痔になりやすい生活習慣とは?

時期的なものもあるかもしれませんが湿気が80%くらいになってしまうので
除湿機の購入を考えていました。


しかし部屋にエアコンが最初から付いており
(賃貸ワンルーム)
除湿機能があります。

エアコンがあるなら除湿機は要らないですか?
・機能面、コスト面(電気代)
からしてどちらがいいのでしょうか?

私としては
やっぱし除湿機の方が効果があるのかな?
と思ってしまいます。



よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

エアコンの除湿機能はあくまで二次的なものです。



エアコンの本来の使い道は冷暖房で、除湿機能をメインとした構造ではありませんから、除湿機と比べれば使い勝手が悪くなります。

エアコンですと、例えば室温20度、湿度80%などという状況ではまともな除湿はできません。もちろん、これ以下に室温を下げる設定にすれば除湿は出来ますが、25度くらいにしておいては、あまり除湿効果は得られなくなってしまいます。

エアコンでは低温下でも除湿の出来る構造を取ったものに再熱除湿というのがありますが、温めた空気と冷やした空気(冷やす方で除湿をします)を混合するような構造で室温低下を抑えているに過ぎず、この方法では風量を上げる事が出来なくなってしまい、効果的な除湿にはなりません。メーカーはさも凄い除湿が出来るように言ってますけどね。

エアコンで効率のよい除湿をするためには、部屋の温度がある程度高くないとダメなのです。

一方除湿機にはコンプレッサー式とゼオライト式という2種類の方式があり、コンプレッサー式は室温が高い場合に、ゼオライト式は室温が低い場合にそれぞれ最も効率よく除湿が出来るように設計されています。

電気代はお使いの機種や部屋の大きさ、除湿量などの環境によって様々に変化する場合があり一概には言えないのですが、もっとも早く乾燥させるためには、エアコンとゼオライト式除湿機の併用が良いでしょうね。ゼオライト式は部屋の温度を上げる傾向にありますが、温度が上がればエアコンの除湿効率は良くなります。エアコンが室温を下げてしまうと、今度はゼオライト式除湿機の効率が上がります。

もしエアコン付きの部屋に追加で除湿機を買うのなら、ゼオライト式のほうが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ゼオライト式ですね。


大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/09 22:49

エアコンでの冷房には除湿効果があります。

気温が高いときには、飽和水蒸気量が多いため湿度がたかくなります、エアコンを冷房で稼動させると、気温を下げ、飽和水蒸気量もすくなくなるので、当然除湿できますが同時に気温もさがります。夏場など、気温の高いときにはかなり有効ですが、気温の低いときは冷房運転させませんので、除湿もむずかしいです。ただ、エアコンがついているなら、余計な出費をおさえてエアコンによる除湿で様子を見て、(ドライ機能もあればつかってみる)必要でしたら除湿機を購入するのも手かとおもいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/09 22:49

エアコンの方が馬力が有り効果早いですが


動作基準が温度、で動作します
除湿時温度補正と湿度基準が除湿器と違う
電気料で考えると除湿器の方が除湿専用で小さいコンプレッサーで設計されてるので効率は良いとおもう、
除湿きは動作基準点が湿度70%最適湿度、エアコンは基準点が違うと思います、
省エネ的には時間掛け壁に染み込んだ湿気取るには除湿器が安い、
ドレンホース付け毎日連続運転でも電気代は少し
日当たりの良い家、日陰、別荘では電気代は変わる¥1000~3000円ぐらい
------------------------------------
前に別荘で湿度センサーエアコンに付け(70%設定で)
除湿しましたが、月の電気代が2~3万円(エアコン2台)
除湿器にしましたら(2台)、3000~5000円です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなに違うんですか!


