【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

プロテスタントの男性聖職者は通常「牧師さん」と呼ぶのは承知していますが、その他に「チャプレン」とか「執事」とか色んな言い方があるようですね。又、職名と呼び方が違うこともあるかもしれません。

例えばカトリックでは、文書などでの職名は「司祭」(代表者の場合は「主任司祭」)ですが、面と向かって呼ぶ場合は通常「神父様」(代表者の場合は「主任神父様」)となると思います。

そこで、確認のために、プロテスタント各派や聖公会の男性聖職者の「職名」と「呼び方」について、又代表聖職者の場合のそれぞれについて、教派別に教えて頂ければ有り難いです。

・・・それにしても、このサイトに「宗教」カテがないのは不便ですね。

A 回答 (1件)

こんにちは。



私が知る日本基督教団のいくつかの教会(関東及び関西)では

職名(「週報」という礼拝プログラムに載せる名)「牧師」⇒呼び方「○○先生」「先生」

そのなかで数人の牧師がいる教会では
職名「主任牧師」⇒呼び方「○○先生」「先生」
職名「副牧師」⇒呼び方「○○先生」「先生」

という言葉を使っています(要するにみんな「先生」)。しかし、近年「副牧師」の名称を止めて「牧師」にした教会もあります。男性聖職者と女性聖職者に名称の区別はありません。
「牧師先生」と呼ぶこともありますが、よく考えると意味が重複していて変な言い方かもしれませんね・・・。

ですから例えば
「今日は佐藤牧師はいらっしゃらないの?」
などという外部の人がいたりすると若干(あくまでも若干、です)失礼な印象がありますが、これは狭い経験の中での個人的な感覚ですから、プロテスタント一般にはあたらないかもしれません。
なお、「○○先生」ですが、必ずしも姓が入るわけではなく、下の名前で呼ぶ例も幾つか知っています(夫妻で牧師職にある場合などなど)。

チャプレンは教会ではなくて、キリスト教系の学校や病院のチャペルで伝道なさる方だと思います。
「執事職」の方には今まで接触がありません(聖公会?日本キリスト改革派?)。

日本基督教団(「教師」の項)↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC% …

この回答への補足

今日プロテスタントの教会を何軒か訪問しました。
「先生」で正解でした。有難うございました。
しかし、カトリック信者としてはいつも「神父様」といっているので、
なぜ「牧師様」とあまり言わないのか疑問に思いました。

大抵、これだけ待って来なかったら後続の回答はないと思いますが、他のプロテスタント各宗派や聖公会の場合も確認したいので、ぎりぎり一杯オープンにさせていただくことをお許しください。(2007.10.6)

補足日時:2007/10/06 23:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。お礼が遅くなりすみませんでした。
そうですか。職名は「牧師」でも、呼び方は「先生」ですか。
正直少し驚きました。
なるほど、最後のwikiの記事を読むと、牧師が「教師」ないし「先生」の位置づけで、一般信徒と区別されていることがわかります。

他の宗派の例も聞いてみたいのですが、あまり回答が来そうにはありませんね。念のため今週いっぱいは開けておき、後続の回答がなければ閉めようと思いますので、もう少しお待ちください。

お礼日時:2007/10/03 22:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qその宗教で一番偉い人の呼び名

何がありますか?

主、尊師、あじゃり、、、他に思い付くの教えてください

Aベストアンサー

天台宗は、座主(ざす)ですね。

そして、
真言宗のTOPは長者。
真言宗の総本山・高野山のTOPは座主ですけれども、高野山のTOPが真言宗のTOPというわけではありません。
(歴史的なことを言うと、東寺長者の方が高野山の座主よりも格式が上)

また、
あじゃり(アーチャーリヤ)は、本来、先生や学者、師匠くらいの意味ですかね。弟子をもて、その弟子に(真言)教えを授ける資格を持つ人を阿闍梨(あじゃり)と言います。
偉いと言えば偉いですけれど、それ程、偉いわけではありません。
真言宗の中には阿闍梨は、それこそ掃いて捨てるほど存在します。


現代もその役職があるのかどうかは知りませんが、
東大寺で一番偉い人は、別当(べっとう)ですかね。
別当は、お役所の長官くらいの意味です。
(東大寺は官営の寺なので、そのトップはお役人さんと同じ呼び名)


明治時代に、真言宗の総本山はどこかという争いがあって、
東大寺は「うちこそ、真言宗の総本山だ」と高野山や東寺と争ったことがある(ら・し・い)。
空海は東大寺の別当(長官)を務めていたことがあったので、東大寺にもそう名乗る資格があった(笑い)。

天台宗は、座主(ざす)ですね。

そして、
真言宗のTOPは長者。
真言宗の総本山・高野山のTOPは座主ですけれども、高野山のTOPが真言宗のTOPというわけではありません。
(歴史的なことを言うと、東寺長者の方が高野山の座主よりも格式が上)

また、
あじゃり(アーチャーリヤ)は、本来、先生や学者、師匠くらいの意味ですかね。弟子をもて、その弟子に(真言)教えを授ける資格を持つ人を阿闍梨(あじゃり)と言います。
偉いと言えば偉いですけれど、それ程、偉いわけではありません。
真言宗の中には阿闍梨...続きを読む


人気Q&Aランキング