『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

Fコードなどを抑えると左手の親指の付け根、腹の部分がつって痛くなってきてしまいます
これって抑え方、手の位置がおかしいのでしょうか?ちなみに親指はネックの裏の中心の部分にあてるようにしているのですが…
なにかいいアドバイスがあったら教えてください!!

A 回答 (3件)

バレーコードで親指の付け根が張ってくるのは、バレーコードをする時に使う手の筋肉が力を使うことにまだ慣れていないか、力みすぎているために過負荷がかかっているかのどちらかだと思います。


とりあえず、バレーコードで弦を押さえる時に、少しずつ親指の力を軽くしていって、その状態でピッキングを行い、音が出なくなる(ミュートされてブラッシングになってしまう)ギリギリの力加減を確かめてみるのも良いでしょう。 いつもよりもずっと軽く握った状態で、ブラッシングにならずに音が出るとしたら、少々力みすぎているのかも知れません。 そうでなければ、まだ手の筋肉がバレーをする時の力加減になじんでいないのが原因だと思います。
力みすぎが原因であれば、単純に弦を押えるときの力加減を軽くするよう、最小限の力を意識してみるのが良いと思います。 力みが原因でなければ、バレーをする時に必要な握力がついてくるまで、じっくりと慣らしてやるのが良いでしょう。 なお、握力の不足が原因だった場合は、無理をしすぎると手を壊すことにもつながりかねませんので、痛みを感じ始めたらそれ以上の無理はなるべく避け、十分な休養を取ることをお勧めします。

親指の位置に関しては、ネックの中心線上で、人差し指の真裏か、それよりもやや中指よりのポジションにおいていれば、特に問題はないと思います。 極端に内側に曲げこんでしまったり、逆に人差し指から離れた位置に親指を伸ばしてしまったりしていると、力が効率的に伝わらずにその分だけ余計な力が必要になることも多くありますので、そのような無理のかかる状態にならないように気を遣っていれば、大丈夫でしょう。

参考になれば。
    • good
    • 1

ギタリストの北島健二さんが書いてた練習法。

電話帳を人差し指と親指で挟んでぶら下げて鍛えるんですって。「サイドギターで息切れする人に」っていう事でしたが、プロでも最初はこういう練習するんですから初心者は多少の訓練は必要かと。
私は最近息切れしなくなりました。が、一人でやってるともたないのがバンドで演奏してると途中で投げ出すわけにいかないので、なんとか1曲やりとおせます。まぁ結局はコツと気合なのかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました!
そうですね、自分はまだまだ練習不足ってことでまとまりそうですね!前向きに考えることができるのでよかったです
特にNo.2さん、配慮もありがとうございました
みなさんのアドバイスをかみ締めて今日もギターにはまって生きたいです!

お礼日時:2005/11/17 00:44

最初はみんなつるんじゃないでしょうか・・。


慣れると平気になりますが、練習をサボっているとまた痛くなります。
きっと、痛みを感じなくなると上達したという証になるんでしょうね。
下手に楽なつかみ方をして、変な癖をつけるより、痛くなくなるまで、
頑張ってください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコードを押さえると手首が痛い

普通のメジャーコードや、時々ならFなどのバレーコードも大丈夫なのですが
YUIのLIFEのような ほとんどのコードがバレーコードの曲を弾くと 手首の少し上辺りがつったように、我慢できないぐらい痛くなってしまいます。

ちょっと自分で間違っていると思う点は
1、バレーコードを押さえる時人差し指ではなく中指などの他の指が反り返ってしまうときがある。
2、バレーコードの時親指はネックのちょうど裏。指先でメインに押さえてる。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえずは、いろいろな点を見直してみるのが良いでしょう。

