今までポップス一筋で歌ってきましたが、最近知り合いの、おじさん達と一緒にスナックへ通うことが多くなり、演歌を歌ってるお客の歌を聞いてるうちに、自分も
演歌をうたってみようかと挑戦してみたのですが、どうしても歌の途中でビブラートをつけることが出来ないんです。上手く唄える人に尋ねてみても、そんなの普通に唄えばいいじゃん。って軽くあしらわれます。どうかコツを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

前川清」に関するQ&A: 前川清の歌で?

A 回答 (4件)

近頃のポップスでも、ビブラートを付けて歌う歌手の方多いですよね。

そっちから練習して、"「ビブラート」ってこんなもの"とカンジをつかんでもいいと思いますよ。

また、本格的に歌を習ったわけではないのですが、以下は私流です。
Mapparさんがおっしゃっている甲状腺の上あたりを使うのではないかと思います。
口を思いっきり「いー」ってやっても動きますよ。顔面運動みたいに。で、ちっちゃく「ヒ」をつけてみてもうまくいきそうだよね。で、連続して「いヒいヒいヒ」って。
同様に「あ」なら「ハ」で、「う」なら「フ」、「え」なら「ヘ」、「ほ」なら「ホ」ってな具合に。
なれたらあんまり口開けないで同じことをしてみるとか。

私の場合小さい頃から気が付いたらビブラートってできてたので、ご参考になるといいんですけど。
手本はやっぱり「前川清」だった気がする・・・。
    • good
    • 1

>何度もやってみたのですが喉仏を上下させることなんてできません。



ツバを飲み込むときの喉仏や喉や首の周りの筋肉の動きを観察してみてください。喉仏が上の方に動きますよね?その筋肉を少しずつ動かせるようになればいいのではないでしょうか?ちょっとだけ喉を締める感じです。

喉仏を動かしてビブラートかけるのは邪道ですから、やっぱり腹筋鍛えて腹からビブラートかけるしかないですね。合唱部などの発声練習を見たことありますか?大きい声で「あっ、えっ、いっ、うっ、えっ、おっ、あっ、おっ…」って一音一音区切りながら発声練習しているやつ。あれをと区切りながら大きい声で発声してみてください。徐々に区切る感覚を短くし速いテンポで言えるように練習してみてください。その時につかうお腹と横隔膜の筋肉の動きがポイントです。自然にビブラートをだすための腹筋を付ける練習の一つです。やってみてください。_(._.)_
    • good
    • 0

まず、喉仏を上下させることができますか?喉仏を上下させながら「あー」と声を出してみましょう。

ビブラートっぽく声がうねりますよね?これが自然に身体全体を使ってできるようになると、綺麗なビブラートや小節をだすことができるようになると思います。

まずは意識をして喉仏を上下させる練習をし、喉仏を上下させる筋肉を付けましょう。喉仏を上下させようとすると舌が自然と上下するはずです。この筋肉が動くようになると、舌と喉仏を上下させることを意識しなくても大きく声を出せば喉仏が振動振動するようになり、小節をだすことができるようになると思います。

でも、お腹から声を出すことちゃんとしないと駄目ですよ。喉だけで声を出したら、喉を潰すだけですし綺麗な小節もビブラートも出ません。腹式呼吸(空気を吸ったらお腹がふくらみ、息を吐くときはお腹がへこむ)で歌を歌うことができるように練習してください。

以上、素人考えですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答していただきありがとうございます。何度もやってみたのですが喉仏を
上下させることなんてできません。何処かおかしいんですかね?何でもなく普通の
おっちゃんができるのに、かなり悔しいです。これしか方法がないのなら、何度も練習してマスターします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/05 23:44

前川清のモノマネをしてみましょう。

(笑)彼の歌唱力はむろん抜群ですが、こぶしの使い方がはっきりしていて、分析しやすいと思います。
具体的には、まずできるだけ喉の奥から声を出して、「オー」という発音をしながら、ビブラートのリズムというか周波数に合わせて下あごと声帯(のどぼとけ)を一緒に動かし、声を震わせやすいタイミングをつかみます。できれば、こぶしのところだけでも意識して腹式呼吸をするといいでしょう。「オー」が「ウォウ」になれば成功です。
歌唱理論からではなく、自分の経験からのアドバイスなので、他の人に通用しないようでしたら失礼。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6月の木の剪定について。

剪定に関しては初心者です。近々知り合いの家に剪定の手伝いに行くことになりました。木はウメ、ソテツ、松、サカキ、カイヅカ、一応これだけの木が伸び放題になっていることから、これらの木から剪定することになりました。他にも常緑広葉樹があるみたいなのですが・・。剪定には時期的なものがあると聞きました。あまり強い剪定はこの時期は適していないようなので、徒長枝だけでも切ろうかなと思っています。6月の剪定は徒長枝だけを省くような剪定の仕方でよろしいのでしょうか?お答えいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

