【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

この前の雷で蛍光灯安定器が焼き切れてしまったので
電気屋さんで買ってきました。

安定器から4本線が出ています。
説明書きに、配線図でですが、ことばで書くと
白(電極)、茶(電源)、白(電源)青(電極)
につなぐ
となっています。

白が2本あり、電極と電源で別々なので
どっちがどっちかわかりません。
安定器からの線の出方が、茶の近くから出ている白と
少し離れた白とがあるので、一応区別があるのかなと思い、
配線したところ、ちゃんと点灯しました。

しかし、壊れる前より、スイッチを入れてからの点灯時間がやたら
長くなってしまいました。

買ってきたほうは壊れたのより、二次電流、二次短絡の値が
少し低いものとなっているので、それの所為なのでしょうか?
それとも白が逆の為でしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現在の接続で問題無いと判断されます。



>電源の白と電極の白とを入れ替えると、点かなくなるのでしょうか?
白は内部で直接接続され、茶->青にチョークトランスが接続されています。
白が2本あるのは接続を容易にする端子となります。

>スイッチを入れてからの点灯時間がやたら長くなってしまいました。
>それとも白が逆の為でしょうか?
蛍光灯の劣化と、グロースターターの劣化が考えられます。
グローも劣化・寿命がありますので、蛍光管の交換の際同時に交換された方が良いかと思います。

この回答への補足

書いてなかったんですが、
グローも蛍光管も新品に交換してのことです。

補足日時:2007/06/13 03:11
    • good
    • 0

> 書いてなかったんですが、グローも蛍光管も新品に交換してのことです。



グローを新品交換された場合、バイメタルが馴染むまで点灯時間が長くなります。
約1・2週間すると普通の状態になります。

古い劣化したグローだと、早い点滅を繰り返し何回か後に蛍光管が点灯するのを経験されているかと思いますが。
    • good
    • 0

チョーク--蛍光管のW数合ってますか?


配線の接続は半田又は圧着で捩っただけは加熱火災に成ります(自己責任で)。
    • good
    • 1

電気工事士(1あるいは2種)は取得されていますか?



安定器の仕様が質問内容からわかりかねますが、安定器に結線図が
書いてあるかと思います。

その通りに接続しているのなら問題ありません。

参考URL:http://www.umedensha.co.jp/knowledge.html

この回答への補足

回答ありがとうございます。

安定器の仕様ですか?
参考URL中の安定器結線図の真ん中の図のやつです。
という補足でよろしいでしょうか?

この図では、それぞれの電極に青が繋がれていますが、
私のは青と白になってます。

もし電源の白と電極の白とを入れ替えると、点かなくなるのでしょうか?

補足日時:2007/06/13 01:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蛍光灯器具の安定期は素人でも簡単に交換できますか?

蛍光灯器具の内部にある電圧を一定に保つ安定器は素人でも簡単に交換できるのでしょうか?ホームセンターで入手できますか?

Aベストアンサー

安定器ですね。
照明器具の型番がわかれば、メーカーサービスから部品として入手可能です。でも高価です。平均6000円くらいです。新品を買い直したほうが安いくらいです。

それに発売から10年以上過ぎている場合は代替パーツになっていたりするので、付属する説明書をよく読んで作業しなくてはなりません。パーツが無い場合もあります。

ホームセンターで入手できるかどうかはそのホームセンターの取引先によります。常時置いてあることはありません。各社、各型番で違いますから、基本的にお取り寄せです。

作業は電気工事士の資格がないとダメです。その資格を持っている人の監督のもとで、無資格店員が作業することはあります。

素人でも手先の器用な人なら出来ます。でも有資格者に監督してもらわないとダメです。

Q安定器の交換について

安定器の交換について

40w×4本の天井埋め込み型の蛍光灯(ラピッド型)を使用しています。安定器内部を見て見るとヒューズが真っ黒になっており、きれてるようです。
そこで安定器を交換する予定なのですが、現在使用されてる安定器は40W2灯用の

松下電工
品番
FZ40215944
品名
ES×4021 HK-5ENH 100V がふたつ使用されてるようです。
生産は既にされてないようです。

(1)そこで、インバーター安定器に換えようかと思うのですが、これは他社製のものでも規格が同じであれば使用可能ですか?
インバーター安定器 FLR40W・Hf32W× 2灯用であれば、日立や他のメーカーのものでも取り付け位置さえ気にしなければokですか?

(2)あと4灯のうち片側2灯分のみ換えるような方法でも問題ないですか?

(3)自分で前の安定器を線を切ってはずし、電線と閉端子で接続すれば自分で出来ると思いますが、他に交換方法がありますか?

