先日梅原猛氏の古事記を読んで、古事記の面白さに
目覚めました。
でも、解説書・研究書の類は、今の私には馬力が
いりそうで(国文科出身なのに・・・)
とりあえず、小説・漫画などから
興味を深めていこうと思っています。

おすすめの小説・漫画をご存知でしたら
お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ファンタジーがお嫌いでなければ、次の本などいかがでしょうか。



・荻原規子『空色勾玉』『白鳥異伝』(福武書店→徳間書店)
  →『空色勾玉』は、アマテラスオオミカミ・ツクヨミノミコトあたりの話で、
   『白鳥異伝』は、ヤマトタケルノミコトあたりの話です。
・氷室冴子『銀の海 金の大地(1~11)』(集英社コバルト文庫)
  →サホビコ・サホビメあたりの話です。

ちなみに、現代語訳『古事記』関連の書物でしたら、
・三浦佑之『口語訳 古事記[完全版]』(文藝春秋社)
が、お勧めです。読みやすく、また原文にも忠実に訳されていますので、
小説・漫画の次は、是非この本に挑戦されてはいかがでしょうか。

この回答への補足

回答者のみなさまへ

勝手ながらここで締め切らせていただきます。
みなさまにご紹介いただいた本はぼちぼち
読んでます。
また読み終わったらお礼しようと思います。

回答ありがとうございました。

補足日時:2002/09/26 20:21
    • good
    • 0

こんにちは。

私も梅原猛さんから歴史関係にはまりました。『隠された十字架』からですけど。
梅原さんの戯曲で
『ヤマトタケル』講談社 
はどうでしょうか。市川猿之助さんのために書かれたもので、今も続くスーパー歌舞伎の第1作です。舞台はとても感動的で、タケルの望郷の台詞は涙がとまらない~ でおすすめなんですが、今上演してないので原作を。(そのほか古事記では『オオクニヌシ』があります。)
戯曲は少し読みにくいので、山岸凉子さんがマンガ化したものもあります。
『ヤマトタケル』角川書店 
1冊本と、あすかコミックスの分冊本がありますが、いまはどちらも絶版なので、古本屋さんで見かけたらどうぞ。
山岸さんは、ほかにも古事記に題材をとった作品がいろいろあって、
『月読』 文春文庫ビジュアル版
『黄泉比良坂』秋田ボニータコミックス
などがあります。
    • good
    • 0

すでにいろんな本が紹介されていますが、女性の方でしたら、こんな本もおすすめ、という観点で紹介させていただきます。



「隼別王子の叛乱」 田辺聖子 マンガ版では 西谷祥子作品があります。

田辺聖子作品はエッセイしか読んだことのなかった私が小説家としての彼女を再認識した作品です。時代もぴったり。

梅原猛作品で目覚めた、という同じ過去を持つ身としては無視できなくて投稿してみました。歴史物では他におすすめもありますが、どのあたりをご希望か、趣味もよくわからないのでまずは上記の本をおすすめしますね。

参考URL:http://plaza2.mbn.or.jp/~kazaha/medori.htm http://www.oct.zaq.ne.jp/singchi/book/hayabusa.htm http://www2.wbs.ne.jp/~ald
    • good
    • 0

安彦良和さんが書かれている漫画で「神武」(中公文庫)はどうでしょう。

異色かもしれませんが。
あと、「ナムジ」(中公文庫)も。ただ、こちらは、古事記関連か、どうか、ちょっと、記憶が危ういです。
    • good
    • 0

 美内すずえの「アマテラス」とか? (^^;


 諸星大二郎は確かに多いですね。でも、ときどき、どうしようもなく暗い気分に、(^^;;(絵は下手って言うより、ああいうタッチが合ってるんだと思います。)

 でも、やっぱり、原点にあたるのが一番では、新潮文庫のは現代語訳ついてますよ。あと、確か教養文庫に「古事記物語」って読みやすくしたものがあります。岩波ジュニア文庫にもあったかと?やはり漫画や小説は別ですよ。(かなり、いい加減 (^^; )
    • good
    • 1

ゆうきまさみ


「ヤマトタケルの冒険」みのり書房のコミック

豊田有恒
火の国のヤマトタケル、
出雲の国のヤマトタケルとか(早川文庫か祥伝社のノンノベル)

いずれも絶版かも
    • good
    • 0

諸星大二郎の「海神記」(潮出版)


マンガです。(絵が下手ですけど)他に短編で古事記や日本書紀を題材にした作品があります。

星野之宣の「ヤマタイカ」(潮ビジュアル文庫)
こちらもマンガです。SFの作品が多いですが、海洋物と伝記SFの作品にも定評があります。

あと、超有名ですが、手塚治虫の「火の鳥」にも古事記をもとにした話があります。
    • good
    • 0

凄ノ王 永井豪


魔界水滸伝 栗本薫
産霊山秘録 半村良
    • good
    • 0
この回答へのお礼

魔界水滸伝って古事記ベースの話も
のってるんでしょうか?
一度読んでみます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/09/09 20:42

鯨統一郎さんの


「千年紀末古事記伝ONOGORO」
「新千年紀古事記伝YAMATO」
(どちらもハルキ文庫)
はどうでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本神話を題材にした小説、漫画など

お世話になります。

タイトルの通りなんですが、日本神話を題材にした小説や漫画を探しています。
日本神話について興味を持ったのはPS2ソフト大神がきっかけなので、その辺りのお話(アマテラスとかスサノオとか)ですと尚良いですが、日本神話というものに興味があるので、全然違う神様のお話でもいいです。

難しく説明がまとめられた本とかよりは、物語になっている方が良いです。
すんなり入っていけて、分かりやすいもの等、お勧めがありましたら教えてください。

ちなみに昨日、さらちよみさん著「ヒのカグツチ」という漫画は買いました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

『八雲立つ』(樹なつみ/マンガ)
文庫で全10巻。少女マンガ。スサノオ神話およびシャーマニズムがテーマです。この物語ではスサノオ、オオナムチ、スクナヒコナは古代の実在の人物だった、という設定になっています。

『石神伝説』(とり・みき/マンガ)
3巻まで出てますが未完。確か連載していた雑誌が休載してそれっきり。ベースはヤマトタケルで、各地の神話伝説がいろいろと絡んできます。説明多。絶版かも。

『魔神転生』(上田信舟/マンガ)
原作はATLASの『真・女神転生』の番外編『魔神転生』です。日本神話といっても、イザナミさまがちょっとだけ出てくる程度ですが。絶版。

『夜叉鴉』について。神道の話ですが(?)、イザナギ・イザナミ神話は物語の核心なので、終盤まで触れられません。

Q日本神話を題材にした小説を探しています

日本神話を題材にした小説を探しています

神話そのものを再現しているのではなく、日本神話をモチーフにした怪奇、伝奇モノなどを探してます。純粋に読みたいという気持ちで探しているので、オススメの作品がありましたらぜひぜひ教えてください!

Aベストアンサー

ちょっと?古いですが、

火の国のヤマトタケル(ハヤカワSF文庫、1971年)
出雲のヤマトタケル(ハヤカワ文庫、1974年)
神風のヤマトタケル(祥伝社、1981年)
英雄ヤマトタケル(祥伝社、1984年)
天翔るヤマトタケル(祥伝社、1985年)
飛騨のヤマトタケル(祥伝社、1986年)
巨神国のヤマトタケル(祥伝社、1988年)

豊田 有恒氏の作品ですが、お勧めします。

Q日本の神様(神話・神社)が題材の小説ってどういうのありますか?

こんばんわ。
最近読書をしていて、ふと気になった事がありまして
質問させて頂きたく思います。

よく古来より天使と悪魔といった題材や世界各地の神話を
モチーフにした小説は見かけますが、日本のやおろずの神様を
題材とした小説とかって見かけないような感じがします。
ギリシャ神話と同じくらい色々なエピソードがあるし、結構
話膨らむ気がするのですが。
私の探索不足なのかもしれませんが、何かご存知の方おりま
したら著者とタイトル等教えていただけますと幸いです。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

町田康の短編集「浄土」のなかの「一言主の神」が日本の神話をモチーフにしています。ムチャクチャな神様で面白いですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報