日本三大祭について、疑問があるのですが、
・祇園祭(京都)
・天神祭(大阪)
の二つは分かるのですが、
残りの一つが、山王祭、三社祭、神田祭など
諸説あるようです。

このあたりのことに詳しい方、
三大祭について、ご意見でも結構です。
ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

どうも時代によって,権力者の意向や規模等により組合せは異なるようです。


江戸時代初期には,神田祭が三大祭の一つだったようですが,これは山王祭と隔年で行われていたため,双方を三大祭と認識していいかと思います。
 祇園祭,天神祭,神田祭と並べると,元々はどれも怨霊鎮めの祭りであり,#3のbrainbasterさんとは違う意味での時の権力者の意向を感じます。
 #unyattojinjaさんの仰る高山祭は,日本三大祭とは別に「日本三大美祭」(祇園祭,秩父の夜祭,高山祭)に挙げられていたと思います。
 さて,現代の三大祭りといわれるとどうなんでしょう?
自分的にはやはり祇園・天神・神田でしょうか?なんせ,主祭神が,素戔鳴尊(すさのおのみこと:祇園八坂神社),菅原道真公(北野天満宮),平将門(神田神社)と最強ですから(笑)

参考URL:http://homepage1.nifty.com/zpe60314/matuli2.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

深遠な知識をありがとうございます!
神田祭と山王祭が隔年で行われていたとは。「現代の」とおっしゃっているところが、なるほどなと思います。こういうのはやはり、人によって、場所によって、時によって違うものだし、流動的でもあるという見方をするのがいいのかもしれないと思いました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/07/28 04:21

日本人は、奇数が好きで、3・5・7にまとめると、


すっきりするし、まとまりがつきます。

しかし、それに実態が合わない場合があり、
2つは特定しやすいのですが、3つ目の特定がしにくい場合があり、
諸説紛紛となることが多いです。

例えば、稲荷といえば伏見・豊川ですが、3つ目となると各地で諸説が出ます。
大仏も、奈良・鎌倉は確実ですが3つ目は?
三都に、東京・大阪は文句は出ないが3つ目となると、

これは、全国的なものだけではなく、地方でも同様です。
京都の三大祭りは、祇園・葵・時代といえるが、
鞍馬の火祭りはどうなんねんとか、
五山の送り火(大文字)の方がイベントとしては派手やぞ、
というような意見も出てくると思います。

だから、誰でもが認める三大祭りを求めるのに無理があるかもしれませんね。
ご参考になれば
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かにそうですね。3つ目はどんぐりの背比べみたいなことはよくあるでしょうし、だからこそ我こそがと名乗りをあげるでしょうし、諸説あって当然ですね。貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2002/07/28 04:15

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?


「日本三大○○一覧:三大祭」
http://www3.ocn.ne.jp/~gourmet/nihonsandai.htm
(三大○○)

諸説あるようですね・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://archive.hoops.ne.jp/3dai.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変面白いページですね。ここの考え方では、まず地域(東京、京都、大阪)ありきで、それぞれの一番有名な祭を出してきていますね。そういう考え方もありかもと思いました。

お礼日時:2002/07/27 15:24

ぼくも、三大祭は、祇園祭・天神祭・葵祭だとおもっていました。


京都に住んでいたので、何の疑問もなくそう思ってしまいますが、言われてみると関西にかたよっていて、どうかとおもいますね。
しかしそこは、王城千年の町ということで、ひとつ。

山王祭や三社祭を持ってきたのは、地域の均等化をはかる政治的な配慮を感じてしまいます。
「京都と大阪と、また京都か、これじゃバランス悪いなぁ、東京の祭も入れたまえよ、ちみ」とどこかの政治家が言って、
「じゃあ浅草の三社祭なんかどうでしょう」
「それそれ」と。

京都でも、やはり祇園祭のほうが「行こけ~」となりますし。
    • good
    • 2

 あと一つは,飛騨高山祭りではないでしょうか。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

有名なようですね。また調べてみます。ありがとうございます。

お礼日時:2002/07/27 12:04

 山王、三社、神田のお祭りは東京三大祭と思っていました。



 日本三大祭の三つ目は葵祭かなと思います。

参考URL:http://www.pst.co.jp/yama/yama1000.asp?prm_fnc=821
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おもしろいHPですね。なるほど。やはり、諸説あるようですね。ありがとうございます。

お礼日時:2002/07/27 12:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q品評会ポスターの無料テンプレートを探してます

来月当方が事務局の桃品評会を開催するのですが品評会のいいポスターができません

ポスターなど無料のテンプレートがダウンロードできるサイトはないでしょうか?

あまりワードの技術もないのでちょっと変えるだけ(日・場所を変えるだけ)のものがあればいいのですがなかなか検索してもありません

どなたか知っていましたら教えてください

Aベストアンサー

ポスター等は印刷することを目的として制作されますので
イラストレーターなど印刷対応のテンプレートは結構ありますが
ワードなどのワープロソフトで、しかも桃の品評会という特殊なものですから厳しいでしょう。

プロなら桃の画像撮影や収集、イラスト制作などからレイアウトまで、印刷用データを責任もって制作してくれるんですが・・・・

Q博多祇園山笠と京都の祇園祭は関係があるのかどうか

「博多祇園山笠」の「祇園」にはどんな意味があるか知っていたら教えてください。
京都の祇園祭は八坂神社のお祭りで、八坂神社に祭ってあるのはスサノウノミコトらしい。
博多祇園山笠は櫛田神社のお祭りで、櫛田神社にもスサノウノミコトが祭ってある。
両方とも7月15日が祭りの日だし、
戸畑の提灯山笠もたしか「祇園」がついていたような気がするのですが、何か同じ起源があるお祭りなのでしょうか?

Aベストアンサー

素盞嗚尊は、牛頭天王(ごずてんのう)ともいわれます。牛頭天王は、インドではお釈迦様が悟りを開かれた『祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)』の守護神とされました。また中国には、それとは別に牛頭状の形をした山に熱病に効く栴檀(せんだん)を産出していたことから、この山を疫病にご利益のある神として牛頭天王と呼んであがめましたが、後にこのインドと中国の神様は一つになり、さらに日本に伝えられ、疫病やその他邪気をはらうという同じ御神徳のある素盞嗚尊と同じ神様として信じられるようになりました。
それで三柱の神様が一つになり、素盞嗚尊を別名牛頭天王と呼び、また祇園さんと呼ばれるようになりました。
 ↑コピペですが。

Qポスターのテンプレート

自然環境に伴ったポスター(A3,B1)
をつくりたいのですが、
それらしいポスターのテンプレートが掲載されている
サイトがあれば教えていただきたいです。
森や地球や木などのイラストベースで。
よろしくお願いします。
イラレ、エクセル、ワード、有料、何でも大丈夫です。

Aベストアンサー

http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E7%92%B0%E5%A2%83&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2&gbv=2


イラストは著作権で難しいので、自分でテーマにあった写真を
撮影し、ポスターにすれば簡単です。
または、下記の著作権フリーの写真素材集を購入してはいかがですか。
それをもとにデザインを起こせばいいので、素人でもとても簡単に
ポスターができます。


http://sankei.jp.msn.com/release/tech/081002/tch0810020210000-n1.htm

Q三社祭の楽しみ方

今年の浅草三社祭を見るために東京迄行こうと思っています。
が、HPをみても、自治体の連絡が主で、どうやって楽しむのかがいまいち分かりにくいんです。
地域に知合いがいなくても、楽しめる方法を教えてください

