ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

臨床心理学は、心という身近なものについて学ぶものですよね?
知識を得ることにより学ぶ人のこころに何らかの影響を与えると思います。
広いテーマですが、意義と限界について皆様のアドバイスをもらえたら嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 臨床心理学は、心という身近なものについて学ぶものですよね?



少し違います、心理学は心の理論を学ぶものですが、
臨床心理学とは、臨床の場(心の問題で苦しむ人を手助けする)に活かす為の心理学です、

臨床心理学の意義は、様々な心理学理論や技法を使い、
 心の問題で苦しむ人達の手助けをすることにあります。
 特に、鬱のような症状では、時間をかけてのカウンセリングが上手く行くと
 完治が期待出来ます、逆に薬を使った治療では対処療法の為に完治がありません。

限界や問題点は…

1)心という目に見えないものを扱う為に、
  未熟なカウンセラーや(自称)達人カウンセラーなどが、跋扈すること、

2)主に、心療内科の分野ですが、即効性や利便性を求めるため
  薬に頼り過ぎ、心理的なケアがおろそかになった結果、薬漬けになる。
  逆に言えば、(カウンセリングなど臨床心理学は)即効性に欠けるということでしょうか。

3)主に検査的な分野(交流分析のエゴグラムの質問やコラージュなど)を受ける時に
  理論的な背景を知ってしまった為、嘘(作った自分や理想の自分)を書き込み、
  それに、気づかない(気づきたくない)自分がいる。
  ※人は己自身を一番だましていることに気づかない。

4)他人の心を解ったつもりになる。(何様~!?)
  ※理論は理論、心はダイナミックな動態なので、理論で人(個人)の心はワカラナイ!

5)境界例や人格障害などの治療は非常に困難(心理学の限界?)

まだ、あるかもしれませんが、取りあえずこんなところで…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/11 14:29

レスがつかないですね……


ご質問をそのままお答えしようとすれば、何冊もの本や論文が
出てくるような、あまりに広過ぎるテーマだからです。

こころを学ぶのは、臨床心理学に限った話ではありません。
基礎心理学・発達心理学、社会心理学・神経心理学などなど
立っている視点はそれぞれ違っていても、
「こころという身近なもの」を学ぶ目的では全くもって同じです。
意義と限界についても、今でも多くの研究者が追究し論じ合っている
ような状況で、これといった正解はありません。
一つだけ大事なことは、心理学をいくら学んでも
「こころをとらえる視点」を身につけることはできても
「こころを全て理解する」ことは不可能です。
臨床心理学を学ぶにあたっては、そういう姿勢が求められます。

臨床心理学の入門書はどこにでも、何種類もの本がありますので、
自分に合いそうなものを探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/11 14:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臨床心理士の存在意義について教えて下さい。

医療の現場では臨床心理士は役に立たないという話をよく耳にします。現場でつまはじきにされているなら臨床の方々はどこで活躍できるのでしょうか?
例えば、うつ病の場合は医者の投薬でかなり良くなるといわれていますし、心理療法士が逆効果になっていると主張する医師も多く存在していることが近年明らかです。
そもそも存在意義が良く分かりません。どなたか明確に教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

私なりの個人意見を述べたいと思います。臨床心理士は役に立たないというのは多分ですがまるで医者であるかのように振る舞う臨床心理士や心理カウンセラーなどあやしげな人達もいると言うことだと思います。
実際病院のカウンセラーの中には資格なしでも仕事している人もいるので(そういう人が怪しいといっているのでは
ありません)

臨床心理士の資格自体民間資格ですし、(最近国家資格に
という動きも活発化しています)現在の「臨床心理士」教育システムでは医療に関する知識は全然足りません。独学が要されます。

