掛けるシェイクハンドグリップでやっている場合、指の長さによってはそれが支障になる可能性もあります。この場合は、ネック裏の中心線上に指先を置くクラシックグリップで試してみると良いでしょう。

あるいは、ギターの構え方自体を見直してみるのも効果的かも知れません。ギターを構えた時に、ヘッドが低い位置に行き、ネックが水平に近い角度になっていたりはしないでしょうか。もしそうしたことに思い当たるとしたら、弦を押えに行く手は手首の返しがきつく、指先の扱いもシビアになると思います。思い当たる点があるとしたら、ギターの構え方を見直してみると良いでしょう。この場合は、ヘッドの高さが肩くらいの高さになるように、ネックを持ち上げてみることをお勧めします。そうすると、自然とネックに向かう手首の角度がゆるくなり、指先の扱いも楽になるはずです。指が寝てしまうような状態に関しても、案外こうした構え方を変えることで解消できるかも知れません。
蛇足ながら、ギターの構え方や指先のバランスなどに関しては、脇を閉めることにこだわったりすることはあまりお勧めしません。基本的に手先のバランスを取る上で脇を締める必要はまったくありませんし、それで指先が引っ張られてバランスが取れなくなれば本末転倒です。それを防ぐために肩を入れるなどは窮屈な姿勢を招くでしょう。必要なのは、手首を楽な状態にしてネックに向かわせることと、指先の自由度を確保することだと思います。肘の位置を脇に寄せることは、あまり重要ではないでしょう。肩肘に力を入れずに、リラックスした状態でフォームを整えるほうが、有利な点が多いとも思います。

また弦を押さえる上では、指先を突き出して弦をフレットに押し付ける感覚ではなく、指先を手のひらの方に握こむようにひきつける感覚で弦を巻き込むことを意識してみるのも良いでしょう。指を突き出して押えようとする場合、指を伸ばす力で弦を押そうとしがちです。指先を握りこむような具合を意識して指を扱う場合、指は内側に曲げ込まれるような形になり、フォームの整え方さえ間違っていなければ弦を押える時に指先はネックに対して立つ形で着地するのが自然だと思います。その加減を意識してみると良いでしょう。力加減のコントロールについても、そちらの方が扱いやすいと思います。
それ以外としては、指先を置く位置を加減して微調整してみるなども良いかも知れません、5弦を押える中指が4弦に触れて困るというのであれば、中指を少し6弦側に押し込んで弦と触れる位置を指先から移動させ4弦に触れないようにするなども手ではあります(6弦は3fで薬指に押えられていますので、2fの位置で中指が6弦に触れてしまったとしても問題にはなりません)。
あるいは、爪を思い切って短く整える必要もあるかも知れません。ギターなど弦楽器では、弦を押える側の手の爪は全般に一般人と比べて深爪になる傾向があります。楽器を扱う上で支障なく指を動かす上では、そうせざるを得ないところがあるためです。爪が支障になる感覚があるのであれば、できるだけ爪を短く整えることも考えてみる必要があるでしょう。

いずれにしても、とにかく指先を立てて弦に向かわせるにはどうしたら良いのかを、合理的に考えて対処を考えることをお勧めします。指先から手首あたりまでのバランスをネックや押えるポジションとの位置関係なども含めて整えるように意識してみると良いでしょう。

参考になれば。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

様々な意見ありがとうございました
みなさんの意見を参考しにして頑張っていこうと思います!
いろんな意見ありがとうございました!

