出産前後の痔にはご注意!

今度キャンプに行くことになり、テントを購入しました。
しかし、テントを設営した事が無い為、一度練習をしてみたいと思ったんですが、
一体どこで練習できるでしょうか?
近くの公園とかでは、禁止なのでしょうか?
川崎市宮前区周辺で、情報お持ちの方いましたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「練習」であれば問題はないかと思われますが、傍目からはそれが「練習」なのか「そこでキャンプをしようとしているのか」の判別が出来ず、誤解を生みそうなので河原等でされた方がよいかもしれません。


川崎市なら多摩川の河原などはどうでしょう....でもまぁそんなに練習をしなければいけないほど難しいモノではないかと。
冬山・荒天登山のキャンプなら別ですが(^^;)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテント張るのに許可は要るのですか?

ちょっと気になったんですが
テントを張る時身近な機関・人から許可などはいるのでしょうか?
まあテントですから張るのは主にキャンプ場等かと思いますが
それ以外で公園の空き地とか高い山の中間等
回答お願いします

Aベストアンサー

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々あります。
・ハイキング、山登りの場合に予定の行程どおりに行かずに緊急避難で張るなら許されるでしょう。(計画時に可能性のある退避場所を調べておくのは常識)


許可をもらう場合とゲリラ的に泊まる場合に分けて書きます。

正式許可がとれるかどうか

河川敷
河川事務所が管理している。大規模キャンプは事前申請が必要。
河川敷に公園や野球場がある場合、管理者は別にいる。正式に許可を求めるなら、そこを探す。
いずれも個人が申請しても許可が出ない

海岸
多くの県では、キャンプ禁止になっている。

道の駅などの駐車場
許可は出ない

里山(農地のどん詰まりとか、林道の終点とか)
あらかじめ地主の許可を求めればOKとなることが多い。国有林は許可は出ない

廃校、公民館など
管理者(町内会など)次第

高い山の中
キャンプ地以外は許可が出ない。オフシーズンでキャンプ地が閉まっているようなときでも「あきらめてください」といわれるだけ。


ゲリラ的に泊まる場合

一般論
「不法侵入」と言われたら反論できないことを念頭に置いて自分の責任でおこなう。

目立たないところに張るか、普段テントが見られるところに短時間だけ張れば、多分問題にはならない。

人工の構造物(駐車場、道路、漁港、トンネル、高架道路、鉄道、学校、公園)を極力避けて、林とか林道、空き地など自然に近く人気のない場所を選定する。

日の高いうちからテントを張ったり、朝遅くまで張っていれば、誰かに何か言われる可能性が高まる。あらかじめあたりをつけておき、人気が無くなってから張る。

トイレなどのあるところにする。
暴走族などが来ることを念頭に置く。

あらかじめ地図・ガイドブック・ネットで研究し、現地(役所の観光課や観光協会)に電話をして様子を聞き、出来れば下見に行き、当日は早めに着いて場所を確認し、出来れば近隣の人に声をかけ、人気のない時間だけ張るというのがポイント。


河川敷・海岸
2-3人のグループがバーベキュー程度をするなら許可は要らない。
駐車場などの一番奥とかなら文句は言われない
洪水や暴走族などを念頭においておく。

海岸
オフシーズンに目立たないところで張るなら多分OK。
駐車場があればそこの脇がよい。荒天時に注意
砂浜ではなく、防風林などの脇がよい。

都市部の公園
大規模な緑地や築山のあるような公園なら目立たないところがあるかもしれないが、リスクは大きい。

地方都市の人里離れた公園や野球場
夜間も自由に出入りできる場所なら多分OK.