国家資格ではないというのと臨床心理士の教育システムの問題が否定論の原因の一つかもしれません。
しかしながら需要は沢山あります。必要とする人達は子供
から老人の方達まで心の問題ですから多いのですが
臨床心理士の受け皿が少ないのもまた事実なのです。
資格取得するとカウンセラーとして病院や学校、一般企業、官公庁など選択範囲は広いものです。ただ求人数は少ないのが現状ですね。

では臨床心理士はいなければいいかというとそういうわけにもいきません。
心の病の専門は、精神科医や心療内科医がありますが彼らは薬を出すのが仕事と言っても過言ではありません。
投薬だけで完全に直るケースだけではないのです。
大体、精神科医の診療時間は一人につき3~5分くらい
しか実際取れない場合も多く(患者数が多い、など色々理由はありますが)心の問題ですから一見しただけで判断を下せるほど簡単ではありません。再発だってしますし。一人の患者に長く時間をかけられないからこそ フォローする存在が必要になりますからそれがカウンセラーという人達なわけです。

医師とカウンセラーの明確な違いは薬をだせるかどうか
と一人の患者に対してかけられる時間の違いです。
今、クリニックなんかだと精神科医とカウンセラーをそれぞれおいて診療するところも多いようです。
各々一長一短がありますのでうまく融合させてやるのが
一番良いと思います。

下記に精神科医の方が詳しく仕事内容についてかかれてるので参照にして頂くと両者の違いがもっと分かると思います。

参考URL:http://www2f.biglobe.ne.jp/~yasuq/index_j.htm

私なりの個人意見を述べたいと思います。臨床心理士は役に立たないというのは多分ですがまるで医者であるかのように振る舞う臨床心理士や心理カウンセラーなどあやしげな人達もいると言うことだと思います。
実際病院のカウンセラーの中には資格なしでも仕事している人もいるので(そういう人が怪しいといっているのでは
ありません)

臨床心理士の資格自体民間資格ですし、(最近国家資格に
という動きも活発化しています)現在の「臨床心理士」教育システムでは医療に関する知識は全然足りません。独学が...続きを読む

Q身近な心理学

ごく普通に生活をしている場面(なんでもOK)を心理学で説明するとどんな感じになりますか?
なんでもいいので思いついただけ考えてください。

Aベストアンサー

 比較的一般ウケするものとして幾つか挙げてみました;

 (1)反動形成 例)好きな女の子にいじわるをする

 (2)自己ハンディキャップ(予防線) 例)試験前に勉強してきたのに「全然勉強しなかった」という

 (3)匿名効果 例)自分の名前や身分が明かされないと態度が大きくなる(インターネットの掲示板など)

 (4)センソリー・アクセンチュエイション(感覚強調) 例)自分にとって価値のあるものは大きく見えて、逆に価値が低いものだと小さく見える(新札になったときおもちゃみたいに感じませんでしたか?)

 (5)記憶の重畳効果 例)似たような名前の人は覚えにくい。似たようなお寺や神社は覚えにくい。

 (6)知覚の選択性 例)ざわざわした教室の中でも自分のうわさを聞き分けられる

 (7)共通的の原理 例)仲の悪い兄弟でも小遣いをねだるときは力を合わせる(インデペンデンス・デイという映画でも宇宙人を倒すためにいろんな国と手を組みましたね。後ルパン3世カリオストロの城でも脱出するためにルパンと銭形が協力しました)。

 そのほかにもたくさんあります。もし知りたかったら補足要求してください。

 比較的一般ウケするものとして幾つか挙げてみました;

 (1)反動形成 例)好きな女の子にいじわるをする

 (2)自己ハンディキャップ(予防線) 例)試験前に勉強してきたのに「全然勉強しなかった」という

 (3)匿名効果 例)自分の名前や身分が明かされないと態度が大きくなる(インターネットの掲示板など)

 (4)センソリー・アクセンチュエイション(感覚強調) 例)自分にとって価値のあるものは大きく見えて、逆に価値が低いものだと小さく見える(新札になったときおもちゃみたいに感じ...続きを読む


人気Q&Aランキング