お礼日時:2007/06/04 21:24

5弦はミュートしてもノープロです。


何故ならオープンGの場合、プロは小指で1弦、薬指で6弦を押さえるからです。
この場合、どのみち5弦は鳴りませんので。。。
    • good
    • 0

自分も人さし指(5弦)、中指(6弦)と薬指か小指で1弦という組み合わせをおすすめします。

手が小さいのなら薬指で1弦を弾く方が人さし指と中指を立てやすいかも知れないので楽かも知れません。
次のコードとの関係で中・薬・小の方がスムーズな場合もありますが、音がまともに出ない事には次のコードもへったくれもありませんから、まずはきれいに音が出る押え方を探りましょう。
    • good
    • 0

こんばんは。



薬指や小指が思い通りに動くようになるには少し年期が要ります。
楽しく頑張って練習して下さい。

弦に対して指頭は出来るだけ垂直に押さえる、というのが原則です。
しかしそれを意識しても十分な効果が得られません。

意識を指の頭にではなくて、「肘」に置きます。これがコツ。

1)ギターを構えたら(教則本をお持ちならその写真にあるように出来るだけ良い姿勢で楽器を構えるのが
先ですが)脇を締めて肘を脇腹に引き付けます。
2)その肘を10センチ(これは感覚で結構ですけど)先へ突き出します。肘と一緒に肩も入れます。
(肩を入れるって感覚で判りますか、肘と一緒に肩が付いて出るという感じですが肩は感覚的には4センチ
前へ出すという気持ち)
3)肘を突き出す分だけ手首と手の甲で出来る角度が付く結果、手のひらが自分の指で隠れて見えなくなります。
4)どうです?もう自然に指の頭は弦に対して垂直に近い角度で触っていませんか。そして親指は2弦か3弦あたりの真下に来ていませんか。

それで正解です。

初心者のうちは弦に触っている指ばかりに注意が行ってしまいますが、ギターは肘で弾くものだと
考え直して見てください。それできっと上手く行きますよ。
    • good
    • 1

中(5弦)・薬(6弦)・小(1弦)で押さえているんですよね?



人(5弦)・中(6弦)・小(1弦)での押さえ方も試してください。

また結構、ネック裏の「親指」がポイントかも知れませんね。
親指を1弦寄りや6弦寄り、ヘッド寄りボディー寄りなどに色々試してご自分のベストポジションを見つけてください。

多分、指が寝過ぎていると思いますので親指を1弦寄りにして手首を前に押し出す様な感じにして指板側に出ている指を立てるようにすれば
イイかも知れません。

頑張って下さいね。
    • good
    • 1

どの楽器のGだよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターに向いていない指?

ギターが全然上達しません。というのも指の形が変なんです。正確にいうと指を横から見た時、指先が鋭角の形をしていて爪よりも指先の肉が下がっている状態です。イメージ的には平らな指です。弦を押さえる時は爪から当たってしまうのでどうしても指が寝てしまいます。それにより隣りの弦がミュート状態になり、きれいな音が出ません。唯一薬指の指先だけが爪よりも上になっているので、薬指は問題ありません。他は全滅です。ギターが下手なのを指の形のせいにするのはただの言い訳みたいですが、長年の悩みです。よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

趣味で30年近くギターを弾いています。 電気なのかアコースティックなのかクラッシクなのか判断できませんが、必ずしも指先を弦に直角にあてフィンガーリングする必要はないと思います。 

練習あるのみです。 

爪は皮膚が変化したものなので練習次第で退化していきます。いずれ指先が平らになると思いますよ。

またコードワークも不思議なもので指の関節が柔らかくなってくると、例えばコードCを押さえるとき、初めは3フレットを人差し指でバレーして、5フレットで2弦3弦4弦をそれぞれ小指、薬指、中指で押さえていましたが、薬指の第一関節が外側(手の甲側)に曲がるようになり、薬指一本だけで5フレットの2弦3弦4弦を押さえられるようになりました。

私は手自体が小さく、ロックンロールでいうリフも苦労して弾いていましたが人差し指と小指が段々と大きく開くようになり今では問題なくなりました。

指が太すぎて苦労している人よりは早く上達するのではないでしょうか。自信を持って練習に励んで下さい。

QCコードすら弾けない

まだ練習し初めて一週間しか
経ってない超初心者の女です

教則本の通りに進めていこうと思い
Cコードを練習しているのですが
全然弾けません
文化祭などで一時的なバンドを組み発表したことが
何度かあるのですがギターを触ったことがない
という人でもCコードはすぐに弾けるようになっていました
Cコードが弾けないんだけど教えてと言っても
それすら弾けないの?みたいな雰囲気になり聞きづらいです(笑)

