OCN光で最大124,800円おトク!

ブリッジピンを入れる場所が、大きくなった?削れてしまったようでブリッジピンを入れて弦を巻いていくとピンが出てきてしまいます。
ピンはプラスチックなのでしょうがない気もしますが・・・。
一応強くピンを抑えて弦を巻くことは出来ました。
ですが、少しピンが上に出てきた状態になっています。
問題はないのですが、次に弦を交換するときが心配です・・・。
なにか対処法はありませんか?
プラスチックではなく、エボニーのブリッジピンを一応購入しました。
プラスチックだと滑りやすいようなので・・・。
また、状態が酷い場合は修理に出す必要があるんですよね・・・?
これは、音の変化など何か変わってしまうことはあるのでしょうか?
教えてください><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

原因は、99%回答者No.1さんのおっしゃるとおりだと思います。


穴にボールエンドを入れるときに、エンドボールの向きを考えて挿入しなければボールがピンを押し上げます。ボールのドーナツリングがフレットと平行になっていれば押し上げることは少ないですが、直角になっていれば押し上げる事が多いです。穴に入ったドーナツが正しい向きになるように、あらかじめ弦に曲げグセを付けておかなければいけません。
穴に挿入されたときの、「ボール」・「穴」・「ピン」の関係を想像してください。要は、どうなっていればキチンと収まるのか?という想像力です。
上記正しい挿入方法をされているのに上がってくる場合は、穴とピンのサイズの不適合ということもあり得ます。
質問者の楽器のピンが出ているのは、よくないので一度弦をゆるめてセットをし直す方が良いと思います。いったん、穴から抜けば判りますが、ドーナツがフレットに対して直角になるような曲がりグセが付いている確立が高いです。この場合は、ラジオペンチなどで、クセを正しく直さないといけません。
    • good
    • 0

#1です。


太いものも売っています。
下記サイトには種類は少ないですが、SCUD、PICKBOYなどは色々販売しているかもしれません。
他の店でも検索してみてください。
http://www.bf-music.com/bridgepin-endpin.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今度買ってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/09 21:37

弦交換の際に、弦を巻き上げたらブリッジピンが浮いてきたとのことですが、ブリッジピンの先で弦のボールエンドを押し込むような形になったりはしていませんか?


もしそうだとしたら、チューニングをして弦を巻き上げると、弦のボールエンドがブリッジピンを押し上げる形になるのが自然です。もしそうしたことに思い当たるのであれば、弦のセットの仕方を見直すのが良いでしょう。

弦のセットの仕方についてですが、ボールエンドをブリッジピンの先で押し込むような形になっているとしたら、それは不適切なセットの仕方になっています。その状態では、ブリッジの穴が削れていなくても、弦が強く引っ張られる力を受けてブリッジピンが押し上げられることになります。
弦をセットする時には、まず少しボールエンド部分を曲げ、先に弦を十分に押し込んでから、ブリッジピンを差し込みます。この時は、ブリッジピンの先でボールエンドを押すような形にならないようにしてください。ボールエンドがブリッジピンの先に乗らずに、その横に設置されるような形になればOKです。このような状態になれば、弦に張力を加えた場合でも、ボールエンドはブリッジピンの先を横に押す形になり、浮き上がる方向に押すことはなくなって、ブリッジピンが浮いてくるということも起こらなくなるでしょう。
文章ではわかりにくいと思うので、わかりやすく図解されているページをいくつか紹介しておきます。
http://www.player.jp/pol/lab/maint_gen3.html
http://www.ishibashi.co.jp/academic/guitar_manua …
http://www.ariaguitars.com/jp/05suppo/02manual/m …

もし、ブリッジピンの先でボールエンドを押し込むような状態になっていることが思い当たるのであれば、弦のセットの仕方を改めることで問題は解消するでしょう。ブリッジ周りのパーツ交換の必要はありません。
もしこれが原因でなければ、ブリッジの故障と考えるのが良いでしょう。

ブリッジ周りのパーツ交換などについては、音に影響が出る可能性はあります。ブリッジは弦の振動をボディに伝える役割を持っていますので、ブリッジが変わることで音質が変わる可能性は十分に考えられるでしょう。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブリッジピンを押さえつけながら弦を巻いたため多分ボールエンドを押し込むような形になってしまっていると思います。
今度弦を交換したいと思います。
ブリッジの交換で音がどう変わるかわかりません。
前者の方が言うとおり交換は結構高いようです。
でも、まだ交換するほど酷くはないと思うので大丈夫ようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/09 10:36

ブリッジの交換をしたほうがよいでしょうが結構な値段になってしまうので、現在より太いブリッジピンに交換するとよいでしょう。


ボディ内側も削れてしまっているように思います。

> これは、音の変化など何か変わってしまうことはあるのでしょうか?
プラスチックをエボニーに変えただけで音は変わりますよ。

エンドボールをブリッジにしっかり固定出来ていないために、振動がきちんと伝えられずモヤッとした音になると思います。
ボディの鳴りが悪くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブリッジの交換は結構高いですかぁ・・・。
太いブリッジピンは売っているのでしょうか?

お礼日時:2007/12/09 10:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピンが折れた;;

 アコースティックギターのピンを小さいプレスのようなもので抜こうとしたら、丸い部分だけが折れてしまいました。そしてホールから押し出そうと思ってホールの中に手を入れてピンを押したらそれもボキッて;;

 こんな経験をして解決した事がある方や何かご存知の方がいましたら、残ったピンの取り方を教えてください!お願いします!

Aベストアンサー

ピンは構造的に、弦が抜ければ抜けるはずです(圧力から開放されます)。
なので、まだ弦の末端(ボール部)がピンに噛み込んでいるなら、ボディ外側に出ている弦を押し込み、ボールをボディ内に落として内側から弦を抜いてしまいます。その上で別の無事なピンか何かでそっと内側から押し出してみてください。決して無理はしないように。

それでもダメならピンにドリルで細い穴をあけ、細い木ネジ等を軽くねじ込み、ペンチでネジごと引っ張るかですね。

古い(何十年も経っている)ギターだとプラスチックがもろくなっていることがあります。
自信がなければ専門店に相談してください。

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Qアコースティックギターの弦のピンの構造ですが、これは何回も弦を交換して

アコースティックギターの弦のピンの構造ですが、これは何回も弦を交換していると、木製のピンの穴がだんだん緩んでいって、いずれギターごと交換する必要があるのではないでしょうか。
たまに、ピンを使わない構造のアコギを見ますが、こっちの方が合理的な設計に見えるのですが、
ほとんどのアコギが、ピンで留める形式を採用しているのには、音が良くなるなどの、ユーザーにとってのメリットがあるのでしょうか。
それとも、買い替え需要を狙った、メーカー側の都合でしょうか。

Aベストアンサー

どういうアコースティックギターを想定されているのかが、はっきりわかりませんが、一般的なアコギならブリッジエンド(孔のある所)は木製で、ピンは「木よりも柔らかい」プラスチック製のものを使っています。
ですから、仮にピンが差し込んでユルユルになったとしても、孔が広がっての事ではなく「ピン側が痩せて」のことで、ピンを交換すれば問題ないはず(ピンには弦が通る溝が切ってあり、また使っているプラスチックの材質上からも、経年で少し痩せて径が微妙に細くなります)。

また、ピンが弦を留める構造上、弦がきちんと張られている状態ならピンの基部に力がかかるので、ピンそのものはユルユルでも弦が張ってあればブリッジエンドに強く引っかかって、ピンが勝手に抜けるようなことは無いです(抜けるとしたら、弦の張り方の失敗です)。

弦のボールエンドを孔の中に突っ込んでピンで留めるのは、むしろ弦の張力が木製部材の1点のみに集中して、そのために本体側を痛めることがないように、ブリッジ全体に張力を分散するための仕組みです。
ブリッジ部品に頑丈な金属製の部品を使えるエレキギターでは、ブリッジ部品自体が「堅く耐久性がある」ので、ブリッジに直接ボールエンドを留める様になっていますが。

ということで、ブリッジの木部よりピンの方が柔らかいですから、弦交換だけでブリッジの孔が使用に耐えないほど広がってしまう・・・ということは無いように、材質での工夫がされています。

それでも、長年使っていれば様々な理由でブリッジが傷む事はありますが、よほど安物のアコースティックギターでなければ、ブリッジだけの交換は可能です。
まぁプロ技術者でないとできないので、それ相応の費用はかかりますが。ある程度高いギターなら交換の方が安上がりです。
また、ブリッジ交換代が元値の半値するくらいの安いギターなら、通常使用でブリッジ交換が必要なほど痛む前に、本体そのものが使い物にならなくなりますから、ブリッジ孔が原因で買い換えるハメになる・・・なんてことは、まずあり得ないほど希でしょう。

長年アマチュアシーンで音楽やってますが、「ブリッジ孔が馬鹿になった」という話自体、30年間で1回聞いた事あったかな? くらいですし、「ブリッジ孔が原因でギターを買い換えた」なんて話は聞いた事がありません。

どういうアコースティックギターを想定されているのかが、はっきりわかりませんが、一般的なアコギならブリッジエンド(孔のある所)は木製で、ピンは「木よりも柔らかい」プラスチック製のものを使っています。
ですから、仮にピンが差し込んでユルユルになったとしても、孔が広がっての事ではなく「ピン側が痩せて」のことで、ピンを交換すれば問題ないはず(ピンには弦が通る溝が切ってあり、また使っているプラスチックの材質上からも、経年で少し痩せて径が微妙に細くなります)。

また、ピンが弦を留める構...続きを読む


人気Q&Aランキング