道の駅や観光地の駐車場
深夜管理人がいないあいだに目立たない場所の緑地に張る。オフシーズンに自分の停車している車の横に張るくらいなら、文句は言われないないだろう。
交通事故に注意

林道・農道の終点
日没後、交通が無いことが確実なら泊まることが出来る。未明からトラックが通ることがあるので注意

林の中(低山)
テントを張るには下草を刈ったりする必要がある。雑草なら良いかもしれないが、キャンプには不適当

林の中(高山)
土壌を踏み固めるという行為の影響や、トイレなどの始末方法を理解してなければ勧めない。(生物で分解されないし、生態系を乱す)
管理された人工林なら可能性があるが、国立公園内では緊急退避以外でキャンプをしてはならない

山頂近くなどに山小屋があれば、キャンプ出来る場合は場所を指定してくれる。あらかじめ問い合わせておくこと。

そのほか
教育目的でやる場合は、警察、消防に計画を連絡しておきます。パトロールしてくれます

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々ありま...続きを読む

Qテントやターフの試し張りはしますか?

新品で今回テントを買いました。
ところが、「設営前に内容を確認してください。試し張りをしてください。」と店頭では書かれていましたが、実際みなさん試し張りはしますか?

また試し張りしなかったことによる失敗談などをお寄せください。

また、コールマンが人気ですが、製品クオリティーはどうですか?

人気=良製品とも限らないし、似たようなものでロゴスというのもありますね。こっちはコールマンと比較して安いですけど、なんかケチっぽく見えます。(個人的見解)

コールマンのメリット・デメリットも聞きたいです。

Aベストアンサー

某アウトドア販売店、某アウトドアメーカーに以前、在籍していた者です。現在は、だいぶ少なくなりましたが十数年前までは全ての燃焼器具、全てのテント、タープメーカー等、クレームが雨嵐の様に頻繁に多発した時期がありました。 私も東京の会社から福島のキャンプ場、富士五湖のキャンプ場等、クレーム解決の為に出向いた事が数回、あります。 現地に出向いてみると、お客様の単純ミス(たとえば、緑のブランドでいえばポンピング不足やマントルを空焼きせずに火を付けようとしている人等)こちらから見ると、単純ミス続出です。ランタン、2バーナーの類はガソリンをまた補充すれば何回でも使える物なのに、1回使ったら、100円ライターの様にその場に捨ててしまう輩もいました。 テント、タープの話に戻ります。 キャンプメーカーに限らず、どの分野の道具にも言える事ですが必ず、自宅で試しばりはして下さい。 現地でワクワク楽しいキャンプが一発でシラケムードになりますよ。 あるメーカーで、こんなこともありました。 そのお客様は、やはり試し張りをしませんでした。 テントの名前をカタログで覚えてその品名のテントを購入したそうです。 6人用のテントでした。 現地について早速、組み立ててみると写真のテントと形が違うし中に立つ事も出来ない。 なんと、箱と中身が違ったそうです。 それから後は、大クレーム大会です。 私の上司がキャンプ場まで出向きました。 これ以外にも色んな話があります。ここでは書ききれません。 新品で買ったのにロープが入っていない。 ペグが入っていない。 収納ケースが入っていない。 ポールが1本不足している。 そこに通すポールではないのにお父さんが力任せにその穴に通したが為にテント生地が裂けた。 番外でテントにメーカーロゴが印刷されていない物もありました。 ほとんどのメーカーでも、新品の化粧箱の中に収納する際は手作業なので、人的ミスもおおいに考えられます。 現地に赴く前に必ず、テントに限らず、初心者の方は特にテント、タープは近所の公園等での試し張りをお薦めします。 燃焼器具の場合も、必ず点灯、着火しましょう。 何よりもあなた自身が泣かずに済みます。 1日も早く道具達を使いこなせる様になりましょう。 それでは楽しいキャンプライフを…!!

某アウトドア販売店、某アウトドアメーカーに以前、在籍していた者です。現在は、だいぶ少なくなりましたが十数年前までは全ての燃焼器具、全てのテント、タープメーカー等、クレームが雨嵐の様に頻繁に多発した時期がありました。 私も東京の会社から福島のキャンプ場、富士五湖のキャンプ場等、クレーム解決の為に出向いた事が数回、あります。 現地に出向いてみると、お客様の単純ミス(たとえば、緑のブランドでいえばポンピング不足やマントルを空焼きせずに火を付けようとしている人等)こちらから見ると...続きを読む

Q河原でテントを張ってバーベキューするのに許可はいる?