爪も白い皮のところまで切ってます
私と同じ握力の子でも弾けていたので
それはあまり関係なさそうですし
原因を見つけられません

ちなみに2弦がいつも鳴りません
他は色々形を気にしながら変えていくと鳴るのですが
2弦だけがポロッというような音になってしまいます

一度だけ綺麗に弾けたときは人差し指に振動が
伝わってきたのですがその感覚は間違っていますか?
Cコード弾けるようになりたいです

Aベストアンサー

自慢じゃありませんが、私はエレキギターを買ってから2~3週間一つもコードを押さえられませんでした(笑)
というか左手を押さえないでジャーンってやるのが楽しくて練習もしてませんでした・・・

まだ1週間位ならそんな焦る必要はありませんし、原因は「ギターへの慣れ不足」に尽きると思います。
弦を押さえる感覚や、ネックに対しての手の角度、綺麗にコードがなった時の感覚に慣れてくれば勝手に上達していくので、ちょっとCコードはお休みしてDコード等練習してみてはいかがでしょう?
Dコードできたなって思ったらまたCに戻ると何故か弾けたりする事があります。
D-A-G-EあたりができるようになったらCに戻ってみて再チャレンジしてみて下さい。

他の方もおっしゃってましたがギターには色んなコードがありますので、まず出来るコードから探してやっていきましょう。
練習がんばってください☆

Q【ギター】常に小指が立ってしまい、言うことをききません…><

【ギター】常に小指が立ってしまい、言うことをききません…><

初めまして。ギター(超)初心者です。
ややこしい話?になってしまうのですが、どうぞ宜しくお願い致します。

わたしの手の小指はもともと立ちやすいらしく、例えばコップを持つ時、PCのキーを打つ時、ピアノを弾く時など、使用していない時、特に力を入れてもいないのに、常に1本だけピョコンと立ってしまいます。それでも余り気にも留めずに来たのですが、最近ギターを始めた際に、ものすごく困ってしまうことに直面しました(´;ω;`)

もともと薬指は他の指に比べて自由度は低いと思うのですが、わたしはそれに加え、薬指の動きと同時に小指が必ずついて来てしまうのです。

例えば、C・G・Dなどは、中指・薬指のフォーム自体が同じなので、コード変更時には同時に移動させる練習をした方が良いそうなのですが、DからGに動く時、中指・薬指と同時に必ず小指まで6弦に向かってついてくる為、必ず1テンポ遅れて小指(1弦)を押さえる格好となってしまいます><
そこで、今度は逆に小指を先に1弦に置いて中指・薬指を6弦に向かわせる練習をしてみたのですが、今度は薬指の自由が全く効かず、コードを押さえることすら不可能になってしまいました…。

前者の方が、押さえやすいですが、小指がどうしても1テンポ遅れてしまうことが気になります。小指をついていかないようにガムテープなどで固定して練習などもしたのですが、テープを取るとやっぱりついて来ます…。しかも、変にチカラを加えてしまったせいか、ここ数週間、小指の筋がおかしくなってしまい思い切った練習もできず、行き詰ってしまいました…。

とても神経質な質問になってしまうのですが、
D→Gのコード変更時は、
●先に中指・薬指を6弦/5弦に着地させる
●まずは小指がもって行かれないように1弦を押さえ、中指・薬指を6弦方向へ持っていけるよう訓練する

今後のことを考えた際、上記どちらが効率的と言えるのでしょうか?
もしかしたらアタマデッカチになりすぎているのかも知れませんが、色々な筋を痛めすぎて、ナニがナンだか分からなくなってしまいました…(´;ω;`)