大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/08 17:04

 


除湿器には二種類あり、一つはエアコンと同じ仕組みで除湿するコンプレッサー式と、吸着材により除湿する吸着式、それらを組み合わせたハイブリッド式があります。
部屋の大きさを6畳と仮定すると
コンプレッサー式除湿器 220W
吸着式除湿器 700W
エアコン 400W
電気代を考えるとコンプレッサー式が有利ですが、除湿器は必ず廃熱があります、コンプレッサー式はエアコンと同じ仕組みの為、エアコンの室外機の廃熱が室内にされると行っても過言ではありません。

夏場に除湿器を使うと廃熱で室温が上昇しとても快適とは言えません、また除湿器の購入費用を考えるとエアコンがあるならそれを使う方が除湿もでき温度も快適になるのでベストの選択がと思います。

ただし、風呂場で洗濯物を乾かしたいのならエアコンの風は風呂場まで行かないので除湿器の出番ですネ。
除湿器が唯一エアコンより有利なのは持ち運びが出来る事です。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

除湿器のメリットは移動できることですか。

大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/08 16:36

エアコンの方が遥かに効率が良いです。


除湿能力も優れています。
除湿機は、能力が低い分電気代が安く見えるだけです。
エアコンあるなら除湿機を買うのは無駄です。
押入れなど特定の小さい部屋の湿度を下げたい時に除湿機は使うものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エアコンの方がいいのですか!

大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/08 16:34

除湿を目的とするなら、除湿機の方が効果あります。


しかし部屋が暑くなります。

今年は暑かったので、ちょっとした低温サウナのようでした。

電気代は除湿機はフル稼働でも月1000円くらいです。
室内で洗濯物を乾かすのが楽しくなるくらい乾くのでいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エアコンは除湿+冷房なのですかね。



大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/08 16:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【部屋干し】 除湿機が必要か否かの目安になるポイントがあれば教えて下さい。

洗濯物を部屋干しする際、温度や湿度等、除湿機が必要か否かの目安になるポイントがあれば教えて下さい。


たとえば、いまくらいの季節はどうでしょう? 除湿機は必要ですか?

それとも、窓を開けて扇風機を当てていた方が良いですか?

Aベストアンサー

>【部屋干し】 除湿機が必要か否かの目安になるポイントがあれば教えて下さい。

              ↓
洗濯乾燥に絞っての除湿機の必要性ですか?


本来は天日による衣類乾燥に加え、防ダニ、ふわふわ感から屋外の日光と風による乾燥が理想ですが・・・
外出がち、屋外に時間がなかったり場所がない為に干せない、花粉や黄砂や排気ガスから室内干しetcという要素で利用する。

その為の温度と日光は期待出来ないので、除湿によるお部屋の乾燥にて衣類の水分の蒸発を促し、送風が屋外での自然風の代用となるのが除湿機による衣類乾燥です。
従って、乾燥時間のスピードは除湿能力と風量で決まる。

ところが、除湿方式の違いで変わるが、一般的な除湿機(コンプレッサー式)は室温が約10℃以上(商品によってはでないと運転できない。
運転するとお部屋の壁やカーペットや畳の過剰水分を取るのがメインで、その後に衣類の乾燥になり、時間が掛かる(電気代も)。
そして、部屋や衣類から奪った水分を水タンクに貯めるのだが、満タンになったら運転停止または捨てる必要&手間があります。
さらに、運転をしますと奪った熱量と機械の発生熱量を排出するので
1時間で約2℃程度は室温が上昇します事から、人間が居ない時間や部屋は別ですが、在室されている場合には不快な温度に(暑く)なる。

つまり、梅雨や雨の日、人が在室していない時間やお部屋での洗濯物(衣類)の乾燥は出来ますが、天日による防ダニや臭い移り(汗や皮脂分の残滓に空中の黄色ブドウ球菌等が付着し、酸化分解して臭いが発生)の予防効果が無いのが欠点です。

そこで、乾燥は除湿+風の力の活用が必要ですので、大風量や吹き出し方向の可変が必要。
また、衣類の干し方も衣類に満遍なく風邪が当たる様に重ならず・出来るだけ太陽光が当たる場所で少しでも天日を利用する。
洗濯機は脱水性能の高い機械、カビ菌の付着し難い洗濯槽とかドラム乾燥機能付とかの検討も併せて必要ではと思います。

窓を開け、部屋の一部を開けて風通しを良くするとか扇風機の風を利用するのも良いのですが、除湿機の利用時には部屋の密閉度が高い方が除湿や衣類乾燥は効果的と思いますので、太陽光の利用や干す場所の選定、干し方の問題等→TPOに合わせて、目的(衣類乾燥とお部屋の除湿他の優先順位)で使い方を工夫されれば良いと思います。

冬場は、寒冷地の利用では→デシカント方式除湿機やエアコンの除湿とか結露予防&衣類乾燥機能等の利用、エアコン暖房と扇風機と除湿機のコラボ運転を暮らしのアイデアとして応用、工夫して下さい。

>【部屋干し】 除湿機が必要か否かの目安になるポイントがあれば教えて下さい。

              ↓
洗濯乾燥に絞っての除湿機の必要性ですか?


本来は天日による衣類乾燥に加え、防ダニ、ふわふわ感から屋外の日光と風による乾燥が理想ですが・・・
外出がち、屋外に時間がなかったり場所がない為に干せない、花粉や黄砂や排気ガスから室内干しetcという要素で利用する。

その為の温度と日光は期待出来ないので、除湿によるお部屋の乾燥にて衣類の水分の蒸発を促し、送風が屋外での自...続きを読む

Q除湿機とエアコンの除湿機能

洗濯物を部屋干しする事が多いので今年こそは除湿機を買った方がいいかなと考えているのですが、除湿機とエアコンの除湿機能ではどういった違いがあるのでしょうか?除湿機を購入するのであればハイブリット方式の物をと考えています。12畳の部屋で使用したいのですが電気代等で除湿機の方が断然優れているのでしょうか?初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、お教え頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

● エアコンの除湿には2通りの方式があります。
冷房運転をすると、室内機のアルミフィンの中を冷媒が流れ、フィンの温度が下がり、その部分と室内の風が接触すると空気中の水分が露となり、除湿をします。2通り共にこの原理は同じですが
 1)簡易除湿:
従来機種では、冷房と同じ方式で、室内機の風量を微風にし、除湿する方式で、室温も2℃程度下がり、室温を下げすぎない範囲での除湿であり、限界があります。(マイコン除湿と呼ぶ場合も有ります)
 2)再熱除湿:
最近の機種は室温を自由に設定し、除湿が出来ます、室内機は基本的には冷房ですが、室外機で放熱する熱の一部を室内機で放熱する構造で、室温を下げる事も上げる自由に且つ除湿が出来、快適な環境で、洗濯の乾燥であれば、温度を上げ、除湿すれば、良好に乾燥できます。

●洗濯物を乾燥するには、洗濯物の水分を蒸発さす為の熱と、水分を発散さす為の低い湿度が必要です。除湿方式1)では熱が補給されず、乾燥が促進が充分ではありません。
除湿方式2)は熱が補給され、低湿度に保たれ、乾燥が促進が良好です。

● 除湿機の場合は、温度を上げて除湿をします、除湿機にも2通りの方式があります。
 1)コンプレッサー式:
エアコンの室外機と室内機が一体の構造で、冷房と暖房が同時に行われ、冷房の部分で除湿され、暖房の方が能力が大きく、室温は2℃程度上昇します。
この方式は室温が20℃以下では能力が低下しますが、電気代は少ないです。
 2)乾燥剤を使う方式:
海苔、菓子などの湿気防止で入っている乾燥剤(ゼオライトなど)と同じで、乾燥剤は水分を吸収すると徐々に能力が低下しますが、湿った乾燥剤は電熱で連続的に自動で乾燥させます、室温は5~7℃程度上昇します、冬でも充分機能しますが、電気代はコンプレッサー式の3~4倍必要です。
 3)ハイブリッド方式:
夏はコンプレッサー方式、冬は乾燥剤方式に切り替わる方式でコンプレッサー方式と乾燥剤方式の欠点を補完し快適な除湿が出来ます。

● 室内で乾燥さすには、エアコン又は除湿機と扇風機の併用がお勧めです、マクロで観察すると、洗濯もの乾燥工程で洗濯物の直近は湿度が非常に高くなるが、扇風機で吹き飛ばす事で乾燥が促進します。

まとめ エアコンは、再熱式の除湿が出来るタイプで、効率、電気代共に除湿機より良好です。数値的には機種で異なり割愛します。

● エアコンの除湿には2通りの方式があります。
冷房運転をすると、室内機のアルミフィンの中を冷媒が流れ、フィンの温度が下がり、その部分と室内の風が接触すると空気中の水分が露となり、除湿をします。2通り共にこの原理は同じですが
 1)簡易除湿:
従来機種では、冷房と同じ方式で、室内機の風量を微風にし、除湿する方式で、室温も2℃程度下がり、室温を下げすぎない範囲での除湿であり、限界があります。(マイコン除湿と呼ぶ場合も有ります)
 2)再熱除湿:
最近の機種は室温を自由に設定し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング