プロが教えるわが家の防犯対策術!

映画上映会を開催のため、フィルムを借りよう考えているのですが、16ミリフィルムと35ミリフィルムの違いがいまいちわかりません。(貸出料金は大体、倍違います。)どなたか詳しい方、教えてください!よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

35mmは小規模な映画館で使うようなゴツい映写機を使い、プロの映


写技師がいないと扱えません。公的な資格が必要なわけじゃないけ
ど、知識とキャリアがないと無理です。映写機を設置していある公
共のホールでも素人には触らせてくれないし、そもそもちゃんと映
写技師を手配してないとフィルムをレンタルしてくれない場合がほ
とんどです。要するに映写技師のギャラが発生します。

16mmは持ち運びの可能な簡便な映写機で済みます。昔は、教育委員
会なんかが16mm映写機の利用講習を行って「修了証」や「許可証」
を発行していました。これがないとレンタルしてくれない場合もあ
ります。でも今時そんな講習会をしてる所があるんでしょうかね。

今だと、上映会用の許諾をとったビデオをレンタルしてくれる所が
あります。家庭と同じようにビデオデッキで再生してプロジェクタ
で投影するだけ。技術的には一番楽ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の解答、ありがとうございます!
会場には映写機もあり、映写技師さんに頼むことは可能なのですが、
機材使用と技師さん含め10万円はかかりそうですね。
やはりコスト等の面からみても

>上映会用の許諾をとったビデオをレンタルしてくれる所が
>あります。家庭と同じようにビデオデッキで再生してプロジェクタ
>で投影するだけ。技術的には一番楽ですね

こちらの方が良さそうですね。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/12/12 17:42

他の方も答えているようにフィルムの幅のことですね。

写真用フィルムだと35ミリ(APSは24ミリ)幅のを横送りで使ってます。映画用は縦送りです。フィルム幅が広いほど、1コマの面積がフィルム上で大きくなり、スクリーンに投射された映像の画質が良くなります。家庭用ビデオカメラの普及以前は家庭用に8ミリフィルムカメラがありました。テレビの時代劇は少し前まで16ミリフィルムで撮影されてました。映画はフィルムの場合、通常35ミリで撮影・映写されてます。

200人規模の会場だとスクリーンも大きそうなので、ビデオ画像だと画質が気になるのではないでしょうか。と思ったのですが、DVDの水平解像度は16ミリより高いらしいです。水平解像度だけで画質の高低を判断するべきではないんですけど、ちょっと意外でした。

・水平解像度
16ミリフィルム:430本
35ミリフィルム:915本
VHS:200~240本
DVD:500本

http://www.asahi-net.or.jp/~mf4n-nmr/digitalmovi …
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_digital/w003 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私も意外でした!
とても参考になりました。わかりやすいご回答、
ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/17 10:58

16ミリ、35ミリフィルムというのは、フィルムの幅を示しています。



大きい方が当然ながら画質は良いです。
ただし、その分だけ大きく場所を取ります。
特にこだわりがないのであれば16ミリフィルムで十分ですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

シンプルでわかりやすい回答、ありがとうございます!

お礼日時:2007/12/12 17:44

16ミリと35ミリというのは、フィルムの幅をいいます。

幅が広いということは、簡単に言えば場所をとります。1時間の内容のもので、30センチ近いロールが4巻程度のものになるでしょう。映画館などのロールは、半径1メートル近いロールもあります。
1時間程度の上映を考えると、4回フィルムを掛け替えなければなりません。また35ミリの映写機も大きくなり会場に設置してあるものでないと運搬するのに手間がかかりますね。

16ミリのフィルムなら映写機も小型ですし、装填などが簡単です。

35ミリの方が映像はきれいですが、劇場のような大画面に映写するのでなければ、16ミリでも映像的には十分です。どの位の会場で上映するかによりますが、16ミリのフィルムを借りた方があなたのような不案内の人間には良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
とても参考になりました。

ちなみに、映写機や技師さんの手配も可能な会場を、50名規模、200名以上の規模とそれぞれ考えています。

お礼日時:2007/12/12 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画館の上映方法(プロジェクターとフィルム)

こんにちは。
現在ブルーレイやハイビジョン放送が普及してきて、家庭でも高画質で映画を楽しめるようになりました。

先日久しぶりに映画館に行ったところ、あまり映像が鮮明じゃなくて残念に思いました。
そこで、映画に詳しいかたがたにお尋ねしたいのですが
1・今映画館で上映する際に使われているフィルムの良さはどういった部分なのでしょうか
2・上映するに当たって全国の映画館にフィルムを送るのは、大変なことなのか
3・フィルムの画素数?(どれだけの画質なのかを数字に表したもの)

をご存知の方は教えていただきたいと思います。

1に関しては映画好きの皆様の主観で議論していただいて構いません。
なるべく多くのお客様のご意見をお待ちしております

Aベストアンサー

まずはデジタルシネマ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E
ジョージ・ルーカスはデジタルシネマ開発のあたりフィルムの質感(味わい)に近づけることにかなりこだわったようです。
(デジカメのも同様にフィルムの解像度だけでなく質感に近づける努力をしています。)
何故、ビデオでの作品が少ないかはHDCAM、HD24Pと呼ばれる高精細度ビデオカメラがかなり高価だからなようです。
いわゆるハイビジョンカメラでは映画の質感は出せないようです。
(我が家もようやく地デジが見れるようになりましたが、テレビの世界でもCMを含めハイビジョンでの作品はまだ少ない現状です。)

>映画館に行ったところ、あまり映像が鮮明じゃなくて残念に思いました。
その映画館の映写機に問題があるのでは?
>現在ブルーレイやハイビジョン放送が普及してきて、家庭でも高画質で映画を楽しめるようになりました。
映画館の大きなスクリーンの迫力は自宅では難しいでしょう。
一般家庭ではビデオプロジェクターでせいぜい100インチです。

1・今映画館で上映する際に使われているフィルムの良さはどういった部分なのでしょうか
・現在の設備で上映できる。

2・上映するに当たって全国の映画館にフィルムを送るのは、大変なことなのか
 物流システムが発展し以前より数段向上しており確立されたシステムがあるわけですからそれほど大変ではないでしょう。

 デジタルでのネットワーク配信も始まっています。
http://www.ntt.co.jp/news/news07/0703/070316a.html

3・フィルムの画素数?(どれだけの画質なのかを数字に表したもの)
(写真のフィルムの解像度も正式な発表は見たことはありません)
デジタルシネマの最高峰プロジェクターの解像度は4K解像度(横4,096画素×縦2,160画素)のようです。
http://www.sony.jp/products/Professional/SXRD/sxrd.html
他にはDLPが有名です。
http://www.tij.co.jp/jrd/dlp/docs/atthemovies/index.htm
日本ビクターも独自の技術で注目されているようです。
http://www.jvc-victor.co.jp/pro/dila/dla-sh4k/feature01.html

映画の世界も撮影、上映もデジタル化は進んでいるようですが。
新しい機材、設備の導入、技術者の育成が必要です。
かなりの投資が必要なようです。カメラがデジカメに変わったようには行かないでしょう。
テレビの2011年のように期限が決められているわけでもありません。
また、特殊効果を必要としない作品にはデジタルでの撮影は今はそれほどメリットが無いのかも知れません。

まずはデジタルシネマ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E
ジョージ・ルーカスはデジタルシネマ開発のあたりフィルムの質感(味わい)に近づけることにかなりこだわったようです。
(デジカメのも同様にフィルムの解像度だけでなく質感に近づける努力をしています。)
何故、ビデオでの作品が少ないかはHDCAM、HD24Pと呼ばれる高精細度ビデオカメラがかなり高価だからなようです。
いわゆるハイビジョンカメラでは映画の質感は出せないようです...続きを読む

Qデジタル映画の画面と、フイルム映画の画面のコマ数?

フイルム映画では、一秒、24コマで撮影され、上映されますが、デジタル映画でもこのようになっているのでしょうか。

Aベストアンサー

映画がフィルム媒体からデジタルに変わっていくなかで、カメラを作っている会社や映写システムを作っている会社が独自に規格を作って、バラバラでは困るので、DCIという業界団体があります。
DCIはデジタルシネマイニシアチブの略なんですが、ソニーピクチャーとか20世紀フォックスやディズニーなどハリウッドのメジャースタジオが中心メンバーになっています。
HPです
http://www.dcimovies.com/

で、ここが定めている規格だと、基本的には従来のフィルムシステムのままを踏襲し1秒は24コマにしています。
デジタルで撮影しても、海外にはフィルム上映しか出来ない劇場の方がまだまだ多いので、24が基本なんだと思いますが、3D映画なんかだと24では立体的にはなかなかならないので、48という規格もあります。
また3Dの映写方式自体も数種類あり、それによって1秒間のコマ数は違います。
東宝やワーナーなどのシネマコンプレックスチェーンではRealDという3D方式で、これだと1秒に144コマになっています。



また画素数が多い方が綺麗なので、デジタルでも2Kから4Kに移行していますし、TV放送に4Kという規格が出来てしまったので、差別化で8Kという規格(大画面でもさらに綺麗に見える)も出てくるんじゃないかと思います。
古い超大作映画のブルーレイでは8Kでデジタル化して、ブルーレイのディスクには4Kで収録、というのが当たり前になってきています。

35mmフィルムもそのうえの70mmフィルム(撮影時は65mm)も、そのすべての性能を引き出すことは、現時点のデジタル事情ではまだ追いついていません。
音楽の世界でもそうですが、アナログのスペックを超える録音再生機はデジタルではまだ難しいのと同じなんだと思いますが、保存に関しても映画のフィルムは100年前のものが普通に存在していますが、デジタルだとそんなに長期の保存は現時点では出来ないので、今後どうなるのかなぁというところです。

参考までに
ソニーのデジタルカメラ(アバターやスターウォーズなんかに使われました)
http://www.sony.jp/products/Professional/c_c/hdcam_sr/

1917年からある世界最大の映画映像用のカメラを作っている会社
アリフレックス
http://www.arri.com/

映画がフィルム媒体からデジタルに変わっていくなかで、カメラを作っている会社や映写システムを作っている会社が独自に規格を作って、バラバラでは困るので、DCIという業界団体があります。
DCIはデジタルシネマイニシアチブの略なんですが、ソニーピクチャーとか20世紀フォックスやディズニーなどハリウッドのメジャースタジオが中心メンバーになっています。
HPです
http://www.dcimovies.com/

で、ここが定めている規格だと、基本的には従来のフィルムシステムのままを踏襲し1秒は24コマにしていま...続きを読む

Q映画監督はどの様な意図でシネスコサイズとビスタサイズを使い分けてるの?

黒澤明監督は中期はシネスコ、後期はビスタ。最近の邦画は、ビスタが主流のように感じます。そういえば、スパイダーマン1はビスタ、2はシネスコ。ですが何を基準に使い分けているのか全く不明です。
スウィング・ガールズはビスタサイズの使い方が上手だと感じました。特にラストの演奏の場面。
シネスコサイズの方が、いかにも映画って感じがしますよね。
PS,七人の侍はスタンダードサイズではなく、シネスコサイズもしくはビスタサイズで撮影して欲しかったです。ワイドTVで観ると見難いので。

Aベストアンサー

こんばんは。私は映画は映画館で見るもの。シネスコ大賛成派なのですが、スクリーンサイズを決める権限はほとんど監督または制作会社にありますが、ほかにも諸事情はあります。日本映画の場合は若干事情が違い、1980年頃からほとんどの作品がシネスコからビスタに変わりましたが、これは「TV放映」「ビデオ化」の際にもっとも見やすいサイズという理由からです。そのころから、映画を製作する時点で同時にTV放映権やビデオ化権も売るようになりました。つまりTV・ビデオに売りやすいサイズにしたわけです。本来の映画の趣旨と反していたと思いますが、最近ようやく日本映画にもシネスコが戻りつつあります。
(シネスコが日本で最初に登場したのは1957年です。七人の侍は1954年ですので、残念ながらその時点ではスタンダードサイズしかありませんでした)
同じシリーズでも1と2でサイズが違うというのは、これはもう監督の考え方としか言いようがないでしょうね。迫力を重視してシネスコを好む監督もいれば、シネスコは画像を物理的に圧縮するので歪みが出るという理由で嫌う監督もいます。
(ビスタサイズの画面比率が、映画館の正面で見た場合に画面全体が視野に入り、一番効率が良いと考える人もいます)
大物監督の大作としてはスティーブンスピルバーグが良い例です。あれだけ超大作を連発していながら、ほとんどの作品がビスタサイズです。これはスピルバーグが、前述したような理由でシネスコを嫌うためと聞いた覚えがあります。

*NO1さんの回答の一部に補足です。
日本映画シネスコ第一号は「鳳城の花嫁」(1957東 映です)
また元々は「シネマスコープ」は20世紀FOXの登録商標
でした(当初、シネマスコープの名称はFOX社しか使えなかったたため、各社は東映スコープとか東宝スコープとか独自の名称を使ったのです)

こんばんは。私は映画は映画館で見るもの。シネスコ大賛成派なのですが、スクリーンサイズを決める権限はほとんど監督または制作会社にありますが、ほかにも諸事情はあります。日本映画の場合は若干事情が違い、1980年頃からほとんどの作品がシネスコからビスタに変わりましたが、これは「TV放映」「ビデオ化」の際にもっとも見やすいサイズという理由からです。そのころから、映画を製作する時点で同時にTV放映権やビデオ化権も売るようになりました。つまりTV・ビデオに売りやすいサイズにしたわけで...続きを読む

Q35mmフィルムの縦横の長さについて

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412561504
上記のページより35mmフィルムの横幅は35mmということは分かりましたが、縦幅の長さがわかりません。
いろんなサイトを調べてみましたが、縦幅のことを書いているサイトを見つけることができません。
どなたか知っている方がいましたら、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

映画やスティールに使われるフイルム幅は35ミリです。
スティール35mmカメラのフレームサイズは24ミリ×36ミリです。
映画フィルムのスタンダードサイズは18ミリ×24ミリです。

フィルムの給送は、映画は縦送りで、スティールは横送りです。
映画では横幅であった24ミリがスティールでは縦幅になります。
スティールカメラではカメラ形状をデザインするうえで、縦型にフィルムを送る形式では小型化が難しく…横送りとなりました。
そうすると、映画サイズでは縦長サイズのフレームとなり、また大きく引き伸ばす際に画質が劣化します。
そこで、1コマ(映画ではフィルムの両端の穴4コ分)を倍使うことにして(穴8コマ分)36ミリに落ち着きました。
これでスティール35ミリカメラは縦24ミリ横36ミリになりました。

1959年に映画サイズに撮影するスティールカメラも発売されていました。
http://www.olympus.co.jp/jp/corc/history/camera/pen.cfm
フィルム横送りで、そのまま構えると縦位置撮影になりますが、通常の36枚撮りフィルムで倍の枚数が撮れるので手軽でコストも安くすみました。
ハーフサイズカメラと呼ばれ、代表的なものにオリンパス・ペンシリーズがあります。
固定焦点、自動露出の物から、レンズ交換が可能な1眼レフタイプのものまでありました。
また、フィルム縦送りでスティールカメラがヤシカ(京セラ)から1987年に発売されました。
レンズ交換こそできませんが1眼レフタイプでズームレンズがついていました。
いいカメラでしたよ。
http://camera.awane-photo.com/5/2/samurai/

35ミリフィルムを使う限り24ミリというフィルム幅は変わりませんが
横幅は比較的自由な設定も可能で、特殊なパノラマ撮影専門の35ミリカメラなど、縦24ミリ横110ミリというフレームサイズも存在しました。

蛇足ながら、映画フィルムには幅70ミリでフィルム送り穴付のサイズがあります。
もちろん、このフィルムを短く切ってスティールカメラに利用したものもあります。
ハッセルブラッド用の70ミリマガジンで60ミリ×60ミリフレームで70枚撮れました。
特殊カメラでは同社のHEDCも同じサイズのフィルムを使います。
これはアポロミッションで月に持って行きました。

映画やスティールに使われるフイルム幅は35ミリです。
スティール35mmカメラのフレームサイズは24ミリ×36ミリです。
映画フィルムのスタンダードサイズは18ミリ×24ミリです。

フィルムの給送は、映画は縦送りで、スティールは横送りです。
映画では横幅であった24ミリがスティールでは縦幅になります。
スティールカメラではカメラ形状をデザインするうえで、縦型にフィルムを送る形式では小型化が難しく…横送りとなりました。
そうすると、映画サイズでは縦長サイズのフレームとなり、また大きく引き伸ば...続きを読む

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Qフィルムの解像度を画素数にすると?

