産業間の利潤率格差はなぜ起こるのでしょうか
ネットで調べても、本を読んでもいまいち解りません
明日テストです、どうか助けてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

10年前のパソコンは100万円していましたが、現在では、高性能パソコンは10万円で売っています。

この当時も、研究費等で採算を取るためにも100万円で売らなければならないこともあったのですが供給量がすくないために、100万円でも売れました。

消費量より供給量が少ない場合は、相当高くしても売れます。利潤率が高いのです。利潤率が高いと、こぞって利潤率の高い産業に皆が参加します。そうすると、競争が起きたり、供給量が増えたりして、価格を下げなけれ売れなくなります。こうして、利潤率は下がっていきます。利潤率が下がると、参加する企業が少なくなり、利潤率の高い産業に移っていったり、倒産が起きます。パソコン業界は一定の利潤に収まっていきますが、競争で勝った企業が独占したり、カルテを作ることによって、商品を高くしてまた利潤率が高くなっていきます。

これは、資本主義の自由競争の場合ですが、現在は、国と言う膨大な税金(資金)や規制・法律が利潤率を左右する場合がほとんどです。

誰にでも作ることができる商品以外の、タレント等の特殊な商売では、人気の度合いで確実に利潤率が違っています。
大企業等は信頼と言う目に見えない、物が価格に跳ね返り、利潤率を上げる場合があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産業別・業種別就業人口の推移の調べ方

産業、業種別就業人口数の推移について調べたいです。
統計データポータルサイトという統計データを調べるのに便利そうなサイトも見つけれましたが、肝心のデータが見つけれません。

どこか他の良いサイトなどありましたら教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

おそらくそれは国勢調査で大丈夫だと思います。

調べたら
エクセルファイルでここに載っていると思います。
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/kako/roudou/index.htm
ここでなければ下の参考URLから探してみて下さい。

参考URL:http://www.stat.go.jp/data/kokusei/index.htm

Q所得格差・資産格差が今後縮小する可能性はあると思いますか?

今の世界は所得格差・資産格差が広がっていると言われ、世界の下位半分の人の資産と世界の上位100人の資産の合計が同じくらいとか。
でも、歴史を見れば格差が限界まで達すれば戦争や革命が起き、混乱の中で格差が埋められるということを繰り返してきました。
そして社会主義革命も、格差をひっくり返すための試みであったでしょう。
今は社会主義は崩壊して資本主義1強ですが、格差社会への不満は増大しており、社会不安は増大しているように思いますが、今後格差が縮小する方向に社会が動くことはあると思いますか?
私は、日本ではないどこかの外国でそういった動きが生まれ、日本に波及する可能性があると思っています。その外国とはもちろん、日本より格差が大きい国です。

Aベストアンサー

今後格差が縮小する方向に社会が動くことはあると思いますか?
  ↑
あると思います。

世界がグローバル化したのと相まって
資産格差の拡大が世界的な問題になりつつあります。

欧州などでは、一部ですが、既にそういった
格差を是正する具体的な政策が実施されています。

航空機のファーストクラスの料金に課税するとか
実にささやかですが、始まっていることは始まって
います。

Q今所得格差が問題となっています。所得格差は高齢化していることが要因であ

今所得格差が問題となっています。所得格差は高齢化していることが要因であるという考え方があるようなのですが、なぜ高齢化が進むと所得格差が生じるのでしょうか?

Aベストアンサー

クラス会で卒業後10年、そう30代前半に会った時、大企業入社、出世頭、年収300万円。一方の”落ちこぼれ君”は塾の講師で年収200万円。この時点で所得格差1.5倍。

その後、25年経ってもうすぐ還暦を前にして再会。
大企業君は倒産した航空会社を退職したが、再就職先はなく、雇用保険日額7,700円x360日分。塾の講師は株式上場し、取締役に就任し、今や年収が5000万とか。給与、役員報酬以外にも株式配当が相当あるそうです。
この時点で、格差25倍。

高齢化とは卒業後数年という若い世代の比率が減少し、60歳前後の世代の比率が増加していることです。
格差の少ない世代が減少し、格差の大きな世代が増加しているのですから、合計して、格差が大きくなっているのです。

60歳以降の格差はもっと激しくて、病院を引退して開業医になった先輩はノンビリやって年収2000万円。
その他大勢は再就職先も無く、年収=0に近い。
所得格差はこの時点で数100倍になっていますね。

Q貧困格差を改善するために修正資本主義になったのに、今の経済格差はなぜ起

貧困格差を改善するために修正資本主義になったのに、今の経済格差はなぜ起きてる?

題名の通りです。資本主義の中においても国が介入することで経済格差や失業・貧困を阻止するという目的のためにケインズが修正資本主義を唱えて、現在の世界各国はこの制度を導入していると認識しています。

[昔]資本主義 → 経済格差・貧困が増大 → 修正資本主義 → [現在の日本]経済格差・貧困が増大

これは一体どういうことでしょうか?仕組みが変わったはずなのにまた同じ歴史を繰り返しているように思えるのですが・・・。 
今と昔では状況が違うというのもあるはずですが、その辺りもお聞きしたいところです。
修正資本主義の限界なのでしょうか?それとも近々修正修正資本主義なるものが登場するのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>貧困格差を改善するために修正資本主義になったのに、今の経済格差はなぜ起きてる?

勘違いしている。経済格差を起こさないのはかつての共産主義。
修正資本主義は資本主義であり格差が起こることは認めている。行き過ぎた格差が発生しないようにしているのが修正資本主義。
自由資本主義的な昨今のアメリカでは会社のCEOと労働者の収入格差が500倍にもなった。



>修正資本主義 → [現在の日本]経済格差・貧困が増大

経済格差と貧困は分けて考える問題。
日本のように修正資本主義色が強い国では自由主義色が強いアメリカのようには経済格差が広がっていない。修正資本主義のおかげで何百倍も収入が違うような格差が開かなくなっている。ほとんどが数倍~数十倍の差に収まっている。
経済格差をなくしても貧困問題は解決しない。共産主義社会では隣人との経済格差はなかったが皆で貧困に陥った。北朝鮮では共産主義で多くの国民の間で経済格差はないが貧困問題は解決していない。

日本で経済格差や貧困が広がっているのは高齢化が進んで自力で稼げない人が増えていることと経済が成長しないから。日本がより自由主義的な考え方になって経済が急成長するならば貧困問題は改善の方向に向かうだろう。

>貧困格差を改善するために修正資本主義になったのに、今の経済格差はなぜ起きてる?

勘違いしている。経済格差を起こさないのはかつての共産主義。
修正資本主義は資本主義であり格差が起こることは認めている。行き過ぎた格差が発生しないようにしているのが修正資本主義。
自由資本主義的な昨今のアメリカでは会社のCEOと労働者の収入格差が500倍にもなった。



>修正資本主義 → [現在の日本]経済格差・貧困が増大

経済格差と貧困は分けて考える問題。
日本のように修正資本主義色が強い国では自由主義...続きを読む

Q利潤率のだしかた。

A社 (固定資本300万円+流動資本16万円)+流通資本48万円
B社 (固定資本300万円+流動資本16万円)+流通資本76万円

A社は、3日全然売れなくても、操業を続けることができるが、それ以上、販売が滞ると、工場を一時休止するほかない。
B社は、6日全然売れなくても、操業を続けることができるが、それ以上、販売が滞ると、工場を一時休止するほかない。この場合、シャツ生産で1日300着生産するという想定ですから、1着20円のもうけがあるので、6000円が1日あたりのもうけということになります。
 問題1は流通資本の準備が少ないA社は、1年300日のうち、在庫がたまって仕入れの資金の手当が付かず、30日ほど一時休業せざるをえなかった。これに対して、B社は300日、すべて生産を続けることができた。さてこのとき、A社、B社の年利潤率はそれぞれ何パーセントになるか。
問題2は、もし、A社の準備で十分であり、A社もB社もともに300日フル稼働できたとすると、このとき、それぞれの年利潤率は何パーセントになるか。
この問題解けなくてとても困っています。ぜひ教えてください。

A社 (固定資本300万円+流動資本16万円)+流通資本48万円
B社 (固定資本300万円+流動資本16万円)+流通資本76万円

A社は、3日全然売れなくても、操業を続けることができるが、それ以上、販売が滞ると、工場を一時休止するほかない。
B社は、6日全然売れなくても、操業を続けることができるが、それ以上、販売が滞ると、工場を一時休止するほかない。この場合、シャツ生産で1日300着生産するという想定ですから、1着20円のもうけがあるので、6000円が1日あたりのもうけということになります。
 問題...続きを読む

Aベストアンサー

この問題に解答できる人はいないと思います。
 まず、固定資本とは何でしょうか?固定資産の間違えでは。流動資本は流動資産の間違えだと思います。あと、流通資本てなんですか?後利潤率って何の概念でしょうか利益率の間違いでは?
 利益率にしても何に対しての利益率か記載が無ければ回答のしようが有りません。
 質問は、誰でもわかるように正確且つ整理してお願いします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報