以上3点、お願いします。
自分で出来るのであれば8箇所かえようかと思っています。

Aベストアンサー

現在の器具に付いている安定器の資料が見つからないですが、
>松下電工:品番;FZ40215944
>品名:ES×4021 HK-5ENH 100V がふたつ使用されてるようです。
>生産は既にされてないようです。

現在ラピッドスタート式の直列2灯用の安定器がコイル(銅鉄形安定器)ではなさそうですので、
1.安定器はメーカーが異なってもFL40/FLR40の規格が同じなら使用可能です。
2.もちろん、片側2灯分のみ換えるのも可能です。
3.配線を差し替えればOKです。(配線の接続を間違え無いように・・・)

参考:
http://www.denzaido.com/page/5656/
http://www.denzaido.com/page/12539/
*我が家は近くで交換用ユニットが入手できなかったので、寿命のきたインバータ部のコンデンサーを交換して修理しました。
 

Qごく普通の蛍光灯安定器の「交換要領」の件。

ごく普通の蛍光灯安定器の「交換要領」の件。
下記サイトの東芝ライテックの説明書に「一度リード線を抜いた安定器を使用しないでください」
との注意書きがあります。

「過去に長期間使用して、いちど取り外した安定器を流用して使用しないでください」
という意味ならば理解できるのですが、
新品でも「一度リード線を抜いた安定器を使用しないでください」という意味ならば理由が解りません。
交換する際に失敗が許されないのかと考えると作業が不安です。
安全上、何らかの理由があるのでしょうか?

「一度リード線を抜いたら使用しないで」という理由についてご存知のかたは教えてください。

注意書きの該当部分を添付画像にも添付しました。
http://saturn.tlt.co.jp/product/servlet/getpdf/3/00015306/p//FBC-20162RA/B.pdf
-----

Aベストアンサー

この端子はリリース機構が搭載されていませんので
一度でも線を差し込んでしまえば、適正に抜く方法が有りません。
それでも線を抜くということは、内部に何らかの異常が残る可能性があるので
「一度リード線を抜いたら使用しないで」
と言うことになります。
(まあ、むりくり抜いてもダメージが無いこともあるでしょうが、それをメーカーは保証しませんよと言うこと)

Q安定器(照明器具用)の構造、回路について

旧型のUV照射器が壊れ回路を確認しておりますが、
搭載されている安定器(トランスのような)の構造と回路構成がわかりません。メーカーに問い合わせましたが資料が無いとの事。
安定器が生きているかどうか確認したいのですが構造と回路がわかりません。
基本な回路と動作がわかれば教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 理論で言うと、専門家です。
 UV照射器とは何かわかりませんので、経験者にしました。
 放電の動作が入る照明器具に安定器が使われます。安定器の安定の意味は、放電による動作を安定に持続させる点を強調してつけた部品の呼び名です。一言で部品はコイルです。

 放電は不安定ですぐ切れてしまうからです。

 アーク放電による溶接の放電を安定に持続させる。
 蛍光灯や水銀灯の放電を安定に持続させる。


 放電回路に直列にインダクタンスL、つまりコイル、を接続すると、放電電流の電圧電流特性曲線が、垂下特性といって、概略、縄跳びの紐を両手を広げてたれ下げた形の特性曲線になり、放電は消えそうになると、電流増加し、大電流になろうとすると、垂下特性曲線に沿って、自動的に元に戻す作用が起きて、放電が持続するのです。図を書けませんので説明は省略します。

 交流回路では、通常インダクタンスと呼んで扱いますが、★この安定作用を取り上げ、安定器と呼んでいるのです。電気回路には、電気の目にはR、L、Cしかないのです。

 直流回路ではコイルは単なる電線(銅線)の抵抗回路にしかなりません。スイッチオンと切断の時だけ、変化電流になるので、コイルはインダクタンスの作用を示します。 特に切断時には、直流交流に関係なく、コイルの両端に高電圧を発生します。

 蛍光灯のフィラメントの電子放出用の塗布物質が飛び散って管壁が黒くなるのは、切断時のコイルに発生する高電圧のためです。英語でスパッタリングと言います。

 この安定器のコイルが電流切断時に高電圧を発生する動作は、蛍光灯を点灯する時にも使い、なくてはならないものになっています。
 つまり、ONのスイッチを押して手の離して切ったとき、或いは、グローランプが点灯して電流を流していて、バイメタルが熱で伸びていってくっつき、冷えて縮まり、電流を切った瞬間、自動的にコイルの発生電圧で蛍光灯の管に放電が開始されるのです。切れ方が悪いと、高圧発生せず、再度、同じ動作が何度でも繰り返されます。水銀灯も同じと記憶しています。

 電流を流して水銀を蒸気化しておく余熱する動作も必要です。以下省略。


 参考 

 アンプ、コンピューター、テレビ、ラジオ、VTR
・・・・、電気機械器具全てのの中に、コイルが入っていますから、スイッチ切断時に必ず高電圧夏を発生しています。これで断線する可能性があります。
 基本を知っていると、応用がききます。



 大変もったいぶって失礼しましたが。

 以上の理由で、安定器は、コイルです。UV照射器は見ていませんが、蛍光灯のは、インダクタンスを大きくするため、矩形状の鉄心の1辺にコイルを巻きつけます。

 丁度トランスの鉄心に1次巻線だけ巻いた形のものです。
棒状鉄心に巻き線すると簡単ですが、磁力線回路(磁束回路)に空気が入り、インダクタンス効果が小さくなります。
           以上。

 理論で言うと、専門家です。
 UV照射器とは何かわかりませんので、経験者にしました。
 放電の動作が入る照明器具に安定器が使われます。安定器の安定の意味は、放電による動作を安定に持続させる点を強調してつけた部品の呼び名です。一言で部品はコイルです。

 放電は不安定ですぐ切れてしまうからです。

 アーク放電による溶接の放電を安定に持続させる。
 蛍光灯や水銀灯の放電を安定に持続させる。


 放電回路に直列にインダクタンスL、つまりコイル、を接続すると、放電電流の電圧...続きを読む

QLED蛍光灯の設置方法

最近は、
LED蛍光灯が発売されています。
が、
普通の蛍光灯と交換するだけで、点灯可能なのでしょうか?


それから、
オススメのLED蛍光灯が有れば「型番」を 教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

LEDと蛍光灯はまったく別のものです

蛍光管型LEDが 省エネとの勘違いの風評に乗って 悪あがきしています
LEDは蛍光灯に比べて 省電力ではありません そのうえ光の広がり方が大きく異なるので暗く感じることが多いです
そのようなデメリットは表に出さず 消費者の勘違いを利用して売り込みを図っているのが蛍光管型LEDです

蛍光灯器具によってはランプ交換だけで点灯するものもあります 改造しないと点灯できない器具もあります

ランプだけLEDに交換しても自己満足と前よりも暗くなったとの批判だけです

LEDにしたいなら器具の配置も検討して器具ごと交換すべきです

そのような意味で お勧めは従来の蛍光管です

ただし 白熱電球に対してなら蛍光灯に近いくらい省電力ではあります

Q蛍光灯FL、FLRとは?

いろんな本を探してもFL,FLRの意味を載せたものはいないです。FL,FLRの正式名称はなんでしょうか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用されている方式で、40ワット型がほとんどです。
 この方式は、安定器など点灯回路が点灯管式やインバータ式とは全く異なり、点灯管なしで、多くのランプが一斉に速く点灯する特徴を持っています。
 蛍光灯にはこのほか、「Hf蛍光灯」と呼ばれるものもあり、記号はFHFです。
 注意しなければならないのは、器具により適合するランプが異なるということで、ランプを交換する際には、必ず適合するランプを確認しなければなりません
 もし間違ったランプをつけると、短時間で端が真っ黒になって点灯しなくなったり、器具の故障の原因にもなります。
 一般家庭で使用されている蛍光灯は大抵スタータ型ですが、お店を経営されている方などで、店舗に40ワット型のランプを使用されている場合は、ランプ交換の際には必ず「FL」「FLR」の違いを確認なさるようにしてください。
 なお、「Hf蛍光灯」は、専用器具でなければ使用できません。こうした器具には必ず「Hf蛍光灯専用」と表示されたラベルが器具に貼られています。

参考URL:http://national.jp/product/conveni/lamp/flourescent/index_g.html

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用され...続きを読む

Qコンパクト蛍光ランプソケットから電源コードの外し方

安定器を交換したいのですが、安定器からのコードがコンパクト蛍光ランプソケット(NZ0539)に配線されています。ソケットから安定器からのコードを抜きたいのですが。ソケットに抜き窓等なくどうしてコードを抜いたらいいのかかわらずに困っています。ソケットからコードを抜き方法をご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

安定器の交換と有りますが、なぜ安定器を交換するのでしょうか?