ゴールデンウィークに近所の河原を歩いていたら、河原にテントを張って、家族や仲間でバーベキュー・パーティーをやっているグループがたくさんいました。

河原でテントを張ってバーベキューするときは、誰かの許可がいるのでしょうか、それとも、勝手にやっていいのでしょうか?

Aベストアンサー

河川は河川法上では、一級及び二級河川に分類され、国又は都道府県が管理しています。
川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。個人が散策、ボート遊びやバーベキューなどをする場合は、自由使用として特に許可を必要としませんが、大規模なイベントなどを催されるときは、河川管理者(国土交通省の各河川出張所等)に相談してください。
河川に工作物を新築したり土地を掘削したりする行為などは、河川の効用に影響を及ぼす恐れから一般的には禁止されていますが、特定の申請に基づいて河川管理者の許可を得た上で河川使用が認められる場合があります。さらに特許使用といって、土石や砂利の採取、土地の占用、流水の使用など特別に使用権を設定することで初めて河川使用が可能となるケースもあります。(管理釣り場等がこれに該当します)
また、河川には河川法の適用を受けない小規模な川(準用河川、普通河川)がありますが、その管理は地方公共団体の条例により行われています。
よって、河原でバーベキューを行うときには、一般的には許可はいらないと考えて良いでしょう。しかし、小規模な川などでの私有地や使用権が設定されている場合もありますので、立て札等に注意してください。
また、都道府県によっては、河川でキャンプ(宿泊?)する場合に届けでるよう指導している場合もありますが、あまり厳格(役人的)にいうと、野田知佑さんに川に投げ込まれるので、「川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。」ということです。
ただ、ダムの放流等、増水によって中州に取り残される事故もありますので、ゴミの処理も含め個人の責任において楽しむことが必要です。

参考URL:http://www.ob.hkd.mlit.go.jp/hp/madoguti/kasen-kyoninka/kasen-kyoninka-04.html

河川は河川法上では、一級及び二級河川に分類され、国又は都道府県が管理しています。
川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。個人が散策、ボート遊びやバーベキューなどをする場合は、自由使用として特に許可を必要としませんが、大規模なイベントなどを催されるときは、河川管理者(国土交通省の各河川出張所等)に相談してください。
河川に工作物を新築したり土地を掘削したりする行為などは、河川の効用に影響を及ぼす恐れから一般的には禁...続きを読む

Q雨に濡れたテントの乾燥(アパート住まいの場合)

キャンプ初心者です。

今回キャンプに行き、初めて雨に降られ、テントと
スクリーンタープを濡れたまま持ち帰ってきました。

雨に濡れたテントとスクリーンタープを乾燥したい
のですが、アパート住まいでベランダも無く干す所
が無いので、どうやって乾燥させたら良いのか困って
います。

次の休みにでも設営して乾燥できれば良いのですが、
梅雨の時期なのでそれも可能かどうか・・・
あまり期間が経つとカビが生えて使えなくなると
聞いているのでちょっと焦っています。

アパート住まい等で干す場所が無い方は、どの様に
なさってるのでしょうか?

ちなみに、車に干すという方法をよく聞きますが、
諸事情で無理なので、それ以外の良い方法お教え
下さい。

Aベストアンサー

とりあえずは濡れたままだとカビが生えて臭くなるので部屋か風呂場に干してください。
部屋なら下に新聞紙を敷いて乾かしてください今度は部屋がカビますよ。
時間ができたら屋外で干すといいですよ。
駐車場でも、公園でもやはり太陽に当てて干すと臭いも取れるし次に使った時に気持ちいいですよ。
もしカビが生えたら洗剤とたわしで擦って洗えば綺麗になりますよ。
乾燥後ファブリーズで除菌してやれば少しましになりますよ。

Qタープ内でのバーベキュー

はじめまして。
これまでタープを持っていなかったのですが、この夏に向けて購入したいと思っています。できればスクリーンタープ(スクリーンテント)をと思っているのですが、そこで皆さんに教えていただきたいことあります。
スクリーンテントの中でバーベキューは可能なのでしょうか?
熾き火になってからコンロを持ち込むので、火の粉が飛び散ることはあまりないと思うのですが、少し心配です。
もし、「バーベキューは外で」ということになると、家族はタープの中で、お父さんだけ一人寂しく肉を焼くことになってしまいますよね?
皆さんはどのようにされていますか?
経験談、失敗談等、何でも結構ですのでいろいろと教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これからの季節はやっぱりスクリーンタープですよね~
我が家も小さな子供がいますので蚊取り線香も併用しています。
スクリーンタープ内でのコンロ使用はキャンプ雑誌なんかを見ていると危険だからやめた方がいいってのってますよね。
で、我が家も最初は旦那だけが外でお肉を焼いていましたが、最近では炭が落ち着いてきてからタープ内に持ち込んで使っています。
炎が上がるような使用は止めたほうがいいですが、普通に使っていれば大丈夫でしょう!
キャンプ場に行くと、タープ内でバーベキューしてる人多いですよ。

Qオートキャンプとデイキャンプの違い?

こんにちは。キャンプについての質問です。
タイトルにも書きましたが,オートキャンプとデイキャンプの違いがよく分かりません。
車で現地に行って,その日に帰る場合はどっちなのでしょうか?
オートキャンプ1区画3000円
デイキャンプ1人500円
駐車料500円
と書いてあるキャンプ場が多いように思うのですが,単純にテントとか張らずに,バーベキューを日帰りで楽しむ場合は,一体いくらになるのでしょうか?
いまひとつシステムが分かりません。教えてください。
また,予約のいらないキャンプ場は,相当早く現地に行かないと週末なんかは入れないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デイキャンプは字のごとく「日帰りキャンプ」です。
オートキャンプは自分のキャンプサイト(用地)まで、あるいはその近くまで車を乗り入れできるタイプのキャンプ形態でそれは宿泊しようがデイキャンプで日帰りしようが同じです。
予約のいらないキャンプ場はその時の状況で利用できたりできなかったりと不都合はありますが、人気のあるキャンプ場なんか半年前でも予約できない場合もあり、逆にいうと予約のないキャンプばは当日でもうまくいけば利用できるという最後の手段的な使い方ができます。

Qはっきり言います!コールマンってそんなに

コールマンのテントってそんなに悪いの?いろいろな方の回答を見ていると結構ボロクソに言われてますよね、オート ファミリー程度のキャンプもちろん悪天候時は中止(天候の急変は仕方ないが)という使い方でも、よした方がいいですかね?小川やスノピーじゃないとだめですか?ちなみに私はまったくの中立です(素朴な疑問)。 初心者のテント選びなのでかなり惑わされています。家族四人(娘3,6)のへなちょこキャンパー タフワイドドーム300EX(コール)検討中、理由安い デカイ いちよう耐水圧2000 以上

Aベストアンサー

こんにちは。Colemanボロクソ派の一人です。
惑わせているなら謝らねばなりませんね。すみません。

ahotanさんの言われるような『前提』がはっきりしている場合なら、小生の場合は否定はしていません。
逆に笑顔で薦めはしませんが、
 それなら大丈夫、まあまあですよ
と言う場合もあります。

ただそういった『前提』がない場合には、こちらとしても逆にいい加減な推薦はできません。
(実際には責任のとりようもありませんが)何かあった場合に責任を感じるような事を答えたくもありません。
これから先どういうシチュエーションで使われ、どういう判断を下されるのか予測も断言もできない方々に問い求められ、こちらとしても薦められるブランドではないことをありのまま意見として述べているのです。

安全面・機能面・補償面だけではありません。
No.1氏もお書きになっているようにブランドの価値みたいなところが判って後悔されるケースもあります。
チープブランド、ビギナーブランドでも構いません、と付け加えて頂ければ
 それなら大丈夫です
と答えます。


ネット上でもかなり話題になりましたが、初めておろした新品のポールが折れるなどの事故が多発し、それに対する対応態度も頗る悪かった_これは事実です。
小生の知り合いも3人体験し、1度はその場所に居合わせています。もう1度は小生自身が経験しています。事実です。
snowpeakや小川などの会社はフォロー体制が万点かどうかは意見も分かれましょうが、少なくとも対応やサービスがしっかりしており充分な誠意が感じられます。
これも小生自身が経験してきた事実です。


誤解の無いよう補足しておきたいのですが、
以上は日本法人固有の商品開発や品質管理、顧客対応について述べていることです。
米国本社の商品_特に液体燃料のバーナーやランタンについては小生も愛用しています。

こんにちは。Colemanボロクソ派の一人です。
惑わせているなら謝らねばなりませんね。すみません。

ahotanさんの言われるような『前提』がはっきりしている場合なら、小生の場合は否定はしていません。
逆に笑顔で薦めはしませんが、
 それなら大丈夫、まあまあですよ
と言う場合もあります。

ただそういった『前提』がない場合には、こちらとしても逆にいい加減な推薦はできません。
(実際には責任のとりようもありませんが)何かあった場合に責任を感じるような事を答えたくもありません。
これか...続きを読む

Qキャンプで連泊、食材の保存は?

来週、2泊3日で南信州方面にキャンプに行きます。
食材の保存方法についてお聞きします。
両日とも肉を使う予定なのですが、1日目はいいとして、2日目に使う分の保存をどうしようか悩んでいます。
近くにスーパーがあるそうなので途中で買い足せばと思いましたが、聞くと品揃えがよくないそうなので、自宅から用意していきます。
一応肉は冷凍しておいたり他にもペットボトルを凍らせて入れたりとするつもりですが、やはり氷の補充等を途中でしたほうがいいのでしょうか?
今まで1泊しかしたことがなく、おまけにこの時期は初めてで子供もとても楽しみにしています。
良いお知恵を教えてください。

Aベストアンサー

2日位でしたら十分クーラーに冷凍したモノを入れておけば十分持ちます。(夏でも、秋なら3日は大丈夫)
2日目には自然解凍が出来ていて良い感じになります。(笑)

ただしポイントが何点かあります。
1)食材を入れるクーラーは1日目と2日目とを分ける。つまり2個いります。
2)必要な時以外むやみにクーラーのふたを開けない。
3)車の中や直射日光の当たるところで保管しない。日陰で十分です。
4)痛みやすい食材はクーラーの一番下に入れる。

以上です。

Qタープ用ロープの太さ

タープに使用するロープの太さは通常4mmと指定されていますが、3mmと比べてどれくらい強度差があるのでしょうか?もともとタープに付属している4mmのロープより、登山用品店にある3mmのロープ(ザイルっぽいやつ)のほうが強度があるように感じるのですが、ロープの種類によってもかなり差があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 タープに付属するロープなら強度の違いはそれほどありません、引っ張り強度は約50kgぐらいです。

 細引きなどの細いロープの場合は、3mm/150kg、4mm/300kgなどの違いがあります(製品によって違います)

 まあ、タープに付属する金具(ハトメ)の直径で左右するんですけどね 9mmのロープなんて通らない(^^;

 あと、ロープの強度を上げると、風が吹くとタープが切れ(割け)ちゃいます(^^;

Q薪と炭の違い

今度BBQをしようと思いホームセンターで炭を買おうとしたら、木材の切れはしが袋に詰め放題で150円でした。

木材は4センチ角の長い棒です。

これは炭としてつかえるのでしょうか。
また、そうだとしたら普通の炭との違いは何ですか??

知っている方いましたら教えていただきたいです。
ヨロシクです。

Aベストアンサー

薪と炭の大きな違いは燃えている時間だと思います。
薪はすぐ燃え尽きてしまい、炭にはなりません。その点、炭火はいつまでも燃え続けます。
だから薪にうまく火をつけても、次々に薪をくべなければ料理しているうちに燃え尽きてしまうかも。太めの薪を入れれば長く燃えますが、それでも炭の燃焼時間とは比べものになりませんし、太いと火力はつよくなりません。薪で火力を強めるには割り箸のような細い枝をくべればよいのですが、4cm角では太すぎるので、割って使わなければならないです。
やはり炭を使われた方がよいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング