植民地時代から19世紀にかけて奴隷制度が定着していく過程について教えてください。
それから、南部の人種差別政策は20世紀半ばから崩れていきます。1930年代以降、黒人社会に影響を与えた出来事を幾つか取り上げてほしいのですが。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「アメリカの黒人の差別の歴史」という本がいいと想います。

    • good
    • 0

ちょっとうろ覚えですが…。


「アメリカ黒人の歴史」(岩波新書)にコンパクトにまとまっていたと思います。
    • good
    • 1

植民地時代からの大まかな流れです。



1607年:イギリス、北米最初の植民地を建設(ジェ-ムズタウン)
1619年:20人のアフリカ黒人、ジェ-ムズタウンに輸入される
1641年:マサチュ-セッツで奴隷制度を合法化
1663年:ヴァ-ジニアで最初の大規模な奴隷暴動
1672年:イギリス、王立アフリカ会社を設立(奴隷貿易の急速な拡大)
1773年:ボストン「ティ-パ-ティ事件」
1775年:イギリスとの本格的な武力戦争始まる
    ベンジャミン・フランクリン、トマス・ペインが奴隷制反対
1776年:独立宣言
1807年:奴隷貿易禁止法発効  
1852年:スト-夫人「アンクルトムの小屋」出版
1860年:エイブラハム・リンカーン、大統領に当選
1861年:南北戦争始まる(~1865年)    
1863年:奴隷解放宣言  
1865年:リンカーン大統領暗殺される
1866年:公民権法成立
1868年:W.E.B.デュボイス生まれる(~1963年)
1870年:黒人の選挙権付与(憲法第15条)
1892年:リンチによる黒人の年間死亡者数ピ-クに達する
1903年:デュボイス「黒人の魂」出版
1919年:シカゴはじめ各地で人種暴動発生
1950年:ラルフJ.バンチ、アメリカ黒人最初のノ-ベル平和賞を受賞
1953年:ルイジアナ州バトンル-ジュでバスの人種隔離反対運動起こる 
1954年:最高裁、公立学校における人種隔離に違憲判決
1960年:「座り込み運動」始まる(南部全域に拡大)
1963年:ワシントン大行進に20数万人が結集
     ケネディ大統領暗殺される
1964年:M.L.キング、ノ-ベル平和賞を受賞
1965年:マルコムX暗殺される
1967年:サ-グッド・マ-シャル、最初の連邦最高裁黒人判事に任命される 
1968年:M.L.キング暗殺される
1983年:M.L.キング記念の国民祝日制定
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの空母とその他の空母

アメリカ海軍の空母ってあまりミサイルとかその他防御兵器なんかの搭載量が少なくほぼ周りの駆逐艦や巡洋艦に頼っていることが多いと聞きました!
それは何故でしょうか?

フランスのシャルル・ドゴール空母やロシアの空母は単体でも戦闘可能と聞きますがアメリカは何故攻撃力や防御力を最小限に抑えたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは


> アメリカ海軍の空母ってあまりミサイルとかその他防御兵器なんか
> の搭載量が少なく・・・

192発もの短SAM載っけている"クズネツォフ(ロシア)"は、まぁ
例外中の例外で(^^ゞ、他の国アメリカ(ニミッツ級)、フランス(CDG)
イギリス(インヴィンシブル)、それぞれの空母の個艦防御用の兵装
にそんな極端な差は無いと思います。

Nimitz(US):8連装短SAMx2、21連装近SAMx2、CIWS x2
CDG(France):8連装短SAMx4、6連装近SAMx2、20mm Gun x8
Invincible(UK):CIWS x3、20mm Gun x2

ってな感じですね。

また米軍(の艦船)に関しては、これらの兵装は、ほぼ全てSSDS
(Ship Self-Defence System)というセンサー類、処理装置、と
一体で制御される、統合個艦防御システム下に統合されていま
すんで、タマは少ないけれど効率的な防御が可能だと思います。


> シャルル・ドゴール空母やロシアの空母は単体でも戦闘可能と聞き
> ますがアメリカは何故攻撃力や防御力を最小限に抑えたのでしょ
> うか?

