将棋に新しい駒をつけるとしたらどんな働きの駒を想像しますか?
また新しい駒をつけることについてはどう思いますか?
理由も教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

たくさん意見が来ているんですね。

どれも面白いと思いま
す。
私が中学生の頃、「三股矛」という駒を作って遊んでいま
した。これは、進路が塞がれていない限り、どんな経路を
通ってもいいから3歩だけ動ける、という強力な駒です。

また、割と最近では「ドッペルゲンガー」という駒を作っ
て遊びました。これは、この駒の一段下にある駒の働きを
する駒で、例えば先手でドッペルゲンガーが3六にあり、
飛車が3七にあったら、その時点だけ飛車の働きをするん
です。飛車がどいたら、その瞬間力を失います。またドッ
ペルゲンガー自体も動いたら、動いた場所による力に変わ
ります。すぐ下に何もいないドッペルゲンガーは、「歩」
と同じ動きしか出来ません。
これはやってみると非常に複雑で面白いです。例えばドッ
ペルゲンガーの下に「桂」を打っただけで、ドッペルゲン
ガーが桂になり詰んじゃった、とか。

ppooooさん、今度はぜひ「あったら面白いルール」とかの
質問も出してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドッペルゲンガーはおもしろそうですね^ー^
そういう駒があったらかなり将棋も複雑さを増しそうですね

お礼日時:2001/02/07 16:42

このメールをみて思わず笑い転げてしまいました



私も子供のころ、オモチャの将棋でよくアレンジして遊んでいました。その頃で友達が思い付いた駒ですけど、一番はじめの並べた段階で、三段になってますよね。その二段目に歩駒の将軍、歩将とでもいいますか、その駒を王将の
真上に一駒置くと、攻め方の幅が広がりました。動き方は
各方向一歩ずつ、真横だけ動けないルールだったとおもいます。こんなやりかたはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そういう駒ってあるとおもしろそうですね。

お礼日時:2001/02/03 12:00

この質問面白い!


感動しちゃいました!

あたらしい駒の提案ではないんですが,
王将が,敵陣に入ったら「成って」将棋盤に立てて,
チェスで言う「クイーン」の動き,すなわち飛車と角を合わせた動きが出来る,という風にしたら面白いんじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実現したらすごそうですね。
文字通りの王になるって感じですね。(^ー^)

お礼日時:2001/02/01 14:57

駒を92枚使う「中将棋」という将棋があります。


ここから一人(?)連れてくると面白いかもしれません。
酔象,猛豹,獅子,奔王…どれも強そうですね。

参考URL:http://www.aurora.dti.ne.jp/~zom/Chu-sho-gi/inde …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こういうものははじめて知りました。
今の将棋より難解になりそうですがおもしろそうだなと思いました。

お礼日時:2001/02/01 14:56

VT250F です。

私の回答で「理由」が抜けていましたね。
あくまでも、正式なルールを知った上で、内輪でアレンジするのは、
楽しさのバリエーションが広がってよいことと思います。

子供と遊んでいると一つのおもちゃで何通りもの遊び方を自分たちで
考えて遊んでいるのには驚かされます。

花札でも鶴や雁 等の鳥を集めると役を付けたり、
麻雀にもジョーカーの様なパイを付けたり(あくまでも内輪)します

そうやって工夫して楽しむことで友情や思い出が深まるならば
よいのではないでしょうか。

ちなみに、ダイヤモンドゲームとは片方の陣地から片方の陣地へ
味方、または的の駒をジャンプしながら越えていくゲームです。
30年以上前からある、古典的なゲームで、単純にして明快。
3人でもできる面白いゲームです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も将棋でドミノ倒しをして遊んでましたが、
枚数が少ないせいかすぐ飽きてしまうのが難点でしたね。

お礼日時:2001/02/01 14:52

あるじ(主)三人目の参加者がいる場合に用います。


ダイヤモンドゲームみたいですね。

あと、「香車」に対抗して「盾」と言うのはどうでしょう。
後ろ向きに桂馬飛びできます。

また、「やり」に対抗して「鉾」と言うのはどうでしょう。
桂馬飛びの更に一マス上にジャンプできるので、
金や銀で囲まれた(あなぐまと言うようです)王(または玉)
を狙えます。

ルールを自分で創作されるとおもしろいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

盾というのはおもしろそうですね。
ルールを自分でつくるのも以前考えたことがありましたが、メンバーを集めるのがなかなか大変そうですね(^ー^)

お礼日時:2001/02/01 14:50

チェスで、城(ビショップだっけ?)とキングが動いていなければ入れ替えが可能ですね、あれと同じように詰んだ時に入れ替えれる駒(影武者)。


チェスと違い、王と影武者が動いていても1局で1度だけ入れ替え可能にすれば、面白いんじゃないでしょうか?
でも、対局時間が長くなるだけかも.....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

チェスはやったことがないのですが、つまりとられても一回だけ王の代わりとなってくれて一回詰みから逃げられる駒ということでしょうか

お礼日時:2001/02/01 14:47

姑息な手段で相手の懐に入ってスパイのような役目をする駒。


将棋はどうも金と銀の動きがよく分かっていないので見ているだけですのでもしかしたらもうそのような役目をする駒があるのかもしれませんが。
# 現実的に考えたらそんな困って難しいのかも。(^^ゞ
私は別に構わないと思います。そもそも将棋は外国から来て日本で改良し現在の形になったわけですから...ただ「将棋」と言う名称はやめた方が無難かもしれませんけどね。

未だに「棋士の頭はどうなっているのか」とびっくりしている私なので思いっきり素人考えです。
# 小学生の頃弟に教わりながらやったんですが私には無理
# でした。(T^T)

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お久しぶり。
たしかにスパイ役のこまってないですね

お礼日時:2001/02/01 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一番高い将棋の駒と一番高い将棋盤

一番高い将棋の駒と一番高い将棋盤を教えてください。
駒と将棋盤の作っていてもいいです。後値段もお願いします。

Aベストアンサー

天竜駒が一番良いと思います。
名人の手彫りとなると万単位です。
(私のは手彫りで5千円です^^;)

将棋盤は本物は裏に凹んだ穴が開いています。
イカサマすると、そこに小刀で指を切って血を流す為にあるのだそうです。

TVの将棋で使用する将棋盤の大きさ(厚く重いです)
これが普通一番高価となります。


将棋の駒と将棋盤の価格は、木の材質、作者で決まります。

大理石の盤は無視させて頂ます。^0^;

Q大大将棋・摩訶大大将棋の駒の種類が多いのは何故?

大大将棋や摩訶大大将棋は駒の種類が尋常ではないが、なんでこんなに駒の種類が多いのでしょうか?
あまりに複雑すぎて、とても遊ぶ気にはなれないのですが、こんな複雑な将棋を遊ぶ人なんているのでしょうか?

Aベストアンサー

この将棋は「取った駒は持ち駒として使えない=取られると盤面から永久に排除」というルールでして、駒数が多くても「戦法」は比較的単純になるために、駒の数も種類も多くて差し支えなかったんです。更に言えば「大大将棋」「摩訶大大将棋」は実際に遊ばれていたか疑問(誰かが図だけ書いた)という説もあり、少なくとも「広く遊ばれていた将棋」では無い、と言う事は確かです。

今の将棋は「取った駒を再度使える」という画期的なルール(チェスも取った駒は使えませんよね)を採用したため、昔の将棋に比べて駒の種類と数を減らした、という事もありますし、今の将棋とそれらの将棋を直接比較することは出来ないと思います。

Q【将棋】昔の将棋には「王将」以外に「酔象」すいぞう?という大将が2駒あって2人の王将と酔象の2将を取

【将棋】昔の将棋には「王将」以外に「酔象」すいぞう?という大将が2駒あって2人の王将と酔象の2将を取らないと勝ちにはならなかったという歴史があるそうですが、酔象ってどういう動きをして、古来中国では酔象はどこに初期配置されており、どのような役割があったのでしょうか?

どういうときに力を発揮するのが酔象ですか?攻撃?守り?

Aベストアンサー

王将の真上に配置され、真後ろ以外に1歩動けます。
また、成駒は真後ろも含み全方向に1歩動けます。(王将と同じ動き)

Qこの将棋の駒のデザインについて

うちにこのようなデザインの将棋駒があるのですが、昔に何回か同じのを見たことがあります。このデザインには名前はあるのでしょうか。それともある地域特有のデザインだったりするのでしょうか。また何か特別な意味などがあったら教えてください。

http://img89.imageshack.us/img89/3256/dsc08679.jpg

Aベストアンサー

私も同じく略字体の駒(機械生産の物ですが^^;)を使っています。
たまたま今『将棋駒の世界』という本が手元にあるのですが、著者(自身も駒の彫師)の増山雅人氏によると、「駒字を略すということは、同じ時間や手間で、それだけ数多く作れるということでもある。」とのことです。
量産用に作られた字体なんですね。

Q将棋の駒の(ぎん)

詰将棋を並べたり解いたりしていて思います。
「銀」が目立つな・・と。
確か羽生名人が ”銀” が好きだとか何とかいっておられたような気がしますが。
皆さんは【銀】に対してどのような感じを持っておられるか、
または<銀>に関したエピソードなど教えていただきたいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

阪田三吉の「銀が泣いている」ですね。
関根金次郎との対戦で、左の銀が敵玉近くまで進みながら立ち往生し、屈辱的に逃げ回りながらも見事に生き返り勝利を収めた一局です。

手順を追うだけで、阪田の「銀が泣いている」の言葉が痛いほどわかります。
http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmds=display&kid=7097

この一局、総手数164手ですが、阪田の左の銀だけで15手も動きます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報