人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

人民元現金を例えば浦東空港のATMで中国銀行に入金して日本へ帰り、
次に上海に行ったときに浦東や虹橋空港で引き出したいです。

中国銀行の
ATM入出金手数料は無料ですか?
口座維持手数料は無料ですか?

他に良い銀行がありますか?

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私が中国にいた3年前も、中国銀行のATMは出金オンリーが多く、入金は銀行内にある入金機でやっていました。


ATMマシンは日本製ではないので、多機能なものばかりではありませんし、日本のような横並び意識がないのか、どの銀行でも似たような操作とは限りません。
個人的な印象では、銀行によって製造方針や運用ポリシーが異なる印象があります(例えば中国銀行は最低限の機能、招興銀行は1画面で常に英語と簡体字を表示[英語に切り替えさせない]、交通銀行は店内のATMでも札切れ多し、など)

あと、当時と変わっていない場合、日本のように支店間の融通性がありません。他支店で開いた口座に関する質問はその支店にしてくれとか、解約はその支店でしかできない、などの横のつながりがまだまだない感じでした。

今後中国が金融自由化される際、中国銀行(とそのネットワーク)が最初に海外との窓口になるでしょうから、ATMがださくても中国銀行で口座を開いておけばいいのではないでしょうか。
いまでこそ他の銀行でも外貨が扱えるようになりましたが、ほんの5~6年前までは、どの支店でも日本円の両替ができたのは、もともと唯一の外国為替専門銀行であった中国銀行のみだったと思います。
    • good
    • 0

招商銀行に人民元口座を持っています。


その前は中国銀行に口座を持っていました。

私の場合、7万元を2年弱預けて今年9月時点での利息は1000元弱でした。
定期預金は利率が良いですが、出し入れ自由な普通預金は意外と利率は良くありません。
それでも9月は円安だったので良かったのですが、最近の急速な円高で円換算すると元預金は目減りしています(笑)
中国元から日本円への両替もレートが悪く、とてもする気になれません。
頻繁に中国へ来ることがあればデビッド機能が便利ですのでお勧めですが、財産形成にはお勧めできないです。

口座維持管理料は招商銀行も中国銀行も無料ですが、中国銀行は自行ATM以外での引き出しと他省での引き出し手数料が高いです。(数元の違いですが。。)
最近はATMの性能も良くなったようですが、トラブルの話も聞くので私は銀行内にあるATMでしか引き出しません。(何かあっても職員がいますので。。幸いトラブルにあったことはありません)
    • good
    • 0

私も中国銀行に人民元の口座を持っています。

まだ半年くらいしかたっていませんが、春に作って秋に見たときには5%ついていました。でも、浦東空港には入金できるところがなかったように思います。

というのも、先日中国旅行で残ったATMを最後に空港で口座に入れようとしましたが、イミグレーションの前に「中国銀行はどこ?」と聞いたところ、「中にしかない」と言われ、中に入りましたらあったのは『中国銀行』ではなく、『中国の銀行』の窓口とATMだったので、結局人民元をそのまま持って帰ってくる羽目に。

私も切り上げを考えると日本円に両替をして持って帰る気にならなかったので、次回行くときに入金するか、半分上海に住んでいる友人に会えたら持って行って入金してもらうつもりでいます。

あとで中国銀行ではなくても、中国の銀行であれば入金できたということかな…と思いましたが、他の回答者の方のお答えを見ていると、それも無理だったかもしれませんね。
    • good
    • 0

> 中国銀行に預けておくと、どれくらい利息がつきますか?10,000元くらい預ける予定です。


わずかですがつくようです。利率は
http://www.boc.cn/cn/common/rmbdeposit.jsp?categ …
に出ているようです。

> また、yake2001さんが日本のATMで引き出しをしたのは、何のためですか?
私は中国に赴任しているので、中国で払われた給与を日本で使うために引き出しました。
    • good
    • 0

北京在住です。


口座維持手数料は無料のようです。
ATMに関してですが、中国国内では現金の預け入れができるATMはかなり少ないので気をつけてください。一体机とか存入机などと書いてあるものしか、現金の預け入れができないので気をつけてください。東浦空港に一体机ATMがあるかどうかはよくわかりません。
日本のATMで銀聯のカードで日本円を引き出せますが、引き出し上限額は5000元相当に設定されているようですので、あまり多額な引き出しはできません。私が引き出しをできたのは、三菱東京UFJ銀行の旧UFJ銀行のATMで、操作の際に英語ガイダンスに切り替える必要がありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現金の預け入れができるATMがかなり少ないとは知りませんでした。
空港や市内に一体机や存入机がどれくらいあるか調べたいと思います。
中国銀行に預けておくと、どれくらい利息がつきますか?10,000元くらい預ける予定です。
また、yake2001さんが日本のATMで引き出しをしたのは、何のためですか?
中国国内での現金両替(人民元→日本円)や銀聯カードでのショッピングより、ATM引き出しはレートが良いですか?

お礼日時:2007/11/18 10:19

上海で口座を作れば上海市内の中国銀行ATMは入出金手数料は無料です、口座維持手数料は要りません。

銀聯のマーク入りであれば日本の金融機関やコンビニATMから日本円が一万円単位で引き出せます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今度上海に行ったときに中国銀行の口座を作ろうと思います。市内や空港のATMは夜何時まで使えますか?
また、日本で日本円を引き出すときのレートは良いですか?ただし、今のところ日本で引き出す予定はありません。
中国人民元は20―25%過小評価されていると、ユーログループ議長も述べており、人民元のまま持っている方がよいと考えています。

お礼日時:2007/11/18 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q元を円に戻すにはどこで両替がお得?

お世話になります。

残ってしまった元を円に戻して帰ろうと思います。
中国の中国銀行などの銀行で両替するか、
中国の空港内で両替するか、
日本の空港内で両替するとしたら
どこが一番レートがましでしょうか?

Aベストアンサー

 中国元がゴミと同じですか
捨てられている場所が あったら
ぜひ 拾いに行きたいです
日本でも 両替はできますからね

おっと 話がそれました
余った中国元の再両替は
中国で済ませるのが 得です
日本でも 今は 両替はできるようになりましたが
レートは よくないです

今後また中国に行くなら
少し残しておいても いいかも。

 中国は 国がレートを管理していて
両替する場所による レートの違いが
ほとんど ないので
その意味では 両替は楽な国です
空港の両替で 十分だと思います

 空港で使い切っても いいですけど
中国の空港で 売られているお土産の値段は
市内の 何倍もします
空港でしか 売られていない お土産を買うなら
それでよいのですが
市内でも 売られているお土産を
わざわざ空港で買うと 再両替よりずっと損しますよ

Q日本国内で、中国紙幣(中国元)を日本円に両替したい場合

日本国内で、中国紙幣(中国元)を日本円に両替したいと思っております。
どこでどのように行うことができるでしょうか?
また、金額に上限などはありますか?

Aベストアンサー

ご承知のように以前は、中国元は国外持ち出し禁止で国外での両替も不可能でしたが、次第に規制が緩和され2003年12月から日本でも両替できるようになりました。両替できる金額の上限は当初6千元でしたが、今は2万元にまで引き上げられています。(上限は今後も改定される可能性があります)
この両替上限額は持ち出し上限額と同じに設定されています。すなわち中国から持ち出せるのも現在のところ2万元までということです。

お住まいの場所が不明なので一般論に留まりますが、中国元は以下のような場所で日本円に両替できます。米ドルなどと異なり「外国為替取扱支店ならどこでも可」というものではないので、取扱いの有無を事前に確認してからご利用下さい。
・銀行の本店や規模の大きい支店、外貨両替専門ショップ
・銀行の空港内出張所(中国元の扱いのない出張所もある)
・金券ショップ、両替商の一部
・郵便局のうち外国為替取扱い局の、そのまたごく一部

具体的なレートを以下に示します。売買レート差の数字は1月18日のレートを参考にしています。いずれも目減り(=金融機関などが取るマージン)が大きいのですが、流通量や為替変動リスクの関係でコストがかかるためでやむを得ないところです。

【銀行・銀行系外貨両替専門ショップ】
http://www.tokyo-card.co.jp/wcs/rate.html
1中国元あたり売買レート差3円60銭 中国元→日本円片道の両替で11.6%の目減り

【金券ショップ】
http://www.ticketzone.jp/gaika/index.html
1中国元あたり売買レート差3円57銭 中国元→日本円片道の両替で11.5%の目減り

http://www.tiketking.co.jp/change/chagetop.php
1中国元あたり売買レート差3円69銭 中国元→日本円片道の両替で14.1%の目減り
*日本円→中国元が1円50銭・中国元→日本円が2円19銭の非対称なマージン設定で、中国元→日本円の両替に使うのは損

http://www.igami.co.jp/currency.html
1中国元あたり売買レート差4円00銭 中国元→日本円片道の両替で12.9%の目減り

http://gaika.e-daikoku.com/
1中国元あたり売買レート差4円40銭 中国元→日本円片道の両替で14.2%の目減り

【両替商】
http://www.travelex.jp/currency/index.html
1中国元あたり売買レート差3円97銭 中国元→日本円片道の両替で12.8%の目減り

【郵便局】
http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/sj000200.htm
1中国元あたり売買レート差3円60銭 中国元→日本円片道の両替で11.6%の目減り
(レートはWebサイトに出ていないため、売買レート差は窓口で調査したもの 2006.12.29)

【為替業者】
http://www.btgp.org/BTG%20CNY.htm
1中国元あたり売買レート差2円20銭 中国元→日本円片道の両替で7.1%の目減り
郵送での買取りあり

http://interbank.co.jp/goods.php?mm_id=interbank
1中国元あたり売買レート差2円35銭 中国元→日本円片道の両替で7.6%の目減り
郵送での買取りあり

私の勝手な推測でしたら申し訳ないのですが、中国で中国元を入手し値上がりを待って売却する目的であれば、最低でも7%値上がりしないと利益が出ないことになるのでそう簡単ではないです。(これに加え、最初に日本円→中国元の両替をした際の目減りを補う値上がりも必要です)
旅行で余った中国元を再両替したいだけなら、日本に持ち帰らず中国で済ませるのが有利です。

ご承知のように以前は、中国元は国外持ち出し禁止で国外での両替も不可能でしたが、次第に規制が緩和され2003年12月から日本でも両替できるようになりました。両替できる金額の上限は当初6千元でしたが、今は2万元にまで引き上げられています。(上限は今後も改定される可能性があります)
この両替上限額は持ち出し上限額と同じに設定されています。すなわち中国から持ち出せるのも現在のところ2万元までということです。

お住まいの場所が不明なので一般論に留まりますが、中国元は以下のような場所で日本円に...続きを読む

Q日本で口座開設して中国のATMで引き出し

中国へビジネス、旅行とも出かけることが多くなりそうです。
日本円で銀行に預けて、中国で元で引き出すことは、可能でしょうか?
例えば、日本にある中国の銀行で口座開設して、カードを作り、
そのカードを現地のATMで使用し人民元で引き出すとか。。。
また、その場合のデメリットなどもあれば知りたいです。(手数料が恐ろしく高いとか・・)
どなたか知っている方が見えましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

日本にある中国の銀行(その他外資の銀行)で口座するのは、たぶんかなりの金額(資産運用と思われるくらいの)がないと開けないかもしれません。外国においてリテイル口座を維持するのは、コストがかかるからだと思います。

外国を旅行した際に、日本の一般の銀行の口座からお金をリアルタイムに引き出すには、国際キャッシュカードをもつことです。
外国のATMネットワークは、大きくVISA系(VISA/PLUSのマーク)かMaster系(Master/Cirrusなど)に分かれており、アジアはVISA系のATMが多いようです(北米はMasterが多い。ただ、中国の都市部ならどちらも大差はないかもしれません)。

新生銀行のキャッシュカードは、そのままVISA系の国際キャッシュカードになっているので、VISAまたはPLUSマークがついたATMでキャッシュが出せなかったことがありません(ただし日本みたいに完璧な国ではないので、機械の中の札切れは多い)。
さらに新生銀行は日本のセブンイレブンでも24時間いつでも引き出せる独自システムをもっているせいか、海外でも深夜でも365日引き出せます。

都市銀行のキャッシュカードも、手続きをすれば国際キャッシュカードになります。なお中国のATMは24時間稼動ですが、日本の都市銀行側の営業時間帯やメンテナンス時間帯(正月休止なども)の影響を受ける可能性があります。

レートは私が以前利用していた数年前と変わっていなければ、新生銀行は仲値に4%増のレート(引き出し手数料はかからない)。都市銀行の多くは、仲値レートに3%増+1回あたりの引き出し手数料200~210円が毎回かかります。
損益分岐点は、おおよそ1回の引き出しが2万円以下が多いなら、新生銀行がお得です。まとまった額(2万1000円以上)は都市銀行の方が得です。
私は両方口座をもっており、新生銀行を給与口座にして、日常の小銭が切れると新生銀行から、まとまった額は現地銀行の口座にお金を入れておくか、緊急の場合は新生銀行のオンライン振込み(手数料無料)で都市銀行の貯蓄口座に振り込んで使う手を取っていました。

新生銀行のキャッシュカードがつかえたところで覚えているのは、中国銀行、交通銀行、招興銀行。その他もあったと思いますが、他は利用回数が少ないので、銀行名を覚えていません。
海外に自社のオフィスがあるなら、その住所で中国銀行の口座を開いておき、キャッシュやT/Cを現金化してある程度現地口座に入れておくのも手です。国際キャッシュカードの利用よりも1~2%お得です(10000円に対して100~200円しか違いませんが)。暗唱番号(PIN)の発行の仕組みや初期PINから自分のパスワードへの書き換えなど、多少仕組みが違いますので、中国人のヘルプが必要だと思いますけど。

尚、たぶん現在中国のATMからでてくるお札は、数年前から最低額が100元札(1500円くらい)単位になったと思います。

日本にある中国の銀行(その他外資の銀行)で口座するのは、たぶんかなりの金額(資産運用と思われるくらいの)がないと開けないかもしれません。外国においてリテイル口座を維持するのは、コストがかかるからだと思います。

外国を旅行した際に、日本の一般の銀行の口座からお金をリアルタイムに引き出すには、国際キャッシュカードをもつことです。
外国のATMネットワークは、大きくVISA系(VISA/PLUSのマーク)かMaster系(Master/Cirrusなど)に分かれており、アジアはVISA系のATMが多いようです(北米はM...続きを読む

Q上海・浦東国際空港 ATMの営業時間

いつもお世話になっております。
今度上海へ旅行に行くのですが、到着時間がAM5:00くらいととても早い時間です。
両替所ではなく、ATMでキャッシングがしたいのですが開いてますでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして!

空港が営業している時間は利用できますね!

中国のATMは基本24時間OKです!

上海なら空港でなくてもデビットカード(他の現地通貨引き出せるカードでも)
周辺の待ちな中にいたるところあります

ところ沢山あります。


人気Q&Aランキング