点灯しないのであれば他に原因は考えられませんか、グローや端子などの断線や接触不良など
安定器ではなくインバーター基板では?どちらにしてもその蛍光灯に合った安定器でないとダメです

安定器はトランスと同じ作りで故障することは通常ではありません(異常な電流が流れるなどでは焼き切れる事もある)

例えトランスの交換をするにしても、他の人も書き込まれている様に簡単に抜くことは出来ません
もしソケットから抜けたとしてもコードと端子は半田付けされているので、半田付けの作業が伴います

質問者様が半田付けが出来るのならソケットからコードを引き抜かなくても、コードの途中を切って
新しい安定器のコードを接続し、半田付けの後絶縁テープで接続部を保護すれば簡単に安定器の交換が出来ます

この様な自己修理をされると万一事故っても自己責任となりますので、買い換えを検討されては如何でしょうか

Q直管蛍光灯器具を複数繋げる方法を教えて下さい

このたびシルクスクリーンの感光機を自作するために、
ケミカルランプを6本連結し
1つのコンセントでON/OFFをできるようにしたいのですが、
(↓のサイトのようなものです)
http://ww36.tiki.ne.jp/~tuntunget/zisaku_1.html
直管蛍光灯器具を繋げる方法・コンセントを付ける方法が
電気配管が初めてな為にどうしてもわかりません。

ネットでいろいろ調べまして、
・ケミカルランプ×6、直管蛍光灯器具×6を用意する
・http://www.akaricenter.com/diyset2.htmの
「蛍光灯器具用 電線VCTF 1.25sq×2芯×3m(プラグ付き)」←コンセント
「FVケーブル(電線)」、他「安定機」を用意する

●直管蛍光灯器具にあるhttp://www.akaricenter.com/img/toshiba/shoumei/connectimgl.jpgのような穴にコンセントの電線を接続
●この穴に、FVケーブルを使って上記写真を真似て連結していく

というところまで調べました。

お聞きしたいのですが、上記項目は合っていましたでしょうか?
また、他に必要な道具、もしくは上記より詳細な行程をご存じでしたら
お教え頂けないでしょうか?
あと安定機はどのように設置するものなのでしょうか?

全て買い揃えてから点灯しなかったり、
初心者なためミスがあってショートしてしまったら怖いので、
近い経験のある方・詳しい方に是非教えていただけたらと思い
質問させて頂きました。

よろしくお願いします!

このたびシルクスクリーンの感光機を自作するために、
ケミカルランプを6本連結し
1つのコンセントでON/OFFをできるようにしたいのですが、
(↓のサイトのようなものです)
http://ww36.tiki.ne.jp/~tuntunget/zisaku_1.html
直管蛍光灯器具を繋げる方法・コンセントを付ける方法が
電気配管が初めてな為にどうしてもわかりません。

ネットでいろいろ調べまして、
・ケミカルランプ×6、直管蛍光灯器具×6を用意する
・http://www.akaricenter.com/diyset2.htmの
「蛍光灯器具用 電線VCTF 1.25sq×2芯×3...続きを読む

Aベストアンサー

電気工事士です
あなたの知識がどれほどかわからないのでなんともいえませんが
資格は必要ありませんというか
コンセントに差し込んで使うのなら資格は必要ありません
屋内配線に直結するなら資格と工事届けが必要です

蛍光灯の配線です
両端にそれぞれ二つの端子があります
両端の端子一つづつから点灯管に繋ぎます
残りの二つの一方は電源もう一方は安定器ー電源です

電源に直結する器具でなければVFケーブルは必要ありません
1.25sqコードで十分です
ただし線が蛍光灯に直接触れないよう、固定するときは軟質ビニールチューブに通すかテープを巻いて傷がつかないようにしてください
器具からコンセントまでは必ずコードを使いVFケーブルなど固定用の電線は使わないようにしてください

必ずコンセントにさして使い不要なときはコンセントから抜いてください

QHfとは何ですか?(蛍光灯の種別)

従来設置されている蛍光灯を、「Hf」に交換する作業が進められていますが、「Hf」とは何ですか?(蛍光灯の種別)簡単にわかりやすく教えて頂けたらありがたいのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「高周波点灯方式」の事。俗に言う「インバータ式」

点灯時に「安定器」「点灯管」が不要で、古い建物の蛍光灯の安定器には「PCBなどの有害物質」が使われている。

安定器が老朽化すると破裂する場合もあり、その場合は「頭上からPCBが降り注ぐ」と言う恐ろしい事態になる。

その為、学校や役所など各公共施設で安定器が要らない蛍光灯への交換作業が進められている。

Q電気の単位でKVAという単位はどういう意味?

電気の単位でKVAという単位がでてきましたが、KVAというのは何?
またKVAはKWと同じ意味ですか?KVAからKWになる為には何を掛けるのですか?

Aベストアンサー

直流は 電力(W)=電圧(V)×電流(A)

交流は 電力(W)=電圧(V)×電流(A)×力率(cos θ)

交流で 電圧(V)×電流(A)を 皮相電力(VA)(見かけの電力といいます)
VAの1000倍がkVA(ケイブイエー又はキロボルトアンペア)です。

過去にも何回か似た質問が出ています。ご覧ください。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=123744)
(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=114728)

これらをご覧になると、力率が低いことの弊害もわかります。


人気Q&Aランキング