手首の付近が痛くなるとのことですが、その場合はまずギターの構え方を見直してみることをお勧めします。
コードを押さえに行く時に、手首が内側に大きく折れ曲がっていると言うことはないでしょうか。もしそうだとしたら、手首が内側に曲がりこむことで手首の周りに無理がかかっている可能性が高いでしょう。この場合は、ギターのヘッドの位置を少し高く持ち上げてみることをお勧めします。必然的にギターの構え方全体を見直すことにもなるでしょう。
ギターのヘッドが低い位置にあり、ネックが地面と水平に近いような構え方になっていると、肘は開き気味になり、弦を押さえにいく手の手首の返しはきつくなります。その状態では、手先の動きにも無理が多くなるでしょう。ギターのヘッドを肩くらいの位置にまで引き上げ、ネックを少し斜めにするような感じにギターを構えれば、肘の開きは小さくなり、ネックに向かう手の手首も真っ直ぐに近くなると思います。そうなれば、手首への負担が大幅に軽くなるはずです。特に肘の開き加減などを目安にして、手首に過負荷がかからないように、ギターの構え方を見直してみることをまずはお勧めします。

また、バレーコードについては、力任せに弦を押さえつけようとしても、うまくいかないことが多いと思います。力任せでは、自分の身体への負担も大きくなるでしょう。バレーコードについては、まずはフォームを整えることを重視し、力のバランスをうまく取ることを意識するのが妥当かと思います。
バレーコードの時の注意点についてですが、人差し指については、弦を押さえ込む力を加えるのではなく、まっすぐに指を伸ばして均一に弦に触れることをまずは重視するのが良いと思います。人差し指を這わせた状態で、すべての弦をピッキングしてみて、きちんとミュートがかかっていることを確認してみてください。それができることが、まず第一歩だと思います。人差し指を均一にすべての弦に触れさせる上では、少し指を傾けて親指側の側面を弦に当てるように意識するのも効果的でしょう。指の側面を当てれば、関節の節に弦がもぐりこむことも防げますし、力を加えた時に関節が追従して曲がってしまい、力が逃げるということも防げます。
また、バレーの際にも、効率よく弦を押さえるときのポイントとして、弦が押し付けられるフレットの付近に指を当てることは、大切なセオリーと言えるでしょう。
親指に関しては、弦をフレットに押し付けるための力を加える中心として捉えるのが良いでしょう。他の指はフォームを整えることを重視して、あまり力を込めようとせず、弦を押さえるときには親指でネックを押し上げて他の指の方に押し出し、ついでに弦が挟まるような加減を意識して、親指の力を中心に使うのが楽だと思います。その上では、ネックの裏の中心線上で、人差し指より少し中指側の裏に親指を当てるのが妥当でしょう。
とりあえず、上記の点を確認してみて、無理な力加減で弦をねじ伏せようと力んだりしていないかに注意してみるのも良いでしょう。根本的に握力が不足していると言うようなケースは稀だと思います。力任せにするのではなく、効率よく力を加えられるバランスを重視することをお勧めします。

バレーコードが長く連続する場合においては、人差し指と親指の間が痛くなることが多いと思います。この痛みについては、持久力の限界を超えたときのダメージで、筋肉痛のようなものなので、避ける術はないと思います。地道に持久力を伸ばしていくのが良いでしょう。
それ以外のところが痛むことについては、全体的にフォームに無理があることを疑うのが妥当だと思います。こちらの場合は、無理な姿勢になっていたりしないか、力みすぎていないかに注意して、負担の少ないやり方を探るのが良いでしょう。
とりあえずは、ギターの構え方を見直してみることをお勧めします。

参考になれば。

とりあえずは、いろいろな点を見直してみるのが良いでしょう。

手首の付近が痛くなるとのことですが、その場合はまずギターの構え方を見直してみることをお勧めします。
コードを押さえに行く時に、手首が内側に大きく折れ曲がっていると言うことはないでしょうか。もしそうだとしたら、手首が内側に曲がりこむことで手首の周りに無理がかかっている可能性が高いでしょう。この場合は、ギターのヘッドの位置を少し高く持ち上げてみることをお勧めします。必然的にギターの構え方全体を見直すことにもなるでし...続きを読む