Aベストアンサー

 shun08さん こんばんは

 三社祭の楽しみ方って2パターン有ると思います。1つは神輿を担ぐ方法です。もう1つは見学して楽しむ方法です。

 まず神輿を担ぐ場合、町会の揃いの半纏を着用するかどこかの町会に登録された同好会に入ってないと担げないです。ですから急に行っても担げません。

 神輿の渡御をを見学するには以下が有ります。
 1:氏子各町神輿連合渡御
   これは5/21に行なわれます。浅草寺浦に各町の神輿が集まり、そこから各町に担いで行きます。昼12時頃からです。
 2:宮出し
   5/22朝6:00からの行事でこれは見るべき価値があると思います。但し、凄い人で中々見れません。本格的に見るためには5/21の夕方あたりから浅草寺の社殿の上で場所取りした方が良いでしょう。
 3:本社神輿町内渡御
   本社渡御の中で一番見ごたえがあるのは西浅草三北町会です。通称「マルキンさん」(マルキンとは屋号です)と言われる高橋組(ヤクザ系統の人たちで、正確には地元の地回りだと思います)住吉会系の中村会(この中村会は本物のヤクザさんです)が担ぎます。背中の彫り物を見せびらかしながら神輿の上に乗って渡御されます。どう凄いかは一度見れば解ると思います。場所は浅草ビューホテルと合羽橋の商店街の丁度中間です。渡御時間は11:30からとなっていますが、正確な時間に行ったのでは凄い人で見物する事すら出来ません。遅くとも11:00前には行って下さい。もし脚立を持参されるなら、早めに場所取りが良いでしょう。祭り(神輿)好きなら一度は見てください。午後は西浅草三北町会の町内神輿(本社より大きい神輿)が渡御されます。この町会の本社渡御と町内神輿渡御を見ただけでも、三社祭を堪能した感じになると思います。

 4:お祭り広場
   5/22、雷門前の通りは「お祭り広場」と称して歩行者天国になります。そこに各町の神輿が来ます。これも見所でしょうね。

 5:宮入り
   三社祭の宮入りはPM8:00頃です。これが本来の三社祭と言う感じです。見られたら見たほうが良いでしょう。しかし、本来は町会・担ぎ手関係者しか神社境内に入れません。境内でどんな様子か観客はなかなかわからないと思います。

 以上が三社祭の概要です。それ以外に5/20に行なわれる「びんざさらの舞い」(東京都無形文化財)等があり、3日間楽しめると思いますよ。楽しんできてくださいね。

 shun08さん こんばんは

 三社祭の楽しみ方って2パターン有ると思います。1つは神輿を担ぐ方法です。もう1つは見学して楽しむ方法です。

 まず神輿を担ぐ場合、町会の揃いの半纏を着用するかどこかの町会に登録された同好会に入ってないと担げないです。ですから急に行っても担げません。

 神輿の渡御をを見学するには以下が有ります。
 1:氏子各町神輿連合渡御
   これは5/21に行なわれます。浅草寺浦に各町の神輿が集まり、そこから各町に担いで行きます。昼12時頃からです。
...続きを読む

Q無料テンプレートを使ってのフレームページ作成

無料で配布されているテンプレートを利用してフレームを利用したホームページを作成しようと思っています。

テンプレートをダウンロードしてホームページビルダー9で開いたまではいいんですが、フレームを分割するを押すと、自分が考えてた分割とは違いました。

うまく説明できなくて申し訳ないんですが、無料テンプレートを使って(例えば)左サイドバー部分は固定させるにはどうやったらいいんでしょうか??

よろしくお願いします

Aベストアンサー

スタイルシートを使っているので
cssについて知らないと駄目ですね

ソースを見てある程度わからないと

Q三社祭の木札

こんにちは。
記憶が定かではないのですが
「平成17年 三社祭」と書かれた木札をされている方を
見かけました。

自分も欲しいな等と思ったのですが、
どこかで買う事が出来るものなのでしょうか?
浅草のどこかにあるかなとも思ったのですが、
不案内なので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 konfliqtさん こんにちは

 友達にも確認取ったのですが、浅草神社では木札は販売してないです。

 考えられる事は、多くの担ぎ手がしている木札は、自分の所属している会(叉は個人的に)で独自に作った物を使用していますから、例えば中屋さん等の神輿用品屋さんで作ったものだろうと想像します。

 叉は浅草の場合ですと観光地ですから、例えば浅草観光協会とか仲見世等の観光客相手のお土産店等で作られてて販売された物かもしれませんね。

Q無料で名刺テンプレートがダウンロードできるサイトを教えて下さい。

無料で名刺テンプレートがダウンロードできるサイトを教えて下さい。

自分で名刺を作ろうと思っています。そこで無料で名刺テンプレートがダウンロードできるサイトを教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

マイクロソフトのホームページはいかがでしょう?
http://office.microsoft.com/ja-jp/templates/CT011200081041.aspx
「標準」「フォーマル」等のタイトルがついているものが使いやすいと思います。

参考URL:http://office.microsoft.com/ja-jp/templates/CT011200081041.aspx

Q三社祭の宮出しとは?

無知なので、教えて下さい。

何年か前だったと思うのですが、
東京の三社祭で、お神輿の上に人が乗るとあぶないので、
禁止したという話があったと思うのですが、
その後、また乗ってしまったので、三社祭を中止するっていう話を
聞いたのですが、結果、お祭りは中止されてなかったので、
あれ?って思ったら、
「宮出し」を中止したとい話だったらしいのですが、
その「宮出し」ってどういう意味なのでしょうか?

お神輿って、通常は、神社(お寺も含むのかな?)の中に
保管されていると思うのですが、
お神輿を神社から出さないという意味なのでしょうか?

そしたら、お神輿がない、普通のお祭りだったということ
なのでしょうか?

もしよかったら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikinews.org/wiki/%E6%B5%85%E8%8D%89%E4%B8%89%E7%A4%BE%E7%A5%AD%E3%80%812008%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%AE%AE%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%AF%E5%8F%96%E3%82%8A%E6%AD%A2%E3%82%81
上のサイトを読むとすっきりすると思います。
抜粋すると、昨年は、町会が持っている神輿を練り歩く行為のみ行われ、神社が所有する「ご神体を載せた神輿を神社から街に繰り出す宮出し」が中止されたのです。

http://www.sanspo.com/shakai/news/090516/sha0905160505009-n1.htm
本社御輿が境内から各地区に散っていく「宮出し」が2年ぶりに復活

Q【至急】ショッピングサイトHPのテンプレート(無料)教えて下さい!

このたび、個人でですがネットショップを運営します。

ショップ開店に向けて、現在HP作成をしているんですが経験ゼロの為悪戦苦闘してます。

HP完成まで時間がかかると困るので、とりあえずショッピングサイトのテンプレート(無料)などあれば使用させていただきたいと思ってるんですが、おすすめのショッピングサイトのテンプレート(無料)があるサイト教えて下さい!

※経費をなるべくかけたくないので無料とさせていただきましたが、無料のサイトがなければ有料でもかまいませんので、オススメサイトを教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単純にショップのホームページを作っているならテンプレートっていう
考えはおかしいでしょう。
SALEなどのロゴとかをいうならわかります。
以下ページなどから買えます。
http://www.dex.ne.jp/mantan/index.html

システム的な事言っていいるならレンタルカートで探せばいろいろ出てくるでしょう。
ブログのように標準テンプレートがあると思うので簡単だと思います。
ただし、無料っていうような甘い考えはやめた方がいいです。
そういったカートシステムを無料もしくは低価格で提供している=何か理由があるからです。
悪いように勘ぐると注文頂いたお客様の個人情報をせしめる為かもしれませんよ
実際に今、安物カート業者が勝手な引き落としでニュースになってますからね

ちゃんと商売するならそれなりに費用はかけた方がいいと思います。
もしそれがいやなら大手オークションに出品した方が売りやすいですよ

以上、参考にして下さい。

Q三社祭の神輿(形状)にまつわる疑問

先週は初夏の風物詩三社祭でしたね。
それを含め毎年この時期には多くの祭礼に足を運びますが,数々の神輿を見ていて,やはり三社型の神輿がいちばん気に入っています。
そこで気になったのですが

(1)通常,蕨手は野筋と繋がっていますが,なぜ三社型の神輿は屋根の下からせり上がっているのでしょうか。
(2)屋根の膨らみが抑えられているのにはどんな意味があるのでしょうか。

ご存知の方,よろしくご教授ください!

Aベストアンサー

蕨手が屋根の下の隅木から伸びているのが「関西型」の特徴です。
なぜ「浅草」三社祭が関西型なのか?

徳川幕府が奉納した日光東照宮のお神輿は、滋賀県の日吉大社のお神輿(もちろん「関西型」)を参考にしているそうです。で、その東照宮のお神輿に真似て徳川家光が浅草神社に奉納した、と・・・。

PODCASTで「宮本卯之助商店」(神輿作りの老舗)の7代目が以下のように語っていました。
「戦争で神輿蔵が直撃弾を受け、徳川家光が寄進した三基の神輿が焼失。戦後、浅草神社の役員や卯之助商店の5代目達が日光東照宮に行って範をとってもらい復活させた。」
こんなウラ話もしてました。
「復活させるときに蕨手を大きく作りすぎてしまった。(評判が悪かった?)が、時代が変わり、今ではその大きい蕨手がカッコイイと評価されている。」


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報