常緑樹は今くらいの時期が剪定に適しています。
落葉樹は冬の時期が適していますが、今くらいになると樹液の流れもある程度落ち着いてきていますので、おそらく問題ないと思います。
ただし、今の時期に強剪定すると、そこらじゅうから徒長枝が出て始末に負えなくなってしまいます。
剪定ばさみでバサバサ切るくらいなら問題ないですが、のこぎりで太い枝を落とすのは避けたほうが無難です。

Qビブラートを多様ている歌をノンビブラートで上手く歌うにはどうすればいいでしょうか?

例に挙げると 西川貴教さんやGacktさん、遠藤正明さんでしょうか。

ビブラートが苦手(練習はしてます)なのでノンビブラートで歌ってみると彼らの歌い方が個性的過ぎて「なんだかなぁ」となってしまいます。

どうすればビブラートを多様している歌手の歌をビブラートを使わずカッコよく歌えるでしょうか?なんでもいいのでアドバイスお願いします。ノンビブラートの長所やメリットもあれば教えてください!

Aベストアンサー

初めに言える事はビブラートを使うべきだということです。
別にビブラートは出来て困るものではできません。
というか出来ることで大分武器になります。

ビブラートを使う歌を歌いたいならビブラートは出来た方が当然良いですがビブラートが苦手なら最悪ロングトーンは出来ないといけません

カッコ良く歌う事は当然出来ますがそれなりの歌唱力が必要です
ですがその中でビブラートよりも難しいテクニックなどにぶつかると思います
小節など

Qモクレンとコブシの見分け方

モクレンとコブシのわかりやすい見分け方を教えて下さい。花の形からは今ひとつ確信が持てないのですが…。あとハナミズキは咲く時期がもっと遅いですよね?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLは群馬大学の植物事典のコブシのページです。

検索はGoogle使用で、キーワード:モクレン コブシ 区別  で行っています。

参考URL:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kobusi.html

Qポップス系の歌を・・・。

中学3年です。
ポップス系の歌をうまく歌いたいのですが高いところになると声が出なくなります。毎日、練習をしているのですが高い部分がどうしても出せません。
どうすれば上手く歌えるようになるでしょうか・・・。

(関係ないと思いますが聴いてる曲は「バックストリート・ボーイズ」の曲です。)

Aベストアンサー

みなさんの仰るとおり、高い声が出ないというのであればキーを下げればよいと思います。
そもそも、「高い声が出る」ことと「歌が上手い」ことは別問題ですし。

まず、自分がどの高さまで出せるのかをチェックしてみてはいかがでしょうか?(鍵盤、ギターなどあれば)
そして、歌いたい曲がどの高さまで使われているかもチェック。
だいたい、聴いたことのない曲やよく知らない曲を歌おうと思うことはないわけですから、CDなどの原曲で高さの上限がわかると思います。
それで自分が無理せず気持ちよく歌えるキーに設定すれば良いと思います。
自分の声の上限を知り、歌いたいと思う曲の上限も知っていれば、あらかじめキーを何音下げれば良いかがわかっているのでカラオケでも歌い出しから楽だと思いますよ。

Q剪定と強剪定って??

剪定と強剪定というのは違うものですか?
切り方などが違うのでしょうか??
ちなみにラベンダーの剪定について今調べています。

Aベストアンサー

 こんにちは。私もラベンダーを育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 剪定と強剪定の違いですが、まず剪定の意味をタキイのHPで調べてみました。何となくそれ以外言いようがない感じなんですが(^_^;)。ちなみに強剪定は載ってませんでした。
http://www.takii.co.jp/glossary/se.html#27
 他のサイトでは剪定と強剪定の違いが載っています。
http://www.kysmp.com/yogo.html
http://sky.geocities.jp/shirasato99/glossary0.html
 調べてみたら、何センチとかは具体的には載っていませんでした。これは植物やどれだけ成長しているかによって違いますので一概にはいえないからだと思います。
 私見で申し訳ないのですが、私にとっての剪定はあくまでも少し形を整えたり、花ガラを茎ごと切ったり、中を少し透かしたりする程度です。全体的にはあまり形は変わらなくて、少し整えた程度でしょうか。
 強剪定はガッツリいきます(^_^;)。植物もガッツリに耐える草木が対象です。私の庭ではミモザ、椿、アリッサム、インパチェンス、ペチュニア、ハーブ類などが当たります。タイムやミントなど梅雨前に収穫を兼ねて行う強剪定は、半分以下に切り詰めます。この行為を「切り戻し」と言います。中を透かして蒸れを予防する働きもありますし、ペチュニアやインパチェンスなどは徒長して花も咲かなくなってきますので、ガッツリ切って(強剪定ですね)秋にもう一度花を咲かせるようにしています。
 ラベンダーは、私の種類と違うかもしれませんので(私のはストエスカスです)分かりませんが、強剪定可能です。全体の1/3ぐらい切り詰めて(高さは半分以上ぐらい)、中も透かしてOKです。ただあまりハゲ坊主にしますと枯れるかもしれませんので、全体を見ながら行って下さい。私のラベンダーはやりすぎて外国の金持ちのテーブルとかにあるロウソクの蜀台みたいになってしまいましたが(^_^;)、枯れずに今年も花が咲いています。
 一応切り戻しの仕方が書いてあるサイトを貼っておきます。
http://www.kusanone-en.com/contents2-6.htm
http://www.eonet.ne.jp/~bloom/2_raben.htm
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/herb/lavender.html

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。私もラベンダーを育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 剪定と強剪定の違いですが、まず剪定の意味をタキイのHPで調べてみました。何となくそれ以外言いようがない感じなんですが(^_^;)。ちなみに強剪定は載ってませんでした。
http://www.takii.co.jp/glossary/se.html#27
 他のサイトでは剪定と強剪定の違いが載っています。
http://www.kysmp.com/yogo.html
http://sky.geocities.jp/shirasato99/glossary0.html
 調べてみたら、何センチとかは具体的には載っていません...続きを読む

Qビブラート(歌の)が上手く掛かりません。

CHAGE and ASKAのASKAさんのようなビブラートが掛けられるようになりたいのですが、どのような練習をすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

ASKAさんのビブラート素敵ですよね^^
私も憧れます!

ビブラートですが、、、大きく分けて2種類あります。

音程を上下させるビブラート
そして・・・
音量を強弱させるビブラートです。

ASKAさんのは後者だと思います。。

練習方法ですが、、
音量で強弱させるには横隔膜を使うので
横隔膜を訓練しなければなりません。。

よく、喉で強弱をつけたりする人がいますが
それだとプロの人のようにはできないんです。

ちゃんと出来るようになるには
呼吸法とか発声法を勉強しないとなりませんが
私が習った感覚を覚える練習法をご紹介。

まず、声をアーーーーーーと伸ばしてください。
そのときア~~~~~~と震えないように。
そして、伸ばしながら、お腹のミゾオチのあたりを
手で小刻みに押してみてください。

ビブラートが掛かりましたよね?^^
これと同じことを手を使わずにできるように
練習してみてください。

横隔膜を動かすのは慣れないと難しいですが
(腹式呼吸ができていないといけませんから・・・)
がんばってみてください^^;

以上、参考まで^^

Qガジュマルの剪定について

ハイドロカルチャーでガジュマルを育成中の者です。
夏に育成しすぎて、少々枝が伸びてしまったので、剪定しようと思案していたのですが、調べてみたらガジュマルの剪定期は5~7月…現在は9月半ば…やっぱり剪定は来年まで待った方が妥当でしょうか?
それから、剪定と植え替え適期が同時期なのですが、剪定直後の植え替えは避けた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

5~7月の剪定は、わき芽を吹かして枝数を増やすという「摘心」的な意味合いが強く、まあこれは生育期が9月いっぱいまでは続くので、期間的な余裕を見ているという事。
今は生育期がそろそろ終盤に近づいてきたので、上記のような事はあまり期待できないかもしれないが、徒長し過ぎた枝を切り詰めるぐらいのことは、元気が良ければ、少々(3、4箇所ばっさりと)やっても差しつかえない。

剪定や植え替えも生長期(5~9月)において行うのが基本だが、特にハイドロの植え替え植え付けの場合は、根の活着に3週間程度の余裕をみなければならないので、暖地ならまだ可能かもしれないが、寒冷地あたりではもう時期的に遅いだろう。

通常は、植え替えや植え付けを行った直後に剪定を行う。
根が痛んでいるので水の吸い上げが悪く、葉からの水分の蒸散量を抑えるのに必要だし、また鉢や容器とのバランスつまり整姿的な意味合いもある。
ハイドロの場合、底の方に根がトグロを巻いてくるようになると、その根の体積分だけ必要水量と適正水位のバランスが崩れ、水位が上がり過ぎる傾向になるので、根詰まりにも注意されたい。

5~7月の剪定は、わき芽を吹かして枝数を増やすという「摘心」的な意味合いが強く、まあこれは生育期が9月いっぱいまでは続くので、期間的な余裕を見ているという事。
今は生育期がそろそろ終盤に近づいてきたので、上記のような事はあまり期待できないかもしれないが、徒長し過ぎた枝を切り詰めるぐらいのことは、元気が良ければ、少々(3、4箇所ばっさりと)やっても差しつかえない。

剪定や植え替えも生長期(5~9月)において行うのが基本だが、特にハイドロの植え替え植え付けの場合は、根の活着に3週間...続きを読む

Q歌のビブラートのかけ方、その練習方法について教えてください。

私は歌手になりたくて毎日練習しています。
高音をだすことと発音はまあまあだとおもうんですけど(昔カラオケ教室で習った)、ビブラートがどうもうまくできません。

以前の質問を検索したのですが…やっぱりわかりません。
ただわかることは「おなかから歌う!」腹筋使うぞー!ていうことと、のどを使うみたいだということ。です。

よく腹筋を鍛えるといいますが、別に鍛えなくても歌はうまくなります。
私もすごい声が大きくなったし、高音が出るようになりました。
直接的に腹筋をしても関係ないと思うのですが…←カラオケの先生談

どなたか歌のうまい方教えてください。

Aベストアンサー

自分は自然に覚えてしまったんですが、
自分で出してみるとあごの下が良く動いてますね。
演歌はこぶしですが、演歌歌うと出やすくなるような気がします。
あとビブラートを多用してる歌手の歌を歌うと自然に出ると思いますよ。
自分がそうだったんで・・・
歌手目指してるんですか?自分も一時期目指してました。
ぜひがんばってくださいね!
陰ながら応援してます!!
たいしたアドバイスできなくてごめんね。

Qアジサイの2回目の剪定について

毎年アジサイの花が枯れ始めると順次花から2~3節下の芽の上で切ります。

全ての花後の剪定は7月4日までに終わらせます。
(鎌倉の明月院が毎年7月4日に剪定すると記憶していたので、、、?)

2度目の剪定をするという事を初めて今年ネットで知りました。

一度の剪定でも今年は直径30cmにもなる花がたくさん咲きましたので
2度目の剪定をしなくてもいいのかな、、、と、迷っています。

秋口に2度目の剪定ということは、8月は過ぎているわけで
花芽の形成時期を過ぎていても、大丈夫なのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確実に花芽を付けさせるためのようです。

二段階剪定についての解説があります。
http://www.yasashi.info/a_00010g.htm

QELTの歌でビブラート

今日、初めてDAMの精密採点を使いました。

それで、4曲歌ってビブラートが全て「0」で、
前々から自分の声が平坦だということは思っていたのですが、改めて「そうか~(・_・;)」と思い、
「ビブラートって一体どんなものなんだろう??」と、分からなくなりました。


こちらのQAでもよく出ている話題なので、何となく分かった気になっていたのですが、具体的にとなると、これがビブラートっていうのが分かりません。


ELT(特に初期)が大好きで、友だちにも「歌い方がそっくり」と言ってもらえるのですが、ELTの歌がビブラートゼロということはないと思うので(ここのサイトで、持田さんは音程やビブラートは出来ているけれど…という記述を見たので)、ビブラートの部分は私は似ていないのだろうと思うのです。


でも自分では、自分の歌い方とELTの歌い方のどこが違うのか分かりません(音程とか発声などに雲泥の差があるのは承知ですが、「ビブラートの有無」の違いが分からないです)


ELTの初期の曲で、ビブラートがかかっているのって、例えばどんなところでしょうか…



また、たぶん私は意識的にビブラートのかかりにくい歌い方をしているのではないかという気がするのですがーーー出来るだけ素直な柔らかい声をのびのび歌おうと、どちらかというと唱歌・童謡的な歌い方になっているーーー童謡的のびのび感とビブラートは両立できるものなのでしょうか。


よろしくお願いします。

今日、初めてDAMの精密採点を使いました。

それで、4曲歌ってビブラートが全て「0」で、
前々から自分の声が平坦だということは思っていたのですが、改めて「そうか~(・_・;)」と思い、
「ビブラートって一体どんなものなんだろう??」と、分からなくなりました。


こちらのQAでもよく出ている話題なので、何となく分かった気になっていたのですが、具体的にとなると、これがビブラートっていうのが分かりません。


ELT(特に初期)が大好きで、友だちにも「歌い方がそっくり」と言ってもらえるのですが、ELT...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

持田さんはあまりビブラートは掛けないみたいですね。
「Dear My Friend」「Future World」「出逢った頃のように」
では殆ど掛けていませんね。
バラードのほうが掛ける機会は多いのですけど
「キヲク」「Time goes by」「UNSPEAKABLE」
でもうっすらとしか掛けていませんね。
カラオケですとカウントされないかもしれません。

大橋純子 「たそがれマイ・ラブ」
をYouTubeなどで聴いてみてください。
たっぷりビブラートを使って歌っています。
この曲なら最低でも50秒くらいカウントされます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報