先日チャイコフスキー国際コンクールで神尾さんが優勝されましたが
ヴァイオリンのコンクールはこの他にもあります。が いろいろあるなかで一番権威があり、レベルが高いなぁと思うコンクールは?どのコンクールだと思いますか?人それぞれ意見はあると思いますがご自分が
 これ!と思うものでかまいません。
ご意見お聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

色々、コンクールがありますが、開催間隔、審査員が好む曲、出場者(競争相手)など、そのときそのときで違いますから、やっぱり、どのコンクールでも優勝者は称えられるべきと思います。

でも日本人は、権威主義者が多いからチャイコフスキー国際が上になるんでしょうね。
どんなコンクールがあるかということを、日本人の演奏家の活躍で見ていくと、結構、いろんなコンクールがあります。

漆原啓子は1981年のヴィエニャフスキー国際の覇者。優勝後すぐCDデビューしました。
竹澤恭子、1986年インディアナポリス国際で優勝。
服部譲二は1989年メニューヒン国際の覇者。
諏訪内がチャイコフスキー・コンクールの前年(1989年)に出たのがエリザベート王妃国際。2位でした。パガニーニの1番を弾きました。1位はレーピンでした。たぶんそこで1位を取っていれば、チャイコフスキーに出なくても良いくらいの権威あるコンクールです。
樫本大進は1996年ロン・ティボー国際の覇者。同年のクライスラー・コンクールでも優勝しています。
1999年には庄司紗矢香がパガニーニ国際で最年少優勝。これは衝撃的でした。
木嶋真優は2000年ヴィエニャフスキー国際のジュニア部門の1位なし2位。同年、小野明子がメニューヒン国際で優勝。このとき梁(やん)美沙がジュニア部門で優勝しています。
川久保賜紀は2001年にサラサーテ国際で優勝しましたが、02年のチャイコフスキーに出ました。後者は1位なしの2位でした。
山田晃子は02年のロン・ティボー国際最年少優勝。
南紫音(しおん)は05年同コンクール2位。前年にアルベルト・クルチ国際で優勝しています。この子は、かわいい子です。デビューが待ち遠しいです。
米元響子は2006年パガニーニ・モスクワ国際で優勝。

神尾さんもすごいですが、こうしてみると、他にもがんばっている人はたくさんいますね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すごく詳しく回答していただきありがとうございます。聴いてみたい
生で。

お礼日時:2007/08/07 20:24

・エリザベト王妃国際コンクール・ヴァイオリン部門



・ロン=ティボー国際コンクール・ヴァイオリン部門

・ヴィニアフスキー国際ヴァイオリンコンクール

チャイコフスキー、パガニーニ以外で世界的に最も権威あるヴァイオリン(部門)国際コンクールといえば、まずこの三つでしょうか・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。聴いてみたい

お礼日時:2007/08/07 20:20

●パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール=ジェノバ(イタリア)


なのでしょうね!業界内部の事は知りません。単に知名度だけですが・・・

無い知識から搾り出したら、下記のヴァイオリンコンクールを思い出しました。
●ルードヴィヒ・シュポア国際ヴァイオリンコンクール=フライブルク(ドイツ)
●ロドルフォ・リピツァー賞国際ヴァイオリンコンクール=ゴリーツィア(イタリア)
●ハノーバー国際ヴァイオリンコンクール=ハノーバー(ドイツ)
●ヤン・シベリウス国際ヴァイオリンコンクール=ヘルシンキ(フィンランド)
●インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール=インディアナポリス(USA)

他に楽器を特定しないコンクールでは、
●香港アジアの若い音楽家のためのコンクール=香港(中国)
でしょうか?

もっと、有ったように思いますが、これだけしか思い出せません。
書き連ねたものの中では、やっぱりパガニーニが、有名なのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。会場に行って聴いてみたいなぁ

お礼日時:2007/08/07 20:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチャイコフスキー「オペラ エフゲニ・オネーギン」のなかの「ポロネーズ」を視聴したいです。

チャイコフスキー「オペラ エフゲニ・オネーギン」のなかの「ポロネーズ」を視聴したいです。

もちろん無料でですが、ウィンドウズメディアプレイヤーですぐ聞きたいです。
 ご存知の方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このなかの一番上ですね。15秒だけですが・・・。
http://cr.middlebury.edu/public/russian/Bulgakov/public_html/Onegin.html

ここは約1分。ディスク2の第9曲目。
http://www.amazon.com/Tchaikovsky-Hvorostovsky-Borodina-Arkhipova-Orchestre/dp/B000004162

やっと全部のがありました。この中「Eugene Onegin - Polonaise」5 minutes というやつだと思います。
http://www.bbc.co.uk/radio3/classical/tchaikovsky/audio/tchaikovsky_index.shtml

Qヴァイオリンコンクール

大学院生♂24才です。
趣味でヴァイオリンをやっています。

ヴァイオリンのコンクールだと、
大きなものから小さなものまで様々あると思いますが、
わたしのような(音大出でもない)アマチュアでも
出られるようなコンクールはあるでしょうか。

具体的にお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

誰でも申し込めますよ。

予選がありますので勝ち越せたらアマチュアでもコンクールに出場できるでしょう。

ヤマハとか大きな楽器商なんかでコンクールの申し込み書類なんか置いてあったのを見たことがあります。

ネットだったらいろんなコンクールが検索できると思いますよ。



コンクールに入賞したからといってメジャーで活躍できるかは別です。

Qコンクール優勝者より有名になったピアニスト

ショパンコンクールだとか、チャイコフスキーコンクールだとか、ピアノコンクール(音楽コンクール)は数え切れないほどありますが、2位3位、またはそれに届かなかった入賞者などの方が、優勝者(1位)よりも有名になったり、人気が高くなったりしたピアニストがいたかどうか知りたいのですが、ご存知の方、いらっしゃいませんか?

ピアニストに限らず、ヴァイオリニストなどの場合もご存知でしたらお教えください。

Aベストアンサー

こんにちは。

コンクールにはあまり詳しくないので ほんの少しだけ・・・

*ショパンコンクール
第5回 優勝者 アダム・ハラシェヴィチ(ハラシェヴィッチかな?)
第2位 ウラディーミル・アシュケナージ

これは圧倒的にアシュケナージが有名ですよね。(但しアシュケナージは他のコンクールでは優勝していますが)

*エリザベート国際コンクール(1968年)
優勝者 エカテリーナ・ノヴィツカヤ(私は知りません.汗)
第9位 エリザーベト・レオンスカヤ
第10位 内田光子
この2人の女流ピアニストは有名だと思います。


後は非常に個人的な感覚なので 聞き流して頂いて…という事で(汗)

*ショパンコンクール
第11回 優勝者 スタニスラフ・ブーニン(日本ではかなり有名だと思いますが)
第5位 ジャン・マルク・ルイサダ・・・ブーニンより有名かは 非常に微妙ですが…ブーニンと同格くらいには有名じゃないかな…と思います。


ちなみに。第5回のショパンコンクールでは ミケランジェリ(有名なピアニストですよね。審査員をしていました)がアシュケナージを第1位にしない事に非常に腹を立て サインをしないで退席したとか・・・(うろ覚えですが^^;)

またすごく有名な話しでは同じくショパンコンクール第10回でイヴォ ポゴレリチが予選落ちした事に腹を立てた アルゲリッチが『ポゴレリチは天才!』と捨て台詞を残し?途中退席した事がありました。
ちなみにその時の優勝者はダン・タイ・ソンでした。

コンクールの基準も人の耳と感性が頼りなので 難しい部分も多いのでしょうね。
ご参考まで♪

こんにちは。

コンクールにはあまり詳しくないので ほんの少しだけ・・・

*ショパンコンクール
第5回 優勝者 アダム・ハラシェヴィチ(ハラシェヴィッチかな?)
第2位 ウラディーミル・アシュケナージ

これは圧倒的にアシュケナージが有名ですよね。(但しアシュケナージは他のコンクールでは優勝していますが)

*エリザベート国際コンクール(1968年)
優勝者 エカテリーナ・ノヴィツカヤ(私は知りません.汗)
第9位 エリザーベト・レオンスカヤ
第10位 内田光子
この2人の女流ピアニストは有...続きを読む

Qチャイコフスキーの作品

チャイコフスキーの全ての作品が載ってるHPってありますか??
年代も書いてあったりするやつがいいです(*´∇`*)
それとチャイコフスキーのときの時代背景とか知ってる人いませんか??
お願いします。
ァッついでに中三です(*′σЗ`)

Aベストアンサー

ここなんかどうかな?
http://www.tt.rim.or.jp/~petya/index.shtml
作品表はかなり充実していると思われますけど。
それから、#2さんのリンクがどうもつながってないみたいなんで、ついでに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
時代は帝政ロシア。
クリミア戦争、農奴解放、ナロードニキ、そして晩年がアレクサンドル三世の反動期ですね。このあたりの歴史はたとえば
http://www.uraken.net/rekishi/reki-ro06.html
とか、いろいろありますね。

Qチャイコフスキーは下品?