とりあえず今は、握力を鍛えるスプリング?みたいな物で、各指の強化鍛錬に加え、小指を他4本の指を一切曲げずに折り曲げる練習もしています。

ギターを弾かれる方、今回のコード変更の練習の件、また小指が薬指について来ないように?する為、何か効果的な訓練等をご存知でしたら、どうぞご指南の程、宜しくお願い致します><

長い文章を読んでいただき、本当にありがとうございます。

【ギター】常に小指が立ってしまい、言うことをききません…><

初めまして。ギター(超)初心者です。
ややこしい話?になってしまうのですが、どうぞ宜しくお願い致します。

わたしの手の小指はもともと立ちやすいらしく、例えばコップを持つ時、PCのキーを打つ時、ピアノを弾く時など、使用していない時、特に力を入れてもいないのに、常に1本だけピョコンと立ってしまいます。それでも余り気にも留めずに来たのですが、最近ギターを始めた際に、ものすごく困ってしまうことに直面しました(´;ω;`)

もともと...続きを読む

Aベストアンサー

小指を自由に動かす練習より、
小指を固定したまま薬指を自由に動かす練習の方が効果があると思います。

<練習方法>
1、6弦の5フレット~8フレットを4本の指で同時に押さえて下さい。
2、他の指は押さえたまま、人差指だけを5弦5フレットに移動させて下さい。
3、次にまた他の指は押さえたまま中指だけを5弦6フレットに移動させて下さい。
(人差指で5弦5フレット、中指で5弦6フレット、薬指で6弦7フレット、小指で6弦8フレットを
押さえている状態)
4、他の指は押さえたまま薬指を5弦7フレットに移動させて下さい。
ここが一番きついと思います。
こんな感じで他の指は押さえたまま、1本だけ指を移動させて1弦まで繰り返して往復させます。

あと
>小指を他4本の指を一切曲げずに折り曲げる練習もしています。
これはいい練習だと思います。他の指を曲げずに薬指を曲げる練習もしてみてください。

Q【ギター】第1弦がならない

例えばCコードを抑えるとき、人差し指は第二弦を抑えるわけなんですがどうしても第一弦に触れてしまって、一弦の音が全く鳴りません。
これは私だけでしょうか?
抑えかたに工夫なとばあるでしょうか。。

Aベストアンサー

こんにちは

いくつか要因があります!
1、ギターの構え方・・・指が見えるようにギターが寝ていませんか?
ギターが寝ていると当然指が1弦に触れ音がでにくいです。
初めは大変でも意識してギターは正しく構えましょう。
2、ギターのネックが細いと1弦に触れやすいです、ギターに多少問題があるかもしれません。しかしまったく音が出ないのは抑え方の問題ですから、誤解しないでくださいね。
3、弦高が高又は弦が太いかもしれません!弦高が高かったり太いと必要以上に力が要る為にどうしてもネックを握りたくなります。そのために1弦に触れてしまうそんな事も考えられます。これもなまったく音が出ないのは、抑え方の問題ですから、誤解しないでくださいね。

練習方法・・・とにかく正しく構えるここから始めましょう、ギターは正しく構えて下さい。指を見たい気持ちを抑えてくださいね。
その次は指の抑える場所が大切です。指にマジックで線を描き(指先に爪と平行に線を描)その線からなるべく外れないように練習して見て下さい。音が必ず出るようになるはずです。
試してみて下さいね!
初心者には誰でも経験のある事なので、頑張ってください。僕もそうでしたから、そう人がほとんどだと思います。
必ず上達します頑張ってね!