うーーーん、CDGに関しては個艦で、ってちょっと考えにくいですね。
まぁ米軍ほどの陣容は無理でも、作戦行動の場合は随伴艦が必ず
あると思います。

ロシアつまりクズネツォフについても、基本個艦でどうこう、ってことは
は無いと思うのですが、他国の空母に比べて「重武装」であることには
間違いはないですね。
まぁ、当のロシア海軍自身が"空母"とは呼ばず"重航空巡洋艦"など
という不可思議な呼び方(分類)しているくらいですから・・・。

こんにちは


> アメリカ海軍の空母ってあまりミサイルとかその他防御兵器なんか
> の搭載量が少なく・・・

192発もの短SAM載っけている"クズネツォフ(ロシア)"は、まぁ
例外中の例外で(^^ゞ、他の国アメリカ(ニミッツ級)、フランス(CDG)
イギリス(インヴィンシブル)、それぞれの空母の個艦防御用の兵装
にそんな極端な差は無いと思います。

Nimitz(US):8連装短SAMx2、21連装近SAMx2、CIWS x2
CDG(France):8連装短SAMx4、6連装近SAMx2、20mm Gun x8
Invincible(UK):CIWS x3、20mm Gun x2

って...続きを読む

Q18世紀~20世紀のドイツ地方の演劇界の悲劇

近代のドイツの演劇界は、一時期空白とよばれる時期がありましたが、
それはやはり戦争が大きく影響しているのでしょうか?
古典主義から、ロマン主義への移り変わりもありますが、特にロマン主義の演劇を表現するのが難しいため途絶えてしまったのでしょうか?
ドイツの演劇史について詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

かなり専門的ですね。

以下に少し触れてあったかと思います。
ドイツ文学案内(岩波文庫)

なお、大阪大学の内山先生がその方面の研究者でした。
URLご参照ください。

参考URL:http://www.let.osaka-u.ac.jp/germanistik/introduction.htm

Qアメリカ軍の空母は何をしに来たのですか?。

アメリカ軍の空母は何をしに来たのですか?食料を運んできただけ?。

本当は福島の発電機火災をけすのが、任務だったのかな?

救援に空母は、大きすぎないかと思っていました。

原子力発電所の助っ人としてなら、意味がわかります。

実際どうなんでしょう、4号炉の火災はアメリカ軍が

消したんですよね。また火災が起こっているらしいけど。

Aベストアンサー

こんにちは


> アメリカ軍の空母は何をしに来たのですか?食料を運んできただけ?

米海軍の空母はご存じ"原子力推進"ですので、通常の艦船に比べ
遙かに長期間の洋上ミッションを継続展開する能力を持っています。

日本各地はもちろん、米国を始めとした海外からの捜索、支援要員、
燃料、食料、水、医薬品などの物資、これらは一旦三沢や横田を
経由してから、レーガンに運ばれ、そこでされに分配されて、ヘリなど
で現地にピストン輸送をしているそうです。

食料を運ぶ(もちろんその役目もありますが)と言うよりは、今は浮か
ぶ物流&配送センター、という役割でしょうか。


それと、空母はもちろん洋上の航空基地でありますが、同時にその
周辺空域の全航空機の管制も行います。

今、日本救援ミッション(作戦名:Operation Tomodachi)が展開されて
いる宮城三陸沖には、米軍はもちろんの事、自衛隊も含めると無数の
航空機が乱舞していると思われます。

レーガンCSGに随伴しているイージス駆逐艦は、その搭載ヘリコを使
って、洋上の捜索活動を行っているようです。

どの海域は捜索済み、どの海域に要救助者発見、人数多数のため
応援のヘリや船舶が必要、などの統制はレーガンのCDC(戦闘指揮
センター)がコントロールしているでしょう。


> 4号炉の火災はアメリカ軍が消したんですよね。

消火協力の要請をして、実際に出動準備はしていたようですが、到着
する前に"鎮火"と(一旦は)判断され、結局具体的な消火作業は行っ
ていないようですね。

もっともその(鎮火の)判断が甘くて、また本日物議を醸すような事態に
なっていますが・・・。

こんにちは


> アメリカ軍の空母は何をしに来たのですか?食料を運んできただけ?

米海軍の空母はご存じ"原子力推進"ですので、通常の艦船に比べ
遙かに長期間の洋上ミッションを継続展開する能力を持っています。

日本各地はもちろん、米国を始めとした海外からの捜索、支援要員、
燃料、食料、水、医薬品などの物資、これらは一旦三沢や横田を
経由してから、レーガンに運ばれ、そこでされに分配されて、ヘリなど
で現地にピストン輸送をしているそうです。

食料を運ぶ(もちろんその役目もありますが)と言...続きを読む

QTo Kill a Mockingbird (アラバマ物語)と1930年

アラバマ物語という本を読んでいます。(To Kill a Mockingbird)
日本でも有名な本だと思うのですが、読んだ事がある方に質問です。(読んで無くても分かる方にも!)
この物語の舞台は1930年代のアメリカですが、1930年代といったら世界恐慌真っ只中です。そこで、本の中で世界恐慌の影響が現れている部分などがあれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
僕は、大学の英語の授業でこの作品を読んでいます。

その授業の中で、ちょうど「世界恐慌」との関連性について先生が触れていたので、端的にお話したいと思います。

まず、この物語の舞台は、作者による仮想の街ですが、深南部(Deep South)のMaycombです。
当時、その深南部に属するアラバマ州は「綿」の主な生センチでした。
しかし、世界恐慌により綿の流通がストップしてしまい、まだ不完全であったReconstruction(再構築:南北戦争後の北部による南部の再建施策)の為に、北部以上に経済的ダメージを受けました。
そのような状況がわかる例を何個か挙げたいと思います。

まず、Scoutが初めて学校に行って、担任教師Mrs.Caroloneが話した猫の物語に対する生徒たちの反応です。著作権の関係上、そのシーンを引用するわけにはいかないのですが、現実離れしたおとぎ話は、厳しい現実を忘れさせてくれるようなものとは受け取ることはできないのです。
ここに、まず、世界恐慌の影響が見受けられます。
また、担任教師Mrs.Caroloneがアルファベットを黒板に書いて、スカウトに読ませたシーンですが、そこでも、すでに字を読める生徒がたくさんいた。というのは、家の仕事が忙しく、学校に来れない生徒が、二年生に上がれず、またScoutと同じ一年生をやっているのです。つまり、人を雇うような余裕のない家が、子供までも仕事に駆り出しているのです。それほど、経済が大変な状況なのです。

次に、Scoutと同級生の家族、Cunninghams(カニンガム家)の状況です。普通、昼食は、家に一旦帰って食べるか、売店などで買うものです。しかし、カニンガム家のWalter(ウォルター)が買うお金がなかったということです。

Ewells(ユーウェル家)も、世界恐慌の影響で、白人の割に貧困な生活を送っていると思われます。このような白人たちを、Poor Whiteといいます。そのことは、彼らの使う英語からも容易に想像できます。
例は、原書の英語版をお読みになっているならお分かりでしょうが、日本人が学校で習うような文法一本の英語では全く理解できないような英語がたびたび登場します。I amをI areとか言ったり、seeの過去形をsawではなくseenを使ったり、絶対裁判のような場で使わない表現を使ったり・・・つまり、高等教育を受けていないのです。これも、Cunninghamsと同じような傾向を感じられます。

以上が、僕が大学での授業での開設を参考に考えた回答です。
正直、南北戦争後の再構築(Reconstruction)の影響と、頭の中でこんがらがってしまっていて、その影響ばかりかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。
それでは、失礼します。

こんにちは。
僕は、大学の英語の授業でこの作品を読んでいます。

その授業の中で、ちょうど「世界恐慌」との関連性について先生が触れていたので、端的にお話したいと思います。

まず、この物語の舞台は、作者による仮想の街ですが、深南部(Deep South)のMaycombです。
当時、その深南部に属するアラバマ州は「綿」の主な生センチでした。
しかし、世界恐慌により綿の流通がストップしてしまい、まだ不完全であったReconstruction(再構築:南北戦争後の北部による南部の再建施策)の為に、北部以上に...続きを読む

Q今年最後の質問です。アメリカ軍退役者のアナリストが中国建造の空母は恐るるに足らず。空母はアメリカを含

今年最後の質問です。アメリカ軍退役者のアナリストが中国建造の空母は恐るるに足らず。空母はアメリカを含めローテクノロジーだそうです。潜水艦から遠距離魚雷1発で沈められる。戦闘機は近くの空港に帰らざるおかなくなると、日本の軍事アナリストとは次元が違うなと思いました。皆さんのご意見は?アンケートで教えて下さい。

Aベストアンサー

カタパルトの動力は原子力で焚き付けられたスチームですが
制御は電力で行っています。
ですが、その電力を完全に喪失させるには相当の手間がかかると記載しました。
そもそもカタパルトよりも着艦拘束装置や着艦誘導装置群が破壊されるほうが致命的です。
現在の艦上機はこれらが無いと戻れないですからね。
最悪、カタパルトなしでも軽装戦闘機なら離艦できるくらいですから
カタパルトにこだわるのがおかしいと思いますけどね。
そんなに中国のスクラップが怖いですか?

そもそも、戦時に米空母が単独で行動する事は基本的にないです。
そりゃいきなり戦争になれば別ですけど、
3隻、最低でも2隻が連携できない状態では戦場に投入しないのが
戦術として当然ですし、
カタパルトが使えなくなるような損害を与えられる時点で
もう全面戦争ですよね?
米海軍と同様に世界最強の米空軍もしばらくすると近隣に移動してきて
めちゃくちゃにされますけど、誰がそんなの望むんですか?
空母は本命の空軍が来るまでの梅雨払いですから、実際は適当でいいんです。
むしろ、沈められて米国民が怒り出すほうが為政者としては都合良い。

アナリストはわかりません。
多分に個人の主張とか入っていて素人を煽るのがアナリストです。
だいたい、そういう話がなくなったら商売にならない。
自分の商売が成立するように行動するのがカネモウケの秘訣。
だからいう事がトンチンカンでも論理破綻にならない。
最初からオカネの事だけを気にしているからシロウトが「?」になっても
関係ないんです。
「あなたが理解できないだけ」
って言っておしまいだから。

正直なところ、空母の性能がどうのこうのとか
国際情勢や戦略戦術には関係ない。
これはガンダムの世代ならアニメ見ているだけで
理解できていると思うのですけど、
なんでそういうカタログスペックとかにこだわるの?
アナリストって事でそれが正しいとか思っているのも同義。

そういうところをシッカリに認識しないと
踊らされますよ。

カタパルトの動力は原子力で焚き付けられたスチームですが
制御は電力で行っています。
ですが、その電力を完全に喪失させるには相当の手間がかかると記載しました。
そもそもカタパルトよりも着艦拘束装置や着艦誘導装置群が破壊されるほうが致命的です。
現在の艦上機はこれらが無いと戻れないですからね。
最悪、カタパルトなしでも軽装戦闘機なら離艦できるくらいですから
カタパルトにこだわるのがおかしいと思いますけどね。
そんなに中国のスクラップが怖いですか?

そもそも、戦時に米空母が単独で行動す...続きを読む

Q『文明の概念が近代ヨーロッパのアメリカ・アジアへの植民地支配にどのよう

『文明の概念が近代ヨーロッパのアメリカ・アジアへの植民地支配にどのような役割を果たしたか』がわかる方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ざっくりと言えば、ヨーロッパの文明が人類として正しく先進であるという思い込みを基準にして、アメリカの先住民は裸同然で原始的な道具で狩猟をして暮らす原始的な野蛮人であるなどと決めつけ、「我々が野蛮な彼らに正しく先進な文明を伝えてやるのだ」という大義名分の元、他文明を侵略していった、ということです。アジアについても理屈は同じ。

詳しく知りたければレヴィ=ストロース『悲しき熱帯』、『野生の思考』、サイード『オリエンタリズム』を読むといいでしょう。

Qアメリカの空母2隻が日本海を出ましたが、戦争の危機は去ったと考えて良いのでしょうか?

アメリカの空母2隻が日本海を出ましたが、戦争の危機は去ったと考えて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

単なるデモンストレーションでしょう。アメリカが戦争を本格的に考えるのならば、北朝鮮が大規模に韓国を砲撃するのは必至です。いかにアメリカといえども北朝鮮のすべての砲台を破壊することは不可能です。その危険性を考えれば韓国に滞在する米国の民間人を海外に避難させるでしょう。実際に小規模な避難訓練も何度かやっていますしね。

だいたい北朝鮮は勇ましいことをいってますがいつものブラフばかりです。日本は、ミサイルが発射されたらJアラートを流したり電車を止めたりして大騒ぎをしていますが、もっとも危険にさらされている韓国ではそんな電車を止めたりするような大騒ぎをしていません。それに数発程度のミサイルで日本が壊滅されるはずもありません。何百発も打てばべつでしょうが。

今回のおおきなでもんすとれー署員は米国製のイージス艦や防空システムを買わすためもあるんじゃないかと思ったりします。加えて「大騒ぎをする」なんてことをすればますます北朝鮮を付けあがらせるだけだと思うんですが。

Qアメリカの奴隷

アフリカンアメリカンの人々が奴隷としての暮らしを送っていたいた時代に起きた事件が知りたいのですが、どうすれば良いのかわかりません。具体的にニュースの記事のような形で知りたいです。お願いします!!!

Aベストアンサー

この質問では答えようがないですね。
「アフリカンアメリカンの人々が奴隷としての暮らしを送っていたいた(ママ)時代」とは1863年の奴隷解放までを指すのかと思うのですが、その時代に、
1、「アフリカンアメリカンの人々の身の上に起きた事件」なのか、
2、「同時代の(極端な例をあげれば日本で)起きた事件」なのか
判断がつかないからです。
「具体的にニュースの記事のような形」という言葉も意味不明です。
もし1、の方でしたら岩波新書の「アメリカ黒人の歴史」などお読みになってはいかがでしょうか。

Qアメリカ空母

映画で観たのですが、空母カールビンソンから海兵隊が UH-1イロコイヘリコプターで出動していました。
アメリカの空母は UH-60(HH-60)シーホークしか積んでないと思います。
海兵隊は UH-1を使っていますが、実際にそういう事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

元々海兵隊というのは、海軍と行動を共にして陸で戦う軍隊です。
通常は強襲揚陸艦よりの作戦となるのでしょうが、何らかの事情により空母からの作戦と言う事も有るでしょう。
海兵隊は空母要員ではありませんから、もし海兵隊が空母に乗り込めば必要な兵装も積みこまれるものと思いますが。
何かの雑誌で大型輸送ヘリが空母で運用されているのを見た記憶が有りますが、それが空母艦載機ではなかったように記憶しています。

Q植民地とはなにか

こんにちは。
歴史の教科書に出ているザビエルは実はスパイだったという説を聞きます。
まーそりゃそうでしょう遠くからわざわざ布教しに来るわけですから。
大日本帝国でも満州国などに傀儡政権を樹立したり、神社を建てたり、日本語教育をするなど植民地政策のようなことをしています。
マッカーサーは天皇陛下にキリスト教工作員をつけてキリスト教徒にさせようと企んだという。
日本人は植民地政策をされまくりでありながら何もわかっていない哀れな家畜。
他国を支配し、傀儡化し、魅了し、洗脳し、文化侵略等で弱体化していく植民地政策について、情報がなさすぎるのでご存知のかた、どういうものなのか、戦前の日本はどういう植民地政策を取っていたのか、日本に取られてきた植民地政策とはなにかご助言ください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

ザビエルの時代には西洋から持ち込まれる文明に興味を持ったのであり、純粋にキリストの教えに感銘したわけではありません。文明の利器を手にしたら、それを基に商売ができます。科学的な知識を得たら、自分の立場を優位にすることもできます。

極一部の人達が信者になりましたが、広まらなかった理由は白人の持つ残虐性でした。現在もユダヤ教、イスラム教と紛争が絶えませんが、ザビエルとともに日本に来た宣教師らは、日本の神社仏閣を破壊しました。これには民衆がついていけなかったのです。信長が延暦寺を焼き討ちしたり、本能寺では焼死したりがありましたが、あれは日本人の伝統的な宗教心からすれば罰当たりな行為です。純粋な心で宗教を求める人が従うはずはありません。

当時は白人国家が世界中に植民地を求めた大航海時代でした。人種差別も罪ではありませんでしたので、侵略した国で王族を皆殺しにしたり、村を攻めて全員殺害したり、やりたい放題でした。ナチスのユダヤ人虐殺の記録映像がテレビなどで流れることがありますが、世界中の植民地であのような光景が繰りひろげられたのです。ドイツは日本と同様、敗戦したので侵略戦争の責任をすべて押し付けられたのです。

各地で現地の有色人種と侵略者の白人の混血が生まれましたが、これは強姦によって生まれた赤ちゃんの子孫です。白人との混血児は優遇されますが、純潔の有色人種は人間扱いされません。こうすると植民地で混血VS純潔の紛争が勃発し、果てしない争いが続くことになるのです。現在の朝鮮が南北に分裂しているのも、国内に紛争の火種を持ち込むことで、独立のために国民がまとまることを防ぐという白人の策略です。東チモール、南スーダンなども同じ構図であると考えてください。かつては東西ドイツ、南北ベトナムなど、分断国家が多かったものです。

と、ここまで白人の正体を知ってしまえば、江戸幕府がキリスト教を禁じた理由が分かると思います。江戸時代は、もっと露骨に侵略と差別の意識をもっていたと想像できます。

日韓併合を「植民地」と言う人がいますが、あれこそ朝日新聞的な言い換え、すり替えの論法です。併合時代、半島各地に学校を建てて教育を施し、道路や鉄道などのインフラを調え、半島の暮らしは飛躍的に工場しました。欧米の植民地は上の段落で述べたような状態が第二次大戦後にまで続けられました。タイと日本だけが辛うじて免れましたが、その他の国は列強国の軍隊を前にして、無抵抗のまま殺戮、略奪、強姦されたのです。

言葉が独り歩きするとはこのことです。日本は早急に書き変えられた日本史を元に戻さなければなりません。そのための歴史教育の大改革が必要です。

ザビエルの時代には西洋から持ち込まれる文明に興味を持ったのであり、純粋にキリストの教えに感銘したわけではありません。文明の利器を手にしたら、それを基に商売ができます。科学的な知識を得たら、自分の立場を優位にすることもできます。

極一部の人達が信者になりましたが、広まらなかった理由は白人の持つ残虐性でした。現在もユダヤ教、イスラム教と紛争が絶えませんが、ザビエルとともに日本に来た宣教師らは、日本の神社仏閣を破壊しました。これには民衆がついていけなかったのです。信長が延暦寺を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報