QFコード1フレット2弦が鳴らない…

アコギを始めて3ヶ月ぐらいの超初心者です。
Fコードなんですが、1フレット2弦だけがどうしても鳴りません。
1弦から5弦までだけを押さえたときは、2弦も一応鳴るのですが、6弦すべてを押さえようとするとどうしても2弦だけが鳴りません。
人差し指は多少斜めにし、ネックの裏からは親指で・・・などの基本事項は実践しているはずなのですが。
4フレットぐらいの押さえやすいところでセーハーしてもどうしても2弦だけ鳴らないのです。
これでは、弦をエレキのものに変えたりしたところで、2弦は絶対鳴らないでしょう。
人差し指の第一関節と第二間節の間で押さえる弦はどうも鳴らない、もしくは鳴りにくいようです。
とはいってもセーハーする以上この部分は絶対使うと思いますし・・・。
毎日押さえる練習はしてるし、最近指のストレッチも始めました。
一体どうしたら鳴るようになるんでしょうか??
バレーコードが弾けないとなかなか曲の幅も広がらないですし、本当に欝です(っд;`)

Aベストアンサー

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押しても関節が曲がらない側面を使うようにするのが良いでしょう。
手を開いて手のひらを向こうに向けてかざし、人差し指の親指側の側面を見てみると、比較的でこぼこのない線を描くと思います。 その直線に近い部分で弦を捉えるように意識すると良いでしょう。
人差し指を傾ける時には、親指を置く位置を少しブリッジ側(手で言えば中指側)に寄せると、人差し指を傾けてもそれほどきつくないと思います。

あるいは、指の長さに余裕があるのであれば、6弦のところに人差し指の先が来る状態よりももう少し余分に指を伸ばして、人差し指の指紋の辺りがネックの上の縁に来るくらいに多少大袈裟に突き出してみるのも良いかも知れません。 関節の位置が変わることで、改善ができる可能性はあると思います。

いずれにしても、人差し指一本でバレーしている時に一部の弦が鳴らないという状況は、指板と指の間に余裕があって、その隙間のせいで弦がフレットから浮いている状態が原因といえるでしょう。 その隙間をうまく潰すように工夫すれば、問題を解消できるはずです。 弦を押えている指の状況や手のバランス全体を見直してみて、問題のある箇所を洗い出し、工夫してみることをお勧めします。

参考まで。

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押して...続きを読む

Qバレーコードの押さえ方がうまくいきません

何週間かバレーコードを練習しているんですがいっこうにうまく弾けません。力を入れるべき弦に力を入れればいいと、聞いたんですが全然できません。人差指に力を入れるとほかの指がうまく押さえられず、ほかの指に力を入れると人差指に力入りません。できるようになるのか不安です。だれか、バレーコードの押さえ方を教えてください。練習法などでもいいです。お願いします。

Aベストアンサー

バレーコードの際の手先の扱い方については、弦に直接触れる弦だけに注意を傾けるのはあまりお勧めしません。手全体のバランスを良く見直すことをお勧めします。

バレーコードを押さえる時の加減についてですが、人差し指に関してはあまり弦を押し込む力を加えることを意識せず、均等に押さえる弦に触れることを優先するのが良いでしょう。その上では、人差し指の親指側の側面が弦に当たるように少し指を傾け、指自体は弦に対して直線をなす面ができるように意識し、フレットのそばに配置するようにして、まずは目的の弦すべてに均等に触れてきちんとミュートがかけられることを確認するのが良いでしょう。
他の指に関しても、力を込めるのは今は二の次として、的確に目的のポジションを捉えるよう、フォームを整えることを優先するのが良いでしょう。やはり、指先は指板に対して立てるように意識し、フレット付近の位置で指先で弦を捉える、セオリー通りのフォームを作ることを意識してみてください。
なお、バレー以外の指に関しては、弦を押さえようとして指先がピンと伸びるような形にならないようにするのが良いでしょう。弦を押さえる時の加減としては、指で弦をフレットの方に押し出してやろうとするのではなく、指先を手のひらの方に引き込むように、握りこむような具合で動かし、そのついでに弦を指先で捉えてフレットに押さえ込むような意識でやるのがよいと思います。このとき、指は軽く内側に湾曲するような形を保ち、指の付け根から全体を動かすように運ぶのが良いでしょう。
また、指を立てて入れるためには、指の付け根をネックのそばに寄せるのが良いでしょう。各指の付け根が指板の縁ぎりぎりのところに来るような加減でもやりすぎではないでしょう。指の付け根が押さえるポジションに近接している方が、弦を押さえる時の加減は全体的にやりやすくなります。

バレーコードにおいて、弦を押さえる時の力加減については、親指をうまく使うことを考えるのが良いでしょう。他の指は弦に的確な位置取りで触れることを優先して、力をそちらから込めることには執心しない方が良いと思います。弦に直接触れる指のフォームをきれいに整えたら、親指の力を使い、ネックを他の指の方に押し出すような加減を意識して、ネックが他の指に押し付けられるついでに弦が挟まれてフレットに押さえつけられるような感じを意識してみると良いでしょう。言い換えれば、人差し指と親指とでネックを挟む具合を意識すると良いと思います。
その上では、親指を置くポジションについても工夫するのが妥当です。親指については、人差し指の真裏か少し中指よりの位置で、ネック裏の中心線上を押し上げるような具合にするのがやりやすいと思います。
いずれにしても、バレーコードの際には、弦に直接触れる指から力を加えていくのではなく、ネックを保持している親指の側からネックを押すつもりで、親指の力を上手く利用するのが良いでしょう。

参考まで。

バレーコードの際の手先の扱い方については、弦に直接触れる弦だけに注意を傾けるのはあまりお勧めしません。手全体のバランスを良く見直すことをお勧めします。

バレーコードを押さえる時の加減についてですが、人差し指に関してはあまり弦を押し込む力を加えることを意識せず、均等に押さえる弦に触れることを優先するのが良いでしょう。その上では、人差し指の親指側の側面が弦に当たるように少し指を傾け、指自体は弦に対して直線をなす面ができるように意識し、フレットのそばに配置するようにして、まず...続きを読む

Qペシペシ、という音が出てしまいギターが弾けません。

お世話になります。
「ギターはどのぐらい練習したら弾けるようになりますか?」
という質問をしました。

頑張れば弾けるようになる、というのが大方の回答でしたので、初めてのギターの演奏をしてみました。
しかし指の腹が太いのか、ネックが細いのか、弦と弦の間が狭いのか、コードを押さえようとすると、隣の弦まで押さえてしまいます。また、何とか目的の弦だけを押さえても、弾くと「ペシペシ」という音になってしまい、余韻が全く残りません。

どうしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

この間の質問の方ですね。

始めて間もないころはそんなもんです。
まずは正しいフォームを身につけるところからコツコツとやってみましょう。(いきなりコードはちょっとまだ無理かな?)

もちろん教室に通ったり、経験者にフォームを見てもらいながらやるのが一番良いですが、それが難しければ、写真や映像(DVD)が付いている教本などで
ギターの構え方、左手、右手の正しいフォームを始めのうちにしっかりしておきましょう。それが上達への早道です。
(YouTube などで、”ギター 初心者 左手フォーム”などのワードで検索しても、結構参考になる映像が見れます)

先に回答があるとおり、文字では伝えきれないですが、


・親指はネック裏側中心線辺りに
・人差し指~小指はネックと水平に
・手首を”ぐっと前に突き出す様にして人差し指~小指を力を入れずに自然に曲げたとき、それぞれの指が弦に直角に当たる

ストラップや足を乗せる台などを使って、ネックを体に近づけると楽に出来ます。
また、ギターは寝かさない様に、ギターの表面板は床に対して直角に近い方が良いです。指を見ようとするとどうしてもギターが寝てしまいますが、そうすると左手の指が寝てしまいます。
直角に指を当てるということは、指先の本当の先端部分で押さえることになるので、爪が長いとフレットに爪が当たってうまく押さえられません。

このフォームで、まずは、人差し指一本で弦をフレットとフレットの調度真ん中より、やや高音側フレット寄りで押さえて(フレットの真上ではありません)、弦を弾いてみてください。これが開放弦と同じ様に綺麗に響くようになれば、それが正しい位置ということになります。

指がしっかり立っていれば、押さえている弦の隣の弦(開放で良い)を弾いても、ペシとはならないはずなので、もしペシとなるならば指が寝ているということになり、左手のフォームがどこか狂っているということになります。