フィルムたとえばVelvia100の35mm版の粒子径から
換算される等価画素数は幾らになるのでしょうか?
伸ばすと結構ザラザラになるので1000万画素ぐらい
かなと思うのですが、どうなんでしょうか?

よろしくお教えください

Aベストアンサー

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Image Sensor の方が高精細、高感度、広 Latitude になってきていますね。

単純に粒子径から計算すれば 6μm 径で 36mm×24mm ならば 6000×4000=2400 万画素、8μm 径で 1350 万画素ですが、あくまでも机上の理想論ですので 1000 万画素ぐらいというのが現実的な感覚値ではないかと思います。

Digi'Came' でも LPF (Low Pass Filter) のせいで 1000 万画素以上を謳っていても 600 万画素以下の高額一眼レフ機の方が遙かに解像度が高かったりしますし・・・。

素敵な Camera Life を(^_^)/

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Ima...続きを読む

Qフイルム映画の音声の仕組みを教えて

フイルムからどんな仕組みで音声を出すのか教えてください。音声トラックの仕組みの仕掛けですね。

Aベストアンサー

こんど映画館で映画を見るときにスクリーンの端を隠しているカーテンに注目してみてください。
よく見ないとわからないのですが、左側にサウンドトラックと呼ばれる光学波形が微かに映っているはずです。
それは縦にギザギザになっていて、音の強弱にあわせギザギザの幅が狭くなったり広くなったりしています。
このギザギザがサウンドトラックと呼ばれる光学式の音声の正体です。


映画はご存じのように横の幅が35ミリのフィルムを使って上映しているわけですが、この上映用のフィルムというものは大きく分けて3つのエレメントから成り立っています。
ひとつは映像が焼き付けられている部分、
二つ目は映写機に掛ける際に掻き落としをするために必要な両端にある3mm×2mmほどの各4つの穴、
そしてサウンドトラックと呼ばれる音声を収録した部分です。

このサウンドトラックにセリフと音楽と効果音がミックスされて収録されてます。
これはフィルムに焼き付けられ、そこを透過する光の量的な変化で音声を再生することが出来るというものです。


現在ではほとんどの映画がデジタルになってしまったのですが、DTSのみCDROMを使って映画のフィルムとシンクロさせることで音声を再生していますが、他のドルビー方式やSDDSなどはフィルムに記録されたサウンドトラックから音声を再生しています。

下記にフィルムを図解にしたものがあるので参考に見てみてください。(サウンドトラックが右側になっていますけど、上映の際には左側に見えます)

http://www.cinefocus.co.jp/tech/35mm.html


「アメリカの夜」という映画のトップシーンが、このサウンドトラックのギザギザの振幅を映していました。
普通は見ることの出来ないものなのですが、映画を作る様子を追った映画なので、わざわざこんなシーンを冒頭に持ってきたわけです。
アカデミー賞を受賞した傑作ですが、これを見ると”サウンドトラック”を目にすることが出来ますよ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008CPCR/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-6537875-8753111

こんど映画館で映画を見るときにスクリーンの端を隠しているカーテンに注目してみてください。
よく見ないとわからないのですが、左側にサウンドトラックと呼ばれる光学波形が微かに映っているはずです。
それは縦にギザギザになっていて、音の強弱にあわせギザギザの幅が狭くなったり広くなったりしています。
このギザギザがサウンドトラックと呼ばれる光学式の音声の正体です。


映画はご存じのように横の幅が35ミリのフィルムを使って上映しているわけですが、この上映用のフィルムというものは大きく...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q古い35mmモノクロフィルム上映について

昭和初期の35mmモノクロフィルムが見つかりましたので、映写してDVDに映像を取り込みたいと考えています。そこで質問ですが、
1.今、市の図書館や学校の映写室にある大型の映写機というのは、35mmを映写できる機械が多いものなのでしょうか。それとも、映画館でないと上映できないものでしょうか。
2.DVDにするには、一旦スクリーンに投写したものをビデオカメラで、スクリーンの映像を撮影しようと考えていますが、お金を掛けない方法として適当でしょうか。
なお、フィルムの内容は著作権とは無関係のものです。

以上、抽象的な質問ですが、お教え願います。

Aベストアンサー

市の図書館は映写機を置いていても16mmだと思います。
映画なんかを上映している市民ホールなど35mmの映写機を完備している施設を借りられたとしましても、映写技師がいないと映写機にフィルムを装填できませんし、映写機を動かすことも出来ません。
映写機のタイプが古いでしょうから、映写技師の免許(シネコンの発達で映写システムが変わったので、いま現在はいらなくなってますが)を持っていたような方じゃないと取り扱いが出来ない可能性もあります。

また映画のフィルムは1秒間に24コマなのに対して、ビデオカメラは1秒間に30フレームなので、そのまま撮影したのでは、コマがずれてしまい、映写したそのままでビデオには収まりません。
試したことがないのですが、フィルムのコマとコマの間にある映像がない黒い枠の部分までも収録されてしまうと思います。

費用がどれくらいまでならば捻出可能なのかわかりませんが、ダメもとで下記に問い合わせてみてはどうでしょうか?
ヨコシネ(以前は横浜シネマ現像所といっていました)
http://www.yokocine.com/

VHSテープや8mmフィルムのDVD化なども行っているプロ&アマチュアカメラマン御用達の現像所です。
ほかにも現像所はありますが、ほかはプロ専門なので高価です。
個人の方の依頼も受け付けてくれますし、DVD化するときにはフィルムの洗浄などもしてくれるので、
かなり画質のいいものが出来るはずです。
分数(35mmだとfeet数での換算になると思います。ちなみに35mmのフィルムは16コマで1feetです)によって値段が違いますが、電話で問い合わせてみてはどうでしょうか?
持ち込みでなく、郵送&返送というかたちでも大丈夫だったと思います。

市の図書館は映写機を置いていても16mmだと思います。
映画なんかを上映している市民ホールなど35mmの映写機を完備している施設を借りられたとしましても、映写技師がいないと映写機にフィルムを装填できませんし、映写機を動かすことも出来ません。
映写機のタイプが古いでしょうから、映写技師の免許(シネコンの発達で映写システムが変わったので、いま現在はいらなくなってますが)を持っていたような方じゃないと取り扱いが出来ない可能性もあります。

また映画のフィルムは1秒間に24コマなのに対して...続きを読む

QなぜTVは30fpsで、アニメは24fpsですか?

なぜ映像は30fpsで、アニメは23.978fpsなのですか?

今度出るスーパーハイビジョン(8ケー?)とかゆうのは60fpsらしいですが、
ググったら60fps(1秒に60コマ)というのは人間の視認できる限界らしいですが、
一般的には30fpsでも遜色はないので現状は30fpsが主流ということでしょうか?

スポーツ中継を60pにアップコンバートしたやつを見たら、ヌルヌルでした。
スポーツ番組に関しては、明らかに60fpsの方がよさそうですが・・・

また、アニメが24FPSなのは手塚治虫が手塚プロを立ちあげた時に、
低予算で請け負ったため、コマ抜き・静止画像を多用したためとゆうは本当でしょうか?

あと、例えば70~80年前のアメリカ映画のフィルムだと
現在フルHD画質を超えているようですが、これも60fpsは可能なんでしょうか?
アナログとデジタルのフレームレートの考え方がよくわかっていないので、教えて下さい。

Aベストアンサー

映像が30fpsなのは、アメリカの電灯線の周波数が60Hzだったので、蛍光灯のチラつきとの相性から最も目が疲れにくいレートだからです。
因みに、ヨーロッパは、電灯線の周波数が50Hzだったので、映像も25fpsのPAL規格が普及していました。
アニメが24fpsなのは、映画の規格が24fpsだからで、昔はコマ撮り出来るVTRなんて存在しなかったので、フィルムで1枚1枚セル画から撮影するしかなかったため、撮影した物の動画チェックまでは、映画の機材を使っていた名残です。


人気Q&Aランキング