痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは。
メールで「お願いします」や「○○○です」など、文章の最後に句点を絶対に使わない人がいます。
どうしてだと思いますか?何か理由があるのでしょうかね?
この方は読点も半角スペースにしているようです。
最近増えているようですが、私にはとても不思議なので、
この方の真意を知りたいと思い質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

知り合いに、句読点や改行の使い方が独特な方がいます。


ある時きいてみたら、文章のみで個性を出す為わざとやってると言ってました。
私にとっては、文の内容よりもその独特な文字の並びに気が行ってしまって気持ち悪かったのですが、そういう方もいると言うことで。

区点よりも半角スペースの方が読みやすいと思ってあえてやる方もいらっしゃいますよね。(例えば こういう 書き方です)
すべての行を一行あけて書く方もいます。
こだわって「、」「。」を「,」「.」と書かれる方もいます。
文節に関係なく同じ文字数できっちり毎回改行する方もいれば、適当な区点でもって改行する方もいる。

それぞれ個性として受け止めてはいかがでしょうか。
読みやすい、読みみくいもそれぞれ個人差があるし、国語の作文の添削では無いのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その人はそれが読みやすいと思ってるんでしょうね~。
って納得したけど、まだすごく不思議です。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/02/06 16:46

句読点でも「、」を余り使わないかな…


全く使わない訳じゃないんだけど読みとかで「、」を使う程区切る訳じゃないんだけど意味的に区切ってないと判りにくいんじゃないかと思う時に読みやすくするつもりで空白を付ける事が殆どかな。
特に「は」で区切れて平仮名で続く場合にこの傾向が強いね。

顔文字で終わってる時は「。」が付かない事が多いかな。
終端記号として顔文字が存在してるから同じ終端記号である「。」は重複しておかしい感じがするから使ってない。


でも、大抵は「面倒だから」じゃないかなぁ…特に携帯からの場合ね
    • good
    • 0

質問者さん自身が一番理解できるのではないですか?


小賢しい事書いてますが、正しい日本語表記だと横書きの場合
「、」ではなく「,」を用います。
何故「、」を用いたのでしょう?
「知らなかった」「こっちの方が慣れている」「これでも通じる」
いづれにせよ、たいした理由はないと思います。

お前も「、」じゃないか!って突っ込みは野暮ですよ。
    • good
    • 0

私も使いません


昔は半角の句読点は環境により文字化けしていました
(今でも機種依存文字ですがソフト側で対応していることが多いです)

なのでメールや掲示板等では句読点を使わない文章を
目にすることが多かったですね
(全角と半角を区別せずに使う人が多いので)
それを見て覚えた人だと句読点を使わない人が多いと思います

国語の作文と違い改行を利用し簡潔に要件を纏めたほうが
メールの場合は読みやすいし伝わりやすいと思っています

ちなみに結婚式の招待状等
句読点を失礼に当たるとして省略するのが基本なこともありますし
毛筆でもまず使いません

メールの句読点についても
ネット独特の文化と理解するのがいいのではないでしょうか

個人的には長文でプロポーショナルフォントを利用した文章に
句読点が使われていると流し読みができないので
非常に読みづらいです
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、半角の文字化けってありましたね。
招待状や毛筆など、勉強になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/02/06 16:48

私も使わない事あります。

改行か絵文字で終わらせます。
携帯メールであればこそですけど(PCの時はちゃんと使いますよ。)
    • good
    • 1

それは誤った使い方です。


止めるようにアドバイスした方が良いです。
質問者さんはまねしないでください。
    • good
    • 2

文章の基本がわかっていない人たちによく見られます。

理由はないと思われます。強いて言えば勉強不足・・・
    • good
    • 6

自分も。

は使いません
PCならともかく
携帯なら手間を省くために半角スペースをつかいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文末に句点を付けない人はなぜ?