例えば、
1弦 開放 2弦 1フレットを人差し指で押さえる 3弦開放で、1,2,3弦を順番に弾く
これが出来たら、これに4弦 2フレットを中指で押さえる
更に、5弦 3フレット を薬指で押さえる
6弦を開放のまま、1~6弦を弾く (⇒これがCコードの基本の形です)

などで、少しずつ押さえる指を増やしていくといいかも知れません。
ただし、これも単音で綺麗に音が出る様になってからです。最初はこれすらもうまく音は出ないと思いますが、正しいフォームになるまであきらめずに続けてください。


また、最初の頃は左手の指もまだぷにぷになので、まだまだ綺麗には音は出ないか、必要以上に力がかかりますが、これはひたすら練習していけば、だんだん力を要れずに押弦できる様になります。

指先の皮が一皮二皮剥けるまでは辛抱ですね。

この間の質問の方ですね。

始めて間もないころはそんなもんです。
まずは正しいフォームを身につけるところからコツコツとやってみましょう。(いきなりコードはちょっとまだ無理かな?)

もちろん教室に通ったり、経験者にフォームを見てもらいながらやるのが一番良いですが、それが難しければ、写真や映像(DVD)が付いている教本などで
ギターの構え方、左手、右手の正しいフォームを始めのうちにしっかりしておきましょう。それが上達への早道です。
(YouTube などで、”ギター 初心者 左手フ...続きを読む

Qエレキギターの弦って、こんなにすぐ錆びるの?

どうもはじめまして。
ギター初めて半年ぐらいの初心者です。

質問は、エレキギターの弦の錆びる早さについてです。
僕の場合は張り替えてから約3日目くらいから錆び始め、1週間たった頃には
1,2,3弦は真っ茶色になってしまうような状態です。
友達に聞くと、「そんなに早くは錆びん。お前の指が汗でニュルニュルなんや」
と言われてしまいました。
確かに彼のギターの弦は、張り替えてから2週間ぐらいでもほとんど錆びてません。特にケアもしてないそうです。

私の指のせいなのでしょうか?(へたくその証なのか・・・?)
それとも部屋の湿度が高いのか?
それとも弦が安すぎるのか?

なんなんでしょうか。教えてください。
すぐに錆びてしまうと、どうも嫌な感じです。
ちなみに弦はフェルナンデスの3パック700円(石橋楽器)ぐらいのヘヴィーゲージのやつです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その弦は、青いパッケージのやつですね。
私もそれを使用しております。しかも、石橋楽器の(笑)。

あの弦は、やはり、錆びやすいと言えます。
他の、1セット¥800くらいのやつは、多少錆びにくく、比較的安定性があり、長持ちします。

しかし、弾いていれば、確実に汗をかき、弦は錆びまくります。
普通は、弾いた後に、フィンガーイーズなどのスプレーをシューッとふきかけ、布などでふいておきます。
そうすれば、ある程度は長持ちし、張り替えた時の、新鮮な、金属のきらびやかな音色を堪能できます。

ケアしなければ、私の場合、1日で弦はサビサビです。
よって、安い弦をこまめに掃除し、こまめに張り替え、常に新鮮な弦で練習するのが一番良いです。

Qギターに向いていない指?

ギターが全然上達しません。というのも指の形が変なんです。正確にいうと指を横から見た時、指先が鋭角の形をしていて爪よりも指先の肉が下がっている状態です。イメージ的には平らな指です。弦を押さえる時は爪から当たってしまうのでどうしても指が寝てしまいます。それにより隣りの弦がミュート状態になり、きれいな音が出ません。唯一薬指の指先だけが爪よりも上になっているので、薬指は問題ありません。他は全滅です。ギターが下手なのを指の形のせいにするのはただの言い訳みたいですが、長年の悩みです。よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

趣味で30年近くギターを弾いています。 電気なのかアコースティックなのかクラッシクなのか判断できませんが、必ずしも指先を弦に直角にあてフィンガーリングする必要はないと思います。 

練習あるのみです。 

爪は皮膚が変化したものなので練習次第で退化していきます。いずれ指先が平らになると思いますよ。

またコードワークも不思議なもので指の関節が柔らかくなってくると、例えばコードCを押さえるとき、初めは3フレットを人差し指でバレーして、5フレットで2弦3弦4弦をそれぞれ小指、薬指、中指で押さえていましたが、薬指の第一関節が外側(手の甲側)に曲がるようになり、薬指一本だけで5フレットの2弦3弦4弦を押さえられるようになりました。

私は手自体が小さく、ロックンロールでいうリフも苦労して弾いていましたが人差し指と小指が段々と大きく開くようになり今では問題なくなりました。

指が太すぎて苦労している人よりは早く上達するのではないでしょうか。自信を持って練習に励んで下さい。

Qギター曲で、コードがめっちゃ少ない現代曲ってありますか?