何年も前の話になりますが、何かの音楽番組で「チャイコフスキーの音楽は下品だから日本とアメリカでは人気があるけど、ヨーロッパではそれほどでもない」と評論家(?)がいってた記憶があります。私はチャイコフスキーといえば白鳥の湖(しかもサビの部分)ぐらいしかピンとこないのでその意見に同調も反対もできないのですが、クラシックに詳しい方、そういう意見ってどう思われますか?その意見を覆すようなお勧めの曲、教えていただけますか?

Aベストアンサー

アマチュアオーケストラのチェロ奏者である僕にとって、チャイコフスキーは馴染みの深い作曲家の一人です。

チャイコフスキーの作品を演奏している時に、指揮者に「そこは、そんなに上品な音楽ではない!」という指摘をされたことが一度ならずあることは確かです。
しかし、「そこはそんなに上品な音楽じゃない」というのは「下品」という意味ではなく、「泥臭い」「洗練されていない」という意味だと理解してきました。

今は他界された某有名指揮者でチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトを演奏した時、彼はこんな表現をしました。
「この曲のメロディーの幾つかは、おそらくチャイコのオリジナルではない。多分、ロシアの街角で酔い潰れた乞食が口ずさんでいた、いわばロシア演歌をチャイコフスキーが拝借して曲に仕上げたものであって…だから、そんなに上品に演奏したら面白くない!」
マエストロ…なんちゅうことを…と思いながらも、なんとなく僕にも、他のアマチュア奏者にも納得できるような匂いが、この曲のチャイコの旋律には確かにあります。
日本で言えば、‘演歌や民謡は下品なのか?’という感覚に近い部分もあるのかもしれない。

とはいえ、チャイコは、プッチーニ、ラヴェル、プーランクに劣らないオーケストレーションの名人だし、旋律の楽器選択の天才です。
チャイコのオーケストラ曲はピアノに直して演奏すると、その構成の確かさが明確になると言う話も何度か聞いたことがあります。
旋律とオーケストレーションが不可分の関係になっている天才。
#3さんお勧めの「くるみ割り人形」で言えば、第2幕「パ・ド・ドゥ」は、旋律と言う意味では一種の順次進行の音階の組み合わせで、チェロが主題を演奏し、ハープが分散和音をかぶせるだけ。
当たり前と言えば、あまりに当たり前なんだけれども、オーケストラピットで弾いても客席で聴いても名曲であり美しい。
その他、多彩な打楽器、チェレスタによる「金平糖の踊り」といった色彩豊かな音楽。
まあ、その際限ないほどの色彩の豊かさが、抑制が効いていないように受け取って「下品」と評価される面もあるのかもしれません。
しかし、僕には晩年近いこの曲には、確かにチャイコの「品の良さ」を思わせる部分がたくさんあると感じます。

というか、そもそも、チャイコにせよショスタコーヴィッチも、ロシア音楽の一番の特性は「多様性」であり、「音楽的な引き出しの多さ」にあります。
心はロシアだけれども、ヨーロッパ的でもありアジア的要素を包含するコスモポリタンでもある。
泥臭さと、進取の気性に富む実験の気概を感じさせる音楽。
作曲年代別に、変化というか進化を感じさせる作曲家でもあります。
交響曲第一番(冬の日の幻想)第一楽章の弦楽器のユニゾンと、第6番(悲愴)第四楽章の弦楽合奏の旋律の分担のテクニックの違いは、ロシア音楽の進歩と伝統の基本の成立を見るようで、興味深いです。

結局の所、ロシア的な部分を下品と解釈するか?多様性の一部と解釈するか?ということなのだと思いますよ。

フム、、いつもの柄じゃないこと書いちゃった♪(笑)

アマチュアオーケストラのチェロ奏者である僕にとって、チャイコフスキーは馴染みの深い作曲家の一人です。

チャイコフスキーの作品を演奏している時に、指揮者に「そこは、そんなに上品な音楽ではない!」という指摘をされたことが一度ならずあることは確かです。
しかし、「そこはそんなに上品な音楽じゃない」というのは「下品」という意味ではなく、「泥臭い」「洗練されていない」という意味だと理解してきました。

今は他界された某有名指揮者でチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトを演奏し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報