こんにちは

いくつか要因があります!
1、ギターの構え方・・・指が見えるようにギターが寝ていませんか?
ギターが寝ていると当然指が1弦に触れ音がでにくいです。
初めは大変でも意識してギターは正しく構えましょう。
2、ギターのネックが細いと1弦に触れやすいです、ギターに多少問題があるかもしれません。しかしまったく音が出ないのは抑え方の問題ですから、誤解しないでくださいね。
3、弦高が高又は弦が太いかもしれません!弦高が高かったり太いと必要以上に力が要る為にどうしてもネック...続きを読む

Qアコギ コード Cの6弦ミュートについて

私は手が小さくコードのCを抑えるときに6弦のミュートができません。

正確には親指で6弦をミュートはできるのですが
そうすると弊害として
中指、薬指の付け根が1弦に当たってしまいミュートされてしまいます。

1弦の音が消えてしまうくらいなら6弦ミュートしない音の方がいいかなと
放っておいたのですが何か良い方法、押さえ方はないでしょうか?

先輩方お知恵をおかしください!

Aベストアンサー

おそらく手が小さいからではなく、よく言われることですが、左手の弦を押さえてる指がしっかり立っていない(寝てしまっている)からだと思います。
Cメジャーコードをアコギで弾く場合でも親指でミュートする方が多い気がします。
そして確かにCメジャーコードの構成音上は6弦の音が入っても違和感はないかもしれませんが、難しいことは省きますがルート音の関係でやはり6弦はミュートした方がいいと思われます。
頑張って押さえるあまり左手に力が入っていると、どうしても押さえている指が寝てしまいがちです。
こればかりはやはり練習するしかない!としか言えませんが、
C,G,Am等簡単なコードを続けてコードを変えて弾いてみましょう。
最初はゆっくりでもいいのでしっかり鳴らしたい弦の音が鳴っているか、鳴らしたくない弦(ミュート)の音が鳴っていないかしっかり確認しながら弾いてみてください。
ギターを弾き始めた人が誰もが通る道です。辛いかもしれないですが頑張ってください!

QエレキギターのGコードが上手くおさえられない・・・。

エレキ初心者なのですが、ローポジションのGコードがうまくおさえられません。どうしても薬指が5弦に触れてしまって綺麗な音がでません。バレーコードの方だと綺麗な音が出るのですが、やっぱりローポジションの方もおさえられるようにした方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろんローポジションで押さえられるようにした方が良いです。
これは難易度の問題じゃなく、響きの問題で、特にGはローポジとハイポジで響きがかなり違います。それによって曲のイメージも変わりますし、他のコードへ移るときになめらかに音を移行させる点からも大事です。
エレキ初心者と言うことですが、アコギの経験はおありなのでしょうか?
できたら先ずアコギで訓練された方がエレキを弾くときにとても楽になりますよ。

ちなみにNo.2さんが書いておられるBパターンの「薬指で2弦3フレットを押さえる」形はイギリスのトラディショナルな押さえ方だと聞いたことがあります。ビートルズはこの押さえ方です。これも難易度の問題じゃなく、響きの問題なのですが、現在はほとんどの人がAパターンの押さえ方だと思います。
これは多分、Cをキーにしたときに、G→G7と言う展開が多いため、指の移行を考えて押さえやすいAパターンが定着したんだと思います。
ただ、どちらかのパターンに慣れてしまうともうひとつの方は簡単には押さえられなくなります。
私もビートルズっぽい響きが出したくてフォームを改造しようとしましたが、指が覚えてくれませんでした。たとえ押さえられてもその形からG7に移るとき、Aパターンなら小指を離して空いている人差し指を乗せるだけで良いのに、Bパターンだと全部の指を替えなければいけないですから容易ではありません。
これをやるなら初心者の頃からそのフォームで慣れておく必要があります。

今、まだ押さえられないのを幸いに、この際Bパターン(+薬指で2弦3f)で習得されるのはいかがですか?
私の主観ですが、Aパターンより上品で良い響きが得られますよ。特にG→Dの自然な美しさはAパターンでは得られません。

もちろんローポジションで押さえられるようにした方が良いです。
これは難易度の問題じゃなく、響きの問題で、特にGはローポジとハイポジで響きがかなり違います。それによって曲のイメージも変わりますし、他のコードへ移るときになめらかに音を移行させる点からも大事です。
エレキ初心者と言うことですが、アコギの経験はおありなのでしょうか?
できたら先ずアコギで訓練された方がエレキを弾くときにとても楽になりますよ。

ちなみにNo.2さんが書いておられるBパターンの「薬指で2弦3フレットを押さえ...続きを読む

Q中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。

ギターのアルペジオやトレモロの練習をしていますが、
薬指と中指が別々に動きません。薬指を曲げようとすると
中指も付いてきますし逆に伸ばそうとすると共に伸びてしまいます。
3フリンガーのと時には、さほど気にならなかった中指、薬指の未分離がここに来て大きな壁になっています。
今中指と薬指を使い交互に弦をはじて練習していますが、
別々に動作させるのに使える効果的な練習法をお教え願えませんか。

Aベストアンサー

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。
そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。
具体的な方法は簡単です。2種類あります。
1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。ヒジは90°位に曲げます。手のひらは天井に向けます。
2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。
3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。
4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。
このとき前腕の筋肉が痛くなります。痛い場所が引っ張られている腱鞘です。ようはこれを分離するストレッチ体操です。
5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。
これがAという柔軟体操。
もう一つは、説明が簡単です。「Aの逆」です。と言えば分かると思います。
Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。
ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。これがBという柔軟体操です。
次に、中指を対象にして同じことをやります。
これも10回くらい。この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。
応用練習
このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。
毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。
あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。出来るだけ速く、自分の限界でやります。10秒くらい続けて5秒のインターバルです。これをヒマさえあれば実行します。電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。(変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。)
以上お試しください。ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。軽く少しずつ続けてください。
これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...続きを読む

Qギター挫折した人はいますか?。

こんにちは。
僕は現在30歳の男です。
アコースティックギター練習歴2ヶ月です。
毎日1時間練習してるんですが、少ししか上達してないです。
そこで、ギター練習したけど、挫折してしまった人はいますか?。
挫折した原因は何でしたか?。
良ければ教えてください。

Aベストアンサー

僕の場合は人間関係です。

中3から高校の3年の半ばまでやっていました。自分で言うのもなんですが、人よりはうまい方だったし、皆難しいって言うFやBのバレーコードも簡単にできました(けっこう手は小さい方ですが、それでも僕は音がビビったり、ミュート音が混じる事がありませんでした。Gのコードもバレーコードでやった方が楽だった位です)。

高校に入って、バンド部に入りました。そして、ギターとベースを曲によって担当するようなポジションでやっていました。

でも、部員がやる気がなく、僕はハードロックやヘビーメタルをやりたかったのですが、部員達は、僕が「これやりたい」って曲を全て「そんなもんやれるか!!」と言って拒否し、所見でできてしまうような曲ばかりを選んで演奏していました(でも、何故かライブで大受けだった。ま、俺以外は皆お笑い系ばっかりだったしね(笑))。後で解った事ですが、僕が入学した年は、部活に加入する生徒が極端に少なく、僕と一緒に入って来た部員達は、シガラミでいやいや入って来たとか。そんな奴らと一緒にやってて、彼らが「小室ファミリーの曲を打ち込みでやる」なんて言った時、ついにキレました。

・・・そんなコトがあって、今まではすごく好きでギターとかベースを弾いていましたが、そんな気持ちも失せ、「俺、なんのためにこんな事してたんだろうな・・・」って気持ちになったのがきっかけで、しばらく音楽から離れてみようか、と思い立って、ギターに触れなくなったまま、高校を卒業し、大学を卒業し、就職し、転職し、現在に至ります。あの頃の部員達は、全員が早稲田とか慶応とかの所謂六大学に入りました。部活よりも将来の安泰を選んだのでしょうね。風の噂では、皆公務員やってて、大層なご身分だとか。

一時期、音楽がすごく嫌いになりましたが、今は治りました。でももう、僕は生涯二度とギターを握る事はないでしょうね・・・・。

僕の場合は人間関係です。

中3から高校の3年の半ばまでやっていました。自分で言うのもなんですが、人よりはうまい方だったし、皆難しいって言うFやBのバレーコードも簡単にできました(けっこう手は小さい方ですが、それでも僕は音がビビったり、ミュート音が混じる事がありませんでした。Gのコードもバレーコードでやった方が楽だった位です)。

高校に入って、バンド部に入りました。そして、ギターとベースを曲によって担当するようなポジションでやっていました。

でも、部員がやる気がなく、...続きを読む

Qギターをやるときに小指が反るのですが・・・

ギター初心者なのですが、弦を小指でおさえるときに小指の第一関節が外側に反ってしまって、ゆびがべちゃっとなってとなりの弦に触れてしまいそのとなりの弦がならなくなります。意識して小指を立てようとしてるのですがいつの間にか反ってしまうのです。何か解決策はありますでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

弦を押える小指が反り返ってしまうことについては、力みすぎと手のフォームのまずさを疑うのが良いと思います。そのあたりを見直してみて、後は練習を綿密に積んで慣れるようにするのが良いでしょう。

小指が反り返って隣の弦に触れてしまうとのことですが、小指の付け根が小指で押えるポジションから遠いということはないでしょうか。指の付け根が押えるポジションよりも遠くなると、指の付け根に引っ張られる形になって指は寝やすくなります。これに思い当たる場合は、小指全体を押えるポジションに近づけるように、小指の付け根を指板にぐっと寄せるのが良いでしょう。指の付け根が押えるポジションに近くなれば、自然と指は内側に曲がり指先は弦に対して大きな角度で入れやすくなるはずです。
この時の手のフォームについては、親指をネックの中心線上に置くクラシックグリップではネックの下の縁に沿うような形で、指の付け根の並びがネックと平行になるようなフォームを意識し、指先を指板の上から入れやすいように手首をぐっと押し込むようにすると良いでしょう。親指をネックの上に引っ掛けるシェイクハンドグリップの時は、手のひらがネックに対して開くようなフォームになると小指の付け根は必然的に遠くなりますので、特に小指の付け根が遠くにならないように、手のひらがネックに沿う形になるようなフォームを取るのが良いと思います。
なお、コードを押える時に関しては、シェイクハンドグリップよりもクラシックグリップで慣れるようにする方が良いとも思います。シェイクハンドグリップの方が指の自由度は高くなり、コードフォームのように複雑な指遣いを整える必要がある場合には有利です。

また、弦を押える時には、フレットの付近を押えて弦が暴れにくいようにするのがセオリーです。力みなどはいろいろな面で支障になりますので、できるだけ無駄な力をいれずに弦を押えられるようにするのが良いでしょう。その上では、フレットの近くで弦を捉えるようにすることは効果的だと思います。

あと、弦を押えにいく時には、指を伸ばして弦をフレットに突き出そうとするのではなく、指先を手のひらの方に引き寄せて、そこに弦を巻き込み、フレットに押し付けるような感覚でやると良いと思います。指先を握りこむ時の指の動きを意識して、その動きと同じような運びで指先を扱うと、弦を捉える時には指先を立てて弦に向かわせやすくなるでしょうし、力加減についてもコントロールしやすくなると思います。この時は必然的に、指を内側に軽く湾曲させるような形で扱うことになるでしょう。指全体を付け根から動かす加減を意識してみるとやりやすいと思います。

指の扱いについては、クロマチックトレーニングと呼ばれる方法を反復して行うのが良いと思います。コツや解決策というものは、頭で理解することも大切ですが、それだけでは身につきませんし、また自発的にいろいろと工夫してみることも大切です。それらを活かすには、どうしても練習は必要になります。根気よく練習に取り組むのが良いでしょう。
また、練習に関しては、散漫な意識で臨んでもあまり効果があがらないことも多くあります。疲れたら休むとして、細かいところにも注意を払い集中した練習をするのが効果的でしょう。


蛇足ながら、最近こちらのQ&Aでギター本には載っていない一番大切な基本などと称して、ギターのボディを肘で押してギターに旋回するような力を加え、弦を押える指に押し付けるという構え方や、弦を押える側の手の親指をネック裏につけないように浮かせるやり方を基本とする内容のコピペを寄せ、吹聴して回っている方がいます。このやり方については、不適切なやり方を含みますので、鵜呑みにされないのが良いでしょう。ギターを構える時にはギターが動かないように安定させるのが妥当ですし、親指についても浮かせるのはギターが不安定に動きやすくなる不合理なやり方といえます。ネット上で個人が発信する不確定な情報よりは、ギターの教則本の方が信頼性の高い情報といえるでしょう。ギターの教則本であれば、基本として妥当なやり方であれば積極的に紹介するものですし、逆にどの本でも紹介されていないやり方については疑わしいところがあると見ても良いと思います。不適切な情報を妄信すると余計な回り道を強いられることになりかねません。情報の取捨選択に関しては、慎重に判断されることをお勧めします。

蛇足も含めて長くなりましたが、参考になれば。乱文失礼しました。

弦を押える小指が反り返ってしまうことについては、力みすぎと手のフォームのまずさを疑うのが良いと思います。そのあたりを見直してみて、後は練習を綿密に積んで慣れるようにするのが良いでしょう。

小指が反り返って隣の弦に触れてしまうとのことですが、小指の付け根が小指で押えるポジションから遠いということはないでしょうか。指の付け根が押えるポジションよりも遠くなると、指の付け根に引っ張られる形になって指は寝やすくなります。これに思い当たる場合は、小指全体を押えるポジションに近づける...続きを読む

QギターのGコードについて

小指で1弦を押さえると薬指が5弦に触ってしまい、
薬指をしっかり立てると小指が1弦をしっかり
押さえられないのですが、単純に指の力が無いだけですか?
爪は切って、フレットも立てて上から玄が見えないような
状態で引いています。
当方20代の男ですが、中高生ギタリストよりも
筋力が無いってことでしょうか?
練習は毎日しています。

Aベストアンサー

>小指で1弦を押さえると薬指が5弦に触ってしまい

6弦を押さえた薬指が5弦に干渉するということですね。
ちゃんと練習して慣れれば5弦に触れることはなくなります。今はなるべく指を立てて、親指をネックの裏側にもっていき、ネックと手のひらに隙間ができるように握るとよいと思います。

ただ、Gのフォームにはいろいろあって、弦と指の対応を書くと
1.6薬5中1小という基本形の他
2.6中5人1薬と押さえて小指を9thに備えておいたり
3.6中5人2薬1小という「ビートルズG」のフォームも多用されます。(2弦は3フレットのD音を押さえます)

1.の基本形はG7やC、Amに移行しやすいので、まずはこれを覚えておくとよいかと思います。

コードの確実な押弦は筋力ではなく、コツです。あまり力を入れすぎると余計に変に干渉したり、コードチェンジがスムースにできませんから、できるだけ力を抜くように心がけて下さい。

あとは指を置く場所をフレットに近くするとか少し離してみるとかして、一番響きの良い場所、押さえやすい場所を見つけることです。

最初は誰でもコードでつまずき、悩みます。Gコードの次はFコードで悩みます。でもちゃんと練習すれば必ず打破できますから、あきらめずに練習を重ねて下さい。毎日2時間~4時間練習していれば、半年くらいでだいたいのコードは制覇できると思います。

>小指で1弦を押さえると薬指が5弦に触ってしまい

6弦を押さえた薬指が5弦に干渉するということですね。
ちゃんと練習して慣れれば5弦に触れることはなくなります。今はなるべく指を立てて、親指をネックの裏側にもっていき、ネックと手のひらに隙間ができるように握るとよいと思います。

ただ、Gのフォームにはいろいろあって、弦と指の対応を書くと
1.6薬5中1小という基本形の他
2.6中5人1薬と押さえて小指を9thに備えておいたり
3.6中5人2薬1小という「ビートルズG」のフォー...続きを読む


人気Q&Aランキング