娘が先日手に入れたギターを、
先ほど初心者の基礎の基礎の教本とにらめっこして、
家族総出でやっとこさチューニングしました。 笑
(邦楽用でしたが、調子笛がありましたので。)

それで、教本に載っていた、
『SAY YES』を2小節ほど、
ダイヤグラムが載っているCコードと、
Dm7コードを押さえるのに、
大騒ぎで15分ほどかかって楽しんでいました。 

ま、これから暇を見て、ぽろぽろと、
爪弾いて楽しんで行くと思うのですが、
なにぶん、教本の曲はかな~り古くて、
『これ、聞いた事があるかもしれない。』
『いつはやった頃の曲?松田聖子の頃?』
と言う感じで、正直、
あまり弾く気のしない曲のようです。

そのほか『愛は勝つ』『秋桜』『神田川』『時代』
『乾杯』等の曲が乗っています。

出来れば、子ども達(中学~高校)の、
知っている歌謡曲だと、
楽しくやる気が出てくるのでは?と思うのです。

もちろん、
ある程度は(どこにどういう解説があるかくらいは)
もう何度も本を読んで暗記してしまったようですが
きちんと最初から教本を見て独学して欲しいとは思っています。
ただ、好奇心・楽しむこころが一番上達する原動力と
思っていますので、
その最初の取っ掛かりを作ってやれればなと思っています。


覚えるコードの数が少なくてすむ、
ここ、10年くらいの曲ってありますか?

ご存知な方、宜しくお願い致します。

娘が先日手に入れたギターを、
先ほど初心者の基礎の基礎の教本とにらめっこして、
家族総出でやっとこさチューニングしました。 笑
(邦楽用でしたが、調子笛がありましたので。)

それで、教本に載っていた、
『SAY YES』を2小節ほど、
ダイヤグラムが載っているCコードと、
Dm7コードを押さえるのに、
大騒ぎで15分ほどかかって楽しんでいました。 

ま、これから暇を見て、ぽろぽろと、
爪弾いて楽しんで行くと思うのですが、
なにぶん、教本の曲はかな~り古くて、
『これ、聞いた...続きを読む

Aベストアンサー

うーむ。いろいろありますが、好みもありますよね。
こちらのサイトでは、歌手別に、コードつきの歌詞が無料で検索できますので、ご一緒に探してみるというのはいかがでしょうか?

参考URL:http://music.j-total.net/index.html

Qアコギとフォークギターのちがいって??

ギターを始めたいのですが、アコースティックギターが買いたいのですが、買うときに(ネット通信)フォークとか、アコースティックギターか書いてないためどっちがどっちなんだか分からないで困っています。。簡単に見分ける方法って分かりますか??
後、何をポイントに抑えて買えばいいですか??
予算は、かなり少ないので、、、、でも、初心だしいいいですよね^^

Aベストアンサー

アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦(ガット弦)を使うギター(クラシックギター・フラメンコギターなど)と、金属弦を使うギター(フォークギターなど)とがあります。
アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意識したものであれば、フォークギターなどとクラシックギターとを分ける一番の特徴は、上記の通り弦の材質になります。 他にも、ギターの作りが異なりますので、見た目で見分けることも難しくはないでしょう。 なお、一般的な通称として、金属弦を使うアコースティックギターのことを、フォークギターないしアコースティックギターと称することも多いようです(逆にクラシックギターは、特にクラシックギターと称されることの方が多くあると思います)。