 このサイトでもそうですが、文末に句点(マルやピリオド)を付けないかたがいらっしゃいます。せっかく書いていただいた文章なのに、読みにくいと感じてしまうことがあります。

 しかし、何か理由があって句点を付けていないのだと思います。どんな理由があるのか教えていただけますか。

Aベストアンサー

めんどくさいからです

Qメールで句読点をうたないひと

メールの書き方の傾向についてのご質問です。
最近、いろいろなことに気がつきます。

1.英語圏で暮らしていた人
 
  文面の冒頭の呼びかけ部分で
  「鈴木さん、」
  と(、)をいれてきます。私はそれは知りつつ
  「鈴木さん」
  と書いています。

2.高圧的な業者

  ちょっとでも気に食わないと、
  「お世話煮なります」と書いたり、わざと名前を間違えて
  書く人たちがいます。これは失礼であり嫌われる原因ですが、
  一部、「自分が偉い」と思っているひとたちの常套手段のようです。

3.最近、気がついた書き方

  句読点(とくに終わりの「。」)を抜いたり、
  普通漢字にするところを、わざとひらがなで書いてくるひとを
  たまに見かけるようになりました(主に30代男性)。
  
  これは、くだけた調子で親しみの表現なのでしょうか。
  あるいは、多少軽んじた気持ちが先方にあるのでしょうか。

日本語はきちんと書けばよいのに、と思うのですが、
気になる書き方ですし、悪い意味があればそれなりに対処したいので、
ご意見伺えると嬉しいです。

宜しくお願いいたします。

メールの書き方の傾向についてのご質問です。
最近、いろいろなことに気がつきます。

1.英語圏で暮らしていた人
 
  文面の冒頭の呼びかけ部分で
  「鈴木さん、」
  と(、)をいれてきます。私はそれは知りつつ
  「鈴木さん」
  と書いています。

2.高圧的な業者

  ちょっとでも気に食わないと、
  「お世話煮なります」と書いたり、わざと名前を間違えて
  書く人たちがいます。これは失礼であり嫌われる原因ですが、
  一部、「自分が偉い」と思っているひとたち...続きを読む

Aベストアンサー

 
 打字作法 ~ 句点「。なし文体」の用例 ~
 
 かつて、印刷物の編集デザイナーとしての立場から述べてみましょう。
 一目で文頭を発見できる「一字アキ」は、とても便利で合理的でした。
 どのページであっても、前の行に続いていないことが明白だからです。
 
 あるいは「。」が、どの位置にあっても、その文章は終わっています。
 これが無くてもよいというルールだと、つぎのページを開くまでは、
ほんとうに終ったかどうか、だれにも判別できないのです。
 
 スペースで改行する「一行アキ」も、タイピング時には便利ですが、
ページの終りや初めに置かれると、どっちつかずで判定できません。
 これを日本版ウィキペディアが採用すると、厄介なことになります。
 
── 古来の日本語文書には無く、欧文の翻訳文への終止符・疑問符・
感嘆符の替わりとして使用され始め、純粋な日本語文書にも定着した約
物である。しかし、2000年代初期からは句点を使用しない文が増えてい
る。特に、若者を中心に広まっている。── (Wikipedia)
 
 文書形式は「私的メモ」から「教科書」「契約書」を経て「憲法条文」
に至るまで多様なルールが存在し、形骸化した例も少なくありません。
 つぎの例は、いわば公式文書なのに、なぜか1500字に唯一の句点です。
 
── 「不正利用は否定できないと判断した。」
http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenasupport/20090831
 はてな情報削除・発信者情報開示関連事例
 
 たとえば、小説の最後が「完」、映画は「終/Fine」、演劇に「幕」、
書簡に「拝啓:敬具=前略:草々」、ニュースに「NHK」、お祈りに
「アーメン」などの決り文句が失くなると、〆らないですね…‥・.
 

 
 打字作法 ~ 句点「。なし文体」の用例 ~
 
 かつて、印刷物の編集デザイナーとしての立場から述べてみましょう。
 一目で文頭を発見できる「一字アキ」は、とても便利で合理的でした。
 どのページであっても、前の行に続いていないことが明白だからです。
 
 あるいは「。」が、どの位置にあっても、その文章は終わっています。
 これが無くてもよいというルールだと、つぎのページを開くまでは、
ほんとうに終ったかどうか、だれにも判別できないのです。
 
 スペースで改行する「...続きを読む

Q読点、句点のない文章

勤め先の小さな会社で、来店されたお客さまに読んでもらう用のプチ新聞のようなものをひと月に1回作っています。
A4用紙の裏表に、社員4人くらいずつが持ち回りで文章やコラムを掲載するのですが、社長の奥様(副社長・50歳前後)の書かれるする文章がほかの人とは違う書き方をされており悩んでいます。


ほかの方の書かれている文章は、普通に『、』『。』が使われ、適当なところで改行されているものなのですが、副社長のものは『、』『。』が一切なく、『、』の代わりにスペースを空け、『。』の代わりに改行か読点と同じくスペースを空けているスタイルです。

手書きの年賀状などは句読点をつけないのが礼儀と聞いたことがあるのですが、プチ新聞は手書き印刷などではなく、PCのWordをプリントアウトしたものをお渡しします。ですので、副社長の文章だけ非常に読み辛いという状態です。

先月、私の同期が皆の提出した文章をまとめて印刷物として仕上げる係をやったのですが、その時、
「副社長の文章ですが、みんなの文章と同じく『、』『。』を入れていいですか?」
と副社長に直接聞いたところ、
「ふ~ん、まぁいいけど~?」
と言いながら睨まれたそうです。

副社長は、こう言っては失礼ですがあらゆることに関して出所不明な自信がある方で、
「こういう時って、私の書き方に合わせるのがスジだと思わない?」
と私に言い、ほっぺたを膨らませたいじけ顔をしていました。

その時は
「あはは、そうですね~」
とごまかしていましたが、正直、社員4人分の文章を全部句読点無しの謎のスペースと改行だらけのスタイルにしてしまうと、非常に読みにくいものになってしまいます!
そして、6月に私に文章のまとめ役の順番が回ってきます!!


この場合、プチ新聞はどのようにまとめるのが適切だと思いますか?
①4人全員分の文章に句読点をつける
②副社長の文章のみ提出されたままの句読点無しにし、ほかの社員の句読点はつけたままにする
③4人全員分の文章を句読点無しにする


ちなみに、
社長は奥様の副社長のお尻に敷かれており、あまり口出しをしていない状況です。
副社長の文章を含んだプチ新聞を出すのは、私が入社以来、来る6月で4回目。
今までの3回は上記の①~③でいうと、①が1回・②が1回・自作の詩?ポエム?(もちろん句読点無し)の提出が1回となっており、
入社以前の資料はありません。


カテゴリー違いでしたらすみません。
プチ新聞自体は、会社の掲示板、HPへの掲載とお客様への手渡しで、読んでくださり感想を聞かせてくださる方もいらっしゃるという感じです。

勤め先の小さな会社で、来店されたお客さまに読んでもらう用のプチ新聞のようなものをひと月に1回作っています。
A4用紙の裏表に、社員4人くらいずつが持ち回りで文章やコラムを掲載するのですが、社長の奥様(副社長・50歳前後)の書かれるする文章がほかの人とは違う書き方をされており悩んでいます。


ほかの方の書かれている文章は、普通に『、』『。』が使われ、適当なところで改行されているものなのですが、副社長のものは『、』『。』が一切なく、『、』の代わりにスペースを空け、『。』の代わりに...続きを読む

Aベストアンサー

すべて元原稿どうり。②かな。
この板でもそんな文章を作る人がいますね。
①はまあいいとして③では読みにくさ以前に会社の程度を疑われます。

Q句読点の「。」をつけるかつかないか。

会社で、従業員向けに、箇条書きに近い感じでこれこれこうしてくださいと文章を書いてボードに張り出すとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?
箇条書きに近い感じでも、文章の末尾は、「~になった」「~だ」「~にしてほしい」など「。」が必要そうな語尾になります。
ブログを書くときに、箇条書きに近い感じで短くて読みやすい文章を書くとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?「~である」などこちらも「。」が必要そうな語尾になります。
この2点について回答ください。
会社の方が一番悩んでいます。

Aベストアンサー

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう

という具合に、一つの文章で一つの箇条書きが成立する場合は、なくてもおかしくないと思います。

先の回答にもありますが、句読点の打ち方にはルールがあるようなないような、曖昧なところがあります。
個人的な趣味で決めてしまっても、絶対的な間違いだと言うことはできません。

私自身の趣味としては、上記のように、一文ならなくてもOK(入れてもOK)、複数の文なら入れる方が統一性があるように思える……ですが、これとて「正解」ではありません。

いろんな方の意見を聞いて、ご自身の感覚にしっくりするものを探してください。
でも、いろんな意見を聞くと、却って混乱するだけかもしれませんね(^_^;)。

一つだけ注意するとしたら、末尾に句点を打つか打たないか、同一文書中ではどちらかに統一すること。
これだけ気をつけておけば、どちらでも大丈夫だと思います。

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報