何をポイントにして買えばいいのかについては、自分の気に入った特徴を持つものを選ぶのが良いと思います。 ただ、何もわからないうちからネット通販で買うのは、ちょっと不利が大きいようにも感じます。 買い急がずに、ギターのことについて少し知識を付けてから、具体的な購入計画を立てる方が良いと思いますよ。
楽器店が身近にあるのであれば、そこに出向いて店員と相談したり、色々な現物を眺めてきたりするのが良いと思います。 それが難しい場合は、ギターの教則本やギター雑誌などに目を通して、そこから色々と情報を仕入れてみるのが良いでしょう。 それさえおぼつかないのであれば、ネット上で色々な情報を探してみるのも良いかもしれません。 とにかく、知識を付けてから購入の計画を立てることを強くお勧めします。

なお、個人的な意見を付け加えるなら、初めの一本は楽器店で購入した方が何かと便利だと思いますよ。 普通の店であれば購入時の相談にも乗ってくれますし、購入後もアフターケアなどで相談できる相手がある方が、安心して取り組めるでしょう。 また、ギターには弦などの消耗品などもありますから、安心して入れる楽器店があった方が、不便を囲わずにすむと思います。
あと、ギターは自分で調律をしないといけない楽器ですので、その基準を取れるアクセサリは必須です。 チューナーや音叉、ピッチパイプなどが、調弦する時に基準を取るためのアクセサリになりますが、できればチューナーを購入するのが良いと思います。 そのあたりの費用も、予算に織り込んでおくと良いでしょう。

とりあえず、参考まで。

アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦(ガット弦)を使うギター(クラシックギター・フラメンコギターなど)と、金属弦を使うギター(フォークギターなど)とがあります。
アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意...続きを読む

Qギター "Em→F" "C→F"への移行が上手くいきません

アドバイスがいただければ嬉しいです。
現在、アコギ歴3ヶ月くらいの素人です。

現在、練習している曲に、
Em→F
C→F
のコードへの移行が多く出てきます。

この動作をスムーズに行う為のポイントって何かありませんか?

今は必ずもたついてしまい、ワンテンポ遅れてしまいます。
やはり練習して慣れるしか無いのが現状でしょうか??

Aベストアンサー

とても簡単です。
まず、「Em」の押さえ方ですが、第五弦2フレットを薬指で押さえます。
第四弦の2フレットは小指で押さえます。
この2本の指を、「弦から絶対に上げずに」おのおの第3フレットにスライドさせます。
弦から絶対に上げないのですが、押さえたままではスライドさせようがないので、左親指の力を抜くようにして弦の上をスライドさせます。そうしておいてタイミングよく、中指と人差し指を下ろします。最初は右手を弾かずに、左手だけを移動させて手にクセをつけます。
CからFにいく場合は、Cのときに第五弦を薬指で押さえていると思いますが、この指を「絶対に指板から上げないように」して「F」コードに移行します。「薬指」をキーポイントにするのです。これも最初は、右手を弾かずに、左手だけの動作で手癖をつけます。
このように、ギターのコードチェンジは、2つのコードにわたって「指とフレットと弦が共通している場合は、指板から指を上げないようにする(意味がないのに、いったん上げて押さえ直してはいけない)」
2つのコードにわたって「同一の指が同じ弦を移動すればよいときは、弦から上げずにスライドさせる。また、いったん上げて押さえ直す必要のないような指を使って押さえる。」
コードチェンジのコツは以上のように、「無駄に指を上げ下げしない」ことです。

それから、もっと大切なことは、「アンティシペーション」です。
ギターのコードワークで、これ以上大切なことはありません。
まず。右手は、淡々とリズムを刻む。決してよどまない。ためらわない。左手を待たない。時計のように無表情にストロークする。別の生き物のようにストロークを続ける。
音楽は、「まずリズム有りき」と言って、絵画が画用紙の上に芸術を表現するように、音楽は、時間の上に乗っかったものですから、リズムが乱れては、すでに音楽と言えないのです。だから、右手は左手のグズさに付き合ってはいけないのです。
左手は、とにかく「小節線の右側(コードネームが書いてある場所)に遅刻をしない」ということがもっとも大切です。ということは、その前のコードを早い目に放棄して次のコードの準備にかかって、コードが変わった瞬間には、「確実に押さえている」ことが大切。
逆にいうと、「前のコードは、早い目に放棄するのが正しい。最終最後まで押さえてはいけない。」ということです。最終最後まで押さえて、なおかつ、次のコードを遅れずに押さえることは、神様でも不可能です。なぜならそのために与えられている時間は「ゼロ」だから。小節線を越える一瞬にコードを押さえ直すということは神様でもできないということです。ではどうするかということですが、「前のコードを早い目に放棄して、次のコードを押さえる準備をする」ということです。その間、右手は少しのためらいもあってはいけません。
先ほど書いたように、「神様でもできない=許された時間がゼロ秒なのに、そこでコードを変える!ことをやろうとするから、右手が止まって待っているという現象=音楽ではない」ことになるのです。「練習したらできる」という問題ではありません。それは誰にも不可能なのです。
したがって、淡々とリズムを刻む右手に対し、左手がコードチェンジの作業中は、開放弦が鳴ったり、押さえを放棄してミュートっぽい音が出ます。しかし「それこそが正解!」なのです。
名人の演奏を聞いたり見たり、しっかり観察してください。100人が100人そうしています。本人が気がついていない場合もあり、口では、「最後までコードを押さえなさい!」などと言いますが、実際は、本人も「アンティシペーション」を実行しています。
「アンティシペーション」とは、「あらかじめそなえる」という意味です。
コードチェンジのときに、1~2拍気持ちよく開放弦を弾いてみてください。何の違和感もないはずです。逆に右手が止まると救いようがありません。
「右手を止めない」これが、コードチェンジのバイブルです。

とても簡単です。
まず、「Em」の押さえ方ですが、第五弦2フレットを薬指で押さえます。
第四弦の2フレットは小指で押さえます。
この2本の指を、「弦から絶対に上げずに」おのおの第3フレットにスライドさせます。
弦から絶対に上げないのですが、押さえたままではスライドさせようがないので、左親指の力を抜くようにして弦の上をスライドさせます。そうしておいてタイミングよく、中指と人差し指を下ろします。最初は右手を弾かずに、左手だけを移動させて手にクセをつけます。
CからFにいく場合は、...続きを読む

Qギターが弾けるようになるまで

皆さんは、ギターを初めてどのくらいの期間で中級者レベルまで弾けるようになりましたか?

また、そのレベルにいくまで、どのくらいの練習をしましたか?

僕は、もうすぐギター暦1年になり、練習もマンネリ化していた時期もありましたが、毎日1時間以上はやっています。

しかし、あまり上達せず挫折しかけです。

丸々一曲弾けた試しがありません。

ギター教室にも通ってるのですが、課題がわりと難しく、練習しているうちにモチベーションが低下し

挙げ句の果てには、簡単なパワーコードをテキトーに弾いて遊んでるだけになってしまいます。(それはそれで、楽しいのですが……むなしくなります。)

やっぱりギターは1年じゃあ上手くならないものなんですか?

4、5年くらいじっくり時間をかけてレベルを上げるものなんですか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

俺は本年で34年たつし全部自己流でマスターした。当時回りに弾ける人もいなければメンテ出来る人もいなかった
最初はドレミファソラシドを徹底的に練習した。それで指がスムーズに動く様になってから先ず好きなアーティスト
当時はアリスだったかな?を毎日毎日練習したそうここで壁にぶつかるFで苦労し挫折せず頑張って頑張って
乗り越えた。その間に弦が切れれば自分で張り替えた。思えばよく挫折せずに出来たな?それからはコードを
覚えるために色々な曲に挑戦してコードは徹底的に覚えた。次にアルペジオやスリーフィンガーに挑戦然しやはり壁に
ぶつかった。これも毎日毎日諦めずにコツコツ練習して壁を乗り越える事が出来た。凄い時は一日16時間位練習してたな。君はギター教室へ通っているけど難しいコードで苦戦している様だけど今の君はスランプなんだと自分に言い聞かせひたすら練習に励めばきっと克服出来ると思う。頑張れ負けるな!!!きっと克服出来一歩前に
進めるからね。又コツとして自分の好きなアーティストの曲を1曲マスターすると自信がつきます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング